みょうがの栄養と効能は?成分と効果や保存方法・食べ合わせまとめ

日本食やトッピングに欠かせない食材であるみょうがの栄養や効能について知っていますか?みょうがを食べることで期待できる効果や成分も詳しく紹介しています。みょうがの長持ちする保存方法や、気になる食べ合わせについても紹介します。食欲をそそられるみょうがレシピもあるので、参考にしてください。栄養豊富なみょうがは飾るだけじゃもったいないです!色々な効能のあるみょうがを賢く活用して、あなたもみょうがマスターになりましょう。

みょうがの栄養と効能は?成分と効果や保存方法・食べ合わせまとめのイメージ

目次

  1. 1日本食に欠かせない栄養豊富なみょうが
  2. 2そもそも、色々な効能や栄養をもつみょうがとは?
  3. 3色々な効能や栄養のあるみょうがの歴史
  4. 4色々な効能や栄養のあるみょうがの成分
  5. 5みょうがの栄養とカロリー
  6. 6栄養豊富なみょうがの効能
  7. 7色々な効能や栄養のあるみょうがの効果
  8. 8色々な効能や栄養のあるみょうがの保存方法
  9. 9色々な効能や栄養のあるみょうがをさらに長持ちさせるには?
  10. 10色々な効能や栄養のあるみょうがの見分け方と旬
  11. 11色々な効能や栄養があるみょうがの食べ合わせについて
  12. 12色々な効能や栄養があるみょうがのおすすめレシピ
  13. 13色々な効能や栄養があるみょうがだけど苦手という方へ
  14. 14色々な効能や栄養があるみょうがの食べ過ぎに注意
  15. 15色々な効能や栄養があるみょうがのまとめ

日本食に欠かせない栄養豊富なみょうが

みなさんはみょうがはお好きでしょうか?みょうがといえば香りが高く、形や色合いも独特の野菜です。

日本食に欠かせない食材と言えばみょうがです。色々な料理に使われたり、トッピングとして用いられています。特に暑い季節は、さっぱりとした味わいやシャキシャキした歯ごたえに食欲をそそられます。

おうちでは、サラダや和え物に生のまま使用したり、冷や奴にトッピングとして使うだけでもプロっぽく上品な仕上がりになります。どことなく日本っぽさも感じられる食材です。

わたしたち日本人に取っては馴染みの深い食材であるみょうがですが、一体いつ、どこから伝わり食材として使用されるようになったのでしょうか?食べ過ぎがタブーとされる気になる理由とは?みょうがの謎を紐解いていきます。

そもそも、色々な効能や栄養をもつみょうがとは?

そもそも、みょうがはどこから伝わって日本で多く使われるようになったのでしょうか?まずは色々な効果が期待できるみょうがについて紹介していきます。

色々な効能が期待できる野菜であるみょうが

みょうがは野菜で、ショウガ科ショウガ属の多年草です。多年草とは、多年生植物のことで、複数年に渡り生存できる植物のことを指します。

確かにみょうがの独特の強い香りは、ショウガにどことなく似ているような気もします。みょうががショウガ科の植物なら、それもうなづけます。

みょうがは花みょうがとも呼ばれ、食材としてわたしたちが食べている部分は花穂、花蕾の部分です。

みょうがの若芽に弱い光を当てて色を付けて販売されている場合があります。これはみょうがたけと呼ばれています。

色々な効能や栄養のあるみょうがは、どこから日本に来たのか?

結局みょうがはどこから日本にやってきたのでしょうか?見た目は日本っぽい食材であるみょうがですが、調べてみると、元々日本には生息していないことが分かりました。

みょうがは東アジアの原産です。日本では現在、山や野に野生のみょうがが生息している場合がありますが、元々人間が生活していた場所で野生のみょうがは見られないことから、大陸から持ち込まれたものとされています。

みょうがは雄雌同株の植物です。芽が出て花が咲きますが、人間が食用にする部分は、茎の部分か、土に埋まっている根の部分になります。

Thumbみょうがの栽培方法と育て方のコツは?自宅で簡単プランター菜園! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

色々な効能や栄養のあるみょうがの歴史

色々な効能や栄養をもつみょうがは、以前はどのような使われ方をしていたのでしょうか?みょうがの過去の使われ方と、現在の使われ方を紹介します。

色々な効能や栄養のあるみょうがの使われ方

みょうがは、前項で東南アジアが原産地と考えられていることを紹介しました。日本のことが書かれている有名な歴史の書物である「魏志倭人伝」には、みょうがと日本人を指す内容の記述がされているようです。

魏志倭人伝は皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?社会の時間に習った記憶がある書物です。この魏志倭人伝には、日本人はあまりみょうがを食さないとの内容の記述がされているようなのです。はるか昔の日本人はみょうがはあまり食べなかったようです。

時代は流れ、平安時代になると、日本人はみょうがを醤油で漬けるなどして加工し食べていたとの記述が残っています。この頃には日本人はみょうがを好んで食べていたことが分かります。

色々な効能や栄養のあるみょうがの現在

有名な書物に記述されてきた日本人とみょうがの関係ですが、現在はどうなのでしょうか?

現在でもみょうがを好んで食べているのは、日本・韓国・台湾くらいだと言われています。みょうがの独特な風味や苦みが愛されているのは、世界でもごく一部の国だけのようです。

日本におけるみょうがの主な産地は、現在は高知県・奈良県・秋田県・群馬県・和歌山県などです。この中でもダントツで収穫量が多いのは高知県です。

高知県ではハウス栽培がほとんどで、1年中みょうがを栽培・出荷しています。高知県は日本におけるみょうがの大産地だったのです。

色々な効能や栄養のあるみょうがの成分

色々な効能や栄養のあるみょうがのですが、みょうがの成分はどのように構成されているのでしょうか?

みょうがの90パーセント以上は水分でできています。90パーセント以上が水分で構成されている野菜は、他にはレタスなどが挙げられます。確かにみょうがは口に入れると水分を感じますし、みずみずしくシャキッとした食感の野菜です。

みょうがの主な栄養素ですが、カリウムとα−ピネンと呼ばれる成分が主な成分とされています。

カリウムは耳にしたことがあると思いますが、α−ピネンはどのような成分なのでしょうか?みょうがは独特の香りが特徴の野菜ですが、この香り成分がα−ピネンとされています。

このα−ピネンという成分は、特定の植物のみに含まれる珍しい栄養素と言われています。みょうがにも含まれているなんて、驚きです。このα−ピネンは、カリウムに負けず色々な効果が期待できる栄養素なのです。

みょうがの成分としては、カリウムとα−ピネンのほかに、ビタミン・ミネラル・食物繊維も含まれています。

みょうがの栄養とカロリー

みょうがの成分を紹介しましたが、みょうがの栄養やカロリーはどういったものなのでしょうか?

みょうがの栄養に関しては、前項の成分で紹介した通りになります。カリウム・α−ピネン・ビタミン・ミネラル・食物繊維など、健康になるために期待できる栄養ばかりです。

みょうがは水分が多い食物ですので、特にビタミン・ミネラル・食物繊維の含有量はわずかとなっています。

みょうがの気になるカロリーは、100グラムに対し約12キロカロリーとなっています。低カロリーでヘルシーなのは嬉しいです。色々な効果を期待できますし、みょうがを色々な方法で取り入れたり試してみたくなります。

栄養豊富なみょうがの効能

みょうがの成分について紹介した通り、みょうがにはα−ピネンという成分が含まれています。まず、このα−ピネンがもたらす効能について紹介したいと思います。

みょうがの独特の香りの原因がα−ピネンだと紹介しましたが、この匂いにものすごい効能があるのがα−ピネンなのです。α−ピネンは、人間の神経系の働きを和らげ、リラックス効果をもたらすと言われています。

また、リラックス効果だけでなく、気分を爽快にさせたり、眠気を取り去る働きがあるとも言われています。

匂いの効果の他に期待出来るのが解毒効果です。このα−ピネンには、人間の血液の循環を促してくれる嬉しい効果があります。血液の循環が良くなると、発汗作用があったり、体の余分な熱などを排出してくれるなどの嬉しい効果が目白押しなのです。

人の血液の巡りを良くする効果は、ホルモンのバランスをとるのに効果があると言われます。これは特に女性には嬉しい効果です。

みょうがの辛み成分はα−ピネンが含まれているからとされています。この辛み成分は、鎮静作用をもつと言われています。咽頭の痛みや口内炎などにも効果があるとされているのです。

みょうがのもつα−ピネンの効能は絶大です。特に女性にとって嬉しい効能ばかりです。これなら食事に積極的に取り入れたくなります。次項では、みょうがのもたらす嬉しい効果について紹介していきます。

色々な効能や栄養のあるみょうがの効果

前項でみょうがの効能について紹介しましたが、ここでは、みょうがを摂取したことによる効果はどうなのか、みょうがの成分とともに具体的に紹介していきます。

みょうがの成分カリウム

みょうがに含まれている成分のカリウムは、解毒作用があるとされています。ダイエットに効果があるほか、デトックス作用も期待できるので、女性にもっとも嬉しい効果とも言えます。

みょうがは何と言ってもカロリーの低い食べ物です。ダイエットな中などカロリーが気になる期間でも、取り入れやすいのが嬉しいです。

みょうがの成分アントシアニン

みょうがに含まれているアントシアニンは、抗酸化作用が期待できる成分です。若さを保ったり、病気の予防を期待できる有名な成分です。

その他の効果として、眼精疲労に効果を発揮すると言われています。パソコン作業など、デスクワークの多い方には嬉しい効果です。みょうがのリラックス効果と一緒に、目の疲労も回復できるなんて活用せずにはいられない食材です。

みょうがの成分α−ピネン

みょうがの効能で紹介したみょうがの主成分です。血行を良くして代謝をあげる効果があります。みょうがが夏バテに良いとされる理由は、α−ピネンが含まれているからと言っても過言ではありません。

また、匂い成分のリラックス効果と脳を活性化させる効果は絶大です。色々なシーンで活躍しそうです。

みょうがの成分ミョウガジアール

聞き馴染みのない成分ですが、みょうが特有の成分となります。効果としてはα−ピネンと同じく、血行促進の作用があります。

血行を良くすると健康的になります。代謝があがったり、消化の手助けをしてくれるなど、体に嬉しい効果ばかりです。

みょうがの成分ゲラニオール

みょうがに含まれている成分のゲラニオールは、鎮静作用があるとされています。解毒作用・解熱作用・鎮静作用などが期待出来るとされています。

頭痛や喉の痛みなどに効果があるとされています。ちょっと頭痛がする場合や風邪っぽいなど、特に夏バテのような症状に効果を発揮しそうです。

みょうがの成分カンフェン

みょうがに含まれる成分であるカンフェンは、抗菌作用・抗炎症作用があると言われています。口内炎などに効果がある成分です。

夏風邪の喉の痛みや口内炎に効果が期待できる成分なので、みょうがは夏のメニューには欠かせない存在と言えます。

色々な効能や栄養のあるみょうがの保存方法

みょうがの効能や効果について紹介してきましたが、実際購入したけどどうして良いのか分からない、もちを良くする保存方法を知りたい…と言う方のために、みょうがの保存方法を紹介したいと思います。保存することにより、みょうがをいつでも美味しく食べることができますが、食べ過ぎには注意してくださいね。

みょうがを冷蔵保存する方法

みょうがを購入して、冷蔵庫で保存する場合の方法です。約10日の保存となりますので、保存期間に注意してください。

まず、キッチンペーパーを湿らせます。ビリビリに破けてしまうのを避けるのと、みょうがを衝撃から守るため、4〜5枚ほど使用することをおすすめします。

湿らせたキッチンペーパーでみょうがを包んだら、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ入れてください。みょうがは約90パーセントが水分で出来ているので、水分を保持させることが重要になります。

みょうがを冷凍保存する方法

みょうがは冷凍保存が可能なことを知っていますか?冷凍保存自体は可能ですが、生の状態に比べると、シャキシャキの食感はかなり落ちてしまいます。食感をあまり気にしない方向けの保存方法になります。

購入したみょうがをパックから取り出し、そのままサッと水洗いします。水気はキッチンペーパーで拭き取ってください。それをフリーザーバックなど保存パックに入れて冷凍保存します。

食べる際に気を付けたいのが、自然で解凍することです。自然で解凍したら水気を切り、そのまま使用してください。生みょうがのようなシャキシャキの食感はありませんが、香りや味はそのままなので、みょうがをちょっとマイルドに楽しみたい方にはおすすめの保存方法です。

Thumbみょうがの冷凍・冷蔵保存方法と賞味期限は?甘酢漬け・塩漬けの保存期間も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

色々な効能や栄養のあるみょうがをさらに長持ちさせるには?

みょうがは薬味として使うのが日本でのオーソドックスな利用方法ですが、みょうがを漬けると更に長期保存が可能です。

塩漬けや酢漬け、ピクルスなど、現在は簡単に漬けれるアイテムも豊富ですし、バリエーションも豊富です。素材を生かして長期保存したい場合はお好きな材料を用いてみょうが漬けを試してみてください。みょうがの食べ過ぎは良くないとされていますので、注意してください。

色々な効能や栄養のあるみょうがの見分け方と旬

みょうがはハウス栽培など安定した栽培方法で育てられ出荷されます。そのため日本では1年中美味しいみょうがを食べることができます。

みょうがの旬の季節は6月〜9月と言われています。カテゴリとしては夏野菜ですが、実は秋のみょうがも美味しいのです。秋のみょうがは夏のみょうがに比べて色が濃いようです。

新鮮で美味しいみょうがの見分け方は、みょうがの先がギュッと閉じているものが良いでしょう。

また、全体的にぷっくりしていて丸みを帯びていて、外側がツヤツヤしているものが美味しいみょうがとされています。みょうがを選ぶときの参考にしてください。

色々な効能や栄養があるみょうがの食べ合わせについて

みょうがは単品でも十分な効果や効能を期待できる食べ物だということは分かりましたが、みょうがのみを食べるのはなかなか難しいものです。また、みょうがの食べ過ぎには注意が必要なので、みょうがはやはりトッピングや薬味として使用するのが良いかもしれません。

みょうがをトッピングや薬味として使用する際にも、食べ合わせの良い食品を選ぶことで、より高い効果や効能を期待することができます。食べ過ぎは避け、適度に取り入れたいものです。ここではみょうがのおすすめの食べ合わせを紹介していきます。

ネギとしそと豆腐とわかめ

みょうがと、ネギ、しそ、豆腐、わかめと聞いただけでも美味しそうな冷や奴が思い浮かびます。これらの食材はみょうがと相性が良いとされます。夏のメニューの定番といったイメージです。

これらの食材は夏バテに効果があるとされています。疲労回復したいときに試してみてください。

さといもときゅうり

みょうがと相性の良い食材は多いのですが、さといもやきゅうりはのどに良いとされている食材です。みょうがには、のどの痛みや口内炎などに効果がある成分が含まれていると紹介しましたが、さといもやきゅうりを組み合わせることで、さらに強い効果が期待できます。

みょうがを里芋料理のトッピングにしたり、きゅうりと和えたりサラダにするのがおすすめです。

鶏肉と豆類

みょうがとの相性の良い食べ合わせで、女性に嬉しい効果を発揮してくれるのがこの組み合わせです。

みょうがを鶏肉や豆類と組み合わせることで、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。みょうが自体が女性に嬉しい効果がありますが、鶏肉や豆類と一緒に摂取することで、生理痛や生理不順などに効果があるといわれています。

体調や様々な悩みに合わせて、色々な食べ合わせを試したりしてみょうがを活用してみてください。次項では、色々な効果が期待できるみょうがレシピを紹介します。

色々な効能や栄養があるみょうがのおすすめレシピ

色々な効能や栄養があるみょうがを取り入れたレシピを紹介します。みょうがを普段から取り入れて、見た目も良く色々な効果が期待出来るみょうがレシピをぜひ試してみてください。みょうがを料理に取り入れる際は、適量を使用し、あまり大量には食べ過ぎないようにしてください。

みょうが入り白和え

みょうが入り白和えの材料は、みょうが、ネギ、しそ、豆腐、すりごま、醤油、砂糖、ごま油です。

作り方は、みょうがは薄い千切りにして水にさらし、アクを抜きます。青ネギは小口切りにし、しそは千切りにします。材料を全て混ぜ合わせ、お好みで調味料を加えると出来上がりです。

いつもの白和えに、みょうがをプラスするだけでも良いと思います。ネギ、しそを加えると、疲労回復に効果を発揮するのでおすすめです。

みょうがときゅうりとツナのサラダ

みょうがときゅうりとツナのサラダの材料は、みょうが、きゅうり、ツナ缶、レタス、オリーブオイル、お酢、塩こしょうです。

作り方は、みょうがは薄い千切りにし水にさらしてアクを抜きます。きゅうりも塩揉みし、薄い千切りにし水にさらしておきます。ツナ缶を開けてオイルごとボウルに入れます。ちぎったレタスと他の材料を入れ混ぜます。

オリーブオイルと塩こしょう、お酢を加えて更に混ぜたら出来上がりです。お酢はみょうがと相性がいい調味料とされています。疲労回復効果があり、みょうがのさっぱりと食べることができるので、おすすめの食べ方です。

鶏肉の醤油マヨソテーのみょうがトッピング

鶏肉のソテーのみょうがトッピングの材料は、みょうが、鶏肉、ネギ、マヨネーズ、サラダ油、醤油、塩こしょうです。

作り方は、鶏肉は一口サイズに切り、下味として塩こしょうをしておきます。フライパンにサラダ油を引き、鶏肉を焼きます。程よく焼けたら、マヨネーズを加え、焼き目が付くように裏返しながら焼きます。

好みの大きさに切ったネギを加え、火が通ったら、醤油を少量加えたら火を止めます。お皿に鶏肉とネギを盛りつけ、薄切りにしたみょうがを添えたら出来上がりです。

みょうがは生で食べるのが良いとされていますので、アク抜きを忘れないようにしてください。

色々な効能や栄養があるみょうがだけど苦手という方へ

みょうがの栄養や効果について紹介してきましたが、食事に気軽に取り入れたいけど、やっぱりみょうがは苦手という方もいると思います。

みょうがは独特の匂いや味があるので、栄養豊富と分かっていてもなかなか挑戦しづらいかもしれません。

そんなときは、まずみょうがのアク抜きをしっかりすることを気を付けてみてください。みょうがは利用する直前に切り、サッと水に軽くさらすだけでもアク抜きができるとされています。

匂いや味が苦手という方は、しっかり目に水にさらしてアク抜きするようにしてください。また、みょうがをさっと湯通してから使うのもおすすめです。アク抜きがしっかりされる上に、色味が鮮やかになり色どりがグッと良くなります。

色々な効能や栄養があるみょうがの食べ過ぎに注意

みょうがの食べ過ぎについての話を耳にしたことがある方がいるかもしれません。みょうがの食べ過ぎは体に良くないとされています。

みょうがについて、あまり良くない言い伝えなども存在しますが、これらは全て迷信で根拠のないものです。みょうがはアクの強い食べ物です。しかも生で食べるのがおすすめの食べ方なので、食べ過ぎには注意する必要があります。

特に妊娠中の方が多くの量を摂取したり、食べ過ぎることは良くないことです。食べる際には気をつけるようにしたいです。

みょうがを食事に取り入れるときは食べ過ぎは避け、適量を美味しく食べるようにしてください。

では、みょうがの食べ過ぎを防ぐためには、具体的に1日にどのくらいの量までが良いのでしょうか?みょうがの1日あたりの適切な摂取量というのは特に決まっていません。食べ過ぎに気を付けていれば、健康に害を及ぼすなどの影響はありませんので安心してください。みょうがは食べ過ぎないように、適度に食べるようにしましょう。

Thumbみょうがを食べると物忘れがひどくなるのは本当?由来や科学的根拠を調査 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

色々な効能や栄養があるみょうがのまとめ

いかがでしたか?みょうがの効果や効能には、今すぐ取り入れたくなるような嬉しい効果が盛りだくさんです。

自分の体調や悩みに合わせて、食べ過ぎは避け、適度に美味しくみょうがを取り入れたいものです。

実はみょうがは、英語でジャパニーズジンジャーと言われています。それほど効果が期待できる、日本で愛されているスパイスの1つなのです。みょうがの効果や効能を有効的に取り入れ、毎日の生活に活かしてください。みょうがパワーで、健康で充実した日々になること間違いなしです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ