アヒージョの簡単レシピを解説!フライパンやスキレットでの作り方は?

アヒージョはおしゃれなスペインバルなどで食べることが多いですが、実は家でも簡単に作れるようです。家でもフライパンやスキレットなどを駆使すれば簡単な作り方でも美味しいアヒージョを完成させることができますが、果たしてそのレシピとはどうなっているでしょうか?アヒージョはさまざまな具材で楽しむことができ間違いのないおかずとして楽しめますから、時短で簡単にできるアヒージョレシピをぜひチェックしてみましょう。

アヒージョの簡単レシピを解説!フライパンやスキレットでの作り方は?のイメージ

目次

  1. 1アヒージョの作り方は簡単?人気のレシピを調査!
  2. 2そもそもアヒージョとは?本当に作り方は簡単?
  3. 3アヒージョの簡単レシピに使う主な具材とは?
  4. 4アヒージョの簡単レシピの基本の作り方をチェック!
  5. 5アヒージョの簡単レシピは調理器具でも違う?
  6. 6アヒージョの簡単レシピ:エビのアヒージョ
  7. 7アヒージョの簡単レシピ:イカのアヒージョ
  8. 8アヒージョの簡単レシピ:ジャガイモのアヒージョ
  9. 9アヒージョの簡単レシピ:タコのアヒージョ
  10. 10アヒージョの簡単レシピ:ホタテのアヒージョ
  11. 11アヒージョの簡単レシピ:鶏モモ肉のアヒージョ
  12. 12アヒージョの簡単レシピ:カニカマのアヒージョ
  13. 13アヒージョの簡単レシピのおすすめの食べ方とは?
  14. 14アヒージョのオイルは他のレシピに活用?
  15. 15アヒージョの簡単な作り方を覚え色々なレシピで楽しもう!

アヒージョの作り方は簡単?人気のレシピを調査!

アヒージョは外食でメニューにあったら絶対頼むという人も多いと思いますが、実は家でも簡単に作れるレシピが存在するようです。アヒージョはなんとなくおしゃれなスペインバルなどでしか食べられないようなイメージもありますが、実は家でもちょっとしたコツをおさえておけば案内簡単に美味しいアヒージョを作れるようです。

アヒージョは基本となる作り方を覚えれば、あとは実にさまざまな食材を組み合わせて楽しめるのが魅力的です。今回は、定番の組み合わせから変わり種のレシピまでアヒージョの簡単な作り方のレシピを具体的にみていきます。ホームパーティーなどで思わず友人に振る舞いたくなるような間違いなしのアヒージョレシピを、チェックしてみてください。

Thumbコストコのアヒージョの作り方と食べ方は?アレンジレシピも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

そもそもアヒージョとは?本当に作り方は簡単?

アヒージョはフライパンまたはスキレットなどがあれば簡単に作ることができると話題になっています。スペインバルなどでもスキレットで提供されることの多いアヒージョですが、そもそもアヒージョとはどのような料理なのでしょうか?アヒージョはスペイン料理の一種であり、スペイン語でアヒージョは刻みニンニクのことを指すようです。

その名前の通りニンニクがアクセントとして効いているのがアヒージョの魅力ですが、南スペインでよく楽しまれているタパスの一種となっています。お酒との相性が特によいタパスとして知られておりビールと合わせる人もいればワインと合わせる人もいますが、ニンニクのほかに鷹の爪などを入れオリーブオイルで煮込むのが定番となっています。

アヒージョはあまり家庭で作るというイメージはないかもしれませんが、だからこそ作れば普段とは違ったスペインバル風の雰囲気の中で食事を楽しむことができそうです。スペインワインなどを合わせればより雰囲気が出ますが、アヒージョは案外かなり簡単でシンプルなレシピで作ることができるので、試さないわけにはいかないでしょう。

アヒージョの簡単レシピに使う主な具材とは?

アヒージョはフライパンやスキレットがあれば、オリーブオイルやニンニク、鷹の爪などの調味料や薬味を使って簡単に作ることができます。しかし、メインとなる具材によってもその味わいは異なりますから、さまざまなレシピを楽しみたいものです。アヒージョに使われる具材は、特にエビやイカ、貝類などの魚介類であることが多いようです。

特にエビのアヒージョは定番のアヒージョレシピとして知られていますが、小ぶりのエビを使うこともあれば大きめのサイズのエビを使うこともあるようです。エビのアヒージョと一口に言ってもその世界は予想以上に奥深いものですから、自分好みのアヒージョを完成させたいものです。また、マッシュルームなどのきのこが使われることも多いです。

マッシュルームなどのきのこはそれ単体をアヒージョとして楽しむだけでなく、エビなどをメインにする場合に入れることも多いです。また、野菜類としてはブロッコリーやトマトなどを入れることが多いですが、これらを入れることでより色どりも鮮やかになります。このような具材の旨味が溶け出すことで、美味しいアヒージョを作れるようです。

Thumbアヒージョの具・具材の人気ベスト10!おすすめや変わり種など紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アヒージョの簡単レシピの基本の作り方をチェック!

お伝えしたようにアヒージョはフライパンやスキレットなどの器具を使い、オリーブオイルで既述のような魚介類やきのこ類、野菜などを煮込むことで作ることができます。その作り方は予想以上に簡単ですからぜひアヒージョのレパートリーを増やしたいものですが、個々のレシピを掘り下げる前に基本的なアヒージョのレシピをチェックしましょう。

アヒージョは使用する具材によって旨味成分が異なるので違った風味になりますが、基本となる作り方は共通しています。まずはオリーブオイルをフライパンやスキレットに流し入れ、そこで細かく刻んだニンニクと鷹の爪を加熱します。オイルは香りの飛びやすいエキストラバージンオイルよりもクセのないピュアオリーブオイルが望ましいでしょう。

まずはニンニクを入れてその周辺に泡が立ち始めたら鷹の爪を入れ、ニンニクの色が変わり始めてからメインとなる具材を入れるようにしましょう。オイルの量は大体具材がギリギリ浸るくらいの量が望ましいです。アヒージョの基本的な作り方はこのようになっていますが、調理器具やメインの具材によっても作り方や味わいは異なるものです。

アヒージョの簡単レシピは調理器具でも違う?

アヒージョの基本となる作り方をまずはマスターして、あとは色々な具材の組み合わせを楽しんでいきたいものです。そんなアヒージョは低温で具材を煮込んでいく料理となりますが、その仕上がりは調理器具によっても異なります。フライパンで作るアヒージョはスキレットで作るアヒージョの特徴や違いを、チェックしておきましょう。

アヒージョはフライパンで簡単に作れる?

アヒージョは本場スペイン風にスキレットやカスエラなどの容器で調理を行いさらにそのまま食べるのがやはり雰囲気は出ますが、フライパンでも作れないというわけではありません。フライパンでアヒージョを作る場合にも基本的な作り方は同じとなりますが、フライパンが大きくそのまま食べれない場合には、適当な容器に移して食べましょう。

また、フライパンから容器に移してアヒージョを楽しむ場合には、具材をまずは容器に移してオイルはスプーンなどで適量をすくうのが望ましいでしょう。こうすることで余計な油分を摂取せずにヘルシーに楽しめますし、フライパンに余ったオイルはパスタなどに再活用できます。このように、案外フライパンでの作り方にもメリットはありそうです。

アヒージョはスキレットで作るのも簡単でおすすめ?

アヒージョはフライパンでの作り方も非常に簡単になっていますが、より雰囲気も含めて本格派のものを作りたいときには、スキレットやカスエラなどで作るのがおすすめです。スキレットは取っ手つきの鉄の小鍋であり、カスエラは取っ手なしの陶製の小皿です。これらでアヒージョを調理することで、そのまま卓上に提供できるのが魅力的です。

現在ではスキレットがかなり流行しているので、1000円以下でもかなり良質なスキレットを購入することができます。スキレットは鍋肌がかなり厚めのつくりとなっており、蓄熱性もかなり高めとなっています。そのためエビやイカ、貝類などをアヒージョにする場合もその旨味を逃さずにしっかりと調理することができるのでおすすめなのです。

スキレットはステーキを焼く際にも活用できるため、アヒージョ以外にもさまざまな料理を楽しむためにひとつ購入しておくとよいでしょう。また、陶器製のカスエラなどは食べ終わるまで高い保温性を発揮してくれるので、パーティーでアヒージョを楽しむときなどに重宝しそうです。ぜひ、色々な調理器具でアヒージョを作ってみましょう。

Thumbスキレットでアヒージョを本格的に!基本の作り方とアレンジレシピ13選 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アヒージョの簡単レシピ:エビのアヒージョ

アヒージョはお伝えしたように基本のレシピは非常にシンプルですが、ニンニクと鷹の爪が入っているためにかなりパンチの効いた味を楽しむことができます。そしてそこに入れる具材の種類によって仕上がりの味は異なりますが、定番のアヒージョのレシピとしてまず紹介したいのは、スペインバルでもよくみかけるエビのアヒージョです。

エビのアヒージョを作るときには、先にニンニクや鷹の爪と一緒にエビの頭を入れて煮込んでおくと、より風味豊かな味わいになります。それから小海老をブロッコリーなどの野菜と一緒に入れて弱火で煮込んでいきます。ひよこ豆などの豆類とも相性がよいです。色が変わったら火を止めて、最後にパセリを振りかけて完成となります。

他のレシピとしては、車海老などを豪快に丸ごと入れて煮込んで作るものも挙げられます。こうすることで見た目がより豪勢になり、ホームパーティーなどでは活躍すること間違いなしです。また、エビであればマッシュルームやムール貝などの他の具材との相性もかなりよいため、アレンジの幅が広いというのもおすすめポイントとなります。

Thumbアヒージョでエビを使ったレシピを紹介!下処理の仕方も解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アヒージョの簡単レシピ:イカのアヒージョ

続いて紹介するのは、イカのアヒージョです。イカのアヒージョも定番中の定番ですが、エビとはまた違った旨味を堪能することができます。イカはゲソ部分は適当に分け、他はリングにします。そしてオイルが煮立ってから煮込んでいきましょう。イカがギリギリ浸るくらいの量に調整し、全体にしっかりと味が染み渡るようにするのが重要です。

そんなイカのアヒージョと合わせるべき食材としては、ジャガイモやミニトマトなどが挙げられます。ジャガイモが入ったアヒージョであれば満腹感も増しますが、トマトが入っていることによってほどよい酸味を楽しむことができます。また、通常のイカをさばくのが面倒である場合には、ホタルイカなどを使うのもおすすめとなります。

ホタルイカであればまたスルメイカやヤリイカなどと風味が異なるので、ぜひ一度食べ比べをしてみてください。そんなイカのアヒージョの変わり種となるアレンジレシピとしては、たらこを加えるものがおすすめとなります。たらこを加えることでプチプチ食感と塩気を加えることができるので、ぜひこのレシピも楽しんでみてください。

アヒージョの簡単レシピ:ジャガイモのアヒージョ

海の幸を使って作るアヒージョはお酒のおつまみというイメージも強く、白ワインなどと一緒に楽しむのがおすすめとなります。一方でジャガイモのアヒージョもかなり簡単に美味しいものを作れるとして話題になっていますが、エビやイカのアヒージョに比べて腹持ちがよいため、ご飯の代わりにジャガイモのアヒージョを食べるのもアリでしょう。

ジャガイモのアヒージョを作るときにはまず、ジャガイモをよく洗った上で皮付きの状態で一口大にカットしていきます。芽をしっかりと取り除くことがポイントですが、その上でまずカットしたジャガイモを下ゆでしましょう。それからアヒージョオイルを作り、ニンニクの色が変わってきてからカットしたジャガイモを入れていきましょう。

ジャガイモはスキレットから溢れないように量を調整するのがポイントですが、下ゆでをしたジャガイモを使用する場合にはそこまで煮込む必要がないため、ほどよく味が染み渡ったのを確認したら塩胡椒を振って早めに火を止めましょう。ジャガイモのアヒージョはご飯の代わりになりますが、おかずとして食べる際はカロリーに要注意でしょう。

アヒージョの簡単レシピ:タコのアヒージョ

イカのアヒージョもかなり美味しいですが、タコのアヒージョも負けてはいません。貝類やイカ・タコなどは特に独特の旨味が溶け出すので他のアヒージョとは一線を画した美味しい料理になりますが、海鮮の中でも特にタコが好きだという人はぜひ一度アヒージョで楽しみましょう。タコのアヒージョは、煮込みすぎに注意するのがポイントです。

タコをアヒージョにするときには煮込みすぎると食感が硬くなりすぎてしまうので、注意が必要なのです。そんなタコのアヒージョはすでにボイルされた茹でだこを購入すれば、時短で簡単に作ることができます。ボイル済みのタコでも、オリーブオイルとニンニク、鷹の爪の味のバランスがとれていれば、かなり美味しいものを楽しめます。

そんなタコのアヒージョは、ブロッコリーなどの野菜を一緒に煮込んだり、パセリなどをかけて楽しんだりするのもおすすめです。ちょっと変わり種の味を楽しみたいときには、オレガノなどのハーブを加えてみると、より爽やかに楽しめることでしょう。タコだけでは物足りないという人は、タコとイカを一緒にアヒージョにするのもアリです。

アヒージョの簡単レシピ:ホタテのアヒージョ

つづいて紹介するアヒージョのレシピは、ホタテのアヒージョです。貝類のアヒージョもかなり美味しいと評判になっており、ムール貝や牡蠣などもかなりおすすめではありますが、特に日本人好みの味に仕上げやすいのがホタテです。ホタテは刺身や焼きで食べることが多いですが、低温で煮込むことでその旨味を余すことなく引き出せます。

ホタテは殻から取り出し、丸ごと使用します。大体スキレットに4〜5個のホタテを使用するのがおすすめとなります。そしてしっかりとヒモ周辺に焼き色がつくまで低温で煮込んでいきましょう。強火で急いで煮込むのではなく、弱火でじっくりと煮込むのがポイントです。鷹の爪をやや多めに入れスパイシーに仕上げるのもおすすめとなります。

そんなホタテのアヒージョは、エビやきのこ類と一緒に煮込むのもおすすめですが、より多くの数を楽しみたいときにはベビーホタテを活用するのもアリでしょう。そんなホタテのアヒージョの変わり種レシピとしては、ホタテを殻付きのまま1〜2個フライパンに入れて殻にアヒージョのオイルを浸し、蒸し焼きにする作り方が挙げられます。

アヒージョの簡単レシピ:鶏モモ肉のアヒージョ

アヒージョは海鮮を楽しむためのレシピというイメージが強いですが、実は肉類でも美味しいものを簡単に作ることができます。中でも鶏モモ肉のアヒージョは肉系のアヒージョの定番として挙げられ、ほどよい柔らかさと鶏肉ならではの旨味を楽しむことができます。鶏肉は醤油などの味付けも美味しいですが、アヒージョにもよく合うのです。

鶏モモ肉をアヒージョにするときにはまず、鶏モモ肉を一口大に切り分けましょう。均等の大きさに切ることで質感と味を全体で統一することができるので、カットのプロセスにおいて妥協しないようにしましょう。そして鶏肉の色を確認して火が通ってきたら塩胡椒を振り、塩胡椒をしてからさらに2〜3分ほど煮込んで完成となります。

鶏モモ肉のアヒージョはエビなどに比べるとやや質感をちょうどよく仕上げるのが難しいと言われていますが、慣れれば簡単ですし最初にアヒージョの味付けがしっかりしていればさほど問題ではありません。そんな鶏モモ肉のアヒージョはバゲットに豪快にのせてサンドイッチのようにして楽しむのもおすすめとなります。

アヒージョの簡単レシピ:カニカマのアヒージョ

実にさまざまなアヒージョの簡単レシピをみてきましたが、イカやエビ、貝類などのアヒージョは間違いのないものとして楽しめます。また、きのこ類やジャガイモなどをメインにしたアヒージョも面白いですが、肉類のアヒージョはガッツリ系のおかずとしておすすめです。また。これらの具材がないときでもカニカマでアヒージョを作りましょう。

カニカマは本物のカニほどに旨味が強いというわけではありませんが、だからこそアヒージョに適しています。カニをアヒージョに使うのははばかられるかもしれませんが、カニカマであればニンニクの風味と鷹の爪のピリッとした辛さでバランスよく楽しめます。カニカマが余っていて賞味期限が近いときは、ぜひアヒージョにしてしまいましょう。

カニカマのアヒージョの作り方も簡単であり、まずはニンニクと鷹の爪を炒めて煮込みオイルを作った上で、ニンニクの色が変わってからカニカマを入れます。そしてほどよく柔らかくなり味が浸透するまで煮込んでから最後に塩胡椒とパセリを振りかけて完成となります。カニカマの意外なポテンシャルを、アヒージョでぜひ堪能してみてください。

アヒージョの簡単レシピのおすすめの食べ方とは?

ここまでアヒージョのさまざまなレシピをみてきましたが、フライパンやスキレットなど家にある調理器具をうまく使って、ぜひ好きな具材をニンニクと鷹の爪の風味で楽しんでみてください。そんなアヒージョはそのまま食べるだけでもかなり美味しいのですが、ちょっとした組み合わせの工夫によってより楽しみ方の幅が広がることでしょう。

アヒージョの食べ方としてまず紹介したいのは、バゲットとの組み合わせです。バゲットをアヒージョのオイルにつけることで、しっかりと味が染み込んだ美味しいバゲットを楽しむことができます。他のパンでもよいですが、特にバゲットがおすすめとなります。また、バゲットをトーストしたものであればまた違ったテイストを楽しめます。

さらに、ワインなどバゲットと一緒に楽しむドリンクも工夫するとより美味しく感じられるでしょう。海鮮系のアヒージョであればさっぱりとした辛めの白ワインとのマリアージュが特におすすめとなります。あるいは辛口の日本酒やさっぱりめのロゼワインもアリでしょう。ゆったりとお酒とアヒージョを楽しむ時間は、至福のひとときとなります。

アヒージョのオイルは他のレシピに活用?

ここまでフライパンやスキレットなどを使用して作るさまざまなアヒージョのレシピをチェックしてきましたが、アヒージョはバゲットなどを合わせても美味しいようです。そんなアヒージョは具材を食べ終わった後にオイルが余ってしまいますが、このオイルは色々な方法で再活用できるので、捨てずに他の料理を作るのに使ってみてください。

アヒージョの残りのオイルを使ったレシピとしてはまず、グラタンが挙げられます。アヒージョのオイルはニンニクがしっかり効いている上に煮込んだ具材の旨味も溶け込んでいるのでかなり美味しいものですが、グラタンを作るときにカットした具材を耐熱皿に並べ、そこにオイルをかけてからチーズをトッピングしてオーブンで焼いてみましょう。

こうすることでベースがしっかりとした風味豊かなアヒージョを楽しむことができますが、グラタン以外ではペペロンチーノに活用するのもおすすめです。ペペロンチーノをアヒージョの残りのオイルで作るときには、フライパンにオイルを入れて加熱します。そのオイルがふつふつと煮立ってきたら、ベーコンや海老などの具材を入れましょう。

具材に火が通ったら茹で上がったパスタと茹で汁を少々入れ、しっかりと絡めていきます。そして最後にブラックペッパーを入れて味を整え、汁気がなくなってきたら火を止めて皿に移して完成です。ペペロンチーノを作るときには主にニンニクと鷹の爪を入れますが、アヒージョを作った後に作れば無駄にすることなく時短にもなるのでおすすめです。

Thumbアヒージョで残ったオイルがパスタソースに?人気のレシピを紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アヒージョの簡単な作り方を覚え色々なレシピで楽しもう!

今回は、アヒージョの簡単な作り方を掘り下げてきましたが、いかがでしたでしょうか?アヒージョはオリーブオイルとニンニクがあればさまざまな具材を組み合わせて案外簡単に作れますから、エビや牡蠣などの定番の食材を余っている野菜やきのこなどと一緒に活用して、本格派の美味しいアヒージョを作ってみてはいかがでしょうか?

アヒージョは海鮮などの旨味をしっかりと引き出して気軽に楽しめますし、ワインとの相性も抜群なのが魅力的です。ちょっと家でワインを飲みながらゆったりしたいときのおつまみとしてもアヒージョはおすすめですが、ホームパーティーなどでのメイン料理にもうってつけですから、ぜひ自分なりのアレンジも加えて作ってみてください。

Thumbアヒージョの牡蠣を使ったレシピと作り方を解説!下処理方法は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbタコのアヒージョの基本の作り方と人気アレンジレシピ12選 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb砂肝のアヒージョのレシピを紹介!下処理の仕方など詳しく解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ