焼肉の材料や具材は?ホットプレート使用におすすめの肉や野菜も紹介!

ホットプレートを利用した焼肉は家で焼肉をする場合に活用する家庭料理器具ですが、家族みんなでホットプレートを囲んで食べる焼肉はちょっとしたイベントだったりもします。しかし各家庭によって焼肉をする際に、おすすめの具材や材料は異なっており、お肉をシンプルに牛肉だけでタレと塩だけで食べるという家庭もあったり、鶏肉などを串にさして焼き鳥風にして焼肉をする方もいたりと千差万別です。今回は自宅でホットプレートを利用した焼肉をする際に、おすすめの具材や材料について紹介していきたいと思います。

焼肉の材料や具材は?ホットプレート使用におすすめの肉や野菜も紹介!のイメージ

目次

  1. 1焼肉は材料や具材を好きなもので揃えて楽しく食べよう!
  2. 2焼肉の材料や具材でホットプレートでもおすすめの肉類
  3. 3焼肉の材料や具材でホットプレートでもおすすめの野菜類
  4. 4焼肉の材料や具材でホットプレートでもおすすめの変り種
  5. 5焼肉のシメにおすすめの材料や具材といえば?
  6. 6焼肉を家でするときのおすすめ食べ方
  7. 7焼肉を家でするときの煙対策について
  8. 8焼肉の材料や具材は変り種も加えてユニークに!

焼肉は材料や具材を好きなもので揃えて楽しく食べよう!

自宅でホットプレートを使った焼肉といっても各家庭によっておすすめの材料や具材が違ったりするようです。今回は、焼肉の材料や具材でホットプレートでもおすすめの肉類、野菜類、おすすめの変り種、ホットプレートでの焼肉のシメにおすすめの材料や具材といえば、焼肉を家でするときのおすすめ食べ方や太らない食べ方など、自宅でホットプレートを利用する際の材料や具材について詳しく解説してきます。

焼肉の材料や具材でホットプレートでもおすすめの肉類

タレを浸けても塩こしょうでシンプルでも美味「カルビ肉」

ホットプレートを利用した焼肉の際に、おすすめな具材や材料は焼肉店どうようにカルビになります。カルビはスライスしてあるものも販売していますし、細長いブロック状で販売されているものもあります。ともに焼肉を自宅のホットプレートを利用して焼き上げる場合には、筋がついている場合はそぎ落としておいた方が食べるときに柔らかくなります。

また筋を削り落とした後は、材料であるカルビに斜めに切り込みをいれるとより食べやすくなります。表面だけではなく裏側にも同様に同じ方向に切り込みをいれると、焼肉屋で食べる具材のようなカルビになります。お肉の具材の状態にもよりますが固いカルビの場合は、なるべく格子状に斜めに切れ込みを入れておくと良いでしょう。
 

ブロック状のカルビの具材は、筋をとり切れ込みを入れた後は一口大にカットしてホットプレートで焼きやすくしておきます。専用のタレなどに1時間ほど漬け込んでおくのも良いですし、軽く塩コショウを材料にまぶしておき、焼きあがったらタレを付けて食べる方法もおすすめです。そのままカルビを焼くよりはひと手間かかりますが切り込みを入れておくと非常に美味しくなります。

串に刺して焼き鳥にすれば楽しい「鶏もも肉」

材料費も安くヘルシーなので女性にも人気の鶏肉ですが、鶏もも肉と長ネギなどを串に刺して用意しておくと、ホットプレートを利用した焼肉の際に焼き鳥感覚で楽しめます。また串刺しの下処理は子供も楽しめるので、焼肉のお肉の下ごしらえの際に子供たちとワイワイ楽しみながら下処理が行えます。鶏もも肉串の具材は、お好きなもので大丈夫ですが、定番の材料は鶏もも肉と長ネギ、塩コショウとなります。

鶏肉や長ネギの材料などを刺す串は、水に浸した後に具材に刺すとホットプレートで焼肉をする際に、串が焦げにくいのでおすすめです。鶏もも肉の具材は一口大にカットし、長ネギは2センチから3センチ程度に切り、具材を交互に刺していくと見栄えが良く食べたときに美味しいです。ホットプレートで焼肉をする際には鶏もも肉の焼き鳥の具材は食べやすく人気です。
 

子供にも大好評で簡単調理「ウインナー」

自宅でホットプレートを利用した焼肉を行う場合にも、手間が無く子供に人気の具材であるウインナーは、ほとんど下処理が必要ないのも人気の焼肉の材料と言えます。ウインナーは簡単ですが種類も多く定番の焼肉の具材でも優秀です。ウインナーと言っても種類はいろいろで、ソーセージの材料として豚肉、牛肉、鶏肉をミンチにして羊腸につめて燻製にしたもの全般を刺します。

ソーセージやフランクフルト、ウインナーの違いはウイナーは太さが20ミリ未満の腸詰めのものを言い、一般的にお弁当などにも使うサイズのものです。これにハーブやスパイスが入ったものをチョリソーと呼び、大人向けのスパイスの効いたウインナーになります。フランクフルトは20ミリ以上から36ミリ以下のウインナーのことを言います。

ホットプレートを利用した焼肉を行う場合には、ウインナーでもフランクフルトでも良いでしょう。一緒に用意しておくと好奇心が強い子供は喜ぶ事間違いありません。ボロニアソーセージは太さが最大で36ミリ以内のものを刺します。ボロニアソーセージもホットプレートを利用した焼肉の際にはおすすめです。一般的にはハムカツに利用されるハムをボロニアソーセージと言います。これらをひとまとめにしたものがソーセージです。

安くて子供も大好き「魚肉ソーセージ」

おやつ替わりに生で食べても簡単で美味しい具材である、魚肉ソーセージは焼くと魚肉に空気を保有するのでフワフワ、かりっとしてより美味しくなります。また焼肉を行う際にカルビやロースや他のお肉の肉汁が、ヒットプレートについていますので、もともと脂肪分が控え前な魚肉ソーセージに旨味がますのでおすすめです。ホットプレートで他のお肉と一緒に焼き上げた後はタレやマヨネーズについて食べると美味しく安上がりです。
 

旨味が強くぷりぷりの「ホルモン」

自宅のホットプレートを使った焼肉を行う場合も美味しく楽しめるのがホルモンです。ホルモンは、焼き肉店などでは網焼きで七輪などで焼いて食べることが多いですがホットプレートでも同じように美味しく焼くことができます。脂がのったホルモンは脂身の部分はすぐに焼けてしまうので皮の方から焼くのがコツです。そうすることでホットプレートでホルモンを焼いても旨味が逃げにくく美味しく仕上がります。

プリプリで脂がのったホルモンはスーパーなどよりは、やはり専門のホルモン店やお肉屋で購入したほうが良いでしょう。丁寧に下処理されてあるホルモンは自宅で焼肉をした際も、臭みがなく焼き肉店で食べるホルモンの味を楽しめます。牛ホルモンは下処理がかならず必要で、購入したホルモンに下処理がされていない場合は自宅でおこないましょう。
 

焼肉で利用するホルモンの下処理方法は、まずはホルモンをボウルに移して小麦粉を振りかけます。小麦粉にまぶしたホルモンは、ごしごしともみ洗いを行い汚れや臭みを除去します。きちんと洗い終わったら水で小麦粉を洗い流してキッチンペーパーなどでホルモンの水気をふき取ります。どうしても匂いが取れない場合は、お酒やタレに1時間ほど漬け込んでおくのも良いでしょう。
 

焼肉の材料や具材でホットプレートでもおすすめの野菜類

香ばしく焼けばこれだけで美味しい「とうもろこし」

焼肉で人気の野菜といえばとうもろこしがあげられます。とうもろこしはもともとボイルして真空パックしてあるものは、すでに下処理として茹であげられているのでそのまま封をあけた後は輪切りして焼肉と一緒に焼き上げるだけです。通常の生のとうもろこしは流石に、そのまま輪切りにて焼くというわけにはいきませんので皮をむいたら下処理で10分ほど茹でた後に輪切りにしましょう。

焼肉で利用するとうもろこしは、ゆで上げたあとの輪切りにして焼くだけですが特別にバターと醤油を少々たらすと、焼きトウモロコシの良い香りが漂い食欲をより注ぎます。子供がいる家庭は、とうもろこしを輪切りではなく半分に切って豪快にホットプレートで夏祭り風に焼きとうもろこしで食べる方もいるようです。ホットプレート焼肉で子供がいる家庭ではとうもろこしは特におすすめの食材です。

焼くほど甘くジューシーになる「玉ねぎ」

焼肉の定番の野菜といえば甘くて栄養価が高い機能食である玉ねぎははずせません。ホットプレートを使って焼肉を行う場合は、玉ねぎも下処理として皮をむいて不要なヘタをとり半分に切った後に三日月状にカットします。その際に玉ねぎは包丁で切るとバラけてしまうので、切るサイズに合わせて爪楊枝を玉ねぎに刺しておくのもよいでしょう。
 

たまねぎに刺した爪楊枝と爪楊枝の間を包丁できるようにするとよいでしょう。バラバラになりやすい玉ねぎもちょとした工夫でホットプレートを利用した焼肉をやりやすくなります。爪楊枝があることで楊枝をもって食べてもよいでしょう。爪楊枝を玉ねぎに刺す際には、玉ねぎの向きに注意しカットした断面が放射状になるように刺すとうまくいきます。
 

食感も良くいろんな味に対応できる「きのこ類」

カロリーも少なく食物繊維豊富なきのこ類は、腸内を掃除するとともにこってりしたお肉の中でアクセントとなりホットプレート焼肉の材料としても非常におすすめの具材です。焼肉に使うキノコ類としておすすなのが、本しめじ、まいたけ、ひらたけ、しいたけ、エリンギになります。きのこはどの種類の食物繊維が豊富で、とりわけ不要性の食物繊維を摂取できます。

お通じをよくしたり身体の中の有害物質の除去に作用があり、デトックス効果が期待できます。またカロリーにかんしては0カロリーではありませんが、ほとんどが10キロカロリーなどとかなり低いのが特徴です。またキノコは普段摂取しにくいビタミンDを多く保有しています。ビタミンDはカルシウムの吸収をサポートし、丈夫な骨や歯をつくるもとなるので子供も積極的に摂取した方がよいでしょう。

またキノコ類はなんといっても多種多用なミネラル分を保有しているため、健康促進や身体の調子を整えるのに最適です。とりわけカリウムが豊富で普段摂取しにく栄養素を補給できます。また見逃せないの栄養素は葉酸です。赤血球をつくる際にも必要な材料になり。不足すると細胞がうまく生成できません。そのため子供や妊婦は十分に摂取できるキノコは焼肉にもおすすめの具材と言えます。

油で煮てアヒージョにもおすすめ「にんにく」

翌日の匂いが気になる方は避けた方がよいですが、滋養強壮効果が高く小粒ながら旨味が凝縮したにんにくも焼肉の具材として人気です。とくにホットプレートでそのまま焼肉といっしょに焼き上げるのも良いですが、ホイルにごま油を入れてホットプレートで簡単に焼肉をしながら作れるアヒージョがおすすめです。アヒージョの材料は、にんにく1個、ごま油、塩少々です。

にんにくはばらして皮をむいた後に縦に半分にカットして、用意してあるアルミホイルに包んで胡麻脂を入れます。アルミホイルで包んだら焼肉をしているホットプレートの隅に乗せて10分ほど放置しておけば完成です。アルミホイルはかなり熱々になるので開ける際に注意しましょう。開封後に塩を少々垂らすと絶品にんにくのアヒージョの完成です。
 

胃もたれを防ぐ野菜の王様「キャベツ」

こってりした焼肉を食べる際に、欠かせない野菜と言えばキャベツです。安いときは1玉100円から200円程度でボリュームもあり比較的いろんな料理に合うキャベツですが、やはりホットプレート使った焼肉にも非常に合うお野菜です。焼肉の際のキャベツの下ごしらえは、きゃべつを4等分にしたら、固い芯の部分は切り落として捨てましょう。あとは一口大に適当にざっくりとカットして水気をきったら完成です。
 

キャベツは生でも食べても良いですが、ホットプレートでささっと加熱するとお肉の旨味もキャベツにからみあい旨味がまします。キャベツとお肉を一緒に食べることで消化吸収の手助けにもなるので非常に便利です。またキャベツと一緒ににんじんやなすびなどもあわせて短冊切りで一緒にお皿に盛り付けると色合いも綺麗です。

焼肉の材料や具材でホットプレートでもおすすめの変り種

魚介の旨味をプラスで上級焼肉に「ホタテやエビ」

バーべーキューにはよく利用される具材である海鮮類の中でも、高級食材であるホタテやエビは、もちろん自宅でホットプレートを利用した焼肉の食材としてもおすすめです。ホタテは肉厚で淡麗な味ですがホットプレートを利用した焼肉と一緒にすることで、こってりしたお肉の脂や野菜の旨味も絡みつくので相性抜群です。ホタテは殻が付いたものと、殻無しのホタテが販売されています。

ホットプレートを使った焼肉の場合は、殻無しのホタテの方が使いやすいと言えます。既にボイルしてあるものは表面を軽くやいてシンプルに塩などで食べると、ホタテの旨味があふれ非常に贅沢です。焼肉屋でも人気の具材である海鮮の海老は子供にも人気の具材になります。海老の頭や殻付きのまま焼き上げて表面がある程度焦げたら食べどきです。
 

海老は殻付きのものも人気ですが、あらかじめ海老の皮や頭などを落としておいて食べやすくしておくのも便利です。ホットプレートを利用した焼肉に適した海鮮はほかにはイカがおすすめです。イカは胴体ぶぶんを一口大にカットしておき、網目小に包丁をいれておくと身が柔らかくぷりぷりで焼肉に良くあいます。海鮮類はあまりに焼き過ぎるとお肉同様に身が縮んでしまうので注意が必要です。

焼くとトロトロ絶品スイーツに「マシュマロ」

ホットプレートで美味しく食べることができるスィーツとして人気な食材は、マシュマロも最近ではジワジワと人気を集めているようです。直接ホットプレートにマシュマロを焼いてチョコレートフォンでについて食べるというのもおすすめです。著;小レートフォンデェは、耐熱皿に刻んだチョコレート100gと牛乳を大さじ3杯程度いれてレンジだたためます。そのあとはホットプレートの上に保温で置いておくだけなので便利です。
 

焼きなどと一緒のホットプレートではちょっと難しいですが、強引にやるのであればアルミホイルを引いた上で、マシュマロをやくとお肉や野菜の味がうつらずに同時進行することが可能です。チョコフォンデュはチョコレートだけでは粘度が強すぎるのでミルクは必ずいれましょう。

実は焼くと甘みが増して絶品「フルーツ」

焼肉に焼きそばにと家庭で手軽に料理ができるホットプレートですが、実はフルーツもホットプレートで焼いて食べると甘味が増幅されて非常に美味しくなります。野外で行うバーベキューの際にも、果物を焼くフルーツバーベキューが人気にもなっています。見栄えが華やかなフルーツですが、ホットプレートで焼くのに適している果物はスーパーでも気軽に手にはいるものばかりです。

おすすめのフルーツは、バナナ、リンゴ、梨、桃、イチジク、ミカン、キウイフルーツなどです。ホットプレートでフルーツを両面焼き上げると、いつもの生でたべるフルーツとは違う食感や甘味が感じられ非常に美味しく仕上がります。すべてのフルーツではないですが多くの場合、ホットプレートで焼くとフルーツの糖度があがり甘味と酸味が凝縮されるため美味しいと感じるようです。

とりわけ人気の焼きフルーツは、バナナ、リンゴ、プルーンになります。そのまま食べても良いですがアイスクリームやシナモン、チーズなどと一緒に食べれると非常に美味です。またリンゴなどはホットプレートで焼くと皮も柔らかくなるので。そのまま食べることが出来ます。果物の中でも焼くと美味しさが損なわれるのがレモンとすいかのようです。ホットプレートでフルーツを焼いていろいろ試してみるのもよいでしょう。

もちもちした餃子は実は焼肉と相性抜群「焼き餃子」

焼肉の具材として密かに人気の材料は、レトルトの焼き餃子です。焼き餃子は安いもであれば100円から200円程度で購入でき味も本格的なものが多く、焼肉をしながらヒットプレートに乗せておくと焼き餃子を楽しむことが可能です。市販の餃子はおおよそ下味がしっかりしているので、焼肉で利用するタレでも良いですし餃子に付属でついている酢醬油を利用するのもよいでしょう。

ぷるぷるした食感が美味しくヘルシー「こんにゃく」

ホットプレートを使った焼肉の変わりだけで、女性にもおすすめな食材はこんにゃくです。スーパーなどで販売されているこんにゃくに斜めに切り込みを入れて、一口大にカットした後に焼きあげることで、こんにゃくステーキとして楽しむことが出来ます。またホットプレートでお肉などと一緒に焼き上げることで、こんにゃくにも最低限のお肉の味や風味もつくのでより食べ応えがあります。

ホットプレートで焼き上げたこんにゃく焼肉は、ヘルシーで食物繊維を豊富に保有するのでカロリーが気なるけど、家族と一緒に焼肉を楽しみたいという方にもおすすめです。またこんにゃくを薄めにカットして焼き上げるのもお肉の味がよくまじりあいより食べやすくなります。こんにゃくを初めて使ったけど案外良いという方が多いので、焼肉の具材の中の一つとして一度試してみましょう。
 

焼き上がりがパリっと香ばしい「厚揚げ」

ホットプレートを利用した自宅での焼肉の場合に変わった種類の具材でおすすめは、厚揚げです。厚揚げはもともとは淡泊であっさりしておりヘルシーな材料ですが、焼肉と一緒にやくことでお肉の旨味がからみ、非常に美味しくなります。焼きあがった厚揚げは焼肉のタレで食べても美味しいですし、口直しにしょうが醬油でさっぱりと食べるのもよいでしょう。とくに胃もたれが気になる年齢になるとこういった食材は嬉しい方も多いようです。

焼肉のシメにおすすめの材料や具材といえば?

余った野菜やお肉と合わせてもう一品「焼きそば」

ホットプレートを利用した焼肉の締めは各家庭でいろいろな具材を利用して楽しむようですが、焼肉で利用したホットプレートに残っているお肉や野菜に海鮮類を利用した焼きそばは別格に美味しいの焼肉の締めになります。野菜はもやし、キャベツ、ニンジンなど焼肉で余った食材でOK。お肉も豚コマやカルビなど豪華に利用しましょう。

ホットプレートは十分に温まっていると思いますが、焼肉でプレートが焦げていれば焦げ付きを十分に取り除いたあとに、お肉からいため火が通ったら野菜も炒めます。最後に麺を投入して味付けはソースや塩味など好みでえらび、最後に青のりをパラパラとかければ完成です。定番の焼きそばは焼肉のタレ味というのも良いかもしれません。

豚肉と一緒に炒めて絶品おかずに「キムチ」

焼肉で豚肉があたまった場合に、キムチと一緒に炒めると手軽に豚キムチになり、最後にご飯と一緒におかずとして食べても良いですし、翌日のお弁当のおかずとしても大活躍です。豚キムチの作り方は豚肉を焼肉が終わった後のホットプレートで炒めたあとにキムチを入れて更に軽く炒めると完成です。速攻で作れて焼肉のあとの締めのおかずにもなるのでおすすめです。

タレをつけて香ばしい「焼きおにぎり」

焼肉の締めに自宅のホットプレートを使ったレシピとしては焼きおにぎりも人気です。大量に残ってしまったご飯などもおにぎりにしておき、焼肉の日にレンジで温めたあとに焼肉のタレや醬油などをぬって、ホットプレートでごま油で焼き上げるとなんとも香ばしく仕上がります。焼きおにぎりは焦げ目がしっかりつくまで両面焼きましょう。フライパンなどで作るよりホットプレートは面積が広いのでいっきに焼き上げれます。
 

焼肉の定番のレシピ「ビビンバ」

自宅のホットプレートを使った焼肉の場合にも、締めはビビンバで本格的にといのもおすすめです。ビビンバはコチュジャンを加えて食べる韓国風の混ぜご飯ですが、石焼用のどんぶりなんてまず自宅にありませんので、ホットプレートを綺麗した後に、ゴマ油をひいてご飯を焼いた後にどんぶりに移してカルビやキムチ、ナムルなどをトッピングすると即席ビビンバの完成です。石焼丼がなくても簡単につくることができます。

焼肉の残った具材で作る「チジミ」

韓国のお好み焼きであるチジミも焼肉の締めにホットプレートで簡単に作れてしまいます。チジミの粉はスーパーなどに入手できるので粉だけ溶いておき、焼肉の残った材料を最後に入れて焼き上げると以外と面白いと思います。それに溶けるチーズなどを入れて焼き上げたチジミはパリッと香ばしく、焼肉の締めにビールのおつまみに最適です。

焼肉を家でするときのおすすめ食べ方

肉を食べる前に野菜を食べよう

焼肉をする際には、どうしてもお肉先行で野菜は後回しにしてしまいがちですが、実はテレビや雑誌などで食事の際には野菜から先に食べた方が健康的であることはよく言われていますが理由を分かっている人は少なかったります。焼肉の際も言えますがなぜ野菜から食べた方が良いのかというと、食事をすると血糖値が上がります。そうすると次に膵臓からインスリンが分泌されます。

このインスリンはブドウをを全身に届ける役目を果たすのですが、過剰に分泌した場合は全身に回ったブドウ糖は脂肪分に変わることになります。野菜から先に食べると食物繊維の働きにより、血糖値が緩やかに上がるためインスリンの分泌量が抑制されるため上記のように過剰にブドウ糖が残りにくいため脂肪に変換されいにくいというメリットもあります。

とりわけ野菜は炭水化物を摂取する際のブドウ糖も、野菜を先にたべておくことでブドウ糖の吸収をゆっくりにする働きがあるので焼肉に限らず食事の際は、野菜をはじめにゆっくりと噛みながら食べると血糖値の上昇も抑えら、あらゆる面でメリットが多くなります。焼肉の際にはホットプレートで焼く野菜とは別にサラダを用意しておくのも良いかもしれません。

キムチを横に置いてより焼肉を美味しく!

焼肉を食べる際にはキムチは相性抜群の食材です。キムチは焼肉のお肉と合うだけではなくキムチに保有されるカプサイシンが脂肪燃焼作用があるためダイエット効果も期待できます。またキムチは発酵食であり、乳酸菌や消化酵素を保有するため腸の中で残りやすいお肉を分解しやすくします。とくに年齢とともに体内の酵素が減ってくるので積極的に焼肉の際にはキムチを食べることをおすすめします。

肉にはレモン汁をかけると美味しくて健康的

焼肉に限らずお肉にレモン汁をかけると肉の味が引き締まり、脂っこいお肉がさっぱりと食べることが可能です。もちろんお肉にかけるレモンは少量などのでビタミンCの保有量が多いレモンですが、摂取量も少しながらレモンから補給することが可能です。焼肉のタレに飽きたからはレモンを使って口直しするのも良いでしょう。
 

肉の下ごしらえとしてタレに漬け込むのがおすすめ

少し手間はかかりますが、焼肉をする際にあらかじめタレにつけておくとお肉がよりやわらかくなり旨味が増します。お肉を柔らかくする方法としてはパイナップルやリンゴ酢を使ったり、すりおろした果汁をタレと一緒にお肉につけこむことで効果が期待できます。一番のおすすめは玉ねぎをすりおろし、お肉にまんべんなくも見込みジップロックで冷蔵保存しておく方法です。
 

タレを甘くする働きと、漬け込んだお肉を柔らかにする作用があります。ごま油やすりおろしたニンニクにブラックペッパーも一緒にお肉にも見込むと、焼肉店で食べるような本格的な味を楽しむことが可能です。漬け込みすぎるとタレの味が肉に染みすぎるので長くても1日、通常は焼肉を開始する1時間くらい前に仕込んでおけばうまくいきます。

オリジナルのつけダレを用意していろんな味を楽しむ

焼肉のたれは市販のものもクオリティーが高いものから、定番のものまで種類が多く販売されていますので手間がかかないという点では購入したほうが良いかもしれません。しかし上手につくると焼き肉のタレは店の焼肉屋のタレのように、旨味あるれる美味しいタレを作ることが可能です。焼肉のタレの作り方は、インターネット主流の現代では秘伝のタレの作り方が公開されていますので自宅でも簡単につることが可能です。

焼肉を家でするときの煙対策について

換気扇と窓を開けるのを忘れずに

自宅で焼肉を行う場合に注意したいのが、やはり換気です。焼肉はお店で食べるより自宅のホットプレートを家族で囲んだほうが安く上質のお肉を堪能できるんどえすが、やはり気になるのが匂いと脂ハネです。焼肉をする部屋に換気扇が付いていれば一番良いのですが、キッチンになるような換気扇がついている部屋なんてまずありませんから焼肉を自宅で行う場合は換気のため窓をあけるようにしましょう。

また最近のホットプレートは、焼肉の煙をまるまる吸収するシステムがついたものがあり、旧来のホットプレートに比べるとかなり匂いや煙は抑えられているようになったようです。夏場の時期であれば窓をあけて扇風機を窓側に向けて、喚起するのも良いでしょう。証明に空気清浄機能付のものも販売されていますので、匂いがとにかく気になる方は家電量販店をのぞいてみるのも良いでしょう。

煙の匂い移りの心配な家具には新聞紙を

焼肉を自宅で行う際にホットプレートを使うことが多いと思いますが、匂い残りが気になる方が非常に多く、特にせっかく選んだ家具やインテリアに焼肉の匂いがついて取れないなんてこともあります。焼肉をやくと煙がでますが実は脂が混じった煙のため、しっかりと換気をしていないと家具、インテリア、クロス、天井にしみついて焼肉が終わっても脂臭さが残ります。

最近ではホットプレートに煙を吸い取るダクトがついた家庭用の家電も販売されており、比較的以前に比べると抑制はされていますが気になるような大型家具、ソファーなどには、油煙が付着しても大丈夫なのように新聞紙をかけておくと非常に有効です。焼肉が終わったあとに新聞紙をさっととるだけで不要な脂分が防げるので非常に便利です。

脂身の少ない赤身肉なら煙が出にくい

自宅で焼肉をする場合に、やはり気になるのは臭い、煙、洗い物などになると思います。とりわけマンションなどの集合住宅で焼肉をすると煙がもくもく上がりすぎるとご近所からクレームが来たりするので注意も必要です。もしも自宅で焼肉を行う場合で煙を抑えた食材を選択するのであれば赤身肉が良いでしょう。煙は脂肪分が多いものほどよくでますので、赤身が多いお肉のほうがより煙がでにくくなります。

肉はタレに漬け込まずに焼いたほうが煙が出にくい

また煙が出やすいお肉は脂肪分が多いお肉の他に、タレに漬け込んだものはタレが焼けたときに多く煙を輩出します。そのため一軒家などであれば問題ないですが、集合住宅で煙が出過ぎると困ると言う方は、タレ漬けの具材の選定は考慮したほうがおすすめです。焼肉はタレつけしなくても塩コショウや焼いた後にタレにつけて食べるだけでも非常に美味しいのもメリットと言えます。
 

自宅焼肉の煙は煙探知機が発動するので注意!

マンションやアパートなどの集合住宅では、煙探知機が設置されていることがほとんどです。焼肉をする際に煙がですぎると、煙探知機が感知する場合があるので注意が必要です。煙探知機には煙式と熱式があるようで熱式はあまり感知しないようですが、煙式の探知機はすぐに反応するので私の自宅では大丈夫だったのに知人宅ではと言う場合は、種類が違うのかもしれません。

Thumb焼肉のたれランキングTOP13!おすすめや人気の市販品も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

焼肉の材料や具材は変り種も加えてユニークに!

ホットプレートを利用時におすすめの材料や具材について詳しく解説させて頂きましたが如何だったでしょうか?ホットプレートを使用した焼肉は、美味しいお肉を食べながら、家族団らんのきっかけになったり、家族とのコミニケーションを取れるので非常におすすめのレシピです。自宅で焼肉をする際にいつもの定番の焼肉の具材や材料の中に、おすすめの食材を追加する参考にしてみてください。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ