松島のカフェのおすすめ11選!絶景が見えるロマンなど紹介!

日本三景の一つである松島は、海とそこに浮かぶ島々が織りなす絶景の景観と、瑞巌寺や五大堂、伊達政宗にもゆかりがあり歴史的にも有名で、たくさんの客が訪れる観光スポットです。松島はご当地グルメも数多く、牡蠣や穴子、ずんだ餅などが有名で、グルメな有名店もたくさんあり、観光の合間に絶景を眺めながら楽しめるカフェが人気です。今回はそんな松島で、絶景が楽しめる人気カフェやデートにおすすめのカフェ、女子同士で気軽に行きたい和カフェとテーマ別に、おすすめのカフェを11選紹介していきます。

松島のカフェのおすすめ11選!絶景が見えるロマンなど紹介!のイメージ

目次

  1. 1松島の絶景と食事が楽しめるカフェで良い気分になろう!
  2. 2松島の絶景が楽しめるおすすめ人気のカフェ
  3. 3松島のデートに行きたいおしゃれおすすめの人気カフェ
  4. 4松島の女子友と行きたいおすすめ人気の和カフェ
  5. 5松島で観光を楽しむなら絶景とカフェははずせない!

松島の絶景と食事が楽しめるカフェで良い気分になろう!

宮城県を代表する観光地である日本三景のひとつ「松島」は、見渡す限りの海にたくさんの大小の島々が浮かんだ景観が絶景で、多くの観光客で賑わう王道の観光スポットです。四季折々に変化する景色や遊覧船からの眺めも素晴らしく、国宝に指定されている瑞巌寺や松島を代表するシンボルである五大堂、縁結びとして有名な円通院や伊達政宗のゆかりの地としても有名で、歴史にゆかりのあるスポットも多くあります。

海に臨む松島はご当地のグルメも有名で、新鮮な魚介類が豊富で特に牡蠣や穴子、スイーツならずんだ餅など、松島を訪れたら一度は食べてみたい人気の絶品グルメも数多くあります。そんな松島には、絶景が見えておいしいスイーツも堪能できる人気カフェ「ロマン」など、絶品スイーツやフードを楽しめるカフェもたくさんあります。

今回は松島で観光や散策の合間に訪れてみたいおすすめカフェを、絶景が見える人気カフェやデートに行きたいおしゃれなカフェ、女子友と気楽に楽しむ人気和カフェとテーマ別に11選紹介していきます。

松島の絶景が楽しめるおすすめ人気のカフェ

見渡す限りの絶景とスイーツや軽食「カフェ・ル・ロマン」

松島海岸駅より少し歩いたところにある「カフェ・ル・ロマン」は松島湾を見渡す高台に建ち、壁一面のガラス張りの開放的な空間で、海や島々を行き交う遊覧船も眺められる絶景のロケーションにある人気カフェです。手の込んだ自家製スイーツやフードが食べられると評判で、遠方からも客足が絶えず休日は混雑しています。

おすすめメニューは、ロワンで昔から愛されているスイーツ「タルトタタン」(550円)で、10月から3月のりんごがおいしい期間限定メニューです。サクサクのパイ生地の上に、ほどよい酸味があるジューシーな焼きりんごがたっぷりのっています。焦げたキャラメルが絶品で、見た目よりさっぱりとしていて最後まで一気に食べられます。

フードメニューでは「クロックムッシュ」(820円)が人気で、長時間発酵させた自家製のもちもち食感のパンを使い、ハムとベシャメルソースをサンドしており、香ばしいグリエールチーズがとろける一品です。他にも濃厚でミルク感たっぷりの「ソフトクリーム」(300円)をテイクアウトしてテラスなどで食べるのもおすすめです。

店内は上品で落ち着いた雰囲気で、絶景のテラス席や窓際のテーブル席のほかに、ゆったりしたソファ席と1階には広々としたフリースペースがあります。場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩22分・車で5分で、西行戻しの松公園・パノラマハウスにあります。営業時間は11時~17時です。

海に臨む和モダンなお洒落カフェ「松華堂菓子店」

松島海岸駅の近くにある「松華堂菓子店」は、レトロモダンな外観で明治から続く老舗のカステラを中心にしたカフェです。「今と昔のいいところ、両方を大切に」をコンセプトにしており、和・洋と型にはまらない上質なお菓子作りを目指しています。店内は木を基調にガラス張りの窓が開放的な空間を作り、窓からは五大堂や松島湾など絶景が見えます。

おすすめメニューは「松華堂カステラセット」(670円)で、ドリンクはコーヒー・ほうじ茶・ミルクから選べます。松華堂のカステラは、地元・宮城の養鶏場の卵をはじめ厳選したこだわりの素材を使って、一つ一つ丁寧に手作業で焼き上げている逸品です。驚くほどふわふわとした食感で、はちみつの優しい香りと甘さが口の中に広がります。テイクアウトしてお土産にすることもできます。

松華堂パフェも人気があり、自家製の粒あんのほどよい塩味とあんず煮の素朴な味、深煎りきなこの香りがそれぞれ上品に混ざり合い、濃厚なソフトクリームを引き立てるおすすめのパフェです。ドリンクとセットで1050円で頂けます。また、再建される前から人気があった、いちじくのコンポートが大人の甘さの「いちじくのパフェ」(680円)もおすすめです。

場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩7分で、遊覧船の乗り場や五大堂、日本三景展望台が近くにあります。営業時間は10時~17時30分です。

有名蒲鉾店プロデュースの絶景カフェ「松美庵(SHOBIAN CAFE)」

松島海岸駅近くにある「松美庵」は、宮城で創業約70年を誇る松島蒲鉾本舗「松かま」が手掛けるカフェです。1階は松かまの店舗で、2階に木目調で揃えられたシックな雰囲気の「SHOBIAN CAFE」となっていて、松島の絶景を眺めながらティータイムを楽しめる屋根つきテラス席やテーブル席、ゆったりくつろげるソファ席があります。3階のバルコニーからは、テイクアウトしたスイーツやドリンクを絶景を見ながら楽しめます。

おすすめのフードは「バーガープレート」(550円)で、蒲鉾の材料と同じ白身魚のすり身にまぐろのフレークをブレンドし、カツとしてカラッと揚げてあります。魚の旨みとほどよい胡椒のスパイシーさ、さっぱり味のタルタルソースが相性抜群で、ザクザクした衣の食感も楽しいです。

おすすめスイーツは「DATEMONフルータ」(500円)で、松美庵が手掛ける和菓子「だてもん」をアレンジし、どら焼きのようなふわふわ生地にバナナやキウイなどのフルーツをサンドしたパンケーキで、ふんわりしっとりの生地に仙台味噌を使い、ホイップのまろやかさとほんのりした塩気が絶妙なバランスです。新メニューのコクがあって後味すっきりな「だてもんソフトクリーム」も好評です。

場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩6分で、遊覧船発着場の向かいにあります。営業時間は10時~17時です。

絶景を前に牡蠣と甘味を味わう隠れた名店「味処 双観山」

松島海岸駅からは離れた双観山にある「味処 双観山」は、周囲を松林に囲まれ特別保護地区に指定された立地で、カウンター席の大きな窓からは松島の海が一望できる絶景のカフェです。落ち着いた古民家のような雰囲気の外観で、牡蠣をメインに旬の海鮮料理などとともに、お団子やずんだ餅などの甘味を提供しています。秋には一面に紅葉が広がる絶景です。

おすすめのフードメニューは、松島湾特産の新鮮な牡蠣を使った「カキフライ定食」(1500円)で、素材の良い新鮮な牡蠣を揚げたサクサクの食感が楽しめます。カキフライと刺身がセットになった「おすすめ定食」(2160円)は茶碗蒸し・もずく酢・煮物・サラダ・ご飯・味噌汁などが付いていて、新鮮な刺身と絶品カキフライを楽しめる贅沢定食です。

味処双観山は甘味処としても人気で、「お煎茶と三色団子のセット」(480円)や枝豆の風味豊かな「お煎茶とずんだ餅のセット」(480円)などがおすすめです。おしるこ(420円)や甘酒(420円)でほっと安らぐひと時を味わうこともできます。

場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より1.8km程度で、駐車場を完備しています。営業時間は10時~18時です。

松島のデートに行きたいおしゃれおすすめの人気カフェ

住宅街に佇む隠れ家おしゃれカフェ「アルバート」

松島海岸駅から少し歩いたところにある「カフェ・アルバート」は、観光客であふれかえる通りを離れて裏手の閑静な住宅地にあり、代々船問屋を経営していた商家に手を入れて、白岩が置かれた和の庭園を眺めてカフェを楽しめるお店です。店名はアルバート・アインシュタインが松島を訪れたことがあることから付けられ、店内にはアインシュタインにちなんだ雑貨も置かれています。

おすすめはロースターから仕入れた豆を使用した、数量限定の「水研ぎ焙煎ハイクオリティブレンド」(500円)で、40年のキャリアを持つ焙煎職人が焙煎した一般に販売されていないコーヒーです。隣りには「ぱんやあいざわ」があり、食べ応えがあり素朴でおいしいと人気のパンを持ち込みして、絶品のコーヒーと一緒にイートインすることができます。

ドリンクは他にもカフェオレや紅茶、ノンアルコールカクテルなどがあり、店内ではガレット(700円)やコーヒーゼリー(350円)、バニラビーンズたっぷりの濃厚な「バニラアイスクリーム(450円)などのフードやスイーツを楽しめます。

白とウッド調を基調にした開放的で明るい店内にはテーブル席とテラス席があり、店主お手製のスピーカーでジャズの名曲が流れるゆったりとした大人の時間を過ごすことができます。場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より568mで、松華堂菓子店よりさらに路地の奥に入ったコミュニティストアサクライの近くです。営業時間は10時~17時です。

アットホームなハワイアンカフェ「カフェ JIRO」

松島の閑静な住宅街にたたずむ「カフェ JIRO(ジロー)」は、ハワイを愛する店主夫妻にハワイをイメージして作られ、目に鮮やかなスカイブルーの扉とホワイトのウッドハウス、ハワイアンミュージックが海辺のカフェにぴったりなお店です。カフェの外を囲むデッキにはテラス席があり、開放的で綺麗な店内にはカウンター席とおしゃれなテーブル席が並びます。

メニューはピッツァやスパゲッティミートソース、牛すじのカレーライスなど定番の洋食メニューが並び、モーニングサービスではトーストや目玉焼き・ウインナー・サラダのプレートにコーヒーがセットで650円で提供しています。10時までコーヒーはおかわり無料です。

おすすめメニューは、ソーセージ・ピーマン・玉ねぎの入った昔懐かしい「ナポリタン」(600円)で、ランチにはサラダ・ドリンクが付いて850円とリーズナブルな価格で提供しています。ランチメニューにプラス250円で、シュワっと音がするふわふわの「シフォンケーキ」(380円)やしっとりしてさわやかな酸味の「チーズケーキ」(380円)のスイーツをセットで堪能できます。

カフェジローでは、店主の奥様によるハワイアンフラ教室や、不定期でオーナーの音楽仲間によるライブイベントを開催したり、地元で活動しているアーティストのライブが開催されたりと、カフェ以外の楽しみ方もあります。場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩13分で、松島を右手に眺めながら歩いて行き海岸通りから1本裏道に入った住宅街にあります。営業時間は7時30分~18時です。

伊達政宗にちなんだ戦国パフェ「伊達かふぇ」

松島海岸駅の近くにある「伊達かふぇ」は伊達政宗歴史館の向かい側にあり、伊達政宗の鎧兜をイメージした目立つ入口で、独眼流も笠で表現されていてインパクトがあり、戦国武将にちなんだパフェを提供しているカフェです。店内はレトロで落ち着いた雰囲気で、伊達政宗にちなんだ雑貨が飾られています。歴史や武将が好きな方には必見のカフェです。

戦国武将の兜に見立てたコンセプトのパフェが並んでおり、パフェの上には武将の名前が入った旗が建てられています。おすすめのパフェは「政宗パフェ」(780円)で、パフェの上に大きな弦月形の前立兜をイメージしたクッキーがのっているのが特徴的で、インスタ映えもする人気のパフェです。中にはコーンフレークや抹茶アイスが入っていて、バナナやキウイ、オレンジなどで兜のイメージを作っており味も甘すぎず上品です。

また、ご当地本場のずんだ餅が食べられる「ずんだ餅セット」(500円)は、ずんだ餅2個と緑茶のセットで枝豆の旨みをしっかり感じることができ、温かい餅と冷たいずんだがからんで独特な味覚を醸し出す一品です。他にもコーヒーか紅茶が付いたロールケーキ(550円)やワッフルプレート(ドリンク付600円)などでゆったりと楽しむことができます。

場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩10分で、みちのく伊達政宗歴史館の向かいにあります。営業時間は8時30分~16時30分です。

新鮮魚介が絶品のおしゃれなイタリアン「松島イタリアン トト」

松島海岸駅のすぐ目の前にある「松島イタリアン トト」は、2017年6月にできたばかりの新しいお店で、新鮮な魚介料理や窯焼きのピッツァを提供するイタリアンカフェです。1階はカジュアルなオープンフロアで、2階は松島海岸駅前を一望できる開放的な窓があり、白を基調にカラフルなインテリアでおしゃれで明るい雰囲気でゆったりとくつろげます。

自慢の釜で焼き上げたアツアツのピッツァは、魚介をのせた「あさりと松島トマトのマリナーラ」(1600円)など、外はパリッと中はもちもちした食感で、ランチタイムに太陽の下で自然派ワインと一緒に堪能するのが格別のおいしさです。おすすめはお得なランチセットで、見た目も鮮やかな前菜盛り合わせ・好きなパスタまたはピザ・デザート・ドリンクが付いて1500円から1800円で楽しむことができます。

人気でおすすめのメニューはトト名物の「山盛り魚介のペスカトーレ」(1800円)で、アサリやしじみ、ムール貝などたくさんの貝がのっていて、やホタテ、エビ、タコなどをぎゅっと盛り合わせた魚介の濃厚な旨みを心ゆくまで楽しめる人気メニューです。デザートにはティラミスやチーズケーキ、りんごのタルトなどが550~600円、ジェラート各種が400円で楽しめます。

場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩1分、駅の目の前にあります。営業時間は11時~21時です。

松島の女子友と行きたいおすすめ人気の和カフェ

上品な和菓子とお茶で一息「観瀾亭」

「観瀾亭(かんらんてい)」は豊臣秀吉から伊達政宗が拝領した伏見桃山城の一棟で、江戸の藩邸に移築したものを2代目藩主忠宗が一本一石も変えないように命じてそのまま松島に移したものと伝えられています。建物は県有形文化財で、絵は国重要文化財に指定されています。広くはありませんが、お茶とお菓子を入園する際に注文すると、雰囲気ある部屋の畳の上に座って松島の景色を眺めながら堪能することができます。

スイーツメニューは基本的に抹茶と和菓子1つがセットで400円から提供しており、人気のあるおすすめメニューは和菓子3品と抹茶がセットの「レディースセット」(700円)です。花の形をした練りきりとずんだ餅、宮城産のかぼちゃで作ったかぼちゃのタルトの3品で、見た目も美しい和菓子が並びます。かなり濃い目の抹茶はほろ苦い中に優しいまろやかさがあります。

他にも、「抹茶セット・ずんだ餅」600円や「抹茶セット・みたらし団子」、単品で甘酒やコーヒー、ココア(各300円)なども楽しめます。和菓子の甘さと抹茶の苦みを楽しみつつ、松島の絶景を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができ、紅葉の季節には辺り一面赤や黄色で色づきます。

カフェを楽しみながら松島の絶景を観覧できるよう、海に向かって赤じゅうたんの敷かれた長テーブルが並べられています。場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩5分で、松島博物館の隣りの観瀾亭内にあります。営業時間は8時30分~17時です。

散策の合間にほっとできる老舗の甘味処「洗心庵」

松島海岸駅近くにある「洗心庵(せんしんあん)」は、瑞巌寺と円通院に隣接しており参拝の際に気軽に立ち寄れるカフェです。春には梅や桜、秋には紅葉を彩り、参道に面した開放的な休み処は、四季の移り変わりを感じながら軽食やスイーツを楽しむことができます。純和風の落ち着いた店内は、1階はお土産売り場の奥にテーブル席と座敷席、2階は掘りごたつ席で団体向けに400名まで利用可能な大広間もあります。

おすすめスイーツは「ずんだ餅」(500円)で、枝豆を粗くつぶし大きめの粒が食感の良いずんだが甘さ控えめなお団子の上にたっぷりとかけられ、笹の葉にのせられた見た目もよく絶品です。他にも甘さ控えめで上品な「三色ダンゴ」(500円)や、塩ミルクや黒豆きなこ、抹茶、本わさび、しらす、コーヒーなど、バラエティに富んだソフトクリーム(350円)も人気です。夏にはふわふわの宇治抹茶氷やくずきりがおすすめです。

フードメニューは名産の牡蠣や牛たんを使ったメニューが見られ、甘さ控えめで柚子とダシの優しい風味の「牡蠣そば」(1100円)や、サクサクとした歯ごたえで器よりも大きな穴子がのった「穴子天丼」(1260円)などボリュームたっぷりのフードを楽しむことができます。

場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩6分ほどで、海岸沿いに南に向かって観瀾亭を通り過ぎて寺町小路を東に向かい、瑞巌寺・円通院の隣りにあります。営業時間は8時30分~17時です。

雰囲気のある民家でほっと和む「どんじき茶屋」

松島海岸駅近くにある「どんじき茶屋」は、以前は茅葺の古民家でしたが、移転して今では改装された民家で運営しており、玄関で靴をぬいで上がるアットホームな和カフェです。テーブルを並べた和室の座敷席で、庭を眺めながらゆったりと甘味を楽しむことができます。

おすすめスイーツは「三色だんご」(500円)で、うるち米で仕上がた新粉餅で弾力があってしっかりとした団子に、あん・ごま・しょうゆの3種類のたれがからんでいて、それぞれの風味が生かされた絶品のお団子です。「ずんだだんご」(500円)も人気があり、つるんとした団子につぶつぶの食感がしっかりと残って甘すぎないずんだがぴったりです。おみやげとしてテイクアウトもできます。

軽食もあり、「かけそば」(420円)や「ざるそば」(570円より)などのそばがメインで、や宮城県産の森林地鶏を使ったカレー(650円)や「くろめし」(650円)なども提供しています。ドリンクはコーヒーや抹茶のほかに「ひやし梅酢」(330円)や「ひやし抹茶」(320円)など、爽やかな森林の空気の中ほっとするひと時を過ごすことができます。

場所は宮城郡松島町・松島海岸駅より徒歩10分程度で、日本三景展望台のほうに入る道をさらに進んだ先にあります。営業時間は9時~17時です。

松島で観光を楽しむなら絶景とカフェははずせない!

いかがでしたか?松島で観光の途中で楽しめる絶景が見える人気カフェや、デートに行きたいおしゃれなカフェ、女子同士で気楽に楽しみたい人気の和カフェとテーマ別に選んで紹介してきました。松島は、1日中観光しても飽きない魅力的な観光スポットです。松島を訪れたときには、ぜひこちらを参考にしておすすめのカフェで絶品スイーツや軽食を楽しみましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ