えのきの栄養と効果効能は?冷凍で栄養成分がどうなるか調査!

えのきの栄養成分を知っていますか?食卓での活躍度も高いえのきは、キノコ界の中でも生産量や消費量のトップに立っているキノコの一種になっています。ひょろひょろとした頼りなさげな見た目のえのきですが、実はすごい栄養成分を持っているのです。栄養成分のみならず、えのきの効能には、専門家も注目する効能が詰まっていると言っても過言ではありません。今回は、そんなえのきが発揮する効果や栄養成分、えのきを使ったレシピ等を紹介したいと思います。

えのきの栄養と効果効能は?冷凍で栄養成分がどうなるか調査!のイメージ

目次

  1. 1えのきの栄養成分が知りたい!
  2. 2栄養が期待できる?えのきとはどんな野菜?
  3. 3えのきの栄養が摂取できる旬の時期
  4. 4栄養が満点なえのきの見分け方は?
  5. 5えのきの栄養成分とは?
  6. 6えのきの嬉しい効能を紹介
  7. 7えのきの栄養をしっかり摂る食べ方は?
  8. 8えのきの栄養成分が発揮されるレシピ紹介
  9. 9えのきの保存方法が知りたい
  10. 10栄養満点なえのきを食べよう!

えのきの栄養成分が知りたい!

スーパーで必ず見かけるえのきの栄養成分を知っていますか?白くて細いえのきには見た目に反した栄養成分が多数詰まっています。見た目からは、少し頼りなさそうに見えるえのきですが、えのきの栄養成分や、えのきの効能を知ったらえのきに対する見解も変わってくるであろう驚きの栄養成分を持つ野菜のひとつになっています。みなさんは、えのきをしっかり摂取していますでしょうか?

キノコ類の中でも、比較的安価なえのきは炒め物や味噌汁などレパートリーも豊富な野菜のひとつになっています。えのき特有の食感が好きという方も中には多いことでしょう。また、キノコ類が苦手な方でもえのきだったら食べられるという方も少なくはないのではないでしょうか?今回は、そんな見た目こそ頼りがいはないですが、実は栄養成分がたくさん詰まっているえのきを紹介していきたいと思います。

栄養が期待できる?えのきとはどんな野菜?

えのきは、その見た目の通りキノコ科のキノコの一種になっています。また、日本では一番の出荷数、消費数を誇っているキノコでもあります。キノコ界のエースとも呼ばれるえのきは、キノコの王様でもあるシイタケ以上の生産数を誇っています。では、なぜこのえのきがこんなにも人気を博しているのでしょうか?最近ではぶなしめじも人気を上げてきていますが、えのきの人気は衰えることを知りません。

まず、生産量や消費量がトップの理由のひとつに安価な価格設定が挙げられます。しいたけに比べても安価になっているえのきは、どこのスーパーでも偏りのない金額設定になっているのが分かります。また、チラシ商品のひとつに常に載っているえのきは、一般家庭の食卓を常に飾っているといえるでしょう。もうひとつの理由に、このえのきの栄養成分にあります。ダイエット番組でも、えのきダイエットが流行ったくらいです。

えのきの栄養が摂取できる旬の時期

えのきを食べるのであれば、もちろん旬の時期に食べたいと思う方も多いのではないでしょうか?ですが、スーパーによく行く方は知っているかもしれませんが、えのきの販売は1年中販売がされています。実は、ここ最近のえのきは、ほとんどが人工栽培されているため年中収穫時なのです。そのため、えのきには旬というものはそこまで確定されておらず、いつでも美味しいえのきが食べられるのもえのきの魅力と言えるでしょう。

今ではそこまで販売のされていない「天然えのき」の場合は、10~11月頃が旬の時期だと言われていましたが現在この天然えのきの数も減少し、人工栽培のえのきが強くなってきたことから、天然えのきを見る機会も減りました。栽培えのきは、今や北は北海道、南は沖縄まで全国区で栽培がされています。そのため、栄養成分が沢山入っているにも関わらず生産農家が多いゆえに、安価で大量のえのきの販売が可能になったのです。

栄養が満点なえのきの見分け方は?

せっかく食べるのであれば、栄養豊富で美味しいえのきを食べたいと願いますが、えのきの見分け方をみなさん知っていますでしょうか?えのきは見た目もそこまで変化はなく、農家も同じ場所からの仕入れをしているところが多いのでそこまで味に変化はないのでは?と思われる方も多いようですが、キノコ類は新鮮でない場合は栄養が各段に落ちてしまうともいわれています。これはえのきに関わらずキノコ類全てに言えることです。

まず、えのきを選ぶ際に一番に注目してほしいポイントが色がきれいで鮮やかな白である点を確認しましょう。また、元気があるしゃきっとしているえのきは栄養も豊富に含んでいます。その逆に、少し黄色味が出てしまっているえのき、ふにゃふにゃとしているえのきはあまり選ばない方がいいです。この白さなどを見る際に袋にも注目しましょう。袋に水分のついていないえのきを必ず選ぶようにしましょう。

少し難易度の上がる見分け方ですが、えのきの傘が小さくしっかり締まっているえのきを選びましょう。スーパーでは、少し真空がされている場合もあるので、この見分け方は少し難易度が上がりますが、なるべく傘が広がっていないえのきを選ぶのがおすすめです。傘の締まったえのきは、小さく小ぶりな印象を受けますがその分栄養成分はしっかり詰まっていると考えられるでしょう。

そして、最後に見て頂きたいポイントが生産地になります。全国各地で生産のされているえのきですが、生産地が自分の住んでいる場所から遠くない産地のえのきを選びましょう。全てに当てはまることではないですが、生産地が近いということはその分、出荷にかかる時間も短いので新鮮であるという定義があるようです。

えのきの栄養成分とは?

えのきの栄養成分:ビタミンB1

ビタミンB1が不足してしまうと、疲労感に襲われたり倦怠感に襲われてしまいます。そんな疲労にも役立つのが、このえのきにたくさん含まれていると言われているビタミンB1なのです。糖質をエネルギーに変えてくれる力も持ち合わせているので、大きな仕事など体力を消耗するイベント前に、このビタミンB1を摂取しておくことがおすすめです。

えのきの栄養成分:ビタミンB2

ビタミンB2も、ビタミンB1と同じく糖質をエネルギーに変えてくれますが、それだけではなく脂質やタンパク質もエネルギーに変えてくれます。ビタミンB1とビタミンB2が両方栄養素として含まれているのが、このえのきになっています。

また、ビタミンB2は子どもにはなくてはならない栄養素になっています。子どもの内に、このビタミンB2が不足してしまうと成長遅滞に繋がってきますので、子どもにもぜひ摂取してもらいたい栄養です。

えのきの栄養成分:ナイアシン

ナイアシンは、ビタミンB3とも呼ばれている栄養素のひとつになっています。このナイアシンはアルコールの代謝に欠かせない成分なので、お酒の場で居酒屋などにえのきの料理が多くあるのもうなづけます。

えのきの栄養成分:ビタミンD

ビタミンDは子どもからお年寄りまで摂取が進められている栄養素のひとつです。効能でも紹介しますが、このビタミンDは、骨を強くする働きをしてくれます。骨には必要不可欠な栄養素のひとつとしても注目されており、血中カルシウムの濃度をコントロールしてくれる働きがあるので、骨が作られていく子どもから、老後に向けて骨を強くしたい方、骨粗鬆症の気になるお年寄りまで必須栄養素といえるでしょう。

えのきの栄養成分:食物繊維

緑黄色野菜に多く含まれている印象を受ける食物繊維ですが、えのきにも十分な食物繊維が含まれています。食物繊維は、腸内の働きを活発にするので腸をきれいにするという効果も持ち合わせています。

Thumbえのきダイエットの効果は?痩せた口コミから効果的な方法を調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

えのきの嬉しい効能を紹介

えのきの効能:がん予防効果

野菜のそれぞれに、がん予防と呼ばれる効能を持っている野菜が多いですが、えのきはがんの中でも悪性になりやすい胃がんの予防効果があると言われています。発生リスクが低くなるという結果も出ているので、予防として、えのきを食べてみてはいかがでしょうか?

えのきの効能:骨粗鬆症予防効果

前述でも述べましたが、ビタミンDの効果により骨粗鬆症の予防にも効果を発揮します。カルシウムの吸収が各段に上がることで、カルシウム不足を解消し、骨に元気を与える効果のあるビタミンDが骨粗鬆症の予防として取り上げられています。細く弱々しいえのきですが、骨にまでも影響のある栄養素を持っていることに驚く方も多いのではないでしょうか?

えのきの効能:認知症予防効果

えのきになぜ認知症予防の効果があるのか不思議に思う方も多いことでしょう。えのきの認知症予防効果が発揮されるポイントが存在しており、そのポイントは、えのきをしっかりと咀嚼することでえのきの成分が吸収されることにより発揮する効能と言われています。しっかりと吸収されることにより、悩にドーパミンやアドレナリンの分泌を促す働きがあります。

悩の働きを活発化させることによって、認知症予防という効能を発揮するようです。また、認知症の症状の改善にも繋がってくる効能を発揮します。

えのきの効能:腸活効果

えのきに含まれている食物繊維が腸を整えてくれるのはもちろんのこと、食物繊維のみならず、えのきに含まれているというエノキタケリノール酸というものがえのきには存在しています。そのエノキタケリノール酸が腸内に存在する油が血中に吸収されてしまうのを防いでくれます。このエノキタケリノール酸以外にも、キノコ類が持っている成分のキノコキトサンは老廃物や余分な油を体外へ出す働きを持っています。

えのきに含まれている、食物繊維、エノキタケリノール酸、キノコキトサンの働きにより、腸内がきれいに保たれ便秘の予防ができます。また、便秘の解消により美肌効果にも効果が覿面です。

えのきの栄養をしっかり摂る食べ方は?

えのきのみならず、キノコ類全てに統一して言われている栄養を逃がさない調理方法のひとつとして「水洗いをしない」というものがあります。例外により、マッシュルームとなめこは水洗いした方がいいと言われていますが、その他のキノコについては水洗いは必要ないと言われています。

キノコは水洗いすることにより風味が落ちてしまったり、栄養素が抜き出てしまう可能性があるといわれていますので水洗いはなるべくしないようにしましょう。ですが、水洗いしないと不安という方も中にはいますので、その場合はえのきに関してはボウルに水を張り、傘の部分からえのきの真ん中あたりまでを軽く振り洗いするのをおすすめします。

調理中のポイントのひとつとして、えのきは火の通りが早いので炒め物をする際はサッと火が通る程度に熱しましょう。また、キノコ類は油と一緒に加熱することにより、栄養成分が増し、キノコの栄養成分を効率良く摂取することができます。ですが、えのきも含めたキノコ類は油を吸収しやすいのでコレステロールが気になる方は、少量の油を使用することをおすすめします。

えのきの栄養成分が発揮されるレシピ紹介

えのきの栄養発揮レシピ:ベーコン巻きえのき

えのきの定番メニューでもあるベーコン巻きえのきは、ベーコンから出る油をえのきが上手く吸収することでえのきの栄養成分を高める効果があるので最高の組み合わせともいわれています。まず、石づきを落としたえのきを適量に裂きます。

ベーコンでえのきを巻き、つまようじなどで刺して止めたら油を少々落としたフライパンで、ベーコンに軽く焦げ目がつくまで焼きます。その後、塩コショウ、粉末のコンソメを少し振りかけたら出来上がりです。

えのきの栄養発揮レシピ:えのき味噌

えのきのレシピの人気のひとつでもあるのがなめ茸ですが、このえのき味噌も人気を博しています。子どもが大好きな少し甘目の味わいになっていますので、ごはんも進みますしお弁当の片隅にもぴったりのメニューになっています。レシピも簡単になっていますのでぜひ取り入れてみましょう。まず、えのきを2cm幅にカットします。フライパンに、合わせ味噌、しょうゆ、砂糖、水を入れたところにえのきも一緒に入れましょう。

中火でゆっくりと味噌を溶かしていき、汁気がなくなるまで煮詰めたらできあがりの簡単レシピになっています。このえのき味噌は保存も効くので、あと一品欲しいときの助け舟としてもおすすめです。コストが低いえのきなので、量産するのも可能です。

えのきの保存方法が知りたい

えのきの冷蔵保存

えのきは湿気に弱く、また常温での保存もおすすめできません。なので必ず、冷蔵庫または冷凍庫での保存が欠かせません。まずは冷蔵庫で保存する方法を紹介します。冷蔵庫で保存する際ですが、買ってきた袋のままのえのきをそのまま保存してしまうと鮮度もそうですが傷みも早いので、少し手間かもしれませんが、えのきを袋から取り出し、新聞紙でくるみます。くるんだえのきをビニール袋に入れて保存しましょう。

この新聞紙にくるむ際ですが、絶対に行ってはいけないのが「水洗い」です。水洗いしてから保存する方も多くいますが、えのきは水分を含んだまま保存してしまうと栄養価が下がってしまいますので、水洗いはしないで保存を行ってください。

えのきの冷凍保存

えのきの冷凍保存ですが、結論から言いますとえのきの冷凍保存は可能になっています。えのきの冷凍保存ですが、冷蔵保存と同じように袋のまま冷凍してしまう方法はおすすめできません。えのきを冷凍する方法のひとつとして、まずえのきは石づきを切り落とします。その後、えのきはほぐしましょう。ほぐしたえのきを冷凍にも対応しているフリーザーバックに入れて冷凍庫へ保存しましょう。

冷凍保存したえのきは約1ヵ月程保存ができますので、お味噌汁の具や炒め物などに使用するのがおすすめです。ほぐしたまま冷凍を行っていますので、簡単に取り出して使用することが可能です。また、えのきは冷凍をしていても使用する際に解凍する必要がないので、活用のできる万能食材になります。

栄養満点なえのきを食べよう!

今回は、えのきの栄養成分について紹介しました。えのきの知らない栄養成分や効能について知っていただけたのではないでしょうか?えのきは、見た目以上に栄養成分を含んでいる食材になっています。ぜひ、食卓の一員として迎えてみてください。いつでも美味しく食べられるえのきは、どんなときでも変わらないおいしさを提供してくれます。日常にえのきを取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ