オイコスダイエットは夜が効果的?おすすめのやり方や口コミを紹介!

オイコスダイエットの効果的なやり方を紹介します。置き換えが朝より夜の方がおすすめな理由や、効果を出すためのポイントを解説。また、オイコスダイエットを続ける上で注意すべき点、やってみた人の口コミもまとめました。

オイコスダイエットは夜が効果的?おすすめのやり方や口コミを紹介!のイメージ

目次

  1. 1オイコスダイエットのやり方や注意点を解説!
  2. 2オイコスダイエットが効果的な理由
  3. 3オイコスダイエットのやり方とポイント
  4. 4オイコスダイエットの注意点
  5. 5オイコスダイエットにおすすめのラインナップ
  6. 6オイコスダイエットはタイミングとバランスが大事!

オイコスダイエットのやり方や注意点を解説!

オイコスダイエットで食べられるヨーグルトのイメージ

毎日の食事にオイコスというヨーグルトを取り入れた、オイコスダイエットがSNSなどの口コミで人気です。オイコスは、ほかのヨーグルトにはない特徴があり、ダイエットに向いています。ポイントを押さえて正しくオイコスダイエットを行うことで、より効果が期待できるでしょう。

この記事では、オイコスダイエットのやり方やメリット、押さえるべきポイントやSNSの口コミについて紹介します。

オイコスダイエットが効果的な理由

筋肉を作るタンパク質が豊富

カップに入ったヨーグルト

オイコスがダイエットに向いている理由の一つが、たんぱく質が豊富なヨーグルトであるということです。たんぱく質は、筋肉を作ります。筋肉量が増えることで代謝が良くなり、脂肪の燃焼量や消費カロリー量も増えるため、健康的に痩せるには欠かせない栄養素です。基礎代謝量が上がるため、運動量が少なくても痩せやすい身体になります。

たんぱく質は、男性なら一日60g、女性は一日50g以上を摂取することが奨励されています。オイコスには1個に約12gも含まれており、オイコスを1個食べることで、一日の必要量の約20%以上を摂取できるのです。主食の置き換えや、運動後に取り入れることで、効率よくたんぱく質を摂取できます。

乳酸菌による腸内環境の改善が期待できる

透明なガラス容器に入ったヨーグルト

オイコスには、ストリプトコッカス・サーモフィルス菌とラクトバチルス・ブルガリクス菌という2種類の乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあります。腸内環境を整えることで排便を促す働きが活発になって代謝が上がり、痩せやすい身体になるのです。

また、善玉菌が増えると余分な栄養の吸収を抑えてくれるため、身体に脂肪が溜まりにくくなります。さらに、満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを押さえてくれるのも、ダイエットに嬉しい効果です。

脂肪ゼロ・低カロリー

器にたっぷり盛られたヨーグルト

オイコスは他のヨーグルトと比較して、低カロリーで脂質がゼロという点も、ダイエットに向いています。脂肪を抑えながらたんぱく質を摂れるので、脂肪を落としたい人や、筋トレをメインにボディメイクをしながらダイエットをしている人におすすめです。

ただし、糖質は含まれているので、食べ過ぎには注意が必要です。フレーバー付きや加糖のオイコスの方が糖質量が多いため、極力糖質の摂取を抑えたい人は、砂糖不使用のプレーン味を選ぶと良いでしょう。

オイコスダイエットのやり方とポイント

やり方①食前・食後に食べる

ヨーグルトを食べる女性

オイコスダイエットで無理なく始められるやり方としては、オイコスを食前・食後に食べることです。食前と食後でそれぞれメリットがあります。食前に食べるとお腹が満たされるため、その後の食事では食べ過ぎ防止になり、食事量を減らすことができます。また、糖の吸収量を抑えることもできるので、ダイエット効果が高いです。

腸内環境を改善して代謝を上げたい時は、食後に食べるのが良いといわれています。空腹時に食べると乳酸菌が胃酸で死んでしまうため、食後の方がより多くの乳酸菌を生きたまま腸へ届けられます。死んだ乳酸菌も善玉菌のエサになるため、効果がないわけではありませんが、より効果があるのは食後です。

やり方②夜の主食と置き換える

カップに入ったヨーグルト

オイコスダイエットで置き換えをする際は、朝と昼より夜の主食を置き換えることがおすすめです。白米やパンなどの炭水化物よりも、カロリーと糖質、脂肪が抑えられてたんぱく質が摂れるため、主食の置き換えのみでも充分効果があります。一食置き換えよりも空腹を感じにくいため、ストレスも少なく継続しやすいでしょう。

また、夜の置き換えを奨励するのは、一日の中でも運動量が少なくカロリー吸収の比率が大きくなるためです。よりダイエット効果が期待できます。

やり方③発酵食品と組み合わせて食べる

白い器に入ったヨーグルト

オイコスダイエットでは、納豆などの発酵食品と一緒に食べるのもより効果的です。納豆に含まれる納豆菌は乳酸菌のエサになるため、オイコスだけ食べるよりも、より乳酸菌を増やすことができます。また、味噌も乳酸菌が豊富に含まれている食品であるため、相性が良いです。ほんのりしょっぱい味がオイコスの無糖と相性良く、味変にもなります。

また、発酵食品を一緒に食べることで、オイコスだけでは足りない脂質を程よく補うことができます。脂質は極端に摂取を避けると、身体が内臓脂肪を溜め込みやすくなるため、逆効果です。組み合わせによって、必要な栄養をバランスよく摂りましょう。

口コミ

ポイント①食物繊維やビタミンは他の食材で補う

オイコスダイエットで食べられる水切りヨーグルト

たんぱく質の摂取を中心とするオイコスダイエットでは、ビタミン類や食物繊維が摂れません。ビタミンはたんぱく質の吸収を促し、食物繊維は腸内環境を整えるために必要な栄養素です。バランスよく栄養を摂るために、ビタミンや食物繊維が多く含まれる野菜を積極的に食べましょう。

ビタミンは野菜や果物のほか、鶏肉、赤身魚などを食べましょう。サプリで補給しても構いません。食物繊維を摂るなら、葉物野菜や玄米、オートミールを食べるのがおすすめです。

ポイント②朝食・昼食の置き換えは効果が薄い

オイコスダイエットで食べられる水切りヨーグルト

オイコスダイエットでの効果的なやり方としては、夜の食事の置き換えです。では、朝食や昼食の代わりに置き換えるやり方はどうでしょうか?朝食や昼食後は夜に比べて運動力が多く、食事で摂取したカロリーはその日のうちに消費されることが多いです。そのため夜置き換えに比べると、朝や昼のみの置き換えは、あまり効果が期待できません。

やり方①で紹介した食事の前後に食べる場合は、一日のカロリーや糖質の総摂取量に注意が必要です。通常の食事にプラスするだけでは、カロリーや糖質の摂取量が基準より上回ってしまいます。朝食や昼食自体も、糖質・カロリーを抑えた食事にしましょう。

オイコスダイエットの注意点

低カロリーでも食べ過ぎはNG

ボウルにたっぷり入ったヨーグルト

オイコスダイエットで気をつけたいのは、オイコスが脂質ゼロ・低カロリーだからといっても、食べ過ぎないことです。ずっしりとした濃厚な食べ応えが美味しく、プレーン以外にフレーバーも多く展開されているため、中には何個も食べてしまうという人もいます。

しかし、脂質はゼロでも糖質は含んでいるので、注意が必要です。プレーンには5g、フレーバーつきには約10gの糖質が含まれており、食べ過ぎると太る原因になってしまいます。糖質やカロリーの摂取量を考えると、1日に5個までを限度にしましょう。

ちょい足しやアレンジは控える

グラノーラやチョコレートを乗せたヨーグルト

オイコスダイエットで食べる場合、甘味料を追加したりグラノーラにかけたりするといった、ちょい足しやアレンジは控えましょう。砂糖不使用のプレーンは、そのままでは食べにくいと感じる人もいるかもしれません。しかし、グラノーラや砂糖を追加するアレンジは、糖質の摂取量が増えて太る原因になってしまいます。

プレーン味が食べにくい人は、キウイやバナナといったフルーツや、血糖値を上げにくいオリゴ糖やはちみつ、カロリーゼロのラカントといった自然の甘味料を使うのがおすすめです。ただし、毎回オイコスと一緒に食べると甘みがないと食べられなくなり、糖質の摂取量が増えてしまうため、頻度は控えめにしましょう。

「オイコスだけダイエット」は継続に不向き

オイコスダイエットで食べられる水切りヨーグルト

カロリーや糖質の摂取量が気になり、朝昼夜すべての食事をオイコスだけにしたいと思う人もいるかもしれません。しかし、オイコスだけを食べると栄養に偏りが出てしまうため、おすすめしません。食物繊維やビタミン類が不足してしまいます。オイコスダイエットでは、オイコスを中心に、バランスよく栄養を摂取するのが奨励されます。

またオイコスダイエットは、一定期間継続することも重要です。オイコスだけ食べ続けるのは、フレーバーが多数あるといっても、飽きてしまうでしょう。毎日の食事にプラスすることで、無理なく続けられるのです。

オイコスダイエットにおすすめのラインナップ

オイコス 高たんぱく質ストロベリー

いちごジャムを加えたヨーグルト

オイコス 高たんぱく質ストロベリーの栄養成分
栄養成分 内容量
カロリー 92kcal
たんぱく質 10.2g
脂質 0g
炭水化物 12.1g
食塩相当量 0.1g
カルシウム 125mg


ストロベリーソースが加えられたオイコスです。ソースには種や果肉が入っており、プレーンの加糖よりも甘く感じるため、食べた時の満足感が高く人気があります。シャーベット状に凍らせて食べるのも、アレンジとしておすすめです。また、フレーバー付きの中ではたんぱく質が0.1g多く、無糖プレーンの次にオイコスダイエットに向いています。

口コミ

オイコス プレーン砂糖不使用

ボウルに入ったプレーンのヨーグルト

オイコス プレーン砂糖不使用の栄養成分
栄養成分 内容量
カロリー 71kcal
たんぱく質 12.0g
脂質 0g
炭水化物 5.2g-糖類3.8g
食塩相当量 0.1g
カルシウム 135mg

オイコスの中では最も糖質とカロリーが少ないタイプです。オイコスダイエットをするなら、この無糖プレーンタイプをメインに取り入れると良いでしょう。カルシウム量もオイコスの中では最も多いので、オイコスダイエットをする人だけでなく、筋トレでボディメイクをしている人にもおすすめです。

SNSなどの口コミでは、糖質を抑えながら美味しく食べるアレンジも紹介されているので、参考にしてみてください。

口コミ

オイコス ブルーベリー

ブルーベリー入りのヨーグルト

オイコス ブルーベリーの栄養成分
栄養成分 内容量
カロリー 92kcal
たんぱく質 10.1g
脂質 0g
炭水化物 12.2g
食塩相当量 0.1g
カルシウム 125mg

ブルーベリーソースをかけたオイコスブルーベリーは、ストロベリーと並んで人気の高いフレーバーです。甘酸っぱさとブルーベリーの果肉感が、濃厚な食感のヨーグルトによく合います。ストロベリーが甘すぎると感じる人は、ブルーベリーも試してみると良いでしょう。オイコスダイエットでたまに違うフレーバーを食べてみたい時におすすめです。
 

口コミ

オイコスダイエットはタイミングとバランスが大事!

フルーツを添えたヨーグルト

オイコスダイエットは、継続しやすく効果も期待できるダイエットとして、口コミでも人気です。食前食後に食べる際は、一日のカロリーや糖質の摂取量に気をつけましょう。食事の置き換えをする場合は、栄養バランスに気をつけ、無理なく続けることがポイントです。この記事で紹介したオイコスダイエットのやり方を、ぜひ参考にしてみてください。

Thumb「MEC食」がダイエットに効果的?やり方や糖質制限との違いもチェック | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbホットヨーグルトダイエットの効果まとめ!やり方や食べる時間帯は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbヨーグルトを食べる時間はいつが効果的?適切な食べるタイミングを解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング