簡単ローストビーフの作り方を丁寧解説!人気のソースも紹介!

ごちそうのイメージが強い「ローストビーフ」ですが、実はフライパンやオーブン、炊飯器などで自宅で簡単に作れるのを知っていますか?ローストビーフはテーブルにドンと置いてあると豪華に見えますが、牛のブロック肉さえあれば調理時間はさほど要らず、保温調理で作れる優れものメニューです。そこで今回は、簡単ローストビーフの作り方を丁寧解説!人気のソースも紹介します。ローストビーフの作り方をパターン別で詳しく説明していますので、材料を購入したらすぐに作れます。

簡単ローストビーフの作り方を丁寧解説!人気のソースも紹介!のイメージ

目次

  1. 1簡単ローストビーフの作り方で美味しく作ってみたい!
  2. 2簡単ローストビーフをフライパンを使った作り方
  3. 3簡単ローストビーフの炊飯器を使った作り方
  4. 4簡単ローストビーフのオーブンを使った本格レシピ
  5. 5簡単ローストビーフに合う人気のソースレシピ
  6. 6簡単ローストビーフをもっと楽しむおすすめの食べ方
  7. 7簡単ローストビーフの作り方を参考に自宅で作ってみよう!

簡単ローストビーフの作り方で美味しく作ってみたい!

ホテルのビュッフェやレストランなどでよく見かけるご馳走メニューと言えば「ローストビーフ」です。シェフが手間暇かけて仕込んでおいたローストビーフは、薄くカットしてもらった肉を口に運んだ時の、柔らかくジューシーな美味しさは格別です。これが自宅で作れたら最高ですが、ハードルが高いと尻込みしてしまう方も多いと思います。そんな難しいと嫌煙しがちなローストビーフが自宅で簡単に作れると聞いたらどうしますか?

「自宅で簡単に?信じられない!」「さすがに店のように美味しくはできないでしょ?」という言葉が返ってきそうですが、実は簡単で美味しく作れるコツがいくつかあります。そこで「簡単ローストビーフの作り方を丁寧解説!人気のソースも紹介」します。ローストビーフを自宅で作る時はオーブンだけでなく、フライパンや炊飯器でも作れます。それぞれのローストビーフの作り方も丁寧に解説していきます。

Thumbローストビーフの日持ちは手作りだとどれくらい?保存方法も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

簡単ローストビーフをフライパンを使った作り方

ローストビーフは、一見難しそうに見えますが、材料もシンプルで、牛もも肉さえ調達すれば、意外と簡単に作れます。ローストビーフは冷やして食べる肉料理です。脂身が多い肉だと、冷えた時に固まった脂で舌触りも味も悪くなってしまいます。赤身肉を使えば、冷めても肉の旨みをしっかり味わえるローストビーフができます。その点を踏まえて、購入しましょう。

ローストビーフの材料を揃えよう

まず、基本的なフライパンで作るローストビーフの材料を紹介します。牛ももブロック500gと赤ワイン50cc、しょうゆ30~40cc、砂糖大さじ1、塩・コショウ少々、ブラックペッパー少々です。とてもシンプルな材料です。次にローストビーフを作る前の下準備について説明します。

牛肉は室温になるように1時間前に冷蔵庫から出しておこう

失敗なくローストビーフを美味しく作る方法の1つに、牛もも肉は調理する30分前には冷蔵庫から取り出し、塩・こしょうなどで下味をつけ、なじませておきましょう。常温に戻すことで、肉の塊の中央部までしっかりと火の通りをコントロールできます。また、肉には急激な温度変化が加わると、水分が一気に流れ出し、パサついて硬くなってしまうので、常温に戻してから調理をすることが望ましいとされています。

フライパンを使ったローストビーフの作り方

それでは、簡単にできる基本的なローストビーフの作り方を説明します。牛もも肉に塩・こしょうとブラックペッパーを気持ち多めに擦り込みます。次にフライパンに油をひき、焼き色が全面に付くように焼きます。美味しそうな焼き色が付いたら砂糖、醤油、赤ワインを加えて蓋をして弱火で8~9分蒸します。途中、手早くひっくり返します。ローリエがあれば、入れると香りが良くなります。

アルミホイルを用意し、その上に先ほど焼き上げたローストビーフを置きます。そしてふわっと軽く包みます。フライパンに残った汁はソースになるので、とろみがつくように少し煮詰めます。軽く包まれたアルミホイルを剥がして、煮詰めたソースを肉の上からかけて、アルミホイルでしっかり包みます。この時、とても熱いので気を付けて作業して下さい。余熱で中まで火を通すので熱が漏れないようにします。

さらに新聞紙に包んで、常温で冷まします。冷めたら薄くカットして、盛り付けます。その上にソースをかけます。肉汁と合わさってソースの味が変わっているので、味見は必須です。また、ソースは砂糖の代わりにみりん30ccにしても美味しいソースになります。美味しく盛り付けるコツとして、肉の下に玉ねぎのスライスをひいてわさびを添えたり、ソースにおろし玉ねぎを加えたり、大根おろしを添えても美味しいです。

出来上がったローストビーフを切り分ける注意点として「必ず冷ましてから切り分ける」ようにしましょう。熱いうちに切ると、肉汁が溢れ出てしまいます。できれば、粗熱を取って冷蔵庫で一晩寝かせるのがベストです。冷めたローストビーフは、肉汁たっぷりで柔らかくなります。

簡単ローストビーフの炊飯器を使った作り方

次は、炊飯器の保温機能を利用して、しっとりしたローストビーフに仕上がる作り方を紹介します。ポイントは、フライパンで肉を焼いてから密閉袋に入れる時に、しっかり空気を抜くことと、炊飯器の温度は70℃になるよう、熱湯や水を足して調節します。じっくり火を通すので、とてもジューシーなローストビーフに仕上がります。炊飯器に任せている間に、他の料理に取り掛かれるのも嬉しいです。

炊飯器を使って簡単にプロの味に

脂肪分が少なく、手頃な価格の牛もも肉を使い、肉汁を封じ込めるために、表面だけをフライパンでさっと焼いて、後は炊飯器でじんわりと加熱すると、簡単なのにプロの味わいのローストビーフになります。ソースは、グレービーソースの代わりにおろし玉ねぎのワインソースやホースラディッシュを添えたり、粒マスタードで食べても美味しいです。

炊飯器で作るローストビーフの材料は?

炊飯器で作るローストビーフの4人分の材料は、牛ももブロック肉400~500g、おろしにんにく大さじ1、塩・こしょう大さじ1、オリーブ油大さじ1、粒マスタード大さじ2、付け合わせ野菜(好みで)。次にソースの材料は、赤ワイン1/2カップ、玉ねぎ1/2~1個、バター10g、しょうゆ・みりん・おろししょうが・レモン汁各大さじ1、塩・コショウ少々です。下ごしらえをします。調理する30分前に冷蔵庫から肉を取り出し室温に戻します。

炊飯器に入れる前に牛肉はフライパンで焼き色を付けよう

ローストビーフに使うもも肉は、柔らかい食感が好きな方は、肉たたきで牛肉をたたいて繊維をほぐすと良いでしょう。均等にほぐしたら、おろしにんにくを全体に塗り込みます。次にタイム・塩・こしょうを振りかけます。おろしにんにくを塗りこんだ後なので、滑り落ちずに貼りついてくれます。香りと味が馴染むまで、30分ほど置いておきます。待つ間に玉ねぎをすりおろしておきましょう。

フライパンにオリーブ油を入れて、牛肉の表面を強火でサッと片面30秒ほど、素早く焼きます。次に、肉が冷めるのを待つ間に、フライパンにソースの材料を入れて、弱火で半量程度になるまで煮詰めます。肉の粗熱が取れたら、余熱で火が入り過ぎないように密閉袋に入れて、水で冷やします。しっかりとウェルダン状態に火を入れたい方は、そのまま室温でも大丈夫です。

調味料と一緒にジッパー付きの袋に入れて保温にするだけ

湯を沸かして、炊飯器に牛肉を入れた袋めがけて湯を注ぎ、温度を70℃に調整して、約30分保温します。30分経ったら袋ごと取り出して、ボウルに張った冷水で肉を冷やしたら完成です。ここでの失敗しないポイントを説明します。調理前に室温に戻すのは、先ほど説明した通りですが、肉を袋に入れる時は、極力空気を抜いて密閉袋に入れるようにしましょう。空気が残っていると、お湯の熱で袋が膨らんで断熱材のようになります。

熱の伝わり方がムラになってしまいます。きっちり端から手で押さえて、残った空気はストローで吸うなどをして、徹底的に抜きましょう。真空パックマシンがあれば、なおベストです。次に温度ですが、保温温度は70℃で、一定に保つことがポイントです。保温用のお湯は、やかんやポットなどで沸かして、必要に応じて水を差して70℃に調整します。きちんと温度計で測り、保温中も途中で温度が下がっていないかチェックします。

炊飯器に入れておく時間ですが、仕上がりにレアの部分をどのくらい残すかで時間が変わってきますが、ブロック肉が500gで約30分、700gで約1時間ほど保温します。炊飯器から取り出したら冷水で冷まし、食べるまでに間がある場合は、冷蔵庫で冷やして下さい。これは、肉が熱い状態のうちに切ると肉汁が流れ出てしまうためで、この作業を怠ると肉汁と一緒に旨みまで逃げてしまうので、注意しましょう。

赤身の肉を使ったローストビーフは、ジューシーさが魅力です。余熱で火が入り過ぎないように、表面だけをさっと焼いたら、すぐに水で冷やし、保温が終わったらすぐさま水で冷やします。これがポイントです。また、できれば冷蔵庫でさらに一晩冷やします。その理由は先程の説明通り、ローストビーフを切った時に、肉汁が流れ出ないようにするためです。このひと手間により、冷製でも美味しいローストビーフになります。

炊飯器で作るローストビーフ、意外と簡単に作れそうなことが分かりました。家にオーブンがない方や、焼き加減が難しいという方にも、比較的失敗の少ない調理法です。まったくの丸焼けや、黒焦げになる心配はほとんどありません。ぜひ、試してみて下さい。次は、オーブンをお持ちの方に、ローストビーフが失敗せずに簡単に作れるレシピを紹介します。

簡単ローストビーフのオーブンを使った本格レシピ

次は、簡単ローストビーフのオーブンを使った本格レシピを紹介します。牛肉で作るローストビーフは頻繁に作れないご馳走なので、失敗したくない上に、おもてなし料理として出したいので、美味しく食べてもらいたいと言った願望がある方へ、さまざまな作り方を紹介しましたが、オーブンで低温調理するのが1番美味しいと評判の調理法も紹介します。焼き目をつけたら、後は110℃のオーブンで調理します。

オーブンを使う方法でも簡単に作れる

110℃のオーブンで低温調理だなんて大丈夫?という声も上がるかと思いますが、じっくり火を通すことで色は綺麗に仕上がり、とてもしっとりした肉が味わえます。今回は600gの牛ももブロック肉を使用します。600gのブロック肉でしたら、糸を巻く手順は不要ですし、工程はいたって簡単です。少し時間に余裕をもって、美味しいほったらかしローストビーフを作っていきましょう。

オーブンで作るローストビーフの材料

オーブンを使ったローストビーフの作り方と材料を紹介します。牛ももブロック肉600g(3~4人に適したサイズ)、ハーブ塩(なければ普通の塩でもOK)小さじ1、コショウ(あればブラックペッパー)、おろしにんにく小さじ1、オリーブ油大さじ1、付け合わせ野菜(クレソンなど好きな物)適量になります。牛ももブロック肉は、調理開始の30分前に冷蔵庫から出しておきます。

調味料や香辛料を牛肉に良くすり込んでおこう

牛ももブロック肉に、おろしにんにくをたっぷり目に擦り込みます。その後に塩・こしょうもたっぷり目にかけて、全体にしっかり揉み込んで味をなじませておきます。次に熱したフライパンにオリーブ油を入れて、中火強~強火で表面だけに少し焦げ目がつく位、焼いていきます。ポイントは、肉汁が逃げないように、全ての面に焼き色をつけて下さい。この時、重さがあるブロック肉の扱いには、トングがあると楽々調理ができます。

オーブンの設定温度は?

オーブンはあらかじめ110℃に余熱しておきます。高温で焼くレシピもありますが、低温でじっくり焼いた方が、パサつかず、しっとりした仕上がりになります。ウェルダンの焼き加減が好きな方は、高温でも構いませんが、通常のローストビーフの焼き上がりが良いのであれば、ぜひ低温で挑戦してみて下さい。

オーブンを使ったローストビーフの作り方

下味をつけてフライパンで高温に焼き、オーブンでは低温でじっくり焼き上げました。続いて、クッキングシートを敷いた上に先に焼き目をつけたブロック肉を入れて、110℃のオーブンで約40分焼いていきます。この時のポイントは、焼き時間は40分ですが、20分位で一度上下を返して万遍なく火が通るように焼きます。40分経ったらそのまま10分程オーブンの中で休ませて下さい。

肉の中心温度で、はたして焼けているか調べます。60℃でしっかり火が通っていたのを確認したら、オーブンから取り出したブロック肉は、ラップで二重くらいに巻いて、余熱が取れるまで冷ましたら、冷蔵庫で2~3時間寝かせて完成です。前日に作っておいて、翌日まで冷蔵庫で寝かせておいた方が、より味が中まで浸透し、熟成が進んで更に美味しく食べられますので、ぜひ参考にして挑戦してみて下さい。

簡単ローストビーフに合う人気のソースレシピ

次に紹介するのは、簡単ローストビーフに合う人気ソースレシピをいくつか紹介します。ローストビーフを上手に作れるようになったら、次はソースにもこだわりたいです。ローストビーフの味をより引き立て、くどくならずにさっぱりしている上、簡単なソースばかりなので、色々試して好みのソースを見つけて下さい。

あっさりヘルシーな和風ソース

ローストビーフは和風ソースとの相性も抜群で断トツの人気ソースです。しょうゆとみりんを同量使ったこちらのレシピは、ほどよい甘さが魅力のソースです。材料を入れたらひと煮立ちするだけでOKなのも、簡単にできて嬉しいです。隠し味に入れるお酢の爽やかな酸味が、ソースに深みを出しています。甘みのある和風ソースは、幅広い年齢層に人気のあるソースです。

和風味で人気のローストビーフの作り方(ソース)は、鍋に玉ねぎのすりおろし1/6個としょうゆ大さじ1、みりん大さじ1、酢小さじ1を入れてひと煮立ちさせます。ローストビーフを作った際の出汁があれば入れるとなお良いです。薄切りにしたローストビーフにかけて食べましょう。脂っこくなく、スッキリした味わいなので、幅広い年齢層に人気があります。

さっぱりポン酢ソース

ローストビーフをサラダにする時や、くどさをなるべく抑えたい時は、さっぱりとしたソースが人気でおすすめです。このレシピは、ポン酢ベースで作っています。調味料を混ぜるだけなので、簡単にできます。材料はポン酢大さじ3、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1/2、オリーブ油大さじ1を全てよく混ぜ合わせたらソースの完成です。玉ねぎのスライスをローストビーフに添えて、ソースと粗挽き黒こしょうふるのが絶妙です。

甘酸っぱさが決め手「バルサミコソース」

甘酸っぱいバルサミコソースを使ったコクのある人気ソースを紹介します。バルサミコ酢を1/3量になるまで煮詰めて(酢をとばす)いきます。とろみがついてくるので、次にしょうゆを少量加えます。その後にバター適量を素早く混ぜれば完成です。バルサミコ酢のツンとした酸は飛びますが、少し甘酸っぱさがあり、しょうゆで塩気が出てバターでコクが出るので、一気に美味しさがアップします。簡単なのでおすすめです。

簡単ローストビーフをもっと楽しむおすすめの食べ方

失敗しなくて、美味しいローストビーフの作り方を紹介してきましたが、沢山作り過ぎて余った場合や、いつものオーソドックスな食べ方から少しアレンジを加えたい方におすすめな、簡単でローストビーフをもっと楽しむおすすめの食べ方人気レシピを紹介します。ぜひ参考にして下さい。

マヨ&マスタードで大人味の「ローストビーフサンド」

簡単ローストビーフをもっと楽しむおすすめの食べ方として紹介したいのが、ローストビーフをピクニックに持っていき、その場でつくる「ローストビーフサンド」もおしゃれで人気なメニューです。2人分の作り方は、玉ねぎ1/8を縦薄切りにし、水に約5分さらして水気をペーパーで拭きます。トマト小1個は7~8mmの厚さの輪切りにします。サニーレタス2枚は洗って食べやすくちぎっておきます。

バケット小1本(約20cm)は長さ半分に切り、厚みの半分に切り込みを入れる。内側全体にバターを薄く塗り、マスタード小さじとマヨネーズ大さじ1の半量ずつ順に塗ります。レタス、トマト、玉ねぎを半量ずつ、ローストビーフ3切ずつを順に挟んでいったら完成です。基本のローストビーフの作り方からアレンジができて、味のバリエーションが増えるのは嬉しいです。

話題沸騰中のカフェめし「ローストビーフ丼」

簡単ローストビーフでもっと楽しむおすすめの食べ方として、次に紹介したいのは、最近メディアでも話題沸騰中の人気メニュー「ローストビーフ丼」です。せっかく美味しいローストビーフを手作りしたのだから、ぜひアレンジ料理も楽しみたいものです。お腹も満足な丼なので、早速作ってみましょう。2人分の作り方は紹介したローストビーフのレシピ通りに作りますが、最初の調味料を塗り込む工程だけ異なるので、紹介します。

まず、肉にフォークで数か所穴を開け、そこに塩小さじ1/2、黒こしょう小さじ1/8、乾燥タイム小さじ1/4、はちみつ小さじ1をよく混ぜ合わせたものを肉全体に塗り込み、冷蔵庫で1時間くらい馴染ませます。加熱する30分前に常温に戻しておきます。その後は好きな加熱方法で焼き上げて下さい。ソースは和風ソースのレシピを参考に作り、バター5g加えます。しょうがのみじん切り10gと塩・コショウをご飯に混ぜ合わせます。

これらを混ぜ合わせるとジンジャーライスになります。ローストビーフの臭みを取り、アクセントになります。丼にジンジャーライスをよそい、その上に薄く切り分けたローストビーフを乗せます。ローストビーフに和風ソースをかけたら、トップの中央に卵黄1個乗せ、クレソンを添えたら完成です。簡単でとても美味しい人気レシピなので、ぜひ作ってみて下さい。

これまで、手作りのローストビーフについて紹介してきましたが、何日くらい日持ちするのか気になります。風味が落ちたり、パサパサした感じがするなどの理由から、家庭用の冷蔵庫で保存した場合、美味しくて安心して食べれる目安は、3日以内にしましょう。また、ローストビーフは冷凍することも可能です。冷凍した場合の日持ちはなんと半月~1ヵ月程度となり、日持ち期間がぐんと長くなります。

ローストビーフを冷凍する際、スライスしたまま冷凍すると、食べる時は便利ですが、スライスした部分は空気に触れるので傷みが早くなってしまいます。上手に日持ちさせるためには、できれば1回で食べられる量をブロックのまま冷凍するのが一番良いでしょう。また、酸化を防ぐために空気はできるだけ抜きます。肉をラップに包んで密閉袋に入れる時にも空気を抜きましょう。解凍する時は冷蔵庫内でゆっくり時間をかけて解凍します。

簡単ローストビーフの作り方を参考に自宅で作ってみよう!

今回は、簡単ローストビーフの作り方を丁寧解説!人気ソースも紹介しました。意外と手間のかからないローストビーフの作り方を紹介してきましたが、参考にしたいレシピは見つかったでしょうか?いつもオーブンを使ったローストビーフの作り方に慣れている方も、ぜひ新しい作り方にチャレンジしてみて下さい。ローストビーフの新たな美味しさを発見するでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ