レモン水の作り方は?ポッカレモンでも効果ある?人気の飲み方は?

爽やかな飲み心地のレモン水は、美容や健康に良くデトックス効果やダイエットにも効果があると話題になっている人気の飲み物です。簡単に作れて作り置きすることもでき、好きなフルーツやミントなどのハーブを加えてより飲みやすくおいしいレモン水を作ることができます。しかもダイエット効果だけでなく美肌効果や脂肪吸収を抑える効果、疲労回復、リラックス効果も期待できます。今回はそんなレモン水の作り方や効能、ポッカレモンを使った簡単な作り方、フルーツやハーブをプラスした人気のある作り方などを紹介します。

レモン水の作り方は?ポッカレモンでも効果ある?人気の飲み方は?のイメージ

目次

  1. 1レモン水の作り方をマスターして健康な体を作ろう!
  2. 2レモン水はポッカレモンを使って更に簡単!
  3. 3レモン水を飲むタイミング
  4. 4レモン水のおすすめ人気の飲み方と作り置きレシピ
  5. 5レモン水は美容と健康にとても良い!
  6. 6レモン水の作り方はとても簡単毎日飲もう!

レモン水の作り方をマスターして健康な体を作ろう!

レモン水の作り方はコップ一杯の水とレモンで簡単!

「レモン水」を知っていますか?コップ1杯の水にレモンを絞るだけなのでとても簡単で、気軽に作れてスッキリと爽やかな飲み心地の飲み物です。健康にも良くダイエット効果もあり、様々なアレンジの仕方でより美味しく楽しめるのも魅力の一つです。アイスでもホットでも楽しめて、ダイエットフードやスムージーなどよりも手間もコストもかかりません。レモンがあれば思い立ったその日に飲める、今話題の人気のある飲み物です。

人の体は60%以上水分で出来ており、1日に1.5~2リットルの水分を何回かに分けて飲むと、美容と健康に良いといわれています。水分が少ないと、体の中の不要なものを外に出せずに溜め込まれてしまいます。コーヒーや紅茶、ジュースなどではカフェインや糖分を摂りすぎてこともあるので、水分を取るなら水が一番体に良い飲み物です。

しかしいくら美容と健康のためとはいえ、味のない水を1日に何リットルも飲むのはなかなか難しいでしょう。そんな方には爽やかで飲みやすいフレーバーのレモン水がおすすめです。ビタミンCを取れるレモン果汁を一緒に入れて飲めば、より美容と健康に効果を発揮します。生のレモンを毎日絞るのが大変な場合は、ポッカレモンを使ってよりお手軽にレモン水を飲むことができます。

レモン水を作るときはミネラルウォーターがおすすめ

レモン水を作るときの水は、ミネラルウォーターを使うのがおすすめです。水道水をそのまま使うと、水に含まれている塩素がビタミンCを破壊してしまいます。ミネラルウォーターなら、水道の水と違い不純物が取り除かれており味も美味しく、栄養価も高いのでより体に良いレモン水を作れます。

常温か白湯で作るのがおすすめ

冷たい水は飲みすぎると体や内臓が冷えてしまい、体調不良の原因になってしまいます。また血行が悪くなり免疫力を下げ、冷え性の原因ともなるので、常温の水か白湯で作るのがおすすめです。体内の温度と同じくらいの常温水または白湯を飲むことで、腸内の環境も良くなり代謝も促進されます。腸内官庁が一番好むのは体温に近い40度くらいとされているので、温かい水のほうが健康や美容に良さそうです。

レモンは国産の無農薬のものを使おう

輸入されたレモンは皮に防カビ剤などが塗られています。粗塩で洗って使うこともできますが、できるなら国産の無農薬のもののほうが果汁や果肉はもちろん、皮も安全です。レモン汁を入れる際に少し皮を擦って入れるとポリフェノールも一緒に摂取できるので、皮も安全な国産の無農薬レモンを使うことをおすすめします。

レモンの下ごしらえのポイント

レモンを切る前には、少し体重をかけてコロコロ転がすと繊維がほぐれて果汁がたくさん出るようになります。粒も取れやすくなり、食物繊維などの他の栄養素も摂れます。またカットするときには横ではなく縦に切ると、果汁の量が多くなり種も落ちにくいので、きれいなレモン汁を絞ることができます。

レモン水はポッカレモンを使って更に簡単!

ポッカレモンを使用したレモン水の作り方

家に生のレモンがあれば絞ったほうがおいしいですが、レモンがないときや絞るのが面倒なときもあり、毎日作るのはなかなか大変です。そんなときは100%レモン果汁のポッカレモンを使って、より簡単にレモン水を作りましょう。ポッカレモンはビタミンCの減少を抑える製造工程で作られているので、生レモンとほぼ同じくらいのビタミンCを含んでいます。

ポッカレモンを使ったレモン水の作り方は簡単で、ポッカレモンは凝縮されたレモン果汁なので、生レモンと同じ量を入れるとかなり酸っぱくなってしまいます。ポッカレモンは30mlでレモン1個とほぼ同じくらいの果汁になるので、コップ一杯200mlなら、ポッカレモンを小さじ2ほど(10ml)入れれば大丈夫です。

ポッカレモンは香料が含まれている

ポッカレモンには生レモンと違い香料が含まれているので、なるべく余分なものを摂りたくない場合は、ポッカレモンではなく生のレモンを用意するのをおすすめします。

レモン水を飲むタイミング

レモン水は朝起きてから飲むと効果的

人は寝ている間に、夏や冬でも関係なく汗や息などでコップ1杯分の汗をかきます。朝起きてすぐ飲むのが最も効率が良く、朝起きてから午前中はデトックスに良い時間帯と言われておりただの水を飲むよりも体に良いです。ダイエットにも効果的で、ビタミンCをたくさん含んでいるので、美肌効果もあります。またレモンに含まれるリモネンは体内時計をリセットするといわれていて、目覚めの良い朝を迎えるためにもおすすめです。

朝起きてすぐは空腹の状態なので、一気に飲むと胃を荒らして痛くなることもあります。その時は朝食を食べた後に飲むとよいでしょう。

夕食後に温かいレモン水を飲んで快適睡眠

レモンに含まれるポリフェノールは血管を拡張して、クエン酸により血液がサラサラに流れやすい状態を作り、代謝が良くなります。代謝を促進する成長ホルモンは夜寝ている間に多く分泌されるので、成長ホルモンの分泌が最も活発になる夜に合わせてレモン水を飲むと、より代謝効果がアップします。またリモネンの働きでぐっすり眠れるようになり、ホットにすれば体も温かくなりすぐ眠れるようになります。

運動前にレモン水を飲むと脂肪燃焼効果が高まる!

レモンに含まれるクエン酸は疲労回復の効果があるので、運動前にレモン水を飲んでおくことで疲労を軽くしたり、エネルギー生産を高めたりする効果が期待されています。エネルギー生産が高まるということは、脂肪がたくさん燃焼されることなので、運動前にレモン水を飲むことで水分補給をしながら脂肪燃焼効果を期待できます。また食欲を抑えたり消化を促進したりする働きもあり、食べ過ぎの防止にもつながります。

レモン水は紫外線の吸収を高めるので注意が必要

レモンに含まれるソラレンという成分は、ソラレンを摂取した後に紫外線に肌が触れると反応を起こし、紫外線を受ける感受性を高めてしまいます。レモン水を朝多く飲むと紫外線の吸収を高めてしまい、シミやしわができる原因ともなるので、レモン水を飲んだ日は紫外線対策をしっかりと行いましょう。

レモン水は飲みすぎに注意

もともとレモンの刺激は強いので、胃腸が弱い人は注意が必要です。レモン水の飲みすぎで胃や内臓に負担をかけることもあり、また酸性度が高いので習慣的に飲んでいると歯のエナメル層を削る恐れもあります。レモン水の1日の目安は2~3杯くらいなので、一気に飲まずに少量ずつ自分にあったタイミングで量を守りながら摂ることが大切です。またエナメルを傷つけないよう、飲んで1時間は歯磨きをしないようにしましょう。

レモン水のおすすめ人気の飲み方と作り置きレシピ

レモンと水があれば簡単に作れるレモン水ですが、よりおいしく美容にも良い人気の作り方をいくつか紹介します。レモン水は作り置きができるので、お気に入りのボトルなどに入れて持ち歩いても良さそうです。搾ったレモンなら冷蔵庫で1日程度は作り置きでおいしく楽しめます。翌日になるとレモンの苦みが増したりするので、早めに飲むのをおすすめします。レモンを適量のポッカレモンに置き換えてもおいしく飲めます。

上品な見た目と香り「ライラック入り ほんのり甘いレモンウォーター」

レモンバームの香りのおかげで、レモンの量が少なくてもしっかりレモンの味がする、レモン水の人気のある作り方です。スウェーデンではライラックの花が咲く時期になるとドリンクの彩りに使用する習慣があり、ほんのり甘い見た目も可愛いライラックが浮かんでいるのが特徴です。作り置きしてピッチャーから分ける場合は、ライラックはコップに入れておくほうがきれいです。

  • ライラック適量
  • レモンバーム適量(10枚ほど)
  • レモン半分
  • はちみつ小さじ1~2
  • 水700mlくらい

  1. 水にはちみつを溶きます。
  2. 輪切りにしたレモンを絞って入れたら、レモンバームをちぎって入れ、ライラックを散らして出来上がりです。

フルーツたっぷり元気満タン「林檎の爽やかデトックスウォーター」

リンゴを皮ごとスライスし、皮なしのレモンとクローブを入れたフルーツたっぷりのデトックスウォーターです。自然な甘みと爽やかさがプラスされた、レモン水の人気のある作り方です。作り置きしても炭酸水でも、美味しく飲むことができます。クローブに含まれるオイゲノールは、抗菌や血行促進などの効果があり、リンゴに含まれるポリフェノールは内臓脂肪を付きにくくする効果や抗酸化作用など、健康に良い効果があります。

  • リンゴ(種を取り除いて皮ごとスライスしたもの)1/2~1個
  • レモン(皮を除いて輪切り)1/2個
  • クローブ3個
  • 水800ml

  1. ミネラルウォーター800mlに、リンゴ・レモン・クローブを入れて2時間ほど冷蔵庫で冷やします。
  2. 水をつぎ足しながら、冷蔵庫保管で24時間以内に飲み切るのがおすすめです。

大きな容器にたっぷり作り置きもおすすめ「胡瓜レモン水」

レモンと一緒に爽やかな胡瓜を入れた胡瓜レモン水の人気のある作り方です。お好みで好きなハーブを入れても爽やかに飲めて、ランチやティータイムにもぴったりです。濃さはお好みで、同じ分量で水を1リットルにしてもおいしく飲めます。おいしくてついぐいぐい飲んでしまうクセになる味です。大きな容器にたっぷり作り置きしても、あっというまに飲めてしまいます。

  • レモンスライス2枚
  • 胡瓜スライス5枚
  • 水300cc

  1. 胡瓜とレモンをスライスします。
  2. 好きな容器に材料をすべて入れます。お好みで夏などには氷を入れます。
  3. しばらく置いていくと味が変わるので、大きな容器で作り置きしても楽しめます。

ミントですっきり飲みやすい「レモンとミントのフレーバーウォーター」

レモンとミントを一緒に入れて爽やかさを倍増させたレモン水の人気のある作り方です。ミントだけでなく、家で育てているお気に入りのハーブをそのまま入れればすっきりと飲みやすいハーブのレモン水を楽しめます。1時間ほど経ったほうが美味しくなります。作り置きできますが、2、3日以内には飲み切った方が良さそうです。

  • ミントの葉8枚(スペアミントとアップルミントなど)
  • レモン薄切り4枚
  • 水1リットル

  1. ミントは洗って軽くちぎり、手でたたきます。
  2. レモンを薄切りにし、ポットにミントとレモンを入れたら水をポットいっぱいに入れます。
  3. 冷蔵庫で1時間ほど冷やしたら完成です。

見た目もおしゃれな「フルーツとハーブのデトックスウォーター」

レモン水に果物とハーブを入れて見た目もおしゃれにしたレモン水の人気のある作り方です。キウイやイチゴなど色鮮やかな果物を使うことで見た目が可愛くなり、果物のビタミンと香りがたっぷりと水に溶け込んださわやかな水が心と体を満たしてくれます。作り置きしておいて、朝ご飯の前に飲めば体もリフレッシュできます。

  • イチゴ4~5粒
  • ぶどう8~10粒
  • ミントの葉3~4枚
  • レモンスライス3~4枚
  • キウイスライス3~4枚
  • ローズマリー1枝
  • ミネラルウォーター800~900ml

  1. レモンは輪切りにし、キウイはスポンジで優しくこすって産毛を落として輪切りにします。イチゴは洗ってヘタごと薄く切ります。ぶどうは必要に応じて縦半分にします。
  2. 密閉できるガラス瓶に、レモン・キウイ・ローズマリーを入れて、ミネラルウォーターをいっぱいになるまで注ぎます。
  3. もう一つのガラス瓶には、いちご・ぶどう・ミントの葉を入れて、ミネラルウォーターをいっぱいになるまで注ぎます。
  4. 冷蔵庫で1晩から1日程置いて、果物の栄養分と香りが水に移ったら出来上がりです。

胃腸の疲れを癒す「はちみつレモンミントウォーター」

レモン水にはちみつを入れて、さっぱりかつ甘みをプラスして飲みやすくしたレモン水の人気のある作り方です。ビタミンCが健康な胃腸の維持を助け、ミントが消化を助ける働きをしてくれます。またはちみつも腸内環境を整える効果を期待でき、胃腸に優しい成分たっぷりのレモン水の作り方です。すぐ飲みたい場合ははちみつで漬けて1時間経ったら飲めます。レモンも食べたい場合は1晩置くと良いでしょう。作り置きもできます。

  • レモン1個
  • ミントの葉5g
  • はちみつ適量
  • 水もしくは無糖炭酸水適量

  1. レモンは2mm幅の輪切りにし、密封容器にレモンとミントの葉を入れます。
  2. レモンとミントが浸かるくらいにはちみつを入れたら、フタをして冷蔵庫で一晩置きます。
  3. 飲むときにグラスに漬けたシロップ大さじ1と水を150~180ccほど注いで混ぜます。レモンやミントの葉も一緒に入れると綺麗になります。お好みの分量でボトルに入れて作り置きして冷蔵庫に入れておいても楽しめます。

シナモンで代謝アップ「リンゴとシナモンのフレーバーウォーター」

レモン水にリンゴとシナモンの相性の良い組み合わせをプラスして、ミントも添えて見栄えも良いレモン水の人気のある作り方です。リンゴには体の毒素を排出するデトックス効果があり、シナモンは代謝を促進させる効果があります。リンゴとシナモンは相性が良く、ダイエットに成功したという声も聞かれる実力派のレモン水の作り方です。

  • リンゴ半分
  • ローズマリー1本
  • ミントの葉3枚
  • レモンスライス3枚ほど
  • シナモンスティック1本
  • 水1リットル

  1. 果物は綺麗に洗い、レモンはスライスして、リンゴはお好みで小さめに切ります。
  2. ビンやボトルに果物とハーブ、シナモン、水をすべて入れて出来上がりです。夏には冷蔵庫に冷やしておくとおいしく楽しめます。

夏にぴったり「スイカが香るデトックスウォーター」

夏の水分補給にぴったりな、スイカを使ったおしゃれなレモン水の人気のある作り方です。スイカにはアンチエイジングとデトックスに高い効果があり、レモンとの相性も良く、ミントを入れることでスイカ独特の渋みを消すこともできます。またスイカには集中力を高める効果のあるシトルリンという成分が含まれているので、勉強や仕事の前に飲むと効率がアップします。冷蔵庫に冷やしておけば作り置きもできます。

  • レモン2個
  • ライム1個
  • ピンクグレープフルーツ1/2個
  • スイカブロック200g
  • ミント適量
  • 水または炭酸水1リットル
  • 氷適量

  1. 柑橘類はよくこすり洗いをして、ミントは軽く洗います。
  2. レモンとライムは2mm幅に輪切りし、端っこは4等分にします。グレープフルーツは半分に切って5mm幅の輪切りし、更に切って半月切りにします。端っこは皮をむいて4等分にします。
  3. 柑橘類の端っこをピッチャーなどに入れ、それから輪切りのレモンとライム、グレープフルーツをピッチャーの中に立てて入れます。
  4. 氷、スイカブロック、ミントの葉を入れて、上から水または炭酸水を注ぎます。水の場合は冷蔵庫で1時間置いてから、炭酸水の場合はコップに分けてすぐに楽しめます。

レモン水は美容と健康にとても良い!

デトックス効果でダイエットにも最適

レモンには100g当たり2.8gの食物繊維が含まれています。100g当たりで換算すればキャベツの2.5gよりも多く、レモン水を飲むことで食物繊維と水を同時に摂取でき、排便が促されて体内に溜まった毒素を排出し、デトックスしてくれる効果がありダイエットにも適しています。

またレモンに含まれるペクチンは、善玉菌を生成して腸内環境を整える作用があります。食生活の乱れやストレスによって、腸内に悪玉菌が増えると老廃物がたまって体調不良を起こしやすいので、ペクチンを摂取することでデトックス作用の効果を発揮します。

ビタミンCがたっぷりで美肌効果

レモンといえばビタミンCですが、ビタミンCは日焼けなど肌への刺激によって作られるメラニン色素を肌に定着することを防いでくれます。そのためビタミンCは美肌に良く、白くて透明感のある肌を保つための手助けをしてくれます。ビタミンCはストレスを和らげてくれる働きもあり、さらにコラーゲンを生成する成分も含まれていて、レモン水を飲むことで美容効果が期待できます。

疲労回復や脂肪吸収を抑える効果

ダイエット中には、運動や食事制限によってエネルギーが不足したり、活性酸素が発生して処理が追い付かなくなったりすると、疲労を感じるようになります。活性酸素とは老化の原因になる要素で、発生酸素が多いと血流が悪くなり、太りやすくなります。レモンに含まれるポリフェノールやビタミンCは抗酸化物質と呼ばれ、活性酸素を減らしてくれる働きがあります。

レモンの酸っぱさに含まれているクエン酸は、TCAサイクルを活発にしてエネルギーを生成する作用があります。体が疲れている時はTCAサイクルの働きが低下している状態なので、自然と体がクエン酸を欲するようになり、疲労回復につながっていきます。

また、レモンに含まれるペクチンは腸内で脂肪の栄養になる吸収をブロックしてくれて、中性脂肪を減らす作用があります。また同じく中性脂肪を減らすエリオシトリンという成分も含んでおり、この2つの成分がダブルで脂肪吸収を抑えてくれます。

リラックスを促すリモネンの効果でストレス解消

レモンの香り成分に含まれるリモネンは、気分を落ち着かせてリラックスさせてくれる効果があります。またレモンの酸味は腸を刺激し、働きを促進する作用もあるので、便秘を解消しダイエットにもつながる効果があります。さらにビタミンCにはストレスホルモンを軽減してくれる効果もあります。

血糖値の上昇を緩やかにする効果

レモンに含まれるペクチンという食物繊維は、血糖値を急上昇するのを抑える働きがあります。血糖値が急上昇するのを抑えることができれば、余った糖分を脂肪細胞として蓄えるインスリンが大量に分泌されることはなく、脂肪がつきにくい体になります。血糖値の上昇が穏やかになれば空腹を感じにくくなるので、ダイエット効果につながります。

満腹を感じる時間を長くする効果

ペクチンという水溶性食物繊維が胃の中で膨らむと、他の食べ物を吸収しながら胃腸までゆっくり運んでくれるようになります。食べ物が胃の中にある時間が長いと、その分満腹を感じられる時間も長くなるので、無駄な間食を抑えてくれます。

免疫力をアップする効果

ビタミンCには殺菌やウイルスを撃退する力があり、またウイルスを撃退する働きを持つ白血球やリンパ球はビタミンCを摂ることで活発に動き出すので、レモン水を飲むことで免疫力がさらにアップする効果があります。体調がすぐれない時や風邪気味なときは、レモン水を飲んで免疫力をあげるのがおすすめです。

レモン水の作り方はとても簡単毎日飲もう!

いかがでしたか?簡単に作れて爽やかな飲み心地のレモン水について、基本的な作り方やさまざまな効果、効果的な飲むタイミング、ポッカレモンを使ったレモン水の作り方、人気のあるおすすめの作り方と作り置きレシピを詳しく紹介してきました。飲むタイミングによって効果がさらに高まり、デトックス効果やダイエットだけでなく美肌効果、疲労回復やストレス解消まで、特に女性に嬉しい効能がたくさんありました。

今回紹介したいろいろなフルーツやハーブをプラスしたレモン水の人気のある作り方や作り置きレシピを参考にして、体に優しいレモン水を効果的に取り入れて、体の中から綺麗になって毎日の生活をより楽しく過ごしましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング