チャパゲティはまずい?美味しい作り方やアレンジ法をチェック!

チャパゲティがまずいという噂について徹底調査しました。チャパゲティの味や、入手できる販売店についても解説しています。詳しい作り方とポイント、美味しいアレンジも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

チャパゲティはまずい?美味しい作り方やアレンジ法をチェック!のイメージ

目次

  1. 1チャパゲティの美味しい作り方とアレンジ方法を伝授!
  2. 2チャパゲティとは?
  3. 3チャパゲティの美味しい作り方
  4. 4チャパゲティのアレンジ方法
  5. 5チャパゲティは作り方やアレンジ次第で美味しく仕上がる!

チャパゲティの美味しい作り方とアレンジ方法を伝授!

チャパゲティは、アカデミー賞を受賞した韓国映画「パラサイト」にも登場した、話題のインスタント麺です。韓国では昔から愛されているロングセラー商品ですが、日本では「まずい」「味がくどい」などの意見も多く聞かれます。

本記事では、チャパゲティが本当にまずいのか調査しました。チャパゲティの美味しい作り方やコツ、アレンジレシピも紹介します。

チャパゲティとは?

韓国で愛されている袋麵

チャパゲティは、辛ラーメンでお馴染みの農心から発売されている、インスタント麺です。発売から30年以上たった今でも、韓国即席麺市場トップ10に入る人気ぶりで、韓国国民から圧倒的支持を得ています。

チャパゲティは、韓国人に最も愛される大衆料理である、チャジャン麺をインスタント化した商品です。麺がスパゲティに似ていることから、チャジャン麺とスパゲティを掛け合わせてチャパゲティという名前が生まれました。

まずいという噂は本当?

韓国人には馴染み深いチャパゲティですが、日本では「まずい」という声も多いです。SNSや口コミサイトでは、「焦げた味がする」「正直言ってまずい」「好みが分かれそうな味」という意見が上がっています。

実際食べた人によると、真っ黒な色に反してぼんやりとした味で、焦げたような独特の風味が感じられるそうです。日本ではチャジャン麺自体を食べ慣れない人が多いため、どうしてもまずいという評価に繋がりがちです。

ただ、一口目は「まずい」と感じても、食べ進めるうち、独特の味がヤミツキになったという方も多いです。チャパゲティが本当にまずいかどうかは、実際に食べて確かめてみてください。

日本でも入手可能

韓国映画の効果でブームになっているチャパゲティは、日本でも購入することができます。実店舗では、ドンキホーテやイオン、韓国食材店などで販売されています。ただ、チャパゲティは人気が高いため、売り切れになっているケースも多いです。

Amazonや楽天市場などのインターネット通販でも手に入れることができます。送料がかかる分店舗で購入するよりは割高ですが、在庫が豊富にあるため手に入れやすいようです。

チャジャン麺・ジャージャー麺との違い

チャジャン麺とジャージャー麺の違いは、味付けと具材です。チャジャン麺は、中華料理のジャージャー麺から派生して生まれた麺料理です。一般的に茹でた麺の上に、豚肉や玉ねぎを炒めて作った真っ黒なソースがかかっています。ソースは黒豆から作った春醤という味噌がベースで、辛いものが多い韓国料理の中では珍しい甘めの味付けです。

チャジャン麺が「焦げた味がする」というのは、黒豆の香ばしい風味がする春醤によるものです。たっぷりの油で具材を炒めるため、油の旨みも加わり、「くどい」と感じる方もいるようです。

一方のジャージャー麺は、茹でた麺の上にひき肉が、たっぷり入ったソースがかかった麺料理です。店によって異なりますが、きゅうりの千切りや長ネギ、卵などがトッピングされています。ソースは甜麺醤や豆板醤を使用して作られるため、ピリ辛の味わいが特徴です。

日本では違いを区別するために、チャジャン麺を韓国風ジャージャー麺と表現することもあります。どちらも麺に味を絡ませると美味しいので、ソースと麺をしっかり混ぜてから食べましょう。

チャパゲティの美味しい作り方

内容物・作り方はシンプル

チャパゲティの袋を開けると、麺と3つの小袋が入っています。小袋はかやく、顆粒スープ、オリーブオイルです。かやくは麺と一緒に茹で、顆粒スープとオリーブオイルは味付けで使用します。

チャパゲティの作り方は至って簡単で、沸騰させたお湯で麺とかやくを茹で、5分程煮ます。お湯を捨てたら、顆粒スープを入れて麺にしっかりと絡ませます。最後にオリーブオイルをかけ、さっと混ぜたら完成です。

ポイント①鍋によって水の量を調節する

チャパゲティは、鍋でもフライパンでもどちらでも作ることができます。注意点としては、使用する道具によって、水の量を変えるということです。鍋で作る場合は、メーカーが推奨している600mlほどのお湯を用意してください。

フライパンで作る場合は、200mlほどお湯の量を減らしましょう。フライパンの水を少なめにすると、麺が茹で上がった際に水分が程よく飛んで香ばしく仕上がります。道具によって風味が変わるため、どちらが好みか両方試してみると良いでしょう。

ポイント②必ず沸騰したお湯で作る

チャパゲティの麺を茹でる際は、お湯が沸騰するのを待ってから麺を投入してください。沸騰する前に麺を入れてしまうと、麺が一気に水分を吸ってしまい、食感が悪くなります。またインスタント麺がうまく湯戻りせず、茹でムラが出てしまいます。

沸騰した目安は、鍋のお湯がぐらぐらと沸き立つくらいです。お湯がポコポコし始めた程度だと、まだ沸騰していません。チャパゲティを美味しく食べるためには、必ず熱湯で茹でるようにしてください。

ポイント③お湯を少し残すことも大切

チャパゲティは麺を茹でた後にお湯を捨てますが、この時大さじ3杯程度のゆで汁を残しておいてください。お湯を全て捨ててしまうと、麺と顆粒スープがうまく絡まず、味気ない印象になってしまいます。少し湯を残した状態で麺と顆粒スープを混ぜることで、麺にしっかりと味が行き渡ります。

フライパンで作る場合は、お湯が少なくなってきた頃に顆粒スープを入れて混ぜると良いでしょう。

ポイント④しっかり混ぜる

チャパゲティの麺と顆粒スープは、しっかりと混ぜ合わせましょう。チャンジャン麺もそうですが、しっかりと麺に味を行き渡らせることで、美味しく食べることができます。麺に顆粒スープを入れて少し混ぜると薄い茶色になりますが、まだここで混ぜるのを止めないでください。

そのまま混ぜ続けると、チャパゲティが全体的に濃い焦げ茶色になります。濃い焦げ茶色になったらオリーブオイルを回し入れ、さっと混ぜたら完成です。チャパゲティを食べて「まずい」という評価をした人は、麺と顆粒スープが混ぜ足りないことが原因です。美味しいチャパゲティを食べるためには、しっかりと混ぜることを大切にしてください。

チャパゲティのアレンジ方法

映画で話題の「チャパグリ」

チャパゲティのおすすめアレンジは、何といっても映画で話題のチャパグリです。映画ではセレブ主婦のために家政婦がチャパグリを作るというシーンで登場するため、ステーキ肉が使用されています。チャパグリを作るためには、ノグリという辛味の強いインスタント麺も用意してください。

作り方は鍋に湯を沸かし、チャパゲティとノグリの麺とかやくを茹でます。それぞれの顆粒スープを入れてよく混ぜてください。この時麺のゆで汁を少量残しておき、麺と顆粒スープをしっかりと絡めましょう。最後に別で焼いておいたステーキ肉をトッピングしたら完成です。お好みでねぎを散らすと彩りが良くなります。

辛いもの好きにおすすめ「プルダッゲティ」

チャパゲティの人気アレンジに、プルダッゲティがあります。プルダッゲティは、チャパゲティと激辛なプルダックポックンミョンというインスタント麺を組み合わせたアレンジです。作り方はチャパグリとほぼ同じで、2つの麺とかやくを茹で、しっかりと混ぜ合わせたら完成です。

甘味のあるチャパゲティと合わさることで、辛味が少し和らぎ、美味しく食べられると評判です。

ごはんを入れて食べる「汁あり」

チャパゲティの袋の後ろにも載っている公式アレンジが、ごはんを入れる食べ方です。鍋に450mlのお湯を沸かし、麺とかやくを入れて4分茹でます。汁が残っている状態で顆粒スープとオリーブオイルを入れ、よく混ぜます。最後にごはんを入れて、しっかりと混ぜ合わせたら完成です。

香ばしいスープとご飯の相性が抜群で、雑炊感覚で食べることができます。ご飯を入れることでボリュームアップするので、「インスタント麺1袋では物足りない」という方にもおすすめのアレンジです。

チーズや卵をちょい足しするだけでも美味しい

若者に人気のアレンジが、チーズのちょい足しです。出来たてのチャパゲティの上にスライスチーズをのせ、少しチーズが溶けたら完成です。チーズを足すことでコクが増し、非常に美味しいと評判です。半熟の目玉焼きをトッピングし、卵の黄身と麺を絡めて食べるのもおすすめです。

チャパゲティは作り方やアレンジ次第で美味しく仕上がる!

チャパゲティは、韓国では国民的人気のインスタント麺です。日本では評価が分かれますが、ポイントを押さえて作ることで美味しく食べることができます。ぜひ一度、本記事で紹介した作り方を参考にして作ってみてください。他のインスタント麺との合わせ技や、ちょい足しアレンジもおすすめです。

Thumbサリ麺は韓国の人気インスタント麺!鍋のシメなどおすすめレシピ8選 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb冷麺風そうめんのおすすめレシピ!キムチを入れて本場韓国の味わいを! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb韓国人気グルメのパネチキンとは?画像付きでレシピも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング