食洗機の置き場・設置方法に困った場合は?簡単アイデア・DIYを紹介!

食洗機は今共働きの家庭が増えてきている中でとても時短で食器を片づけてくれるアイテムとして愛用されています。しかしそんな食洗機も便利であっても置き場所がなくて諦める人も多くいます。しかし、諦めるのはまだ早いです。置き場所がなければ考えて作ればいいことです。そんな職責んの置き場所に困った人の為にアイデアやDIYで作る食洗機の置き場所について色々紹介していきましょう。

食洗機の置き場・設置方法に困った場合は?簡単アイデア・DIYを紹介!のイメージ

目次

  1. 1食洗機を使いたくても置き場所がない!?
  2. 2食洗機を置く場所はどこがいいのか考えてみよう
  3. 3食洗機の置き場所に困った場合の簡単アイデア、DIYを紹介
  4. 4食洗機の置き場のアイデアを活用してみよう!

食洗機を使いたくても置き場所がない!?

今の時代共働きである家庭が多くありますし、一人暮らしでも夜遅くまで働いている事が多いです。しかし帰ってきたらご飯を用意して、食器を洗ってと色々やっているのといつの間にか寝る時間が来ることが多いです。全く自分の時間が取れないと嘆く人も多いでしょう。そんな中今家事の時短というキーワードがここ数年話題を呼んでいます。家事をうまく時短でこなす事で自分の時間を作り出そうという動きが広がっているのです。

そんな家事の時短として一番有名なアイテムといえば「食洗機」です。一番家に帰ってからする作業の中でめんどくさくなってしまう作業が食器洗いです。しかしこの食洗機を使えば水で軽く流せば後は一晩で綺麗になるという嬉しいです。しかしその食洗機を欲しいと思ってもいざ買おうとすると置き場所がないという事によくあります。置き場所がない為に食洗機を買うの諦める人もいれば食洗機がそもそも役に立つの?という人もいます。

そこで今食洗機を買おうか悩んでいる人にもぜひ参考にしてもらおうと今回食洗機があればどうなるかという面を踏まえておすすめの食洗機の置き場所の方法や置き場所がなくてもどうすればいいのかという事などを簡単にまとめてみることにしました。今だに食洗機の購入や置き場所がないからとあきらめるのは早いです。今回置き場所についてのアイデアや食洗器について改めて知る事で購入を考えてみるのも悪くありません。

Thumb食洗器の掃除はクエン酸で簡単キレイに!正しいお手入れで油汚れ対策 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

食洗機を置く場所はどこがいいのか考えてみよう

食洗機を使う家庭が増えている

最近家事の時短というキーワードにより家事の時短を活用していこうという声が増えています。実際時短した人は皆「時短をやってよかった」「家事が楽になった」という声が多くあります。その家事の時短を助けてくれるアイテムといえばやはり食洗機です。多くの人が家事の中で一番大変なのは「食器洗い」だといいます。その食器洗いの時間を時短にしてくれるのが食洗機です。しかし食洗器は実は日本ではあまり広がってません。

食洗機が広がったのは20年ほど前からですが今でもまだ持っている家庭が少ないと言われています。理由は食洗機が高い、食洗機の洗剤やら水道代がかかる、そして圧倒的な理由が置く場所がないということです。欲しい人はいるのですが、置く場所がないという理由であきらめる人も結構います。しかし食洗機があればいいこと尽くしなのは間違いありません。一番購入を避ける理由として置き場所がないという悩みを解決しましょう。

そもそも置き場所がないという前に置き場所を作るというアイデアにいきつかないのも一つの問題です。なんでも無理だとなるとあきらめてしまう日本人も最近色々と問題があるのですが、そもそも無理という前に置く場所を作るというアイデアは今やSNSで探せばいくらでも見つかります。逆にないと考えている時点で「時は金なり」は一生実現できない物ではないだろうかと感じます。ではメリットとデメリットの話を紹介します。

食洗機を使うメリットとデメリット

置き場所がないから買わないという理由が圧倒的な食洗機ですが、今回そんな食洗器を買うと嬉しいメリットとデメリットについて軽く触れてみましょう。実際食洗機の事を誤解している人も多くいるのです。近年の食洗機はとても開発が進んでいて、コンパクトなサイズも出てきているのです。そんな最新の食洗機の情報を何も知らずにただ「置き場所がない」「高いから」「水道代がかかる」といって避けていると正直勿体ないです。

では食洗機のメリットについて話しましょう。最初のメリットは食器を洗う手間が無くなる事です。食洗機にいれてしまえばあとは自動で洗ってくれます。次に時間も有意義に使えるようになります。諺に「時は金なり」のように時間を有意義にできる食洗機は千金に値するという事です。次に光熱費が実はかなり安い。これが皆さんが最も誤解している所です。実は手洗いの方が光熱費を無駄にしているという事実が知られてません。

つまり、食洗機は光熱費はかかりません。最小限で洗えるように設計されていますので、可能な限り無駄が無いというまさしく時短のアイテムなのです。実際疑う人は家電量販店に伊って聞いてみるといいです。誰もが「手洗いより光熱費が下がります」と答えます。間違った知識が流通しているのも食洗機が広がらない理由でもあります。メリットはメリットで色々ありますが、その分デメリットもちゃんとあるのです。次にデメリットです。

デメリットは最初言った通り置く場所がない、そして駆動音があること、そして初期費用が高いという事です。しかし初期費用は高いですが、買ってしまえば光熱費が下がり、時短になり、自分の時間が作れる。そう考えるとどちらが得か考えるべきです。また音も最近はあまり大きな音がしないのもあるので、家電量販店で相談すれば大丈夫です。問題は置く場所がないという事です。これこそ最大の大きな問題でもあります。

光熱費が安くなる、音も今は賃貸マンションでも使えるように静かになってきてはいます。しかし結局多くの人が買うのを止めてしまうのは置く場所です。置く場所の確保が出来ないが故に買うのを辞めてしまいます。しかしそれを理由に買うのをやめるのは今回でおしまいにしましょう。置く場所がないというのは買わないといっているのと同じです。では次から食洗機の置き場所を選ぶポイントについて紹介します。参考にしてください。

食洗機の置き場を選ぶポイントは?

ではここで置く場所がないという人にそもそも食洗機をどこに置くかにも食洗機を置くポイントにもなります。多くの人が思い浮かべるのは台所のシンク、窓枠などキッチンゾーンで余っているエリアを思い浮かべます。しかしいざ置けば作業のスペースがなくなる事もあります。置く場所は浮かんでも実際にどこなら置けるかは調べてみなけれなりません。では、何を参考に置けるかどうかの判断をすればいいかこれから紹介します。

食洗機を置くスペースを探すポイントとしては食洗機を置けるスペースを確認する必要があります。置きたい場所の大きさと、購入する食洗機の大きさを比較し、実際におけるのかを確認することが大丈夫です。その際、多少ならはみ出してしまっても構いません。物理的に食洗機を置く場所がないという限りは、置ける場所を探すより使いやすい場所を探すと、購入した後にも食洗機の使い勝手が良くなるのは確かなのでお勧めです。

誤解されがちですが、食洗機は水道から洗うための水を給水します。そのために水道から食洗機が遠くなると給水ホールの長さが足りず、給水できなくなってしまいます。また、排水も同様です。シンクから遠くなることで洗い終わった水を排水できなくなってしまいます。食洗機を使用するためには給水と排水は必要不可欠です。設置場所が決まっても、そこまでホースが届かなければいけないという事もあるので必ずそれは大事です。

食洗機の置き場所が狭くても工夫次第で設置可能!

ここで多くの人が一番食洗機を買うのに遠さがる理由である「置き場所」がないという問題です。それに関しては実はアイデア次第で作る事が出来るという事もあります。また近年はDIYを趣味にする人も増えている人がいます。置き場所になりそうな場所はあるけど微妙にはみ出る。置き場所としてはおすすめだけど微妙に足りなくてもそこに何かを足すというアイデアを浮かばせること、デットスペースにはいるものをDIYで作るのです。

特にアイデアというのはうまく出せる人は出せますが、出来ない人にはできない物です。しかし今はSNSやネットが発達しています。調べるといろんなアイデアを出してくれている人が情報を提供してくれています。そんなアイデアやDIYを使うことで食洗機の置き場所がないという問題も解決してくれます。また置き場所がないといってもアイデアやDIYで解決することもあります。勿論置き場所がないというのは考え次第で解決するのです。

しかしアイデアやDIYがあるとはいっても余分にお金がかかる思っている時点で「時は金なり」は一生できません。もう洗うのがしんどいと思っている時点ですでに買うべきタイミングが来ていると言ってもいいです。このタイミングを見逃せば次はまたいつ買うのかわからなくなってきます。今やSNSでアイデアはもちろんDIYも含めて何もかも情報として流れているのです。次に置き場所がないという問題への解決方法を紹介します。

食洗機の置き場所に困った場合の簡単アイデア、DIYを紹介

市販のメタルラックを使って食洗機置き場を確保

最初に食洗機の置き場所がないと叫ばないで済む方法として、おすすめなのが「市販のメタルラック」です。昔は100均のメタルラックでもやっていた人がいますが、やはり食洗機は重いのであまりお勧めできません。一番いいのはホームセンターに売っているぐらいのメタルラックが一番お勧めです。100均のメタルラックでも数台重ねておくという面もありますが、初期費用が痛い食洗機を長く使おうと思うならば安全な形をとりましょう。

またシンクの場所を無駄にしたくないという人にも市販のメタルラックは嬉しいです。今は食洗機専用のメタルラックもあるのでそれを使えば食洗機の置く場所がないという問題も解決します。また伸縮式のメタルラックもあるので、置く場所のスペースを計っているときに、欲しい商品の食洗機のサイズと比べてデットスペースが何センチあるかにもよってはメタルラックを使えば解決する事が殆どです。アイデア次第で出来るのです。

市販のメタルラックによっては画像の様に下にデットスペースが出来る事が多くあります。画像は窓際ですがシンクにおいても下に数センチのデットスペースができます。そこに調味料を入れる事も出来るのです。いままで窓際に置いていた調味料など置く場所がないという時でも、食洗機を置いたことで出来たデットスペースの中に入れて置く事が出来るのです。無駄なくスペースも活用できるので置く場所がないという事はありません。

カウンターに置きたいけど幅が足りないときは市販の台を利用!

次に食洗機を置く場所がない!だけどメタルラックを置くと作業するスペースが全くなくなる!DIYも出来ない!という人におすすめの置き場所のアイデアがあります。今はL型やカウンター式のキッチンもあって、カウンターに乗せたいけど、乗せてしまうといままでカウンターに置いていたものが置けなくなるという事もあってカウンターに置きたいけど置けないという人もいます。そんな人におすすめが市販の台を使うといいです。

市販の台といってもいろんな台があります。例えば食洗機を置こうとしているシンクにどうしても置きたいタイプがある。でも微妙なデットスペースがあるけど、これでは置けないという時には画像の様に細長い台を買ってくるのです。そうするとデットスペースが埋まって食洗機も案z年に乗るだけではなく、棚の下のスペースにはゴミ箱を入れたり、調味料等いままで食洗機を置く前においていたものを棚に移してしまえばいいだけです。

もちろんデットスペースを無駄なく使う事で食洗機を置く場所を作る事も出来るアイデアもありますが、やはりデットスペースというのは家によってさまざまです。中にはデットスペースが大きいけど、何か大きい物を買う予定がなかったという人は食洗機を置くための台として買うきっかけになります。食洗機を置く場所がないと困った、でもデットスペースが広くあるという時は思い切り大きな台を買って上に乗せておけば活用できます。

また中には「あまりぴったりくっつけると掃除するときにこまる」「どうしてもホースの長さがたりない」という人にお勧めなのが移動式の台です。画像の様にホームセンター等に売っているがっちりしたタイプの移動式の台であれば食洗機を置いても大丈夫です。これであれば掃除する時に移動する事も出来ますし、ホースが届かなくても使う時は台を引っ張ってこれば使う事も出来ます。使わないとき以外は奥に引っ込める事も出来ます。

また移動式の台の場合、一つだけデメリットをあげると子どもでも動かせてしまう為に、普段は出来るだけ子どもが触らない場所に入れる事がお勧めです。使う時だけだして、使わないときはどこかに入れておく。それだけでも全然安全面も変わってくるのでもし、移動式の台で使おうと考えている人はデットスペースに移動式の台が入るかどうか計りながら買うといいです。そうすれば子どもが勝手に出すということもありません。

食洗機置き場をDIYで自作するアイデア

次に食洗機の置き場所がないと困った時におすすめのはDIYです。今DIYはとてもはやっていて何か足りない、置く場所がないという時は出来る人はDIYで作り上げてしまう人もいます。しかしDIYに関しては出来る人とできない人といるので、不得意な人は無理せずに台を買う方が失敗した時の材料費の金額等を考えると無理にDIYをせずに自分が出来る形で食洗機の置き場所を作るのがお勧めです。所でDIYで作ると言っても色々あります。

そんなDIYで作る中でも簡単なタイプもあります。本格的に手作りで作る人もいますが、簡単なタイプもあります。それでも失敗する人は台を買う方が早いです。ちなみに簡単に作るタイプは「4つの梁を互いに固定し、厚みがあって丈夫な板を取り付ける」だけです。設置場所の大きさや高さを測り、サイズに合わせて台座をカットします。ただ、可能ならばステンレス製の台座の方が良いです。木では湿気が多いのでしけってしまいます。

100均のタイプは重さに耐え切れずに潰れるパターンもありますがアイデアで次第ではうまく活用できます。100均のステンレス製ラックには高さが調節できる物もあります。丁度いい高さにするためにも調節できる方が良いでしょう。ニスを塗ったりして工夫もできますが、台所用品ならステンレス用品のほうが湿気も多いので安心です。やはり食洗機を置く以上はその環境にあったもので作らないと台がつぶれると意味がありません。

でもいざやろうとしてもどうやってやればいいの?となる人もいると思うので、ある動画を置いておきます。キャンプ用のスチールラックですが食洗機用の棚などで使うのにも同じです。キャスターは必要ありませんので取り付けません。参考にしていただけたらと思います。他にも小物入れを付けたりして工夫します。高さを調整すれば、調理場だけではなく、シンクの上にも設置することができるので臨機応変に形を変える事が出来ます。

DIYで作る食洗機置き場はカウンターを広げよう

次に食洗がおけない!となった時のアイデアとしておすすめなのが「食洗機をキッチンに置けないならカウンタースペースを増やせばいい」ということです。これになると本格的なDIYの作業になるので、DIYが好きな人向けのやり方でもあります。しかしDIY得意な人や好きな人にはお手の物です。DIYでカウンターの横に食洗機を置ける台を作成します。手ごろな棚を購入もいいですが、DIYした方が色々と工夫できるのがお勧めです。

DIY得意な人ならばぱっといえばぱっと分かるのですが、DIYで作ってみたいという人には文章では分かりづらいかもしれません。基本は台座と同じ「4つの梁を互いに固定し、厚みがあって丈夫な板を取り付ける」だけです。規模がデカくなりますので金具とネジでしっかりと固定しましょう。また、下記動画のように、板を組み合わせても作ることができます。せっかくDIYするのですから収納棚としても使えるように工夫しましょう。

次にDIYで作るならば食洗機を乗せて移動できる台車をDIYします。大掛かりな感じもしますが、基本は台座と同じです。台座を大きくして移動用のキャスターを付けただけと思ってください。台座や棚と同じ「4つの梁を互いに固定し、厚みがあって丈夫な板を取り付ける」だけです。動かしやすいように梁の足の部分にキャスターを取り付けましょう。ステンレスで作成し方が丈夫ですが、木材でDIYした方が色々と工夫しやすいです。

ネジや金具などを使用して食洗機が乗っても大丈夫なように作りましょう。食洗機自身初期費用がとても高額で台がしっかりしていないと壊れたら食洗機も一緒に壊れてしまいます。なので、置き場所は意外と多く、DIYすることで何とかなる場合も多いです。「置ける場所がないから」と諦めるのではなく、試しにおける場所を探してみましょう。置き方を工夫するだけで意外と置けるようになるものなのでやってみましょう。

食洗機の置き場のアイデアを活用してみよう!

これで食洗機を置く場所がない!と叫ぶ必要がなくなりました。DYIやアイデア等を出す事で食洗機の置く場所を作る事が出来るのです。今まで台所にあったデットスペースをアイデア次第でスペースを設けて食洗機の置く場所にしたり、DYIが好きな人はスペースの幅を調べて思いっきり作ってしまえば置き場所がない!となることもありません。置き場所がない!という前に置き場所を作っていく、出来る場所がないか探すのも大事です。

置き場所がない、初期費用が高いといっていては「時は金なり」が出来ません。今後自分が少しでも自分の時間を作る事も大事と言われている時代です。初期費用は確かに痛いですがこの先の自分の時間が増える、光熱費が今までの半分ぐらいになる、洗剤そんなに使わない等置き場所さえどうにかなってしまえばいくらでも買う事に無駄がないのが食洗機なのです。置き場所に対してもアイデアを提供しているのでぜひ活用してください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング