100均ダイソー・セリアのハトメパンチおすすめは?DIY活用法も!

100均ダイソー・セリアのハトメパンチについて解説します。どんなサイズが手に入るか、どんな関連アイテムが売られているかについても徹底調査!100均で揃う材料を使って楽しむ、便利でかわいいハトメパンチのDIYアイディアも紹介します。

100均ダイソー・セリアのハトメパンチおすすめは?DIY活用法も!のイメージ

目次

  1. 1100均ダイソーとセリアのハトメパンチを徹底解析!
  2. 2100均のハトメパンチおすすめ商品【ダイソー編】
  3. 3100均のハトメパンチおすすめ商品【セリア編】
  4. 4100均のハトメパンチおすすめ商品【キャンドゥ編】
  5. 5100均のハトメパンチを使うDIY活用法
  6. 6100均のハトメパンチを使ってDIYを楽しもう!

100均ダイソーとセリアのハトメパンチを徹底解析!

ハトメパンチはレザーや紙タグなどに穴を開け金具をはめ込むための道具です。ハトメパンチはホームセンターなどで手に入れることができますが、ダイソーやセリア等の100均ショップでも入手することが可能です。本記事では100均で買えるハトメパンチについて徹底的に解説していきます。

ハトメパンチは何に使う工具?

おしゃれな紙雑貨やレザークラフトなどに、金色のハトメが使われていることがあります。ひもを通して結んだり、おしゃれなタグを作ったりと何かと便利なハトメですが、取り付けるにはハトメパンチという専用の工具が必要です。

ハトメパンチはホームセンターのほか100均ショップでも購入できます。ハトメとハトメパンチを使って、おしゃれでかわいいハンドメイドクラフトに挑戦しましょう。

ハトメとは、服や靴・バッグなどについている紐を通すための金属製の穴のことです。サイズも豊富にあり本来の用途だけでなく、お洒落のワンポイントとして利用したりアイディア次第でさまざまに活用することができます。

ハトメパンチの売り場はどこ?

100均にハトメパンチを買いに行ったけれども、売り場が分からず困ったという経験をした人は少なくないようです。『DIY』は一般的に日曜大工を連想させる言葉として定着しているため、文具及び手芸よりも工具売り場で販売されていることの方が先に連想されて然るべきです。

また、関連商品も同じく工具売り場にて販売されています。ハトメパンチを100均で買う時は迷わず工具売り場へ直行しましょう!

ハトメパンチの使い方

ハトメには商品によってサイズの違いのほか、片面タイプ、両面タイプの違いがあります。片面タイプは文字通り金具が片側にしかないものです。一方、両面タイプは裏側にも受けの金具が付いているものです。ハトメパンチを初めて使う人は、簡単に付けられる片面タイプから挑戦するのがおすすめです。

ひと言でハトメといっても、片面タイプと両面タイプがありますが、DIY初心者の方におすすめしたいのは両面タイプのほう。
というのも、ひとつの金具を使う片面タイプだと、潰したときに裏側に凸凹ができてしまう恐れがあり、ほかの素材などにひっかかったり、傷ついたりする可能性があるからなんです。その点、ふたつの金具をあわせて使う両面タイプの場合は、表・裏ともにきれいに仕上がるので安心ですよ。

片面ハトメパンチ

片面ハトメの付け方はまず、作業台にゴム板などの台と穴を開けたい紙などを置きます。次に穴を開けたい位置を合わせポンチを使って穴を開けます。開ける穴の大きさはハトメ金具と同じ大きさかやや小さめに開けるとちょうど良いでしょう。ちょうどいい穴が開いたら片面ハトメを開けた穴に差し込み、ハトメパンチで挟んで固定したら完成です。

パンチで挟んで固定する際にはしっかりと力を入れる必要があります。金具の種類によっては女性の力ではなかなか固定しづらいかもしれません。アルミ製のハトメなら比較的少ない力で固定することができます。そのため、硬くて難しいと思った人はアルミ製のハトメを用意するのもおすすめです。

両面ハトメパンチ

両面ハトメの場合も片面ハトメの場合と基本的な手順は同じです。素材に穴あけポンチで丸い穴を開けます。次に、開けた穴にオスのハトメを表から差し込みます、メス側はくぼんでいる方を上にしてオスの金具にかぶせます。ハトメパンチの飛び出ている方を上にするのがポイントです。最後にハトメパンチを挟みしっかりと力をかけたら完成です。

100均のハトメパンチおすすめ商品【ダイソー編】

100均でハトメパンチを買いたいのなら100均の最大手ダイソーへ行くのがおすすめです。ダイソーには100均のハトメパンチと関連商品が種類多く売られています。サイズ違いのハトメやポンチも手に入ります。100均でハトメパンチを購入したい人はぜひチェックしてみましょう。

ダイソーのハトメパンチ関連アイテム①ハトメパンチ片面用(4mm穴)

ダイソーで購入できるハトメパンチのうち、必要な道具がセットになっていてお得な商品がこちらです。ハトメパンチ片面用はサイズが4mmです。パンチだけでなく銀色と黒色のハトメ金具もついて200円です。別途追加でハトメの替え玉を購入する際は4mmタイプを用意しましょう。紙や布など厚さ1mm程度の素材に使えます。

 

このハトメパンチは、細い紐を通すための穴にハトメで飾りつけや補修をするために使われます。小さい紙タグなどの小物アイテムの飾りつけなどに使うと、より高級感のあるアイテムに仕上がりますよ。

ダイソーのハトメパンチ関連アイテム②ハトメパンチ片面用(7mm穴)

ダイソーにはハトメパンチがサイズ違いで揃っています。こちらはやや大き目サイズの7mm用ハトメが留められる片面用パンチです。ハトメ替え玉は7mmのスチール製の玉が5つついて価格は200円です。4mmのパンチと違い替え玉のハトメが5つしかついていないため、別途替え玉を購入しておくと良いでしょう。

ダイソーのハトメパンチ関連アイテム③スチールハトメ替玉(7mm)

前項で紹介したダイソーの7mm用片面ハトメパンチの替え玉になる商品がこちらです。サイズ7mmのスチール製ハトメ替え玉が80個入っていて100円です。7mmのハトメパンチを買う際にはこちらも同時に購入しておくと便利です。

ダイソーのハトメパンチ関連アイテム④穴あけポンチ(2mm/7mm)

ダイソーで販売しているハトメパンチのセットには、パンチと替え玉のみついています。素材に穴を開けるための道具は付いていませんので、穴を開けるためのポンチを用意しておく必要があります。ポンチはダイソー以外の100均でも購入することができます。

ダイソーではポンチがサイズ3mm・6mm用のポンチから10mm用まで揃っています。ハトメの替え玉と同じサイズのポンチを選ぶのがポイントです。こちらは皮用ポンチですので、薄い紙や布だけでなく皮革や薄板、ビニールなどにも穴を開けることができます。

100均のハトメパンチおすすめ商品【セリア編】

セリアにはハトメパンチで作るハンドクラフトに使えそうな副資材や素材が多く揃っています。またハトメパンチを使う時に同時に用意しておくと便利な道具についても手に入りますのでぜひ参考にしてみてください。

セリアのハトメパンチ関連アイテム①目打ち

セリアの目打ちはハトメパンチを使う時にいっしょに使える便利な道具です。もともとは裁縫をする時に角の仕上げをしたり、縫い目をほどくときに使うものです。ハトメ金具をはめる穴を開けるようにも使うことができます。

目打ちを使って一度に丸い穴を開けるのは難しいものです。しかし、少しずつ穴のサイズを調整する必要があったり、目印として先に穴を少しだけ開ける必要がある時にはとても役立ちます。例えば、目打ちで正確な位置をマークした後、ポンチを使って丸い穴を開けるといった使い方がおすすめです。

セリアのハトメパンチ関連アイテム②ファイリングパンチ

セリアで売られているファイリングパンチもまたハトメパンチといっしょに使える100均の道具です。ダイヤルを調整すればこれ一つで1つ穴、2つ穴、4つ穴を開けることができ、ハトメ用金具の穴を開ける際に使えます。ただしこちらは紙専用のファイリングパンチのため、紙以外の素材に穴を開けるのにはパワー不足であり向いていません。

セリアのハトメパンチ関連アイテム③カットクロス カラーレザー調

セリアにはおしゃれな雑貨づくりに活躍しそうなDIY材料が多く揃っています。フェイクレザーのカットクロスはセリアで買えるDIY材料の中では人気の商品です。適当なサイズにカットした後、金色のハトメを装着すればとてもおしゃれなタグに変身します。

セリアのカラークロスレザー調は、こっくりしたワイン色のほか、キャメル色、ブラウン色などが揃っています。ある程度の丈夫さもあるのでタグづくりだけでなく、小物づくりにも活躍するでしょう。

セリアのハトメパンチ関連アイテム④クラフト紙

セリアではタグづくりに便利な紙素材が多く手に入ります。なかでもクラフト用紙は金色のハトメとの相性がよいのでハトメパンチを使った雑貨づくりにおすすめの商品です。一番シンプルな無地のクラフト紙はA4サイズが60枚入った100均商品です。程よく厚みがありプリンターでデザインを印刷して使うことも可能です。

またシンプルな無地タイプの他にも、クラフトデザインペーパーという名前で柄入りの商品も販売されています。ポップな水玉柄やアンティーク柄などおしゃれな商品が揃っており、ハトメをつけていろいろなアイディアに生かせそうです。

100均のハトメパンチおすすめ商品【キャンドゥ編】

次にキャンドゥで買える100均のハトメパンチおすすめ商品を見ていきましょう。キャンドゥではハトメパンチ本体は売っていませんが、穴を開けるのに使える1穴パンチやポンチ、ポンチをスムーズに使うためのゴムハンマーなどが揃っています。

キャンドゥのハトメ関連アイテム①1穴パンチ

こちらはハトメパンチを使う時に活躍する1つ穴の穴あけパンチです。コピー用紙なら最大6枚まで重ねて穴を開けることができます。穴のサイズは約6mmです。てこの原理で強い力がなくても握るだけで穴が開くので便利です。

キャンドゥのハトメ関連アイテム②皮ポンチ3mm

キャンドゥの工具売り場には皮革用の穴あけポンチが売っています。穴のサイズは約3mmです。レザーだけでなく紙や布などに穴を開けることができます。ポンチを使う際には必ず下にゴム版などを敷き、机が傷まないように気をつけましょう。

ポンチを使う際には上からたたくハンマーが別途必要です。キャンドゥにはゴムハンマーも販売されているので持っていない人は同時に用意しておくのがおすすめです。

キャンドゥのハトメ関連アイテム③スチール柄ゴムハンマー

素材にハトメをつける前に必ずポンチなどを使って穴を開けなければいけませんが、ハンマーがあれば少ない力でスムーズに穴を開けることができます。キャンドゥのスチール柄ゴムハンマーは写真の16オンスのほかに8オンスタイプもあります。

キャンドゥのハトメ関連アイテム④合皮はぎれ

おしゃれで大人っぽいタグづくりにキャンドゥの合皮はぎれが使えると口コミでも評判です。200mmの正方形サイズでカラー違いのフェイクレザーが4枚入っています。100均商品とは思えないしっかりとした厚みがあって雑貨づくりにおすすめです。口コミによればカラーはブルー系やモノクロ系など幾つかの種類があるようです。

キャンドゥのハトメ関連アイテム⑤メッセージカード

キャンドゥにはかわいい紙もの商品が多く揃っています。少し厚みがあって使い勝手のいいメッセージカードは動物柄や食べ物柄など種類も豊富にあり人気です。このキャンドゥのメッセージカードにハトメを付け、リボンや紐を通せばおしゃれな紙タグが簡単に作れておすすめです。

ハトメの使いみちとして人気の高い“タグ作り”。ハトメで穴を補強することができるので、紐やリボンなどが通しやすくなります。

100均のハトメパンチを使うDIY活用法

100均のハトメ関連アイテムを使って簡単おしゃれなDIYに挑戦してみましょう。本項では普段使いできる雑貨づくりや大切な人への贈り物にも使えそうなハトメパンチのアイディアDIYを紹介していきます。
 

ミニスタバカードをハトメパンチでリメイク

ミニスタバカードはスターバックスで買えるプリペイド式のおしゃれなプラスチック製カードです。角に小さな丸い穴が開いておりキーホルダーを付けたり、紐を通したりすることができます。便利な穴付きのミニカードですが、この穴からひび割れが起きるアクシデントがよく聞かれます。

そこで活躍するのがハトメ金具です。ミニスタバカードの穴に合わせてハトメ金具を装着すれば補強ができてカードも割れにくくなります。ミニスタバカードの丸い穴は4mmの金具がぴったりはまります。ダイソーで販売している4mmのハトメ金具がちょうど良いのでミニスタバカードを持っている人はトライしてみましょう。

スマホケースにハトメパンチでストラップ穴を

最近のスマホやスマホケースにはストラップ穴がないものが多く、困った経験をした人もいるかもしれません。そこで、ハトメパンチを使ったストラップホールを作りに挑戦しましょう。ストラップ穴があればベルトやチェーンを通してより使いやすくなります。

まずは、手帳型スマホケースのストラップホールを作りたい場所に穴を開けてハトメ金具を差し込みパンチで装着します。使うのは片面ハトメより両面ハトメのほうが見た目が美しく仕上がります。

お気に入りの布をハトメパンチでカーテンに

ハトメパンチは紙だけでなく布生地にも金具を装着することができます。この特徴を生かしてミニカーテンを手作りするアイディアを紹介します。最近は100均でも種類豊富に販売されているのれんや手ぬぐいサイズの布を使ってカーテンを作ります

布の上部に一定間隔で穴を開け、金具をつけて穴を補強できたらクリップリングやキーホルダーリングを通しておきます。後は手ぬぐいと同じく100均では細い突っ張り棒も買えますのでカーテンレールとして利用しましょう。オープン収納のちょっとした目隠しや小さな窓にぴったりのカーテンが完成します。

布や皮にハトメを付ける時は 生地が伸びたりするので小さめの穴の方が良いみたいです

写真をハトメパンチで栞にリメイク

こちらはお気に入りの写真を使ってしおりにするアイディアです。チェキ用の写真などに穴をあけて紐を通せばそれだけでしおりになりますが、ハトメ金具をつけるだけでぐっとおしゃれになり、造りも丈夫になります。

写真の雰囲気を壊さないようなシルバーカラーのハトメにしても素敵ですし、ゴールドカラーのハトメならポイントにもなっておしゃれです。自分が撮った写真を加工して裏にメッセージを書き、メッセージカードがわりに大切な人への贈り物に添えるのも気が利いておすすめです。

100均のハトメパンチを使ってDIYを楽しもう!

おしゃれな紙タグやかわいい雑貨づくりに活躍するハトメパンチは、DIY好きなら一つは持っていたい便利な道具です。ホームセンターなどにも売っていますが、気軽に買うなら100均ショップを利用しましょう。

本記事ではハトメパンチを売っているダイソー商品のほか、セリアやキャンドゥで買えるハトメ関連商品について調査し、ハトメを使って作る簡単DIYについて紹介しました。ハトメパンチを使ってセンスが光る手作り雑貨に挑戦してみましょう。

Thumb100均3社のタッセル一覧とアレンジ例!タッセルメーカーを使った作り方も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb100均のシーラーは使える?コツは?活用方法も紹介!【ダイソー・セリア】 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング