もつ鍋のスープの作り方を解説!人気の醬油・味噌など紹介!

もつ鍋は、鍋に鰹や昆布でダシをとりスープを作る。下処理をしたもつ肉に大量のニラ、キャベツを煮込んだものである。臭みを消すためにニラ、ニンニクのほか唐芥子を加えて煮込むのだ。モツと野菜を食べた後、残った汁にチャンポンの麵を入れて「締め」とする場合いも多いのだ。料理店では、土鍋はあまり使われずに両側に取っ手のついた浅いステンレス製鍋が使われるようだ。福岡では郷土料理とされていて老舗も多いのだ。作り方さえ分かれば家庭でも人気、簡単に、もつ鍋スープを作り専門店の味を出せるだろう。

もつ鍋のスープの作り方を解説!人気の醬油・味噌など紹介!のイメージ

目次

  1. 1もつ鍋のスープはどうやって作るの?
  2. 2もつ鍋のスープの作り方のコツ
  3. 3定番人気しょうゆベースのもつ鍋スープ
  4. 4コクがある味噌ベースのもつ鍋スープ
  5. 5さっぱりとした塩ベースのもつ鍋スープ
  6. 6市販の人気もつ鍋スープもおさえておこう
  7. 7絶品スープのもつ鍋でパワーをつけよう!

もつ鍋のスープはどうやって作るの?

いろいろな鍋があるが、もつ鍋はおすすめの人気鍋だろう。美味しいもつ鍋の作り方の第一は、ベースになるスープ作りにありだ。寒い冬に美味しい、もつ鍋スープを作るコツを覚えておきたいものだ。簡単に作れる、もつ鍋スープの作り方を紹介するので、コツを身につけて欲しいのだ。市販の鍋つゆを買って作るのもよいが、ガラスープとダシの素で簡単に作れるので、そのぶんいいホルモンを買うことだ。

もつ鍋のスープの作り方のコツ

家で食べるもつ鍋が人気専門店の味にかなわない原因は、2つあるのだ。スープの品質が全く違うこと。市販のスープである程度は解消できるだろう。2つ目の原因とは、モツの品質の違いである。家庭でスーパーで買ったモツと、市場から仕入れて新鮮な専門店のモツとの違いである。新鮮なモツが入手可能かどうか?である。スープの作り方は、キャベツを使い、キャベツから煮るのがコツなのだ。

もつ鍋のスープを作る。「材料」モツ300g(スーパー購入)、水600ml、キャベツ・にら適量、鶏がらスープの素大1、味覇小1、顆粒だし小1、醤油1/2カップ、みりん大1、砂糖大1、酒1/4カップである。モツは火加減を調節しながら、炙り続けること。もつは脂が落ち2/3の大きさになると、臭みは殆ど消えるのだ。この炙りがもつ鍋を美味しく食べるコツなのだ。キャベツを強火で煮て、にら以外を加え、5分で出来上がりなのだ。

新鮮な生モツが美味しいスープの源

もつ鍋の専門店との味の違いは、モツにあると書いたが、人気専門店は、直接市場から購入した、新鮮なプリプリのモッを使っているのである。スーパーで買ったモツとの違いは一目瞭然である。新鮮なモツが入手できるかどうかである。肉屋さんに行けば新鮮なモツが入手できる。新鮮なモツをスープに入れればよいのだが、やはり人気専門店の味にはならない。。モツの臭みを消す「ゆでこぼし」と「炙り」のひと手間が必要なのだ。

専門店のもつ鍋の味に近づけるには、塩もみ、牛乳に漬ける、焼酎に漬け込む、醤油に漬け込む方法があるが、臭みが抜けないときは、「茹でこぼし」をする。鍋にたっぷりの水をいれ、沸騰したらモツを入れること。15分~20分で茹で汁を捨ててモツを水洗いのこと。2~3回繰り返す。上にたまる白い泡状のアクは掬ってとるのだ。茹でる際に生姜を入れると効果があるのだ。

もつの下ごしらえの方法を知っていますか?。下ごしらえをすることでもつの臭みや脂肪分を除くことだ。「塩もみをする」もつに塩をふりよくもみこむこと。流水でぬめりがなくなるまで洗い流すこと。水の入った鍋にしょうがを入れて、沸騰するまで沸かすこと。ホルモンを入れて、アクや油が浮いてくるまで3分以上茹でること。ゆで終わったもつをザルに取ること。臭みが残っているときは再度茹でることだ。しょうがを取り出すこと。

もつ鍋スープにおすすめな出汁とは?

もつ鍋スープにスすめる出汁とは、「中華スープの素」「鶏がらスープの素」「あじ覇(ウエイパー)」などである。「中華スープの素」は、中華料理をイメージさせる匂いと味がるる調味料が合成されていること。スープの素だけでも味がつくようになっていること。顆粒状で使いやすいこと。このような特徴があり、簡単にもつ鍋を作ることができるのである。他に鶏がらスープの素、あじ覇の特徴や、簡単レシピも紹介したい。

「鶏がらスープの素」の特徴は、鶏がらの出汁に塩や旨み調味料を加えて作られた、鶏がらスープを作るための素である。「中華スープの素」との違いは旨みの元が鶏の出汁だけである。上澄みだけを利用しており味がシンプルである。味付けがされていないものもあるのだ。「中華スープの素」は合成調味料で、旨みの元が複数であり味の旨みが異なっているのだ。「鶏がらスープの素」は出汁だけ必用な方に作られているのである。

「あじ覇(ウエイパー)」と「中華スープの素」の相違点は日本人向けの味付けがされていること。半練りタイプなのでもつ鍋の料理には適しているだろう。ベーススープを作るためには作られていないことである。「あじ覇」は「中華スープの素」よりもさらに進んだ合成調味料であるといえる。逆にベーススープのようにして、他の味を出そうとするときは、使う量を控えることになるのだ。

もつ鍋を美味しく食べられる出汁である。焼あごを中心に、鰹、煮干、鯖、鶏がら、椎茸、昆布、の7種をブレンドして、アッサリしてコクのある味わいである。上品な味わいとコク、香りが素材にしみこんで、素材の味を引き立てるだろう。温かいスープがもつ鍋を人気専門店の味にしてくれるだろう。出汁で味わうもつ鍋つゆだ。〆は、だしをご飯にかけて、あごだし茶漬けが楽しめるのだ。

「鶏がらスープの素」は鶏ベース「中華だしの素」は豚や夏季などの複合素材ベースで、どちらもスープに使われるが中華だしの素はそれだけで中華の味になるコクがあるのだ。「鶏がらスープの素」は和洋中に使えるさらっとした味わいの調味料である。仕上がりの味に違いが出ることがわかって、もつ鍋に使ってもらいたいのだ。代用することは可能である。

もつ鍋スープと相性がよくない野菜に注意

博多もつ鍋に入れるメイン野菜は、山盛りのキャベツとニラ、ささがきごぼうである。鍋に入れる具材の野菜のメインは、白菜やもやしを入れるものと思っている方も多いだろう。しかし、水分の多い野菜は、市販スープなどを使う場合、醤油味、味噌味スープの味が薄まるので白菜など入れるのはダメである。椎茸なども定番具材だがスープの味が変わってしまうので避けることだ。えのき茸は大丈夫だ。一度試してみるとよいだろう。

鍋といえば、定番の白菜ですが、最近キャベツの人気が高くなってきているのだ。古来鍋は、魚が具材のメインと決まっている感じだが、もつ鍋は動物のホルモンがメインであるのと、市販の鍋つゆの素の種類が増えたこと。醤油、味噌、レモン、塩、豆乳、カレーなど和風、洋風、エスニック風など和風向きの白菜に替わってキャベツが、通年で入手しやすくもつ鍋スープとの相性が良く、べたつく白菜は使わないのだ。

もつ鍋の定番具材を知っておくことも大事なのだ。もつ鍋の定番具材は、もつ、ニラ、キャベツである。もつはカロリーや糖質が他の部位の肉に比べ手少なく、コラーゲンやミネラルが多く含まれるのだ。もつは、「コプチャン」牛の小腸だ。コッテチャンとも呼ばれる。たんぱく質やビタミンなど多く含まれる。噛めば噛むほど甘味があるのだ。もつ鍋には最適のホルモンである。

「シマチョー」とは、牛の大腸である皮目が縞々になっていることからの呼び名だ。美容に良いといわれているコラーゲンなど栄養価が高いのだ。火を通すと厚みがありコリコリした食感である。「丸腸」は牛の小腸を裏返して輪切りにしたものだ。癖のない甘さで、食べやすいのと、コラーゲンなど女性向きの、人気栄養食品なのだ。火が通り易く柔らかいので、子供にもおすすめなのだ。

「もつ鍋に入れたい野菜6選」である。「ニラ」定番のニラだ。根元に香りと旨みが凝縮されている。もつの臭みをとってくれるのだ。5cmほどに切って一番最後に鍋に入れること。「キャベツ」もつ鍋の醤油味、味噌味にピッタシの定番具材だ。大きくカットして鍋底に山積みで敷くこと。煮込むとカサがへって多く食べられるのだ。キャベツの水分でスープの甘味がこくなり、鍋全体の旨みがますのだ。

「もつ鍋に入れたい野菜6選」「ごぼう」である。鍋の隠し味として使われることが多いごぼうなのだ。ささがきにしたごぼうをもつ鍋の醤油味、味噌味スープで煮込むと、旨みが増すのだ。皮の近い部分に栄養が多く含まれるので皮はむかないのだ。刻のある鍋に欠かせない具材だ。「にんにく」もつ鍋には欠かせない具材だ。薄切りにしたニンニクを、醤油味、味噌味スープの素に入れ煮込むこと。香りつけやもつの臭みを消すのだ。

「もつ鍋に入れたい野菜6選」「鷹の爪」である。少し足すだけでスパイシーになり、味にコクがでるのが鷹の爪だ。強火で煮る前に輪切りにしたたかの爪を入れるのがコツだ。「玉ねぎ」である。もつ鍋に入れると、スープのコクのある風味がより良くなるのだ。玉ねぎは5~6mm幅の串切りにすること。煮込むことで柔らかくなり甘くまろやかな味になるのだ。

定番人気しょうゆベースのもつ鍋スープ

プッリとした牛もつ入りで、あご入り和風だしを使用し旨みを出した、醤油味博多風もつ鍋スープである。「材料」キャベツ200g(1/4個)、ニラ1束、水2カップだ。作り方は、キャベツは4~5cm角に切ること。鍋に醤油味濃縮スープをいれ水2カップ(400cc)を加えよく混ぜること。鍋に醤油味スープの具材とキャベツを入れ、強火で沸騰させること。沸騰したらニラを入れ中火で3分煮込んで出来上がりなのだ。

定番の味を試したい方におすすめが、人気スープ「ダイショー博多もつ鍋スープ醤油味」である。「作り方」鍋にスープを入れて火にかけ沸騰したらもつを加えると出汁の香りが漂うのだ。再沸騰で、中火に落としアクをとり、野菜をたっぷりと入れること。キャベツ、玉ねぎのほかお好みの具材をたっぷり入れると美味しく出来上がるのだ。ニラを加えてひと煮たちさせて完成である。簡単調理で旨いと人気がある。

「くばらあごだしもつ鍋つゆ醤油味」である。味噌味とあわせ人気もつ鍋スープだ。福岡といえばもつ鍋、ぷりぷりのもつに、くたくたのキャベツ、ニラ、にんにくの食欲をそそる香りだ。出汁の旨みがひろがる「醤油味」である。鰹魚醤と国産ニンニクを加えた、深みと刻のある醤油味、焼あご山車を使用し、家庭で専門店の上品な味わいのもつ鍋を食べることができる、出汁に仕上げているのだ。家庭のもつ鍋に使いたい一品なのだ。

コクがある味噌ベースのもつ鍋スープ

「もつ鍋用スープ味噌味」の基本レシピである。「材料」もつ300g、キャベツ1/2個、玉ねぎ1/2個、にら1束、もつ鍋用スープ味噌味1パックである。「作り方」キャベツはざく切り、ニラは7cm幅に、玉ねぎはくし切りにすること。「スープ」を鍋に入れ軽く煮立たせ、もつ、キャベツ玉ねぎを加えること。野菜がしんなりしてきたらニラを加え、材料に火が通る真で煮込んで、もつ鍋味噌味が出来上がりである。

さっぱりとした塩ベースのもつ鍋スープ

ダイショーの「博多もつ鍋スープ塩味」を使った、さっぱりもつ鍋の作り方である。ホルモンは「シマ腸」である。もつ鍋用のホルモンも巣ー派などで簡単に手にはいるようになったが、肉屋さんの店頭で買った方が新鮮なものがあるだろう。「作り方」「材料」はスープのパッケージに記載されているので、誰でも簡単に専門店の味が作れるのだ。パッケージを開けるよく振って鍋に入れることだ。

鍋物の後には定番の〆である。人気ダイショーのメニューは、「鍋あとは!ねぎ塩ちゃんぽん」である。鍋の跡にチャンポン麵または中華麵(2玉)を入れ、約3分中火にかけること。きざみねぎをちらして食べるのだ。生めんを使うときは、かために下ゆでして鍋に入れること。画像のラーメンは、パケージに書かれている通り7分の加熱が必要だろう。〆の具材はそれぞれに違った味があり楽しめるだろう。

「日本食研鍋スープもつ鍋1L」である。コクのある甘味がモツと野菜の味を引き立てるのだ。「作り方」キャベツ400g、ニラ60g、ボイルもつ250g、スープもつ鍋1本、水700g、ニンニクスライス適量、唐辛子輪切り適量だ。鍋にたっぷりの湯を沸かし、ニンニクスライス、唐辛子輪切りを入れ煮立てること。煮立ったら、ボイルもつとキャベツを入れ、ひと沸かしで完成だ。

市販の人気もつ鍋スープもおさえておこう

スーパーで買えるおすすめもつ鍋用スープを紹介する。寒い冬になると食べたくなるのが鍋物である。もつ鍋用スープから家庭向きのスープの素を集めてみたのだ。もつ鍋は、野菜を沢山食べるのに適しているのと、もつは新鮮なものを購入するのがコツなのだ。スープの素はメーカーが多く選定に迷うだろう。今回は、「もつ鍋スープしょう油味」「もつ鍋スープ味噌味」「もつ鍋スープ塩味」から何点か選んでみた。

簡単調理でもつ鍋しょう油味

定番の味「ダイショウ博多もつ鍋スープしょう油味」である。ダイショウのもつ鍋スープは、しょう油、味噌、塩味があるが、しょう油味が人気が高いのだ。カツオと昆布の旨みをきかせたしょう油仕立ての鍋スープなのだ。もつ、野菜などお好みのものをくわえて煮るだけで、専門店の味が楽しめるだろう。スーパーでも簡単に買えて価格も352円(750g)と手ごろな価格である。

作り方を簡単に説明する。まず、スープを入れ火にかけ沸騰したらもつを加えること。ここで出しの香りを覚えておくのだ。いい香りが広がる。再び沸騰したら、中火にしてアクをとりたっぷりの野菜、キャベツ、玉ねぎ、その他お好みの具材を鍋に入れること。ニラを加えてひと煮たちさせ、唐辛子とゴマをトッピングさせお好みで、ニンニクを加えると本格的なもつ鍋の、出来上がりだ。

もつ鍋を贅沢に楽しみたいむきにモランボンの「PREMIUMもつ鍋」がおすすめである。この商品は、味噌味とともに冬季限定販売の枕先産鰹節だし、焼あごだしを効かせたしょう油味が決め手である。金ゴマ、ニンニクスライス、唐辛子がセットで入っているのだ。1人前ごとにスープの素が4つに小分けされており一人生活でも簡単に作れるのだ。モランボン通販ショップから販売、価格は希望小売価格3780(10パック入)だ。

「博多華味鳥もつ鍋スープ」とは水たき料亭「博多華味鳥」が15年を経て取り料理のこだわりスープを家庭向きに提案した特性もつ鍋醤油味、味噌味スープである。鰹節をベースにニンニクの効いた醤油味のスープなのだ。コクと旨みが絶妙でモツの旨さを引き立てる味わい深いスープだ。まろやかで上品な甘さの水あめと醤油のコクが旨みを引き出すのだろう。通常価格388円(600g)だ。

「具材4人分」モツ800g、キャベツ1/2玉、ニラ1束、ごぼう適量、ニンニク適量、鷹の爪1本、まいたけ1袋である。「作り方」モツは下ごしらえ、キャベツはざく切り、ニラは5cmに切り分ける、ごぼうはささがきである。ニンニクはスライス、鷹の爪は種を抜くこと。鍋に水を入れ沸騰させること。ニンニク、モツをいれ煮たたさせること。ごぼうを入れキャベツ、ニラを山盛りに入れる。鷹の爪をのせ再沸騰させて完成だ。

簡単調理でもつ鍋みそ味

定番の味「ダイショーもつ鍋みそ味スープ」である。10年連続売上No.1を記録しているもつ鍋スープの素だ。専門店の味とは言えないまでも、家庭でもつ鍋が美味しく食べることができるのだ。容器には、材料例、作り方まで書かれて、あらためてレシピを考えることはないのだ。スープは750g入りで3~4人分だが、濃淡好みで加減できるのである。問題なく美味しく出来上がるだろう。簡単・美味しい・安いもつ鍋スープなのだ。

もつ鍋みそスープ味の材料は、野菜が主でホルモンが必ず入るのだ。定番材料は、キャベツ、ネギ、ニラ、えのきだ。白菜は、もつ鍋には合わないので要注意だ!ホルモンは、肉屋の小腸を使うこと。スープが沸騰したらホルモンを入れること。再度煮立ったら野菜と具材を加えること。蓋をして煮立ってきたら蓋を取ること。ニラを浸してかき混ぜると完成だ。ホルモンは煮ると小ぶりになる。下ごしらえのときに大きさを決めることだ。
 

エバラまろやかみそ味もつ鍋(ストレートタイプ)である。「材料3~4人分」生もつ400g、キャベツ1/2玉、ニラ2束、エバラもつ鍋の素まろやかみそ味1袋である。「作り方」モツは下ゆでしてザルにあげ、キャベツはざく切りに、ニラは4~5cmに切ること。鍋にもつ鍋の素を入れ火にかけ、煮立ったらもつを入れること。キャベツを入れ煮込み、ニラを加えて、出来上がりなのだ。通販参考価格352円だ。

もうひとつおすすめは「醤油屋のもつ鍋スープみそ味」である。自家製の醤油と味噌をベースに、ニンニク、すっぽんパウダー、高麗にんじんエキスを加え、濃厚に仕上げられたスープなのだ。販売時期は、秋冬限定商品だ。希望小売価格は、400円(税抜き)だ。

「醤油屋の博多もつ鍋スープみそ味」でもつ鍋を作るのである。「材料」生もつ400g、ニラ1束、ごぼう1本、キャベツ1/2玉、豆腐1丁、スープみそ味1袋である。「作り方」パケージをよく振って鍋に入れて沸騰させること。火の通り難い具材から入れ、お好みで、ニンニク、唐芥子を加え蓋をして中火で煮込むこと。薬味にゆずこしょうを振ると本格派もつ鍋の完成だ。残ったスープに麵やご飯を入れ〆を味わえるのだ。

簡単調理でもつ鍋しお味

「ダイシヨー博多もつ鍋スープしお味」人気商品である。「レシピ」材料3~4人分、生モツ400g、キャベツ1/2個、にら2杷、玉ねぎ1個、博多もつ鍋スープしお味1袋である。作り方、鍋にスープを入れて火にかけ、沸騰したらモツを加えること。(スープはよく振って中身を鍋に入れること。再び沸騰したら中火におとし、アクをとりながら、キャベツ、玉ねぎを入れること。ニラを加えひと煮立ちさせて出来上がりである。

自宅で本格もつ鍋を通販で!

「本格的もつ鍋を自宅で食べる」人気お取り寄せ通販サイトである。人気専門店で食べる味を自宅で堪能できるのだ。解凍方法は、冷蔵庫でxx分、水に浸けるxx分だ。「作り方」鍋、具材を準備すること。鍋にモツ肉を入れること。1:2(濃縮スープ:水)の割合でスープを作ること。鍋の大きさに合わせてスープを入れること。キャベツ、ごぼう、ニラの順に見栄えよくいれていくこと。

豆腐を野菜を囲むようにおくこと。お好みで、ゴマ、鷹の爪を上から降りかけること。ガスの火力を強火にする。中火で加熱しながら混ぜること。7~8分で野菜がしんなりしてきたら弱火にすること。2~3分加熱したら食べごろになるのだ。スープと具をお椀に取り分けるのだ。お好みで、薬味(鷹の爪、ごま等)を振り掛けると本格的な味となるのだ。麵をスープにくぐらせ好みの固さで〆を堪能できるだろう。

絶品スープのもつ鍋でパワーをつけよう!

「もつ鍋」の美味しさをスープを中心に調べ、もつ鍋が寒い時期の素晴らしい食べ物であることがわかった。最後にもつ鍋の健康効果について触れておきたいのだ。「健康に効果抜群もつ鍋」である。「コラーゲン」が牛もつの脂肪に多くあり、女性に人気、美容だけでなく、疲労回復、ストレス解消、関節痛を和らげる効果があり、貧血の改善にもつながるのだ。高たんぱく低カロリー、明日へのパワー旨いもつ鍋を食べよう!

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ