ブルーボトルコーヒーの店舗はいくつある?東京・京都・大阪など一覧まとめ

最近話題のブルーボトルコーヒーについてまとめました。ブルーボトルコーヒーとは何か。東京や大阪、京都の店舗はどこにあるのかについて調べました。意外と多くの店舗があって驚きです。コーヒー界のアップルと呼ばれるアメリカ発の人気コーヒーショップへのアクセス方法とは?

ブルーボトルコーヒーの店舗はいくつある?東京・京都・大阪など一覧まとめのイメージ

目次

  1. 1ブルーボトルコーヒーとは
  2. 2注目は、日本で勝ち残れるかどうか
  3. 3ブルーボトルコーヒー国内最初の店舗の清澄白河ロースタリー&カフェ
  4. 4ブルーボトルコーヒー中目黒カフェ
  5. 5ブルーボトルコーヒー六本木カフェ
  6. 6ブルーボトルコーヒー新宿カフェ
  7. 7ブルーボトルコーヒー青山カフェ
  8. 8ブルーボトルコーヒー三軒茶屋カフェ
  9. 9ブルーボトルコーヒー品川カフェ
  10. 10東京以外のブルーボトルコーヒーの店舗について
  11. 11大阪・京都方面のブルーボトルコーヒーの店舗に行くための解決法その1
  12. 12大阪・京都方面のブルーボトルコーヒーの店舗に行くための解決法その2
  13. 13一番簡単なブルーボトルコーヒーの店舗へと行く方法
  14. 14ブルーボトルコーヒーのネットショップの支払い方法について
  15. 15ブルーボトルコーヒーの店舗の大阪・京都への出店
  16. 16関西初のブルーボトルコーヒーの店舗は京都?
  17. 17ブルーボトルコーヒーの京都の新店舗
  18. 18京都へは大阪からもブルーボトルコーヒーの店舗へ簡単にアクセス可能
  19. 19雰囲気を楽しむにはブルーボトルコーヒーの店舗へ

ブルーボトルコーヒーとは

ブルーボトルコーヒーは、アメリカのカリフォルニア州のコーヒーショップです。日本国内に出店したのはここ数年のことですが、アメリカではもっと多くの歴史があります。なんと319年もの歴史があるそうです。なんと、焙煎してから48時間以内までのコーヒーしか提供しないというこだわりがあるようです。

アメリカでも人気沸騰だったので、日本国内でも話題になっていたようで、そのような中での出店のため、とても多くの注目を集めることになったのです。アメリカの店舗でも、土日には行列ができるようです。日本国内のコーヒーショップに新たなライバルが生まれました。

日本国内の店舗でも、最初はとても行列ができていたブルーボトルコーヒーですが、今ではそれほど並ぶことなくブルーボトルコーヒーを楽しむことができるようです。しかし、店舗内で並んでる場合もあるようで、まだまだ人気の火が覚めていません。

注目は、日本で勝ち残れるかどうか

日本への上陸を果たしたブルーボトルコーヒーですが、日本での成功は厳しいことでもあります。日本国内には、国内で生まれたコーヒーチェーンもいくつもありますし、ブルーボトルコーヒーと同じように国外から日本国内に入ってきたコーヒーチェーンもあります。

日本国内に入ってくる海外のコーヒーチェーンはアメリカだけではありません。ほかの国からも、日本国内に入っています。成功する企業があれば、失敗する企業もあります。ブルーボトルコーヒーがこの中でシェアを獲得するのは非常に大変です。

最近話題のブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒーと他の大手コーヒーチェーンのとある違いが、多くの注目を集めているようで、国内にも多くのお店が出店しています。その特徴は、注文してからコーヒーを一杯ずつ抽出して提供してくれるという点です。そんなブルーボトルコーヒーの店舗について紹介します。

ブルーボトルコーヒー国内最初の店舗の清澄白河ロースタリー&カフェ

ブルーボトルコーヒー国内初出店の店舗です。こちらの店舗は月曜日から日曜日まで営業しています。営業時間は、すべての曜日で、8時から19時となっています。次に電車でのアクセス方法です。清澄白河駅が最寄り駅となります。清澄白河駅には、都営大江戸線と東京メトロ半蔵門線が通っています。駅から店舗までの時間は徒歩で8分ですので、徒歩で来店してみてはいかがでしょうか?

国内初出店の時は、多くのメディアで紹介されました。コーヒー界のアップルと呼ばれていることも有名になりました。ちなみに、アメリカでコーヒー界でのアップルと呼ばれているので、それだけのこだわりがあるのでしょう。

ブルーボトルコーヒー中目黒カフェ

道沿いの三階建ての建物です。傾斜のかかった屋根が特徴的な店舗です。こちらの店舗は、月曜日から日曜日まで営業しています。営業時間は、すべての曜日で8時から19時となっています。次に電車でのアクセス方法ですが、最寄り駅は中目黒駅となります。東京メトロ日比谷線と東急東横線が通っています。駅から店舗まで徒歩で10分ですので、ぎりぎり徒歩圏内になっています。

ブルーボトルコーヒー六本木カフェ

商業複合ビルに出店しています。そのため、建物だけで店舗を見つけるのは難いです。こちらの店舗は、月曜日から日曜日まで営業しています。営業時間は、すべての曜日で8時から20時となっています。次に電車でのアクセス方法ですが、最寄り駅はが二つあります。都営大江戸線六本木駅から徒歩3分、東京メトロ千代田線乃木坂駅から徒歩5分のとても好立地にあります。

ブルーボトルコーヒー新宿カフェ

NEWoManという建物に出店しています。こちらの店舗は月曜日から日曜日まで営業しています。営業時間はすべての曜日で8時から21時30分となっています。JRのビルなので、JRの電車は駅から直接行くことができます。JR以外の都営新宿線と都営大江戸線、京王新線の新宿駅からは徒歩5分で、東京メトロ副都心線の新宿三丁目駅からは徒歩3分で行くことができます。アクセスは抜群です。

新宿ショップは、国内でも最もアクセス方法が豊富なショップです。新宿駅には、16番線まであります。また、近くには国内の高速バスが集まる国内最大のバスの停留所であるバスタ新宿があります。あとで説明しますが、東京都外からも高速バスでアクセス可能です。地方の方がブルーボトルコーヒーを楽しむにはこの店舗が便利です。

ブルーボトルコーヒー青山カフェ

こちらの店舗は、二階に出店しています。こちらの店舗は月曜日から日曜日まで営業しています。営業時間はすべての曜日で8時から19時となっています。次に電車でのアクセス方法です。最寄り駅は表参道駅で、表参道駅には東京メトロ千代田線と東京メトロ半蔵門線、東京メトロ銀座線が通っています。徒歩で3分ですので徒歩圏内です。

ブルーボトルコーヒー三軒茶屋カフェ

隠れ家的な雰囲気がとても素敵な店舗です。こちらの店舗は月曜日から日曜日まで営業しています。営業時間は、8時から19時となっています。電車でのアクセス方法ですが、最寄り駅は三軒茶屋駅で、徒歩3分の徒歩圏内です。三軒茶屋駅には、東急田園都市線と東急世田谷線が通っています。

ブルーボトルコーヒー品川カフェ

この店舗は、最もアクセスしやすい店舗の中の一つです。新幹線の改札を出た先にあります。月曜日から日曜日まで営業していますが、他の店舗とは違って、月曜日から金曜日までは8時から22時まで営業していますが、土曜日と日曜日は10時から22時までの営業となっています。新幹線の待ち時間に購入できるのが嬉しいですね。ブルーボトルコーヒー初体験の地方の方も便利です。

東京以外のブルーボトルコーヒーの店舗について

東京には七店舗も出店していますが、現時点でオープンしている店舗で大阪や京都など、人の多い場所にブルーボトルコーヒーの店舗はありません。そのため、どうしてもその場の雰囲気などを楽しみたいという方は、東京都内まで足を運ぶしかなさそうです。

大阪・京都からブルーボトルコーヒーの店舗へのアクセス

ブルーボトルコーヒーへの一般的なアクセス方法は、新幹線で東京駅まで移動して、そこから六本木駅まで移動する方法です。新大阪駅から約三時間で、京都駅からは三時間弱で到着します。出発する時間によって所要時間は異なりますので、詳しく知りたい方は、乗り換え確認のサービスを利用するなどしてお調べください。

大阪・京都方面の人はブルーボトルコーヒーの店舗に行きたくてもお金が高い

最近の方は、とても流行に敏感ですよね。最近とても流行っているブルーボトルコーヒーに行ってみたい高校生は多くても新幹線代が高くて行けないのが現実です。新大阪から東京への新幹線代は、往復でおよそ27000円。京都からだと、およそ26000円します。

大阪・京都方面のブルーボトルコーヒーの店舗に行くための解決法その1

最初の解決法は高速バスの利用です。高速バスは時間はかかりますが、新幹線に比べて安い料金で移動することができます。大阪から東京への移動は土日だと5000円前後のバスも多く見受けられます。時間はバス停の数にもよりますが、八時間以上かかります。京都からだと、土日は5000円前後で、七時間以上かかります。ブルーボトルコーヒーは二十四時間営業ではないので、到着時刻に注意しましょう。

大阪・京都方面のブルーボトルコーヒーの店舗に行くための解決法その2

次に紹介する方法は、格安航空券を利用する方法です。大手航空会社よりも座席の数を増やしたり、機内サービスを減らすことによって安く移動することを可能にしたため、すこし不便ではありますが、大阪から東京まで往復10000円前後の航空券もみられます。時間も、およそ一時間到着しますので、一番最高の移動方法です。しかし、数も少ないので希望の航空券の購入が難しいです。

一番簡単なブルーボトルコーヒーの店舗へと行く方法

一番簡単な方法は高速バスです。格安航空券とは違い、便数が多いので、座席の数も多いからです。長時間の乗車とはなりますが、夜行バスに乗車すれば朝には到着します。朝、ブルーボトルコーヒーを楽しんだ後に東京探索も楽しいかと思います。ちなみに、バスタ新宿に到着するバスに乗車すれば、新宿カフェまで徒歩圏内です。

しっかりと予定を立ててから、未成年の方は親御さんの了承を得てから行くようにしましょう。安いとはいえ夜行バスの場合は、バスの中で一泊することになります。心配する親御さんも多いです。また、友達と行く場合は、夜は周りの方の迷惑にならないように静かに過ごしましょう。

それでもブルーボトルコーヒーの店舗に行けない方へ

1万円は大きいので、簡単に手を出せる料金ではありません。そんな方でも、ブルーボトルコーヒーを楽しむ方法があります。それは、インターネットショッピングを利用する方法です。ブルーボトルコーヒーでは、インターネットショッピングで、商品尾販売を行っています。そのため、店舗に足を運べなくても、ブルーボトルコーヒーを楽しむことができます。

下は3000円からブルーボトルコーヒーを楽しむことができます。これなら、交通費は出せなくても、購入ができます。また、何かいただいた時のお返しとしても、とても喜ばれるような商品です。まさに、万能な商品となっています。

ブルーボトルコーヒーのネットショップの支払い方法について

大阪・京都の方がブルーボトルコーヒーを楽しむ方法として紹介したインターネットショップですが、支払い方法の問題が発生します。誰でも簡単に支払えるコンビニ払いがないのです。そのため、クレジットカード決済・銀行振込・楽天Edy・楽天バンク決済の中から選択する必要があります。

クレジットカード決済

クレジットカード決済は、家の中で注文をすることができるのでとても便利な支払い方法です。手数料を必要としません。しかし、クレジットカードを手に入れるためには、審査が必要となります。審査は、安定した収入を持つ人しか通らないので、学生が審査を通るのは至難の業です。

銀行振込

銀行振り込みは、高校生でも比較的簡単に支払うことができる手段です。銀行内のATMを利用すれば、銀行の口座を持っていなくても、現金で支払うこともできる場合があります。しかし、手数料が必要となるのがネックです。

楽天Edy支払い

楽天Edyとは、電子マネーの一つです。こちらも支払いやすそうですが、この支払方法の利用には、Felicaポートやパソリのついたパソコンか、おサイフケータイ機能が付いた携帯電話が必要となります。持っている人がどれくらいいるかはわかりませんが、全員が行える手段ではありません。

楽天バンク決済

その名の通り、楽天銀行の口座が必要となります。ブルーボトルコーヒーを楽しむために口座を開けるというのは気が引ける方もいるかもしれませんが、インターネットで作成するのは簡単なので、支払いやすい手段でもあります。

ブルーボトルコーヒーの店舗の大阪・京都への出店

そもそも、大阪・京都に店舗が出店すれば、東京まで行く必要はなくなります。ブルーボトルコーヒーがこれだけブームになっていると、そろそろ大阪・京都などの大都市圏に出店してもおかしくないでしょう。そこで、大阪・京都への出店について調べました。

ブルーボトルコーヒーをネスレが買収

なんと大手コーヒー会社であるネスレが、ブルーボトルコーヒーを買収したそうです。ネスレは、ブルーボトルコーヒーに比べても大きな会社ですので、これまでよりも国内においても店舗の出店のペースがあがる可能性もあるのです。

関西初のブルーボトルコーヒーの店舗は京都?

調べていると、気になる情報が見つかりました。京都出店についてです。やはり店舗の出店が進んでいるようです。しかし、まだ店舗の開店はまだ行っていないようで、3月23日に開店が決まりました。出店は去年には決まっていたようで、ブルーボトルコーヒーは他のコーヒーショップに比べても研修をしっかりと行っているようで、まだまだ店員の育成に時間がかかるのでしょう。

まだ先のことですが、ブルーボトルコーヒーは関西に一つしか出店していないので、混雑することは容易に想像できます。混雑が苦手だと言う方は、やはり混雑が落ち着いてきている都内のブルーボトルコーヒーの店舗に足を運んだ方が良さそうです。

ブルーボトルコーヒーの京都の新店舗

関西初出店が決まったブルーボトルコーヒーの京都の店舗ですが、これまで、東京に出店してきたものとは少し違った特徴がありました。それは、コーヒーやグッズなどの種類ではなく、店舗そのものについての特徴です。
 

これまでに都内で出店したブルーボトルコーヒーの店舗は、都内の雰囲気に合わせた都会的な店舗でしたが、京都の店舗は歴史的な建造物をリノベーションしたものとなっており、 昔の雰囲気を残した京都にマッチしたデザインとなっています。

京都へは大阪からもブルーボトルコーヒーの店舗へ簡単にアクセス可能

ブルーボトルコーヒーの、大阪ではなく京都への出店は意外でしたが、これからは大阪への出店も予想されます。しかし、いつ出店するかはわかりません。京都の店舗が開店したら、新大阪からもJR京都線で23分です。移動代も往復でおよそ1200円です。

雰囲気を楽しむにはブルーボトルコーヒーの店舗へ

ブルーボトルコーヒーの店舗は、他のコーヒーショップとは雰囲気から全てが違います。店舗数が少ないというのも注目される理由の一つでしょう。少ない店舗に多くの人が集まる理由は店舗にあります。つまり、店舗に行かないと理解できない特徴がブルーボトルコーヒーにはあるのです。

ここまで、インターネットショップを利用する方法などを紹介してきました。しかし、ブルーボトルコーヒーの店舗はどこもおしゃれで落ち着きがあり、同じ商品でも、店舗での飲食と自宅での飲食はきっと異なるものがあります。関西圏への出店も決まっていますので、実際に訪れるのが容易になった方は多くなりました。ぜひ、一度足を運んでみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング