ダイエットでチョコレートを食べると太るのか痩せるのか調査!効果は?

皆さんダイエットをする時に避けるものといえば、甘いスイーツや高カロリーのものといったイメージが強い人は多いのではないでしょうか?じつはダイエット中にチョコレートを食べるや痩せるということが話題になっています。そこで今回の記事では、ダイエット中にチョコレートを食べると本当に痩せることができるのかを紹介していきます。チョコレートが好きでダイエットでなかなか続かないという人でも続けられるダイエット法なので、ぜひ参考にしてください。

ダイエットでチョコレートを食べると太るのか痩せるのか調査!効果は?のイメージ

目次

  1. 1ダイエット中にチョコレートを食べると太るのは嘘?
  2. 2チョコを食べて痩せるチョコレートダイエットとは?
  3. 3チョコレートで太る原因とは?
  4. 4ダイエット中におすすめのチョコレート
  5. 5チョコレートを上手に摂取してダイエットしよう!

ダイエット中にチョコレートを食べると太るのは嘘?

ダイエット中は糖質の高いものや甘いものを我慢している人も多いです。でも、特に甘いものが好きな人はダイエット中でも食べたくなります。その中でも甘いものの代表のチョコレートは特に食べたくなります。しかし、ダイエット中にチョコレートを食べると太ってしまうイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

チョコレートは食べ方を工夫すればダイエット中でも食べることができます。しかもダイエット中にチョコレートを食べると太るところか、ダイエットに効果があるともいわれています。今回は甘いものが好きな人にも必見のダイエット中のチョコレートの食べ方とダイエット中に食べた方が良いチョコレートを紹介しますので参考にしてください。

Thumbカロリー制限ダイエットの方法は?食事を管理するアプリなど紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

チョコを食べて痩せるチョコレートダイエットとは?

ダイエットの敵ともいわれているチョコレートは、食べ方を少し変えるだけで健康とダイエットとの強い味方になってくれます。実際どのような効果があるのでしょうか?体に良くない、太るといったイメージと真逆な効果が期待できます。今回は効果がでるチョコレートダイエットのやり方や痩せる効果などを紹介します。

チョコレートを食べるダイエット方法があった!

ダイエットには糖質ダイエットや肉ダイエットなど様々なダイエット方法があり、何かを犠牲にしてダイエットをしなくてはならないケースが多く、甘いものなどが好きな人には苦痛のダイエット方法が多く紹介されています。しかし、最近は甘いものの代表、チョコレートダイエットというものが人気になってきています。チョコレートには原料であるカカオの栄養価に秘密があります。

チョコレートの歴史は古く、紀元前の中米にまでさかのぼるといわれています。そして長い歴史の中で、滋養強壮や疲労回復、エネルギー源としても用いられていました。近年ではチョコレートの栄養成分に着目した研究が進められており、様々な健康効果が明らかになってきています。

チョコレート愛好家の楠田枝里子も実践!

フリーアナウンサーでタレントの楠田枝里子さんは数十年もの間チョコレートを食べ続けています。チョコレートダイエットを広めた一人ともいわれています。年齢を重ねても輝き続ける楠田枝里子さんのキレイな理由はチョコレート効果なのかもしれません。楠田枝里子さんも続けているチョコレートダイエットがどのようなものなのか見ていきましょう。

楠田枝里子さんのチョコレートダイエットは栄養とカロリーのバランスのとれた食事を摂取しながらチョコレートを食べるシンプルな方法です。空腹や甘いものの我慢などダイエットにつきものなストレスをチョコレートを食べることで抑えることができるほか、チョコレートに含まれている成分によって痩せる効果が期待できます。チョコレートがダイエット成功へと導いてくれるのです。

チョコレートダイエットのやり方

チョコレートは痩せるが、何気なくチョコレートを食べているだけではダイエット効果は表れにくいです。また、チョコレートはいつも食べているから大丈夫と安心していても正しい食べ方をしなければ、ダイエットとは程遠くなってしまう可能性もあります。そこでここからはチョコレートを食べて痩せる効果を引き出すやり方を紹介します。コツをつかめばチョコレートを食べても太ることなく続けることができます。

1日の摂取量

チョコレートダイエットのやり方一つ目は1日の摂取量について知っておく必要があります。チョコレートは1日50gを目安に摂るようにしましょう。一度に50gを食べきるのではなく、数回に分けて食べるのがおすすめです。一番分かりやすい食べ方は、朝、昼、夜と3回に分けて食べることを想定してあらかじめ、一回分の17gずつに分けておくことが良いでしょう。

板チョコであれば、一つ一つ区切りがあるので分けやすいです。一回分ずつに分けておくと、決まった時間に食べるという習慣がつくので、食べるのを忘れたり、余計な量を食べてしまったりという心配もなくなります。

食べるタイミング

チョコレートダイエットのやり方二つ目は食べるタイミングについてです。上記で記述した通りチョコレートを3回に分けて朝、昼、夜のタイミングで食べる場合は、それぞれの食事の約20分前に食べると効果的です。人は食べ物を体に摂り込むと、お腹が満たされるのに20分間の時間を要するといわれているためです。少しお腹いっぱいの状態になれば、メインの食事摂取量が減り1日の摂取カロリーを減らせることもなります。

チョコレートダイエットの効果

次はチョコレートダイエットの効果を見ていきましょう。チョコレートにはカカオポリフェノールという成分が含まれています。カカオポリフェノールは老化や病気の原因ともなる活性化酸素を減らす強い抗酸化作用があり、動脈硬化や高血圧、糖尿病と言った生活習慣の予防、改善や血流アップ効果による、冷えやむくみの改善、美肌効果が期待できることが分かっています。

また、チョコレートには食物繊維も豊富に含まれているので、糖質の吸収を穏やかにしてくれる他、便秘改善して腸内環境を整える、というダイエットに嬉しい効果もあります。また、チョコレートの香りや、チョコレートに含まれているテオプロミンという成分はリラックス効果を与えてくれるともいわれています。イライラしがちなダイエット中の心身をサポートしてくれます。

ちなみにチョコレートが茶色いのはカカオ豆からとれるカカオマスに含まれるポリフェノールによるものです。一方でホワイトチョコレートはカカオマスが使われていないため、カカオポリフェノールはほとんど含まれていません。健康効果を期待するなら白ではなく茶色いチョコレートを選ぶと良いでしょう。

Thumbダイエットで短期間で激やせする方法!成功したやり方とは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

チョコレートで太る原因とは?

上記で紹介した通り、チョコレートは摂取量と食べるタイミングに気をつければダイエット効果を引き出すことができますが、誤ったチョコレートを食べると痩せるところか太る可能性があります。そこで、ここからはどのチョコレートを選んだらよいのかを紹介していきます。

ダイエット効果はカカオ含有率が関係している

まず一つ目はカカオ含有率についてです。食べるチョコレートは何でも良いというわけではありません。ダイエットが目的で食べるのであれば、カカオ配合率が多い高カカオチョコレートを選ぶようにしましょう。高カカオチョコレートであるという基準はカカオが70%以上入っているかどうかで決まります。それ以下だと太る原因になってしまうので、注意が必要です。

甘いチョコレートはダイエットに逆効果!

ちなみに一般的に馴染みのあるチョコレートは「ミルクチョコレート」と呼ばれるもので、カカオの配合量が20~40%、残りは砂糖と乳原料で配合されているものになります。「ビターチョコレート」と「ブラックチョコレート」と呼ばれるものはカカオの配合量が40~60%のチョコレートです。カカオポリフェノールが多いほうがダイエットに効果的で、ミルクチョコレートは特に太るので注意しましょう。

美味しいカカオチョコレートを選ぶ

二つ目は美味しく感じられる高カカオチョコレートを選ぶことです。高カカオチョコレートはカカオ配合量が70~90%とカカオ配合量が高くなるほど、カカオポリフェノールの配合量も多くなり、健康やダイエット効果も高くなりますが、それに伴い苦みも増していきます。始めから無理してカカオ配合量がより高いチョコレートを選んで苦いと途中で止めてしまう可能性があります。

まずは70%のチョコレートから食べ始めることをおすすめします。70%のチョコレートであれば甘さも感じられて高カカオチョコレートダイエット初心者にぴったりです。慣れてきたら80%以上のチョコレートにチャレンジしましょう。

食べ過ぎない

最後に注意することは、食べ過ぎないことです。チョコレートは1日50gという摂取量を守るようにしましょう。いくらチョコレートにダイエット効果があるとはいえカロリーが高めなので食べ過ぎると太る原因にもなります。実際に日本国内で売られているチョコレートは1枚もしくは1個あたり、糖質と脂質が80%以上を占めています。カカオの含有量が高いほどダイエット効果が得られるが、その分カロリーも高くなります。

また、糖質も多ければ多いほどカロリーが高くなるので、糖質に関してはできるだけ少ないものを選んで太る原因を減らしましょう。また1欠片ずつ個包装になって販売されているチョコレートは1袋の量が掲載されていることがあるので、参考にしてみましょう。

Thumb糖質制限ダイエットの効果の真相を調査!痩せないやり方もある? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ダイエット中におすすめのチョコレート

上記ではチョコレートダイエットについて詳しく紹介しました。しかし、始めるにあたってどのチョコレートを購入したら良いのか悩んでしまいます。そこで次に紹介するのはダイエット中におすすめのチョコレートを紹介します。適量のチョコレートを食べて痩せる体を作ってください。

チョコなのにサプリ「魔法のダイエットチョコレート」

最初に紹介するチョコレートは「魔法のダイエットチョコレート」です。こちらの商品はウィズアスが提供している、低GI処方の砂糖を使用していないチョコレートです。低GIとは食後の血糖値の上昇度を示す指標のことで、血糖値の上昇を穏やかにします。なので食事制限している人やメタボの気になる人にも安心して食べることができます。

ウィズアスの魔法のダイエットチョコレートは普段のチョコレートとは違い、森永乳業のビフィズス菌が入ったチョコレートやコラーゲンが入ったチョコレートやファンケルとコラボした青汁を配合したチョコレートなどがあります。定期購入もできるので、なくなって、チョコレートを買いに行く手間もありません。チョコレートを食べるだけで、ポリフェノール以外にも他の栄養成分も摂取できるので、おすすめです。

コンビニやスーパーで気軽に買える「チョコレート効果 カカオ72%」

続いて紹介するチョコレートは明治「チョコレート効果」です。テレビCMなどでもおなじみのチョコレートです。コンビニやスーパーでも手軽に買うことができます。2013年から2016年までの3年間で高カカオチョコレートの中でも最も多く売れたチョコレートとして人気の商品です。現在販売されているチョコレートのカカオ配合量は72%、86%、90%の3種類になります。

72%のチョコレートに関してはアーモンドカカオ豆入りの商品もあり、高カカオチョコレート初心者にはおすすめの商品になっています。

森永製菓「カレ ド ショコラ カカオ70」

続いて紹介するチョコレートは森永製菓の「カレ・ド・ショコラ」です。こちらのチョコレートも食べやすい高カカオチョコレートとして人気があり、苦味を抑えているので、高カカオチョコレートとは思えないほどに食べやすいチョコレートになっています。チョコレートの香りとくちどけ、味わいを存分に楽しめるために試行錯誤して作り上げたチョコレートになっています。

程よい厚みとサイズで口の中いっぱいに広がる香りと味わいを楽しむことができます。現在販売されているチョコレートのカカオ配合量は70%と88%の2種類です。70%のチョコレートに関してはくるみとザクロが入っている商品もありますので、飽きずにチョコレートを食べることができます。

可愛いパッケージ「ルック カレ カカオ70」

次に紹介するチョコレートは不二家の「ルック・カレ」です。不二家のルックは季節によって色々な種類が出ているミルクチョコレートとして人気のある商品の高カカオバージョンです。カカオの配合率が70%の薄板ほチョコレートです。香りが高いカカオとほのかな甘みのバランスが絶妙のチョコレートになっています。食べやすいサイズにカットされているのも人気の一つです。

配合率が選べる「エクセレンス」

最後に紹介するチョコレートは「エクセレンス」です。スイスのチョコレートブランドのリンツが展開しているチョコレート、エクセレンスはスーパーでも手軽に購入することができます。現在販売されているチョコレートのカカオ配合量は70%、85%、90%、95%の4種類あります。ナッツの風味が残るチョコレートで食べやすく美味しいと人気がある商品です。

カカオ配合量70%は高カカオダイエット初心者でも入りやすいチョコレートになっています。70%のチョコレートに慣れたら85%、90%、95%と少しづつカカオをあげて食べていきましょう。

Thumbダイエット中のおすすめ夜ご飯・夕食メニュー!太らない食事のポイントとは | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

チョコレートを上手に摂取してダイエットしよう!

ダイエット中にチョコレートを食べるとどうなるのか?こちらの疑問について紹介してきましたがどうだったでしょうか?チョコレートを食べると太ると思っている方も多いですが、じつはチョコレートのカカオの含有量によっては、食べることで痩せることができます。チョコレートコンビニでも手軽に買うことができるので、簡単に始めることができるダイエット方法でもあります。

ただし、甘いチョコレートは逆効果になるので、チョコレートを食べてダイエットをしたい場合は、しっかりとチョコレートのカカオの含有量を確認して、痩せることができるチョコレートを選ぶようにしましょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ