餃子の王将のおすすめメニューベスト18!裏メニューも?【2019年】

皆さんおなじみの餃子チェーン「餃子の王将」に今回はスポットを当てました。おすすめメニューから裏メニューなど、餃子の王将の2019年おすすめをご紹介します。餃子の王将を徹底解剖し、美味しく餃子の王将を楽しめる、おすすめの方法等も併せてご紹介します。みんなが大好きな唐揚げの魔法の粉もあります。今日餃子の王将があなたの晩御飯に選んでいただければ幸いです。

餃子の王将のおすすめメニューベスト18!裏メニューも?【2019年】のイメージ

目次

  1. 1餃子の王将の人気おすすめメニューが知りたい!
  2. 2餃子の王将おすすめメニューベスト18を紹介
  3. 3餃子の王将には人気裏メニューが存在する?
  4. 4餃子の王将はおすすめ絶品メニューが勢揃い!

餃子の王将の人気おすすめメニューが知りたい!

餃子の王将は全国にフランチャイズも含めると2019年最新の情報で700件以上が存在する、日本最大の中華料理チェーン店です。餃子の王将では中華料理は出来立てが一番おいしいという考え方の元、出来立てをお客様に届けるためにオープンキッチンを採用していることが、ほかの外食チェーンとの大きな違いでおすすめな点です。またオープンキッチンのため、レトルトをレンジで温めるだけといった商品は少ないです。

餃子の王将には味の濃いものが中華料理の影響か多いので、ビールとの相性が非常に良いメニューが餃子の王将には多いです。またその名前が表す通り、餃子の人気が高く、一人前240円と非常にリーズナブルです。特に学生の多い京都では、30分皿洗いをすればタダになると良いったシステムもあり、人気に拍車がかかっているような状態です。またアメトーークでも有名になったように餃子の王将は大阪の芸人に好かれています。

餃子の王将おすすめメニューベスト18を紹介

ここからは2019年最新の餃子の王将おすすめメニューをご紹介します。餃子の王将ならではの最新・低価格で美味しいおすすめメニューが沢山ある中で、ランクインしている餃子の王将のメニューは何でしょうか?またあなたのお気に入りの餃子の王将メニューは果たして何位にランクインしているのでしょうか?

第18位パリッとした衣とジューシーな鶏肉が魅力の油淋鶏

まずはここ近年で注目を集めている、餃子の王将おすすめメニューの中から油淋鶏がランクインしました。パリパリにあがった衣とジューシーな鶏肉、さらに合わせて酸味の効いたたれが絶品のこちらの一品です。ご飯と合わせて食べて良し、ビールのおともにも良しと万能選手です。餃子の王将にはほかにも冷酒や紹興酒もあり、それぞれ飲みたいお酒に合わせて選ぶ人が多い餃子の王将おすすめメニューです。

また、日本では骨なし肉で作る事が多いですが、中国では骨付き肉を使ったり衣が無かったりすることも多いそうです。家庭で作るなら、たれに付けた鶏肉に小麦粉などで衣をつけて少し油を多めにして両面焼きます。まずは両面、強火できつね色になるまで焼いて、その後火を弱めて蓋をして中まで火を通すことでパリッとジューシーな油淋鶏が出来あがります。餃子の王将では衣までパリッとしていておすすめメニューです。

かけるたれには刻んだニンニクと刻んだネギをポン酢に入れて、隠し味に蜂蜜を少し入れます。味すでに油淋鶏自体についてますので、かける量は少な目にするとおいしくいただけます。また合わせる野菜としてはレタスやトマトがいいでしょう。またとろみをつけた餡にして、小麦粉を片栗粉に変えて竜田揚げのようにして食べるのもおいしいです。お好みに合わせて形を変えれるのが油淋鶏の特徴ですので美味しくいただきましょう。

第17位サクサクした皮が魅力の美味しいおすすめ春巻

サクサクとした皮とトロリとした餡と野菜と肉のおいしさがベストマッチした春巻が餃子の王将おすすめメニューの第17位です。最大の魅力はやはり歯ごたえです。もちろん中の餡もおいしいのですが、皮をしっかりパリッと上がっているので、中のトロリとした餡との食感の違いが楽しいメニューです。餃子の王将では餡の味がついているので調味料は少な目にした方が春巻本来の味を味わえておすすめです。

またこちらもビールとの相性がピッタリです。熱々の餃子の王将の春巻を口に入れ冷たいビールを飲めば、夏バテなど簡単に吹き飛ぶうまさがあります。餃子の王将から家に持ち帰った際は、温め直すのにレンジに少し掛けた後オープントースターなどっで焦げ目がつかないよう調整して温め方がよりおいしくいただけおすすめです。

餃子の王将で食べるのではなく家で作る際は筍と豚肉を使って餡を作ります。細切りにした筍と豚肉を炒め、火が通りすぎないように注意しながら水と水溶き片栗粉で餡にして、醤油と塩で味をとのえましょう。この際に鶏がらスープの素などがあるとよりおすすめです。また中華調味料の味覇などもおいしく作る上では重要な役割を担ってくれますのでおすすめです。後はお好みでエビやイカなどを言入れるのもおすすめです。

第16位熱々ふんわり肉しゅうまい

人気メニュー肉しゅうまいがランクインしました。餃子などに比べて油を使わず蒸してあるのでさっぱりと食べれる所が特徴的です。お土産としても人気のしゅうまい。お好みで、からしかラー油がポン酢と相性いいので調味料としてはおすすめです。またしゅうまい自体の味はそんなに強くないので、ちょっと多めに調味料を使うのもお酒との相性を高めるポイントです。ぽん酢と相性がいいのは香りの強めな紹興酒です。

もちろんビールとも相性がいいです。軟らかくふかふかに仕上がった熱々の餃子の王将のしゅうまいは子供にも食べやすいのでおすすめです。過程で温める際はフライパンにキャベツを引いてその上に載せ弱火で蒸すように温めてやるとおいしくいただけます。レンジで温めるだけよりキャベツも食べれるのでおすすめです。出来あがった温キャベツにゴマ塩をかけて食べると香りも良く甘さもあって美味しいです。試してみてください。

また家庭で作るなら、味噌などを一緒に練り込めば調味料いらずで食べられますのでおすすめです。餃子の皮同様しゅうまいの皮もスーパーなどで比較的簡単に手に入るので、色んな味を試して自分に合ったしゅうまいを作ってみるのもおすすめです。またトッピングの野菜を変えてみるものおすすめです。最近はやりの塩だれなんかもおすすめ、しそドレッシングをかけてもさっぱりと食べられますのでおすすめですよ。

第15位ピリッと刺激的な魅惑の豚キムチ

厳密には中華料理ではないですが豚キムチが餃子の王将の15位に堂々のランクインしました。もはやキムチは韓国だけでなく日本人にとっても食のおすすめメニューです。ご飯の上に乗っけて食べると虜に成る美味しさがこの豚キムチにはありますのでおすすめです。豚の油とキムチの辛みがベストマッチしたこの一品は万国共通でおいしいのでおすすめです。ただ少し気になるのはニンニクを使っているので臭いですね。

ですが餃子の王将に来たら、ほとんどの人が餃子も食べるでしょう。餃子の王将の餃子にもニンニクが入っているため、あまりお昼には進められませんが、夜であればOK でしょう。但し食べ過ぎると次の日ににおいが残ってしまう事もあります。ただ、にんにくの成分は生で取るよりも陽を通した方が胃腸にいいので、熱したニンニクを食べられる豚キムチは栄養満点で美味しい料理ですのでおすすめです。

家に持ち帰ったら、ニラともやしを追加して食べるのがおすすめです。歯ごたえと味が引き締まって美味しいです。ただニラもニンニク同様匂いがあるので大事な人に会う前の日は少し避けた方がいいかもしれませんね。分量を調整して食べるのがおススメです。

キムチなのですが唐辛子を大量に使うので辛いというイメージが強いと思われますが、それは日本産の唐辛子を使った場合です。韓国産の唐辛子は少し丸みを帯びているような甘みもありキムチにはおすすめです。ただの調味料で使うなら日本産の唐辛子がおすすめですがキムチを作る際は韓国産の唐辛子を使った方が美味しく漬かります。同じ唐辛子の種を使っても土壌などの関係で甘さが違うそうです。

キムチの味の秘密は唐辛子よりも一緒に漬け込んだ魚介類のアミノ酸が分解されてできた旨味です。韓国ではオキアミやカキなど魚介類をたくさん入れてキムチを作ります。ただ辛いだけでなくしっかりとした味わいのあるキムチはこの魚介類の旨味が出ているので美味しくておすすめです。

第14位ふわふわたまごととろりとした餡が美味しい天津飯

続いて最新の餃子の王将ランキングからは天津飯です。ご飯をふわふわの卵に具材を入れたもので包み、醤油ベースのとろりとした餡をかけた一品です。実はこの天津飯日本発祥の中華料理です。もちろん中国の天津市に存在するわけでなく、中国っぽいという所からその名前が付けられました。パスタで言うイタリアンと似た感じでしょうか?しかしご飯に卵の食感と甘みが醤油でくるまれた味は何とも言い難い美味しさです。

また餃子の王将のメニューの中にはチャーハンを天津飯にした天津炒飯もあります。こちらは味付も濃くガツンとパンチのある味わいですので、ビールとの相性が抜群です。脂っこいかと思いきや、きちんと脂分は飛んでいるのでべたつかずに、餡の旨味が出ていて非常においしいメニューです。もちろんラーメンとセットで頼む人も多く餃子とも相性は抜群です。

餃子の王将から持ち帰り家で温める際はたまごに火が通りすぎないように気を付けてください。レンジでただ温めるのはあまりお勧めできません。火が通りすぎると卵がボソボソになってしまい天津飯本来の卵のふわふわとした食感が失われてしまいいますのでおすすめ出来ません。

第13位ガツンとパンチの効いた豚骨しょうゆ味の餃子の王将ラーメン

今やラーメンの定番の一つでもあるとんこつ醤油ベースのラーメンが13位になりました。豚骨のうまみはあるがしつこくなく、醤油の味と香りでまろやかに仕上がっていて、もちろん麺との相性も抜群です。また餃子とも相性がよく餃子をポン酢とラー油ではなくこの豚骨スープに付けて食べるのもおいしいです。

味わいの深いとんこつの旨味が食欲を刺激して美味しく頂けます。合わせてトッピングのチャーシューやメンマもおいしいので、王将に行かれた際には是非とも食べて頂きたいメニューです。またラーメン系の汁があるものはお持ち帰りを行っておりませんので注意が必要です。是非とも店舗に行って餃子の王将ラーメンを味わってください。合わせる調味料はラー油がおススメです。

第12位ぱりぱりさくさく、とろりとした餡が特徴のあげそば

第12位は人気のあげそばがランクインしました。ぱりぱりとした麺とあっさりとしながらも奥深い餡が印象的なのがこちらのメニューです。さっぱりと食べたい方は酢をかけて食べてみましょう。酸味と味わいがマッチングして食べやすくなりますが、かけすぎ注意です。またぱりぱりとした麺もおいしいのですが、合わせて少し案の水分を吸って柔らかくなった面もおいしくいただけます。

こちらのメニューはお持ち帰りが出来ますので、餡を温め直して麺の上にかけてください。合わせて家では野菜を追加するのもおいしくいただけるポイントです。相性がいいのはキャベツやもやしでしょう。甘味が欲しいなら白菜という手もあります。食べる際にはうずらの茹で卵が上に載っているのが日本人としては何やら懐かしくてうれしくなります。

第11位ソースと醤油が選べる熱々の焼きそば

人気の焼きそばが堂々の11位です。こちらのメニューの味付けは醤油とソースから選べます。どちらが食べたいかはその人の好みやその日の調子によるでしょう。あっさりと食べたいなら味の薄い醤油、ビールなどを飲む際には味の濃いソースというのが相性がいい食べ方ではないでしょうか。炭水化物の摂りすぎには注意ですが、焼きそばをご飯と一緒に食べるのもなかなかおいしいですよ。

このメニューはどちらもお持ち帰りできます。家族が多いなら二つとも買って帰って味の違いを楽しむのも楽しく餃子の王将を使いこなすコツです。もちろん餃子とも相性抜群です。どちらかというとほかのメニューは味付が濃いのが多いので、合わせて一緒に食べる事を考えると醤油に軍配が上がります。しかし焼きそばをメインに持ってきたいならソースという使い分けを楽しみましょう。

第10位昔ながらの醤油味、正統派の醤油ラーメン

同じラーメンでも最新のデータで上位に来たのがこちらの醤油ラーメンです。出汁がしっかりとしていて旨みの多い味が人気を集めています。ラーメンブロガーも認めるほどの味わいで昔ながらの正統派の醤油ラーメンです。最近は様々な味の醤油ラーメンが開発されているので色々試してみたくもなりますが、いったん味の基本に戻って食べるならこの餃子の王将の醤油ラーメンが美味しいです。

こちらも残念ながらお持ち帰りは行っておりません。ですので店舗で食べるしかないのですが、それだけの価値のあるラーメンに仕上がっています。シンプルな味わいが魅力で、変に凝ってない所が人気の秘密です。昔ながらの昭和ノスタルジックな雰囲気にしてくれるラーメンです。半熟の煮卵が嬉しいラーメンですので、是非とも餃子の王将に立ち寄った際は食べてみて下さい。

第9位プルプルフルフル、優しい甘さの杏仁豆腐

甘味からは杏仁豆腐がランクインしました。甘くてフルフルしているので女性からの指示が高く今回のランクインに繋がりました。甘いと言っても甘すぎず柔らかなやさしい甘さが特徴で、最後はこれに決めているという人も少なくありません。彩りの赤いクコの実が舌休めになり最後まで飽きずにその味を堪能できることが人気を集めている秘訣ではないでしょうか。

中華料理のデザートは基本的に体にいいものが多いです。西洋のデザートのように派手さはないのですが、医食同源が中華料理の基本ですので、胃を休まてくれる効果があるものが多いです。なのでたっぷり中華料理を食べてきちんとデザートまで取るとスッキリして小1時間もたてばラーメンが食べれるぐらい胃腸が落ち着きます。合わせて体に良いとされる烏龍茶も中華の人気の秘密です。

第8位ゴマの香りが嬉しい棒棒鶏

中華料理の定番、棒棒鶏が第8位です。ゴマの香りとピリ辛のソースが食欲を掻き立ててくれるまさに前菜料理の王道を走っているのがこの棒棒鶏です。その語源は棒でたたいて伸ばした鶏という意味で、茹でるのではなく蒸して柔らかく仕上げているのが、美味しくトッピングの野菜、とりわけきゅうりの清涼感が嬉しい料理となっています。ゴマと野菜の相性がいいところも魅力の一つです。

こちらの料理も残念ながら持ち帰りは行っていません。なので家で作る場合は小さく切った鶏肉を茹でて、冷ましてから小さく手で咲いてあげれば簡単にできます。ただ柔らかさを再現するのが難しいので手間をかけて蒸すと茹でるよりある程度は柔らかくなります。シリコンスチーマーでレンジで蒸し上げるのもおいしく仕上げるコツです。

第7位カリカリとろとろのジューシー酢豚

日本でも人気の中華料理酢豚がランクインしました。豚を一度カリカリに上げてから野菜を合わせ水溶き片栗粉でとろみを加える王道スタイルの酢豚です。議論の分かれるパイナップル等は入っていません。軟らかくしっとりとした味わいで飽きることなく食べ進める事ができます。もちろんご飯との相性も抜群です。お酒もビールが一番相性が良いでしょう。まさに中華オブ中華といった貫禄のランクインです。

カリカリの豚肉を口に入れるとジューシーな肉汁が口の中にあふれ出します。またシャキシャキとしているもののちゃんと火の通っている野菜が口の中を爽やかにしてくれるのでいくらでも食べられそうな味わいが特徴的です。この酢豚を食べずして餃子の王将は語れないと言ってもいい逸品です。

第6位野菜の甘みが食欲を掻き立てる八宝菜

野菜たっぷりでヘルシーな八宝菜が6位です。白菜をしゅたとしたような構成ですが、野菜の味の奥深さが楽しめる作りになっています。また味わいがあっさりしているために他に色んな料理を食べた後口の中をさっぱりさせてくれる効果もあります。野菜の他にもエビや豚、イカといった具材が織りなすハーモニーはまさに絶品です。他の料理とけんかしないので注文のしやすさも人気の秘訣です。

こちらもご飯との相性は抜群。言い換えれば中華丼を想像してもらえばいいでしょうか。ご飯の甘みと野菜の甘みが上手くマッチしています。またお酒は香りが強めな紹興酒との相性がいいです。紹興酒の持つ香りが野菜のうまみとベストマッチします。もちろんご飯が合うので、ご飯が原料の日本酒とも相性はいいので色々好みを試していくと良いかもしれませんね。

第5位ご飯が進むピリ辛回鍋肉

少し甘目の味わいの混ざった甘辛回鍋肉が2019年の5位です。味が濃厚なのでご飯との相性がよく、また日本酒が合わせやすいお酒ではないでしょうか。その味わいから一気に食べつくしてしまいそうな、うまさを持っています。味噌のうまみとねぎと甘み、ピーマンの苦みキャベツの歯触りが一体となってそこに豚の旨さも一緒に5重奏の味わいがあります。まるでオーケストラを見ているかのような味わいで食欲がどんどん出てきます。

第4位ぷりっぷり、口の中ではじけるエビチリ

エビチリが第4位にランクインしました。フリーターの要領で上げてあるのでえびの旨味が閉じ込められ、サクサクプリっぷりの食感が口の中ではじけますのでおすすめです。ご飯とももちろんおすすめですが、チャーハンとも相性がいいのでおすすめです。油のうまみとチリソースのうまみは喧嘩しないので、その美味しさを堪能できます。たまごとの相性が抜群ですよ。

家で食べるときはフライパンで温めて卵をかけてあげます。卵とチリソースは相性抜群で、餃子の王将の中にはたまごチリソースをメニューとして置いている店もあります。甘さに全部持って行かれずピリ辛の味わいがあり、甘辛い仕上がりになっているのでご飯が進みますのでおすすめです。このおいしさを味わうためにぜひ餃子の王将へ行ってみてください。病みつきになりますよ。

第3位カリカリジュワッと味の決め手は魔法の粉、唐揚げ

ついにベスト3です。まず最初は2019年現在で人気の高い唐揚から。とくに餃子の王将マニアからよく言われるのがこのから揚げに添えられた塩こしょう、いわゆる魔法の粉ですがこれが美味しさの秘密でおすすめの秘密です。アメトーークでも芸人が大好きと紹介していました。配合の具合が絶妙で、ほかの料理にかけても味わいが増加すると人気です。たくさんの学生がお世話になったこの唐揚げ、皆さんもぜひ味わってください。

唐揚げも絶妙な味わいですが油があるのでビールの苦みが心地よい味わいをもたらしてくれますのでおすすめです。もちろん紹興酒とも味わいが抜群。備え付けられた野菜に魔法の粉をかけて食べるのもおいしいです。持ち帰った場合はオープントースターで温めた方がサクサクした食感が無くならずに美味しくいただけるのでおすすめです。ハイボールなどの焼酎、酎ハイ系と合わせてもおいしくいただけます。

第2位納得の貫禄みんな大好きマーボー豆腐

中華の中の一番人気と言えばやはりマーボー豆腐です、ご飯に相性がよくまた濃いめの味付けなので色んなお酒と取り合わせることが出来ます。例えばビールなどが一番のおすすめです。焼酎を合わせるのもおいしくいただけます。食べる際にラー油を入れて辛さを増してもおいしいですし餃子の王将らしく餃子との相性も抜群です。セットで頼むとスープがついてくる店舗もあり、箸休めに飲むと味わいが広がって楽しいです。

家に持ち帰ってアレンジするなら春巻にするのが一番おすすめ。スナック菓子のように手で持って作さうと食べちゃえます。またラーメンにかけるのもありです。特に味噌ラーメンが相性がいいです。麻婆丼もおいしいし多分日本で中華料理で一番食べられているのがこのマーボー豆腐じゃないでしょうか。

第1位やっぱり外せない結局は一番おいしい餃子

やっぱりというか当然というか、一番人気は餃子です。単品で頼むというよりは色んなセットについているので注文する機会も増えます。厚めの皮にくるまれた餡がにんにくやニラの香りと交わって極上の味わいを醸し出します。またどの料理も餃子との相性がよいのでなんにでも合わせれるところも人気の一つです。もちろんご飯とも抜群の相性です。やっぱり餃子を食べなければ餃子の王将は始まりませんね。

やはり合わせたいお酒はビールです、皮が厚い分脂を吸っているので、苦みのあるビールで口の中をさっぱりとさせましょう。家に持ち帰った際は、邪道と感じる人はいるかもしれませんが鍋に入れてもおいしいです。醤油ベースの鍋の方が合わせやすいと思います。合わせる野菜はネギなどが相性がいいです。またウインナーと一緒に入れてもおいしいですので試してみてはいかがでしょうか。

餃子の王将には人気裏メニューが存在する?

餃子の王将にも裏メニューが存在します。裏メニューとはそのほとんどが美味しくてまかないで使われているけど店に出すほどのものじゃないとされているものが多いのですが、十分看板メニューとして実力を発揮できる力を持っています。そんな裏メニューをいくつかご紹介します。裏メニューだと侮るなかれ、秘めたる実力者ばかりです。

餃子の王将おススメ裏メニュー「エビチリ天津飯」

名前のごとく人気メニューを二つかけ合わせた裏メニューです。エビチリと卵の相性は先程書かせて頂きました。またご飯とも相性がいいので、この裏メニューはかなりの実力を秘めた裏メニューと言えるでしょう。またただ単純に掛け合わせたのではなく計算された味だと思えるほどに美味しい裏メニューです。

餃子の王将おススメ裏メニュー「マーボー炒飯」

餃子の王将のチャーハンは卵をふんだんに使っているので豆腐やみそとは相性がよく、勢いに任せて一杯簡単に食べれるほどの味わいを持った裏メニューです。美味しいだけではなく味わい深い味がする裏メニューで、多種多様な料理の中でも際立って美味しい裏メニューと言えます。

餃子の王将はおすすめ絶品メニューが勢揃い!

いかがでしたでしょうか、餃子の王将の最新のランキングから裏メニューまでを一気に紹介いたしました。あなたの好きなメニューは、おススメのメニューはランクインしていましたか?今日ご紹介した以外にも餃子の王将のメニューはあります。また店舗によってメニューが違う事があるのも餃子の王将の魅力の一つです。いつ行ってもおいしい、食べ飽きないそういうメニューを取り揃えているのが餃子の王将の最大の魅力です。

Thumb餃子の王将のカロリー一覧!一番低いメニューや餃子・セットはどれくらいか調査 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb大阪王将のランチでおすすめは?セットメニューや値段を紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb餃子の王将と大阪王将の違いは?餃子の味やメニューなど美味しさを比較 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ