アイリッシュウイスキーの特徴とおすすめ銘柄18選!人気の飲み方も紹介

アイリッシュウイスキーはすっきりとした飲み口の銘柄が多く、飲みやすいウイスキーとしても人気となっています。今回の記事では、そんなアイリッシュウイスキーの特徴やおすすめの銘柄や飲み方を、初心者から上級者の方まで、それぞれに分けて紹介していきます。アイリッシュウイスキーを飲んだことがあるという方もないという方も、是非今回のアイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄についての記事をチェックしてみて下さい。

アイリッシュウイスキーの特徴とおすすめ銘柄18選!人気の飲み方も紹介のイメージ

目次

  1. 1アイリッシュウイスキーの特徴とは?
  2. 2アイリッシュウイスキーの選び方
  3. 3アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄【初心者向け】
  4. 4アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄【中級者向け】
  5. 5アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄【上級者向け】
  6. 6アイリッシュウイスキーは初心者から上級者まで楽しめる

アイリッシュウイスキーの特徴とは?

ウイスキーは世界中で作られており、アイリッシュウイスキーもそんな多くのウイスキーの中の一つです。世界5大ウイスキーでもあるアイリッシュウイスキーとは、一体どのような特徴がありどのような製造方法で作られているのかを早速見ていきましょう。

アイリッシュウイスキーの定義

それでは、アイリッシュウイスキーの定義から見ていきましょう。アイリスウイスキーはアイルランドや北アイルランドで作られているのですが、ここで作られるウイスキー全てがアイリッシュウイスキーと呼ばれるわけではありません。

アイリッシュウイスキーの定義は3つあり、まず「アイルランドか英国領北アイルランドで糖化、発酵、蒸留、熟成させたウイスキー」、「3年以上木の樽で熟成させたウイスキー」、そして「アルコール度数が40度以上となるウイスキー」となっています。

これらの条件を満たしていればアイリッシュウイスキーとして認められるのだ層で、ボトリングや、原料の産地については決まりはないそうです。

アイリッシュウイスキーの製造方法

アイリッシュウイスキーの製造方法は、簡単に記載すると「製麦→モルトの乾燥→モルトの糖化→麦汁の発酵→原酒の製造→樽詰め、熟成→ボトリング」となっています。

アイリッシュウイスキーの製造方法には2つの大きな特徴があり、「3回蒸留する」という点と「発芽しない大麦を使用する」という特徴があります。3回蒸留することで雑味のない味わいを楽しむことが出来、発芽していない大麦を使用することで穀物感をより感じることができるというのもアイリッシュウイスキーの特徴になります。

アイリッシュウイスキーの種類

メモを取る画像

特徴などに続いて、アイリッシュウイスキーの種類について見ていきましょう。アイリッシュウイスキーは大きく4つに分類されており、「ポットスチルウイスキー」、「モルトウイスキー」、「グレーンウイスキー」、「ブレンデッドウイスキー」の種類があります。

先ほど紹介した、3回蒸留するという特徴を持つウイスキーは「ポットスチルウイスキー」となり、モルトウイスキーは大麦麦芽のみ、グレーンウイスキーは穀物を原料に、そしてブレンデッドウイスキーはモルトとグレーン、ポットスチルとグレーンとをブレンドさせたというウイスキーとなっています。

Thumbカネマラ(アイリッシュウイスキー)の味の評価!少し変わった製法とは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

アイリッシュウイスキーの選び方

特徴などに続いて、ここからはアイリッシュウイスキーの選び方について紹介していきます。アイリッシュウイスキーを購入する際、自分好みのウイスキーを探す際の参考にしてみて下さい。

種類で選ぶ

まず最初に紹介するアイリッシュウイスキーの選び方は、「種類で選ぶ」という方法です。先ほど紹介したように、アイリッシュウイスキーには大きく分けて4つの種類のものがあり、それぞれに特徴があります。

例えば、グレーンウイスキーはマイルドな口当たりとなっており、軽い味わいが特徴となっています。また、モルトウイスキーではピートによりスモーキーな香りをつけるというのが特徴ですので、グレーンウイスキーよりも少し好き嫌いが分かれるかもしれません。

それぞれの特徴を知っておくことで、自分好みのウイスキーを選ぶことができるでしょう。

熟成度合いで選ぶ

本と数字の画像

続いてのアイリッシュウイスキーの選び方は、「熟成度合いで選ぶ」という方法です。熟成期間が長くなると、よりウイスキーの特徴的な味や香りを楽しむことができます。円熟した風味をより楽しみたいという場合には熟成した期間が長い物を選ぶようにしましょう。

蒸留所ブランドで選ぶ

もう一つのアイリッシュウイスキーの選び方は、「蒸留所ブランドで選ぶ」という選び方です。もちろん蒸留所ブランドによってもそれぞれ特徴がありますので、蒸留所ごとの特徴を押さえておくというのもおすすめです。

アイリッシュウイスキーの代表的なブランドをいくつか例に挙げると、香りを重視したいという方には「ブッシュミルズ」、穀物の香りをより楽しみたいという方には「新ミドルトン」、そして新しく、独特の風味を楽しんでみたいという方には「クーリー」がおすすめです。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄【初心者向け】

それでは、ここからはアイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄を紹介していきます。まずは初心者向けのアイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄を紹介していきますので、早速チェックしていきましょう。

ブッシュミルズ

まず最初に紹介する、初心者の方におすすめのアイリッシュウイスキーは「ブッシュミルズ」です。こちらは世界最古のアイリッシュウイスキーと呼ばれており、400年以上の歴史があるのだそうです。ピートを使用していないのでクセも少なく、3回蒸留されていますのでクセの少ない仕上がりとなっています。

おすすめの飲み方

こちらのブッシュミルズは上記で紹介した通り、ピートを使用していないのでスモーキー臭も少なく、3回蒸留されていますのでとても飲みやすいアイリッシュウイスキーの銘柄となっています。上記の紹介では、飲みやすい銘柄なのでどの飲み方でも合うと紹介されています。好きな飲み方で楽しんでみてはいかがでしょうか?

ティーリング スタウト・カスク・フィニッシュ

続いて紹介する初心者の方におすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「ティーリング スタウト・カスク・フィニッシュ」です。こちらの銘柄は少し刺激がある風味が特徴となっているのですが、甘みも感じることができますので初心者の方にもおすすめです。アルコール度数は高めですが、マイルドで飲みやすい銘柄です。

おすすめの飲み方

ティーリング スタウト・カスク・フィニッシュは、スタウトビールの熟成樽でフィニッシュしていますので、熟成させている樽からスタウトビールの成分が溶け込んで独特な風味を楽しむことができます。ストレートでも良いですが、ハイボールなどもおすすめです。

キルベガン シングルグレーン

続いてのおすすめ銘柄は、「キルベガン  シングルグレーン」です。アルコール度数は40度となっており、アイリッシュウイスキーの中では最も度数が低い物となっています。飲み口も柔らかく、さっぱりとしていますので初心者の方にも是非おすすめしたい銘柄となっています。

おすすめの飲み方

飲みやすくさっぱりとした味わいの銘柄となっており、ロックで楽しんでいる方も多いようです。ロックですと氷が解けていくたびに味わいの変化を楽しめるという楽しみ方もできます。

タラモア・デュー

続いての初心者の方におすすめの銘柄は、「タラモア・デュー」です。こちらのタラモア・デューという銘柄は、アイリッシュウイスキーの中で世界第2位の出荷量を誇るという銘柄のアイリッシュウイルキーとなっています。バニラの様なフレーバーを楽しむことが出来、ソフトな飲み口で初心者の方にもおすすめです。

おすすめの飲み方

こちらのタラモア・デューの銘柄は、よくカクテルの素材としても楽しまれているウイスキーとなっています。カクテル素材の他にも、ハーフロックなどの楽しみ方で楽しむのがおすすめです。

ジェムソンスタンダード

初心者の方におすすめの、続いての銘柄は「ジェムソンスタンダード」です。先ほどは売り上げ2位の銘柄のアイリッシュウイスキーを紹介したのですが、こちらはアイリッシュウイスキーの売り上げ世界第1位の銘柄となっています。お店に置いてあることも多い銘柄のアイリッシュウイスキーなので、お店でまず試してみるというのもおすすめです。

おすすめの飲み方

先ほどの銘柄のアイリッシュウイスキーと同じく、こちらの銘柄もカクテルの素材として多く使用されています。好きなカクテルの素材として楽しむのもおすすめですが、ハイボールやジンジャーエールで割ってみるのもおすすめです。

ブラックブッシュ

続いて紹介する、初心者の方におすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「ブラックブッシュ」です。こちらの銘柄ではアプリコットの様な香りを楽しむことが出来、甘みも強く初心者の方にもおすすめの銘柄となっています。

おすすめの飲み方

こちらのブラックブッシュはシェリー樽とバーボン樽で最長7年熟成させた原酒を8割以上使用しており、グレーン原酒とブレンドして作られています。これにより熟成された風味を楽しむことができる銘柄となっていますので、飲み方はロックで楽しむのがおすすめです。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄【中級者向け】

続いては、中級者の方におすすめのアイリッシュウイルキーの銘柄を紹介していきます。初心者の方におすすめのアイリッシュウイスキーになれて来たら、こちらのアイリッシュウイスキーもチェックしてみて下さい。

ジェムソン ブラック・バレル

まず最初に紹介する、中級者の方におすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「ジェムソン ブラック・バレル」です。ブラック・バレルというのは中側が黒焦げになっている樽の事で、その中で熟成させているというウイスキーになっています。

先ほどはスタンダードを紹介しましたが、ブラック・バレルでは焦がした樽で熟成させているという事から、木の香りをしっかりと楽しむことができるという銘柄になっています。口に含んだ瞬間は、少し刺激を感じるようです。

おすすめの飲み方

こちらのジェムソン ブラック・バレルは、程よいスモーキーさを楽しむことができる銘柄のアイリッシュウイスキーとなっており、ロックで楽しむのが美味しいという口コミが見受けられます。また、コーラで割っても美味しいという声もありますので、こちらも是非チェックしてみて下さい。

ジェムソン ブラック・バレル

ターコネル

続いて紹介する、中級者の方におすすめのアイリッシュウイスキーは「ターコネル」です。昔あったわっと蒸留所の代表銘柄であり、クーリー蒸留所によって復活されたという銘柄になっています。

麦の甘さをしっかりと感じることができる銘柄となっており、尖っていないので飲みやすい味わいのウイスキーとなっています。なめらかな質感を楽しみたいという方にもおすすめのアイリッシュウイスキーとなっています。

おすすめの飲み方

こちらのターコネルという銘柄は、湧き水で作られているウイスキーとなっており、フレッシュですっきりとした味わいが人気のものとなっています。香りが開くトワイスアップで楽しむのがおすすめという口コミもあります。

ブッシュミルズ10年

続いて紹介するアイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄は「ブッシュミルズ10年」です。こちらの銘柄は林檎のような風味を楽しむことができる銘柄となっており、いろいろな料理とも相性の良い味わいのありッシュウイスキーとなっています。まろやかな飲み口を楽しむことができる銘柄になっています。

おすすめの飲み方

こちらの銘柄は林檎のような風味を楽しむことができるアイリッシュウイスキーとなっていますので、しっかりとこの風味を楽しみたいという方には、飲み方はストレートで楽しむのがおすすめです。また、飲み進めるために変化していく味わいを楽しむことができるロックで楽しむのもおすすめです。

グリーンスポット

続いてのおすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「グリーンスポット」です。こちらの銘柄はなんと年間6000本ほどしか発売されていない銘柄なのだそうで、貴重な一本であるといえます。アルコール度数は40度となっていますので、強すぎないウイスキーが欲しい方にもおすすめですし、フルーティな風味を楽しむことができます。

おすすめの飲み方

先ほど紹介した通り、こちらのグリーンスポットはフルーティな風味を楽しむことができる銘柄のアイリッシュウイスキーとなっています。ですので、そのフルーティさを存分に楽しむことができるストレートで楽しむのがおすすめです。アルコール度数は40度ですので、比較的ストレートで楽しみやすいウイスキーになっています。

レッドブレスト12年

続いてのおすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「レッドブレスト12年」です。アイリッシュウイスキーはすっきりとした味わいのものが多くなっているのですが、こちらの銘柄は濃厚で、どっしりとした印象を受ける銘柄のアイリッシュウイスキーとなっています。

おすすめの飲み方

こちらの銘柄は、上記で紹介したのように濃厚な風味を楽しむことができる銘柄となっており、スモーキー感は少なくなっているものの個性的な味わいのアイリッシュウイスキーとなっています。ですので、あまり薄めず、ストレートやロックなどで楽しむのがおすすめとなっています。しっかりとした飲み心地を楽しみたいという方におすすめです。

レッドブレスト - ウイスキー - ペルノ・リカール・ジャパン

カネマラ シングルモルト

個性的な味わいのアイリッシュウイスキーを楽しみたいという方には、「カネマラ シングルモルト」がおすすめです。こちらの銘柄はアイリッシュウイスキーで唯一、ピートを焚いたシングルモルトのウイスキーとなっており、スモーキーな香りを楽しむことができます。

スモーキーな香りの他にも、草の香りや土臭さなどを感じることができるウイスキーとなっているそうですので、好き嫌いが分かれてしまう銘柄のアイリッシュウイスキーとなっているようです。

おすすめの飲み方

先ほど紹介した通り、こちらの銘柄はアイリッシュウイスキーでは珍しく、ピートを焚いているスモーキーさが特徴のウイスキーとなっています。スモーキーさを存分に味わいたいという方にはストレートがおすすめですし、ハイボールなどでも美味しく楽しむことができるようです。

カネマラ サントリー

ザ・ポーグス アイリッシュ

続いて紹介するおすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「ザ・ポーグス アイリッシュ」です。

こちらのウイスキーはイギリスのパンクバンドである「ザ・ポーグス」が蒸留所とコラボレーションして生まれたというウイスキーとなっており、ハチミツの様な香りと、さわやかな甘さを楽しむことができる銘柄として人気となっています。

おすすめの飲み方

こちらのザ・ポーグスの味わいをダイレクトに楽しみたいという方なら、ストレートで楽しむのがおすすめです。アルコール度数は40度となっており、アイリッシュウイスキーの中ではアルコール度数が低めのものになっています。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄【上級者向け】

続いては、上級者の方におすすめしたいアイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄を紹介していきます。個性的な味わいのアイリッシュウイスキーを楽しみたいという方も、是非こちらの銘柄をチェックしてみて下さい。

レッドブレスト 15年

まず最初に紹介する、上級者の方におすすめしたいアイリッシュウイスキーの銘柄は「レッドブレスト 15年」です。先ほど、中級者向けの方におすすめの銘柄として12年を紹介したのですが、こちらの15年ではよりフルーティな風味を楽しむことが出来、ゆったりとした時間に楽しみたい銘柄となっています。

おすすめの飲み方

こちらのレッドブレスト 15年はフルーティな香りを楽しむことができる銘柄のウイスキーとなっていますので、飲み方はストレートがおすすめです。

ブッシュミルズ シングルモルト 16年

続いて紹介するおすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「ブッシュミルズ シングルモルト 16年」です。アイリッシュウイスキーでは一般的に未発芽の麦が使用されているのですが、こちらの銘柄では未発芽の麦は使用しておらず、スパイスの香りやロースとナッツのような複雑な味わいを楽しむことができるという銘柄となっています。

おすすめの飲み方

こちらの銘柄のアイリッシュウイスキーはオレンジのようなフルーティ感を楽しむことが出来、アーモンドのような香りを楽しむことができるというとても良い香りを楽しむことができるという銘柄となっていますので、ストレートでその香りを存分に楽しむのがおすすめです。

ティーリングシングルモルト

続いて紹介するおすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「ティーリングシングルモルト」です。こちらの銘柄はシェリー樽、ポート樽、マデイラ樽、ホワイトバーガンディ樽、カベルネソーヴィニヨン樽の5種類の樽で熟成されたというウイスキーになっています。

柑橘系のような風味を楽しむことができるアイリッシュウイスキーの銘柄となっており、ワイン樽で熟成させていることからワインのタンニン感も感じることができるようです。

おすすめの飲み方

こちらの銘柄のアイリッシュウイスキーも、ストレートで楽しむのがおすすめです。先ほど紹介したように5種類の樽で熟成させているというウイスキーとなっていますので、複雑な風味をそのまま存分に楽しむことができる、ストレートでまずは味わってみてはいかがでしょうか?

グレンダロウ

続いて紹介する、おすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「グレンダロウ」です。こちらのウイスキーはアイルランド産大麦100%から作られているというこだわりのウイスキーとなっており、独特の甘い香りを楽しむことができるという銘柄になっています。

それでいて、バタースコッチの様なクリーミーさも楽しむことが出来るのだそうで、後味に少しクセがあるのも特徴のようです。

おすすめの飲み方

個性的な味わいのアイリッシュウイスキーの、こちらのグレンダロウはストレートでそのまま味わうのもおすすめですが、オンザロックで楽しむのもおすすめだそうです。後味に癖がある銘柄となっていますので、個性的な味わいのウイスキーが好みだという方はチェックしてみて下さい。

ウエストコークシングルモルト10年

続いて紹介する、おすすめのアイリッシュウイスキーの銘柄は「ウエストコークシングルモルト10年」です。こちらの蒸留所は2003年に始まったという比較的新しい蒸留所となっており、なめらかな舌触りを楽しむことができる銘柄のウイスキーとなっています。

華やかな香りを楽しむことが出来、甘い風味も特徴的なアイリッシュウイスキーです。スパイシーな味わいでありつつ、甘い味わいを楽しむことができるという味わいも特徴です。

おすすめの飲み方

こちらの銘柄は、クセが無く飲みやすい銘柄のアイリッシュウイスキーとなっていますのでストレートで楽しむのがおすすめです。甘さは蜂蜜の様な甘さであるとも表現されており、シナモン系のスパイスとのバランスが良い味わいのウイスキーとなっています。

アイリッシュウイスキーは初心者から上級者まで楽しめる

今回の記事では、アイリッシュウイスキーの初心者から上級者の方に向けたおすすめウイスキーを紹介してきました。アイリッシュウイスキーといっても、蒸留所などそれぞれによって特徴も異なってきますので、是非お気に入りの銘柄を見つけてみて下さい。

Thumbウイスキーボトルのおすすめ12選!スキットルは材質で選ぶのがコツ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbウイスキーの種類一覧&人気銘柄!世界のウイスキーの特徴を選び方の参考に | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbウイスキー初心者におすすめの銘柄19選!初心者必見の選ぶポイント! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ