R1ヨーグルトの効果効能について調査!飲むタイミングも解説!

R1ヨーグルトは最近特に人気のヨーグルトですが、果たしてどのような効果が期待できるのでしょうか?R1ヨーグルトはCMなども話題になっており多くの人が食生活に取り入れ始めているようですが、具体的にどのような成分が入っておりどのような効果効能を期待できるかを把握しておけば、より健康を意識した食べ方などもできそうです。今回は、そんなR1ヨーグルトの値段や効果効能から、その効果効能を引き出すための飲み方・飲むタイミングまでを総合的に掘り下げます。

R1ヨーグルトの効果効能について調査!飲むタイミングも解説!のイメージ

目次

  1. 1R1ヨーグルトの効果効能が話題?飲むタイミングも調査!
  2. 2R1ヨーグルトとは?色々な効果が期待できるヨーグルト?
  3. 3R1ヨーグルトの効果につながる成分とは?
  4. 4R1ヨーグルトに期待できる効果:インフルエンザ予防
  5. 5R1ヨーグルトに期待できる効果:リウマチ予防
  6. 6R1ヨーグルトに期待できる効果:ガン予防
  7. 7R1ヨーグルトに期待できる効果:腸内環境改善
  8. 8R1ヨーグルトに期待できる効果:肌荒れ予防・改善
  9. 9R1ヨーグルトの効果には逆効果や副作用も?
  10. 10R1ヨーグルトの効果を引き出すためには摂取量も重要?
  11. 11R1ヨーグルトの効果を引き出す飲むタイミングとは?
  12. 12R1ヨーグルトの効果は継続することで引き出せる?
  13. 13効果的なR1ヨーグルトはメーカーでも作れる?
  14. 14R1ヨーグルトの効果を引き出すアレンジレシピも?
  15. 15R1ヨーグルトの効果に関する注意点とは?
  16. 16効果的と話題のR1ヨーグルトの値段は?続けやすいヨーグルト?
  17. 17R1ヨーグルトには効果的な商品ラインナップが豊富?
  18. 18R1ヨーグルト以外にも効果的な明治のヨーグルトが?
  19. 19R1ヨーグルトが効果的かどうかには個人差も?
  20. 20R1ヨーグルトの効果を知り食生活に取り入れよう!

R1ヨーグルトの効果効能が話題?飲むタイミングも調査!

ヨーグルトは朝食のイメージがありますが、最近はただ美味しいからという理由だけでなく健康のためにヨーグルトを食生活に取り入れる人は増えているようです。ヨーグルトと一口に言っても実に色々な商品がありますが、中でも特に人気度が高いのがR1ヨーグルトです。R1ヨーグルトは、CMなどでもかなり話題になり始めている商品です。

そんなR1ヨーグルトはどのような効果が期待できるのか気になりますが、その作用や効果効能を知っておけば、より健康増進のために効率よくR1ヨーグルトを活用することができそうです。今回は、そんなR1ヨーグルトの効果効能やそれを引き出すための飲むヨーグルトについて掘り下げるので、その健康への影響をぜひチェックしてみましょう。

Thumbヨーグルトの人気おすすめランキング15選!効果的な食べ方も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

R1ヨーグルトとは?色々な効果が期待できるヨーグルト?

R1ヨーグルトはなにかと話題になることが多いヨーグルトであり、現在ではTVCMなどでもかなり取り上げられています。昔はなんとなく乳酸菌が含まれているというイメージがあったヨーグルトですが、現在では多くの会社からより特定の乳酸菌の働きに特化した商品がリリースされており、明治のR1ヨーグルトはその代表格だと言えるでしょう。

R1ヨーグルトは明治の明治プロビオヨーグルトシリーズの商品のひとつであり、赤いパッケージが特徴的です。明治プロビオヨーグルトは安い値段でスーパーやコンビニでよく売られているシリーズですが、明治独自の長年の乳酸菌研究から誕生したブランドであり、中でも1073R-1乳酸菌という乳酸菌が含まれたR1ヨーグルトは人気なのです。

R1ヨーグルトは「強さひきだす乳酸菌」というキャッチコピーでもおなじみですが、その文句の通り免疫力を高めて体を強く保つ効果効能などが期待できるとして、R1ヨーグルトは老若男女さまざまな人に愛用されているようです。そんなR1ヨーグルトは現在飲むヨーグルトや色々なフレーバーなども登場し、自分好みの商品を試せそうです。

そんなR1ヨーグルトは、健康によいために食生活の一部として取り入れている人が美容への意識が高い若い女性だけでなく、健康が気になり始めた中年の男女なども含めて増えてきています。しかし商品によって値段や味が異なる上に、飲むタイミングで効果効能には差が出るので、その効果を知りしっかりとそれを引き出す食べ方をしたいものです。

R1ヨーグルトの効果につながる成分とは?

お伝えしたように、R1ヨーグルトには1073R-1乳酸菌という乳酸菌が含まれており、この成分こそがR1ヨーグルトの効果効能の中核を担う存在となっているようです。R1ヨーグルトのの名前にもなっている1073R-1乳酸菌は正式名称をLactobacillus bulgaricus OLL1073R-1といい、数ある乳酸菌の中でもブルガリア菌という種類です。

そんな1073R-1乳酸菌ですが、大まかに免疫力向上につながると言われることが多いです。その理由は大まかにR1ヨーグルトに含まれる1073R-1乳酸菌がさまざまなウイルスに対抗してくれるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化できるからだとされています。この働きにより、風邪予防はもちろん大病予防にもR1ヨーグルトが役立つようです。

1073R-1乳酸菌がNK細胞活性化などによって免疫力向上につながるメカニズムとしては、EPSと呼ばれる多糖体を作り出すためだと考えられています。このEPSこそが免疫力向上につながるNK細胞を活性化してくれる物質であり、風邪や感染症などを引き起こす細菌やインフルエンザウイルスなどに対しても効果を発揮してくれるようです。

R1ヨーグルトの他にも明治プロビオヨーグルトシリーズには、1073R-1乳酸菌とはまた異なる乳酸菌を使用しておりほかの異なる効果が期待できる商品もあるようです。そんな中で免疫力向上に特化しているというR1ヨーグルトは適切な飲むタイミングで食生活に取り入れることで、身体を健康に保つための免疫システムを正常に保てそうです。

1073R-1乳酸菌の効果はすでにヒトやマウスによる試験でさまざまな角度から検証されており、風邪罹患リスクの低下やインフルエンザの予防などの効果も期待できると判断されているようです。そんな1073R-1乳酸菌が含まれたR1ヨーグルトは、商品ごとの値段や適当な飲むタイミングも知った上で、その効果を最大限に引き出したいものです。

R1ヨーグルトに期待できる効果:インフルエンザ予防

既述の通りR1ヨーグルトには1073R-1乳酸菌というブルガリア菌の一種が含まれており、EPSを作り出すことでNK細胞を活性化でいるのが主な働きだと言えます。大まかに免疫力向上につながると言われているのですが、その効果は細分化するとかなり多岐に渡ります。まず、R1ヨーグルトはインフルエンザなどの症状の予防につながるようです。

R1ヨーグルトなどの特定の乳酸菌の働きに着目したヨーグルトが最近では特に注目を集めていますが、病気の予防目的でヨーグルトを食べ始めている人も案外多いようです。また、受験期の子供にR1ヨーグルトを食べさせる親も増えているようですが、実際に1073R-1乳酸菌はマウス実験にてインフルエンザ予防効果が認められているようです。

マウスに1073R-1乳酸菌配合のヨーグルトを与えた場合には、水を与えた場合に比べてインフルエンザウイルス感染後の生存確率が高まったというデータが出ているようです。また、マウスの免疫細胞を観察したところ、NK細胞の活性が見受けられたようです。さらに、ヒトに対してもインフルエンザ予防に関する効果が期待できるとされています。

ヒトに対して行われた実験では、1073R-1乳酸菌配合ヨーグルトのインフルエンザワクチンの効果を高める可能性が示唆されました。また、他のヨーグルトを対照に据えた実験でも1073R-1乳酸菌のヨーグルトの摂取にはインフルエンザへの効果が期待できる結果が出たなど、R1ヨーグルトのインフルエンザへの効果は特に期待できそうです。

さまざまなウイルスを原因とした病気や感染症などの予防のためにR1ヨーグルトを摂取する人が増えていますが、インフルエンザ予防の効果が期待できるために受験期などに子供に食べさせる人も少なくありません。しかし、その効果をしっかり引き出すためには受験期前からの継続的な摂取や飲むタイミングなども重視することが必要かもしれません。

R1ヨーグルトに期待できる効果:リウマチ予防

R1ヨーグルトには病気の予防という観点において実にさまざまな効果が期待できそうですが、風邪やインフルエンザなどの予防意外にも、リウマチ予防という意外な効果も期待できるかもしれません。リウマチは関節に生じる痛みや変形などの症状ですが、その原因は免疫異常にあるとされ、特に30〜50代の女性に悩む人が多い傾向があります。

そんなリウマチは免疫異常が引き起こし病気ということで、それを予防するためには免疫機能を正常に保っておく必要がありそうです。乳酸菌がもたらす免疫機能への影響はインフルエンザなどの感染症にのみ効果的だと思われがちですが、実は免疫が関わっているリウマチなどの関節症に対しても効果が期待できる場合があるのは嬉しいものです。

実際に1073R-1乳酸菌には動物実験で関節炎を予防する効果が期待できるという報告があり、リウマチモデルに関しても炎症を悪化させるサイトカインという物質の産生抑制が見受けられたようです。リウマチを放っておくと関節が変形し破壊されてしまうことも珍しくないですが、R1ヨーグルトで初期の頃に症状を予防できれば望ましいと言えます。

R1ヨーグルトに期待できる効果:ガン予防

R1ヨーグルトは適切な飲むタイミングで摂取することでインフルエンザや風邪などの他にリウマチなども予防できる可能性があるのは嬉しいものですが、そのほかにもガン予防につながる可能性があるという点も非常に魅力的です。R1ヨーグルトが活性できるNK細胞は、ガン細胞の破壊にも関わっており、それがガン予防に役立つと考えられています。

決してガンの症状が見受けられない健康体の人でも、一日に数千個ものガン細胞が産生されていると言われています。そしてこれらのガン細胞はしっかりと免疫が機能することでNK細胞によって死滅されているために、ガンの症状が起こらずに済んでいます。そんなNK細胞を活性化しガンを予防するためにも、R1ヨーグルトは役立ちそうです。

もちろんR1ヨーグルトの力だけで100%ガンを予防できるわけではないですし、ガンの症状を緩和させる薬のような効果がR1ヨーグルトに期待できるわけではありません。しかし、R1ヨーグルトにはガン細胞を死滅させる働きのあるNK細胞を活性化する働きがあり、その効果効能を引き出すためにも飲むタイミングなどにも注意を払いたいものです。

R1ヨーグルトに期待できる効果:腸内環境改善

R1ヨーグルトは商品ごとの値段や気になる飲むタイミングなども知った上でその効果効能を引き出していきたいものですが、R1ヨーグルトは免疫力によい影響を及ぼすだけでなく、R1ヨーグルトの継続的摂取で腸内環境が改善できることもあるとされています。そのため便秘などの問題に悩む人も、R1ヨーグルトを取り入れるのもアリでしょう。

R1ヨーグルトに含まれている1073R-1乳酸菌は確かに免疫力向上に特化した乳酸菌の一種とされていますが、あくまで乳酸菌の一種であり整腸作用も期待できるとされています。腸内環境の乱れは、便秘などのさまざまなトラブルを引き起こしますが、特に女性には便秘に悩みヨーグルトを食べることで症状を改善したいという人も多いものです。

もちろんR1ヨーグルト以外にも明治プロビオヨーグルトシリーズに値段や配合成分の異なるヨーグルトがあり、その中にはより腸内環境改善などの働きに特化しているものもあるようです。また、乳酸菌だけでなくビフィズス菌など他の物質の働きに着目したヨーグルトを取り入れることも、より効率的な腸内環境改善につながる場合があります。

R1ヨーグルトに期待できる効果:肌荒れ予防・改善

続いて紹介するR1ヨーグルトに期待できる効果は、肌荒れ予防や肌トラブルの改善などの効果です。美容のためにヨーグルトなどの食品を生活の中に取り入れる人は案外増えているようですが、R1ヨーグルトも正しい活用法であれば美容に役立つかもしれません。R1ヨーグルトの免疫や腸内環境への影響が、美肌につながるケースもあるようです。

R1ヨーグルトは免疫力向上に特化したヨーグルトとされており、明治プロビオヨーグルトシリーズの中でも定番商品として知られています。他にも値段や配合成分の異なるいくつかのヨーグルトがあるものですが、R1ヨーグルトで免疫力を維持できれば、肌荒れなどがどうしても起きやすくなる風邪などの症状を未然に防ぐことにつながりそうです。

また、R1ヨーグルトには乳酸菌による腸内環境改善の作用も期待できますし、ミネラルやアミノ酸などの栄養素もバランスよく含んでいるので肌トラブル予防に多面的に役立ちそうです。R1ヨーグルトはインフルエンザなどの病気予防のために食べるという人も多いと思いますが、その作用によって美肌などにも役立つは非常に嬉しいものです。

R1ヨーグルトの効果には逆効果や副作用も?

ここまでさまざまなR1ヨーグルトの効果効能をチェックしてきました。R1ヨーグルトは他の明治プロビオヨーグルトの値段や作用の違いや、適切な飲むタイミングなども把握した上で食生活に取り入れたいものですが、逆効果になる場合や副作用が出る場合はあるのでしょうか?R1ヨーグルトの効果は、必ずしも得られるわけではないので要注意です。

R1ヨーグルトに含まれる1073R-1乳酸菌には主だった副作用などは報告されておらず、既述のような効果を受ける上で特に副作用のような症状に悩まされることはないかもしれません。しかし、あくまでR1ヨーグルトは乳製品であり身体的に不向きな人もいる上に、一度に大量に摂取してしまった場合には下痢などの症状が起こることもあり得ます。

また、R1ヨーグルトは数あるヨーグルトの中でも決して食べにくいといった印象があまりない商品としても知られていますが、それは砂糖なども含まれているためです。そのため、R1ヨーグルトを多量に摂取した場合には下痢などの症状に見舞われることがあるだけでなく、砂糖の過剰摂取によって身体にさまざまな悪影響を被ることもあります。

乳酸菌は腸内環境を改善する物質とされていますが、一方の砂糖は腸内において悪玉菌を増やす一つの原因になると考えられています。また、砂糖の過剰摂取によってミネラルなどの他の栄養素が消費されやすくなったり、疲労や倦怠感などの症状が起こることもあります。そのため、R1ヨーグルトに関しても過剰摂取は注意する必要がありそうです。

R1ヨーグルトの効果を引き出すためには摂取量も重要?

お伝えしたように1073R-1乳酸菌自体に何らかの副作用の可能性が必ず確認されているというわけではありませんが、どうしても乳製品ということで身体への向き不向きということを考えなくてはなりませんし、砂糖なども含まれているために過剰摂取はやはり禁物だと言えます。そのため、R1ヨーグルトは適切な摂取量を遵守するようにしましょう。

R1ヨーグルトの一日の摂取目安量は、大体一個ほどとされています。R1ヨーグルトは一個あたり112gとなっており、値段の異なる飲むヨーグルトタイプでも1個あたり112mlとなっています。大人であればこの一個分に含まれているよりも乳酸菌を多めに摂取しても問題ないようですが、その場合には砂糖など他の成分の過剰摂取になってしまいます。

そのため、たとえ乳製品に対し特に相性が悪いというわけではない大人でも、できれば一日あたり一個のR1ヨーグルトにとどめるのがベストだと言えます。また、食生活全般で糖質制限などをする人でR1ヨーグルトの恩恵を集中的に受けたい人でも、あくまで一日あたりは1〜2個にとどめてむしろ継続的に摂取することにフォーカスしたいものです。

尚、子どもの場合にはより下痢などの症状を起こしやすい場合もあるものなので、大人に比べて半分ほどの摂取量にとどめるのが望ましいとされています。R1ヨーグルトの効果効能を得ようとして一日の摂取量を大幅に引き上げるよりもむしろ、継続的な摂取や適切な飲むタイミングなどを重要視し、その効果効能を最大限に引き出しましょう。

R1ヨーグルトの効果を引き出す飲むタイミングとは?

R1ヨーグルトの効果効能を知った上で食生活に取り入れていく際には、やはりR1ヨーグルトを食べるタイミングや飲むタイミングというのが重要だと言えます。お伝えしたようにR1ヨーグルトは一日一個ほどが適量とされていますが、その一個に関してもどの飲むタイミングで摂取するかによって、身体に受ける作用・影響は異なるとされています。

ヨーグルトといえば朝に食べる・飲むという人が多いイメージもありますが、朝一番にR1ヨーグルトを飲むのは注意が必要かもしれません。R1ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、朝一番では胃酸の影響で腸に届く前に死滅してしまうこともあるため、食べ物をある程度胃に入れてからR1ヨーグルトを摂取するのが、適切な飲むタイミングでしょう。

すでに朝にヨーグルトを食べるのが習慣になっている人であっても、しっかりと朝食後にR1ヨーグルトを摂取するように気をつけてみてください。また、必ずしもR1ヨーグルトは朝食べる必要はなく、昼食後や夕食後でも胃酸の影響を受けなければその効果効能を引き出せそうです。しかし、あくまで食後を飲むタイミングにするのが重要です。

また、R1ヨーグルトだけでなく値段や成分などの異なる他のヨーグルトにも言えることですが、ヨーグルトはどうしても体を冷やしてしまう食品であるため、冷え性などが気になる場合には朝よりも昼が適切な飲むタイミングかもしれません。R1ヨーグルトは、とにかく食後に摂取することを意識し、それをできるだけ毎日継続しましょう。

R1ヨーグルトの効果は継続することで引き出せる?

お伝えしたようにR1ヨーグルトの効果効能を引き出すためには摂取量や飲むタイミングにも注意する必要があります。そんなR1ヨーグルトの効果効能はやはりあくまで継続することで引き出せるということも頭に入れておきたいものです。乳酸菌は体内に取り入れてもやはり死滅することも多いため、できるだけ継続的に摂取することが重要です。

R1ヨーグルトの効果を得たいと思ってR1ヨーグルトを摂取してはいるものの、あくまで一週間に一度などの低い摂取頻度や一度R1ヨーグルトを食べてそれで満足してしまった場合などでは、思うようにR1ヨーグルトのポテンシャルを引き出すことができないかもしれません。R1ヨーグルトを摂取する人は、やはり毎日食べるケースが多いようです。

乳酸菌というのは一度体内に取り込まれてから大体3日程度から長くとも1週間程度しかとどまっていられないとされています。そのため、その乳酸菌の恩恵をできるだけ継続的に受けて免疫機能などを正常に保ちたい場合には、毎日R1ヨーグルトを食べるのが望ましいでしょう。少量ずつでも、毎日食べ続けた方がその恩恵は受けやすいものです。

R1ヨーグルトは一般的なヨーグルトに比べてやや値段が高く、毎日継続するのが大変だという人もいるかもしれません。しかし、値段が高いと感じる場合でも1パックの半分ずつを毎日継続的に摂取するなどの工夫した食べ方をしてみてください。そうすれば砂糖や脂肪分の過剰摂取も防げますし、常に乳酸菌の恩恵を受け続けることができそうです。

効果的なR1ヨーグルトはメーカーでも作れる?

R1ヨーグルトの効果を得るために最も重要なことはやはり長期的に継続してR1ヨーグルトを摂取することだと言えます。一方でR1ヨーグルトが値段的に継続して食べるのが厳しいという場合もあるかもしれませんが、そんな人はR1ヨーグルトと牛乳や砂糖を組み合わせて自家製ヨーグルトとして増やし、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

現在ではかなり値段もリーズナブルなヨーグルトメーカーなどが登場しているため、より継続的にR1ヨーグルトの恩恵を受けたいというのであれば、自分でヨーグルトを増やすのもおすすめかもしれません。容器などを消毒した上でまずは容器に砂糖を入れ、そこに沸騰した牛乳を加えて冷まし、冷えてきてからR1ヨーグルトを入れましょう。

あとはメーカーの発酵温度と発酵時間を43度・12時間などに設定して、冷蔵庫で放置しておけば完成となります。このように量産したR1ヨーグルトが市販のR1ヨーグルトと全く同じ効果かどうかには疑問を呈する声も上がっていますが、少なくとも少量ずつ継続的にR1ヨーグルトを摂取することには繋がるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

Thumb飲むヨーグルトの作り方は簡単!R1も量産できちゃう人気レシピを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

R1ヨーグルトの効果を引き出すアレンジレシピも?

R1ヨーグルトにはほどよい砂糖が含まれているために、決して食べづらいという印象はあまりないようです。しかし、砂糖ゼロのタイプや脂肪分が少なめのタイプも登場しており、それらを好んで選ぶ場合もあるでしょう。一方でそれらが毎日食べるのが味的に厳しい人もいるかもしれませんが、そのような場合には他の食品と組み合わせてみましょう。

ヨーグルトはよくフルーツと組み合わせて食べる人もいるかもしれませんが、冷凍フルーツなどを簡単にトッピングして食べるのもおすすめですし、シリアルなどをR1ヨーグルトで食べるのもアリでしょう。また、R1ヨーグルトを使ってドレッシングなどにするのもアリかもしれません。このような食べ方であれば、毎日楽しく食べ続けられそうです。

もちろんセロラ&ブルーベリー味のR1ヨーグルトなども登場しているので、値段などもチェックしつつ食べやすい・飲みやすいものから試してみるのもおすすめです。そして、脂肪分や砂糖などが気になるという人はアレンジレシピも応用しつつヘルシーなタイプを選び、とにかくできるだけ継続的にR1ヨーグルトを摂取してみてください。

R1ヨーグルトの効果に関する注意点とは?

ここまでR1ヨーグルトに期待できる作用・効果だけでなく、R1ヨーグルトの効果を引き出すための食べ方・飲むタイミングなどもみてきました。R1ヨーグルトの効果を引き出すためにはやはり継続的に摂取することや食後に摂取することが重要となりますから、自分勝手な食べ方で効果を得られるわけではないことには注意しておく必要があります。

いくら良質な乳酸菌が含まれているR1ヨーグルトであっても、胃酸などの影響を受けてしまうとその働きを十分に引き出せないまま終わってしまいますし、乳酸菌を体内に長期的にとどめておけなければ免疫力などへの効果も十分に実感できないかもしれません。R1ヨーグルトは摂取方法によって効果がかなり変わることにも、注意しましょう。

また、R1ヨーグルトは特に免疫力向上などに特化したヨーグルトとされており、明治プロビオヨーグルトのシリーズ内には他の働きに特化したヨーグルトなどもあるものです。そのため、R1ヨーグルトだけでなく明治プロビオヨーグルトの他の商品の値段や成分もチェックし、自分の目的に合わせて生活に取り入れることが重要だと言えます。

効果的と話題のR1ヨーグルトの値段は?続けやすいヨーグルト?

R1ヨーグルトはインフルエンザの予防だけでなく、リウマチやガンなどの大病の予防にもつながる可能性が示唆されています。そしてそのためにはぜひ継続的にR1ヨーグルトを食べていきたいものですが、やはり継続的に食べる上ではその値段も気になるものです。R1ヨーグルトは、大体115〜135円ほどの値段で売られていることが多いものです。

ただし、同じR1ヨーグルトの商品でもスーパーによって値段が異なる場合もあり、やはりドンキホーテなどでは安い値段で売られているようです。また、まとめ買いをすることで一個あたりの値段を安く抑えられるケースも少なくありません。尚、R1ヨーグルトの中でも飲むヨーグルトなども人気ですが、こちらも固形タイプと値段は一緒のようです。

そして飲むヨーグルトも固形タイプも内容量も同じであるため、摂取する量はそれぞれ一日一本・一個ほどにおさえるのが望ましいでしょう。また、お伝えしたようにR1ヨーグルトには低脂肪タイプや砂糖ゼロタイプ、さらにはさまざまなフレーバーが登場しているので、それぞれの違いなども把握して自分好みのものを選びましょう。

R1ヨーグルトには効果的な商品ラインナップが豊富?

R1ヨーグルトと一口に言っても実にさまざまな商品がリリースされているようですが、やはり定番のタイプのものが最も人気度が高いと言えます。しかし定番フレーバーの中でも、低脂肪タイプといって乳脂肪分が定番のものの2分の1におさえられているものや、低脂肪タイプと同じくらいの乳脂肪分の上に砂糖ゼロのタイプも存在するようです。

また、R1ヨーグルトはドリンクタイプであれば通常のもので乳脂肪分が0.5%で76kcalとなっていますが、低糖・低カロリータイプはカロリーが50kcalまでカットされているようです。その乳酸菌の恩恵を受けたいもののカロリーや脂肪分、糖分などが気になる場合には、同じ内容量で値段もほとんど変わらないこれらの商品を試してもよいでしょう。

また、味に関しても定番のプレーンタイプだけでなくブルーベリーやアセロラ&ブルーベリー、グレープフルーツ&アロエ、レッドフルーツミックスなどの味が登場しているようです。このようにフルーツフレーバーが付いているものはプレーンよりも食べやすいと評判がよいので、定番タイプが苦手な場合には一度これらに挑戦するのもアリでしょう。

R1ヨーグルト以外にも効果的な明治のヨーグルトが?

R1ヨーグルトと言っても色々なタイプの商品があるものですが、さらにR1ヨーグルト以外にも明治プロビオヨーグルトシリーズの中に効果的なヨーグルトがあるようです。R1ヨーグルト以外にも明治プロビオヨーグルトにはLG21ヨーグルトという商品がありますが、こちらはLG21という乳酸菌を使用し胃で働く作用が特に高いとされています。

そのため、R1ヨーグルトなどに比べてより胃腸への効果効能を引き出したいという人にはおすすめの商品となりますが、他にもPA3という商品も存在するようです。こちらは黄色のパッケージが特徴的ですが、こちらはプリン体と戦うための乳酸菌が含まれている商品として話題になっており、プリン体が原因の病気が気になる人におすすめです。

このように、明治プロビオヨーグルトシリーズにはR1ヨーグルト以外にも人気商品がいくつかありますが、含まれている乳酸菌の違いが効果の違いに結びついているため、ぜひ目的に応じてヨーグルトを摂取して健康増進に役立てたいものです。それぞれの効果を勘違いしていると、思ったような効果を得られないこともあるので注意が必要です。

R1ヨーグルトが効果的かどうかには個人差も?

お伝えしたように明治プロビオヨーグルトシリーズにはR1ヨーグルト以外にも青色のパッケージが特徴的なLG21ヨーグルトや、プリン体に対抗できるとされるPA3ヨーグルトなどがあるようです。これらの効果の違いを理解し、免疫力向上に役立つとされるR1ヨーグルトの特徴を捉えて、継続的に摂取していくことが、何よりもまず重要です。

また、免疫力への影響のためにR1ヨーグルトを食生活に取り入れる場合でも、その効果を絶対視せずに食生活全体を見直すことなども重要となります。R1ヨーグルトを食べた場合でも必ずインフルエンザを予防できるというわけではありませんし、あくまでR1ヨーグルトの効果には個人差があると言えるでしょう。

そして個人のR1ヨーグルトの摂取方法によってもその効果は変動してしまうものなので、できるだけ正しい方法で長期的にR1ヨーグルトを摂取し続けることが重要です。食べ続けるためにぜひアレンジレシピなども活用しながら、個人差があるR1ヨーグルトの効果をできるだけ最大限に引き出して、その恩恵を受けてみてはいかがでしょうか?

R1ヨーグルトの効果を知り食生活に取り入れよう!

今回は、明治の人気商品であるR1ヨーグルトの気になる効果効能について、商品ごとの値段や特徴、さらには食べるタイミング・飲むタイミングなども含めてチェックしてきました。R1ヨーグルトと言っても値段や味の異なる商品が飲むヨーグルトなどを含め存在する上に、R1の他にも異なる乳酸菌配合の明治プロビオヨーグルトも人気のようです。

そんな中でR1ヨーグルトは特に免疫力向上への効果効能が高いとされており、長期的には美肌や病気の予防などへの効果効能も期待できるかもしれません。そしてそのためには毎日適量を適切な飲むタイミングで摂取することが重要ですから、ぜひ食生活全般を見直すとともにうまく明治のR1ヨーグルトも無理なく生活に取り入れてみてください。

Thumb飲むヨーグルトでダイエット?ダイエット方法と効果を調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb飲むヨーグルトはいつ飲むと効果的?乳酸菌の種類とおすすめを紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
ThumbR1ヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーがある?作り方も解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ