【コストコ】プレスンシールが超便利?ラップの値段・機能性まとめ!

コストコのラップ、プレスンシールを知っていますか?一度使うとリピーター続出の人気商品、プレスンシールは普通のラップとはちょっと違います。そんなプレスンシールのとっても便利なストレッチ性をはじめとした機能性や特徴、便利な使い方や使用時の注意点、気になるお値段など、各家庭におすすめできる、その理由を一挙紹介致します。コストコでプレスンシールを見かけたら買ってしまうこと間違いなしです。

【コストコ】プレスンシールが超便利?ラップの値段・機能性まとめ!のイメージ

目次

  1. 1コストコのラップのプレスンシールが人気でおすすめ!
  2. 2コストコのラップのプレスンシールの特徴
  3. 3コストコのラップのプレスンシールの使い方と機能性
  4. 4コストコのプレスンシールやラップの値段
  5. 5コストコのラップのプレスンシールの注意点
  6. 6コストコのラップのプレスンシールを活用して家事も育児も愉しく!

コストコのラップのプレスンシールが人気でおすすめ!

コストコのラップのプレスンシールが人気でおすすめ!

コストコの「プレスンシール」をご存知ですか?コストコ通な方や、主婦に人気のプレスンシールはコストコで販売されているラップの一種で正式には「GLAD Press'n Seal(グラッドプレスンシール)」といいます。通常のラップとは少し違った特徴があり、ストレッチ性に優れ機能性抜群のラップとなっています。

一度使えばキッチンには欠かせないツールになるコストコのプレスンシール、優れた機能性や特徴、ラップとの違い。キッチンはもちろん、キッチン以外でも便利な使い方や、プレスンシールを使う際の注意点、気になる価格などを詳しく紹介致します。

ラップとの違い

コストコのプレスンシールと通常のラップでは、いくつかの大きな違いがあります。そのため、通常のラップとは使い方にも違いがあります。とくに大きな特徴として、高い吸着力や密封包装もできる密封性の高さ何度も繰り返し貼りなおせるなど、通常のラップでは出来ないことがプレスンシールでは可能なのです。ここからは違いをさらに詳しく紹介していきます。

Thumbプレスンシールとは?コストコでおすすめの商品の使い方を解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

コストコのラップのプレスンシールの特徴

吸着力が凄い

コストコのプレスンシールの機能性や特徴としてあげられるのが、面白いほどによくくっつく吸着性の高さです。素材的にラップではくっつかない木の容器や紙コップ、タッパーなども、プレスンシールならば問題なくしっかりと吸着してくれます。木やプラスチックのお皿、ステンレスのボウルなど、保存するのにラップが使えず困ってしまう時にも、素材を選ぶことなく密着してくれるのはとても助かります。

密封性の高さ

次にあげられる機能性や特徴は、密封性の高さです。コストコのプレスンシールには接着剤が付けられているため、粘着力が高く色々なものにしっかりと接着してくっつけてくれます。そのため、フードシーラーのように魚や肉も匂い移りすることなく、しっかりと密封してくれます。密封の際には食材の中央部分から外側に向かい空気を抜くのがポイントです。空気をしっかり抜くことで、中身がしっかり密封され簡単に真空状態になります。

食品にも安心

コストコのプレスンシールの特徴としてあげられる吸着力、密封性の高さは接着剤が使われていると紹介しましたが、接着剤と聞くと食品に使って安全なの?と心配になります。しかし、プレスンシールに使われている接着剤はチューイングガムと同じ成分となっています。アメリカの厚生労働省にあたる「FDA」が食品に着雪貼りつけても良い「食品用接着剤」としても認めているので、口に入れても問題なく安心できます。

何度も使える

コストコのプレスンシールの特徴として最後にあげるのが、何度でも貼りなおして使えるという点です。通常のラップは一度外すとグチャグチャになり使い捨てになるものが多いですが、プレスンシールは一度剥がしても貼りなおして使うことが可能です。

プレスンシールはラップの表面にある突起が互いにくっつくことにより密封する仕組みになっています。その為、剥がして何度も使うことができるのです。衛生的な限り何度も貼りなおせるので、エコな上に無駄使いすることもなくコストパフォーマンスに優れた商品ともいえます。

コストコのラップのプレスンシールの使い方と機能性

肉や魚の乾燥や酸化を防ぐ

コストコのプレスンシールの一般的な使い方として定番なのが、肉や魚の密封保存です。お肉や魚は傷みやすい食材なので、プレスンシールで包めば空気に触れることなく新鮮に保つことが来ます。冷凍保存をすれば、霜が降ることもなく乾燥や参加も防いでくれるのでとても便利でおすすめです。

使い方はプレスンシールを大きめに切り接着面にお肉や魚を乗せます。もう一枚上にプレスンシールをかぶせお肉や魚の上と脇を押していけばお肉とプレスンシールがしっかりと密着されます。生肉生魚以外でも、ハンバーグやミンチ、粕漬けや味噌漬けなどを包むことも出来ます。

無駄な空気が入らない分、味付けのものは味もしっかりと染み込み美味しくなります。保存する際はかさばらないように1つ1つを小分けにカットしてジップロック等に入れて保存すれば、冷蔵庫もすっきりとなるのでおすすめです。

グラスに蓋として吸着

次に便利な使い方はコストコのプレスンシールの特徴である高いストレッチ性や機能性を利用して、グラスの飲み口に伸ばして密着させれば、グラスの蓋としても便利に使えます。プレスンシールで蓋をしたグラスは倒しても逆さまにしても飲み物がこぼれません

プレスンシールを貼りつけたグラスにストローをさせば、小さな子どもでも飲み物をこぼさずに安心して飲むことができます。飲み残した飲み物の入ったグラスに蓋をして置いておくことも出来るので、最後まで飲み切ることができるのもおすすめです。

ラップの代わりも

コストコのプレスンシールはラップとしての使い方でも大活躍します。プレスンシールの特徴である高い吸着性によって、一般的なラップではくっつきにくいものでもしっかりと包んでくれますトマトのような柔らかい食材や、崩れやすいパンなどもプレスンシールならば崩れにくく綺麗な状態で保存できます。水分の多い食材も、高い吸着力で水分が漏れることも中に水が入ることも無いので冷凍から簡単に流水で解凍も可能です。
 

子供の使い捨てエプロン

コストコのプレスンシールの特徴を生かして、キッチン以外の用途でも使うことができます。プレスンシールは服などの布にもピッタリと貼りつけることが出来るので、子供の食事の時やお絵かきなどの工作にもとても便利です。服にしっかりと簡単に張り付いてくれるのでずれることも無く、首周りを締め付けることも無いのでママにも子どもにもいいことづくめです。使い終わったらはがして簡単に捨てることが出来るのもおすすめです。

赤ちゃんのおむつの処理

外出時の赤ちゃんのおむつ処理にも、コストコのプレスンシールはとても役立ちおすすめです。おむつを捨てる場所がない時は、プレスンシールでしっかりと包めば匂いが外に漏れることがありません匂いを気にすることなく、そのまま持ち歩けるのはママにはとても嬉しいものです。

家の中でも、プレスンシールで包んでしまえばゴミ箱にそのまま捨てても匂いが漏れることなく安心です。慌てているときなど、おむつ専用ゴミ箱に捨てにいくのが難しい時には、匂いを封印してくれるプレスンシールはとても重宝します。

クラフト作りでも大活躍

ホームパーティーやクリスマス、ハロウィンなど季節の行事のインテリアにもコストコのプレスンシールは大活躍します。プレスンシールの中にカラフルな絵の具やポンポン、キラキラと光るグリッターなどを入れて閉じ込めたものを窓に貼りつければ、一気に華やかなイメージになります。子供と一緒に折り紙やイラストなど工夫を凝らして、色々なものを閉じ込めてみるのもおすすめです。

リモコンなどのカバーにも

机の上などに置かれるリモコン、埃がかぶったり水に濡れてしまったり。小さい子供がいる家庭だと、舐めてベタベタにしてしまったりの経験はありませんか?そんな時、リモコンなどのカバーにもプレスンシールはおすすめです。一般のラップで包むと、使っている間に剥がれてしまったりはしをセロテープで留めなければいけなかったりと少し手間がかかりますが、プレスンシールならばテープで貼る必要もなくピタリと留まり剥がれません

コストコのプレスンシールやラップの値段

ストレッチタイトフードラップ

コストコのラップとして一番有名で人気も高いのが、コストコのプライベートブランド「カークランドシグネチャー」の「ストレッチタイトフードラップ」です。長さの違う2種類が販売されており、ストレッチタイトフードラップ3000は値段が1巻辺り幅30.48cm×長さ914.4mでコストコ価格が1,848円、ストレッチタイトフードラップ750の値段は幅30.48×長さ228.6mでコストコ価格が2本セットで1,378円となっています。

特徴としては1ロールがとても長く3000を1個買えば1年以上も持つほどです。ストレッチ性も高く、柔らかいのでとてもよく伸びます。密着度も高いので、匂い漏れを防ぎ、ジュースなどの飲み物を入れたグラスに使えば傾けてもこぼれることがなく、液体の保存にもおすすめです。ただし、注意点として耐熱温度が82℃と低いためレンジでの使用はできませんのでご注意ください。

プレスンシール

コストコのプレスンシールの特徴は、紹介してきた通りです。素材を選ぶことなく、ピッタリと隙間なく圧着密封することができ、中の空気を抜けば真空状態にすることも出来ます。プレスンシールは幅30cm×長さ43.4mで耐熱温度は100℃、耐冷温度が-23℃となり冷凍、冷蔵、保管用に使用可能です。注意点として電子レンジは解凍機能のみ可能となっています。値段はコストコ価格では3本セットで1,618円となっています。

サランラップ

日本を代表するラップの一つサランラップは旭化成が販売する人気のラップです。コストコでは3本セットになって販売されています。値段はコストコでは横22cm×50mの3本セットがコストコ価格698円、幅30cm×50mの3本セットがコストコ価格998円で販売されています。

特徴としては耐熱温度が140℃と高いため電子レンジでも安心して使用することができます。耐冷温度も-60℃までなので冷凍庫の保管も可能です。使い勝手も良く、グチャグチャになることも少ない優秀な日本製のラップとなっています。

クレラップ

サランラップとならび、人気の日本製ラップとして有名なクレラップとなります。コストコではサランラップと同様3本セットで販売されています。値段は横22cm×50mが3本セットでコストコ価格698円、横30cm×50mが3本セットでコストコ価格998円となっています。こちらもサランラップには劣りますが耐熱温度140℃となり電子レンジでの使用が可能です。耐冷温度も-60℃なので冷凍庫での保存も可能です。

やさしいラップ

やさしいラップはポリエチレン製で環境にやさしいラップです。コストコでは8本セットで販売されており、8本でコストコ価格978円となっています。耐熱温度は110℃、耐冷温度は-60℃となっているので電子レンジ、冷凍庫でも使うことができます。コストコでは8本セットで978円とお値段のコスパが良いので、環境だけではなくお財布にもやさしいラップです。

コストコのラップのプレスンシールの注意点

レンジ使用の際は注意が必要

コストコのラップ、プレスンシールは電子レンジの使用は可能とありますが、注意点として「解凍機能」なら使用が可能となっています。耐熱温度が100℃となっているため、通常のレンジ機能を使うと溶けてしまいます。注意点は加熱したい場合は一度プレスンシールから取り出し別のお皿で加熱するか、じっくり湯煎での加熱をおすすめします。

切り方にコツがある

2つ目の注意点は、切り方にコツがあることです。付属のケースで切れるようになってはいますが、なかなか切りにくいのが難点です。お値段も若干お高めのプレスンシール、切るのに失敗するのは避けたいところです。コツとしては、箱をしっかり持って刃を上に向け、刃に沿って慎重にゆっくりとカットすることです。コツさえつかめばスムーズにカットできるようになります。

コストコのラップのプレスンシールを活用して家事も育児も愉しく!

コストコで人気のラップ、プレスンシールを紹介してきましたがいかがでしたか?一般のラップと違い、プレスンシールは吸着性に優れ、高い密着力もあるためキッチンツールはもちろん、色々な用途にも便利に使うことができます。コストコへ行った際には是非、プレスンシールを買ってみて下さい。家事も育児もさらに便利にコストコのプレスンシールを活用して愉しみましょう。
 

Thumbコストコの人気商品ランキング!おすすめ食品や日用品なども! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ