トクホのコーラは本当に太らない?糖質などトクホの効果を徹底検証!

炭酸飲料水の王様と言えば全世界でもまれているコーラです。その種類は多彩なものがあって、昔はスーパーで1缶20円で販売されていたものもありました。味の方は好みがあるので何とも言えません。昨今の健康ブームを受けてついにコーラもトクホのマークを付けたものが発売されました。トクホっていったい何?栄養食品なの?と様々な疑問がありますが今日はそれらをこのページで解決していきます。

トクホのコーラは本当に太らない?糖質などトクホの効果を徹底検証!のイメージ

目次

  1. 1トクホのコーラは健康にいいか調査
  2. 2トクホのコーラは本当に太らないの?
  3. 3トクホコーラの三種類を比較
  4. 4トクホについてみてみよう
  5. 5トクホのコーラは飲み方次第でいい効果

トクホのコーラは健康にいいか調査

トクホのコーラが近年はやっていて、大手3社が販売しています。皆さんが知りたいダイエットにトクホのコーラがどう影響するのかという話題を中心に今回はトクホのコーラを紹介させて頂きます。トクホになっただけで値段が違うけど何が違うのという疑問に答えます。

ではトクホのコーラって健康にいいの?っていう疑問があると思います。そもそもトクホって何なんでしょう?詳しくは後で触れますが、特定保健用食品の略がトクホです。実は名前に健康が含まれていないので、はっきりとした健康食品とは言えないという事です。また、このトクホの制度は医薬品のレベルまでは行ってない食品に認可される制度なので、健康を考えるなら、太らないように適量を守る事が一番です。

ただ、普通のコーラを飲み続けるのに比べれば、確かに健康に作用する面が大きいです。飲んだら痩せるというわけではありませんが、普通のコーラに比べて太らないのは事実です。多くの企業が出しているゼロカロリーのコーラより太らないコーラです。しかしこれはあくまで相対的なもので、飲み過ぎると太ってしまう事もありますので注意しておきましょう。

またトクホは日本独自の規格です。食の習慣改善のために作られたもので、くわしくは後で触れますが、世界の共通基準ではありません。コカコーラも、ペプシコも世界有終の巨大企業ですが、なぜ日本向けにトクホのコーラを開発したのかという経緯の一つに、日本が世界最大のジュース消費国家であるという事があります。

海外では主にジュースはスーパーなどで買うものですが、日本ではスーパー以外にも5万件あるコンビニや500万台以上もある自動販売機で手軽に買える事がその要因の一つです。海外では、盗難や犯罪の対象になるために、自動販売機は人の多く行きかう場所などにしか置かれていません。また、話は変わりますが、コンビニも強盗などの恐れがあるので24時間営業をしていない所も少なくありません。

話は変わりますが、世界最大の飲料水メーカーはペプシコーラで有名なペプシコです。コカコーラは第2位につけています。しかしコーラの生みの親はコカコーラで、本社はオリンピックが1996年に開催されたアトランタにあり、そのアトランタ郊外の薬局で販売がスタートしました。コーラはカロリーや糖質をはじめ様々な健康成分が含まれていることから医薬品の効果が期待されての販売が最初でした。

今でもアトランタに行けば郊外に巨大なコカコーラ記念館がたっています。話がまた変わりますがこのアトランタは伏木儀な都市で都市中心の方が治安が悪く、郊外に行った方が治安がいいという形になっています。アトランタオリンピックが開かれた要因の一つがオリンピックのスポンサーの一つがコカコーラだという話もあります。アメリカの都市の中では比較的治安が良くない都市としても有名です。

またペプシコの社長を務めたジョン・スカリーは1981年当時最初のappleの社長だったころのスティーブジョブズにそのマーケティングの価値を見出され、「このまま一生砂糖水を売り続けたいのか、それとも一緒に世界を変えたいのか。」と言われ引き抜かれたのは有名な話です。しかし結果はジョブズがスカリーに追い出される形になり、ジョブズはその後のビジネスを大きく方向転換することになりました。

トクホのコーラは本当に太らないの?

トクホのコーラは、「太らない」コーラではなく「太りにくい」コーラです。糖質は制限されていて、普通のコーラを飲み続けるよりはダイエットに大きな効果があります。ただ、糖質も完全にゼロではないために、その効果も太らないではなく太りにくいと表現した方がトクホのコーラの本質です。ただあとは、やはり大事なのは味です。糖質を制限するため砂糖ではなくある程度の人工甘味料を使っています。

人工甘味料は糖質が少なく太らない効果はあります。ですがやはりこの味が苦手という人は少なくありません。ですので各清涼飲料水を販売する会社は、その味の追求に余念がありません。世界中で作られているコーラの味の成分は各社ともにトップシークレットで、それを知っているのは数人ともうわさされています。

ゼロカロリーや糖質ゼロは日本の食品表示法の一つ健康増進法で、100mlあたり5キロカロリー以下ならば0カロリーと表示して良いとあるので厳密にはゼロカロリーではないのです。また糖質も100mg又は100mlあたり0.5g以下の糖質であれば糖質0と表示して良いとされており同様です。なのでトクホのコーラも若干ながらカロリーと糖質が含まれているとされています。

トクホコーラの主な成分をチェック

トクホのコーラがほかのコーラと大きく異なる点は、後で述べますが難消化性デキストリンにあります。水溶性の食物繊維で熟した果実などに含まれています。従来は消化吸収されない製品として、あまり評価の対象にはなっていませんでしたが、科学の進歩とともに有用性が改めて見直されて、様々な場面に使われるようになりました。

難消化性デキストリンの働きと副作用について

難消化性デキストリンはその名のとうり消化されにくい栄養素で、植物由来の栄養素になります。その効果として食後血糖値上昇抑制作用、脂質異常症予防、便秘予防、肥満予防、糖尿病予防、脂質代謝を調整して動脈硬化の予防、大腸がんの予防、免疫強化、腸内感染の防御、腸管運動の促進といった効果があると分かっています。

人の町内では消化されにくいのですが大腸菌により消化されエネルギーに変わります。エネルギー量は1g辺り1キロカロリーと言われています。また、気になる副作用の報告例は上がっておらず、非常に有効な健康食品として国から認定されています。

消化されにくいという事はそのまま排出されるということで、言い換えればこんにゃくのような感じです。特に女性にありがたいのは便通が良くなるという所ですね。便秘改善には非常に効果があります。また成人病改善にも大きな効果があるので出来れば摂取したい所です。ただ、コーラからの摂取だと、カロリーや糖質を含む量が上がってしまうので、過剰摂取には気を付けたいですね。

トクホコーラの効果は?

トクホのコーラは体質改善には十分に役立ちます。ただ、どうしても残るカロリーと糖質には気を付けたい所です。ですが、食後に飲むことで血糖値上昇の抑制や肥満予防、脂質代謝が上がるなど嬉しい効果がありますので、適度に摂取することが好ましいです。とくに脂っこいものを食べた時は、普通のコーラより値段が張りますがトクホのコーラを飲むことをオススメします。

トクホコーラの糖質について

トクホのコーラには100mlあたり0.5g以下と、かなり微量ではあるものの糖質を含むので過剰摂取には注意したい所です。ですが一般的なコーラには100mlあたり10g以上の糖質が含まれていますので、「炭酸が飲みたいが炭酸水じゃ物足りない」という時や、「ダイエット中の小休憩にコーラが欲しい」という時などに飲むには最適なコーラと言えるでしょう。

ただ、甘味と糖質はイコールの関係ではないので、甘いから必ずしも糖質が高いという事や、糖質が低いから美味しくないという基準ではありません。コーラにはいくつも種類があるように、味が変わるので好みも変わります。その中の選択肢の一つにトクホのコーラがあると考えてください。必ずしもトクホのコーラが健康にいいというわけではありません。

コーラを飲む中で、健康を考えるならトクホのコーラがおススメです。が、人工甘味料を使っている分、甘味に若干ではありますが差が出てしまう事もあります。また、トクホは栄養があるわけではありません。健康維持を目的に作られた制度で、生活習慣病対策の一環です。だからトクホのコーラを飲めば痩せるわけではないですが、ダイエットを考えるならコーラをトクホに変えてみるぐらいから始めるのがいいかもしれません。

トクホコーラは飲み過ぎると太る?

トクホだからと言って、コーラはコーラです。カロリーはありますし糖質も含まれています。過剰な摂取は健康を害してしまいます。健康にいいからと言ってもとりすぎには十分注意が必要です。太らないコーラでも痩せるコーラでもありません。太りにくいコーラだという事を頭に入れておいてください。何事もほどほどにしておくのが無難です。

もちろん難消化性デキストリンは健康にはいいですが、難消化性デキストリンを摂取するだけなら何もコーラじゃなくても方法はあります。また同じトクホでも黒烏龍茶や、ダブルトクホのからだすこやか茶などの方が糖質やカロリーがないのでダイエットには向いています。

日本人の肥満の理由は砂糖よりも油とジュース類などが主な原因です。つい甘いものが欲しくなって口当たりの良いジュースを飲んでしまう事が多々見受けられます。アメリカのように濃い味付けで脂っこいもの、いわゆるジャンクフードが中心の食生活の人は日本人には少ないのですが、どこでも売っているジュースについ手が出てしまいます。

アメリカのように大量の砂糖を使ったお菓子というのも日本人の味覚にはあまり合いません。本来の和菓子の味の基本は柿の甘さが基準と言われています。菓子という漢字はどちらも果物の事を指した漢字の組み合わせで、自然本来の甘みが日本人の甘さの基準になっています。が、戦後砂糖が大量生産されて、それがお菓子にはいかずにジュース類になってしまいました。

実はフルーツというのは、代謝が良く体をつくるには最も適した食材だとの事です。あの巨人軍の長嶋監督は現役時代から朝晩にフルーツを摂取していたことが有名です。健康的にフルーツを取る事で心身共に成長するには適した食材です。またビタミン類が豊富なので健康維持には重要な役割を持ちます。

トクホコーラの三種類を比較

現在は日本でトクホのコーラは3種類販売されています。一つが日本コカコーラ社から販売されている「コカコーラプラス」です。2つ目は世界最大の清涼飲料水メーカーであるペプシコ(日本国内での販売はサントリーが行っています)から発売されている「サントリーペプシスペシャル」です。3つ目がキリンの「キリンメッツコーラ」です。販売が速かったのは今並べたのと逆の順番になります。

味に関して言えば、日本コカコーラ社のコカコーラプラスを基準として考えた時、ペプシコのサントリーペプシスペシャルに関しては若干酸味が強く、後味がスッキリしています。非常に飲みやすいので世界中でペプシのファンが多い理由が分かります。またキリンのキリンメッツは若干甘味が強く、にいもいかにもコーラという感じがします。この3つの栄養差はごくわずかですので選ぶ差としてはやはり味が優先度が高いでしょう。

但し先程も少し述べましたが、日本コカコーラ社のコカコーラプラスは、ほかのものに比べて倍ほど値段が高いです。これは日本ではコカコーラの人気が高いから強気に売りに出たという戦略もあるのでしょうが、日本人好みのコーラの味と言えるかもしれません。

コーラは炭酸と甘みがあり、お酒にも広く使われます。コーラを使ったカクテルレシピは世界中にあります。ただお酒もカロリーが様々に違うので、必ずしもトクホのコーラを使った方がいいというものはありません。また味の好みも人それぞれです。ウォッカなどの強めのお酒にはやはり甘みの強いコーラの方が相性はいいですし、逆にコーヒーのリキュールでもあるカルーアはトクホのコーラの方がさっぱりと頂けます。

コーラが好きな人には、コーラにバニラアイスをのせたコーラフロートが好きな人もいるでしょう。健康を考えるならトクホのコーラを使って、低脂肪乳から作ったバニラアイスやソフトクリームでの方が健康にはいいのかもしれませんが、たまに食べるだけなら甘みの強いものの方が美味しいです。とくに長い間甘いものを立っているならそのマジはたまらなく美味しいでしょう。

刑務所に入った事のある人が一番最初に食べたいと思うものはケーキやソフトクリームなどの甘いものだそうです。そういう時は、1回ぐらいカロリーを気にせずに甘いものを食べるのも楽しみの一つです。ただやはり毎日の摂取となると、トクホを選ぶ方が健康にはいいですのでご注意下さい。

トクホのコーラも味と香りに差があるので好みが出ます。なのでどれがいいとは一概には言えませんが、スーパーなどの売り場スペースから察するに売り上げがいいのはやはりコカコーラ社のコカコーラプラスに軍配は上がっているようです。ですが、このトクホのコーナーは年々拡大傾向にあり、平均寿命や年齢が上がるとともに健康志向がだんだんと根付いていっているという結果なのかもしれません。

トクホについてみてみよう

トクホ、トクホって言うけどもトクホっていったい何でしょう?以前はあまり聞かなかった言葉ですが、2008年に「引きしまった味カテキン緑茶」が伊藤園から発売されて以降、急速に市場が拡大してきました。日本での事例はないですが、ヨーロッパではカテキンが原因とされる肝障害が見つかったりと、こちらも過剰摂取は避けた方がいいのですが、健康のためにはある程度摂取した方がいいでしょう。

トクホとは何?

「特定保健用食品」略して「トクホ」です。あくまで食品なので太らないとか、痩せるとかそういった医療的な効果はありませんが、なるべく摂取するのが好ましい食品として国が認可を行っています。一時期はトクホを取れば健康になるから、人気が出て売れるといった流言が出ていましたが、あくまで健康維持に効果のある食品で、摂取すれば健康になるわけではありません。

1991年に制定されたが当時は認知度が無く、国がヤクルト社に働きかけてトクホを1998年に取らせた経緯があるという話もあります。通常の食材よりは健康維持に向いているために摂取が好ましい食材というものであり、決して健康になるものではありません。また過剰摂取には副作用があるものもあるので、適度に定期的に摂取する方法が一番好ましいと言えるでしょう。

医薬品までの効果はないが、健康改善に効果が高いとされているのが特定健康用食品、つまり「トクホ」です。ですから摂取が義務付けられたものではないし、医者が処方できるものでもありません。分かりやすく言えばサプリメントに近いものでしょうか。自分で、定期的に、適量摂取するのが望ましい食品です。

トクホ飲料には2種類ある

「血中コレステロールの上昇抑制や脂肪の吸収を抑える効果」と「腸の調子を整え、弁の排出を促す」の二つの効果に大きく分ける事ができます。どちらも体調の維持にはある程度の効果がありますが、ダイエットに効果があるのかというとある程度疑問が残ります。結局食べているものが糖質や脂質が高いと、ダイエットにはなりません。あくまで吸収を抑える、排出を促すもので太らないものではないとこを忘れないでください。

だから糖質や資質をきちんと管理していればトクホの飲料水を飲まなくてもダイエットは出来ます。トクホはあくまで補助用の食品です。健康管理そのものをするのではなく、健康管理のサポート食品です。なのでジャンクフードや焼肉などカロリーの高い物を取った後に飲んでもチャラになり太らないというわけではありません。また栄養価もほとんどないので、トクホを取るという事は健康面に何ら影響をもたらしません。

ダイエットの大事なことは必要な栄養をきちんと取ったうえで、カロリーの制限をし、脂肪を燃焼しやすい食品を取って運動をするという基本的な事です。例えばアミノ酸やタンパク質を取ると、脂肪の燃焼を促します。このほかにも、食物繊維を取る事で腸の調子を整える事ができます。これにより栄養素の吸収に差が出ます。またやはり大事なのは運動です。運動はある程度することがダイエット以外の健康維持にも重要な事です。

トクホ飲料に期待できる効果

小野町の調子を整える事に関しては、難消化性デキストリンが効果があるので、便秘や下痢で悩まされている方には効果が大きいと言えます。また、普通のコーラを飲むよりは太らないのでダイエットに多くな効果があります。YouTubeなどで公開されて話題になった1ヶ月でコーラを10杯飲み続けたら太ったという、動画がありました。がっしりとした中年男性にあっという間に脂肪がついていったどうがでした。

なので、コーラが好きで辞められないという方は、トクホのコーラに替えるだけで一定以上太らないといった効果が出ると思われます。またもちろんビールなどを飲むよりはダイエットに効果があるかもしれません。しかし今はノンカロリーでノンアルコールのビールも出ています。こちらのトクホに関しては中途半端な形なので、それらを飲むよりはトクホのコーラを飲む方をお勧めします。

トクホのコーラは飲み方次第でいい効果

今までいろいろとみてきましたが、トクホのコーラはあくまで普通のコーラに比べるとダイエットには一定の効果があるでしょう。しかし飲むと太らない、痩せる魔法の薬ではありません。なのでダイエットの補助食品として捉えてもらえば一番いい使い方が出来るでしょう。つまりサプリメントの一種として使うと健康維持には非常に効果があります。摂取に関しては、ある程度の制限を設け飲み過ぎないことが肝心です。

あくまで健康維持の「食品」です。医薬品ではないことに留意しておく必要があります。また医者が処方するものではなく、あくまで個人の範囲で摂取するものです。自分の健康状態と向き合いながら、自分に見合った適量飲むことで健康が改善されることが期待できますし、ダイエットのも一定の効果があるでしょうが太らない訳ではありません。普通のコーラを飲むよりは効果が高いので、トクホのコーラを試してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング