【100均】ダイソー・セリアの空気入れ12選!スプレータイプなども!

ダイソーで空気入れを買ったことがありますか?今は種類が豊富で、昔からあるポンプ式の商品から、スプレータイプの空気入れ、また携帯できる空気入れなど便利な商品が100均には沢山あります。しかし、ボールや自転車に空気を入れる時、100均の空気入れは丈夫なのか、気になります。そこで、空気入れの使い方もまじえて、ダイソー・セリア・キャンドゥの空気入れを用途別に比較して紹介します。

【100均】ダイソー・セリアの空気入れ12選!スプレータイプなども!のイメージ

目次

  1. 1ダイソー・セリアの空気入れの選び方!
  2. 2100均のおすすめ空気入れ【ダイソー編】
  3. 3100均のおすすめ空気入れ【セリア編】
  4. 4100均のおすすめ空気入れ【キャンドゥ編】
  5. 5ダイソー・セリアの100均空気入れのメリットは?
  6. 6ダイソーの空気入れはコスパが良くて種類も豊富!

ダイソー・セリアの空気入れの選び方!

まずは、ダイソーやセリアなどの100均ショップで空気入れを買う時のポイントを3つ紹介します。今では、ホームセンターに行かなくても空気入れはダイソーなどの100均ショップで買うことが出来ます。そんな時に壊れて買い替えするという損をしないためにも、選び方を間違えないように参考にしてください。

空気圧が強い

まずは、何と言っても空気圧が強いことです。おもちゃなどの小さいものに空気を入れるなら空気圧は低くても良いですが、自転車や大きめのボールに空気を入れるときはある程度の空気圧がないとちゃんと空気が入りません。やはり、ホームセンターなどで買う1500円前後の空気入れとは空気圧の高さは違うので、ダイソーなどで買う時は、空気入れの使い方を考えて購入してください。

種類は自分に合ったものを

次に使い方によって種類を変えることが重要です。空気入れはポンプ式やスプレー式など様々な種類があるし、大きさや使い方も異なります。ダイソー・セリア・キャンドゥなどのお店では常時最低3種類以上の空気入れは品揃えしています。その中で自分はどんな時に空気入れを使うかを把握し、最も適した空気入れを選部のが良いと思います。

目立つ色で紛失を防ごう

空気入れを使う頻度が多い人は持ち運びをすると思います。そういう時にすぐ自分のだとわかるようなカラーの空気入れだと置き忘れも防げると思います。ダイソーなどの100均ショップは基本は黒色の空気入れですが、カラーバリエーションも豊富なので、空気圧、種類が自分の使用用途に合っていたら、色も変えて自分だけの空気入れを持つことをおすすめします。

100均のおすすめ空気入れ【ダイソー編】

100均のお店と言ったら真っ先に思い浮かぶ名前がダイソーだと思います。店舗数も他の100均ショップに比べてダントツで多いのもダイソーの特徴です。このダイソーが品揃えしている空気入れもバラエティにあふれています。自分に用途に合った空気入れをじっくり選ぶことが出来るので参考にしてください。

スプレータイプの空気缶

手軽に持ち運びも出来るダイソーのスプレー式の空気入れが最近では人気です。自転車用と書いてありますが、吸入口が合えば、他のものでも使えると思います。しかし、ロードバイクなどタイヤが太い自転車だと空気圧が高くなくてはいけないので、ダイソーのスプレー式空気入れだと全然入らないと思います。スプレー式の空気入れを買う時は、きちんと調べて買うのが良いと思います。

自転車空気入れ

自転車の空気入れはポンプ式が一般的だと思います。ダイソーでも英式バルブのポンプ式自転車空気入れがあります。ただ、ハンディタイプの空気入れなので、自転車に空気を入れるときは少し大変かもしれません。しかし、持ちやすく携帯にも便利なので、パンクしたときの応急措置をするときにはダイソーのハンディタイプの空気入れは便利だと思います。

200円の自転車空気入れ

ダイソーでは自転車空気入れが200円でも売っています。少しコンパクトですが、形はホームセンターで売っている空気入れと殆ど変わりません。こちらも英式バルブに対応していて、使い方はペダルに足を乗せ、両手でポンプを押すタイプになっています。ダイソーにあるハンディタイプよりもポンプの押す回数は減るし、安定性もあるので、子供用の自転車のタイヤだと約20回くらいで空気が入ると思います。

ボール用空気入れ

ダイソーの空気入れの中でも優れモノと言われるのが、ボール用空気入れです。細いアダプターが付属しており、それを空気入れの先につけて使うだけの便利な空気入れです。ストレッチなどで使うフィットネスボールなどにも使えます。もちろん、サッカーボールにも使えるので、ダイソーのボール用空気入れを一家に1個常備しておくと、ふとした時にとても使い勝手の良い空気入れになると思います。

ポンプ空気入れ

ダイソーには昔から定番のポンプ空気入れもあります。これは主に浮き輪やビニールボールなどに使い、夏の海で使っている光景が良く見られると思います。しかし、大きめのエアボートや浮き輪に使うとかなり時間がかかり大変です。また、携帯するには少し不便かもしれません。ただ、子供が遊びながら空気を入れるには便利な空気入れだと思います。これは、ダイソー以外のお店でも多く売られている商品です。

100均のおすすめ空気入れ【セリア編】

ダイソーの次に店舗数が多いセリアは、雑貨屋さんのようなオシャレなデザインが多い100均ショップです。食器や子供用品に力を入れているように感じますが、空気入れなどの日用品も意外と種類が豊富です。セリアの商品も一度チェックしてみてください。

ボール用空気入れ

セリアのボール用空気入れは持ち運びに便利なコンパクトサイズになっています。主にビニール製の商品の空気を入れる用途で使います。写真にもある通り、押しても引いても空気が入る仕組みになっているので、便利で使い勝手が良いと思います。これならかばんにポンと入れることが出来るので、海水浴など荷物が多い時は携帯するにはおすすめの空気入れです。

エアーポンプ

色鮮やかなセリアのエアーポンプは置き忘れなどの紛失防止に最適な空気入れです。上蓋の中にボールの空気を入れるための替え針が入っているので、空気を入れる穴が少し小さめのボールなどに使うことが出来ると思います。子供の外遊びなどで、ついつい出したまま忘れて帰ってしまわないようにセリアのエアープンプをひとつ常備しておきましょう。

自転車空気入れ

セリアの自転車用空気入れは黒でシンプルな形をしています。携帯するには多く過ぎて不便ですが、自宅で自転車の空気れをするならそれほど場所を取らないコンパクトな空気入れになっています。英式バルブに対応しているし、ペダルに足を乗せて空気を入れるタイプなので、さほど力はいらないと思います。しかし、ロードバイクなどの特殊な自転車の空気を入れるときは空気圧が足りないかもしれないので、注意してください。

スプレー式空気入れ

セリアにもスプレー式空気入れがあります。こちらも自転車用と書かれていますが、特殊な自転車は空気圧が足りないのでおすすめできません。子供用の自転車や買い物などに使う普通の自転車なら、約5回くらい使用することが出来ます。パンクの応急処置にも使えるので、一度試しに購入するのも良いと思います。

100均のおすすめ空気入れ【キャンドゥ編】

ダイソーやセリア以上に主婦層に人気の100均はキャンドゥだと思います。生活雑貨も充実し、デザインも可愛らしさがあり、アイデア商品も豊富に取り揃えています。空気入れはダイソーやセリアと似た商品も多いですが、主婦が気軽に買える100均のお店だと思います。

万能空気入れ

キャンドゥの万能空気入れは、ダイソーで売られているボール用空気入れに少し似ています。こちらも替え針があるので、浮き輪などの空気を入れるには通常の口で、サッカーボールなどに空気を入れるときは細い替え針を使用して空気を入れます。ハンディタイプなので、大きいものの空気を入れるときは手が疲れてしまうかもしれません。しかし名前の通り、万能な空気入れなので、いざという時に役に立つ空気入れだと思います。

細長い空気入れ

キャンドゥの自転車空気入れはコンパクトで邪魔にならないサイズです。使い方は、収納されたチューブを出して自転車の方とネジで固定します。本体の方のチューブもしっかりはまっているか確認して、後は手でポンピングするだけです。地面において体重をかけて空気を入れるわけではないので、若干大変だとは思いますが、会社のデスクの隙間に置いたり、家の玄関の傘入れと一緒にさしておける見た目もシンプルな空気入れです。

スプレー式空気入れ

キャンドゥのスプレー式空気入れはセリアと同じです。作っているメーカーが同じでそのメーカーがセリアとキャンドゥに卸しているだけでした。ちなみにダイソーのスプレー式空気入れと比べると内容量が若干ダイソーの方が多いので、使用回数が少し変わるかもしれないと思いました。スプレー式空気入れは使いきりなので、毎日通勤通学で自転車を使う人ならカバンに1個携帯しておくのも良いと思います。

ダイソー・セリアの100均空気入れのメリットは?

コンパクトで使い方も簡単

まずはコンパクトというメリットがあげられます。そして使い方も簡単です。ボール用空気入れやスプレー式の空気入れは空気を入れる穴に挿すだけ、自転車用の空気入れもクリップ状になっているアダプターを差し込むだけです。ダイソーやそのほかの100均ショップも使い方は殆ど一緒なので、失敗することはないと思います。

手軽で携帯に便利

次にどこでも持ち運べるのが100均ショップの空気入れです。ダイソーなどにも置いてあるスプレー式の空気入れは携帯するのに場所を取りません。また、ダイソーで売られている200円の空気入れも他の空気入れよりしっかりしていますが、車のトランクにいれても邪魔にならないし、重さもホームセンターの空気入れに比べると軽いので、女性でも持ち運びが楽だと思います。

安いので買い替えやすい

ホームセンターなどで空気入れを買う場合、最低でも1000円前後の値段はします。買ったはいいけど、使いづらかったり、使う頻度が少なく物置の隅に埃をかぶっているなんてこともあるかもしれません。その点、ダイソーなどの100均ショップの空気入れだと買い替えやすいと思います。また、100均の商品でも大切に使うと、長く愛用出来たりするので、立派な空気入れを買う前にダイソーで試してみるのも良いかもしれません。

ダイソーの空気入れはコスパが良くて種類も豊富!

このように、ダイソーの空気入れはホームセンターに負けないくらい種類が豊富でバラエティにあふれています。もちろん長く使うことも出来るので、高コスパで家計にも優しいです。今回はダイソー・セリア・キャンドゥの空気入れを紹介しました。比較的ダイソーの空気入れは種類が多いので、空気入れが必要になる前にダイソーに寄って、常備品のひとつとして選んでください。

Thumbダイソーの風船のおすすめと種類は?メッセージバルーンもある! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb【ダイソー】返品条件を調査!開封済み・レシートなしの期限・方法は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ