モロヘイヤとは?毒がある?葉・茎の食べ方とおすすめレシピを紹介

モロヘイヤはねばねばした独特の食感と、栄養が豊富で人気の食材ですが、実は毒が含まれていることもあります。しかし正しい食べ方を理解をすることで毒性なども心配もなくいろいろなレシピにして味わうことが出来ます。そんなモロヘイヤの正しい下ごしらえや茹で方を紹介して行きます。葉の部分と茎の部分では調理法も異なるのでぜひ参考にしてみて下さい。ぜひそんなおすすめのモロヘイヤの美味しい食べ方を知ってをぜひ味わってみて下さい。

モロヘイヤとは?毒がある?葉・茎の食べ方とおすすめレシピを紹介のイメージ

目次

  1. 1モロヘイヤとは?
  2. 2モロヘイヤには毒がある?
  3. 3モロヘイヤの葉の食べ方
  4. 4モロヘイヤの茎の食べ方
  5. 5モロヘイヤのおすすめサラダレシピ
  6. 6モロヘイヤのおすすめスープレシピ
  7. 7モロヘイヤのおすすめ炒め物レシピ
  8. 8モロヘイヤを色々な食べ方で楽しもう!

モロヘイヤとは?

モロヘイヤの特徴や栄養について紹介します。モロヘイヤのことを正しく知れば、その栄養素をぜひ味わいたくなると思うのでぜひ参考にしてみて下さい。

特徴

モロヘイヤは葉を刻むと粘りが出るのが特徴で、栄養素も高く注目されています。基本的にはやわらかい葉の部分を食べる人が多く、おひたしなどにして味わうことが出来ます。

茎の部分も下ごしらえや茹で方を工夫することで穂先の部分は味わうことが出来ます。モロヘイヤの粘りを生かしたさまざまな調理法があるのでぜひいろいろなレシピに挑戦してみて下さい。

モロヘイヤの調理法を知れば、手軽にいろいろな料理に使うことが出来るので、ぜひ毎日の食事の中にモロヘイヤを使った料理をプラスしてみて下さい。

栄養

モロヘイヤは栄養価が高い野菜で、その栄養はBカロテンやビタミンK、食物繊維、カルシウム、カリウムなどが含まれています。そんなモロヘイヤの栄養による効能もさまざまなです。

モロヘイヤを食べることでその栄養から風邪予防や高血圧予防、心筋梗塞、脳梗塞予防など生活習慣病などの予防にも役立ちます。そんなモロヘイヤは食べるだけでさまざまな栄養効果が得られるのでおすすめです。

ぜひ栄養満点のモロヘイヤを日々の料理のレシピに使ってみてはいかがでしょうか?モロヘイヤは食べるだけでさまざまなな栄養効果も期待できるのでお勧めの食材です。

モロヘイヤには毒がある?

モロヘイヤには毒があると言われていますが、その理由を紹介します。正しいモロヘイヤの理解をすることで、毒に注意し美味しくモロヘイヤを味わうことが出来ます。

種子や茎に毒がある

モロヘイヤは種子や茎に毒があると言われています。モロヘイヤの種子や茎に含まれる毒はストロファンジンといい、食べるとめまいや動機、吐き気やひどい場合は心不全を起こします。

モロヘイヤは完熟することで種子や茎中に高濃度の毒が発生します。スーパーなどで販売されているモロヘイヤは葉の部分が多く、毒性はないので安心して味わって下さい。

モロヘイヤを食べたい場合は、毒のことを理解して安全なものを手に入れてから正しい下ごしらえや茹で方をしていろいろなレシピに活用してみて下さい。

家庭栽培する時は注意が必要

モロヘイヤには毒がありますが、スーパーなどで購入できるモロヘイヤについては毒の心配はありません。しかし自宅などで家庭栽培でモロヘイヤを作る際は注意が必要です。

家庭菜園でモロヘイヤを作るとモロヘイヤの若葉には毒性が含まれてしまいます。また茎の部分に毒があるので家庭栽培の場合はモロヘイヤの茎は食べないようにして下さい。

家庭栽培でモロヘイヤを栽培して味わう場合は毒への注意が必要なので、心配な人は毒性をしっかりチェックされたスーパーなどで購入できるモロヘイヤを食べるのがおすすめです。

生でも食べられる

モロヘイヤは茹でたりして食べることが多いですが、生でも食べることが出来ます。モロヘイヤは葉の部分だと生でも美味しく味わえます。

モロヘイヤは生で食べることでえぐみを感じることもあり、生だとモロヘイヤの特徴でもある粘り気を感じることは出来ないので軽く火を入れてモロヘイヤ特有の粘り気を楽しむのもおすすめです。

モロヘイヤを生で食べる場合は、面倒な下ごしらえや茹で方を心配する必要もないので一度味わってみるのも良いです。

モロヘイヤの葉の食べ方

モロヘイヤの葉の食べ方を紹介します。正しい下ごしらえと茹で方を知って食べやすいモロヘイヤの葉を味わってみて下さい。

下ごしらえと茹で方

モロヘイヤはまず軽く洗い、茎と葉の部分に分けます。そしてお湯を沸かした鍋に2%ほど塩を入れるのがポイントです。塩を入れることでクロロフィルという葉緑素が安定し、鮮やかな色合いを維持できると同時に劣化を防ぐことが出来ます。

お湯が沸いたらモロヘイヤを入れて15秒から20秒ほどお湯にくぐらせたらザルに上げて冷水にひたして熱の入りすぎを防ぎます。モロヘイヤは茹ですぎると食感も悪くなるので正しい茹で方をするのがおすすめです。

モロヘイヤを食べる際は、ちゃんとした下ごしらえと調理法を守ってよりモロヘイヤの魅力を生かした調理法をして美味しくモロヘイヤを食べてみて下さい。

 

葉のおすすめの調理法

モロヘイヤの葉のおすすめの調理法は、茹でた後に葉の部分を切ることで粘り気も出やすくモロヘイヤの特徴であるねばねばを味わうことが出来ます。茹でることでそのままでも美味しく味わうことが出来ます。

モロヘイヤを食べる際は、葉の部分がより食べやすいです。茹で方を守ることで、青々とした色合いもそのままでいろいろな調理法に使えるので、茹ですぎないように中止して下ごしらえしてみて下さい。

モロヘイヤの茎の食べ方

モロヘイヤの茎の食べ方を紹介します。モロヘイヤの茎は固い部分もあるので、正しい下ごしらえや茹で方をすることが大切なのでぜひチェックしてみて下さい。

下ごしらえと茹で方

モロヘイヤの茎を美味しい食べるための下ごしらえとして、まずモロヘイヤをさっと洗い、食べられるモロヘイヤの茎の部分を分けます。基本的にはモロヘイヤの茎の穂先側の半分くらいは茹でることで美味しく食べることが出来ます。残りのモロヘイヤの茎の部分が筋ばっていて食べにくいので食べないのがおすすめです。

茎のおすすめの調理法

モロヘイヤの茎の部分の美味しい調理法としてゆで時間を調整する必要があります。モロヘイヤの茎の部分は固いので葉の部分とゆで時間を変える必要があります。

モロヘイヤの茹で方は茎の部分だけを沸騰したお湯に入れて、1分茹でてからモロヘイヤの葉の部分を食わせてさらに20秒茹でる方法です。

モロヘイヤは茎の部分と葉の部分で、ゆで方が違ってくるのでぜひゆで時間を調整した調理法をしてみて下さい。

葉の部分と茎の部分のゆで時間を変えることで葉も茎も一緒に味わいやすくなるので、茎の部分を味わう際は茹で時間を長めにして美味しく食べるようにしてみて下さい。

モロヘイヤのおすすめサラダレシピ

モロヘイヤのおすすめサラダレシピを紹介します。モロヘイヤをそのまま味わいやすい食べ方なのでぜひ手軽な調理法で作ってみて下さい。

モロヘイヤとオクラのねばねばおひたし

  • モロヘイヤ35g
  • オクラ30g
  • 塩少々
  • 湯適量
  • めんつゆ小さじ1
  • かつお節0.5g
 
  1. オクラは塩を振り、板ずりをします。モロヘイヤは葉の部分を摘みます。
  2. 鍋にお湯を沸かし、オクラを茹でます。引き揚げたら次にモロヘイヤをゆでて、冷水にとり水気を絞ります。
  3. オクラは食べやすい大きさに切り、モロヘイヤとめんつゆで和えます
  4. 器に盛りかつい節をかけたら完成

モロヘイヤのねばねばな食感を生かした食べ方で、オクラとの相性も良いレシピです。モロヘイヤの定番の食べ方でもあるおひたしもオクラをプラスすることでさらに美味しくなるのでおすすめです。

モロヘイヤとオクラのねばねばを生かしたレシピなので、ぜひねばねばの相乗効果を楽しんでみて下さい。

モロヘイヤの梅肉おかか和え

  • ささみ10g
  • モロヘイヤ60g
  • 梅干し1.5g
  • めんつゆ小さじ1/3
  • かつおパック1g
 
  1. モロヘイヤは茎が太くてかたい場合はその部分を切っておく
  2. 鍋に湯を沸かし、ささみと切ったモロヘイヤを2分ぐらい茹でる
  3. 2をざるにあけて水をかけて冷まし、水分を切る
  4. 3のモロヘイヤを軽く絞り、1㎝幅に切りささみはほぐしておく
  5. 梅干しは種を取り除いて実を包丁でたたく
  6. ボールに材料を入れてよく混ぜて完成

モロヘイヤのねばねばを生かした食べ方が出来るレシピです。ささみと合わせているのでヘルシーな食べ方が出来るのでダイエット中などの人にもおすすめです。さっぱりとしたレシピを探している人にピッタリで、茹で方を注意するだけなので簡単に作れます。

モロヘイヤだけのおひたしよりもささみがあることでボリュームと食感が楽しめるのでぜひ一度作ってみて下さい。

モロヘイヤ納豆

  • ひきわり納豆50g
  • モロヘイヤ30g
  • 濃口醤油小さじ1
 
  1. モロヘイヤは長さ1cmくらいに切り、熱湯でさっとゆでます。
  2. ひきわり納豆とモロヘイヤ、濃口醤油を和えて完成

栄養豊富なモロヘイヤと納豆を一度に味わえるレシピです。モロヘイヤの茹で方に注意してさっとゆでておくのがポイントです。ねばねば効果で栄養効果も豊富な食べ方なのでぜひ一度作ってみて下さい。

モロヘイヤと納豆を合わせるだけの簡単レシピなので忙しい時の食事などにプラスすることで栄養も補えるのでとてもおすすめです。ぜひモロヘイヤを食べて健康効果を得てみて下さい。

モロヘイヤの生姜和え

  • モロヘイヤ30g
  • 白菜10g
  • おろし生姜0.5g
  • めんつゆ小さじ1/2
 
  1. モロヘイヤは食べやすい大きさにカットして20~30秒ほど塩ゆでする
  2. 冷水に用意し、熱湯から上げた1をつけて冷ます
  3. 別に食べやすく切った白菜も茹でておく
  4. めんつゆとおろし生姜を合わせ、水気を切ったモロヘイヤと白菜をあえて完成

モロヘイヤと白菜を使った和え物ですが生姜を加えることでさっぱりと食べやすい味わいが特徴です。ビタミンたっぷりなので女性におすすめの食べ方です。

モロヘイヤの風味が苦手な人も生姜の風味が効いているのでとても食べやすい和え物になっています。食事の際に出すことで栄養もプラス出来るのでぜひ作ってみて下さい。

モロヘイヤのカリカリオニオンサラダ

  • モロヘイヤ50g
  • ミニトマト15g
  • コーン5g
  • 玉ねぎ5g
  • オリーブオイル小さじ1/4
  • ノンオイル和風ドレッシング小さじ1
 
  1. モロヘイヤは5cm長さに切り茹でる
  2. ミニトマトは2等分に切る
  3. 玉ねぎは薄くスライスし、オリーブオイルでこんがり焼き色がつきカリカリになるまで炒める
  4. 1とコーンをドレッシングで和え、2と3で飾り完成

いつものサラダにモロヘイヤをプラスすることでさらに栄養価アップが期待出来ます。さっぱりと栄養満点のサラダを味わえます。

どんな料理にも合わせやすいサラダなのでいつもの食事にプラスしてモロヘイヤを味わってみて下さい。こんがり焼いたオニオンがアクセントになっていて食感も楽しめるサラダです。

モロヘイヤのおすすめスープレシピ

モロヘイヤのおすすめスープレシピを紹介します。スープにすることで下ごしらえいらずでモロヘイヤを手軽に味わうことが出来るのでおすすめです。

モロヘイヤと里芋のねばっと具沢山スープ

  • モロヘイヤ30g
  • 里芋20g
  • 玉ねぎ20g
  • にんにく1g
  • ごま油小さじ1/4
  • A水鶏ガラスープの素1g
  • A塩0.3g
  • A黒こしょう少々
  • レモン大さじ2/3
 
  1. モロヘイヤは茎の固い部分を取り除き、粗みじん切りにする。玉ねぎとにんにくも粗みじん切りにする
  2. 里芋は皮つきのまま水にぬらしてラップをし、耐熱容器に入れてレンジで600W3~4分加熱
  3. 2の皮を剥き小さめの乱切りにする。
  4. 鍋にごま油とにんにくを入れて加熱し香りが出たら玉ねぎを加え炒める
  5. 玉ねぎがしんなりしていたら水をくわえて温めてモロヘイヤと里芋、Aの調味料を加える
  6. 5を器に盛り、薄くスライスしたレモンをのせる

モロヘイヤのビタミンやミネラルを豊富に摂れるスープです。モロヘイヤのねばねばと里芋の粘り気を合わせたスープでいつもとは違ったスープの味わいが楽しめます。

栄養満点なスープなので、夏バテなど食欲がない時に味わうのもおすすめのレシピです。ぜひモロヘイヤの栄養効果を手軽に摂れるスープなので一度味わってみて下さい。

モロヘイヤとなめこの味噌汁

  • なめこ20g
  • 絹ごし豆腐20g
  • モロヘイヤ15g
  • みそ小さじ1
  • だし汁120ml
 
  1. モロヘイヤの葉をざく切りにします。豆腐はさいの目切りにします。
  2. 鍋にだし汁を沸かし、モロヘイヤを加えます。再度沸騰したらなめこを加えます。
  3. みそを溶き入れ、豆腐を加え沸騰直前で火を止めて出来上がりです。

普段飲んでいる味噌汁にモロヘイヤを加えるだけで、手軽にモロヘイヤの栄養を摂れるのでおすすめの食べ方です。モロヘイヤの茹で方も気にする必要がないので加えるだけで味わえるのでおすすめです。

普段の味噌汁にモロヘイヤを加えることで、より栄養の高い味噌汁になるので、普段の食事に合わせて作ってみて下さい。

モロヘイヤスープ

  • モロヘイヤ25g
  • 絹ごし豆腐35g
  • 水100ml
  • 洋風スープの素小さじ1/3
  • 酒小さじ1/6
  • しょうゆ小さじ1/6
  • 塩0.3g
  • こしょう少々
 
  1. モロヘイヤは葉で摘んで下茹でをする。水気を取って細かく刻む
  2. 鍋に水、洋風スープの素、酒、しょうゆを入れ人に立ちさせ、モロヘイヤを加える
  3. 塩こしょうで味を整え豆腐を入れて完成

モロヘイヤの味を生かしたシンプルなスープです。豆腐を加えてさっぱり味わえるので、どんな料理にもプラス出来るスープレシピです。モロヘイヤを使っているので栄養満点なのでぜひ作ってみて下さい。

シンプルな味付けながらもモロヘイヤの風味がアクセントになっているスープです。家にある他の野菜などを加えてさらにボリュームアップして味わってみるのもおすすめです。

モロヘイヤのおすすめ炒め物レシピ

モロヘイヤのおすすめの炒め物レシピを紹介します。モロヘイヤを炒める食べ方をすることでたくさん食べれるのでおすすめです。

モロヘイヤと卵の炒め物

  • モロヘイヤ50g
  • 卵1個
  • しょうが(みじん切り)1/4片
  • 長ねぎ(みじん切り)2g
  • サラダ油小さじ3/4
  • Aオイスターソース小さじ1/2
  • A濃口しょうゆ小さじ2/3
  • A砂糖小さじ1/6
  • A水大さじ1
  • A片栗粉小さじ1/2
 
  1. モロヘイヤは3~4人cmの長さを切り、しょうが長ねぎはみじん切りにします。
  2. Aをよく混ぜ合わせて卵はボウルに溶いておきます。
  3. フライパンに半量の油を熱し、卵を流し入れ、炒り卵をしバッドに取り出します。
  4. フライパンに残りの油を足してしょうが、長ねぎを炒め、香りが出たらモロヘイヤを入れてサッと混ぜて卵を戻し入れます。
  5. Aの調味料を回し入れ、全体に絡めたら完成

手軽にモロヘイヤの栄養を摂れるレシピで、忙しい朝などにも作りやすい調理法です。卵が加わることでモロヘイヤが苦手な人も食べやすくなるのでおすすめです。

朝食などに卵料理を作る際に、モロヘイヤを使えばより栄養満点の料理になるのでぜひ作ってみて下さい。

モロヘイヤのソテー

  • モロヘイヤ60g
  • えのき5g
  • ロースハム5g
  • コンソメ小さじ1/6
  • こしょう少々
  • サラダ油小さじ1/4
 
  1. モロヘイヤとえのきを3cm程度の長さにカットする
  2. ロースハムは半分に切り、厚目の千切りにする
  3. 熱したフライパンにサラダ油をひき、ロースハムとえのきを入れて炒め、しんなりしてきたらモロヘイヤを入れてサッと炒める
  4. 3にコンソメとこしょうを入れて味付けをして完成

モロヘイヤとハムをソテーするだけのシンプルレシピです。モロヘイヤの下ごしらえの心配もなく手軽に作ることが出来ます。ちょっと一品欲しい時にモロヘイヤでソテーを作って栄養満点のおかずにしてみて下さい。

シンプルながら食べやすいレシピなので、モロヘイヤをたくさん食べることが出来るので、ぜひモロヘイヤをたくさん食べたい時に作ってみて下さい。

ねばねば三菜の卵炒め

  • 長いも100g
  • オクラ4本
  • 塩少々
  • モロヘイヤ20g
  • 豚こま切れ肉60g
  • 卵2個
  • ごま油大さじ1
  • しょうゆ大さじ1
 
  1. 長いもはる。皮をむいて、少し大きめに乱切りする。オクラはヘタの先を切り落とし固い部分をむく。塩少々をまぶして板ずりしたうぶ毛が取れたら水けをとる。モロヘイヤは葉を摘み取りざく切りにする。豚肉は食べやすい大きさに割りほぐす。
  2. フライパンにごま油大さじ1を熱し、豚肉を入れて弱火で炒める。長いもオクラを加え中火で長いもの表面がきつね色になるまで炒める。
  3. フライパンの手前に溶き卵を流し入れ、卵が固まったら全体に炒め合わせる。全体に混ぜ合わせしょうしゅ大さじ1を加える。
  4. モロヘイヤを加え、軽くいため合わせたら火お止めて完成

3種類のねばねば野菜をたっぷ味わえるレシピです。豚肉が入っているのでボリューム満点で栄養満点レシピです。下ごしらえなども簡単に炒めてモロヘイヤを食べれるのでぜひ作ってみて下さい。

モロヘイヤだけだと炒め物のボリュームが気になる人もこのレシピならボリュームもプラスされるのでので食事の際に作ってみて下さい。

モロヘイヤを色々な食べ方で楽しもう!

モロヘイヤはねばねばな食感と栄養価が高くいろいろなレシピに使うことが出来ます。正しい下ごしらえなどをすることでより美味しい食べ方をすることが出来ます。

モロヘイヤはおひたしいするだけではなく、炒めたりスープにしたりさまざまな料理にアレンジできるのでぜひいろいろな料理にモロヘイヤを使ってみて下さい。

手軽に栄養を摂れるのも魅力なので、ぜひ日々の食事にモロヘイヤをプラスしてみて下さい。モロヘイヤならではのねばねばを生かした食べ方をしてみるのもおすすめです。

モロヘイヤは他の食材に比べて栄養価も高いので、正しい調理法を知ってぜひいろいろなアレンジレシピに使ってみて下さい。いつもの料理にモロヘイヤを使うだけで味わいも食感も違ってくるのでさまざまな食べ方が楽しめます。

Thumbモロヘイヤの茎に毒がある?安全な食べ方や症状の対処法を解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbモロヘイヤのおひたしのレシピ!レンジを使って簡単に作れる? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ