100均のタルト型と代用グッズ紹介!タルト台の外し方のコツも

100均のタルト型は種類が豊富でタルトやキッシュ作りに大活躍です。タルト型は本来値が張る商品ですが100均ならばそれがお手頃価格で手に入ります。今回はそんな100均のタルト型やミニサイズも作れる代用グッズとその活用方法を紹介します。

100均のタルト型と代用グッズ紹介!タルト台の外し方のコツものイメージ

目次

  1. 1100均のタルト型が便利
  2. 2100均のタルト型一覧【ダイソー・セリア】
  3. 3100均のタルト型の代用グッズ
  4. 4タルト台の上手な外し方のコツ
  5. 5100均のタルト型を便利に活用しよう!

100均のタルト型が便利

ダイソーやセリアなどの100均には様々な種類のタルト型が販売されており、非常に便利だと話題になっています。100均のタルト型と聞くと、本当にしっかり焼けるのかと心配になる方も多いのではないでしょうか?実は、意外にも使い勝手がよくコスパがいいと評判のいい商品となっています。

そのため、セリアなどの100均のタルト型はあまり頻繁に作ることのないタルトやキッシュなどを作りたい時には大変おすすめです。今回はそんな100均のタルト型の種類や100均で購入できる代用グッズとその上手な活用方法などを紹介します。

種類が豊富

100均のタルト型は大きめのサイズからミニサイズまで様々なサイズのものが取り扱われています。ミニサイズでキッシュなどを作るとちょうど1人分にちょうどいい量のものが作れます。また、サイズの種類が豊富なだけでなく底が取れるタイプのものや紙製、ステンレス製のものなどそれぞれのニーズに合うようなタルト型が幅広く販売されています。

底が取れるタルト型ならばタルト作りに、底が取れないタルト型ならキッシュ作りにぴったりです。さらに紙製のタルト型ならば、パイなどを作って型に入れたまま差し入れなどとして持っていくこともできます。

コスパが良い

タルト型は想像よりも価格が高いものが多く、あまり頻繁に作らないのにそこまでお金を出すのは嫌だなと思う方が多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが100均のタルト型です。

100円からという低価格で買えるのに加えて、使い勝手も非常によくコスパがかなりいい商品だと評判になっています。さらに、型だけでなく製菓材料も100均でそろえることができるのでたくさんのお店に行くことな手軽にタルトやキッシュなどを作ることができます。

100均のタルト型一覧【ダイソー・セリア】

今回は100均の中でもダイソー・セリアで販売されているタルト型を紹介します。早速ダイソー・セリアで販売されているおすすめのタルト型を見ていきましょう。

【ダイソー】タルト焼型底取タイプ 18cm

まずはダイソーのタルト焼型(底取タイプ)です。サイズは直径約18cmと一般的なタルト台のサイズで、6~8人分のタルトを焼き上げることができます。こちらは底が取れるタルト型なのでタルト作りが初心者という方にもおすすめです。

価格は300円と100円ではないのですが、100均以外の他のショップだと安くても1000円近くする商品なのでかなりコスパのいい商品です。材質はスズメッキといわれる鉄製で少し生地がタルト型にくっつきやすいので、焼くときに少し工夫をすると上手に外すことができます。

口コミ

【ダイソー】タルト型 18cm

2つ目に紹介するのはダイソーのタルト焼型です。サイズは先ほど紹介したタルト型と同じ大きさの直径約18cmで、底が取れないタルト型となっています。なので、タルト作りだけでなくキッシュ作りやチーズケーキ作りにも向いているタルト型となります。

丈夫なステンレス製でサビにも強く長持ちするので、頻繁に使用するという方におすすめです。価格は100円とかなりリーズナブルで評判のいい人気商品となっています。
 

口コミ

【ダイソー】イタリア製タルト型L 9cm

3つ目に紹介するのはダイソーのイタリア製タルト型Lです。サイズは直径約9cm×高さ2cmとミニサイズなので1人分を焼きたいときにぴったりです。しっかりとしたグリースプルーフペーパーなので硬いタルト生地にも対応できます。また、タルトだけでなくキッシュやパン作りにも活用できます。

生地がタルト型にくっつくことなくきれいに外れるので、タルトを型から上手に外せるか心配だという方にもおすすめです。100円で10枚入りとなっているので、複数個作るのにも向いています。220度という高温にも耐えられるのできれいなタルトを作ることが可能です。

口コミ

【セリア】タルトレット型底取 12cm

4つ目に紹介するのはセリアのタルトレット型底取です。サイズは約直径12cm×高さ2cmとやや小ぶりなので、2人分にちょうどいいミニサイズとなっています。なので、ちょっとしたプレゼントや2人で過ごす記念日などにはぴったりです。また、こちらは底が取れるタルト型なのでタルト生地を外しやすく、タルト作り初心者にもおすすめです。

丈夫なステンレススチール製なのでしっかりとした作りとなっています。ですが、多少タルト型に生地がくっつきやすくなりますが、コツを掴むときれいに外すことができます。価格は100円と大変リーズナブルな商品です。

口コミ

【セリア】タルトケーキ型Lサイズ

最後に紹介するのはセリアのタルトケーキ型Lサイズです。サイズは約直径13.5cm×高さ2cmと先ほど紹介したタルトレット型よりも若干大き目のサイズとなっています。ミニサイズというほど小さすぎることもなく、大きすぎることもなく使い勝手のいいサイズ感だという口コミがありました。

使い捨て出来る紙製なのでそのままパーティーや職場の差し入れとして持っていくのにもぴったりです。また、型からも外しやすいので簡単にタルトやパイを作ることができます。焼きあがった後にタルト型を洗う手間も省けるメリットもあり、2枚入りで100円なので多くの方から好評の100均の商品です。

100均のタルト型の代用グッズ

ダイソーやセリアには様々な種類のタルト型が販売されていますが、そのほかにもタルト型として代用できる商品もたくさん販売されています。これから紹介する代用グッズを活用すると、ミニサイズのタルト型よりも小さい手のひらサイズのタルトや大きいのタルトなども焼き上げることができます。

また、100均にも販売されていますが家にあるようなグッズばかりなので、タルト型がなくてもわざわざタルト型を買う必要がなくなるかもしれません。それではどのようなグッズがタルト型の代用として活用できるのか見ていきましょう。

お弁当用シリコンカップ

100均でも販売されているお弁当用のシリコンカップはミニサイズのタルト作りにはぴったりです。洗ってくり返し使える大変便利な商品なので、普段からお弁当作りに活用している方も多いのではないでしょうか?シリコン素材なのにオーブンで使っても大丈夫なのかと心配になるかもしれません。

シリコン素材のケーキの型などと同様にお弁当用のシリコンカップも耐熱温度が高いので安心して使用することができます。さらにシリコン素材なので初心者でも簡単に型から生地を外すことができます。100円で複数個入っているので、バレンタインの時などに大量にタルトを作るのにも最適です。

グラタン皿

様々な大きさや形があるグラタン皿もタルト型の代用として活用することが可能です。グラタン皿はもともとオーブンに対応してつくられているので、タルトやキッシュを焼くのにも安心して活用することができます。ですが、グラタン皿はタルト型に比べてかなり厚みがあるので焼き上げるのに時間がかかってしまいます。

なので、グラタン皿でタルトやキッシュを焼く際には焼き時間を長めに設定しましょう。焼き上げた後はお皿から外さずに、冷ましてそのまま出してもおしゃれなデザートとして好印象です。ダイソーやセリアの100均にはおしゃれなグラタン皿がたくさんあるので見た目もばっちりなタルトが作れます。

ココット容器

ココット容器もグラタン皿と同じようにタルト型の代用として活用できます。グラタン皿よりもミニサイズのタルトを焼き上げたいときに最適です。100均のココット容器はデザインも色も種類が豊富なので、焼き上がった後たくさん並べても大変おしゃれで可愛くなります。なので、パーティーなどで出しても盛り上がるのではないでしょうか?

また、1つ1つがミニサイズなのでおやつにも誰かへのプレゼントとしてもおすすめです。可愛くておしゃれな見た目で相手も喜んでくれると思います。1つが100円と安いので容器ごと渡しても、低価格で済ませることができます。

スキレット

インスタ映えするとして流行したスキレットも代用グッズの1つです。スキレットで作るだけでどんな料理でも美味しそうになると大変話題になったのでご家庭にあるという方も多いのではないでしょうか?そんなスキレットでもタルトを作ることができ、大変おしゃれな見た目にタルトやキッシュなどを仕上げることができます。

またスキレットで焼くと型から外す作業をせず、洗い物を減らすことができます。さらに1つが1人分位にちょうどいいミニサイズなので切り分ける手間もありません。ただ、鉄製なのでタルト型や陶器でできているグラタン皿やココット容器とは逆に火の通りが早くなっています。なので、焼く際にはタルトが焦げてしまわないように注意が必要です。

アルミカップ

お菓子の型やお弁当用のカップとしてよく活用されるアルミカップもタルト型の代用になります。ダイソーやセリアの100均にはお弁当用のミニサイズのものからマドレーヌやパウンドケーキを焼く用の型など様々な種類のものが販売されています。形や大きさが代用グッズの中でも1番豊富なので、それぞれのニーズに合ったものがきっと見つかるはずです。

お菓子の型だけでなく、バーベキューなどで使われるアルミ皿でも焼くことができるので大きめのタルトを焼きたいときにもぴったりです。アルミ製で熱を通しやすいのでタルトを上手に焼くことができ、取り外しも楽なのできれいなタルトが作ることができます。

耐熱皿

グラタン皿やココット容器のようにオーブンの熱に耐えられるお皿ならばタルト型として使えるので、耐熱皿も代用として活用することが可能です。年々100均でもガラス製の耐熱皿の種類は増えています。透明なガラス製でシンプルな見た目なので使い勝手がいいうえに、おしゃれに見えると好評の商品の1つです。

さらに抗菌性にも優れているので、キッシュなどを作って残ってしまった場合はそのまま蓋をして冷蔵庫で保存しておくことができます。ただ、タルトを焼く際にはガラス容器は火の通りが遅くなってしまうので、タルト型で焼く時よりも焼き時間を長めに設定する必要があります。その点を注意すれば、きれいなタルトを焼くことができます。

タルト台の上手な外し方のコツ

タルトを作るにあたって1番の悩みともいえるのが、上手にタルト型からタルト台が外せるかどうかだと思います。せっかくうまく焼き上げられても、きれいにタルト型から外せないとすごく残念な気分になってしまいます。そのようなことがおこってしまわないよう、タルト台をタルト型から上手に外せるコツを紹介します。

タルト型にバターを塗る

まずはタルト型全体に薄くバターなどの油を塗るというものです。バターなどの油類でタルト型にコーティングしておくと焼き上がり後、タルト台がきれいに外しやすくなります。また、タルト型にバターを塗った後に小麦粉などをふるっておくとよりきれいに外しやすくなります。

ですが、小麦粉も多すぎるといけないので全体にまんべんなくふるった後にはタルト型をさかさまにしてからトントンと叩いて余分な粉を落とすようにしましょう。

しっかり冷ましてから外す

タルト台を上手に外すのは焼く前の工程だけなく、焼いた後にも重要なコツがあります。それはタルト台が焼きあがったらすぐにタルト型から外すのではなく、しっかりと冷ましてから外すというものです。オーブンから取り出した後はケーキクーラーの上で粗熱を取って、そのあと冷蔵庫に20~30分ほど入れるようにしましょう。

焼き上がり後はうまく焼けたか気になると思いますが、温かいうちに取り出してしまうと生地がまだ柔らかい状態なのでボロボロと崩れてしまいます。そうするときれいに焼けていてもうまく外すことができないので、気になる気持ちをぐっと抑えてしっかりと冷ましてください。冷ました後にバーナーなどでタルト型を温めるとより上手に外せます。

テフロン加工のものを使用する

バターを塗っても、しっかりと冷ました後でもうまく外せないときはタルト型をテフロン加工のしてあるタルト型に変えてみるというのも1つの方法です。残念ながらテフロン加工のしてあるタルト型は100均での取り扱いがされていないので、他のショップでの購入となります。

テフロン加工がしてあるタルト型は表面にフッ素加工が施してあるので生地がくっつきにくく、初心者にもおすすめのタルト型となります。ただ、フッ素加工は何度も使用していると加工がはがれていってしまい買い替える必要が出てきます。なので、ステンレス製の物よりは寿命が短くなってしまうというデメリットも出てきてしまいます。

生地の分量を再確認する

タルト台が上手に外れない原因の1つとして、そもそも生地の分量が間違っているという場合もあります。生地の水分量が多かったり、粉が多かったりすると上手く外せなくなってしまうので1度生地の分量を再確認してみましょう。また、分量だけでなく材料の状態や作業中の温度なども関係してきます。

バターが室温に戻っていなかったり、作業中に時間がかかりすぎて生地がだれてしまうのも上手に外せない原因となるのでその点も注意しましょう。

100均のタルト型を便利に活用しよう!

今回はダイソーやセリアの100均で販売されているタルト型について紹介しました。100均のタルト型は値段が安く、使い勝手が非常にいいと大変評判のいい商品です。大きさや種類も様々あるので、きっとご希望のタルト型が見つかると思います。また、万が一希望のタルト型がなかったとしてもその代用として使えるグッズも紹介しました。

代用グッズもタルト型にはないメリットがそれぞれにあるので、もしかしたらタルト型よりもピッタリの商品が見つかるかもしれません。タルト型も代用グッズも種類が豊富に販売されており、タルトの材料も揃えることができるのでぜひダイソーやセリアといった100均のタルト型を活用してみてください。

Thumb【100均】ダイソー・セリアのドーナツ型一覧!アレンジレシピも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbクッキー生地とタルト生地の違いとは?材料や分量について解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbキッシュとは結局何?発祥・タルトとの違い・作り方などまとめ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング