レアチーズケーキの簡単レシピ!人気1位からカップタイプまで紹介!

ケーキを自宅で作るとなると、どうしても手間がかかるのではないか、難しいのではないかと思ってしまうものですが、今回紹介するレアチーズケーキは拍子抜けするくらい、手間もかからず非常に簡単に作れてしまうのです。もともとレアチーズケーキは他のケーキよりも簡単につくれてしまうものですが、更に手間を省いたもので美味しさも際立つ人気のレシピたくさんありましたので、詳しく紹介していきます。

レアチーズケーキの簡単レシピ!人気1位からカップタイプまで紹介!のイメージ

目次

  1. 1レアチーズケーキレシピは初心者でも簡単?
  2. 2土台がいらないカップでレアチーズケーキ簡単レシピ
  3. 3ホットケーキミックスでレアチーズケーキ簡単レシピ
  4. 4生クリームを使わないレアチーズケーキ簡単レシピ
  5. 5人気1位のレアチーズケーキ簡単レシピとは?
  6. 6レアチーズケーキを作るコツとは?
  7. 7簡単レアチーズケーキでお菓子作りしませんか?

レアチーズケーキレシピは初心者でも簡単?

ケーキと一言で言ってもいろんな種類のケーキがありますし、自宅でケーキ作りはなかなか敷居が高くてお菓子作りが趣味の人以外は作ろうと思うこと自体ないのが一般的な感覚ですが、実はレアチーズケーキは他のスポンジケーキやデコレーションするものとは違って、作り方自体が思いのほか簡単なので非常に人気が高いです。

お菓子作りをしたことが全くない初心者でも、レアチーズケーキならば簡単に作ることができてしまうのです。これからレシピをいろいろ紹介していきますが、簡単レシピのレアチーズケーキの中でも更に簡単に手間を省いた人気のものがたくさんあります。型いらずで適当なカップに入れたレアチーズケーキもありますので、これを機に、ケーキ作りをしたことがない初心者の方もレアチーズケーキ作りに挑戦してみてください。

土台がいらないカップでレアチーズケーキ簡単レシピ

基本的なレアチーズケーキのレシピでは、下に土台であるクッキーやクラッカーなどを砕いたものを敷き詰めますがここではその土台も省略して、家にある適当なカップに流し入れるだけの手軽な初心者でも失敗しない安心で人気のものをいくつか紹介していきます。

簡単で基本のカップレアチーズケーキレシピ

材料は、クリームチーズ200g、生クリーム200cc、砂糖60g、レモン汁大さじ1/2、粉ゼラチン小さじ3となります。作り方はとても簡単で、まずボウルにクリームチーズと砂糖を合わせて滑らかになるまで混ぜていきます。次に、生クリームを2回から3回に分けて入れながらハンドミキサーでクリーム状になるまで混ぜ合わせていきます。

クリーム状になってきたら、レモン汁を加えておきます。次に粉ゼラチンを、水大さじ2でふやかしてその後、レンジで30秒加熱し、最後にそのふやかした粉ゼラチンをボウルに入れ混ぜ合わせたら適当なカップに流し入れて冷蔵庫で冷やし固めて完成となります。そのままでも美味しいですがお好みでフルーツや、フルーツソースをかけても更に美味しくなります。

味を変えてカップで抹茶レアチーズケーキレシピ

材料は、クリームチーズ200g、生クリーム200cc、バニラエッセンス適量、砂糖90g、粉寒天1g、抹茶パウダー大さじ2、水150cc、牛乳50ccとなります。作り方は、まずボウルにクリームチーズを入れてレンジで少し加熱して柔らかくしてからゴムベラなどで滑らかになるまで練っていきます。そこにバニラエッセンスを加えて、更に生クリームも少しずつ入れながら滑らかなクリーム状にしていきます。

次に小鍋に、水と粉寒天と砂糖を合わせたものを入れて2分ほど沸騰させて混ぜます。抹茶パウダーは牛乳と合わせてよく練り合わせておきます。そこまでできたら最初のクリームチーズが入ったボウルに、抹茶パウダーを練り合わせたものを入れて全体にいきわたるように、しっかり混ぜ合わせていきます。最後に寒天液を少しずつ入れて混ぜます。

出来上がったものをカップに流し込んで冷蔵庫で冷やし固めたら完成となります。これは粉ゼラチンの代わりに粉寒天を使うことでヘルシーで食物繊維も摂れますし、もし生クリームがなかった場合はその代用として牛乳を使っても美味しくできます。

カップならではのトロっとした口どけのレアチーズケーキレシピ

材料は、クリームチーズ160g、牛乳390cc、グラニュー糖61g、ゼラチン5g、冷凍ブルーベリー85g、水小さじ1となります。まず下準備として、クリームチーズと牛乳は常温に戻しておき、小鍋には冷凍ブルーベリーと、水、グラニュー糖25グラム分を入れて軽く混ぜて放置しておきます。

作り方はまず、常温に戻したクリームチーズとグラニュー糖36g分をハンドミキサーで滑らかになるまで混ぜていきます。次に耐熱容器に牛乳を入れて600wで2分加熱した後にゼラチンを加えて軽く混ぜた後に更に20秒加熱しておきます。次に先ほどのクリームチーズの入ったボウルに、ゼラチンを加えた牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせていきます。

混ぜ合わせたものを、更に滑らかに口どけよくするために一度濾しておいてからカップに注いで冷蔵庫で2時間ほど冷やします。その間に、先ほど小鍋に放置しておいたブルーベリーを中火で加熱していきます。ふつふつしてきたらブルーベリーを潰しながら混ぜていき果汁が出て来たら一気に強火にして、とろみがついたら火を消して他の容器に移し、粗熱を取っておきます。

冷蔵庫から、固めたレアチーズカップを取り出して最後にブルーベリーソースを上にトッピングして完成となります。お好みでブルーベリー以外にも冷凍イチゴでもいいですし生のフルーツをそのままのせても美味しく食べることができて非常に人気の高いレシピとなります。

ホットケーキミックスでレアチーズケーキ簡単レシピ

レアチーズケーキのレシピにおいて、結構手間がかかって面倒なのが土台作りなのですが、ホットケーキミックスを使うことによってその手間も省けて美味しさもそのままのレアチーズケーキを作ることができますので、数あるレシピの中でも簡単で人気のレシピを紹介します。

混ぜるだけの簡単レアチーズケーキレシピ

材料は、クリームチーズ200g、無鉛バター35g、プレーンヨーグルト大さじ4、生クリーム200cc、砂糖50g、レモン汁大さじ4、ゼラチン9g、ホットケーキミックス80g、牛乳大さじ1、サラダ油大さじ2となります。作り方は、まずホットケーキミックスにサラダ油と牛乳を入れて泡だて器で混ぜ合わせて塊になったら手でまとめておきます。次にまとめた生地を、ホール型にクッキングシートを敷いた上に隙間なく広げていきます。

次に180℃に熱したオーブンで10分から12分焼いて冷やしておきます。冷やしている間に、常温に戻しておいたクリームチーズとバターとレモン汁と砂糖、ヨーグルトを入れてミキサーで混ぜ合わせていきます。次にそこに生クリームも少しずつ入れていき滑らかにしていきます。生クリームを全て混ぜ合わせたら、ふやかしておいたゼラチンを入れてまんべんなくいきわたるように混ぜます。

最後に冷やしておいた型に、流してお好みで上にフルーツなどを盛り付けて4時間ほど冷蔵庫で冷やして完成となります。上に盛り付けるフルーツは生のものでなくても缶詰の甘めのものを盛り付けてもよいですし、最後にフルーツソースをかけてシンプルに食べても美味しいです。

ホームパーティに最適なブルーベリーレアチーズケーキレシピ

材料はホットケーキミックス50g、プレーンヨーグルト300g、無塩バター20g、グラニュー糖50g、粉ゼラチン2g、クリームチーズ200g、レモン汁10g、生クリーム50g、ブルーベリージャム適量、ブルーベリー適量となります。まず、下準備としてペーパータオルを敷いたザルにヨーグルトを入れて、上から更にペーパータオルをかぶせて皿などで重しをして300gから150gになるくらいまで1時間ほど置いておきます。

次にボウルにホットケーキミックスをふるいをかけながら入れて、そこに常温に戻した無塩バターとグラニュー糖10g分を加えて、手ですりまぜてポロポロにします。次にクッキングシートを敷いた天板の上にポロポロにしておいたものをのせて180℃に熱したオーブンで6分ほど焼いておき、全体に焼き色がついたら天板ごと網にのせて冷ましておきます。

次に常温に戻しておいたクリームチーズをボウルに入れてゴムベラで練っていき、そこにグラニュー糖35g分も練り合わせていき、更に150gになったヨーグルトとレモン汁も加えて泡だて器で滑らかになるまで混ぜ合わせていきます。次に冷水小さじ2で10分ほどふやかしておいたゼラチンを、湯せんにかけて溶かして先ほどのクリームチーズの入ったボウルに加えて全体にいきわたるように混ぜていきます。

大きめのガラス容器に、ホットケーキミックスを焼いたものを敷き詰めていき、その上にクリームチーズで作ったレアチーズを流し入れて冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めておきます。冷やしている間に、ボウルに生クリームとグラニュー糖5gを入れて、氷水につけながらミキサーでつのがゆるりと立つ程度まで泡立てます。冷やしておいたレアチーズケーキの上に生クリームをスプーンですくってトッピングします。

その上にブルーベリージャムをのせたり、ブルーベリーを適量入れて完成となります。ここの
レシピではブルーベリーのみですが、ミックスベリーを使ってもいいですしキウイや桃を細かく角切りにしたものを散らしても美味しいです。大きめのガラス容器なので、ホームパーティなどでみんなで取り分けて食べるタイプの人気レアチーズケーキとなります。

生クリームを使わないレアチーズケーキ簡単レシピ

レアチーズケーキを作るとなると、どうしても生クリームが必須になると思われがちですが、ここでは生クリームを一切使わずにヘルシーで簡単な人気のレアチーズケーキのレシピを紹介していきます。クリームを使ってない分、さっぱりとしていてくどさもありませんので、ちょっとダイエットを意識している方には必見です。

生クリームなしでも濃厚な人気レアチーズケーキレシピ

材料はクリームチーズ250g、プレーンヨーグルト250g、砂糖70g、粉ゼラチン10g、レモン汁大さじ1となります。作り方はとても簡単で、まず下準備としてゼラチンを100ccの水でふやかしておきます。クリームチーズは常温に戻しておいたものを使用します。早速ボウルにクリームチーズを入れてゴムベラなどでやわらかく練っていきます。次に砂糖、ヨーグルト、レモン汁を入れてその都度しっかり混ぜ合わせていきます。

次にふやかしておいたゼラチンを、500wで40秒ほど加熱して溶かしたものをボウルに加えて混ぜ合わせていきます。最後にラップに敷いた型に流し入れて冷蔵庫で2時間以上冷やし固めて完成となります。今回はヘルシーさを追求しているレシピなので、バターを使う土台はなしになっていますが少し香ばしさが欲しい時は砕いたビスケットなどを上からちりばめても非常に美味しいです。

さっぱりレモン風味のレアチーズケーキレシピ

材料はクリームチーズ200g、プレーンヨーグルト200g、レモン汁大さじ5、砂糖50g、粉ゼラチン5g、水大さじ3、ビスケット100g、バター30gとなります。まずは下準備として、クリームチーズとバターは常温に戻しておき、粉ゼラチンはふやかした後500wで30秒程加熱して溶かしておきます。

次に、ジップロックなどの丈夫なビニール袋にビスケットを入れてめん棒などで叩いて細かくしたところにバターと砂糖大さじ2を加えて土台を作っておきます。次にケーキ型に土台のビスケット生地を敷き詰めて、平らになるようにしっかり押し広げていき、冷蔵庫に入れて冷やし固めておきます。その間に、ボウルに常温に戻したクリームチーズを入れて滑らかになるまで混ぜたら、ヨーグルトとレモン汁も追加して混ぜ合わせます。

その次にふやかしておいたゼラチンも入れてしっかり混ぜ合わせます。次に冷蔵庫で冷やしておいた土台にレアチーズケーキの生地を流し込んで2時間ほど冷やし固めて完成となります。お好みでジャムやフルーツをトッピングしても美味しく食べられます。生クリームは普段からお菓子作りをしている家庭でないと常備していることがあまりないので、生クリームなしで簡単に出来るものがあるのは助かります。

人気1位のレアチーズケーキ簡単レシピとは?

数あるレアチーズケーキレシピの中でも特に人気の1位のレシピとは、やはり簡単であるということが条件で、それなのに本格的な味と見た目の綺麗さの全てを兼ねそろえているものだと言えますのでさっそくそんなレシピを紹介します。

簡単に滑らか濃厚レアチーズケーキレシピ

材料はクリームチーズ180g、牛乳120g、生クリーム100g、グラニュー糖50g、レモン汁大さじ1、ラム酒大さじ1/2、粉ゼラチン5g、水30cc、ビスケット60g、無塩バター40gとなります。まず下準備として直径15cmの型にクッキングペーパーを敷いておくのと、ゼラチンを水にふやかしておきます。次にビニール袋にビスケットを入れて細かく砕き、溶かしたバターも入れてよく混ぜ合わせます。

その後、レンジで1分ほど加熱したら型に平らになるように敷き詰めていき冷蔵庫で冷やしておきます。次にボウルにクリームチーズを入れてレンジで40秒加熱したのちに、グラニュー糖の半量を入れてよく混ぜます。次にラム酒とレモン汁も加えて滑らかになるまで混ぜていきます。次に牛乳に残りのグラニュー糖を入れて火にかけてだいたい85℃になったら火からおろしてふやかしておいたゼラチンを加えてよく良く混ぜておきます。

その後、また再度火にかけてゆっくりゴムベラなどで混ぜていき85℃くらいになったら火からおろして目の細かいザルで濾します。次にクリームチーズの入ったボウルに少しずつゆっくり濾した牛乳を混ぜ入れていき、再度濾します。次に7分立てにした生クリームも少しずつ加えていき、泡だて器でゆっくりと混ぜ合わせた後、仕上げにゴムベラでさっくりと混ぜます。

次に冷やしておいた型に流し込み、左右にゆらしながら生地の表面が平らになるように調整していきます。その後冷蔵庫で2時間程度冷やして固まったら完成となります。このレアチーズケーキは何度も生地を濾すことによって滑らかさが際立ちしっとりするのがポイントで、ラム酒も入っていることで風味が豊かな本格的なレアチーズケーキになります。

この生地のままで、ヘルシーにしたいと思ったらビスケットの土台を省いて、カップに流し込んで作るタイプにもできますし、お好みのフルーツを盛り付けたりとアレンジも満載のものですので、非常に人気です。

レアチーズケーキを作るコツとは?

ここまでで、簡単に自宅で作れるレアチーズケーキレシピを紹介してきましたが、どれも手軽で簡単に作れることがわかりました。ただ、その中でも上手に作るコツやポイントがちゃんとありますので紹介していきます。そのポイントやコツをしっかり押さえれば、簡単なレアチーズケーキでもワンランク上の美味しさになること間違いなしです。

なめらかに仕上げるには?

レアチーズケーキの魅力は、やはりしっとりしていて口当たりが非常に滑らかなことですが作る時にその滑らかさを出すには、やはり砂糖やゼラチンがダマにならないように丁寧に混ぜ合わせていくことです。そして、ワンランク上を目指す場合は、しっかりその都度濾していくことが大事になると言えます。濾すと本当にダマの部分がなくなりますので、仕上げが非常に滑らかになります。

型からきれいに取り出すには?

ケーキ作りにおいての最終難関は、型からうまく取り出すことだと言えます。これが失敗してしまったらがっかりしてしまうので、そうなる前に型からキレイに取り出す方法を紹介します。それは、まず使う型ですが底が抜けるタイプのものを使うことと、取り出す際に熱いタオルで側面を温めてから出すとキレイに取り出すことができます。

底は、パレットナイフでそぎ取るようにすれば完璧です。もし、底の抜けないタイプの型しかなかった場合は側面を熱いタオルで巻くところまでは同じですが、あとは底面も少し温めてからポンポンと叩いてとるしかありません。クッキングペーパーを型に敷いても簡単に取り出せますが、そうすると側面にペーパーのしわがついてしまうのが難点です。

うまく固まらないときは?

ゼラチンを入れているのに一晩たっても、固まっていなかったという場合が稀にあります。カップで作るタイプのレアチーズケーキならば何も問題はないですが、型に流し込んだ場合は固まっていないと取り出せなくなってしまいますので、そういう場合は、一旦レアチーズ生地を常温に戻します。次にゼラチンを水でふやかしてからしっかりレンジで加熱して溶かします。

追加するゼラチンの分量ですが、例えばもともと5gゼラチンを入れていた場合は4g弱程度のゼラチンを追加します。そしてそこにお玉一杯程度のレアチーズ生地をしっかり混ぜ合わせてから残りのレアチーズ生地に合わせていきます。ここで味見をしてみてレモンの酸味が足りないようならレモン果汁を足してください。レモンの酸味はチーズを固める性質があります。あとは型に戻して再度冷やせば大丈夫です。

簡単レアチーズケーキでお菓子作りしませんか?

ケーキの中でもレアチーズケーキは、特に簡単で手軽に作れることからとても人気です。スポンジケーキを焼いたりすることもないので、焼き加減で失敗するとかもなく、基本は混ぜ合わせて冷やして固めるだけの作業なので、料理を普段しない人でもレアチーズケーキなら、ハードルも低く失敗なく美味しく食べることのできる安心なケーキです。

そして、レアチーズケーキの材料もまた特別なものは何一つ入っていないという点が、自宅で作りやすい仕様になっているとも言えます。確かに生クリームはそうそう常備しているものではないので、買いに行く必要性はありますが、絶対に必要かと言われるとそうではなく牛乳で代用ができたり、生クリーム自体を使用しないレアチーズケーキのレシピもあります。みんなが誰でも知っている材料でできるのも人気の一つです。

更にレアチーズケーキが人気の理由は、わざわざケーキ作り用の型を用意しなくてもできてしまうという手軽さにあると言えます。作り方そのものも手軽で簡単ですが、型を使わずにカップなどに流し込んでできてしまうこともできてしまうのです。カップはどの家庭にも必ずあるものですし、そういったものでケーキと呼べるものができてしまうのはレアチーズケーキならではと言えます。

今まで、自宅でケーキを作るなんて想像もしていなかった人にとっては、この簡単にできる人気のレアチーズケーキレシピは衝撃だと思いますが、これを皮切りにまずはカップタイプのレアチーズケーキから始めてみて、徐々に型を使ったものにも挑戦して、段階を踏んでお菓子作りの世界に足を踏み入れてはいかがでしょうか?

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ