ウイスキーボトルのおすすめ12選!スキットルは材質で選ぶのがコツ!

ウイスキーボトルはスキットルとも呼ばれています。そんなウイスキーボトルは材質などによって特徴や価格も違って来ます。それぞれの材質のウイスキーボトルの特徴を知って、ぜひ自分の使い方に合ったものを選んでみて下さい。山登りやキャンプなどのアウトドアの際に持っていく人も多く、今注目されています。おすすめのウイスキーボトル12選を紹介するので気になるウイスキーボトルを見つけてみて下さい。

ウイスキーボトルのおすすめ12選!スキットルは材質で選ぶのがコツ!のイメージ

目次

  1. 1ウイスキーボトル(スキットル)とは?
  2. 2ウイスキーボトルのおすすめ12選
  3. 3ウイスキーボトルの材質ごとの特徴
  4. 4ウイスキーボトルのお手入れ方法
  5. 5ウイスキーボトルは材質で選ぶといい

ウイスキーボトル(スキットル)とは?

ウイスキーボトルであるスキットルについて紹介して行きます。いままであまり馴染みがなかった人もぜひウイスキーボトルについて理解を深めてみて下さい。

お酒を入れるための携帯用水筒

ウイスキーボトルとは、名前の通りウイスキーなどのお酒を入れて携帯する水筒のことです。山登りやキャンプなどアウトドアの際にお酒を入れて持ち歩く人も多いです。ウイスキーボトルはさまざまな素材から出来ているので、それぞれの特徴を知って自分の気に入ったウイスキーボトルを選んでみて下さい。

ウイスキーボトルの主な材質

ウイスキーボトルの主な材質は、ステンレス、チタン、ピューターです。それぞれ材質によって値段や特徴が違うのでぜひそれぞれの違いを理解して自分の使いやすいものを選ぶのがおすすめです。値段もさまざまなですが、材質によっては一生ものにもなるので、自分のお気に入りの材質やデザインの物を選んで長く使えるウイスキーボトルを探してみて下さい。

ボトルに入れるお酒

ウイスキーボトルに入れるお酒は、蒸留酒が多くウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ジン、テキーラなどです。日本酒やワインなどの構造酒を入れてしまうと、ウイスキーボトルの材質によっては味がひどく損なわれる恐れがあります。ウイスキーボトルにお酒を入れる際は、味が損なわれない適したお酒を入れるのがおすすめです。

ウイスキーボトルはスキットルとも呼ばれる

ウイスキーボトルはスキットルとも呼ばれていて、同じものをさしています。呼び名の違いだけで使い方も素材も同じです。ウイスキーボトルというとウイスキーしか入れられないイメージがありますが、他にもブランデーやウォッカなどのお酒も入れられるのでぜひスキットルにお気に入りのお酒を入れて持ち歩きてみて下さい。

ウイスキーボトルのおすすめ12選

ウイスキーボトルのおすすめ12選を紹介します。ウイスキーボトルは長く使うことが出来るのでぜひお気に入りのウイスキーボトルを見つけて大切に使ってみて下さい。

ハイマウントレザーフラスコ4オンス

とにかく軽く丈夫なステンレス製のスキットルで、ボディにブラウンの牛皮を巻いているのでお洒落でデザイン性もあるウイスキーボトルです。キャップとボディが離れないようになっているのでキャップを紛失する心配もありません。

ちょっとみんなと違ったウイスキーボトルを探している人におすすめです。また、牛皮が巻かれているので傷なども気にならないので長く使っていただけるスキットルです。持ちごごちも良いのでぜひ見つけたら手に取ってみて下さい。

SALUSバッカスウイスキーボトル100ml

新潟県燕市にある金属メーカーのスキットルで、素材にこだわったシンプルなデザインが魅力です。サイズも小さめなので、持ち運びしやすくステンレス製なのでお手入れも簡単なのが嬉しいです。

金属メーカーが作っている本格派のスキットルなので丈夫で使いやすいのが魅力です。シンプルなデザインながらその曲線などがお洒落で洗練されたイメージのスキットルです。ぜひこだわりのスキットルを探している人は一度選んでみて下さい。

ジャック・ダニエルヒップフラスコ

ウイスキーボトルに興味がある人なら一度は聞いたことがある人も多いブランドで、ウイスキーの老舗ブランドが作っているスキットルです。ステンレス製で渋い輝きとデザイン性が人気があります。

大きくブランド名が刻印されていて大人の男性のイメージのあるお洒落なデザイン性が人気のウイスキーボトルです。

SSフラスコボトル

SSフラスコボトルは創業100年を超えるスタンレーのスキットルです。タフなボディとデザイン性は人気です。丈夫でサイズもポケットにちょうど入る大きさなのでポケットに入れて持ち歩きたい人にピッタリです。

価格も手ごろで、アウトドアなどの持ち運びにも便利なので2つ目のスキットルとしても選ばれています。ぜひお洒落なウイスキーボトルを探している人におすすめです。アウトドアに持って行けばよりお洒落なイメージになるのでぜひお洒落アイテムとして選んでみるのもおすすめです。

スノーピークチタンスキットルM

人気のアウトドアブランドのスノーピークのチタン製スキットルです。材質がチタンなのでとにかく軽量なのが魅力で、匂い移りが少ないのが特徴のウイスキーボトルです。

表面の汚れ取りに使用できるレザーケースもセットになっているので、アウトドアなどで持ち運ぶ際にも安心です。シンプルながらスノーピークのロゴがお洒落なスキットルなので、キャンプなどに持っていくのもピッタリです。贈り物としても喜ばれるのでぜひ選んでみて下さい。

スノーピーク * Snow Peak

コールマンステンレススチールフラスコ

人気アウトドアブランドコールマンのスキットルです。さびに強く丈夫なステンレス製です。開けた蓋は本体と離れないようになっているので、蓋がなくなる心配もありません。

とりあえずアウトドアなどにお酒を持ち運ぶスキットルを探している人におすすめです。シンプルなデザインがお洒落なウイスキーボトルです。キャンプや山登りのお供に使ってみて下さい。

コールマン|Coleman

モチヅキユキワカーブウイスキーボトル

世界有数の金属加工地である燕三条の職人さんによって1つ1つ手作りされたスキットルです。シンプルなデザインでスタイリッシュなボディは丈夫なステンレスで出来ています。

シンプルながらお洒落なデザイン製品がおすすめなこだわりのスキットルです。職人さんの手作りなので長く使ってもらえる逸品です。飽きのこないデザインと使い心地なので、ぜひ大事に使ってもらいたいウイスキーボトルです。

ピューターブロススキットルイングリッシュローズ6オンス

イギリスの金属メーカーであるピンダーブロス社のピューター製スキットルです。ピューター製は錆に強く耐変色性に優れているので長く使っても美しさが持続します。ピューター製のスキットルは値段も高めですが、一生ものとして使えるのでおすすめです。

ウイスキーボトルというとイメージする人も多い昔から愛されているスキットルです。デザインも美しく使わない時でも飾っておきたいデザインです。ぜひスキットル好きの人は一度は手に取ってみて下さい。

スノーピークチタン製スキットルラウンド

人気のアウトドアブランドスノーピークのスキットルで、チタンを使っているのでとにかく軽く高品質で匂い移りの心配もないのが嬉しいウイスキーボトルです。手になじみやすい丸型も可愛らしくお洒落なデザイン性が人気です。

プレゼントとしても喜ばれるスキットルでレザーケースもついているので、傷がつく心配もありません。綺麗な丸型も人気で、アウトドアにもピッタリなので、ぜひキャンプや山登りに使ってみて下さい。

DUGカラースキットルオレンジ

キャンピングクッカー等のラインナップが充実したブランドDUGのスキットルです。携帯しやすいサイズでカラーも豊富なのが嬉しいです。カラーはブラック、ホワイト、ピンク、グリーン、レッド、オレンジがあるので自分好みの色を選んで使うのもおすすめです。

人とは違うスキットルを探している人におすすめで、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいです。ぜひ自分の好きな色のスキットルを選んでアウトドアに行く際に持って行って下さい。

アウトドアグッズのDUG

キャプテンスタッグブランカ丸型

アウトドアブランドのキャプテンスタッグの丸型スキットルです。スタイリッシュなデザインで手に馴染みやすい丸型で中央にお洒落なロゴが入っています。

サイズが小さいので持ち運びしやすく、ビロードケースがついているので傷も気にせず携帯出来ます。シンプルながらお洒落な丸型のスキットルを探している人にピッタリです。手にも馴染みやすく使うほどに愛着がわくウイスキーボトルです。

ハーレーダビッドソンフラスコセット

大手バイクブランドのハーレーダビッドソンのスキットルです。ハーレー好きの人にはたまらない逸品でお洒落でかっこいいデザインが魅力です。持ち運びしやすいショットグラスもついているので、アウトドアなどに出かけた際に友人と一緒にお酒を楽しむときに便利です。

バイク好きにはたまらないスキットルで、これを持って出かけてキャンプなどでゆったりお酒を楽しむのもおすすめです。
 

ウイスキーボトルの材質ごとの特徴

ウイスキーボトルを選ぶ際は、スキットルの材質で選ぶのがおすすめです。それぞれのスキットルの材質について紹介して行くので、自分のお気にいりの材質のウイスキーボトルを探してみて下さい。

ステンレス

ステンレスのウイスキーボトルの特徴は、とにかく安く変えてとても丈夫で種類も豊富だということです。しかし、ステンレスのウイスキーボトルだと中に熟成されたウイスキーやブランデーを入れると金属イオンが溶けだしてお酒の風味を変えてしまうということです。

お酒の風味が変わっても健康に害はありませんが、どこか金属臭さが残ったお酒になってしまう場合があります。どうしてもステンレスのウイスキーボトルを使いたい場合は、早めに飲み切って管理をしっかりすることがおすすめです。

チタン

チタンのウイスキーボトルは、とにかく軽くて丈夫です。軽くて丈夫な特性から、山登りやキャンパーなどのアウトドアをする人に人気です。さらにアルコールが変性し、風味が変わることが他の金属よりも強いです。

また、値段はステンレスよりも高く加工がしづらいので同じようなデザインのスキットルが多いのが特徴です。しかし耐久性が強いので、値段はステンレスよりも高くなりますが、長く大事に使いたい人にはおすすめです。ぜひチタンのスキットルを選んで長く大事にアウトドアなどに持ち歩いてみて下さい。

ピューター

ピューターのウイスキーボトルは値段がかなり高いのが特徴です。ピューターとはすずの多く含まれている合金のことで、腐食に強くステンレスのようにお酒を変性しにくいです。

しかしピューターのウイスキーボトルは、ぶつけると傷がすぐついて最悪つぶれてしまうこともあるので、購入した際は大切に使うのがおすすめです。ピューターのスキットルはスキットル好きの人には憧れの材質でもあります。ぜひ手に入れた際は長く大事に使ってみて下さい。

ウイスキーボトルのお手入れ方法

ウイスキーボトルのお手入れ方法を紹介します。正しいお手入れをすれば長くウイスキーボトルを使うことが出来るのでぜひ参考にしてみて下さい。

使ったあとの洗い方

ウイスキーボトルを使った後の洗い方は、汚れがひどくない場合は、お湯ですすぐだけで大丈夫です。汚れなどが気になる場合は、薄めの漂白剤を入れて洗浄するのがおすすめです。

また、汚れがこびりついている場合は、スキットルの中に細かい砂や卵の殻を入れて力いっぱいにふり、その後お湯と洗剤を入れて洗浄します。最後にアルコールの高いお酒やお湯で消毒したら完成です。

スキットルを使った後はしっかり洗浄することで清潔に使うことが出来るので汚れ具合などに合った洗い方をしてみて下さい。

スキットルは汚れを綺麗に洗浄して乾かしておくことで長く愛用できるうえに、次に使う際に気持ちよくお酒を入れることが出来ます。ぜひ正しい洗い方をして長くウイスキーボトルを使ってみて下さい。

においが気になる場合

スキットルのにおいが気になる場合はホワイトビネガーを使って洗うのがおすすめです。まず沸騰したお湯をスキットル満タンに入れます。その後お湯を捨ててお湯とホワイトビネガーを同量ずつ混ぜたものをスキットルの半分くらいまで入れて20秒ほど強く振ります。

これを3~4回繰り返して最後にお湯で洗浄して終了です。スキットルのにおいが気になり出したらぜひやってみて下さい。においが残っていると次にお酒を入れる際に気になったり、お酒の風味を壊してしまうので、においが気になったら必ず綺麗に洗ってにおいを取るようにしてみて下さい。

ウイスキーボトルは材質で選ぶといい

ウイスキーボトルはさまざまな材質の商品があり、材質によって特徴も違うので、ぜひ材質ごとの違いを知って、材質でウイスキーボトルを選ぶのもおすすめです。

材質によって値段も違ってきますが、高いものは長く使えるものが多いので自分のお気に入りのウイスキーボトルを探してみて下さい。最近は山登りやアウトドアに持って出かける人も多く、さまざまなアウトドアブランドからスキットルが販売されています。

それぞれのスキットルの特徴を知って、ぜひお気に入りのデザインのものを探してみて下さい。ポケットに入るサイズなど持ち運びに便利なものもたくさんあるのでお出かけに持って行くのにピッタリです。

ウイスキーボトルと言うとちょっと年配のお洒落なおじさんが持っているイメージがあった人もいるかと思いますが、お洒落なデザインやこだわりの職人さんの手作りのものも販売されているので、かっこよくウイスキーボトルを使ってみて下さい。

Thumbスキットルのおすすめ13選!洗い方や使い方なども詳しく紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbウイスキーは賞味期限がない?劣化を防ぐ保管方法や場所・アイテムは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ