新潟古町の居酒屋ランキングTOP11!一人飲みにおすすめの店も!

古町は新潟随一の歓楽街です。居酒屋も星の数ほどあります。居酒屋での飲み方にもいろいろありますが、大勢でにぎやかに飲むのもヨシ、小人数でじっくり飲むもヨシ、あるいは一人でしっぽりまったりと飲むのもまたヨシです。新潟古町にあるたくさんの居酒屋を探ってみました。美味しい店や安い店、はたまた一人で飲むのにうってつけの店などを11選してランキングにまとめました。新潟古町でおすすめの居酒屋を紹介します。

新潟古町の居酒屋ランキングTOP11!一人飲みにおすすめの店も!のイメージ

目次

  1. 1新潟古町の居酒屋で新潟ならではの海鮮料理を楽しもう
  2. 2新潟古町の居酒屋ランキング11位~4位
  3. 3新潟古町の居酒屋ランキング第3位!
  4. 4新潟古町の居酒屋ランキング第2位!
  5. 5新潟古町の居酒屋ランキング第1位!
  6. 6新潟古町の居酒屋で名物や郷土料理で一杯味わおう

新潟古町の居酒屋で新潟ならではの海鮮料理を楽しもう

新潟古町は歓楽街として知られる

いま日本全国にある歓楽街は、最近急に現れた街などはありません。その土地々々でどんなに新しくても江戸時代以後あたりから、栄えていた花街の名残りです。それゆえに歴史が積み重なった風情が、なんとも言えないかたちで垣間見られます。それらを背景にして、たとえば新潟の古町で飲む酒は肴の旨さを除いても、いわく言い難い味を秘めていることになるのです。京都祇園や江戸の新橋とは異なる味もそこに見つかるのです。

Thumb新潟の日本酒おすすめランキング!お土産に人気のお酒も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

大勢飲みや一人飲み様々に楽しめる居酒屋がいっぱい!

当然のことですが、新潟の人だって酒も飲めば浮かれもします。ましてやここは米どころ新潟です。旨い日本酒があるのに旨い肴がないわけはありません。眼前には美味しい魚を育む日本海を控えています。今宵は、新潟は古町の旨い肴も旨い酒もそろう居酒屋で、大勢の賑やかな酒を飲むか、小人数でじっくりと飲むか、はたまた一人でしっぽりと飲むか、新潟の夜を楽しもうじゃありませんか。

新潟の古町にたくさんある居酒屋のなかで、自慢の海鮮料理などを楽しめる居酒屋を11選し、ランキングにして紹介します。一人のみにも適した店も、ちゃんと織り込んであります。新潟は古町の居酒屋をじっくりと楽しんでください。

新潟古町の居酒屋ランキング11位~4位

第11位:地産地消にこだわる完全個室の「風薫る」

新潟古町の居酒屋ランキング第11位は「風薫る」です。アクセスは、新潟交通新潟駅から古町バス停至近。営業時間は、月~土17:00~翌1:00で、日、祝日が17:00~24:00です。席数は141席で、完全個室です。平均予算は5,000円です。食材は調味料にまで地元産をこだわる風薫るになります。地酒も豊富に用意されています。おすすめは「鮭の焼漬け」627円、「越後のっぺ」540円、「サーモンとイクラのこぼれ寿司」735円です。

「串焼き」は2本1皿で378円~519円です。深いコクの「岩海苔入揚げ出汁豆腐」540円になります。コース料理は「日~木限定コース」旬の料理8品と2時間飲み放題で、4,000円です。地酒5種飲み放題の「秋風薫るコース」は、料理8品と2時間飲み放題で、4,500で、地酒8種飲み放題が5,000円になります。「新潟粋コース」は地酒5種が5,500円、地酒8種が6,000円です。新潟古町の風薫るは宴会が楽しめる居酒屋です。

第10位:一品料理充実家族連れにも人気「越乃赤たぬき」

新潟古町の居酒屋ランキング第10位は「越乃赤たぬき古町店」です。魚介から肉や野菜まで豊富にそろった素材のメニューが、リーズナブルな値段で供されている人気の居酒屋です。アクセスは、白山駅より1,630mにあります。営業時間は、17:00~翌2:00です。年中無休になります。席数は120席で、個室もあります。平均予算は4,000円です。新潟市内に複数店舗かかえるチェーン店になります。深夜2時まで入店可能と自由です。

新潟古町の赤たぬきの特徴は、安い値段で新潟の郷土料理的なつまみを食べることができることです。2名以上で、1人300円以上の料理2品以上注文する条件で、飲み放題が90分1,580円になります。店のおすすめは鰤を丸ごと仕入れるからできる「特大!ぶりかま」が780円で、その日の鮮魚「大漁盛り」が1,200円「単品」が500円~、ほっこり温もる「もつ煮」が300円です。「串焼き」はそれぞれ3本1皿で330円になります。

「ホッケ開き焼き」590円、「キンダラ焼き」690円、「豚キャベツキムチ炒め」620円、「サイコロステーキ野菜炒め」590円、「お好み焼」490円などです。2時間飲み放題コースは「赤たぬき定番コース」が、全7品で3,500円で、「赤狸みさとコース」が、全6品で3,100円です。2.5時間飲み放題コース「赤たぬき満喫コース」が、4,000円となります。新潟古町赤たぬきは、料理も飲み放題も堪能できる人気の居酒屋です。

第9位:新潟で居酒屋定番は何を食べても旨い「古町寧々」

新潟古町の居酒屋ランキング第9位は「古町寧々」です。アクセスは、新潟交通新潟駅から古町通8より歩いて140mにあります。営業時間は、17:00~23:00です。定休日は月曜になります。席数は24席で、個室はありません。平均予算は5,000円です。鮮魚、村上牛、新鮮野菜、地元銘酒などがすべてそろった居酒屋が古町寧々です。おすすめは冬の佐渡沖の味覚「活ずわい蟹刺」が880円で、「村上牛ロース石焼」が1,980円です。

「お刺身3点盛り」980円、「お刺身5点盛り」1,480円、「海鮮クリームコロッケ」780円、「銀だらの味噌漬け焼き」750円、「村上牛たたきユッケ風」1,100円、「特製つくね」680円、「骨せんべい(やなぎカレイ)」400円、「有機野菜のかご盛り」880円、「ぱりぱりサラダ」680円などです。古町寧々はバラエティー豊かなつまみがあって、一人飲みや小人数の飲み会に使える、新潟古町で人気の居酒屋になります。

第8位:一人飲みに嬉しいカウンター限定晩酌セット「月ひかり」

新潟古町の居酒屋ランキング第8位は「月あかり」です。アクセスは、新潟駅から中央循環線バスで古町バス停より歩いて3分にあります。営業時間は、18:00~翌2:00です。定休日は日曜になりますが、連休の場合は翌月曜に振替えます。席数は24席で、個室はありません。平均予算は3,000円です。店内に入るとすぐに掘りごたつ式のカウンター席があります。6席しかありません。一人飲みのためにあるような席です。

月あかりがお一人様を歓迎しているのが分かります。この店にはカウンター限定の「晩酌セット」1,500円があります。料理4品と1ドリンクのセットです。この日は「つくね汁」「刺身」「もずく」「コロッケ」でした。刺身は鮪・鰤・真鯛・蛸です。もずくは佐渡産で良質でした。サク飲みにはもってこいの晩酌セットです。カウンター越しの会話も弾んで、一人飲みには申し分のない居酒屋でした。

「手作り豆腐」380円、「もつ煮」500円、大人気の「出汁巻き卵」650円、「川海老唐揚げ」560円などです。奇をてらったつまみはありませんが、一品々々しっかりと仕上げられていて気持ちの良い肴ばかりです。新潟古町にはこれぞという居酒屋が、月あかりもふくめていくつもあります。

第7位:新潟古町の高級焼き鳥を堪能できる「まつ本」

新潟古町の居酒屋ランキング第7位は「まつ本」です。アクセスは、新潟駅からの中央循環線で古町バス停より至近にあります。営業時間は、17:00~23:00です。定休日は日曜になります。席数は22席で、個室はありません。平均予算は7,000円です。最高の素材である地鶏や野菜を、職人が備長炭で最高の状態に焼き上げて提供される焼き鳥です。少し値は張りますが、口にすればその価値が分かります。

まつ本の焼き鳥を食べると、焼き鳥は素材と炭火と塩で作り上げる芸術という気がしてきます。再現性が利くようで、ただ一回の勝負のようです。焼き過ぎても焼が甘くてもいけません。野菜串は10種類ほどあって200円~250円です。焼き鳥串は20種類ほどあって、200円~300円です。その他の串も5種類あって、200~300円です。コースは「焼鳥コース」が前菜とおまかせ串5本で1,500円になります。

「松コース」は、前菜とおまかせ串7本と料理1品で、2,300円になります。「玉コース」は、前菜とおまかせ串7本と料理2品に〆(ご飯or麺)で、3,100円です。アルコールは、生ビールや日本酒、ワインと巾広く豊富にそろえられています。新潟古町のまつ本は、極上の焼き鳥を堪能できる居酒屋です。

第6位:佐渡沖の鮮魚も村上牛も楽しめる「海老の髭」

新潟古町の居酒屋ランキング第6位は「海老の髭」です。アクセスは、新潟交通新潟駅から古町通8バス停より40mにあります。営業時間は、17:00~24:00です。年中無休になります。席数は94席で、個室もあります。平均予算は6,000円です。10名以上で新潟市内無料送迎のサービスがあります。完全個室でディナーデートにも宴会にも使えます。佐渡沖の鮮魚と村上牛を味わいながら地元の銘酒を飲めます。

白身のトロと言われる「のど黒藻塩焼き」や透明な美しさ「活けイカの踊り造り」、「活南蛮海老の踊り食い」、「佐渡の寒ぶり」など、いずれも価格は当日のおすすめメニューで確認してください。村上牛の「サーロイン石焼」が1,980円、「朴葉味噌焼き」が820円、「栃尾のジャンボ油揚」が650円です。串焼きは焼き鳥焼とんが2本1皿で420円~480円で、「特製つくねしゃもじ焼き」は650円になります。

コース料理も2~3時間飲み放題付きが4,500円~10,500円まで13コースほど用意されています。新潟古町の海老の髭は高級鮮魚と和牛で客の舌を魅了する、古町きっての居酒屋です。

第5位:新潟古町の居酒屋らしい居酒屋「喜ぐち」

新潟古町の居酒屋ランキング第5位は「喜ぐち」です。アクセスは、新潟交通新潟駅前から西堀通八番町バス停より170mにあります。営業時間は、18:00~翌4:00です。定休日は日曜になります。席数は40席で、個室はありません。平均予算は4,000円です。大向こうをうならせるような料理はありませんが、喜ぐちの一品は何を食べても文句が出るようなことはありません。玄人筋の居酒屋です。

落ち着きのある佇まいの戸を開けると、老舗居酒屋の風景がひろがります。一人飲みならば店主との会話も弾むカウンター席に陣取るのがおすすめになります。店主の仕事も拝見しながら、酒と肴にまったりするのも一興です。近くの市場から毎日仕入れる新鮮な魚の「お刺身盛合せ」は750円~です。「ポテトサラダ」450円、「豚の角煮」780円などの他、カウンターの上には「おばんざい」が、ずらりと並んでいます。

とろろが決め手の、一味違う「とろろわさびの塩出汁鶏鍋」1人前980円~となります。「ぎょうざ」400円も人気の一品です。「カキフライ」や「カニコロッケ」も食べれば違いの分かる旨さです。また、喜ぐちでは〆のラーメンが根強い人気を誇っています。〆のラーメンだけを食べに、深夜に喜ぐちへ立ち寄る常連も少なくありません。喜ぐちは新潟古町に地に足の着いた、人気の老舗居酒屋です。

第4位:佐渡の極上海鮮料理で一人気楽な一杯「山田家」

新潟古町の居酒屋ランキング第4位は「山田家」です。新鮮な魚や旨味あふれる肉とを同時に堪能できる贅沢な居酒屋です。いや、そればかりではなく地元の銘酒をはじめとした、日本酒がずらりとそろって呑兵衛にはたまらない店です。まさに、大勢でヨシ、一人でもなおヨシという居酒屋になります。アクセスは、新潟駅からバスで古町バス停より歩いて5分です。営業時間は、月~土が17:00~翌1:00で、日曜が17:00~23:00です。

定休日は不定休です。席数は32席で、個室もあります。平均予算は、5,000円です。山田家では1人前から刺身を盛り合わせてくれます。その日に揚がった地魚で造る刺身「3種盛り」550円、「5種盛り」680円、「7種盛り」800円です。リーズナブルというほかありません。人気の「山田家のなめろう」が650円、「純白のビアンカのしゃぶサラダ」680円、「南蛮海老の唐揚げ」500円、「丸ごと食べれるアジフライ」500円です。

山田家の名物メニューは「マグロほほ肉カツ」800円、「大きなエビフライ2尾」1,300円、「土鍋でもつ煮込み」680円、「イカゲソ漬物焼」300円、「つぶ貝漬物焼」400円、「越後もち豚漬物焼」700円、「越の鶏漬物焼」800円です。おすすめの溶岩焼メニューは「純白のビアンカで焼きしゃぶ」1,380円、「あがの姫牛で焼きしゃぶ」1,980円、「本ずわい蟹の焼きしゃぶ」2,980円になります。

新潟古町の山田家は肴も酒も充実していて、仲間と大勢でも一人でまったりでも楽しめる居酒屋になります。高級なつまみもあれば、安いつまみで飲むこともできる、山田家は融通無碍な自在の居酒屋です。

新潟古町の居酒屋ランキング第3位!

第3位:豪華にタコやあわびを満喫「志津川水産 一家部」

新潟古町の居酒屋ランキング第3位は「志津川水産一家部(いっかぶ)」です。アクセスは、白山駅より1,827mにあります。営業時間は、17:30~24:00です。定休日は不定休になります。席数は76席で、個室もあります。平均予算は6,000円です。新潟古町の一家部は、宮城の南三陸町より直送の志津川タコやアワビ、金華サバ、メカブを使用した創作料理や、日本海の新鮮な魚介のお造りなどがおすすめの居酒屋になります。

一家部の代表はもともと寿司職人であったことから、寿司にも強いこだわりがあります。自信のメニューは「南三陸産あわびの刺身」999円、「南三陸産あわびの豪快地獄焼き」1,600円~、志津川タコを使用した「三つ葉と万能ねぎとタコとマグロのサラダ仕立て」800円、「志津川タコの天ぷら」700円、人気の「タコたくさん入ったふんわりオムレツ」750円、「南三陸めかぶとタコの酢の物」520円など、すべてリーズナブルです。

絶対の自信をもつ魚の刺身も「本日のお刺身3点盛り」800円から「大漁旬海盛り(4~5人前)」2,840円まで、いろいろとお値打ちな価格で用意しています。一押しの握りは「あなごの一本握り(1貫)」650円、「国産ウニのはだか握り(2貫)」999円です。コース料理も、本格的な新潟の地魚刺身盛合せ・握り寿司・肉料理と2時間飲み放題が付く「定番おすすめコース」が全7品で4,500円とおすすめになります。

のどぐろやトラふぐ、スッポンなどを用いたコース料理も5,500円~12,000円で各種用意されています。新潟古町の一家部は新鮮で豊富な魚介がウリの居酒屋で、一人飲みも宴会も可能な店になります。

新潟古町の居酒屋ランキング第2位!

第2位:こじんまり店内でタンをつまみに贅沢飲み「天乃道」

新潟古町の居酒屋ランキング第2位は「天乃道」です。アクセスは、新潟交通バス古町バス停至近にあります。営業時間は、17:00~24:00です。定休日は水曜になります。席数は40席で、個室もあります。平均予算は4,000円です。こじんまりとした店ですが、カウンター席もあって一人飲みもできれば、小人数のお座敷個室もあり、またフロアー貸切の宴会も可能になっています。新潟古町の天乃道は様々なシチュエーションに使えます。

本場宮城から直送の極上牛タンを使用していろいろな牛タン料理を提供しています。新潟ではなかなか味わえないおすすめのは「本格の極上牛タン刺し」980円です。また、わさび醤油か塩で食べるのがおすすめの「特選牛カツ」が、1,480円、牛タンの風味が楽しめる「牛タンつくね串」は、2本680円になります。「牛タンスライス塩」980円、「牛タン辛肉味噌もやし」680円、「牛タンスモーク」680円などです。

店からのおすすめは「牛タンシチュー」1,200円になります。コース料理もあって、牛タンしゃぶしゃぶ、厚切り牛タン塩焼きなど6品と2時間飲み放題の「豪華コース」が5,400円です。厚切り牛タン塩焼き、牛タンつくね、牛タン飯など8品と2時間飲み放題の「満足コース」が4,500円で、学生限定の飲み放題コースも3,500円であります。平日限定の飲み放題だけが2,000円のコースもあって、ありがたいです。

料理コース指定はなしの、席のみ予約も可能です。新潟古町で極上牛タンを贅沢に堪能しながら、酒を楽しむのなら一押しの人気居酒屋天乃道をおすすめします。

新潟古町の居酒屋ランキング第1位!

第1位:名物インパクト大の半身揚げあり「せきとり」

新潟古町の居酒屋ランキング第1位は「せきとり本店」です。アクセスは、新潟交通がんセンターから窪田町西バス停より歩いて1分にあります。営業時間は、16:30~22:00です。定休日は月曜になります。席数は80席で、個室もあります。平均予算は3,000円です。せきとりの佇まいは、ごくありふれた居酒屋風です。つまみもごくありふれていて、何の変哲もありません。一人飲みがお似合いの居酒屋です。

ところが、このせきとりには知らぬ人がいないほどの名物料理があります。全国からそれを求めて来店することも珍しくありません。全国唐揚げグランプリで8年連続金賞を受賞した、元祖半身揚げの「唐揚げ(カレー味)」です。値段は時価です。800円~1,000円と思われます。この半身揚げの食べ方に関する取説まであるくらいですから、その人気度は推測がつきます。ボリュームもハンパじゃありません。

せきとりには串焼きの焼き鳥もあります。1本150円ですが、どうしても半身唐揚げに隠れてしまいがちです。「冷奴」320円、「キャベツの塩もみ」320円、「キューリみそ」260円、「十全なす」350円、「煮込み」470円などもあります。しかし、この半身揚げだけでも相当に飲めそうです。また、鶏半身の「蒸し焼き」もありますが、これが意外と唐揚げ以上に旨いとの評判もあります。茹で汁と繊切りキャベツの組合せはグーです。

せきとりでは半身揚げの持ち帰りや通販も行っています。新潟古町のせきとりは鶏の半身揚げで大人気の居酒屋になります。

新潟古町の居酒屋で名物や郷土料理で一杯味わおう

さすがに花街古町です。新潟の古町は風情たっぷりの街にふさわしい居酒屋が数多くありました。日本海の魚介や地元の野菜など素材にも恵まれていて、それを十分に活かした居酒屋がいろいろな形で店を構えていました。わずかに11店舗のランキングしか紹介できませんでしたが、これはずいぶんと厳選したつもりです。正直悩んだ挙句です。新潟古町の各居酒屋にある名物や郷土料理で、今宵は一杯味わおうではありませんか!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ