酢キャベツのレシピ・作り方・アレンジ!世界一受けたい授業でも紹介!

酢キャベツのレシピや作り方について紹介します。世界一受けたい授業で紹介され人気の酢キャベツのダイエット効果についてまとめました。また、美味しいアレンジレシピも多数掲載しているので、酢キャベツがお好きな方はぜひ参考にしてください。

酢キャベツのレシピ・作り方・アレンジ!世界一受けたい授業でも紹介!のイメージ

目次

  1. 1酢キャベツのレシピとその効果を紹介!
  2. 2酢キャベツの基本レシピと効果効能
  3. 3酢キャベツの美味しいアレンジレシピ
  4. 4酢キャベツで痩せ菌を増やす!【世界一受けたい授業】
  5. 5酢キャベツの効果的な摂り方
  6. 6酢キャベツのレシピと効果まとめ

酢キャベツのレシピとその効果を紹介!

ココットに入った酢キャベツ

酢キャベツは世界一受けたい授業でも紹介され話題になった食品です。健康によく高いダイエットが期待できるため、人気に火がつきました。この記事では、酢キャベツの作り方や健康効果について紹介します。また、人気のアレンジレシピについてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

酢キャベツの基本レシピと効果効能

酢キャベツの基本レシピ

まずは、基本の作り方について紹介します。準備するものは、キャベツ1/2個、塩小さじ2、酢200mのみです。最初にキャベツを千切りにし、切ったキャベツを保存袋に入れ塩をまぶして揉み込みます。この時、キャベツの水分が出てくるまでしっかり揉むようにしましょう。さらに、酢200mlを加え揉みます。

袋を閉じて、冷蔵庫に入れ半日以上寝かすと完成です。特別な材料は必要ない非常にシンプルなレシピですので、誰でも簡単に作ることができます。酢はリンゴ酢を使うのが美味しいので、おすすめです。また、酢はなるべく砂糖が入ってないものを使用するようにしましょう。

大量に作り置きをしたいという場合はこの倍量を作れば良いだけですので、計算しやすくなっています。さらに、カロリーは1人前100gあたり32kcalほどと非常に低くなっているので、ダイエット中の人も安心して食べられると人気です。

酢キャベツはどんな味?

味としては、やはり強い酸味が特徴です。酢にしっかりと漬け込むので、かなり酸っぱくなっています。酸味が苦手な人は、出来るだけ酸味が抑えられた酢を使うなど美味しいと思える工夫をするようにしましょう。

また、作ってから1週間ほど寝かした方がしっとりとして美味しいという声も多いです。冷蔵庫で保存すると2〜3週間は日持ちするので、大量に作って保存しておくのもおすすめです。ただし、少しでも臭いや味がおかしい場合はすぐに処分するようにしてください。

酢キャベツの保存方法や日持ちは?

完成したら保存袋や瓶などに入れて、冷蔵庫で保存するようにしましょう。ただし、瓶などに入れる場合は雑菌の繁殖を防ぐために、煮沸消毒をしておくのが大切です。この一手間で長期保存が可能になります。

また、袋から取り出す際は、綺麗な箸を使うようにしましょう。これらのことを守ると2〜3週間ほどは日持ちするので、休みの日にまとめて作っておくのもおすすめです。

酢キャベツには健康・ダイエットに嬉しい効果がたくさん

酢キャベツには健康やダイエットに嬉しい効果が非常に多くあります。健康やダイエットに良いと人気の理由は一体どこにあるのでしょうか?材料であるキャベツやお酢の健康効果や効能についてまとめました。

キャベツの効果・効能

キャベツには非常に多くの食物繊維が含まれています。食物繊維は胃で消化されることなく大腸まで届くので、腸内環境を整える働きがあります。中でも、キャベツには不溶性食物繊維の量が多いため、水分を含んで膨張するという特徴があります。そうすると、便のかさを増したり腸を刺激し排便しやすくなるなどの効果があるのです。

また、キャベツに含まれるキャベジンという成分は胃の粘膜を正常に保つという働きがあります。さらに、キャベジンにはタンパク質や脂質の代謝を促す効果もあるので、ダイエットに非常に効果的な食材であるといえます。

他にも、肝臓内の脂肪を分解してくれるので、肝機能を高めることも期待できます。このようにキャベツは美味しいだけでなく、健康面での効果も見込むことができます。

キャベツに多く含まれる食物繊維は、
デブ菌の繁殖を抑える働きが。
さらにお酢は悪玉菌の過剰繁殖を防ぐ効果が期待
できるため最強コンビなのです。

お酢の効果・効能

酢には内臓脂肪を燃焼させる効果があります。ただし、この効果を発揮するためには毎日継続して酢を摂ることが大切です。したがって、酢キャベツを毎日食べることはダイエット効果が期待できるのです。

また、肝臓で作られる酵素には酢の成分である酢酸を活性化させる働きがあるため、キャベツと一緒に酢を摂ることはダイエットに非常に効果的であるといえます。さらに、酢には血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。

血糖値が上昇するとインスリンというホルモンが分泌され、消費されなかった糖や炭水化物を体内の脂肪細胞に取り込んで蓄えようとします。したがって、ダイエットする際は急激な血糖値の上昇に注意する必要があるのです。

さらに、酢には食べたものを胃から小腸に送る時間を遅くするという作用があります。吸収が遅くなることで血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、脂肪がつきにくい身体を作ることができるのです。

酢キャベツの美味しいアレンジレシピ

酢キャベツのスープ

アレンジ料理としておすすめなのが、スープです。このレシピはベーコンと酢キャベツをマグカップに入れてレンジで加熱するだけですので、非常に簡単にでき美味しいです。忙しい朝にもぴったりなアレンジレシピです。調味料を変えることで和風や中華風にも変えられるので、食べ飽きた時には人気のレシピです。

酢キャベツのお一人様スープ by pecoyan 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが322万品

酢キャベツのアレンジサラダ

酢キャベツにトマトと柿を合わせてサラダにした人気のアレンジレシピです。酢キャベツの酸味に柿の甘みが非常に合うレシピです。香りづけにゴマを加えることで、違った味わいを楽しめます。

ただし、時間が経つとキャベツとトマトから水分が出てきてしまうので、よく水気を切ってから入れるようにしましょう。

酢キャベツのアレンジサラダ by ユファ。 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが322万品

酢キャベツのコールスロー

酢キャベツをストックしている時はコールスローにアレンジするのもおすすめです。マヨネーズと黒胡椒を加えることで、まろやかで美味しいと人気です。料理の付け合わせにもぴったりの一品です。また、アレンジすることで手早くもう一品作ることができるのも人気の理由の一つです

酢キャベツのコールスロー | レシピ | サラダクラブ

油で揚げない酢キャベツのメンチカツ

玉ねぎの代わりに酢キャベツを使ったヘルシーなメンチカツのアレンジレシピです。酢キャベツを使うことでさっぱりとした味わいになります。また、味付けにゴマだれを使っているので、ソースがなくても美味しく食べられます。

揚げ焼きをすることで、油の量を抑えることができよりヘルシーに調理ができるのも人気の理由の一つです。酢キャベツの味がガラッと変わるので、食べ飽きた頃におすすめのアレンジレシピです。

油で揚げない酢キャベツのメンチ by 猫のシュレック 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが322万品

酢キャベツとウインナーの煮込み

酢キャベツを使ったドイツ風の煮込み料理のレシピです。シンプルな材料ですが、旨味が凝縮された深い味わいで美味しいと人気のレシピです。ウインナーを鍋に入れた後は弱火にして温める程度にするのが重要です。

また、強火で煮込んでしまうと、ウインナーの旨味が抜けてしまうので、注意しましょう。酸味が強い場合は砂糖を加えると食べやすくなるので、ぜひ試してみてください。

酢キャベツとウインナーの煮込み by うまかっぺ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが322万品

酢キャベツで痩せ菌を増やす!【世界一受けたい授業】

デブ菌・痩せ菌とは?

正解一受けたい授業で話題になったのは、デブ菌と痩せ菌といわれるものです。腸の中には非常に多くの菌が存在しています。その中には、悪玉菌と善玉菌、そのどちらにも属さない日和見菌がいます。その日和見菌の中に、脂肪を燃焼してくれる痩せ菌と脂肪を溜め込んでしまうデブ菌が存在するのです。

腸内で悪玉菌が増えるとデブ菌が多くなり、太りやすい体になってしまいます。一方、善玉菌が増えると痩せ菌が増え、痩せやすい体となります。つまり、デブ菌が多ければ太りやすく、痩せ菌が多ければ痩せやすくなるというメカニズムになっているのです。

デブ菌が増える原因

デブ菌は親からの遺伝的要素も強いといわれています。親が太っていると子どもも太りやすくなってしまうことが多いのですが、これには遺伝や食生活が関係している可能性が高いです。デブ菌を増やす食べ物として、砂糖や肉、小麦粉、揚げ物、冷たい食べ物などが挙げられます。

特に揚げ物はカロリーも高く脂肪もつきやすいので、毎日食べないように注意してください。デブ菌を増やさないためには、バランスの良い食事を摂ることが非常に大切です。

デブ菌チェック方法

デブ菌の量が多い人のチェックリストとしては、少食なのに太っていたり、ダイエットをしても成果が出ないというものがあります。また、発酵食品を食べず、風邪をひきやすい人、肌の調子が悪いという人もデブ菌が多い可能性が高いので、注意してください。

さらに、運動不足の場合や便やおならがすごく臭かったり便秘やおならをすることが多い人も腸内環境が悪化していることが考えられ、デブ菌が増えていると判断できます。この8つの項目の中で4つ以上当てはまるものがあればデブ菌が増殖し太りやすい体質になっている可能性が高いです。

また、デブ菌が増えると太りやすくなるだけでなく免疫も下がってしまいます。ダイエットだけでなく健康のためにも、デブ菌を増やさないことが非常に重要です。

酢キャベツでデブ菌が減る?

酢キャベツを摂ることでデブ菌を減らす効果が期待できます。さらに痩せ菌も増えやすことができるといわれているので、ダイエットに非常に効果的だといえます。また、食事以外では運動をするとデブ菌が減少するといわれているので、体を動かすことは非常に効果的です。

酢キャベツと合わせて取りたい食材

合わせて取りたい食材としては、納豆や豆腐などの大豆製品やもち米や酢玉ねぎなどが挙げられます。酢キャベツを食べた後にもち米と納豆、豆腐入りのお味噌汁を摂取するとよりダイエット効果が高まるとされています。

また、酸味が苦手で酢キャベツをそのまま食べるのは難しいという人は他の食材と組み合わせてアレンジをすることで食べやすくなるので、おすすめです。味噌汁などのスープや焼きそばに入れると酸味が柔らかくなるので、非常に美味しいです。特に、焼きそばは酢キャベツとソースとの相性も抜群ですので、ぜひ試してみてください。

酢キャベツダイエットのやり方

酢キャベツダイエットは、酢キャベツを毎食100gずつ食べるのがルールです。摂るタイミングは食事の前後どちらでも良いといわれていますが食前に食べたほうが効果が高いので、おすすめです。ただし、毎日ではなく毎食ですので、1日に3食食べる必要があり慣れるまでは大変です。

しかし、食べていく内に酢キャベツの味に慣れたり自分の美味しいと思えるレシピを見つけられるので、長く続けることが重要です。

酢キャベツのダイエット効果【丸山桂里奈は2.5kg減】

世界一受けたい授業の番組内で酢キャベツダイエットに挑戦したのは、元サッカー日本代表の丸山桂里奈さんでした。チャレンジ期間は3週間で、いつもの食事を食べる前に酢キャベツを食べるというシンプルな内容です。

食後にストレッチなどの簡単な運動を取り入れるだけですので、誰でも簡単に続けることができます。結果として、3週間で−2.5kgの減量ができウエストは−7.9cm細くなったので、効果は抜群でした。

また、腸内のデブ菌は5%減少し、痩せ菌は25%アップするという驚くべき成果を得られました。食事制限なしでストレスなく続けることができるので、酢キャベツダイエットは非常におすすめのダイエット法であるといえます。

酢キャベツダイエットの注意点

酢キャベツダイエットには注意点もあります。いくらダイエットに効果的であっても食べ過ぎはよくありません。なぜなら酢は強い酸性ですので、過剰摂取は胃を荒らしてしまうからです。

また、キャベツに含まれる不溶性食物繊維には便のかさを増やす効果がありますが、元々便秘気味の人は便が大きくなりすぎると腸内をスムーズに進まなくなり腸に便秘が悪化してしまう可能性があります。したがって、過剰摂取せずに毎食100gという適量を守る必要があるのです。

ただし、酢キャベツダイエットをしていてもなかなか体重が減らないという人もいるかもしれませんが、そのような人は一度食事内容を確認してみてください。酢キャベツダイエットは、基本的には今までの食事量に酢キャベツを取り入れるというものです。

毎食食べているからといって、いつも以上にカロリーを摂るのはダイエットに逆効果です。食事制限はしなくていいですが、デブ菌を増やすような食生活は出来るだけ避けるようにしましょう。

酢キャベツの効果的な摂り方

漬け込む方が効果が高いがすぐに食べてもOK

長く漬けこむほうがダイエット効果が高いが、すぐに食べても大丈夫です。作る際は出来るだけ多めに仕込むようにし、長時間浸しておくようにしましょう。通常は半日ほどしたら効果が出るといわれています。また、長時間漬けこむほど酸っぱさが抑えられ、味がマイルドになりより美味しいといわれています。

酢キャベツを毎食100g食べる

酢キャベツは毎食前に100gずつ食べるようにしましょう。ただし、痩せたいからといって過剰摂取はよくありません。胃が荒れてしまったり、便秘が悪化してしまう可能性があります。

毎食前に適量を摂るようにすると3週間ほどで効果が現れることが多いので、長く続けることが重要です。長期間取り続けると飽きてしまう可能性も高いので、その時はアレンジレシピに挑戦しより美味しいと思える工夫をしましょう。

食前が吸収抑制効果も上がる

食前に摂ることで、より吸収抑制効果を上げることができます。キャベツに含まれる食物繊維は腸の壁の粘膜にバリアを張り、脂質や糖質の吸収をゆるやかにする効果があります。そのため、食事に含まれる脂質や糖質が体内に入る前に酢キャベツを食べる必要があるのです。また、血糖値の急上昇を抑えることもできるため、身体にも良いです。

酢キャベツの効果は約1~3週間で現れる

効果は個人差も多いのですが、約1〜3週間ほどで現れるといわれています。早い人では1週間程度で効果があった人もいますが、なかなか効果が現れないという人もいます。個人の体質や元の体重にも影響されるので、効果が現れるタイミングは一概にはいえません。

しかし、ダイエットの基本は続けることです。デブ菌を減らして痩せ菌を増やすために、毎日地道に続けることが非常に大切です。なかなか効果が現れない人は食生活などを見直し、デブ菌を減らせるように努力をしてみましょう。

酢キャベツのレシピと効果まとめ

白いお皿に載せられた酢キャベツ

酢キャベツはダイエットに非常に効果的なだけでなく、身体にも良い食べ方ということがわかりました。この記事では人気のアレンジレシピも多数掲載したので、味に飽きてしまった際はぜひ試してみてください。酢キャベツをダイエットの味方にして、健康的な身体を手に入れましょう。

Thumbキャベツダイエットの方法!効果的な食べ方や酢キャベツで痩せる! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbキャベツのカロリーは調理方法で変わる?低カロリーレシピも調査 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbキャベツは糖質制限ダイエット中に食べていい?茹でると糖質が抑えられる? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ