ルクルーゼはIHコンロに使える?オーブンは?使い方を詳しく解説!

鋳物ホーロー鍋と言えば、真っ先に思い浮かぶのが、ルクルーゼです。主婦の憧れ鍋として、話題沸騰中です。そんなルクルーゼは、IHコンロに使える?オーブンは?と言った疑問に答えていきます。また、使い方についても詳しく解説しています。ガスコンロとは違うIHならではの火力についても詳しく説明しています。ビタミンカラーがキッチンインテリアに映えて、料理や食卓を楽しいものへ演出してくれるでしょう。

ルクルーゼはIHコンロに使える?オーブンは?使い方を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1ルクルーゼについて
  2. 2ルクルーゼの美味しくなる秘密とは?
  3. 3ルクルーゼはIH対応で使えるか?:比較や品質
  4. 4ルクルーゼはIH対応で使えるか?:IH対応ルクルーゼ鋳物ホーローウェアの特徴
  5. 5ルクルーゼはIH対応で使えるか?:IH対応ルクルーゼ鋳物ホーローウェアの性能
  6. 6ルクルーゼはIH対応で使えるか?:注意点
  7. 7ルクルーゼはIH対応で使えるか?:電磁調理器具としても最適なルクルーゼ
  8. 8IHやガスで調理したルクルーゼの手入れ法
  9. 9ルクルーゼはオーブンが使える?
  10. 10ルクルーゼIHのまとめ

ルクルーゼについて

鋳物ホーロー鍋と言えばルクルーゼです。鍋が定番ですが、今やさまざまなキッチンウェアを展開しています。カラーも豊富で、キッチンを統一することができ、ディスプレイとして飾る収納をしてもおしゃれに見えます。そんなルクルーゼに着目し、IHコンロに使える?オーブンは?という疑問も解決しています。また、ルクルーゼの使い方も詳しく解説しています。それでは、まずルクルーゼという商品について説明します。

ルクルーゼの美味しくなる秘密とは?

ルクルーゼは鍋などのキッチンウェアの商標で、日本ではル・クルーゼジャポンが保有しています。商品としてのル・クルーゼは、フランス社のLE CREUSETが作る特殊な複数層ホーロー加工の鍋などの製品群を指します。特徴としては熱が逃げにくく、焦げにくく、材料を入れても温度が下がりにくいといった長所を持っています。現在、多くの料理愛好家などに親しまれている商品です。

ル・クルーゼ社の創業は、1925年北フランスのエーヌ県、サン=カンタン市郊外の小さな街フレノワ・ル・グランにル・クルーゼの本社があります。「クルーゼ」とはフランス語で「坩堝るつぼ」を意味します。高熱でどろどろに溶かした鋳鉄を型に流し込む製法を表している「クルーゼ」に定冠詞の「ル」をつけて「ル・クルーゼ」の社名は誕生しました。そして今日まで機能的かつ、さまざまな種類の鋳物ホーロー製品を生み出しています。

ルクルーゼは、使ってみてその良さを知ると言います。素材の雑味は逃しながら、旨みと栄養をしっかり閉じこめるから、美味しくて体に嬉しい料理が失敗なく作れます。しかも毎日使っても100年でも持ちこたえる丈夫さがあります。ルクルーゼは鋳物ホーロー鍋のパイオニアであり、到達点です。世代を超えて受け継がれる鍋、それが百年鍋と呼ばれる理由だそうです。そんなルクルーゼの美味しくなる秘密を紹介します。

優れた熱伝導と蓄熱性

鋳物の最大の特徴は、優れた熱伝導と蓄熱性です。ゆっくりムラなく熱が入るので、食材が煮崩れることなく、甘みや旨みを最大限に引きだします。これにより、料理が冷めにくく料理を温かく保ちます。ルクルーゼは鋳物なのでフタも本体も重さがあります。しかし、この重さが熱伝導と蓄熱性を最大限に引き出します。

ドームエフェクト(ドーム型のフタ)

長年の研究で進化してきたドーム型のフタは、熱と蒸気が食材を包み込むように対流します。フタの重みで食材の旨みを逃がさないように対流させることによって、均等に火が通り、美味しさを包み込んでくれます。また、火を止めた後もしばらくは余熱だけで熱が通り、ふっくら美味しく出来上がります。

スチームコントロール

フタの3か所にある細かなスチームポイントが、ゆっくり均一に蒸気が抜けるため、素材の雑味を外に逃し、旨みだけを引きだします。ルクルーゼは無水鍋のように、水を加えなくても野菜などから含まれる水分だけで煮込むこともできるくらいに、材料を均等に煮込むことができます。

エナメルへのこだわり

長年のエナメルコーティング技術開発で、エナメルの美しい色づくりはもちろん、耐久性や使いやすさも追求しています。臭い・汚れがつきにくく、耐衝撃性も進化しています。「研磨作業」は特殊技術を用いて鋳物表面を均一に研磨します。これによって、エナメルコーティングが付きやすくなります。さらに、急激な温度変化に強くなり、衝撃に対する耐性も向上し、耐色素沈着性も向上し、手入れが楽になりました。

厚みのコントロールが非常に重要な1層目の「ベースコート」を、850℃で焼き付けることにより耐久性・保温性を高めます。次に2層目の「カラーコート」を、800℃で焼き付けます。自然由来の原料を使い、特殊な技術で鮮やかな色を再現する技術は、他社も真似できないルクルーゼの真骨頂です。

ルクルーゼはIH対応で使えるか?:比較や品質

ルクルーゼはIH対応で使えるか?の疑問ですが、使用できる熱源は直火はもちろんのこと、IHクッキングヒーターも使えます。また、ハロゲンヒーターやオーブンにも使用できますが、電子レンジでは使用できないので注意が必要です。

IH対応のルクルーゼの鋳物ホーロー製品は、手作りの工程が多いため、一品ごとに色ムラ、気泡、突起などの個性が表れますが、使用にはなんら差し支えありません。このような個性は品質を損なうようなものではない為、ル・クルーゼジャポンでは良品と判断していますので了承下さい。

ルクルーゼはIH対応で使えるか?:IH対応ルクルーゼ鋳物ホーローウェアの特徴

IH対応ルクルーゼの鍋は、世界50か国以上の多くのユーザーに愛されている鋳物ホーロー製品です。1つ1つが熟練された職人による完全な手作りで、鉄製鋳物を芯として内側に2層、外側に3層にもなるIH対応のルクルーゼの鍋は4mmもの厚みとなり、非常に優れた熱まわりと保温性を見事に実現しています。また、ビトロプラスと呼ばれるIH対応のルクルーゼの底面構造は、表面を滑らかに平らに仕上げてあります。

それにより直火、オーブンはもちろん、IH対応やハロゲンヒーターなど、熱源を選ばずに調理が可能です。IH対応のルクルーゼは非常に優れた機能や性能と合わせ持っている上、世界中のたくさんの国々の客に支持されてきたことを考えると、IHクッキングヒーターの普及と共にルクルーゼが「鍋の王様」と呼ばれているのも納得です。鋳物のずっしりした重みと厚みがIH対応ルクルーゼの美味しさの秘密です。

ルクルーゼはIH対応で使えるか?:IH対応ルクルーゼ鋳物ホーローウェアの性能

IH対応のルクルーゼ鍋のフタのつまみは、230℃まで耐熱性があり、オーブンでも対応しています。庫内の狭いオーブンレンジなどは、熱源との間が非常に近くなりますので、200℃以下での使用をおすすめします。IH対応ルクルーゼのフタの重みで、吹きこぼれしにくく、旨みや栄養分も逃しません。また、保温性にも優れているので、料理が冷めにくくなります。他にも厚い底が熱を均等に伝え、料理を美味しく仕上げます。

IH対応ルクルーゼの製品は特殊3層ホーロー加工をしているので、耐久性はもちろん、より優れた保温性を発揮します。また内側はグリーセマイユと呼ばれる、エナメル質のホーローがけをしているので、煮物はもちろん揚げ物や炒め物など、どんな料理方法にも対応します。また、鍋のフチの部分はベースコートだけを使用しているので、加工時に黒い点が残る場合がありますが、使用に差し支えはありません。

ルクルーゼはIH対応で使えるか?:注意点

IHクッキングヒーターを使用する際の注意点は、IHは高性能のものが多く、ガスに比べると熱量が大きい場合が多々あります。基本的には「鍋が温まるまでは中火で、それ以降は弱火で調理」に変わりはありませんが、中火は800W以下を守りましょう。ただし、お湯を沸かす際など、水分が十分に入っている状態であれば、強火(1000~1300W)で使用しても問題ありません。

また、急速に加熱され高温になりやすいIHクッキングヒーターは、食材を入れるまで時間が長いと空焚き状態になったり、焦げ付きを起こす場合があります。点火時には弱火で始めて、様子を見ながら火加減を調節しましょう。

Thumbルクルーゼのフライパンの評判は?寿命や手入れ方法も徹底調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ルクルーゼはIH対応で使えるか?:電磁調理器具としても最適なルクルーゼ

ルクルーゼの商品は、熱が逃げにくく焦げにくいので、料理を入れても温度が下がりにくくなっています。また、鍋の厚みは熱をたくさん保有していますから、ふんわりとした熱が全体に行き渡り、料理を美味しく仕上げます。火を使わないIHクッキングヒーターにも最適です。さらに、ビトロプラスと呼ばれる底は表面が滑らかに処理されていますので、セラミック製のトッププレートなどにも最適です。

ルクルーゼのタジン鍋はIH対応で使えるか?

タジン鍋本体は、IHクッキングヒーター、直火、オーブンで使えるのですが、電子レンジでは使用できません。フタはストーンウェア製なので、電子レンジで使用できますが、直火での使用はできません。タジン鍋はゆっくりと弱火で加熱し、充満している蒸気をフタ内部まで冷まし、鍋に水滴として戻す調理方法を得意とする鍋です。オーブン料理では、フタも温められるため、鍋本来の効果が得られなくなります。

IHやガスで調理したルクルーゼの手入れ法

ルクルーゼの鍋やフライパンなどは、定期的に手入れ(メンテナンス)をすることで、長く使えます。鍋の場合、フタのツマミにゆるみがないかどうかを確認し、ゆるんでいる場合はしっかりと手で締めましょう。使い始めの際は、鍋のフチ及び、フォンデュの台に付いているパッキンは、はずして下さい。手作りの為、ホーローがけの際、多少色ムラや小さな気泡が生じることがありますが、先ほども述べたように使用には影響はありません。

最初は弱火で調理するのが原則です。ホーローを保持するため、空焚きや強火で長時間調理しないようにしましょう。また、鍋やプレート、グリルパンなどの製品が高温の時に、水を入れて急冷しないように気を付けて下さい。鍋の場合、オーブン利用温度は230℃以下(オーブンの庫内の大きさによっては200℃以下)にします。230℃以上の高温になると、鍋のフタのツマミが破損する恐れがあります。

調理の際には、ホーローを保持し、長く使うためにも金属製のツールは使わないようにしましょう。ホーローに傷がつく原因になるからです。また、調理中に取っ手の部分が熱くなることがあります。取っ手をつかむ時は、必ず鍋つかみを使用して下さい。ホーローの光沢を持続させ、サビの発生を防ぐ為、洗ったらすぐに拭いて下さい。特にフチの部分は水気を残さないようにしましょう。

他に、ホーローを傷める場合があるので、ナイフなど先の尖ったもので表面をこするようなことは避けて下さい。鍋などが焦げ付いてしまったら、お湯を張ってしばらく置いた後、スポンジと中性洗剤で洗って下さい。特に酷い焦げ付きの場合は、水を張ってその中に重曹を小さじ1杯振りかけて弱火で煮たててしばらく置いた後に中性洗剤とスポンジで洗って下さい。

ルクルーゼの鍋は購入した時点から、ホーロー面をきれいに保つと、いつまでもきれいな状態を維持できます。そのコツとして、調理器具はシリコン製やウッド製のものを使い、強火での使用、急激な温度変化、空焚きに注意下さい。また、汚れや焦げがついたまま使用するとホーローを傷める原因になりますので、早めに洗浄することで、鍋をきれいに保つことができます。

保管する場合はどのようなことに気を付ければ良いでしょうか?それは、保管する時も乾いた布で十分に水分を拭き取って、湿気のない風通しの良い場所に保管します。また、落下を防ぐためにもなるべく低い位置に収納して下さい。さらに、キッチンやリビングのコーナーに見せる収納として三角型の鍋スタンドの「ポットスタンド」を利用して収納するのも良いでしょう。キッチン周りがすっきりします。

ルクルーゼを購入した際に、写真のようなプラスチック・ピンがある付いている場合がありますが、これは出荷の際に製品が傷つかないように保護する為に付いているものです。料理をする時は、プラスチック・ピンを外して使用下さい。セール品の時はこのようなプラスチック・ピンがついていない場合もあります。

写真のような可愛い市販のプラスチック・ピンも販売しています。また、鍋を保管する際にフタと本体の間に挟むことで、通気性を確保でき、サビや傷から鍋を守ってくれます。見た目にも可愛いプラスチック・ピンがあると、大切に使いたくなる効果も出てきます。

ルクルーゼの鍋を購入した際に、このようなロゴシールが貼っていますが、貼ったままか剥がした方が良いのか悩みます。公式サイトによると、シールを貼ったままで使用すると、シールの部分が熱で変形したり焦げたりしますので、使用前に製品に付いているシールはすべて剥がして下さい。シールが剥がれにくい場合はシールのみお湯に浸し、ふやかして取りましょう。食用油をたっぷりと塗り15分放置すると簡単に剥がれます。

ポッツ&パンズクリーナーの使い方

ルクルーゼの商品は、正しい使い方と手入れをすれば、親子代々永く使えるので重宝します。しかし長く愛用していると、こびりつきなど、どうしても汚れが落ちにくくなります。そんな時は、専用のクリーナーを使うと便利です。ルクルーゼ専用クリーナー「ポッツ&パンズクリーナー」は、ホーロー鍋に残ったしつこい汚れや焦げ付き、こびりつきを簡単に落としてくれます。

写真のような、ルクルーゼの鍋のこびりつきや、フチにある全体的な黄ばみをスポンジでこすっても落ちない時に、ポッツ&パンズクリーナーを使います。まず、このクリーナーをよく振ります。次に湿らせたタオルを用意し、クリーナーを少しふくませます。クリーナーの色はオレンジ色です。汚れた箇所をこのタオルで磨きます。外側の汚れも磨きます。それほど力を入れなくても大丈夫です。タオルがだんだん茶色く汚れてきます。

面白いように汚れが落ち、磨きあがったところで、水やお湯ですすぎ洗いをします。汚れの度合いにもよりますが、作業時間は約5分ぐらいで、またピカピカのルクルーゼココット鍋に生まれ変わりました。専用クリーナーはルクルーゼの店舗やネットでも購入できます。保管場所は直射日光が当たらない開閉棚に入れておきましょう。

ホーローが剥がれると有害物質が発生する?

長年使っていると、こびりついた汚れについ力を加えてこすってしまい、ホーローが剥がれてしまう事例がありますが、ホーローが剥がれると有害物質が発生することはありません。ルクルーゼのホーロー製品のガラス質は化学反応を起こしたり、有害物質が溶出することはなく、また鉄部分から出るサビは鉄サビなので、人体への影響はないので安心して下さい。

剥がれの生じていない部分にも負担がかかり、剥がれ部分が使用によって広がる恐れがあります。炒め物や汁気の少ない料理、焦げつきやすい料理は避け、具材の多い煮物やスープに使用下さい。また、茹で物や揚げ物専用鍋としての使用も可能です。なお、剥がれた部分が気になるようであれば、底全体にオーブンシートを敷いて煮物や炒飯などに使えます。ホーローがかけた部分にサビが発生しないよう、水気をしっかり拭きましょう。

ルクルーゼはオーブンが使える?

ルクルーゼのストーンウェアは、写真の説明のように1200℃の高温で焼き上げられた炻器です。気孔含有率が極めて低い為、水分が浸透しにくく傷がつきにくい上、オーブン料理も使えるので魅力です。サラダ、デザートまで、できたてをそのまま食卓へ出せるのが人気です。特にストーンウェアは、電子レンジにおいても使用可能で、オーブンにおいては260℃まで加熱できます。冷蔵庫、冷凍庫での保存もでき、耐冷温度は-20℃です。

耐熱温度差は180℃です。耐熱温度範囲内でも、急激な温度変化は破損の原因になります。取扱いには注意が必要です。汚れが落ちやすく手入れが簡単です。また、食器洗い乾燥機に対応しています。水分を吸収しにくいので、繰り返し料理に使っても匂いが付きにくく、清潔に使用できます。キッチンテーブルを彩る美しいカラーは、ルクルーゼの鋳物ホーローウェアとのコーディネートが楽しめます。また、圧力鍋に使用できます。

しかし、ストーンウェアシリーズの性能で、直火とIHクッキングヒーター、グリル(魚焼き器)には使用できるかは、残念ながらできないので、注意して下さい。ルクルーゼ商品を購入の際は、絵表示と共に対応案内が記しているので、必ず確認してから買うようにしましょう。

ストーンウェア製品を使ってオーブンで調理をしていたら、破損してしまったというケースがありましたが、オーブンのスチーム、熱風、自動メニュー設定機能は、機種によって300℃以上になるものがあります。そのようなときにはストーンウェア製品が破損する場合がありますので、設定温度が260℃以下でもこれらの機能は使わないようにしましょう。必ず手動で260℃以下の温度に設定して下さい。

オーブンの庫内が狭い場合や、熱源に近い場所では、設定以上の温度になることもありますので、熱源から離して使用しましょう。また、耐熱温度範囲内でも急激な温度変化は破損の原因になりますので、取扱いには注意しましょう。

オーブンは何度まで使える?

フタをしたままオーブンに入れる場合は、樹脂製のツマミの耐熱温度は従来モデルが200℃、シグニチャーモデルが250℃です。オーブン使用の際は、手動でそれぞれの耐熱温度を以下に設定して下さい。また、オーブンのスチーム、熱風、自動メニュー設定は耐熱温度以上になる場合もあるので、使用を避けて下さい。ルクルーゼの公式サイトにある「よくある質問」にも記載しています。購入を検討の際には確認すると良いでしょう。

調理した料理を鍋の中で長期保存できる?

料理を入れたまま、しばらく保存する場合は、調理後に本体のフタ部分の水滴をきれいに拭き取って下さい。温かい状態でフタをして保存する場合は、水蒸気により水分が溜まってサビが発生しやすい状態となるので、本体とフタの間に乾いた布巾を挟むことで、サビの発生が軽減されます。特に塩分の高い場合や酸が強い料理は変質や変色の原因となりますので、鍋の中に長時間料理を入れて放置することは避けた方が良いでしょう。

ルクルーゼIHのまとめ

今回は、ルクルーゼはIHコンロに使える?オーブンは?について使い方を詳しく解説しました。ルクルーゼは今や主婦の憧れの鋳物ホーロー商品で、ルクルーゼの特徴や使い方の注意点などが分かりました。ルクルーゼはカラーバリエーションもよく、キッチンインテリアとして飾ってもおしゃれで、料理もそのままテーブルに運べるのでとても便利です。IHコンロを使っている方もそうでない方も、ルクルーゼで料理の幅を広げて下さい。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング