鮭の栄養と効能は?アンチエイジングに効果的な食べ方を調査!

鮭といえば、栄養豊富でいつでも手に入りやすく、お弁当や夕食の定番のおかずです。そんな鮭が、アンチエイジングに効果を発揮すると知っていますか?鮭に含まれている栄養や効能、効果的な食べ方を紹介します。手軽に食べれて美容に効果がある鮭を活用して、健康な生活をめざしてみませんか?美容に良いとされる若返り効果抜群のメニューもあります。色々な栄養や効能のある鮭の秘密を大解剖します。

鮭の栄養と効能は?アンチエイジングに効果的な食べ方を調査!のイメージ

目次

  1. 1美容に良く栄養豊富な鮭
  2. 2栄養豊富な鮭の歴史
  3. 3栄養豊富な鮭の種類
  4. 4栄養豊富な鮭の旬と選び方
  5. 5栄養豊富な鮭はなぜ美容に良いのか?
  6. 6鮭の栄養
  7. 7栄養豊富な鮭の効能
  8. 8栄養豊富な鮭の効果
  9. 9栄養豊富な鮭の効果的な食べ方
  10. 10栄養豊富な鮭とアンチエイジング
  11. 11栄養豊富な鮭のまとめ

美容に良く栄養豊富な鮭

鮭と言えば、和朝食やお弁当のおかず、夕食などの定番食材です。そんな鮭が美容に良く、アンチエイジングの効果や効能があると知っていますか?

手軽に手に入り、色々な食べ方がある鮭に美容効果があるなら、積極的に食生活に取り入れていきたいものです。

鮭は、焼き魚としてももちろん美味しいですし、野菜とボイルしたりクリーム煮や鍋に使用したりと、色々な食べ方が豊富な食材です。味が淡白なので、色々な調理方法や合わせる食材も選びません。色どりも良くなるので、見た目もグッと良くなります。栄養豊富な鮭は、取り入れると本当に良いことづくしです。

鮭と言っても色々な産地や種類があります。まずは鮭の歴史や産地、種類など、鮭の基本の情報から紐解いてみましょう。

栄養豊富な鮭の歴史

日本の定番の朝ご飯といえば、ご飯にお味噌汁、納豆にお漬け物、そして焼き魚を連想する方は多いと思います。焼き魚は、鮭やブリなどを連想します。鮭が日本で食べられるようになったのは、一体いつ頃からなのでしょうか?

栄養豊富な鮭の骨が貝塚から見つかっている

貝塚といえば、昔社会の時間に習った覚えがあります。貝殻は、貝殻や肉の骨、そして魚の骨など、不要になったものを捨てる場所です。貝塚からは食べ物関係のゴミの他にも、土器などの器類も発見されており、昔の人がどのような生活を送っていたかが良く分かると言われています。

そんな貝塚から鮭の骨が発見されており、縄文時代から人間に食べられていたと推測できます。鮭が大昔から人間に食用とされていたなんて、歴史を感じます。

栄養豊富な鮭は儀式用の魚として使われていた

平安時代になると、鮭は儀式の中で使われていたようです。お祭りの中で鮭を献上品として神様に捧げられた記録が残っています。

この時代では鮭は貴重な食材で、人々に大切にされていたことが伺えます。現在は手に入りやすい食材の鮭ですが、昔は特別な存在だったのです。現代でも鮭をまつっている神社や、鮭のお祭りもあるそうです。大昔から、人と鮭とは深いつながりを持っていたと言えます。

栄養豊富な鮭の研究

鮭は、産卵のために産まれた川に帰り、産卵し、再び海へ帰る生態なので有名です。この生態が分かったのは18世紀頃と言われています。生態がわかると、食材として安定して確保するための環境整備などが行われていきます。

その後、明治に入ると鮭の人工ふ化が行われます。ここで鮭は安定供給の土台が整ったと言われています。大昔に貴重とされ大切に扱われていた鮭は、時代と研究を経てわたしたちの食卓に欠かせない定番食材となったのです。

栄養豊富な鮭の種類

鮭と言っても、現在はたくさんの種類が食用として用いられています。鮭は世界中で食べられている魚で、種類もたくさん存在し、色んな国や地域で食べ方もそれぞれです。それでは、日本でよく食べられている鮭の種類はどのようなものなのでしょうか?

素材の味を楽しめる栄養豊富な白鮭

日本でとれる鮭の総称が白鮭です。見た目は薄いピンクで、味はあっさりめと言われています。白鮭は基本的に脂分は少なめなので、塩焼きなどシンプルな食べ方が向いている種類と言えます。

鮭は日本でも馴染みの深い魚なので、白鮭と言っても、とれる季節によってたくさんの呼び名が存在するようです。

季節により様々な呼び名のある白鮭

秋鮭、時鮭という名前を聞いたことがありませんか?これらはどちらとも白鮭のことなのですが、とれる季節によって呼び方が異なるようです。

鮭は、産卵するために産まれた川に戻ってくるわけですが、その季節は秋と言われています。産卵の時期にとれる鮭が秋鮭です。

秋鮭は、産卵により栄養分がほとんど卵に蓄えられてしまっています。そのため、よりさっぱりした淡白な味になっていると言えます。

鮭の産卵の時期は秋とお伝えしましたが、春や夏の時期に川へ戻ってきて産卵する鮭もいるようです。これらは時鮭と呼ばれています。名前の由来は、「時しらず」からきているのだそうです。

時鮭は、秋鮭と比べると、ほどよく脂がのっていて濃厚な味わいがあるらしく、鮭通の間では話題になっている鮭なのです。お店で偶然見かけたときなどは、素材の味を引き立てるような食べ方で、その味をぜひ試してみたいものです。

その他にも、鮭の内蔵をとり塩漬けに加工された「新巻鮭」や、まだ大人になりきっていない鮭の「鮭児」なども存在します。

わりと高価で味も濃厚な紅鮭

ここからは、あまり日本ではとれませんが、日本でよく好まれ食べられている種類を紹介していきます。

紅鮭は、北太平洋でよくとれる鮭の種類です。スーパーなどで見かけることも多い種類ではないでしょうか?鮮やかな赤い色をした切り身は、食欲をそそります。

味自体もしっかりしており、お値段も他の鮭に比べるとやや高めです。見た目も味も華やかな紅鮭は、食卓を鮮やかに彩ってくれます。

栄養豊富で脂がのっている銀鮭

銀鮭はチリ産のものを良く見かけます。養殖のものも安定して出回っており、白鮭に並んで定番の種類の鮭と言っていいかもしれません。

この銀鮭は、見た目はオレンジ色が強いのが特徴です。身はどちらかというと柔らかく、独特の魚の味わいが強い鮭と言えます。ムニエルや濃いめの味付けをする食べ方に向いている鮭です。

白鮭や紅鮭に比べて、脂分が多いのも特徴のひとつです。宮城県でも養殖されているようで、まれに宮城産の養殖銀鮭もあるようです。見かけたら食べ比べてみたいものです。

鮭とトラウトサーモン

トラウトサーモンは、耳馴染みのある名前です。お寿司のメニューなどで見かけたりします。さて、鮭とサーモンは、どのように違うのでしょうか?

トラウトサーモンは、いわば「海で育ったニジマス」です。ニジマスは、海でも川でも生きることができる魚として有名です。その生態は鮭に似ていると言えます。

そのニジマスが、海で育ったのがトラウトサーモンです。生食であったり、スモークサーモンとして売られているサーモンのほとんどがトラウトサーモンです。生食向きの濃厚な味わいなので、サラダやカルパッチョなどの食べ方をすると美味しい種類です。

鮭とアトランティックサーモン

アトランティックサーモンは、トラウトサーモンほどではありませんが、日本に流通しているサーモンの種類です。アトランティックサーモンは、日本で売られているもののほとんどが養殖のものです。

色味や脂分がトラウトサーモンよりやや控えめで食べやすくはあるのですが、日本ではあまり人気がないようです。お値段も、市場にたくさん出回っているトラウトサーモンに比べると少し高めの値段設定になっているようです。

日本で見かけたら是非食べたい!キングサーモン

鮭の仲間の中で、最も大きく育ち、最も脂が乗って美味しいとされているのがキングサーモンです。名前を聞いたことがある方も多いと思います。キングサーモンがとれる地域はアラスカなどだそうですが、たまに日本で売られていることもあるそうです。

日本では、色味は赤く、味は脂が乗っているものが好まれる傾向があります。鮭の種類の中でもダントツの味わいを誇るキングサーモンは、日本人にぴったりの味わいかもしれません。他の鮭と比べると大分高価な値段設定ですが、出会えたら試してみる価値はありそうです。

Thumb鮭とサーモンと鱒の違いや使い分けを調査!刺身に出来るのは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な鮭の旬と選び方

鮭の旬は、夏から秋と言っていいでしょう。美味しい時鮭がとれるのは夏頃、白鮭がとれるのは秋頃とされています。

現在は養殖のものも多く流通していますが、特に天然ものを選ぶ際は、白鮭なのか時鮭なのか、種類と現在の季節を照らし合わせると、上手に選ぶことが出来ると思います。

新鮮で美味しい鮭の切り身の選び方は、見た目が鮮やかなものを選ぶと良いでしょう。皮の色味も綺麗なものが良いとされています。皮と身がしっかり付いていて、弾力やハリのあるものが美味しい鮭です。

栄養豊富な鮭はなぜ美容に良いのか?

さて、日本人にとって鮭は歴史上でも生活の上でも切り離せない存在だということは分かりましたが、実際、鮭のどの部分が美容に良いとされているのでしょうか?

美容に良いとされているのは、鮭に含まれている美容に高価がある成分です。主に、3つの成分が美容に良い効果や効能があるとされています。

主に美容に効果や効能がある成分は、「魚油」「ジルチルアミノエタノール」「アスタキサンチン」です。この成分については、効能と効果の項目で紹介していきます。まず、次項で鮭の全体的な栄養について紹介していきます。

鮭の栄養

鮭の主な栄養成分は、パントテン酸、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンD、タンパク質です。

鮭の身は赤い色をしていますが、これは天然色素で、強い抗酸化作用を持っているから赤いのです。高酸化作用は健康面で考えると大変高い効果や効能を期待できる栄養です。

人間の体の中では有害とされている活性酸素を除去する働きがあるのが活性酸素です。そもそも鮭は、老化やガン、生活習慣病予防に効果が期待できる、健康に良い魚なのです。

それぞれの栄養素に含まれている成分が、今回注目して欲しい、美容に効果が期待できる成分になります。それぞれの効果や効能を次項で紹介していきます。

栄養豊富な鮭の効能

鮭を食べることによって、美容で期待できる影響や変化はどのようなものでしょうか?成分とともに紹介していきます。

ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸

魚の油、つまり魚油に多く含まれている成分が、ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸になります。それぞれDHA、EPAと呼ばれており、聞いたことがある方も多いと思います。

DHAは血の流れをさらさらにしてくれ、EPAはコレステロール値を減らす働きがあります。どちらもダイエットの効果が期待出来る成分となります。

ビタミンEとアスタキサンチン

ビタミンEといえば、若返りするビタミンと呼ばれるほど強い効果・効能をもったビタミンです。このビタミンEより強い抗酸化作用をもった成分がアスタキサンチンです。アスタキサンチンの高酸化作用は、ビタミンEのおよそ1000倍と言われているのは驚きです。

鮭には、このアスタキサンチンが多く含まれています。これが鮭の色が赤い理由なのです。人間の体の活性酸素を除去する成分であるアスタキサンチンですが、活性酸素を取り除くことはアンチエイジングの効果が期待できると言えます。

ジメチルアミノエタノールとプロテオグリカン

なかなか聞き覚えのない成分かと思いますが、この2つの成分は、主に美肌作りに大きな効果をもたらします。ジメチルアミノエタノールは、しわやたるみなどを改善してくれ、精神安定の効果もあるとされています。

プロテオグリカンは、保湿効果があるとされているので、この2つの成分が同時に摂取できるのは美容効果に大きな意味があるのです。

栄養豊富な鮭の効果

前項で紹介したように、鮭には美容に絶大な効果・効能のある成分が多く含まれています。鮭を摂取することで、結果的にどのように変わるかをまとめました。

血液がさらさらになり、アンチエイジングの効果が得られます。肌のしわやたるみが改善され、保湿成分により美肌効果が期待できます。特に、保湿成分があるとされるプロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンを作り出す力を促す成分と言われています。潤いの成分としては、ヒアルロン酸よりも保湿成分が強いそうなので驚きです。

栄養豊富な鮭の効果的な食べ方

鮭の美容成分を紹介しましたが、その成分を活かして有効に摂取するにはどうしたらいいのでしょうか?食べるときのポイントは2つあります。

1つめは、皮も食べるということです。鮭の皮はよけちゃう…という方も多いのではないでしょうか?鮭の皮にはコラーゲンが豊富に含まれています。しかも、魚に含まれている海のパワーであるマリンコラーゲンです。これは美容の為にぜひ摂取したいです。

2つめは、油と一緒に取るということです。特にアスタキサンチンは、油とともに摂取すると吸収率があがります。つまり、油分を加えて調理して食べると吸収率が上がるということになります。

鮭のおすすめ美容レシピ

美容に良いおすすめレシピは、鮭のムニエルです。良質なバターを使って、お好きな野菜やきのこをたっぷり取ると効果も絶大です。この食べ方はぜひ試してみてください。

材料は、鮭、小麦粉、お好みの野菜ときのこ、塩こしょう、醤油、酒、バターです。作り方は、鮭は塩こしょうで下味をつけ、小麦粉をまぶしておきます。お好みの野菜やきのこは火が通りやすいよう切っておきます。

フライパンにバターを熱し、鮭を焼きます。その後野菜ときのこを入れ、酒を入れ蒸し焼きにして火を通します。火が通ったら醤油で香り付けをして完成です。

お皿に盛りつけたら、バター醤油ソースやタルタルソースをかけたり、バジルなどの香草を添えたりして、色々なバリエーションが楽しめる、シンプルなレシピです。鮭の美容成分も充分に摂取でき、効果効能の期待できる食べ方なので、この食べ方はぜひお試しください。

Thumb鮭をフライパンで上手に焼くには?正しい焼き時間とおすすめレシピ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な鮭とアンチエイジング

鮭はアンチエイジングに効果を発揮する食材ですが、前項で紹介した食べ方に、あるものをプラスすることで、より効果を発揮するものがあります。それはビタミン豊富な食材のレモンです。

鮭のムニエルにレモンをたっぷり回しかければ、さらに美容に効果効能があるメニューの出来上がりです。ビタミンを一緒に摂取することで、さらに高酸化作用が期待できます。ムニエルにレモンはぴったりですよね。さっぱりとした味わいで、アンチエイジング効果も逃さず食べましょう。

Thumb鮭のカロリーと糖質はどれくらい?塩焼き・ムニエルや刺身で比較調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な鮭のまとめ

いかがでしたか?鮭は美容に効果効能のある食材で、健康にもよい成分がたくさんあります。手軽に手に入る鮭を使って、体にも美容にも良い食生活を目指してみませんか?

加熱したりビタミンと一緒に摂取することで、効果もアップするかもしれません。効率よく、美味しく美容に有効な成分を取り入れたいものです。

身近な食材にこれだけの栄養成分があるなんて驚きです。海の恵みたっぷりの鮭で、もっとキレイになって、より元気な生活を送りましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ