ガレットの正しい食べ方を解説!マナーを守ってきれいに食べる方法

ガレットはお洒落なカフェなどのメニューの中に展開されていることが多く、美しい見た目が印象的でしょう。そんなガレットの食べ方を知っているでしょうか?実はマナーがあるとされているのです。今回はそんなガレットの食べ方を紹介していきましょう。

ガレットの正しい食べ方を解説!マナーを守ってきれいに食べる方法のイメージ

目次

  1. 1ガレットとは?
  2. 2ガレットの正しい食べ方
  3. 3ガレットはマナーがわかれば綺麗に食べられる!

ガレットとは?

ガレットという料理は現在では日本での知名度も上がっており、おしゃれな食事としてカフェのメニューに取り入れているお店も多いことでしょう。そんなガレットですが初めて食べる方は、食べ方に戸惑ったという方も多いことでしょう。今回はそんなガレットの食べ方のマナーについて詳しく解説をしていきます。

フランス北西部の郷土料理

お皿に乗ったガレット

ガレットはそば粉で作られている料理になり、フランス北西部の郷土料理としても知られています。ガレットの発祥の地域を知らなかったという方が多いことでしょう。ガレット以外にもフランス北西部ではポトフオニオンスープなども郷土料理として知られています。食の文化が進んでおり、尚且つおしゃれな料理が多い印象を受けることでしょう。

円形に薄く焼いた生地と具材

ガレットのアップ画像

ガレットはフランス語で円く薄いものという意味を持っています。ガレットを作る工程を見ていると、日本人により身近に感じるスイーツを思い出す方も多いことでしょう。

円く薄い生地の中に生クリームやフルーツを入れて作り出すクレープは、このガレットが元になったともいわれているのです。使用されている素材は異なりますが、作り方などが似ているためガレットを見るとクレープを連想する方も多いといいます。

現在では種類が豊富

こんがり焼けたガレット

ガレットと呼ばれる料理は今では種類が豊富になり、元のそば粉を使用したガレットのみならず様々な食材が使用されています。日本で主に食べられているのが、小麦粉を使用したガレットになりガレット・ブルトンヌと呼ばれるものが主流でしょう。

プロイと呼ばれるのはアカディア地方では伝統のあるガレットとして知られており、その他にもパイ菓子のようにアーモンドクリームを入れているガレット・デ・ロワ、じゃがいもを使用したじゃがいものガレットなどがあります。

ガレットの正しい食べ方

ここからはガレットの正しい食べ方を見ていきましょう。実はマナーの存在しているガレットは、食べ方を覚えることで綺麗に食べ切ることができるでしょう。

フォークとナイフで一口目は生地のみ

ガレットを食べようをしている様子

ガレットという料理は生地の真ん中に様々な食材を盛り込んでいますが、まずは生地の味わいを愉しむことがマナーです。そば粉や小麦粉で作られているガレットの生地は、風味も豊かです。

そんな風味をしっかりと一口目で愉しむことによって、二口目からの具材と合わせた味をも楽しめるのです。基本的にはフォークとナイフで食べるものになるので、フォークとナイフの使い方も覚えておきましょう。

縦に切って下から上へ巻く

ガレットを綺麗に食べ進めていくことが、美しいマナーともいえます。生地の味を愉しんだ後は、生地を縦にカットしていき具材の半熟卵を絡めて食べましょう。縦に切る際には横幅3cmほどを目安にしましょう。

長く縦長に切った生地は、ナイフで抑えながらフォークでくるくると巻くようにします。そこへ付け合わせの具材等と合わせて食べるのも良いでしょう。ガレットを食べる際にはフォークとナイフの使い方にも注目してみると良いでしょう。

具材を生地で巻きこむのがポイント

先ほどの食べ方に付け加えるマナーとして、ガレットの生地の中に付け合わせの野菜や卵を巻きながら食べる方法です。しっかり巻き込んで食べることで、美しい食べ方になることでしょう。多くは生地の上に具材を乗せて、そのまま口に運ぶ方が多いことでしょう。

マナーの一つとして、生地に具材を巻き込むというのを覚えておくと良いでしょう。そうすることで具材等をこぼさずに口に運ぶことができるのです。

ソースや半熟卵は生地に絡める

ガレットの中心に入っている半熟の卵や、かかっているソースは生地に絡めて食べると良いでしょう。生地の味を楽しみ、尚且つ生地と具材の味を愉しんで食べ進めるとお皿の上に卵とソースが残っているのを確認できるでしょう。それらはしっかり生地に絡めとることで、綺麗で美しい食べ方として映えるのです。

皿に残ったソースも綺麗に食べるには?

先ほども紹介したように、お皿に残ってしまっている卵やソースは生地に絡めて食べるようにしましょう。その際にガレットは生地が命なので、生地の割合の方が基本的には多いです。それを考慮した上で、生地とのバランスを考えて絡めながら食べ進めていきましょう。最後にはお皿の上は綺麗に食べ終わっている状態となります。

ガレットはマナーがわかれば綺麗に食べられる!

薄い色合いのガレット

ガレットはフォークとナイフを上手く使って食べることが先決といえるでしょう。美しい食事マナーの中で、ガレット独自の食べ方もあるので覚えて食べ進めてみてはいかがでしょうか?美味しさを感じられるガレットを心行くまで愉しんでみてください。

Thumbガレットの意味とは?クレープと違う?由来や材料のそば粉から違いを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbそば粉のレシピ特集!簡単・ガレットやお菓子など人気の料理をご紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ