アヒージョの正しい食べ方とマナーとは?パンはどう食べるのか解説!

スペイン料理のアヒージョは、おしゃれなレストランやカフェでも大人気のメニューです。今まで何気なく食べていたという方もいると思いますが、実はこのアヒージョ、正しい食べ方とマナーがあったのです。あなたのアヒージョ食べ方は正しい食べ方でしょうか?アヒージョに添えられているパンの食べ方も気になります。今回はアヒージョの正しい食べ方とマナーについて解説します。アヒージョを食べる時に恥をかかないために必見です!

アヒージョの正しい食べ方とマナーとは?パンはどう食べるのか解説!のイメージ

目次

  1. 1アヒージョの食べ方にマナーがあった!
  2. 2アヒージョってこんな料理
  3. 3アヒージョの代表的な具材
  4. 4アヒージョの正しい食べ方
  5. 5アヒージョの食べ方マナー
  6. 6気になるアヒージョのカロリー
  7. 7アヒージョの食べ方:基本レシピ
  8. 8アヒージョの食べ方:アレンジレシピ
  9. 9アヒージョの食べ方:変わり具材レシピ
  10. 10アヒージョの食べ方:パーティレシピ
  11. 11アヒージョの食べ方:BBQレシピ
  12. 12アヒージョの食べ方:活用レシピ
  13. 13アヒージョの食べ方:簡単アヒージョの素
  14. 14アヒージョを正しくおいしく食べよう!

アヒージョの食べ方にマナーがあった!

アヒージョを食べたことがありますか?食べたことがない方でも、名前は知っている、という方もいると思います。スペイン料理のひとつでもあるアヒージョは、ちょっと前まではスペイン料理専門店でしか食べられない料理でしたが、今ではすっかりその知名度を上げ、おしゃれなカフェやレストランでも多く提供されるようになってきました。おうち飲みのブームに乗って、自宅でもアヒージョを楽しむ人が増えているそうです。

アヒージョとは、オリーブオイルとにんにくで具材を煮込んで作る小皿料理のこと。アヒージョにはパンが添えられて出てくることが多いのですが、正しい食べ方は意外と知られていません。アヒージョの食べ方にはマナーがあるのです。今まであなたが食べていたアヒージョの食べ方は間違っているかもしれません。今回はアヒージョを食べる時に恥をかかないように、アヒージョの正しい食べ方とマナーについて解説していきます。

アヒージョってこんな料理

スペイン語でにんにく風味を意味するアヒージョは、パエリアやスパニッシュオムレツと並んで、大人気のスペイン料理を代表するメニューのひとつです。アヒージョの基本の材料はオリーブオイルとにんにく、唐辛子とメインの具材だけというシンプルなもの。調理もとても簡単で、にんにくと唐辛子、メインの具材を小さめの鍋に入れて直火にかけ、たっぷりのオリーブオイルでじっくりと低温で煮込んで作られます。

アヒージョはスペインの郷土料理なのですが、多く食べられているのはマドリードより南の地方になります。日本で言うところの居酒屋のような位置づけのバルで、ワインやビールなどお酒のおつまみ、タパス(前菜)として食べられていることが多いです。アヒージョが有名なのはマドリードをはじめとするスペインの南部地方ですが、もちろん、北部のバルセロナなどでも食べることができ、地元の人から観光客まで人気の料理です。

アヒージョはスペインでは耐熱性のカスエラという陶器で調理され、そのまま提供されます。アヒージョに使われているオリーブオイルがぐつぐつと音を立てるくらいの状態で出てくるので、熱々のまま食べられます。おいしいワインやお酒を飲みながら、気の合う友人や家族と一緒に、おしゃべりを楽しんで食べるのがアヒージョやタパスなのです。アヒージョを取り巻く時間はスペイン人の生活にとって大切な存在と言えます。

アヒージョの代表的な具材

アヒージョはオリーブオイルとにんにくを使って作るので、基本どんな具材と合わせても美味しくいただけます。アヒージョでよく使われる具材は、エビ、ホタテ、イカ、あさり、たこなどの魚介類や、マッシュルームなどのきのこ類、ブロッコリーやミニトマトなどの野菜類、鶏肉などがあります。魚介類や野菜のだしがオリーブオイルに溶け出して旨みがたっぷり。だしが溶け出したオリーブオイルにパンを浸して食べると絶品です。

パンを選ぶときはハード系のフランスパンがおすすめです。フランスパンを薄く斜めにスライスして、トーストして添えると形が崩れにくく、ちょうど良く合います。やわらかめのパンだとオイルを吸いすぎてしまい、油っぽくなってしまうので気をつけましょう。パン以外だと、パスタやクラッカーなどもよく合います。おうちでアヒージョを作るときは、パン以外の具材もあらかじめ用意しておくと作るときも手早くできます。

アヒージョの正しい食べ方

それではアヒージョの正しい食べ方を紹介します。アヒージョはスペイン料理なので、正しい食べ方やマナーというのはきちんと知らないという方が多いと思います。みなさんはアヒージョをどのようにして食べていますか?最初に具材を食べたり、パンにオリーブオイルを浸したり、パンの上にアヒージョの具材を乗せて食べる方も多いと思います。ところがこれは全て正しい食べ方とは言えず、マナー違反なのです。

アヒージョの正しい食べ方は、まずオリーブオイルのみパンをつけて食べきり、その後具を食べる、というのが正解です。具材の横からパンにオリーブオイルをつけて、オリーブオイルだけを食べるのが正しい食べ方であり、マナーだったんですね。そもそもアヒージョというのは魚介などの旨みが溶け込んだオリーブオイルを楽しむ料理なのです。だから主役は具材ではなく、オリーブオイルということになります。

アヒージョはパンと一緒になって出てくることが多いため、具材をパンに乗せて食べるというのが正しいと思っている方が多いと思いますが、本来の食べ方はオリーブオイルを食べるために、パンをオリーブオイルに浸して使うというのが正しい用途です。アヒージョは一種のスープ料理になるため、スプーンで直接すくって食べても、スライスしたパンをそのまま直接浸してから食べても構いません。

パンを直接アヒージョ中に入れるのは行儀が悪いと思われる方もいるかもしれませんが、これは決してマナー違反ではないので安心してください。これからアヒージョをオーダーしたら、まずオリーブオイルをパンに浸したり、塗ったりして食べきったあと、最後に残った具材を食べるという順番を守りましょう。正しい食べ方を知っていれば、スペインの方からも一目置かれるに違いありません。

アヒージョの食べ方マナー

アヒージョの食べ方マナーとしてもう一つ大切なポイントがあります。それは、アヒージョのオリーブオイルを全て残さず食べるということです。アヒージョは大量のオリーブオイルで素材を煮て作る料理ですが、素材だけ食べてオリーブオイルを残してしまう方が多く見られます。これはアヒージョ料理では、マナー違反としてみなされるので気をつけてください。なぜならアヒージョではオリーブオイルが料理の主役だからです。

アヒージョの正しい食べ方マナーを知ったあとでも、大量のオリーブオイルを一度に食べきれないという場合はどうしたらよいのでしょうか?パンをつけて食べるのにも限界があります。レストランでは難しいですが、家庭でそのような状況に陥ったら、パン以外でパスタなどにリメイクして食べましょう。アヒージョのオリーブオイルは具材の旨みが溶け出しているので、パン以外のパスタに絡めるだけ充分美味しくいただけます。

パン以外でのおすすめは、クラッカーにつけてもおいしいですよ。サクサクのクラッカーとアヒージョのオリーブオイルの相性は抜群です。その他、パン以外にサラダとあえても絶品です。サラダのドレッシングは基本的にオリーブオイルなどの食用油と塩コショウで作られるので、オリーブオイルを使ったアヒージョのオイルもよく合うのです。のちほどパン以外でオリーブオイルを食べきるレシピも紹介します。

気になるアヒージョのカロリー

アヒージョはオリーブオイルを多く使っているので、カロリーが気になるという方も多いと思います。アヒージョはオリーブオイルを大量に使用しているため、高カロリーな料理です。ずばりそのカロリーは、代表的なエビのアヒージョで約330kcalになります。ただしオリーブオイルは、友人や家族とお喋りを楽しむためのツールでもあるので、ダイエットは明日からにして、思いっきり楽しんでみることをおすすめします。

Thumbコストコのアヒージョの作り方と食べ方は?アレンジレシピも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アヒージョの食べ方:基本レシピ

ここまでアヒージョの正しい食べ方を紹介してきましたが、正しい食べ方を知った上でとてもおいしいアヒージョを食べたくなってきた方もいると思います。そんな方に、おうちでつくれるアヒージョの基本の作り方をお伝えします。材料さえあればとても簡単に作れるので、おうち飲みに一品プラスしてみてはいかがでしょうか?基本レシピでは、アヒージョで一番使われることの多いエビのアヒージョを紹介します。

材料は2人分でエビ8尾、にんにく2片、オリーブオイル大さじ5、赤唐辛子1本、イタリアンパセリ7本、塩適量を用意します。作り方は、エビは殻と背ワタを取り除き、塩水で洗って水気をきり、塩をふっておきます。にんにくは縦半分に切って芽を取り、押しつぶします。イタリアンパセリはザク切りにします。耐熱容器または小さめのフライパンに、オリーブ油、ニンニク、赤唐辛子を半分に折って加え、中火にかけます。

香りがたってきたらエビを加え、弱火で両面に炒め色をつける。エビに火が通ったら、イタリアンパセリを加えて火を止め、塩で味を整えたら出来上がりです。エビの旨みが溶け出したオリーブオイルはまさに絶品で、ゴクゴク飲めてしまいそうなほどです。マナーに従ってパンにつけたり、浸してオリーブオイルを食べきったあとに、エビをゆっくり食べてくださいね。

アヒージョの食べ方:アレンジレシピ

アヒージョの食べ方「きのこのアヒージョ」

スペインでもよく食べられるきのこのアヒージョです。材料は2人分でしめじ1株、エリンギ1本、マッシュルーム4個、にんにく1片、唐辛子1本、オリーブオイル100cc、塩小さじ1/2、パセリ適量です。作り方は、ニンニクはみじん切りにします。唐辛子は輪切りにして種をのぞきます。マッシュルームは5mm幅に、エリンギは3cm長さのスティック状にカットします。しめじは根元を落として小房にわけます。    

耐熱皿、または小さめのフライパンにオリーブオイル、塩、ニンニク・唐辛子を加え、弱火で加熱します、ニンニクがほんのり色どいてきたらキノコ類を加えます。そのまま5~6分、キノコがしんなりしたら完成です。最後にパセリを散らして、パンを添えて食卓に出してください。パン以外にクラッカーなどに乗せて食べるのもおすすめです。きのこの旨みがたっぷりと溶け出したオリーブオイルにつけていただきましょう。

アヒージョの食べ方「ミニトマトのアヒージョ」

ミニトマトを使ったアヒージョは、見た目も可愛らしく、女性ウケ抜群です。女子会や女子飲みに出すと喜ばれること間違いなしです。パンを添えても、パン以外にパスタと絡めてトマトアヒージョパスタもおいしいので、ぜひお試しください。材料は2人分で、ミニトマト20個、塩少々、オレガノ、バジル、パセリ少々、オリーブオイル大さじ4、にんにくのみじん切り小さじ1です。

作り方は、ミニトマトはヘタを取り、縦半分に切ります。フライパンか小鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが立ったらミニトマトを入れます。火を強めてフライパンを揺すりながら全体にオイルをからめ、塩、オレガノ、バジルで味を調えます。ミニトマトの皮にシワが寄ってきたら火を止め、お好みで彩りにパセリのみじん切りを振ったらできあがりです。

アヒージョの食べ方「たことマッシュルームのアヒージョ」

プリプリのたことマッシュルームを使ったアヒージョのレシピです。たこを使ったアヒージョはスペインでもよく食べられていますよ。材料は4人分でゆでたこ200g、マッシュルーム1パック、オリーブオイル1/2カップ、にんにく2片、赤唐辛子1本、塩小さじ1/3、ドライオレガノ小さじ1/2です。

作り方は、ゆでだこは1.5cm厚さの輪切りにます。にんにくは香りを出すため、叩きつぶしてから細かく刻み、赤唐辛子は斜め半分に切ります。フライパンにオリーブ油、にんにく、赤唐辛子、塩を合わせて弱火にかけ、にんにくの香りが立って薄く色づいてきたら、マッシュルームを加えます。マッシュルームに油がなじんだら、ゆでだこを加えて煮立て仕上げにオレガノをふったら完成です。お好みでパンの薄切りを添えて食卓へどうぞ。

アヒージョの食べ方「チキンのアヒージョ」

アヒージョは海鮮だけではなく、チキンでもとても美味しくいただけます。ローズマリーの香りがふんわりと漂い、じゃがいものホクホク感とあいまって絶品です!材料は2人分で鶏もも肉1/2枚、じゃがいも1/2個、ローズマリー1枝、にんにく1片、唐辛子1つまみ、オリーブオイル50cc、塩小さじ1/2です。作り方は、鶏肉はひと口大に、ジャガイモは1cm角にカットします。ニンニクはみじん切りにします。

耐熱容器か小さめのフライパンに鶏肉を並べ、塩をふります。あいてる所にジャガイモを詰め込み、オリーブオイル、にんにく、唐辛子、を加えます。器ごと弱火にかけ、時々混ぜながら10分ほど加熱。鶏肉に火が通ったら、パンを添えてテーブル出しましょう。お酒のおつまみとしてはもちろん、メイン級の美味しさです。ご飯と食べても合いますよ。残ったオリーブオイルはパン以外にパスタと絡めてもおいしいです。

アヒージョの食べ方:変わり具材レシピ

アヒージョの食べ方「長ネギと長芋のアヒージョ」

長ネギと長芋を使った代わり具材のアヒージョです。ホクホクの長芋と、とろとろの長ネギがやみつきになりますよ!意外な組み合わせにびっくりしますが、試してみて欲しいおすすめレシピです。材料はオリーブオイル250cc、にんにく1片、長ネギ50cm、長芋5cm、たかのつめ5cm、アンチョビフィレ3枚、天然塩適量、オレガノ適量、イタリアンパセリ適量です。

作り方は、冷たい鍋にオリーブオイル、にんにく、5cm幅に切った長ネギを入れて弱火にかけます。ニンニクと長葱はじっくりオイルに香りを移しながら火を通します。長ネギが色付いてきたら、順にひっくり返します。全てひっくり返したら厚さ1cmに切った長芋、鷹の爪の輪切り、アンチョビフィレを入れ、そのままの火加減でじっくり加熱します。長芋がホックリ柔らかくなったら火を止め、塩とスパイスで味を調えたら完成です。

アヒージョの食べ方「ねぎま風アヒージョ」

ぶつ切りにしたまぐろと長ネギを使って作る和風のアヒージョです。お酒のおつまみとしても、ご飯のおかずとしてもどちらでもおいしいです。材料は2人分で、まぐろ200g、長ネギ1本、めんつゆ大さじ3、おろしにんにく大さじ1、おろししょうが小さじ2、塩小さじ1/2、サラダ油100cc、ごま油50ccです。

作り方は、まぐろは柵で買った場合は、1.5cmぐらいのぶつ切りにします。長ねぎは2cmの長さに切っておきます。ボウルにめんつゆ、おろしにんにく、おろししょうが、塩を入れて混ぜ合わせて、ぶつ切りにしたまぐろと長ねぎ加えて、しっかり和えておきます。フライパンにサラダ油と胡麻油、まぐろと長ねぎをたれごと入れて弱火にかけ、優しく混ぜながら15分ほど煮込んだらできあがりです。

アヒージョの食べ方:パーティレシピ

アヒージョの食べ方「たこ焼きプレートのアヒージョ」

みんなでわいわいつまめてパーティにもおすすめのたこ焼きプレートを使ったアヒージョの新しい食べ方です。ちょこっとずついろんな味が楽しめるので、どれにしようか迷いながら食べるのも楽しそうですね。材料は2人分で、オリーブオイル200cc、にんにく1片、ベーコン1パック、塩コショウ、たこ、えび、ホタテ、アボカド、じゃがいも、プチトマト、マッシュルーム、パンそれぞれ適量です。

作り方は、オリーブオイル、にんにくみじん切り、ベーコンみじん切り、塩コショウを混ぜてアヒージョソースを作ります。具材を全て一口大に切ります。ジャガイモは、塩を入れたお湯で下ゆでしておきます。たこ焼きに①のオイルを入れて、加熱し、グツグツしたら具材を入れます。最初に全てオイルを入れ、途中で足りなくなったら、オリーブオイルのみ追加すればOKです。オリーブオイルをパンをつけて、具材といただきましょう。

アヒージョの食べ方:BBQレシピ

アヒージョの食べ方「イワシのアヒージョ」

なんとオイルサーディンの缶詰ごと焼き上げるアヒージョのレシピです。お手軽で片付けも楽ちんなので、BBQにもピッタリ!青空の下で食べるアヒージョの味はまた格別です。材料は1人分で、オイルサーディン1缶、にんにく1片です。作り方は、オイルサーディンの蓋を開け、薄切りにしたニンニクをのせます。網の上に乗せて5分ほど焼き、くつくつとオリーブオイルが温まったら出来上がりです。

アヒージョの食べ方:活用レシピ

アヒージョの食べ方「コクうまパスタ」

アヒージョのオリーブオイルを活用した、パン以外の代表的な食べ方はパスタソースとしていただくことです。うまみたっぷりのアヒージョが絡んだパスタは絶品です。簡単に作れて、おうち飲みのシメなどにも喜ばれるレシピです。材料はパスタ80g、水菜適量、アヒージョオイル大さじ3、塩、あらびきブラックペッパー各ひとつまみです。

アヒージョのオリーブオイルを活用した、パン以外の代表的な食べ方はパスタソースとしていただくことです。うまみたっぷりのアヒージョが絡んだパスタは絶品です。簡単に作れて、おうち飲みのシメなどにも喜ばれるレシピです。材料はパスタ80g、水菜適量、アヒージョオイル大さじ3、塩、あらびきブラックペッパー各ひとつまみです。

アヒージョの食べ方「ホットサラダ」

アヒージョの旨みたっぷりのオリーブオイルを活用したアレンジサラダです。パン以外の食べ方として、ヘルシーで、野菜の栄養もたっぷり取れるのでおすすめです!材料は2人分でサラダほうれん草80g、マッシュルーム4個、にんにく1/2片、ベーコン1/2片、赤唐辛子2本、オリーブオイル大さじ2、塩小さじ1/8、こしょう少々です。

作り方は、フライパンにオリーブオイル、にんにく、ベーコンのみじん切り、赤唐辛子をいれ、火にかけて香りを出します。マッシュルームを加え火が通るまで加熱し、塩コショウで味を整えます。お皿にサラダほうれん草を盛り付け、アヒージョオイルをかけたら完成です。パンを添えるとボリュームが出てランチや、おもてなしにもぴったり。パン以外にクラッカーなどでもおいしくいただけます。

アヒージョの食べ方:簡単アヒージョの素

アヒージョの作り方はとても簡単ですが、もっと手間なく、お手軽にアヒージョを作りたい、という方におすすめなのが、市販のアヒージョの素です。あらかじめ味が付いているので、お好みの具材とオリーブオイルを入れたら、あっという間に絶品アヒージョが完成します。出来上がったアヒージョはマナー通り、パンをつけてオイルをいただいてから具材を攻めましょう。パン以外にパスタに絡めてもおいしいのでおすすめです。

Thumbアヒージョの簡単レシピを解説!フライパンやスキレットでの作り方は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アヒージョを正しくおいしく食べよう!

アヒージョの正しい食べ方やマナーについて紹介してきましたが、いかがでしたか?アヒージョはオリーブオイルを最初に楽しむ料理だったことに驚かれた方もいると思います。でも、アヒージョはもともとバルで気軽に楽しむ料理です。最低限のマナーを守って堅苦しく考えずに食べるのが一番美味しいです。

また、アヒージョの絶品レシピもまとめました。パン以外のパスタなどの活用レシピもありますので、アヒージョオイルを余すことなくいただけます。簡単にできるものばかりなので、おうち飲みやパーティの一品に作ってみてください!

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ