ドーナツ型おすすめランキングTOP10!人気のシリコン製も!

ドーナツ型のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。使いやすいシリコン製や丈夫なステンレス製の商品など、種類豊富な人気商品が満載です。ドーナツ型の上手な選び方も紹介しているので、自分に合った商品選びの参考にしてください。

ドーナツ型おすすめランキングTOP10!人気のシリコン製も!のイメージ

目次

  1. 1ドーナツ型の人気商品をランキング形式で紹介!
  2. 2ドーナツ型の選び方
  3. 3ドーナツ型のおすすめランキングTOP10
  4. 4ドーナツ型の特徴を活かして自分好みのドーナツを作ろう!

ドーナツ型の人気商品をランキング形式で紹介!

家でドーナツを作る時に活躍するのが、簡単にドーナツを成型できるドーナツ型です。ドーナツ型にはいろいろな種類の商品があり、初めて購入する時は何を買ってよいのか悩んでしまうこともあります。

本記事では、ドーナツ型の人気商品をランキング形式でまとめました。ドーナツ型の選び方についても紹介しているので、商品を購入する前に一度チェックしておきましょう。

ドーナツ型の選び方

ドーナツ型の種類で選ぶ

ドーナツ型といってもその種類はさまざまで、商品によって使い方が異なります。大きく分けて「抜き型タイプ」「焼き型タイプ」「押し出しタイプ」「スプーンタイプ」の4種類があり、それぞれドーナツの仕上がり方にも違いが出てきます。まずはタイプ別の特徴をしっかりと押さえ、自分にあった種類のドーナツ型を選ぶことが大事です。

抜き型タイプ

抜き型タイプはクッキーのように、均一な厚さに伸ばした生地を型抜きするタイプの商品です。揚げドーナツはもちろん焼きドーナツを作ることもでき、その日の気分によって調理方法を変えることができます。丸型のスタンダードな形から花形のようなものまでいろいろあるので、プレゼント用のドーナツを作りたい時にもおすすめです。

焼き型タイプ

焼き型タイプの商品は、揚げずにヘルシーな焼きドーナツが作れるドーナツ型です。1枚の板に複数のドーナツ型が並んでいるものが多く、丸型だけでなく波型やハート型まで、バリエーション豊かな型が存在します。

焼き型タイプのドーナツ型はドーナツ以外にも使うことができ、スイーツだけでなくドーナツ型のお寿司なども作ることができます。オーブンだけでなくレンジで作れる商品もあるので、スイーツ作りの初心者におすすめです。

押し出しタイプ

押し出しタイプの商品は、主に揚げドーナツを作りたい人におすすめです。生地を容器に入れて押し出すだけで、簡単にドーナツを油の中に落とすことができます。たっぷりの生地でも次々とドーナツに成型できるので、一度に多くのドーナツを揚げたい時に活躍してくれます。

ただ、生地がゆるすぎると上手に成型できないこともあり、慣れていないと難しいこともあります。お手入れも他のタイプに比べて難しいので、その点も頭に入れておきましょう。

スプーンタイプ

スプーンタイプのドーナツ型は、お玉のような形をした生地をすくうタイプの商品です。生地を自分の手ですくって油に入れるので、押し出しタイプのものより手軽で簡単にドーナツを揚げることができます。

ただ、押し出しタイプのドーナツ型よりも形が崩れやすく、穴がふさがってしまうこともあります。形にこだわらずに、多くのドーナツを揚げたい時におすすめです。

ドーナツ型の素材で選ぶ

ドーナツ型を選ぶ時は、使われている素材にも注目しましょう。素材の違いでドーナツの仕上がりにも差が出ますし、お手入れのしやすさも変わってきます。

ドーナツ型に使われている素材は主にシリコン製とステンレス製ですが、それぞれの特徴を踏まえた上で商品を選ぶことが大事です。また、ドーナツが取りやすいように表面に加工がされているドーナツ型もあるので、本体の材質と一緒にそういった細かい部分もチェックしておきましょう。

シリコン製

シリコン製のドーナツ型はなんといっても柔軟性に優れており、ドーナツが型から取り出しやすいというメリットがあります。お手入れもしやすく、初心者でも比較的扱いやすいドーナツ型です。

ただ、シリコン製に比べて熱伝導率が低いため、こんがりとした焼き色がつかないことがあります。どちらかといえば、ふんわりタイプのドーナツが好きな人におすすめの商品です。

ステンレス製

ステンレス製のドーナツ型は、特に抜き型タイプに多くみられる商品です。シリコン製に比べて変形にくく、丈夫で長く使うことができます。焼き型タイプの商品がステンレス製である場合は、シリコン製にくらべてこんがりと焼くことができます。

ただ、ステンレス製はメンテナンスの面で面倒なこともあるので、買う前にお手入れの方法をチェックしておくと良いでしょう。

ドーナツの仕上がりサイズで選ぶ

ドーナツ型は、商品によってドーナツの出来上がりサイズが異なります。標準サイズのドーナツが作りたい場合は、直径8cmくらいのドーナツが作れるドーナツ型がおすすすめです

それよりひと回り小さい直径7cmのドーナツ型や、直径5cmくらいのひと口サイズの商品もあります。自分が作りたいのはどのようなドーナツであるのか、出来上がりのイメージを想像しながら商品を選びましょう。

ドーナツ型のおすすめランキングTOP10

第10位 下村工業 スイーツアラモード

ランキング10位の、カラフルなドーナツ型を紹介します。スイーツアラモードはピンクと青がセットになったドーナツ型で、レンジで簡単に調理ができる人気の商品です。焼き型タイプのドーナツ型は複数個同時に作れる商品が多いですが、1〜2個だけ作りたい時にはこちらの商品がおすすめです

揚げたドーナツとは異なるふんわりとしたドーナツで、朝ご飯のパン代わりに使うこともできます。いろいろなドーナツが作れるレシピ集も付属しているので、ぜひアレンジレシピにも挑戦してみてください。

商品情報

サイズ 10×10×30cm
材質 耐熱ポリプロピレン
個数 2個
容量
重量 48g
耐熱・耐冷温度

下村工業株式会社 トップページ

第9位 SUPER KITCHENドーナツ型

安定しやすいシリコン製のドーナツ型を探している人には、ランキング9位のこちらの商品がおすすめです。他のシリコン製のドーナツ型よりも厚めに作られており、生地を入れてもしなったりしません

柔軟なトレイは押すだけで簡単にドーナツが取り外せるようになっており、お手入れもとても楽にすませられます。ドーナツ以外にもチョコレートケーキやベーグルなど、いろいろな料理に活用することが可能です。

商品情報

サイズ 28.5×19×3cm
材質 シリコン
個数 6個
容量
重量
耐熱・耐冷温度 耐熱温度 230℃、耐冷温度 −40℃

第8位 タイガークラウン G.ドーナツ型

ランキング8位に紹介するのは、鮮やかな緑色がおしゃれなスチール製のドーナツ型です。フッ素樹脂を2度塗りしているため、生地がこびりつかずにお手入れも簡単です。日本製であるところも理由の人気のひとつで、耐久性にも優れています。ただ、サビは発生しやすいので、洗ったあとはしっかりと水気を拭き取るようにしましょう。

商品情報

サイズ 202×302×20mm
材質 スチール
個数 6個
容量 70ml×6
重量 290g
耐熱・耐冷温度

第7位 タイガークラウン ドーナツスプーン

生地をすくうだけでドーナツを成型することができる、便利なドーナツスプーンを紹介します。金属部分はステンレス製で、油に入れるだけでするりと生地が外れます。お玉くらいのサイズで場所も取らないので、大きなドーナツメーカーのように収納に困ることもありません。

柄に穴が3つ空いているのも利点のひとつで、吊るして収納する時に穴の位置で高さを調節することができます。生地を次々に油に入れられるため、一度に多くドーナツを作りたい時におすすめのドーナツ型です。

商品情報

サイズ 直径8×高さ24.2cm
材質 金属部 ステンレス鋼、ハンドル ポリプロピレン
個数 1個
容量
重量 64g
耐熱・耐冷温度 耐熱温度 120℃

第6位 HOME SWAN Let'sぱくぱくミニドーナツメーカー

生地を流して蓋をするだけで簡単に作れる、人気のドーナツメーカーです。自分で焼き加減などを調節する必要がないため、子供でも失敗なく作ることができます。挟んで両面を焼き上げるので、外側はサクサクとした食感を楽しめます。焼き時間はたったの4分で、油やオーブンを使ったドーナツよりもかなりの時短が可能です

また、こちらのドーナツメーカーを使って作れるレシピも付属しており、ドーナツ以外の料理もいろいろと作ることができます。米粉や豆腐を使ったドーナツのアレンジレシピも載っているので、ぜひいろいろなレシピにチャレンジしてみてください。

商品情報

サイズ 幅20×奥行27.5×高さ11cm
材質 フェノール樹脂、ポリプロピレン、
アルミダイキャスト(フッ素樹脂塗装)
個数 7個
容量
重量 1610g
耐熱・耐冷温度

第5位 CHEAFMADE ドーナツ型

一度にいろいろな形のドーナツを作りたい時は、3種類の型が混ざったこちらのドーナツ型がおすすめです。高品質の鉄で作られた型は熱伝導性が良く、耐久性も抜群です。表面には非粘着コーティング処理が施されているため、少し油を使うだけでするりとドーナツを外すことができます。

商品情報

サイズ 幅33.2×深さ26.4×高さ3.2cm
材質
個数 12個
容量
重量 900g
耐熱・耐冷温度 耐熱温度 220℃、耐冷温度 −20℃

第4位 パール金属 EEスイーツ ステンレス製 ドーナツ抜き型

ドーナツだけでなくクッキーにも使える、便利な抜き型タイプのドーナツ型を紹介します。ステンレス製でサビにくく、お手入れもしやすいと人気です。そのまま使うと生地が型についてしまうので、あらかじめ型に粉を塗っておくのがおすすめです。揚げドーナツはもちろん、抜いた型を天板に乗せて焼きドーナツを作ることもできます。

商品情報

サイズ 外径68×高さ55mm
材質 ステンレス鋼
個数 1個
容量
重量 50g
耐熱・耐冷温度

第3位 そらとぶフライパン シリコン加工天板 ベイクドドーナツ型

ランキング3位のドーナツ型は、シリコン加工で扱いやすいオーブンで焼くタイプの商品です。もともとの材質には鉄が使われているため、熱が通りやすくきれいに焼き上がります。軽くて持ちやすく、子供の手でも簡単に扱えます。1個のドーナツの大きさは直径7cmくらいの小さめサイズで、ちょっとしたおやつにぴったりです。

商品情報

サイズ 幅26×18cm
材質 素地 鉄、表面 シリコン樹脂加工
個数 6個
容量
重量
耐熱・耐冷温度

第2位 タイガークラウン クリスタルドーナツメーカー

ドーナツは油で揚げたいという人には、こちらの押し出しタイプの人気商品を使ってみてはいかがでしょうか?ドーナツ生地の形が崩れにくく、まるでお店のようなドーナツを簡単に作ることができます。容器が透明であるため、生地の減り具合が簡単に確認できて便利です。

底蓋はステンレス製になっているので、熱い油に触れても溶ける心配はありません。ただ、生地を油に入れる時に油がはねやすいので、勢いをつけずにそっと押し出すように注意しましょう。

商品情報

サイズ 直径10×高さ19cm
材質 本体 アクリル樹脂、金属部 ステンレス鋼
個数
容量 500ml
重量 130g
耐熱・耐冷温度 耐熱温度 70℃、耐冷温度 −10℃

第1位 貝印 おうちでかんたん楽しくヘルシーなドーナツ焼き型 ベーシック

ランキング1位の商品は、シリコン製で扱いやすい人気のドーナツ型です。耐熱温度が230℃と高いため、油で揚げずにオーブンで焼いて作ることができます。

ただ、ステンレス製ほどこんがりとは焼けないので、ふわふわとした柔らかいドーナツが好きな人におすすめです。小さいドーナツが一度に12個も作れるので、パーティーなど大人数で食べる時にも活躍してくれます

商品情報

サイズ 縦18×横26×高さ2.4cm
材質 シリコンゴム
個数 12個
容量 25ml×12
重量 218g
耐熱・耐冷温度 耐熱温度 230℃、耐冷温度 −40℃

貝印株式会社 | kai corporation

ドーナツ型の特徴を活かして自分好みのドーナツを作ろう!

ドーナツ型の人気商品をランキング形式でまとめました。ドーナツ型にはいろいろなタイプがあり、素材もシリコン製やステンレス製など商品によってさまざまです。ただ、人気がある商品だからといって、自分に合うというわけでもありません。

そのドーナツ型のメリットやデメリットをしっかりと把握して、自分にとって一番使いやすい商品を選ぶことが大事です。使いやすいドーナツ型を見つけたら、ぜひ自分だけのオリジナルドーナツを作ってみてください。

Thumb【100均】ダイソー・セリアのドーナツ型一覧!アレンジレシピも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb小麦粉で作るドーナツ簡単レシピ!人気のオールドファッションの作り方も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbマフィン型おすすめランキングTOP11!プレート型・シリコン製も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング