ダイエット効果があるフルーツ・果物を紹介!太る果物・痩せる果物とは?

果物・フルーツダイエットというのを知っていますでしょうか。食生活にフルーツ・果物を組み込むことでダイエットに効果的な作用があるというのです。太る体質を痩せる体質に改善する作用もあり、美容や健康にもよいとされるフルーツですが、食べ方によっては逆に太ってしまうこともあります。時には健康被害もあるようです。ですからしっかりとポイントを抑えて健康的にダイエットを成功させましょう。

ダイエット効果があるフルーツ・果物を紹介!太る果物・痩せる果物とは?のイメージ

目次

  1. 1ダイエット効果があるフルーツ・果物とは?
  2. 2ダイエット効果がある「痩せる」フルーツ・果物を紹介!
  3. 3ダイエット効果がある「太る」フルーツ・果物を紹介!
  4. 4フルーツダイエットにはうれしい効果がいっぱい!
  5. 5フルーツダイエットのポイントと注意点
  6. 6ダイエットにはフルーツ・果物を食べて成功の道へ!

ダイエット効果があるフルーツ・果物とは?

フルーツ・果物ダイエットとはその名前のとおりフルーツ・果物を食べて痩せようというダイエットです。しかし、ただ闇雲にフルーツを食べても仕方がありません。ダイエットには効果的なフルーツとそうでないフルーツがあります。また、食べるタイミングがポイントにもなってきます。それさえ守ればダイエットだけでなく美容効果や健康効果も現れるので、ぜひポイントを抑えて食生活に活かしていきたいものです。

ダイエット効果がある「痩せる」フルーツ・果物を紹介!

フルーツ・果物にはさまざまな種類が存在しています。しかし、さまざまあるフルーツ・果物がすべてダイエットに有効かというとけっしてそうではありません。また、フルーツ・果物の種類によっても効果の差があるのも事実です。ですから、健康的なフルーツ果物をしっかりと知り、ダイエットや日々の食生活に活かしましょう。

ダイエットフルーツといえばバナナ

ダイエットの定番の果物・フルーツといえばバナナです。口コミではなんと7kg以上痩せなんていう人もいます。そんなに痩せるフルーツ・果物なら是非とも食べたいバナナ。甘くておいしいのでデザートにも使えますし、ミキサーで砕けばスムージーとしてストレスなく摂取することもできます。また、クレープの具としても人気ですし、カレーの隠し味にも使われるのでとても使用場面のおおい、食材です。どんな効果があるのでしょうか。

バナナといえばとても栄養価の高い果物・フルーツとして有名です。ですので、あまりダイエットには向かないいのでは、と心配されるひとも多いこととおもいます。しかし安心してください。栄養価が多い上にバナナはなんと低カロリー。カロリーは80kcalしかないんです。それでいて炭水化物、タンパク質、ビタミンB、葉酸、ミネラルなど不足しがちな栄養素が入っているのでダイエットには最適な食材です。ぜひ活用したい食材です。

また、代表的な効能として便秘によいというのがあります。太る原因に便秘をあげる専門かもすくなくありません。食物繊維が水溶性、不溶性の両方をバランスよく含まれているので、高い整腸作用をもたらします。便秘の解消はダイエットにとってはとても重要な作用です。太る体質から痩せる体質になります。腸内環境を整えることでストレス、疲労をなくししっかりとダイエットを成功させましょう。

美容効果もあるグレープフルーツ

バナナに匹敵するダイエットの定番果物・フルーツといえばグレープフルーツではないでしょうか。酸っぱくて苦手な人にとっては摂取するのにストレスがかかるかもしれません。しかしダイエットだけではなく、美容にもよいなんて聞いたらどうでしょうか?すぐにでも爆買して暴食したくなるところです。勿論、爆買して暴食してもいきなりは効果が出ません。口コミでは2ヶ月で8kgの効果だそうです。ゆっくり気長にやりましょう。

ではそんな爆買したくなる果物・フルーツのグレープフルーツですが、なぜそんなにダイエットに効果があるのでしょうか。まずあげられる原因に脂肪燃焼効果があるようです。大阪大学の研究結果によると、グレープフルーツの香りで脳内の交感神経が刺激され、なんとエネルギーの消費が促されるようなのです。生命活動的にまったく良い効果には思えませんがダイエットには最高の効能です。グレープフルーツの香りを嗅ぎましょう。

また、エネルギーの消費を促して置きながら、グレープフルーツは食欲を抑えるという作用もあります。生命活動には実に危険な作用ですが、だからこそ痩せるのでしょう。グレープフルーツに入っているナリンギンという成分が人間に満腹感を与えるようです。これで太るならあきらめるしかない、というような果物です。ぜひ食生活の中に組み入れてみてください。

1日1個で効果大のキウイフルーツ

キウイフルーツはとてもおいしい果物です。オーストラリアの鳥キウィにも似ていてかわいいキウイフルーツですが、朝食か夕食をキウイフルーツを1つに置き換えるだけでなんと痩せるのだというから驚きです。若干キウイフルーツ1個にすれば食べる量が減っただけなのではという疑問もありますが、キウイフルーツダイエットで2kg減ったなんて話もなるので、そんなキウイフルーツダイエットでどうして痩せるのかを調べてみましょう。

前述したようにダイエットフルーツの王道バナナは100gあたりなんと80Kcalです。しかしながらこのキウイフルーツは100gあたり50kcal程度しかないのだというから、そりゃあ痩せるわけです。これで太るわけがありません。また、キウイフルーツは抗酸化作用に優れたビタミンCや葉酸カリウム、食物繊維、クエン酸、ポリフェノール、アクチジニンなど多くの栄養素を含んでいるため、健康にも大変よい果物なのです。

またグレープフルーツ同様に水溶性不溶性両方の食物繊維がたくさん含まれていることで、便秘にもよい果物です。さらにはカリウムを含んでいますからしっかりと浮腫みの対策も出来ます。要らない物質をきれいさっぱり体から出して健康的にダイエットしましょう!

アンチエイジングにも!りんごダイエット

フルーツといってりんごを思い浮かべるひともおおいのがこのリンゴ。見た目にもかわいらしく、甘くておいしいので、子供にもOLにも大人気の果物ですが、そんなリンゴを食べると痩せるなんてきいたらたいていの女性は大喜びするのではないでしょうか。そんなりんごダイエットをするにはどうしたらよいでしょうか。

じつはりんごダイエットブームが昔にあったらしいのです。その理由は食物繊維やカリウムが豊富なので便秘や、浮腫みに大変効果的なのと、ポリフェノールが豊富なのでアンチエイジング効果が見込まれるということです。またポリフェノールは血流の促進こうかもあるので脂肪を燃やす酵素を活性化させてくれるうれしい効果もあるのです。100gあたりのカロリーも60kcalと少ないのでダイエットとアンチエイジングに最適の果物です。

さらにりんごはヨーグルトなどにからめて食べたり、生でもおいしいですが、タルトやカレーといった加熱して食べる調理法も確立している珍しい果物でもあります。後述しますが、過熱して食べることでダイエット効果だけでなく冷え性予防にもなるので、ダイエットには効果的な果物です。

ダイエット効果がある「太る」フルーツ・果物を紹介!

いくら果物が体によく、代謝を促しダイエットに効果的とはいえ、実は太る果物も存在しているのも事実です。それを知らずに闇雲に果物を食べていると思ったような効果が出ず、リバウンドをおこすなんてことも。そんな危険な果物をご紹介していきます。しっかりみていきましょう。

デンプンの多いマンゴー

一昔前にブームが起き、多くの若い女性や子供に大人気の果物であるマンゴー。甘くておいしいのでついつい食べ過ぎてしまうのが玉に瑕。そんなマンゴーはじつはダイエットには要注意の果物だって知っていましたでしょうか?知らない人もけっして少なくないはずです。今ではさまざまな吸いーう、料理に使われるマンゴー。果物だからって食べ過ぎていると、いつの間にかマンゴーみたいな体になってしまうので要注意です。

ではそんな要注意マンゴーですが、どうしてダイエットには不向きといわれているのでしょうか。それにはデンプンが大きく関係しているのです。植物のエネルギー源でもあるデンプンが豊富なおかげでカロリーは100gあたり64kcalとやや高め。しかし、りんごやキウイに比べて飛躍的に高いわけではありません。

ではいったいどうして太るのでしょう。それはマンゴーのおいしさの秘訣でもある糖質。これも高いのが原因です。糖質も15gと微弱な高さですが、この糖質とカロリーが相まってダイエットを阻害、むしろ食欲ばかり増進させてしまう原因ともいえるでしょう。

しかし、ただ太りやすいと言うわけでもなく、マンゴーも食べ方を気をつければ太ることを防ぐことが出来ます。たとえば朝食に置き換えてヨーグルトなどに混ぜて食べれば浮腫みや、便秘にもよいです。朝食のおかずをこれに変えてみればおいしく食べることも出来るのです。

高カロリーのアボカド

料理に使われることが多いので野菜のように認識されやすいですが、アボカドも実は果物の一種です。そんなアボカドは森のバターなんて呼ばれてしまっている時点でもはやダイエットとは無縁の太る果物の代表選手といえます。そんなアボカドですが、おいしくてやめられないという若い女性は多いことでしょう。チーズやえびなんかと調理すれば美味そのものです。しかし、痩せるためにはその特徴をしって対策を打たねばなりません。

おいしい、おいしい太る果物アボカド。そんなアボカドはどうして太るのでしょうか。原因を探ってみましょう。まずカロリーが桁違いです。100gあたり187kcalですから普通の果物の3倍以上あります。果物の顔して太りやすいという実に危険な食材です。さらにアボカドの糖質はご飯と等価、いやそれ以上です。なんとあの小さなアボカド1個でご飯茶碗1杯分と同じということですから、これは危険です。ダイエットに赤信号です。

ただし、果物としてしっかりとダイエットにも良い効果もあります。まず、食物繊維が豊富なのでおなかで膨らみ腹持ちがよいです。さらにカルチニンという栄養素が脂肪燃焼を促してくれます。またオレイン酸が脂肪の吸収を抑えてくれます。そしてしっかりとカリウムもあるので浮腫み解消にもなります。なのでほかの糖質の高い食材を減らしたり、1日の摂取カロリー内に収めれば効果的にダイエットすることも可能でしょう。

フルーツダイエットにはうれしい効果がいっぱい!

フルーツダイエットといっても単純にカロリーが低く痩せるだけのものではありません。栄養素やさまざまな成分が含まれていて、ほかの健康状態にも良い影響を与えます。いったいどんな効果があるのかを知ることで、単にフルーツダイエットを実践するだけでなく、目指す体型や健康状態に活かせるようにしていきましょう。

カロリーカットになって健康的

これまで公開してきたように多くの果物・フルーツはカロリーがぜんぜんありません。それでいて栄養があるので食事の変わりになります。ですからフルーツをたくさん食べることで一日のカロリーを減らすことに成功します。ボクサーやアスリートも甘味がほしいけれど体重を減らしたいときは果物を利用するのは有名なはなしです。食事の代替品には果物を食べることで健康的かつダイエットに役立つことはもはや明確な事実です。

フルーツの食物繊維で便秘すっきり

太る原因の多くは腸内環境の悪化がよくあげられます。有名な大学の教授や、研究者がおおく論文でその腸内環境と太る原因の因果関係をといています。腸内の環境をよくすることで健康にもよい影響を与えます。便秘になると腸の機能がおち、食欲が低下し、炎症や感染症、栄養不全などさまざまな健康的リスクを引き起こす原因となります。便秘くらいと思っていると思わぬ健康被害を引き起こしてしまうのでなるべく果物を食べましょう。

また便秘は食欲が減退するだけでなく、新陳代謝の低下や、疲労の蓄積などとにかく問題が山積みの問題です。ストレスもつよくなり、お腹の張りも強くなり、どんどん悪循環が増えていってダイエットどころではありません。また新陳代謝が弱まると、それこそダイエットの大敵です。しっかりと便秘対策にフルーツを摂取しておかないとダイエットが出来なくなってしまうので、普段の食生活からフルーツを摂取するようにしましょう。

フレッシュなフルーツの酵素で代謝アップ

前述で代謝の低下はダイエットの大敵と記したように、代謝はダイエットにとってとても重要な要素です。この代謝がしっかりしていれば太る体質から抜け出し、痩せる体質に変換することが出来ます。では太る体質から痩せる体質になるにはどうしたらいいでしょうか。これには一般的に運動両方が良いとも言われますが、それに加えて食事療法が効果を見出すこともあります。とくにフルーツダイエットなんかはその典型でしょう。

ではなぜ酵素がダイエットに良いのでしょうか。酵素には消化酵素と代謝酵素があります。この2つの酵素の働きでどんどん体の動きが良くなり代謝が上がるのですが、実は酵素の量は生まれつきの遺伝で決まっているようです。ですので太りやすいひと、痩せやすい人がいるのです。この太るひとが痩せるひとになるためにはどうしても酵素の働きを増やし体への負担を下げる必要があります。そんなときにフルーツで補うと良いでしょう。

カリウムパワーでむくみ解消

浮腫んでしまうのは足の筋肉が弱く、心臓へ血液を戻す力が大きく欠如している為と考えられます。そのため、足に水分が停滞し、大きく膨れてしまいます。勿論足だけではなく、顔や目、その他の箇所も同じように血液が滞り、浮腫みの症状が見られることが良くあります。

同じ体制で長時間いたり運動不足なんかも大人の女性をはじめとしてむくみやすい人には原因と考えられるでしょう。また、ダイエットで食生活が乱れたり、塩分の取りすぎなんかも代表的な原因です。

カリウムはそんな環境の崩れた体に最適の栄養素です。体内の浸透圧を一定に保ち、塩分などナトリウムを対外に出す作用があるのです。ですから体内でナトリウムの濃度が大きくなりすぎないのでむくみを解消できます。フルーツや果物には痩せる意外にもそんな効果があります。

より効果的に食べるなら朝の置き換え

フルーツダイエットにはさまざまな方法がありますが朝バナナで有名になったように、朝の食事をフルーツに置き換えるという手段が結構有名でかつ効果的です。しかしどうして朝のフルーツが体によいのでしょうか。糖質などで気になるという女性もおおいはずですし、朝からフルーツの皮をむくのは結構面倒かもしれません。食パンをトーストにしてしまえばいいだけの朝食をフルーツにすると、なぜいいのでしょうか。

朝食をフルーツにしてしまうと、そもそもカロリーが断然低くなります。バターなんかも使わないし、栄養もたっぷりです。しかし、注意が必要です。まず加工されているフルーツはやめましょう。栄養がそがれていたり、添加物が入っています。さらに、水洗いもほどほどにしましょう。果物に入っているビタミンなどの栄養素は水溶性なのですぐ水にとけてしまうのです。

またカロリーを200から300kcalと決めましょう。大体バナナ3本くらいです。結構食べた気持ちがしなくてたくさん食べてしまうものです。また、太る可能性の高い果物はやめておきましょう。

より効果的に食べるなら夜の置き換え

あらゆるダイエットの敵であるのは夕食です。あとは寝るだけでたいしたカロリー消費もないのに、一日の疲労と、空腹感、さらにはストレスが交じり合って暴食を誘発します。そんな夕食にフルーツを食べてみてはいかがでしょうか?もう何度も記述したように、フルーツはカロリーがこれでもかというくらいに少ない食材です。かつ代謝もあがり、寝ている間に誘発されるむくみ対策にもなるのですからとても良いのです。

では夜に果物を食べるときにはどうやって活用すればよいでしょうか。これにはキウイフルーツが最適です。キウイフルーツという果物は腸内環境を整えてくれる作用があるのですがこの効果がもっとも高まるのが深夜0時。ゴールデンタイムともいわれています。この食事の消化がもっとも進む時間にキウイフルーツを食べることでその作用を最大限に発揮し、代謝を促し、ダイエットにつなげてくれるというわけです。すばらしい果物です。

フルーツダイエットのポイントと注意点

フルーツダイエットのやり方

フルーツダイエットのやり方は前述したように基本的には普段食べる食事を果物に置き換えるという方法になります。これで単純に一日のカロリーを減らすことに成功します。あとはあなたの忍耐力です。忍耐のないダイエットはありえないでしょう。しっかり食べて痩せるにはやはりフルーツに置き換えるといった方法がとても適しています。

置き換える方法には朝食や夕食といったタイミングがもっともメジャーですが、それ以外にも間食に食べるという方法があります。これはどうしても食べたいときにアスリートが行っている有効的なダイエットです。空腹を抑えるのにクッキーを食べていたら太るのは当たり前です。痩せるのはフルーツです。低カロリーかつ、栄養のあるフルーツをおやつにすることで栄養を補給しむくみも解消、代謝もアップさせましょう。

また、フルーツはなるべく水分の多いフルーツを選ぶと良いでしょう。りんごや梨、ぶどう、すいかやメロンなんかがおすすめです。とくにりんごは水分も栄養素もバランスがよいのでダイエットにはとても友好的で、味もよく続けやすい果物ではないでしょうか。

食べすぎには注意

果物・フルーツはダイエットにおいてこれほどまでにない食材だということがわかりました。代謝、便秘、肌質の改善など太る体質から、痩せる体質に変換させる効果があり、ダイエットだけでなく、美容にも効果が高いということがわかり、女性の食生活にはかかせないことがわかりました。しかし、だからといって、やはりどんなことにも限度があります。何よりも果物といえど、過度な食べすぎには注意しなくてはなりません。

果物はカロリーも少なく栄養素が大変高いので、食べるには申し分のない食材ではあります。しかし、肝臓などが悪い人はカリウムの排泄がうまくいかず、高カリウム血症などを引き起こす可能性があります。さらに、糖分がおおく含まれているため、いきなり取りすぎると高血糖になってしまう可能性もあります。

果物の摂取はどれくらいがよいでしょうか?健康関連の調査の報告によると200gが適量のようです。それを超えるとむしろ肥満してしまったなんて報告もあるようなので、それではダイエットどころか本末転倒です。こんなことにはならないように、しっかりと量をまもって摂取するようにしましょう。

短期間では効果はでない

果物・フルーツダイエットを行うときにけっこう堪えるのがおそらくなかなか効果が実感できないという点でしょう。運動をして絶食をすればすぐに効果が出やすいですが、フルーツダイエットをしようなんて人はおそらくアスリートではないので、そんなタイトな方法は出来ません。食事もしっかりととり、かつ、フルーツも食べ、それでいて痩せる理由は前述したように体の環境を変え、太る体質から痩せる体質に変換させるからです。

ですので最初のうちはかなりの忍耐が必要になってきます。果物も食べ飽きた、なんて口コミが多いです。それによる失敗もかなり多くみられています。ですので、これから果物・フルーツダイエットに挑戦しようと思う人はけっこう気長にスローに効果を期待するほうが良いでしょう。徐々に美容効果も現れるそうなので、焦らず慌てずいくほうがリバウンドもせず、良い効果があらわれるようです。

では実際に、どれくらいの期間ダイエットを続ければ効果が現れるものなのでしょうか。やはり最低でも1ヶ月はみたほうが良いようです。そこから徐々に効果が現れ、数ヶ月すれば多くの人が効果を実感できているようです。ただし、効果が出てもやめてしまうとリバウンドするようなので気長にやっていきましょう。

水分もしっかりととること

ダイエットをしていると食生活に偏りが出てさまざまな健康被害が予測されます。たとえば栄養なんかがそうですが水分も必ずあがる問題です。いくら果物に水分が多いからといって水分をおろそかにしていると脱水症状を引き起こすことが容易に考えられます。水分を抜いてやせてもそれは痩せたわけではありません。しっかりと水分を取るようにしなければなりません。

また、水分をとるにしても、清涼飲料水は気をつけましょう。フルーツで水分とともに糖質も摂取しているので血糖値があがってしまうリスクをはらんでいます。さらに、カフェインやタンニンを含むお茶は胃へのリスクが懸念されます。大変つらいですが水が一番のようです。フルーツダイエットもいよいよボクサーみたいになってきました。

火を通すと冷え性予防になる

ダイエットをしようというひとの中には冷え性にも同時に悩んでいる人が少なくありません。冷え性も確かに多くの女性の敵であり、じつに困った問題でもあります。冷やしてある生フルーツを食べるのもつらいものです。基本的にはフルーツは常温で保存して、常温のまま食べると冷えには有効的な打開策となりうるので実践してみましょう。

また、野菜にしろ、果物・フルーツにしろ、生のまま食べると体が冷えてしまうという作用があるのは有名な話です。果物やフルーツを加熱して食べるとダイエット効果も期待でき、かつ、冷え性予防にもなるので大変よいかと思われます。

果物を加熱調理しておいしいフルーツにはりんごやバナナ、アボカド、柿などが有名です。これらの加熱しておいしい果物・フルーツを過熱調理しておいしく健康的にダイエットを成功させましょう。特にリンゴはタルトにしてもおいしいフルーツです。焼きリンゴにして蜂蜜という食べ方もあります。また、カレーの隠し味にフルーツを使うととてもおいしいです。

果物だけダイエットもある!

フルーツダイエットには果物だけダイエットという驚異的なダイエットも存在します。もはやダイエットというより、ヴィーガンとか修行僧とかそういう類の話になってきましたが、当然、太る食材のあらゆるものをシャットアウトすることで痩せることを目指すダイエットです。実にきつそうなダイエットですがいったいどうやってやるのでしょうか。

これは完全に食生活をフルーツだけにするという方法ですがいきなりやると体がつらいので、朝だけ食事をフルーツと水だけにしたり、夜だけフルーツと水だけにするという方法でやるようです。これによって徐々にフルーツの割合を増やしていくようです。さらに、フルーツだけ食べている人は成人男性の20才から44才の2倍以上の骨密度を確保したという検査結果もあるようです。やはりフルーツは痩せるだけでなく健康になるのです。

ドライフルーツもおすすめ

ドライフルーツダイエットというのもダイエットには存在します。いったいどんなダイエットかというと、簡単にいえばドライフルーツを間食にたべるというもの。おやつを食べたくて仕方ないときにフルーツに代替する方法はすでにご紹介しましたが、冷え性になったり、用意するのが大変かもしれないということで敬遠されやすいのも事実です。ではドライフルーツを間食で食べることでどんな風に痩せることができるのでしょうか。

ドライフルーツは当然フルーツなので水溶性の食物繊維が豊富なので体内の環境を調整してくれる効果がしっかりとあります。また、腹持ちがよくエネルギー吸収が遅いので痩せる効果があります。また、乾燥して噛み応えがあるので満腹感を味わうことで食欲を抑える効果もあります。ですので、ドライフルーツはカロリーを抑えて、かつ栄養や食物繊維を得ることと満腹感を味わえるということでダイエットに有効な食材であります。

セブンイレブンの冷凍果実(フルーツ)シリーズがおすすめ

ドライフルーツがフルーツダイエットに効果的な食材であることはわかりました。しかしながら、ドライフルーツをどこで手に入れればよいのか解らないひとも多いと思います。どこかの物産展までいかねばならないとしたら、それだけでダイエットになってしまいます。しかし安心してください。最近ではおすすめの冷凍フルーツが近くのコンビにで簡単に手に入ります。特にセブンイレブンの冷凍フルーツは人気の商品です。

ですからドライフルーツがあまり苦手なひとは冷凍果実(フルーツ)を食べてみるのもいいかもしれません。種類はブルーベリーとミックスベリー、ぶどう、パイナップル、アップルマンゴー、いちご、メロン、オレンジがあります。値段はミックスベリーが100gで213円、ブルーベリーが130gで213円などと大抵100gくらいで200円程度のようです。夏などはアイスを食べる代わりにこの冷凍フルーツをかじってみるのもいいです。

ダイエットにはフルーツ・果物を食べて成功の道へ!

ここまで、たくさんのフルーツ・果実をダイエットに有効な食材として紹介してきました。その効果はまさに究極の自然食カロリーオフといっても過言ではありません。ほとんどゼロといってもよいカロリーでかつ、栄養素が満点の食材を、日々の食事に置き換えることでダイエットへの活路を見出そうというものでした。

そしてその効果を最大限に発揮するなら朝か夜の食事がよいと言うことでした。特に夜の食事をキウイフルーツ一個にすることでカロリーをオフにするだけではなく、夜中の0時に訪れる消化のゴールデンタイムの効果を最大限に活かせるというのがひとつのポイントだということが理解できたのではないでしょうか。

また、果物・フルーツがダイエットに最適といいながら、実は注意点もありました。特にマンゴーやアボカドは太りやすい果物・フルーツなので食べすぎに注意すべきでした。さらに、果物は食べ過ぎると病気になったり、冷え性を生じますので火を通したり常温で少量にするということが大事でした。

とても栄養価が高くカロリーの低い果物ダイエット。美容や健康にもよいこのダイエットは注意点だけしっかりと守れば大変効果的なダイエットです。ですから是非とも明日から実践してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ