教科書の捨て方!燃えるゴミ?古紙回収?保管?ノートやドリルは?

教科書の捨て方と捨てる時の注意点について徹底解説します。教科書は燃えるゴミで捨ててもいいのか、正しい捨て方と捨てるタイミングについてまとめました。教科書やノートを処分したくてもその方法が分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

教科書の捨て方!燃えるゴミ?古紙回収?保管?ノートやドリルは?のイメージ

目次

  1. 1教科書の捨て方を紹介!
  2. 2教科書の捨て方と分別方法
  3. 3教科書の捨て方で処分するタイミングは?
  4. 4教科書の捨て方で気をつけること
  5. 5教科書の捨て方まとめ

教科書の捨て方を紹介!

子供のいる家庭では、学年末になると1年間使用してきた教科書やノートの保存方法や捨て方に悩むことがあるのではないでしょうか?いざ処分するとなると、捨て方が分からなかったり、氏名が書かれた教科書を捨てるのは抵抗があります。保管しておくにしても、結局は置き場に困ってしまったという方もいるでしょう。

まとめて処分したいと思っている方のために、教科書やノートの正しい捨て方を詳しく説明します。また、小学校、中学校、高校、大学など学年ごとに処分するタイミングの違いについてまとめました。捨てる際の注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

教科書の捨て方と分別方法

教科書やノートの捨て方と分別方法にはいくつか手段があるため、ひとつひとつ詳しく説明します。自治体によって捨て方が指定されている場合もありますので、こちらと合わせて確認するようにしてください。

教科書やノートの捨て方が分からないからといって、ルールを確認せずに捨ててしまうと、マナー違反につながる可能性があります。必ず正しい捨て方で処分してください。

教科書は燃えるゴミや古紙として分別する

教科書は基本的に燃えるゴミとして分別されます。少量のプリントなどであれば、燃えるゴミと同じゴミ袋に入れる捨て方で大丈夫です。しかし、プリントが大量にある場合や、教科書などの製本されたものを捨てたい場合は、新聞や段ボールなどと同じように紐で束ねて捨てましょう。

また、住む地域によっては、教科書が古紙に分類されることもあります。古紙は、新聞や雑誌と同じ区分です。捨て方は、燃えるゴミと同様に紐で束ねて、古紙を収集する日にゴミ捨て場へ持っていくだけです。

ノートやドリルの分別方法

ノートやドリルなど書き込みがあるものを処分するのは、抵抗があります。しかし、教科書の捨て方と同様、燃えるゴミや雑誌、本などと一緒に分別して問題ないです。書き込みの有無は、燃えるゴミで捨てる場合でも、古紙として処分する場合でも関係ありません。

教科書の捨て方①資源回収を利用する

教科書の捨て方には、資源ゴミとして分別する方法があります。住んでいる地域によって回収方法は異なりますが、特定の収集日に指定業者が回収したり、地域のボランティア団体が回収する取り組みが行われています。

なお、古紙の回収日や回収場所は自治体によって厳密に定められています。市町村の窓口やホームページなどで確認してください。

教科書の捨て方②古紙回収ポストを利用する

資源回収が行われていない地域でも、古紙回収ポストを利用する捨て方があります。収集日を気にせずに、いつでも引き取ってもらえます。古紙回収ポストは、リサイクルボックスやリサイクルステーションとも呼ばれています。

また、スーパーに設置してある古紙回収ポストでは、捨てた古紙の量に応じてスーパーのポイントカードにポイントが加算されるという取り組みを行っています。不要な教科書を捨てた上で、ポイントが付くのは大変お得です。

古紙回収ポストへの一般的な捨て方は、不要な教科書やノートを紐で縛ってまとめた状態で提出するだけです。ただし、場所ごとに、それぞれルールがありますので、必ず確認した上で正しい捨て方をしてください。

教科書の捨て方③回収業者を利用する

処分する教科書やノートの量が多い場合は、不用品回収業者を利用する捨て方もひとつの手です。資源回収日よりも早く捨てたい場合や、ゴミとして出したい教科書やノートが大量にあって持っていくのが大変な場合には、不要品回収業者の利用をおすすめします。不要品回収業者は、基本的には何でも回収してくれます。

ただし、不用品回収業者を利用すると、処分費用が発生します。そのため、教科書だけではなく、家庭内で処分したい不要品も合わせて出すとよいでしょう。不用品回収業者には悪質な回収業者もいますので、利用する業者に問題はないか見極めて利用するようにしてください。

教科書の捨て方で処分するタイミングは?

「いつか見直すときに必要になるかもしれない」と、教科書やノートを処分するタイミングに悩むことがあります。そこで、小学生、中学生、高校生、大学生などそれぞれの時期で処分すると良いタイミングをまとめました。ぜひ参考にしてください。

小学生の教科書

小学生の場合は、各学年末にまとめて教科書を捨てると良いでしょう。年が近い兄弟姉妹がいる場合は、無くしたり、汚れてしまったりした時に代わりとして使うために、保管しておくという方もいます。

また、3年に1回まとめて処分するという家庭や、小学校卒業と同時に6年分まとめて処分するという家庭もあります。小学校の教科書を中学校で必要になることはありませんので、卒業と同時に思い切って処分しても問題ありません。

中学生の教科書

中学校の教科書は、高校受験に必要な内容が載ってます。また、高校生になっても、1年生の間は中学で学んだことが基礎となる科目があるので、それまで残しておくと安心です。

そのため、中学生の間は処分せずに、高校に入学してしばらくは保管しておいた方が良いでしょう。具体的には、高校2年生になったタイミングで処分するのがおすすめです。

高校生の教科書

高校の教科書を捨てるタイミングは、大学受験をするかどうかで変わります。基本的には、高校生の間には処分せずに卒業後のタイミングで処分する方が多いです。大学進学する方は、大学で学ぶ分野に関係する科目の教科書は保管し、それ以外の教科書は高校卒業のタイミングで処分することおすすめします。

大学生の教科書

大学生になると、授業を担当する教授や講師が指定する教科書や参考書を購入します。物によっては、高価な教科書もありますが、その割に単位を取り終わったら不要になることが多いです。

そのため、単位を取り終えたら処分すると良いです。高価な教科書を捨てることに抵抗がある方は、後輩に譲ったり、買い取ってもらうと良いでしょう。また、専門分野の教科書などは古本屋などに持っていくと、売れる場合もあります。

教科書の捨て方で気をつけること

教科書の捨て方にはいくつか注意しなければならないポイントがあります。教科書を捨てる前に、これから紹介する注意点をよく理解して、正しい捨て方で処分してください。

教科書に名前が記入してある場合は要注意

教科書に氏名や住所などの個人情報が書かれている場合は、捨て方に注意が必要です。万が一、名前が書かれたままの教科書を資源回収や古紙回収ポストに出してしまえば、それを発見した人に悪用されてしまうかもしれません。

子供や家族を守るためにも、教科書に書かれた氏名は切り取ったり、サインペンで塗りつぶしたりなど、ひと手間加えた捨て方をする必要があります。

記入部分を切り取る

教科書に書かれている名前の部分を切り取る捨て方があります。きれいに切り取る必要はなく、読めなければ問題ありません。ただし、切り取った部分をそのまま捨ててしまうと危険です。

切り取った部分をガムテープでまとめたり、紙やビニール袋に包んで燃えるゴミで処分すると、より安全な捨て方となります。

記入部分を塗りつぶす

教科書に書かれている名前を塗りつぶす捨て方もあります。名前や学校名など、隠したい部分を油性の黒マジックで塗りつぶします。水性ペンではうまく塗りつぶせないので、必ず油性ペンの黒を使ってください。

また、個人情報保護スタンプで上書きするという手もあります。ホームセンターや文房具店に売っています。スタンプなら子供も楽しんで手伝ってくれて、作業も捗るでしょう。

記入部分を折り込む

忙しい方には、名前が書いてある部分を中側に折り込む捨て方がおすすめです。個人情報の漏洩対策として完全ではありませんが、多少は効果があります。その際、教科書をまとめた紐が解けないようにきっちり結びましょう。その紐が解けない限り安心です。

教科書にプリクラなどが貼ってある

名前以外にも、プリクラなどの個人情報に繋がるものが教科書に貼ってないか確認してください。もちろん、顔が分かるものも個人情報となります。貼ってあった場合は剥がす、もしくは切り取ってから処分する捨て方を徹底してください。

教科書にCDなどが付属されている

教科書にCDなどが付属している場合があります。特に英語の教科書には、リスニングのためのCDが付属されていることが多いです。CDは古紙にはなりませんので、きちんと抜き取ってから処分してください。

抜き取ったCDは、燃えるゴミとして処分してください。地域によってはCDの分別方法が異なる場合がありますので、捨てる前に必ず確認をしてください。

教科書の捨て方まとめ

教科書やノートの正しい捨て方について紹介しました。また、小学校、中学校、高校、大学など学年ごとに処分するタイミングや教科書を捨てる際の注意事項についてもまとめました。この機会に、もったいないと思って保管していた教科書を思い切って処分してみてもいいかもしれません。

ただし、教科書の捨て方には住んでいる地域によってルールが異なる場合があります。きちんとルールを確認してから正しい捨て方で処分してください。

Thumbノートの捨て方!日記やリングノートの正しい処分方法は?注意点も解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb通帳を処分する方法は?古い通帳の安全な捨て方!いつまで保管すべき? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb傘の捨て方を徹底解説!分解する必要がある?何ゴミに出せばいい? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング