もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング!相性抜群の野菜やもつ・しめなど紹介

もつ鍋の具材はお肉・野菜・しめに入れる麺やご飯があり、お鍋1つでたくさんの栄養が取れると好評です。しかし、いつも同じ具材ばかりになりやすく、味に飽きてしまうというのが難点です。そこで今回はもつ鍋のおすすめの具材をランキング形式で見ていきましょう。よく入れられる定番の具材から、知らなかったと驚いてもらえる変わり種まで幅広く紹介していきます。いつも同じ具材ばかりで飽きてしまった人も初めてもつ鍋を作る人も是非参考にしてください。

もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング!相性抜群の野菜やもつ・しめなど紹介のイメージ

目次

  1. 1もつ鍋におすすめの具材で美味しく食べる
  2. 2もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【ホルモン肉】
  3. 3もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【定番】
  4. 4もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【野菜】
  5. 5もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【変わり種】
  6. 6もつ鍋の作り方
  7. 7もつ鍋のしめにおすすめは?
  8. 8もつは美容や健康にいい栄養が豊富
  9. 9もつ鍋の具材を変えて新しい美味しさを発見しよう!

もつ鍋におすすめの具材で美味しく食べる

もつ鍋は老若男女問わず人気の高いお鍋です。昔は博多の郷土料理として親しまれてきましたが、現在では関東や東北地方でも専門店があり日本のソールフードとなりました。

よく使われる具材はもつ・ニラ・キャベツなどがあり、栄養を取りながらヘルシーというのが最大のおすすめポイントです。また、最近では鍋のしめにトマトやチーズを入れたアレンジもつ鍋も人気で、様々な形でもつ鍋を楽しむことができます。

もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【ホルモン肉】

まず紹介したいのがメインの具材、ホルモン肉です。ホルモン肉からの出汁と鍋の出汁が合わさることで、鍋の基本スープが完成します。脂身の多い部位からあっさりとした部位まで、幅広く紹介しているので気になるホルモン肉を見つけてください。

5位:シマチョウ

ヘルシーで味わいの深い具材であるシマチョウが5位にランクインです。歯応えがよく食べごたえのある具材で通常のホルモンよりも脂分が少なく、もつ鍋でホルモンそのものの味を味わう食材としては一番適した部位です。

ただ臭みが出やすい具材なので、家庭で使うときは水洗いするなど下処理をしましょう。ホルモン肉の中では定番商品で価格も安く手に入りやすいので、もつ鍋の具材としては優等生です。

4位:鶏の砂肝

焼き鳥や炒め物としても人気の具材、砂肝が第4位です。定番のもつ鍋の具材ではないのですが、下処理の必要がほとんどない・味があっさりしていて美味しいのでおすすめです。

歯応えがコリコリっとしていて噛みやすく、小さなお子さんでも食べやすいお肉です。またホルモン独特の臭みが少ないので、もつが苦手という人は砂肝を使ってみてはいかがでしょうか?

第3位:レバー

鉄分が豊富なレバーが第3位です。好みが分かれてしまう内臓系の独特な味が、この順位になった理由でしょう。

しかし、もつ鍋の具材にするならレバーが好きでも嫌いでも問題ありません。レバーが嫌いな人はスープに生姜を入れることで解消されるでしょう。またスープに味噌を入れることで味を濃くし、レバーの臭みを抑えてみると美味しく食べられます。

第2位:ハツ

心臓の部分であるハツが第2位にランクインしました。焼き鳥屋でよく見かけるかと思いますが、もつ鍋に入れても美味しいと好評です。第4位にランクインした砂肝に似ていて、歯応えはコリコリとしています。

味わいはあっさりとしながらもお肉の旨味を感じられるのが特徴です。砂肝はあっさりとし過ぎていて物足りない、でも脂身の多いホルモンはカロリーが気になるという人はハツを入れてみてください。低カロリーながらも適度なお肉の脂身があるので、満足してもらえるはずです。

第1位:マルチョウ

もつ鍋に入れるホルモン肉は?と質問されて、多くの人が答えるであろうマルチョウが堂々の第1位にランクインしました。脂がたっぷりとついていてカロリーは見た目通り高いですが、王道のもつ鍋を求めるならマルチョウは外せない具材です。

コリッとした食感の中にとろけるような脂身が最高なホルモン肉で、一度食べたらやみつきになってしまう味わいでしょう。また脂身の部分はコラーゲンが入っているので、美肌効果が期待でき女性におすすめです。

マルチョウは砂肝やハツに比べると脂肪分が多くしつこく感じてしまうかもしれません。しかし焼肉や焼き鳥で食べるマルチョウに比べれば、脂身がスープに溶け出しているので意外にもあっさりと食べれます。油っこいのが苦手でマルチョウを避けていたという人は、もつ鍋に入れてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

またホルモン肉は硬くて食べにくいという人でも、マルチョウなら脂身が多い分柔らかく感じられ食べやすいのでおすすめです。

もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【定番】

ホルモン肉を更に美味しくしてくれる定番の具材を紹介します。どれも簡単に手に入る具材です。定番の具材は下処理などの必要がないので使いやすく、食べやすい食材です。

第5位:唐辛子

脂の多い具材には唐辛子のピリっとした味付けをするのがよく合います。さらに唐辛子に含まれるカプサイシンが発汗作用を促してくれるので、もつ鍋の持つ健康作用を大幅に増加してくれます。

もつ鍋に使う場合は最初からたくさんの唐辛子を入れるのではなく、食材の味を楽しんで味に飽きてきたら好みに合わせて追加していくのが定番です。

第4位:にんにく

ほくほくとした食感と食欲をそそるにんにくの香りが、もつ鍋との相性抜群です。また香りの相性が良いだけではなく、にんにくのニオイのもとであるアリシンにはビタミンBの吸収を助けてくれる働きがあり、もつ鍋の健康効果を高めてくれます

第3位:キムチ

キムチもつ鍋という商品があるほど、キムチはもつ鍋の定番食材となっています。特にホルモン肉が苦手という人は、ニオイのきついキムチを入れることで食べやすくなるのでおすすめです。

またキムチによってもつ鍋を激辛料理にすることができるので、もつ鍋の味に飽きたなという時に簡単に味変できるというのも嬉しいポイントではないでしょうか?

第2位:豆腐

もつ鍋の具材はニオイのきついホルモンやニラ、甘みの強いキャベツなど箸休めできる具材が少ないように思うでしょう。そんな時におすすめなのが定番食材である豆腐です。

もつ鍋のスープとホルモン肉から出た旨味、野菜の甘さが豆腐に染み込むことで定番の豆腐が何倍も美味しくなります。また豆腐は低カロリー高タンパクなので、ダイエット中の人や健康を意識している人にとって嬉しい食材でもあります。
 

第1位:油揚げ

油揚げは味がついていないので使いやすく、もつ鍋のスープをダイレクトに吸ってくれます。よりスープを染み込ませたいときは油揚げを湯通りして使うと、より美味しく食べることができおすすめです。

また、油揚げはスーパーなどで安く購入できお財布に優しいのも嬉しいポイントです。名前に油と付いていても原材料は豆腐なので、カロリーを気にしている人でも安心して食べることができます。豆腐じゃ物足りないという人は是非油揚げを試してみてください。

もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【野菜】

もつ鍋で主役はホルモン肉ですが、それに負けないぐらい野菜も美味しい食材です。野菜の持つ柔らかな甘味がもつ鍋のスープを何倍にも美味しく高めてくれます。

第5位:玉ねぎ

甘みが出やすい玉ねぎが第5位にランクインしました。もつ鍋はよく煮込んだ方が美味しいので、それに合わせて火の通りやすい玉ねぎは厚めに切っておきましょう。

玉ねぎが人気な理由として玉ねぎに含まれる硫化アリルが、肉の臭みを抑えてくれるという点があげられます。どうしてもホルモンのニオイが苦手という人にとって、玉ねぎは救世主のような役割をしてくれるのでしょう。

またビタミンB1の吸収を促す働きもあり健康回復に欠かせない食材なので、是非もつ鍋に入れてみましょう。

第4位:ナス

野菜の中でもナスは脂をよく吸ってくれるので、脂の多いもつ鍋にはぴったりの食材です。もつ鍋に入れる野菜としては変わっているかもしれませんが、ナスともつの相性は抜群に良いので是非試してみてください。

またナスにはカリウムが豊富に含まれており、身体の熱を逃がす働きや血圧を下げる効果が期待できます。暑い日が続いている時や血圧が気になる人は積極的に摂取してみましょう。

第3位:人参

人参は玉ねぎと並んで、もつ鍋に自然な甘みをもたせてくれる野菜で脂と相性の良いカロテンを多く含んでいます。人参の皮は少し硬くて抵抗がある人もいますが、栄養価が高いので皮ごと食べるのをおすすめします。少し長めに煮たり、鍋に入れる前に下茹でするなど工夫をすれば皮も美味しく食べられるので挑戦してみてください。

また人参は子供の嫌いな野菜トップ10に入る食材でもあります。どうしても子供に克服して欲しい時は、もつ鍋のように濃い味の鍋に小さく入れてみてください。きっと美味しく食べてくれるはずです。

第2位:キャベツ

もつ鍋で最も多く入れるであろう具材がキャベツです。キャベツは火が通ると小さくなるので、お鍋からはみ出すぐらい入れるのがおすすめです。シャキッとしたキャベツが好きな人は短めに似て、柔らかいほうが好きな人は長めに煮るなど調理の仕方を変化させることで自分好みの食べ方を見つけてください。

また春キャベツは柔らかいといったように季節によってキャベツの硬さが違うので、旬なキャベツをもつ鍋に入れて食べるというのも楽しむ方法の1つです。野菜で何を入れようと迷ったらまずはキャベツを入れてみましょう。

第1位:ニラ

ニラを入れるだけで一気にもつ鍋らしくなるほど、もつ鍋に欠かせない具材です。ニラの根元に多く含まれる香りと旨味が、もつの臭みを抑えてくれるのが最大の役割です。5cmぐらいに切って入れるだけの手軽さもランキング1位になった理由ではないでしょうか?

ニラが人気の理由は臭み消しや手軽さだけではありません。一年を通して安く手に入りやすいという事、食物繊維が多く含まれていて疲れた身体を回復させる効果が期待できる事も大きく関係しています。

安い・美味い・健康に良い食材ニラを是非もつ鍋に入れてください。注意点としてニラは他の野菜に比べ物凄く火の通りが早いので、一番最後に鍋に入れるようにしましょう。鍋の余熱でニラに火を通す感じで大丈夫です。

もつ鍋の具材おすすめ人気ランキング【変わり種】

定番の食材ばかりでは飽きてしまうので、変わり種を知っておくと便利です。そこでホルモン肉以外を使った食材や変わった野菜を紹介します。そんな具材も合うの?と思うかもしれませんが、今回紹介する変わり種を是非試してみてください。

第5位:湯葉

つるっとして柔らかな湯葉はちょっと値段が高いですが、伝統的な日本の食材で非常に人気の高い食材でもあります。もつ鍋には少し変わり種ですが自然な大豆の甘みが味の特徴で、豆腐と同様に栄養価も非常に高いです。

もつ鍋の出汁と調和する食材で特に薄味のもつ鍋によく合います。繊細で優しい味のなもつ鍋になるので、女性人気が高く子供でも食べやすいです。

第4位:鶏皮

鶏皮はもつ鍋の定番具材マルチョウのように、脂肪分が多くコラーゲンたっぷりな具材で変わり種として人気です。また鶏皮は漢方薬として使われるほどの栄養素がたくさん含まれており、健康面でもおすすめの変わり種になっています。

もつ鍋のスープと鶏皮からでる出汁が何とも言えない旨味を作り出してくれます。鶏皮を前もって焼いておくと余分な脂が落ちてヘルシーに食べることができるので、カロリーが気になる人は是非試してみてください。変わり種といっても鶏皮は手に入りやすく低価格なので、試しやすいというのも嬉しいところです。

第3位:豚足

変わり種第3位に豚足がランクインしました。豚足はコラーゲンが豊富なので、もつ鍋のもつ美肌効果をさらに高めることができます。変わり種である豚足を市販の物そのままでは食べづらいので、ある程度分解して鍋に入れると食べやすくなります。

また鍋に入れる前に強火で焦げ目を付けておくと、香ばしさが出て美味しさがアップします。豚足は変わり種として抵抗があるかもしれませんが、是非一度試してみてください。

第2位:鶏の手羽先

もつと同じぐらい良質な出汁が自慢の鳥の手羽先は変わり種としておすすめの具材です。もつ鍋を美味しく食べるコツの一つに、鶏のスープをいれる方法があります。そのスープの代わりの食材として、今回紹介した変わり種手羽先を入れて出汁を取る方法が定番でおすすめです。

濃厚な鳥のスープと手羽先の持つコラーゲンがスープに溶け出すことで、美容や健康効果も高まります。是非、もつ鍋はホルモン肉という概念を一度捨てて変わり種の手羽先を使ってみてください。

第1位:エリンギ

硬めのキノコであるエリンギは鍋に楽しい食感をもたらしてくれます。あっさりとした味わいでもつ鍋のスープをよく吸うので、だしに合わせて様々な味が楽しめます。しめじやえのきは入れますが、エリンギは少々変わり種です。

栄養素としてはビタミンBやカリウム、食物繊維が豊富なので体質改善に大きな効果のあるキノコです。疲れた時は、もつ鍋に変わり種として積極的に入れてみましょう。

もつ鍋の作り方

具材の価格が比較的安いもつ鍋ですが、美味しく食べるには多少手間が必要です。下処理や作り方を守ることで、美味しいもつ鍋が作れるので是非参考にしてください。

材料と下処理

基本の材料はホルモン肉、野菜(ニラ、キャベツ、キノコ類)です。ホルモン肉はお好みで良いのですが、基本的にはマルチョウやシマチョウを使うことが多いでしょう。最後にトッピングとスープに入れるにんにく、鷹の爪を用意しておく味に深みが出ておすすめです。

そして、ホルモン肉は臭みが強いので下処理が必要です。まずはボールにホルモン肉を入れて小麦粉を入れ手でごしごとしこすって洗ってください。ここでホルモン肉のぬめりを取ります。ぬめりが取れたらザルに移して水で小麦粉を洗い流してください。ここできれいに洗い流さないと臭みが残ってしまいます。

水で洗い流したあとは必ずキッチンペーパーできれいに拭きとって下さい。油っこいのが苦手な人は鍋に入れる前に沸騰させたお湯で下茹でをして余計な油を落とすと、さっぱりとして食べやすいホルモンになります。

またさっぱりとするだけでなくホルモンを下茹ですることで、灰汁もある程度ど取れるので鍋の味が濁らずにすみます。

スープの作り方

  • 鶏ガラスープの素大さじ1と1/2
  • 和風だしの素大さじ1/2
  • 醤油大さじ2
  • みりん大さじ2
  • 水600cc
  • にんにく1片
 
  1. 入れる順番は気にせず材料全部が合わさるように混ぜておきましょう。
  2. これを基本に薄味がいい人は醤油を少なくしてみたり、逆に濃い味がいい人は味噌を追加するなどしてみましょう。

具材を入れる順番

鍋に具材を入れる順番は、出汁の出るものと煮るのに時間がかかるものから先に入れていきましょう。まずはホルモン肉から入れていきます。そして人参や玉ねぎなど甘みが強い野菜を入れていきましょう。最後に火の通りやすいキノコを入れ、余熱で火が通るニラを入れれば完成です。

もつ鍋のしめにおすすめは?

もつ鍋のしめで思いつくのはちゃんぽん麺やご飯ではないでしょうか?ここでは定番のしめからちょっと変わったしめを紹介していきます。

焼うどん

ホルモン焼きうどんは、岡山県津山市のB級グルメです。もつ鍋で食材が余っている状態で調理します。フライパンでうどんを焼き、そこにもつ鍋の具材を掛けてかき混ぜて水分が飛ぶまで炒めたら完成です。もつ鍋の味によっていろんな焼きうどんができますが、鍋の出汁をうどんが吸うのでおいしい焼きうどんになります。

ホルモンの食感とうどんの食感の差が楽しい、しめの料理になります。お好みで卵でとじたり、小ねぎをちらしてもさっぱりして美味しくなります。うどんの種類も通常のうどん、讃岐うどん、きしめん、細めのうどんといろいろあり、それぞれに特徴があるのでお好みで選んでください。

中華麺

もつ鍋で定番のしめといったらやはりちゃんぽん麺などの中華麺です。特にコシの強い麺だとスープを吸っても柔らかくなりすぎないので、しめの一品として十二分に美味しさを発揮します。麺も縮れ麺が出汁と絡むので、もつ鍋のしめにはぴったりです。

具材で余っていたら野菜を多めに入れてちゃんぽん風で食べるのも美味しいです。そうなればしめの一品としてだけでなく、翌朝の朝食としても活躍してくれます。
 

チーズリゾット

通常のリゾットは生米から炊きますが鍋のしめとしては時間がかかりすぎるので、炊いたお米を使いましょう。

もつからでた出汁とご飯は相性抜群です。作り方は残ったもつ鍋にお米とチーズを入れて蓋をして、強火で2~3分煮込めば出来上がりです。チーズともつで濃厚過ぎるという人は、トマトを入れるとさっぱりと食べることができます。

もつは美容や健康にいい栄養が豊富

もつ鍋は健康面でも非常に優秀な具材が多いです。美容や健康、ダイエットに効果の高い具材をたくさん使っているので健康維持にはもってこいの料理です。

ミネラルやヒスアミノ酸

黒いスーツ、黒縁メガネをかけた女性が教鞭をとっている

もつに多く含まれているミネラルは疲労を回復させたり、生理痛を和らげる効果があります。また生活習慣病を防ぐなど健康維持には必要不可欠な栄養素です。必須アミノ酸は血の流れを良くしてくれる働きがあります。血流が良くなることで体温が上がり、エネルギー生産が高くなり脂肪燃焼を促してくれます。

ビタミン類

柿やブドウや林檎がザルに盛られている

もつはビタミンA、B1、B2などのビタミン類が多く含まれています。ビタミンAは目や皮膚の粘膜を丈夫にしたり、抵抗力を高めてくれる効果が期待できます。ビタミンB1もビタミンAと同じように粘膜を健康に保たせるために必要な栄養素です。

ビタミンB2は発育のビタミンと呼ばれるほど発育上で必要不可欠な栄養素です。皮膚や髪、爪などの細胞の再生に関係しており、丈夫な身体を作るならビタミンB2を多く摂るべきです。

コラーゲン

歯並びの綺麗な女性の口元

コラーゲンと聞くと肌に良い成分と思いがちですが、それだけではありません。コラーゲンはアミノ酸として血液に吸収されると、肌だではなく骨や関節、爪、髪の毛など様々な箇所にいきわたり健康な状態を維持してくれるのです。

高たんぱく低カロリー

テーブルの前にたくさんの野菜を並べているのをみつめるジュースを片手に持った女性

タンパク質の多い食材というと牛のもも肉やヒレ肉を思い浮かべる人も多いと思いますが、内臓もほとんどタンパク質でできており、低カロリーで高タンパクな食材です。

筋肉をつけることである程度むくみや冷え性にも一定の効果があります。このようにホルモンは人間の健康維持に必要な栄養素を多く持っていて、想像していたよりカロリーが高くない具材であることがわかります。

もつ鍋の具材を変えて新しい美味しさを発見しよう!

もつ鍋のメインのホルモンは、牛、豚、鶏などの種類が有り、更に細かく部位が分かれている具材でもあります。野菜などの具材やスープ味付けを替えると多くの種類の味ができます。合わせてホルモン類は豊富な栄養素があります。

医食同源の中国では、体の直したい部分と同じ部位の具材を食べることで健康を維持できるという考えもあります。特に現代人はストレスの影響などで内臓系が弱い方も多いのでもつ鍋を食べることで内蔵を健康的に回復させて仕事や学業に励むことが必要です。安くて簡単なもつ鍋を食べて元気になりましょう。


※ランキングは編集部が独自に調査したものです。

Thumbもつの部位の特徴と種類!ホルモンと違う?定番もつ鍋などのレシピも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbもつの栄養には女性に嬉しい美容効果がある!もつ鍋が低カロリーで人気 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbもつ鍋のカロリーと糖質は?ダイエットに効果的な食べ方も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ