アラザンの成分とは?お菓子の銀色のデコレーションを解説【製菓材料】

アラザンという食べ物を知っているでしょうか?銀色の小さな粒状をしたアラザンは、トッピングやデコレーションに用いられる製菓材料です。ここでは、アラザンの味や成分、おすすめの使い方について詳しく調査しました。アラザンは普段食べているお菓子をグレードアップさせることのできる便利な食材です。銀を使う目的や気になる毒性にも迫っています。お菓子作りをする方は是非参考にしてください。

アラザンの成分とは?お菓子の銀色のデコレーションを解説【製菓材料】のイメージ

目次

  1. 1アラザンって何?
  2. 2アラザンの成分
  3. 3アラザンの使い方
  4. 4アラザンでおしゃれなデコレーション!
  5. 5アラザンを使って身近なお菓子を華やかにグレードアップさせよう!

アラザンって何?

銀色をした小さな粒状のアラザンを知っているでしょうか?名前を聞いたことのない方も、お菓子の上にのっているアラザンを一度は目にしたことがあるでしょう。ここでは、アラザンの使い方や成分、気になる味わいについて詳しく調査しました。アラザンを使ったトッピングやデコレーションのアレンジ例も紹介しているので、是非お菓子作りの参考にしてください。

アラザンはトッピングに使う製菓材料

アラザンは、カップケーキやドーナツ、チョコレートなどの上にトッピングする製菓材料です。お菓子にのせるだけで、可愛くしたり高級感のある仕上がりにすることができます。スーパーの製菓材料売り場で簡単に手に入るため、お菓子作りが趣味という方にとっては非常になじみのあるものでしょう。大きさは1mm~10mmのものまであり、サイズによって印象も大きく変わります。

ドラジェ(dragee=糖衣菓子)の一種

アラザンの名前の由来は、フランス語で銀の意味がある「argent(アルジャン)」から来ています。糖衣菓子ドラジェ(dragee)の一種ということもあり、英語ではアラザンのことを「silver dragees」と呼びます。キラキラと美しく輝く製菓材料アラザンは、宝石のような綺麗な見た目が特徴です。

味や種類は?

ハテナ印をのぞく虫メガネ

気になる味ですが、アラザンだけを口に含むと優しい甘味が感じられます。金色やピンク色などいろんな色のアラザンが販売されており、トッピングするものによって大きさや色を使い分けています。基本的にサイズの大きなアラザンは、ケーキなどのインパクトのあるお菓子に用いられることが多いようです。

アラザンの成分

ここからはアラザンの成分について見ていきましょう。アラザンの銀にはさまざまな目的があるようです。甘味成分や銀色をしている理由、食べても害はないのかなど、アラザンの不思議に迫ります。

砂糖とコンスターチ

アラザンの成分は、砂糖コーンスターチです。2つを混ぜ合わせて小さな粒状に形成し、食用銀粉や銀箔で覆って加工されます。森永製菓には、チョコレートを粒状にしてから銀粉を付着させたアラザンもあります。どちらのアラザンも甘味成分は、砂糖から来ていると言えるようです。

食用銀粉と銀箔

それでは、食用銀粉と銀箔とはどのようなものなのでしょうか?銀箔は、銀を金づちなどで叩き薄いフィルム状に加工して作られます。銀箔に加工する理由は、さまざまな物体の表面に貼り付けやすくからだと言われています。銀箔は製菓材料に使うほか、漆器などの工芸品や歯科治療、ネイルに用いられるなど、私たちの生活に非常に身近な存在となっています。

銀箔を使う目的は?

アラザンに銀箔を使う目的は、見た目を美しく見せるためだけではありません。銀色に装飾する以外にも、銀の抗菌作用で保存性を高める効果もあります。最近では「Ag+」という銀イオンが注目されており、除菌シートや洗濯機、消臭スプレーなど多くの商品が開発されています。このことからも、銀の抗菌作用はアラザンにも効果があることがわかります。

銀は害がない?

抗菌作用のあるアラザンですが、気になるのが毒性ではないでしょうか?銀は、古くから食器や歯のコーティングなどに使われてきた毒性の低い成分です。またアラザンに付着している食用銀分や銀箔は、食品添加物として認められています。そのため、アラザンに使われるものに関しては人体に害がないと言えます。

しかしインドのお菓子に用いられる食用銀粉(Varkヴァーク)には、鉛やカドミウムなどの有害な物質が含まれていることがわかっており、食べる際には注意が必要です。

アラザンの使い方

ここからは製菓材料アラザンの使い方について紹介します。アラザンは、アイデア次第でさまざまな使い方が楽しめます。大きさや色の違いで雰囲気もぐっと変わるのがアラザンの魅力の一つとも言えます。まずは一般的に使われるアラザンの利用方法から見ていきましょう。

チョコレートのトッピング

最初におすすめしたいアラザンの使い方が、チョコレートのトッピングです。チョコレートにアラザンをつけると、簡単に可愛い見た目に仕上げることが可能です。トッピングの仕方を工夫すれば、手作りのチョコレートも高級感のある仕上がりになります。

チョコレートにアラザンをトッピングする際のポイントは、コーティングしたチョコレートが固まる前にアラザンをのせるということです。チョコペンやカラースプレーなどを一緒に使うと、更に可愛くデコレーションできるでしょう。

クッキーのデコレーション

アラザンのおすすめの使い方には、クッキーのデコレーションもあります。特に相性が良いのがアイシングクッキーにアラザンをトッピングする方法です。クッキーにアイシングを施し、少し時間を置いてからアラザンをのせて乾かすだけと、使い方はいたってシンプルです。

アイシングが難しいときは、クッキーを焼く前にアラザンをのせるという方法もあります。クッキー生地に押し込むイメージでアラザンをトッピングすると、焼き上がりに取れる心配が少なくなります。簡単に可愛く仕上がるため、プレゼントなどにも喜ばれるでしょう。

クリスマスケーキにはアラザンが似合う

おしゃれな見た目のクリスマスケーキにもアラザンは相性抜群です。シンプルなデコレーションのケーキもアラザンやイチゴなどで可愛くトッピングすれば、一気にクリスマスらしい雰囲気を出すことができます。センス良く見せるコツは、大小サイズ違いのアラザンをランダムに飾りつけることです。ケーキの側面や飾りの生クリームの上など、全体のバランスを見ながらトッピングするように心がけましょう。

アラザンをトッピングする際、注意が必要なことがあります。それが、水分量の多い生クリームなどにトッピングすると、砂糖が溶けたり色移りしてしまう可能性があるということです。アラザンは、基本的に熱や水分に弱い食べものです。ケーキなどにアラザンを用いるときは、食べる前や写真を撮る直前にトッピングするようにしましょう。

アラザンでおしゃれなデコレーション!

アラザンを使うと、デコレーションも自由自在に楽しむことができます。最後にアラザンを使ったおすすめのアレンジ方法を紹介します。使い方の幅が広がると、手作りお菓子の仕上がりも簡単にセンスアップが可能です。ひと手間加えるだけでおしゃれなスイーツになるので、気になる方は是非挑戦してみてください。

マシュマロにチョコペンとアラザンで

チョコペンとアラザンを使うと、真っ白なマシュマロがポップなスイーツに早変わりします。作り方は、大きめサイズのマシュマロにピンチョス用のピックを刺し、チョコペンとアラザンで可愛くデコレーションするだけです。

黄色やピンクのチョコペンにカラフルなアラザンを用いると、ギフトにもぴったりなスイーツが手作りできます。簡単に作れるので子供と一緒に手作りするのも良いでしょう。小さなマシュマロを串に刺し、デコレーションするのもおすすめです。

カップケーキに生クリームとアラザンで

簡単に手作りできるカップケーキも、生クリームとアラザンでキュートにデコレーションしてみましょう。市販のカップケーキや生クリームを使うと、お菓子作りをしたことがなくても気軽に挑戦することができます。可愛く仕上げるポイントは、アラザンと一緒にチョコスプレーやフルーツミックスゼリーを使うことです。お店で売っているようなカップケーキをイメージし、彩りを考えながらトッピングしてみましょう。

アイシングとアラザンでミニ3段ケーキ

市販のスポンジケーキ、アラザン、アイシングを使うと、画像のようなミニ3段ケーキを手作りすることも可能です。まず最初に粉糖とレモン汁でコーティング用のアイシングを作ります。

スポンジケーキをサイズに合わせてカットし、3段に重ねてアイシングを上がけしたら一度乾燥させます。接着面にもアイシング塗ると安定感のあるケーキが作れます。あとは別で作ったアイシングとアラザンでデコレーションすれば完成です。小さな贈り物としても大変喜ばれるでしょう。

アラザンを使って身近なお菓子を華やかにグレードアップさせよう!

アラザンを使えば、普段食べているスイーツもグレードアップさせることができます。チョコペンやカラースプレーなどを一緒に使うのも可愛く仕上げるコツです。食べても安心な製菓材料アラザンは、子供とのお菓子作りにもおすすめのアイテムです。是非、アラザンを使って気軽にアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Thumbシフォンケーキのデコレーション22選!イベントなどにも使えるアイデアも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb生クリームを使った人気ケーキレシピ!簡単デコレーションのコツも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbガトーショコラのおしゃれなデコレーションアレンジ術16選! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ