100均のスナップボタンを一挙紹介!ダイソーやセリアごとのおすすめと付け方も!

100均のスナップボタンはオーソドックスなものからデザイン性に凝ったものまで種類豊富に揃うことを知っていましたか?中でも大手100均ショップ、ダイソーやセリアではサイズやタイプも各種取り揃えているのでチェックする価値ありです。今回は100均で買えるおすすめスナップボタンを取り上げます。手芸店に行く前に100円で買える100均でお目当てのスナップボタンが見つかるかもしれません!最後には付け方やお手軽アレンジも紹介します。

 100均のスナップボタンを一挙紹介!ダイソーやセリアごとのおすすめと付け方も!のイメージ

目次

  1. 1100均のスナップボタンは種類が豊富で使いやすい
  2. 2100均のおすすめスナップボタン【ダイソー編】
  3. 3100均のおすすめスナップボタン【セリア編】
  4. 4100均のおすすめスナップボタン【キャンドゥ編】
  5. 5100均スナップボタンの種類別の付け方
  6. 6100均のスナップボタンを付ける時の注意点
  7. 7100均スナップボタンのアレンジ術
  8. 8100均のスナップボタンで生活が便利になる

100均のスナップボタンは種類が豊富で使いやすい

手軽でボタン留めが苦手な子供でも使いやすいスナップボタンは、手芸をやる方にはお馴染みの商品です。近年はわざわざ手芸店まで足を運ばなくても100均に行けば買うことができます。100均のダイソーやセリアにはオーソドックスなものから、お洒落で可愛いデザインのものまで種類豊富に揃っているので十分満足できます。

今回は100均で買えるスナップボタンに焦点を当て人気の商品をピックアップしました。基本的なスナップボタンの取り付け方やおすすめ活用術も紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

100均のおすすめスナップボタン【ダイソー編】

まずは日本一店舗数が多いと言われる100均の王者ダイソーのスナップボタンから紹介します。本当にこれが100円なの?と目を疑うほどハイクオリティな商品が揃っています。

スナップファスナー

100均ダイソーのスナップファスナーは、縫い付けるタイプのスターンダードなスナップボタンです。サイズは小物や薄地布用の8mm24個入り、小物や普通生地用の10mm15個入り、ニットや厚生地用の12mm9個入り、厚生地や極厚生地用14mm9個入の4種類あるので、用途に合わせて選ぶことができます。

打ち具などの用具も必要なく、縫い付けるだけと付け方も簡単なので誰でも手軽にスナップボタンを付けることができます。万が一失敗しても縫い直しができるので安心です。どのサイズを選んでも100均価格なので、何種類かストックしておくのも良さそうです。

マグネットボタン

小さな子供や力のない方は、100均ダイソーのマグネットタイプのスナップボタンもおすすめです。ダイソーのマグネットボタンはその名前のとおり磁石で付くボタンなので、バッグやポーチなどにも使い勝手が良いです。

マグネットなので付け方が難しそうですが、スナップボタンから飛び出ているツメを布地に通して折るだけなので糸も針も必要ありません。ダイソーにはシルバー、ゴールド、金古美というアンティーク調のカラーの3種類揃っているので、使いたい小物に合わせて選んでください。外からも見えないように取り付けできるので、スナップボタンが主張しすぎるのが嫌、という方にも最適な商品です。

ワンタッチホック

100均ダイソーのワンタッチホックは、付け方が簡単なのに既製品のような仕上がりになるスナップボタンです。打ち具など特別な道具がなくても指先だけで取り付けられるのが人気です。付け方は生地に穴を開け、スナップボタンで挟んでパチっと留めるだけの手軽さなので手芸が苦手な方も心配いりません。

服だけでなくバッグのポケットや雑貨など様々な場所に取り付けられるので、プチリメイクを楽しむことができます。13mmサイズのものが4セット入って100円で購入できるのもダイソーならではのお値打ち価格です。なおカラーはホワイトとネイビーの2種類ありますので、付ける雑貨や布地に合わせて選んでください。

リングスナップ

あまり聞きなれないかもしれませんが、100均ダイソーには打ち具で取り付けるリング状のスナップボタンも販売されています。商品名通り取り付けたところがリング状に見えるスナップボタンで、あまり主張しないデザインなのでさりげなくスナップボタンをつけたい方には最適な商品です。

付け方は布地にリングを挟んで、打ち具で打ち付けるだけOKです。打ち具はあらかじめセットに入っているので、別に用意する必要はありません。ダイソーではシルバー、赤、水色、ネイビー、白を5種類のカラーがあるので、好みに合わせてチョイスしましょう。

100均のおすすめスナップボタン【セリア編】

100均とは思えないようなシンプルでセンスの良い雑貨や小物が多く揃うセリアにも、スナップボタンがたくさん販売されています。ここではセリアで人気のスナップボタンを取り上げました。

スナップセット

ダイソーでも縫い付けタイプのスナップボタンを紹介しましたが、100均のセリアも同様の商品があります。スナップセットは縫い付けて取り付けるので、縫う方が慣れている、縫った方が取り付けやすいという方にはこちらの商品が向いています。

セリアのスナップセットは使いやすいサイズが3種類セットになったアソートタイプなので、裁縫箱に一つ入れておくといざという時にも役立ちます。欲しいサイズを少しずつ使えるので、幼稚園や小学校で急に必要になった時などにも便利です。

樹脂ホック

100均セリアの樹脂ホックは、打ち具など特別な道具も必要なく手だけで簡単に取り付けできるスナップボタンです。キャンバス、パンプ、キルト、デニムなど厚手の生地にも対応しているので、幅広く使える点が人気です。ハンドメイドでポーチやバッグを作っている方は、ぜひ利用してみてください。

樹脂製で丸い可愛らしい形をしているので、子供服に使っても喜ばれます。カラーは白、ブルー、ピンクの3種類あるので、子供の好みに合わせて選んであげるのも良さそうです。人気商品のためセリアでも品切れになっている場合がありますので、見つけたら即GETがおすすめです。

ドットボタン

100均セリアのドットボタンは、アンティーク調のカラーが特徴のスナップボタンでデニムやダンガリーシャツ、革小物などにも好相性です。スナップボタンとしては大きめの15mmサイズで存在感があるので、ポイント使いにしても素敵です。手持ちのバッグや洋服に取り付けてプチリメイクを楽しむのも良いでしょう。

セリアのドットボタンは取り付けたい布の表と裏に各2種類のパーツを使うため、1回に4つのパーツが必要になります。通常のスナップボタンよりは付け方がやや複雑ですが、コツを掴めば誰でも簡単に取り付けできるので試してみて欲しいおすすめです。

なおドットボタンの取り付けには打ち具が必要なので、セリアで売っている打ち具も一緒に購入するようにしましょう。

マグネットホック

100均のダイソーで販売されているマグネットボタンと同様のタイプが、セリアのマグネットホックです。セリアでは縫い付けるタイプと穴を開けて差し込む割足タイプの2種類が揃っているので、糸や針で裁縫をするのが苦手という方は断然割足タイプですが、縫うことになれている方は縫い付けタイプの方が取り付けしやすいです。

セリアではサイズが12mmと14mmの2種類あるので、付ける小物のサイズに合わせて選んでください。この2種類だとサイズが小さいという方には、割足タイプのみになりますが18mmの特大サイズがあるのでチェックしてみましょう。

100均のおすすめスナップボタン【キャンドゥ編】

100均のスナップボタンで最後に紹介するのは、キャンドゥです。近くにキャンドゥがない方も、オンラインショップから購入できるので気軽に利用してみてください。

スナップボタン(3種類)

100均のキャンドゥのスナップボタンは、ベーシックな縫い付けるタイプです。種類は8mm22個入り、12mm12個入り、14mm8個入りの3種類あるので、取り付けたいものに合わせて選びましょう。カラーはクールなシルバーとブラックの2色展開です。

スナップボタン付きネームタグ

キャンドゥのスナップボタン付きネームタグは、ネームタグにプラスチックタイプのスナップボタンがあらかじめ付いている商品です。子供のバッグやポーチなどにわかりやすく目印をつけたい方にぴったりで、可愛らしいデザインが揃っているので喜んでくれそうです。縫い付けも打ち具も不要で不ワンタッチで取り付けられる点も便利です。

100均スナップボタンの種類別の付け方

100均のダイソーやセリアのおすすめスナップボタンを紹介してきましたが、ここからは種類別の付け方を詳しく解決します。まだスナップボタンを付けたことがないという方はぜひ参考にしてください。

必要な道具

100均のスナップボタンには縫い付けるタイプ、打ち具で打ち付けるタイプ、指で留めるワンタッチタイプなどいくつか種類があるので、まずは購入するスナップボタンがどのタイプなのかを事前に確認することが大切です。

縫い付けるタイプは針と糸が必要ですし、打ち具で付けるタイプは打ち具が必要になります。打ち具はセットになっているものもありますが、別売りの場合もあるのでよくチェックしておきましょう。その他チャコペンなど印をつけるペンがあればスムーズに作業できるので、ある方は用意しておいてください。

打ち具不要タイプ

  1. スナップボタンを付けたい場所にチャコペンで印を書き、穴を開けます。
  2. ヘッドを表側から挿し込みます。
  3. 反対側からバネをかぶせ生地を挟み強く押します。
  4. ゲンコもバネと同じようすれば完成です。

打ち具不要タイプは、100均の商品で言うと手で取り付けられるワンタッチボタンのスナップボタンになります。1組のスナップボタンにつき受けになる部分と差し込む部分とそれぞれ2種類のパーツが必要になるので、付け方が裏表逆にならないように注意してください。

指でぱちんと押し込むだけで糸も針も必要ありませんので、裁縫初心者の方でも簡単に取り付けることができます。

打ち具使用タイプ

  1. 生地の裏側からツメが上になるように足側をセットします。
  2. 表面から対になるスナップボタンを乗せて再度打ち具を乗せます。
  3. ハンマーで打ち付けて固定します。
  4. 反対側も同様にボタンをセットしハンマーで打ち付けたら完成です。

打ち具使用タイプのスナップボタンの付け方は、ハンマーを使うので子供と一緒に作業を行う時は怪我に注意してください。ハンマーで叩くのでテーブルの上で作業を行うときは、厚めの雑誌や新聞紙等を敷いて傷つかないようにしましょう。

縫い付けタイプ

  1. スナップを生地の縫い付けたいところにチャコペンで印をつけます。
  2. 糸を通した針の玉むすびが印のところにくるよう一針通します。
  3. 上からスナップボタンをかぶせ、真ん中の穴が開いている穴のそばから生地に針を入れボタンの穴に針を通します。
  4. 穴全てに糸を通し全ての穴を縫い付けたら、縫い終わりの位置で玉留めします。
  5. もう片方も同じように縫い付ければ完成です。

縫い付けタイプのスナップボタンの付け方は、取り付けたい布地にオス側が上にメス側が下になるようにボタンを置き、穴に糸を通して縫い付けていきます。スナップボタンを縫い付けるときはあまり糸を引っ張りすぎるよりも多少遊びがある方が良いです。留め外しの時に遊びがあったほうが糸が切れる心配がありません。

マグネットタイプ

  1. ボタンを付けたい位置の裏に補強用の布をつけておきます。
  2. 接着心に穴を開け、反対側から切り込みに本体ボタンの足を挿し込みます。
  3. 挿し込んだ本体の足に座金をかぶせ、本体と座金で生地を挟みます。
  4. 本体の足の部分を外側に倒し、残った片側も同じ工程を行えば完成です。
     

マグネットタイプは磁石の力でつけるスナップボタンです。取り付け位置の裏に補強用の布を取り付けます。補強用の布は必ず必要ではありませんが、マグネットタイプはボタンそのものが重いので穴が空きやすいため取り付けておくほうが安心です。

一見難しそうですが、表面と裏面を間違えなければ意外と簡単に付けられます。しっかりと留まるのでバッグや洋服などにも向いています。

100均のスナップボタンを付ける時の注意点

100均のスナップボタンの付け方は慣れると簡単ですが、最初はいつくか注意しなくてはならない点があるので紹介します。100均で買った商品の裏側にも付け方の説明書きがありますので、合わせてよく読んで失敗しないように取り付けてください。

自分に合う種類を選ぶ

100均のスナップボタンは種類が多いので、どのタイプが自分にあったものなのかよく見極めることが大切です。それぞれのスナップボタンごとに特徴があるので、100均ショップに行く前にイメージしておくとスムーズに購入できます。

例えば縫い付けタイプのスナップボタンは、100均でも一番サイズも豊富で縫い付けが面倒な反面表にボタンが出ないという利点があります。また生地に穴を開け内ので何度でも付け替えできデザインを損ねにくいのもメリットです。

打ち具が必要なタイプは打ち具とういう専門の道具が必要ですが、糸や針を使って縫い付ける必要がないので裁縫が苦手な方も取り付けしやすいです。縫い付けも道具を使っての作業も嫌だという方は、手で留められるタイプも100均で販売されているので利用すると良いでしょう。

必要な道具を確認する

スナップボタンを付ける時、100均の商品によっては道具が必要なことがあります。特に打ち具タイプのスナップボタンは基本セットに打ち具が入っているものもありますが、別売りのこともありますので注意が必要です。購入するスナップボタンに必要な道具が何なのかを購入前によく確認しておくことが大切です。

必要な道具が別売りであっても、100均で取り扱っていることが多いのでわからない方は店員さんに尋ねると良いでしょう。

シリコンマットを下に敷く

打ち具タイプのスナップボタンは打ち具の上からハンマーで叩く必要があるので、そのままテーブルの上で作業すると傷んでしまうことがあります。それを防ぐためあらかじめテーブルに厚手のシリコンマットを敷いておくのがおすすめです。シリコンマットを敷くとずれにくく作業がしやすいため、家庭に1枚あると重宝します。

100均スナップボタンのアレンジ術

100均のスナップボタンはベーシックに衣類や小物に使うのも良いですが、ちょっとした工夫で別の用途に使うことができます。100均の商品はサイズやカラーも種類豊富なのでアレンジも自由自在に楽しめます。

このセクションではおすすめのアレンジ術をいつくか取り上げますので参考にしてください。100均で買ったボタンをどんどん活用していきましょう。

名前タグ

100均にも名前タグが販売されていますが、スナップボタンがあればハギレを使って手作りすることもできます。作り方は好きなハギレを細長くカットし、端と端にボタンを付けてください。あとはバッグや上靴入れの持ち手にタグを引っ掛けボタンを留めたら完成です。

この方法ならハギレとボタンだけですぐに作れますし、好きな柄のハギレを有効活用できるので無駄にもなりません。シンプルなボタンで作っても良いですし、100均に売っているカラフルなプラスチック製のボタンにしてアクセントにするのも素敵です。

子供用食事エプロン

お気に入りのデザインの布地を使って子供用の食事エプロンを手作りするママも多いと思いますが、そんな時に大活躍するのが100均のスナップボタンです。食事エプロンの首の部分に取り付けると、付け外しも楽チンです。

赤ちゃんの肌に直接触れるのが心配でも裏地であれば安心です。金属アレルギーがある子供には100均でも販売している樹脂製のものを使用しましょう。

赤ちゃんのおもちゃ

100均のボタンを使って赤ちゃんのおもちゃを手作りしてみませんか?用意するものはフェルト生地と100均のスナップボタンだけです。土台はフェルトを細長く切ったものともう片側にはフェルトでフルーツや電車、動物の顔など赤ちゃんが好きなモチーフを用意し、100均のリングボタンなどを取り付けるだけで完成です。

赤ちゃんの力でも取り外しやすい100均の樹脂製ボタンを利用するのがおすすめです。単純な付け外しの作業ですが、好きなモチーフなら喜んでくれますし、意外に集中して遊んでくれるのでママも助かります。なおフェルトをカラフルにすると目にも刺激になるのでおすすめです。

手帳カバー

手帳カバーは市販のものもありますが、柄や色が気に入らなかったりサイズが合わないなど全て気に入るものを探すのは至難の業です。そんな時は手帳カバーを手作りして、世界にひとつだけのオリジナルを作ってみるのはいかがでしょうか?

お気に入りの布地を用意し、手帳サイズに合わせてカットしたら端がほつれないように縫い合わせ、100均のボタンをつけるだけで完成します。

布地だけでは頼りないという方は、台紙を用意して挟み込むとより強くなります。100均のボタンと布地の色をリンクさせるとお洒落に仕上がるので、自分好みにアレンジしてください。

着せ替えヘアゴム

女の子の髪を結ぶヘアゴムも100均のボタンを使って手作りしてみましょう。子供の髪を結ぶとき、ヘアゴムの飾りが大きすぎたり、飾りの方向が逆になってしまうことがありますが100均のボタンを使えば飾り部分と取り外しできる着せ替え仕様にすることができます。

作り方はスナップボタンの片側にヘアゴムを通して輪っかにします。飾り部分のパーツにボタンの片側を取り付けグルーガンや強力接着剤などで取り付け、土台につければ完成です。

慣れれば子供にも作れるほど簡単なのに、アレンジ次第でいろんなデザインのヘアゴムを作れるので楽しいです。友達にプレゼントすると喜ばれますので、多めに作ってみてはいかがでしょうか?

クラッチバッグ風ファイル

100均でも売っているソフトファイルケースを活用したクラッチバッグ風ファイルもおすすめのアレンジです。ソフトファイルファイルケースより一回り大きな紙を用意し、ソフトファイルを置いて包んだら瞬間接着剤などで貼り付け、封の部分にボタンを取り付けたら完成です。

外側の紙もソフトファイルケースもすべて100均で揃えることができるので、とてもリーズナブルに作ることができます。好きなデザインの紙を選んで自分だけのオリジナルクラッチバッグを作ってみましょう。

100均のスナップボタンで生活が便利になる

100均のダイソーやセリアで販売されているおすすめスナップボタンから取り付け方、おすすめアレンジまで紹介してきました。今まで服やバッグだけに使うものと思っていた方は、さまざまにアレンジできるので驚かれたのではないでしょうか?

100均では新商品もぞくぞく登場するので、新しいスナップボタンが発売されるかもしれません。定期的にパトロールして、商品をチェックしてみてください。スナップボタンを上手に使ってお洒落グッズを作ったり、小物を手作りするなどどんどん活用していきましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング