アイスクリームのおすすめ人気ランキングTOP15!【2018年最新版】

アイスクリームのおすすめ人気ランキングTOP15を発表します。2018年最新のコンビニアイスはどんな商品があるのか?2018年人気の傾向が何なのでしょうか?コンビニアイスの特徴も紹介していきます。なぜコンビニアイスが人気なのかもリサーチしました。コンビニで買えるアイスのランキングもひとつひとつの商品の特徴と値段も合わせて発表します。これからもコンビニアイスからは目が離せなくなります。

アイスクリームのおすすめ人気ランキングTOP15!【2018年最新版】のイメージ

目次

  1. 1コンビニのお菓子の売上げ事情
  2. 2コンビニアイスの売上げが伸びている!?
  3. 3アイスの種類別アイスクリームとは?
  4. 4アイスの種類別アイスミルクとは?
  5. 5アイスの種類別ラクトアイスとは?
  6. 6アイスの種類別氷菓とは?
  7. 7コンビニで買える2018年最新アイスランキング15位~11位
  8. 82018年コンビニアイス新商品の特徴
  9. 9コンビニで買える2018年最新アイスランキング10位~6位
  10. 102018年コンビニアイスランキング番外編
  11. 11コンビニで買える2018年最新アイスランキング5位~1位
  12. 12定番の味のアイスは根強い
  13. 132018年のアイス特徴
  14. 14コンビニならではのアイス
  15. 152018年もコンビニアイスから目が離せない!

コンビニのお菓子の売上げ事情

コンビニが街中いたるところに点在し、大変便利になった現代ですが、皆さんはお菓子はどこで購入していますか?もちろんスーパーや菓子専門店でお菓子を購入する方も多いことでしょう。しかし通勤途中や少しの時間にコンビニに立ち寄ることが多く、そこでコンビニのお菓子を購入することは大変多いと思います。そこでコンビニのお菓子の売上げ事情について見てみましょう。

コンビニで販売されているお菓子はたくさんの種類があります。チョコレートやせんべいの他、飴、ラムネ、グミ、ゼリーなどの定番のお菓子、それ以外にケーキ店で販売されているようなケーキやプリンや焼き菓子などのお菓子、また和菓子店で販売されているような和風のお菓子までも揃います。そのお菓子の種類の多さ故に、コンビニでお菓子に手が伸びてしまうことは日常茶飯事なのでしょう。

実際にコンビニでお菓子の売上げはどうなのかリサーチしてみると、チョコレート、和生菓子、スナック菓子、洋生菓子と順にお菓子の売上げが高く、購入する年齢層も幅広いことが分かりました。その中で年々コンビニでのお菓子の売上げを伸ばしているのはポケット菓子と呼ばれる携帯できるお菓子でした。これはやはり通勤中などの隙間時間に購入し、そのお菓子で小腹を満たす目的で購入する人が多い所以と予想されるものです。

コンビニアイスの売上げが伸びている!?

では次にコンビニで購入できるお菓子のうちアイスについての売上げを見ていきましょう。大手のアイスショップがコンビニのアイスの売上げに押されているという記事を見たことがあります。そのアイスショップとコンビニアイスの売上げの理由は情報拡散の早さと需要に合った商品展開、そして手軽さが挙げられます。世の中で高級系のアイスが流行れば、早々にコンビニには高級系のアイスが並びます。

その話題の高級系のアイスを購入した客がSNSなどを通じて情報を拡散します。それを見た人が買いに行こうと考えても、それがアイスショップでのみ取扱いされる商品であれば、なかなかそのアイスショップに行くチャンスが無い場合があります。しかしそれがコンビニで販売されている商品であれば、すぐに購入することができ、また情報が拡散して売上げが伸びていくという仕組みです。

また次に挙げるアイスの種類ですが、アイスショップではその商品にこだわりを持って原材料にもこだわりを持っていることがあり、幅広い商品の展開をスピーディに対応できないのが実情です。しかしコンビニでは販売しているアイスの種類は大変多様で、ニーズにすぐに応えられるのです。コンビニでスイーツを購入するときにお菓子を購入するつもりが、アイスコーナーで話題のアイスを発見し、購入することもあるのです。

Thumbいちごアイスのおすすめは?コンビニで買える人気の商品などを紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アイスの種類別アイスクリームとは?

アイスと一口に言っても実は種類があります。その種類によっても値段が異なっており、好みも分かれます。一つずつ見ていきましょう。

アイスクリームとは乳固形分と乳脂肪分が以下のアイスよりも多く含まれていて、乳成分の香りやコクを感じられるアイスです。乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上と定義されています。原材料に費用がかかるため、他のアイスよりも値段が高めであることが多いです。よく知られている商品はハーゲンダッツなどがアイスクリームです。

アイスの種類別アイスミルクとは?

アイスミルクとはアイスクリームよりも乳固形分と乳脂肪分が少ないアイスで、牛乳とほぼ同等の乳成分が含まれており、植物油脂を使用していることもあります。乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上と定義されています。アイスクリームよりも値段が下がります。よく知られている商品は雪見だいふくなどがアイスミルクです。

アイスの種類別ラクトアイスとは?

ラクトアイスはアイスクリームやアイスミルクよりも乳固形分が少なく、アイスミルク同様に植物油脂が含まれていることも多いです。乳固形分が3.0%以上と定義されています。値段は一般的にはアイスミルクよりもさらに下がります。よく知られている商品はスーパーカップや爽などがこのラクトアイスに当たります。

アイスの種類別氷菓とは?

乳固形分はほぼ入っておらず、果汁などを凍らせたシャーベット状の商品やかき氷などがここに分類されます。値段は乳成分が入っていませんが、その果汁の含有量や希少価値によってまちまちです。よく知られている商品はガリガリ君やアイスの実が氷菓にあたります。

Thumbコンビニのチョコレート人気ランキング!新作から冬季限定商品まで! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

コンビニで買える2018年最新アイスランキング15位~11位

ではコンビニで買える2018年最新のアイスをランキング形式で紹介していきます。まずが15位~11位です。定番の味をパワーアップさせたものや、おどろきの商品もあります。コンビニのアイスはその新しさやユニークさも楽しみの一つです。

2018年最新コンビニアイスランキング15位:プレミアムケーキサンドハニーポップチーズケーキ

コンビニで買える2018年最新アイスランキング15位はセブンイレブンで購入できるコールドストーンの「プレミアムケーキサンドハニーポップチーズケーキ」です。

こちらの商品は大人気のアイスショップのコールドストーンとセブンイレブンがコラボした商品で、ブッセの間に蜂蜜とチーズを使用したアイスを入れてあるご褒美アイスです。甘くコクのあるアイスと柔らかなブッセの組み合わせが最高な美味しさです。蜂蜜を使用しているので、コクのある甘みの中に独特な苦味もあり、大人も喜ぶ美味しさです。税込297円です。

2018年最新コンビニアイスランキング14位:カッサータ

コンビニで買える2018年最新アイスランキング14位はローソンのウチカフェの「カッサータ」です。

こちらはkiriのクリームチーズを使用したナッツとドライフルーツの入ったアイスです。濃厚なチーズにナッツとドライフルーツがマッチしたとても美味しいアイスです。イタリアの伝統菓子であるカッサータをアイスにしたもので、発売後は口コミで売上げを伸ばした商品です。ご褒美アイスにはうってつけの商品です。値段は税別230円とお高めですが、納得のランキングインでした。

2018年最新コンビニアイスランキング13位:ダックワーズサンドキャラメルアイス

コンビニで買える2018年最新アイスランキング13位はローソンのウチカフェの「ダックワーズサンドキャラメルアイス」です。

こちらは大人気定番の洋菓子、ダックワーズにキャラメルアイスを挟んだ商品で、ダックワーズにサンドしたアイスは以前からウチカフェ 商品にあります。その以前からあった商品も美味しいと評判だったダックワーズサンド、今回はキャラメルです。キャラメルの濃厚なアイスとふわっと、モッチリとしたダックワーズの相性が抜群の商品です。値段は税込258円とやはりお高めですが、こちらも大人気商品です。

2018年最新コンビニアイスランキング12位:ミニカップ マンゴープリン ココナッツミルク仕立て

コンビニで買える2018年最新アイスランキング12位はハーゲンダッツの「ミニカップ マンゴープリン ココナッツミルク仕立て」です。

こちらの商品はハーゲンダッツから期間限定で発売されている商品で、爽やかなマンゴーのソルベと香り高いココナッツミルクを層にし、マンゴーソースを添えた一品です。ハーゲンダッツ商品らしいコクと旨味のある美味しい商品です。値段は税込294円です。トロピカルな気分を味わえます。

2018年最新コンビニアイスランキング11位:ひとくちミントクランチチョコレート

コンビニで買える2018年最新アイスランキング11位はセブンイレブンの「ひとくちミントクランチチョコレート」です。

こちらの書品は東京、神奈川、千葉のセブンイレブンで購入できる商品です。その名のとおり一口サイズの商品が6個入って値段は税込138円です。王道の組み合わせのチョコミントと小麦粉パフでクランチに仕上げられており、爽やかなミントの香りにビターチョコがざくざく入っている評判の商品です。一口サイズの商品というのも人気の理由です。

2018年コンビニアイス新商品の特徴

2018年最新のコンビニアイス事情を見てみると傾向が分かります。それはさっぱり系が多いということです。チョコミントというと以前ブームがあったことを覚えている人も多いでしょう。2018年はまたそのチョコミントブームの再来なのかもしれません。夏の気温と湿度の傾向も関係あるのかもしれません。ミントを使用したアイスもたくさんのコンビニで出ていますので食べ比べをしても楽しいです。

ミントを使用したさっぱり系のアイスが多い中、キャラメルやナッツを使用したアイスも多く見受けられました。2017年はケーキなどの洋菓子をモチーフにしたアイスが多かったのですが、2018年は定番のアイスが多く販売されています。コンビニアイスは年々傾向が変わります。一年中アイスを食べる機会はありますが、コンビニをめぐり新しいアイスを発見するのは楽しみです。

Thumbコンビニスイーツはファミマ!種類豊富で人気!ケーキ・和菓子のおすすめは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

コンビニで買える2018年最新アイスランキング10位~6位

では次にコンビニで買える2018年最新アイスランキングの続きで10位~6位の発表です。最近ではコンビニのハウスブランドも定着し、味も美味しく値段も低め、アイスにもこの傾向が出ているようです。

2018年最新コンビニアイスランキング10位:アイスバーチョコミント

コンビニで買える2018年最新アイスランキング10位はローソンのウチカフェの「アイスバーチョコミント」です。

人気のローソンウチカフェシリーズにもチョコミントが入りました。こちらの商品は箱に入っており、パッケージもオシャレで女性に人気です。アイスはチョコでコーティングされており、フランス産クーベルチュールチョコと初摘みのミントを使用した一品です。ミントの爽やかな香りと初摘みミントならではの雑味のないすっきりとした味わいの中にコクのあるチョコがザクザク入っています。値段は税込185円です。

2018年最新コンビニアイスランキング9位:キャラメルナッツケーキサンド

コンビニで買える2018年最新アイスランキング9位はセブンイレブンの「キャラメルナッツケーキサンド」です。

こちらの商品は砂糖と生クリームのみを煮詰めて作ったキャラメルを使用しており、素朴で香りも口当たりも良いキャラメルが楽しめます。冷凍でもそのふんわり感を損なわないケーキにキャラメルを挟んだ、間違い無しの商品です。ナッツはアーモンドとマカダミアナッツを使用しており、こちらも食感と香りを楽しめます。値段は税込213円で発売されています。

2018年最新コンビニアイスランキング8位:ハイチュウアイス

コンビニで買える2018年最新アイスランキング8位は森永製菓の「ハイチュウアイス」グレープ味とグリーンアップル味です。

あの定番人気のお菓子であるハイチュウがアイスになりました。ローソン限定発売です。グレープ味とグリーンアップル味があります。ハイチュウの独特のもちもちとした食感の残る不思議なアイスです。ハイチュウはアメリカでも大人気商品です。そのハイチュウがアイスになったとあって、大きな話題となっています。値段は税込140円です。

2018年最新コンビニアイスランキング7位:マカロンアイス

コンビニで買える2018年最新アイスランキング7位はセブンイレブンの「マカロンアイス」ショコラミントとミックスベリーです。

セブンイレブンで販売されているマカロンアイスはショコラミントとミックスベリーの2種類があります。マカロンと言えば、人気の洋菓子です。そのマカロンをアイスにしたとのことで、話題になりました。マカロンの色鮮やかな特徴を生かし、見た目にも嬉しい商品です。甘味は強めで、マカロンとアイスを一緒に食べることで味の調和が取れます。値段は税込248円です。

2018年最新コンビニアイスランキング6位:あいすまんじゅうさくらんぼ

コンビニで買える2018年最新アイスランキング6位は丸永の「あいすまんじゅうさくらんぼ」です。

丸永のあいすまんじゅうはもはや定番となりつつあるアイスです。棒アイスですが、アイスの部分がかわいい花形です。濃厚なアイスにこだわりのあんこをたっぷり入れたあいすまんじゅうは長く愛される商品です。そのあいすまんじゅうに期間限定のさくらんぼフレーバーが登場です。佐藤錦果汁をふんだんに使用したアイスは香りも色も味も最高です。コンビニアイス好きの人から大好評の商品です。値段は税込140円です。

2018年コンビニアイスランキング番外編

2018年コンビニで販売されているアイスの中で変わり種を発見したので紹介します。それは「ベビースターラーメンONアイスバターキャラメル」です。セブンイレブンで販売されている異色のアイスです。キャラメルバター味のコクのあるアイスの上にベビースターラーメンを砕いてトッピングしたアイスです。あまじょっぱい味に独特の食感にハマる人も多いそうです。

Thumbコンビニローソンのスイーツランキング!人気の新商品・おすすめは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

コンビニで買える2018年最新アイスランキング5位~1位

コンビニで買える2018年最新アイスランキングの第5位~第1位の発表です。このランキングをリサーチしている間にもコンビニには新しい商品が並んでいるかもしれません。今後もコンビニアイスに目が離せません。

2018年最新コンビニアイスランキング5位:まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー

コンビニで買える2018年最新アイスランキング5位はセブンイレブンの「まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー」です。

まるで~を冷凍したような食感のアイスバーシリーズはキウイ、マンゴーなどがあり、どれも大きな話題となる美味しい商品でした。今回発売されたのは和梨です。和梨は日本人なら好きな人が多い果物ですがジュースにもなかなかできない果物でもあります。こちらは和梨の果汁とピューレを使用したことで和梨の味も食感も生かすことができた一品です。値段は税込140円です。

2018年最新コンビニアイスランキング4位:贅沢チョコレートバー京都抹茶

コンビニで買える2018年最新アイスランキング4位はローソンのウチカフェの「贅沢チョコレートバー京都抹茶」です。

こちらは大人気ローソンのウチカフェシリーズに登場した「みやこまっちゃ」です。チョコミントブームの中、こちらは京都のこだわり抹茶を使用した抹茶とチョコの組み合わせが斬新な商品です。こだわりなのはチョコにもあり、フランス産の2種類のチョコを使用したアイスです。ただの抹茶アイスとは違う贅沢なこちらの商品はおすすめの商品です。値段は税込185円です。

2018年最新コンビニアイスランキング3位:濃厚クリームチーズアイスきなこ&黒蜜

コンビニで買える2018年最新アイスランキング3位はロッテの「濃厚クリームチーズアイスきなこ&黒蜜」です。

ローソン限定のkiriクリームチーズを使用したアイスシリーズにきなこ&黒蜜が登場しました。開封するときなこと黒蜜は見えません。クリームチーズの濃厚アイスときなこ、黒蜜が層になっています。製造元が井村屋であることからきなこや黒蜜にも定評のある商品であることがうかがえます。クリームチーズと和素材のコラボが斬新で美味しい商品です。値段は税込248円です。

2018年最新コンビニアイスランキング2位:ティラミス氷バー

コンビニで買える2018年最新アイスランキング2位はセブンイレブンの「ティラミス氷バー」です。

チョコミントと合わせてブーム再来となっているティラミスですが、セブンイレブンからティラミス氷バーが発売されました。棒アイスの外側をコクのあるココアでコーティングし、中にはマスカルポーネチーズ風味のかき氷が入っています。真ん中にはコーヒーソースが入っており、まさにティラミスといった商品です。またしっとりとしたココアクッキーも入っており、満足度の高いアイスです。値段は税込138円です。

2018年最新コンビニアイスランキング1位:ジャイアントコーン大人のチョコミント

コンビニで買える2018年最新アイスランキング第1位はセブンイレブンで購入できるグリコ「ジャイアントコーン大人のチョコミント」です。

堂々のコンビニで買える2018年最新アイスランキング第1位に輝いたジャイアントコーン大人のチョコミントは、みんなが大好きと言っても過言ではないジャイアントコーンのチョコミント味です。大人のと名前がついているとおり、チョコは甘すぎず苦すぎず絶妙なコクがあります。爽快感の強いミントの香りとすっきりさとほろにがのチョコの組み合わせは最強です。値段は税込173円です。

定番の味のアイスは根強い

ここまでコンビニアイスのランキングや番外編、傾向を見てきましたが、新商品であるものの、定番の味はやはり根強いと分かりました。ランキングには入っていませんが、長く高売上げを誇っている定番バニラや定番チョコ、定番ストロベリーなどはやはり今でもコンビニに並んでおり、現在も高い売上げを誇ります。新商品にチャレンジしたい方もそうでない方もコンビニのアイスは好みに応じて購入できるのでありがたいです。

Thumbクリスマスケーキはコンビニがおすすめ!評判や特典は?値段・予約方法も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

2018年のアイス特徴

2018年のコンビニのアイスの特徴は前述したようにさっぱり系ミント、ナッツやキャラメル系のアイスが多いことが分かりました。他にもこだわりのチョコを使用したものや、こだわりの抹茶を使用したものも多いです。コンビニのアイスでも安いだけが売りなのではなく、味や品質にこだわっていることがうかがえます。

ミントやナッツ、キャラメルを使用した今の味以外に注目すべきはコラボです。森永製菓のハイチュウとコラボした商品や、アイスショップのコールドストーンとコラボしたものがありました。それ以外にも有名なショコラティエ監修の商品もあり、コラボ商品もコンビニアイスを選ぶときの楽しみの一つであることが分かります。

こういったニーズの高まりや新しい情報をキャッチして商品として店頭に並ぶといったコンビニの機動力の高さこそコンビニのアイスの売上げが上がる理由です。コンビニでアイスの売上げがあがると当然飲料などの他の商品の売上げも上がります。つまりコンビニは情報戦を制し、売上げをのばしているのです。

Thumbコンビニスイーツランキング最新!ローソン・ファミマ・セブンのおすすめは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

コンビニならではのアイス

コンビニならではのアイスと言えば、ミニストップのソフトクリームやハロハロが挙げられます。これは冷凍庫から出してレジに持っていくのではなく、レジで注文して作ってもらう商品です。その味も出来立ての美味しさも身近なコンビニにあるとうれしいものです。

そのミニストップのソフトクリームのように最近ではローソンなどの他のコンビニでもレジで注文するアイスがあります。ローソンマチカフェのフローズンフラッペが代表的です。コンビニコーヒーが定番となり、こういったフラッペなども販売されるようになりました。その味は大変美味しいです。今後の展開に目が離せない市場であるといえるでしょう。

Thumbコンビニのアイス新商品・新作情報2018!おすすめ人気ランキングも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

2018年もコンビニアイスから目が離せない!

今やアイスを食べたいと思ったらコンビニに買いに行く人がほとんどなのではないでしょうか?そのくらい、コンビニのアイスが充実しており、商品も目新しく品代わりします。どれもニーズに応えた美味しい商品が多く、今食べたいものをすぐに買える、これがコンビニアイスの醍醐味です。これからもコンビニアイスには目が離せません。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ