バーベキュー食材おすすめランキング25選!変わり種や盛り上がる面白い食材も

バーベキューはこれからの季節、外でみんなでワイワイ盛り上がれる楽しいイベントのひとつです。天気も良くなってくるこれからの季節、家族や気の合う仲間で盛り上がるバーベキューのおすすめ食材をランキング形式で紹介します。いつも焼く食材が肉や野菜だけ、という方にもおすすめの盛り上がる食材や変わり種など面白い食材もランキング入りしています。小さな子供も一緒に盛り上がることができる食材もあるので、ぜひ最後までご覧ください。

バーベキュー食材おすすめランキング25選!変わり種や盛り上がる面白い食材ものイメージ

目次

  1. 1バーベキューの食材を選ぶポイント
  2. 2バーベキュー食材おすすめランキング【お肉】
  3. 3バーベキュー食材おすすめランキング【魚介】
  4. 4バーベキュー食材おすすめランキング【野菜】
  5. 5バーベキュー食材おすすめランキング【変わり種】
  6. 6バーベキュー食材おすすめランキング【盛り上がる面白系】
  7. 7バーベキュー食材おすすめランキング【子供向き】
  8. 8バーベキューのおすすめ食材を参考に

バーベキューの食材を選ぶポイント

これからの季節、気候が良くなってくるとみんなでわいわいバーベキュー を楽しむ機会も多くなってくるでしょう。バーベキューの定番といえば肉と野菜ですが、最近では盛り上がる面白い食材でバーベキューを楽しむ人も多いようです。

定番の食材はもちろん、それ以外にも面白い変わり種の食材でバーベキューをすれば盛り上がること間違いなしです。

バーベキューを盛り上げるためにも、まず基本的な知識を知っておきましょう。食材選びのポイントと下ごしらえの方法を踏まえながら、盛り上がる変わり種や子供も喜ぶ面白い食材を持ってバーベキューに行きましょう!

食材の予算を考える

手のひらの画像と財布のイラスト

バーベキューをするときにまず考えたいのが予算です。予算を決めずに買い出しに行くとついついあれもこれもとカゴに入れてしまい、レジで金額を見て驚くことにもなりかねません。

また、友達や仲間でのバーベキューでは予算を決めることでトラブルを防ぐこともできます。食材を買う予算をあらかじめ決め、予算内に収まるように食材を買うのが基本のポイントになります。

バーベキューは機材も食材も現地で用意してもらい手ぶらで行く方法と、機材のみをレンタルし食材は自分たちで用意する方法機材も食材も自分たちで用意する方法があります。

自分たちで食材を調達する場合の予算の目安は1000円から2000円ほどです。定番の食材を多く揃えれば安くて済みますが、せっかくのバーベキュー、豪華な食材や普段食べない食材を用意するとなるともっと高くなる場合もあります。この予算の目安は、食材のみの予算なので炭やアルコールが含まれるともっとかかることを念頭に入れておきましょう。

家族で行くのか食べ盛りの子供が多いのか、人数は多いのか少ないのかによっても予算は変わってきます。予算の目安を参考に、仲間同士でどのようなバーベキューにするか話し合って予算を組むのがベストです。

食材の分量の目安

バーベキューで迷うのが肉や野菜などの食材の分量です。特に大人数のバーベキューの場合、どのくらい食材を持って行くか迷います。

食材が余っても困りますし、逆に足りなくなるのも困ります。一般的に肉の分量は男性は300g女性は200gが目安になります。

子供は女性と同じ、食べ盛りの子供は男性と同じ分量と考えましょう。大人でもアルコールメインで意外と食べない、女性でも意外と食べる場合もあります。大体の目安として考え、肉以外にも焼きそばやご飯ものがあるのか、果物やお菓子を持って行くのかも考えて用意しましょう。

野菜の目安としては、人参一本、玉ねぎ一個は5人分、キノコは一本で一人分ほどです。グラム数で言えば100gから150gが目安です。もちろん野菜もこの量を必ず全員が食べるわけではありませんから、一つの目安として増減してください。

食材の準備

バーベキューは食材の準備がとても大切になってきます。バーベキュー場では下ごしらえできるよう、炊事場や調理台がある場所もありますが、ない場所もあります。前もってバーベキュー場の確認をしておきましょう。

食材が多い場合は、下ごしらえに時間がかかってバーベキューの時間が少なくなることもあります。肉も切れていないものを買うとうまく焼けなかったり焼くのに時間がかかります。バーベキューで焼く肉は、焼肉用など切れているものがおすすめです。

肉に下味が必要な場合は前日から準備しましょう。野菜も切るだけでなく、茹でた方が美味しく食べられるものは自宅で茹でておきましょう。

お肉と野菜の下ごしらえ

お肉と野菜はあらかじめ下ごしらえしておくことで、バーベキューをスムーズに楽しむことができます。具体的にどんな下ごしらえをすればいいのか見ていきましょう。

お肉の下ごしらえ

肉はあらかじめ、叩いて柔らかくしておき、塩こしょうや焼肉のたれで味付けをしておくと柔らかく美味しいのでおすすめです。特に特売の安くて固いお肉も下ごしらえしておくことで驚くほど美味しくなります。焼肉用の肉の場合はあらかじめ切れてパック詰されているので特に下ごしらえもいらず便利です。

スペアリブの場合は下味が美味しさの秘訣です。それぞれお好みのレシピであらかじめ下味をつけておきましょう。鶏肉はそのまま焼いて塩こしょうで食べてもいいのですが、前もって食べやすいように切って下味をつけておくと、柔らかく味も染みて美味しいです。

塩こしょう、ニンニクやハーブ、オリーブオイルにつけておく他にも、今話題のタッカルビの味付けをするのもおすすめです。チーズを用意すればチーズタッカルビとしても楽しめます。

また、肉を切って串に刺しておく、包み焼き用にアルミホイルに包んでおくなど自宅でできることは事前にやっておくことでスムーズにバーベキューを楽しめます。

野菜の下ごしらえ

野菜も前もって下ごしらえすることで手間や時間の節約になります。自宅で洗って、皮や食べられないところなどは取り除き、切っておきます

火が通りにくいものはあらかじめ電子レンジで加熱するかさっと茹でておきます。じゃがいもは火が通りにくいので茹でると美味しく食べられます。トウモロコシも皮ごと焼く方法もありますが、軽く茹でておくと美味しく食べられます。

玉ねぎはそのままだとバラバラになるので、輪切りにしてさらに半分に切ったものにつまようじを刺しておくとバラけず綺麗に焼けます。

バーベキュー食材おすすめランキング【お肉】

バーベキューの主役といえばやっぱり肉でしょう。子供も大人もみんなが目当てにしている食材と言っても過言ではありません。炭火で焼く肉は格別の美味しさです。みんなでワイワイ食べたい、バーベキューにおすすめの食材「肉ランキング」の発表です!

第4位:スペアリブ

バーベキューにおすすめの食材第4位は豪快に食べたい「スペアリブ」がランクインです。スペアリブといえば骨つきで豪快に食べられるのが魅力の食材です。

アメリカではスペアリブはバーベキューの定番中の定番食材です。スペアリブを漬け込むソースはそれぞれ家庭ごとに味付けがあり、ソースの美味しさを競うコンテストが開催されているほどです。

スペアリブは事前の下ごしらえが必要になってきますが、豪快に食べられるのでバーベキューにもぴったりです。食べ応えもあるのでみんなでかぶりついてください。

第3位:鶏肉

バーベキューにおすすめの食材第3位は「鶏肉」です。バーベキューといえばどうしても牛肉や豚肉が主役となりますが、鶏肉も負けてはいません。

おすすめは手羽先、手羽元、もも肉です。手羽先、手羽元は事前に味付けしておくのがおすすめです。シンプルに塩こしょう、ニンニクやスパイスで大人の味にするのもおすすめです。食べやすい形なのもおすすめの理由です。

もも肉は骨つきを豪快に焼くのがバーベキューらしくておすすめです。塩こしょうやスパイスで味付けし、じっくり焼けばバーベキューの醍醐味を感じられる豪快な見た目に盛り上がること間違いなしです。

第2位:カルビ

バーベキューの定番とも言える食材なのがやはり「牛カルビ」です。牛カルビは焼肉でも一番人気なように、バーベキューでもやはり人気の食材です。

適度に脂が乗り、スーパーで普通に調達できる、焼肉用に初めからカットされ下ごしらえも難しいことは一切なし。炭火で焼いて、焼肉のたれで食べるだけで文句なしの美味しさです。

手軽なのに確実に美味しいのが人気の理由です。大人だけのバーベキューでも、食べ盛りの子供がいるバーベキューでも、小さな子供と一緒のバーベキューでも必ず用意したい、定番中の定番食材です。

難しい下味は必要なし、と言いましたが、余裕があれば焼肉のたれに揉み込むなどすれば、安いカルビでも柔らかくグッと美味しさがアップします。

第1位:牛ステーキ

バーベキューのおすすめ食材ランキング、肉部門の1位は「牛ステーキ」です。バーベキューの楽しみといえば豪快に焼いた食材と、普段は食べられない特別な食材の数々にあると思います。

牛ステーキはそのどちらも満たしてくれる、最高の食材です。普段は高くて手が出ないステーキも、バーベキューで特別に楽しんでしまいましょう。炭火で焼いたステーキは、最高の食材になること間違いなしです。

脂が多いステーキ肉も美味しいのですが、赤身のステーキ肉を豪快に焼くのもおすすめです。牛ステーキは筋切りをして肉叩きなどで適度に叩くのが美味しく仕上げるポイントです。塩こしょうもたっぷり振りましょう。

最初は強火で一気に焼き目を両面につけてから、弱火でじっくり火を通しましょう。焼きあがったらすぐ切らず、しばらく置いておくと肉汁が流れ出るのを防ぐことができます。ぜひ豪快にステーキを焼いて、バーベキューを楽しんでください。

バーベキュー食材おすすめランキング【魚介】

バーベキューには肉は欠かせない食材ですが、海鮮もあると盛り上がる食材です。炭火で味わう海鮮の数々はバーベキューならではです。どんな食材がランクインしているか、バーベキュー 食材おすすめランキング「魚介編」を見ていきましょう!

第4位:ホタテ

バーベキューおすすめ食材ランキング魚介の第4位が「ホタテ」です。殻付きのホタテは美味しさはもちろん、その派手な見た目から盛り上がる食材でもあります。

バーベキューの盛り上げ役であるホタテは、豪快に食べるならやはり殻付きがおすすめです。焼けて殻が開いたところにバターと醤油をたらせば間違いない美味しさです。

もしも殻付きが手に入らない場合は、冷凍のボイルホタテでももちろんOKです。解凍してから焼けば殻付きにも負けず劣らずの、美味しい海の風味を味わえます。

第3位:鮭

バーベキューのおすすめ食材第3位が「」です。鮭といえば自宅では朝食の定番ですが、バーベキューでも意外な美味しさを発揮してくれる食材です。

バーベキューで鮭を楽しむ場合は、塩鮭よりも生鮭の方が好みの味付けにできるのでおすすめです。アルミホイルで鮭と野菜などお好みの食材を包んで焼けば鮭のホイル焼きの完成です。

キノコやキャベツなどが特におすすめの食材です。野菜に鮭の旨味が染み込んで、格別な美味しさです。塩こしょう、醤油にバターもおすすめですが、味噌を使ったちゃんちゃん焼きもバーベキューでは定番です。

もともとちゃんちゃん焼きは北海道の漁師が作っていたとされる豪快な料理です。バーベキューで豪快に焼き、みんなでアツアツを食べましょう。アルミホイルを使っても焼けますが、100均のアルミプレートがあれば調理しやすいでしょう。

いつも魚を食べない子供でも、バーベキューの楽しい雰囲気の中なら食べられるかもしれません。

第2位:いか

バーベキューのおすすめ食材ランキング第2位が「イカ」です。イカは生の以下でも一夜干しでもどちらでもおすすめです。

下処理が面倒なら一夜干しを、見た目重視なら生のイカがおすすめです。生のイカは切れ目を入れて串にさせば屋台のイカの姿焼きのような見た目になります。

一夜干しも炭で焼くことで別格の美味しさになります。イカ焼きにはマヨネーズも欠かせません。ついついビールが進みそうな、つまみにもおすすめの食材です。

第1位:海老

バーベキューのおすすめ食材ランキング魚介編堂々の1位はみんな大好き「海老」です。海老はバーベキューでは定番中の定番、なくてはならない食材です。

まず一番オーソドックスなのが殻付きの海老です。大ぶりで食べ応えもあり、網の上に乗せて焼き上げるだけで歓声が上がる、海鮮の主役です。

普段はあまり食べる機会がない伊勢海老もバーベキューで食べたい食材のひとつです。豪快に焼き上げればみんなの注目を一身に浴びる、まさに一度はバーベキューで食べたい憧れの食材です。

小さなボイルの小エビも負けてはいません。アレンジがしやすく、調理次第ではみんなが喜ぶ料理を作ることも可能です。アルミプレートにオリーブオイルを熱して、アヒージョにしたり、ニンニクたっぷりのガーリックシュリンプにしたりとアイデア次第で盛り上がる食材です。

バーベキュー食材おすすめランキング【野菜】

バーベキューではどうしても隅に追いやられがちな食材が野菜です。主役の座を肉や魚介に奪われ、気づけば真っ黒に焦げていた、なんてこともバーベキューではよく見る光景です。しかし、バーベキューだからこそ美味しく食べられる野菜もあるのです。

普段野菜を食べない子供でもきっと食べてくれるに違いない、バーベキューで食べたいおすすめ食材「野菜編」のランキングです。

第4位:しいたけ

野菜ランキング第4位は「しいたけ」です。いつもは料理の脇役になりがちなどちらかといえば地味な存在であるしいたけですが、焼くだけで旨味が染み出して実はとっても美味しい食材なのです。

石づきを切り取ったら裏返して丸ごと焼くだけ。焦げないよう弱火でじっくり焼きます。そうすると裏返した傘の部分に、旨味の詰まった汁が染み出てきます。こうなったら食べ頃のサインです。

醤油や塩、バターで味付けし、この汁をこぼさないようパクリと食べれば、いつも脇役だったしいたけが主役になる瞬間です。バーベキューではぜひ、肉厚で身がしっかりしたしいたけを選んでください

しいたけが嫌い!という人も多いのですが、じっくり焼いたシンプルなしいたけはぜひ味わって欲しい食材です。

第3位:アスパラガス

アスパラガス」もじっくり焼くことで、いつもと違う美味しさを味わえるおすすめの食材です。肉巻きやベーコン巻きも美味しいのですが、ぜひ試して欲しいのがそのままのシンプルなアスパラ焼きです。

アスパラは焦げないようじっくり焼けば、それだけでご馳走になる野菜です。塩こしょうやマヨネーズで食べましょう。アスパラの旬は春から夏にかけてです。ちょうどバーベキューの時期に美味しくなるアスパラは、新鮮で太く食べ応えのあるものを選んでください。

焼くときは切らずに豪快に一本焼きしましょう。もちろん食べるときも豪快にかぶりついてください。

第2位:とうもろこし

バーベキューに欠かせない野菜として定番なのが「とうもろこし」です。茹でるのも美味しいとうもろこしですが、焼くことでさらに香ばしさがプラスされなんともいえない美味しさです。

火が通りにくいので軽く茹でるなどの下ごしらえが必要ですが、それでも食べたい人気の食材です。焦げないようコロコロ回しながら焼いて、醤油を垂らしてかじりつきましょう。

第1位:長ネギ

バーベキューで「長ネギ」?と驚かれるかもしれませんが、実はネギは焼くことで甘みが増し、信じられないほど美味しくなる食材です。

ネギは決して切らず、丸ごと焼くのが美味しさの秘訣です。弱火でじっくり、時々ひっくり返しながら焼き上げます。皮はあとで取り除くので焦げても平気です

じっくり焼いたネギは、トロッとして甘くていつもの長ネギとは別物の美味しさです。スペインではネギを焼いて食べるお祭りがあるほどで、その美味しさは折り紙つきです。バーベキューでないと味わえない長ネギの丸焼き、ぜひ試してみてください。

バーベキュー食材おすすめランキング【変わり種】

バーベキューではいつもと違う「変わり種食材」を焼くのも、盛り上がって面白いでしょう。趣向をこらした、変わり種ランキングをみていきましょう。

第4位:りんご

バーベキューの変わり種食材でおすすめなのが「りんご」です。作るのが難しそうな焼きリンゴも意外と簡単に作れます。

アルミホイルで包んだりんごに、シナモン、バター、砂糖、クローブなどで味付けします。じっくり焼けば甘くて、柔らかくてジューシーなりんごを楽しめます。

同じくパイナップルやバナナも焼くことで美味しさが引き立つ果物です。肉に飽きた時の箸休めにもなり、デザートとしても楽しめます。

第3位:ニンニク

ニンニク」は豪快に丸焼きにするとホクホクでとても美味しくなる食材です。そのまま食べるのは抵抗があるよ、という方も騙されたと思って一度食べてみてください。

アルミホイルに包み、一個を皮ごと焼きます。火傷に注意しながら皮をむき塩や醤油で食べれば、まるでお芋のようなホクホク食感が楽しめます。一緒に焼く、肉や魚介との相性がいいのも嬉しいポイントです。

ただ、匂いが残るのが唯一の欠点です。次の日に響くので食べる日を考えないといけないのが問題ですが、スタミナ抜群で美味しいのでぜひ変わり種食材として試してください。

第2位:お餅

バーベキューに「」を焼くとはあまり聞きませんが、変わり種としておすすめの食材です。焼きおにぎりや焼きそばはよく聞きますが、餅ってどうなんだろう、と思ったみなさん。

炭火で焼いた餅は表面がサックッと、中はとろりとして自宅で食べるものとは別格の美味しさです。自宅ではレンジで調理している、という人にもぜひ食べて欲しい、変わり種食材です。

持って行くのも手軽という点でもおすすめできます。切れ目が入った個包装の市販の餅なら焼きやすくて手軽です。焼きおにぎり以外に何か、と考えている方にお餅はおすすめです。

第1位:魚の干物

バーベキューにおすすめの変わり種ランキングの1位は「魚の干物」です。バーベキューに魚の干物?と驚くかもしれませんが、実は炭火で干物を焼くととても美味しいと評判なのです。

漁港などの海鮮焼きの店では定番の干物、バーベキューで楽しむのは実はメリットもあります。海鮮を食べたいけれど、食中毒や下処理が心配という方でも気軽に焼けるのが干物です。

ホッケや鯖、さんまもおすすめです。ししゃもも手軽にパクパク食べられるので小さな子供にもおすすめできます。あまり、見た目に映えませんが味は文句なしの美味しさです。

バーベキュー食材おすすめランキング【盛り上がる面白系】

変わり種ランキングの次は、盛り上がること間違いなしの「面白い食材」ランキングです。どれも、これを用意すれば盛り上がると思われる面白いものばかりです。仲間でワイワイ楽しめる、面白いバーベキューにうってつけです。

第5位:パエリア

バーベキューで盛り上がる、面白いメニューが「パエリア」です。パエリアをバーベキューで作れたら、大盛り上がり間違いなしです。

専用の鍋があれば簡単に作れますが、実はアルミホイルでもパエリアは作れます。アルミホイルを破いてパエリアが出てきたら、盛り上がること間違いなしでしょう。

バーベキュー初心者には少し敷き居が高いかもしれませんが、見た目にも鮮やかで美味しいのでぜひチャレンジしてください。

第4位:アヒージョ

バーベキューで盛り上がる面白い料理が「アヒージョ」です。アヒージョは難しいイメージもありますが、アルミ容器やスキレットがあれば簡単に作ることができます。

熱したオリーブオイルに、焼いたキノコやニンニク、エビを入れればあっという間にアヒージョの完成です。バーベキューでアヒージョが食べられるとは、面白くて盛り上がるでしょう。

第3位:カマンベールチーズ

バーベキューで盛り上がる面白い食材の定番が「カマンベールチーズ」です。何が盛り上がって面白いかといえば、アルミの上で放置するだけで簡単にとろける点です。

トロトロにとろけたカマンベールチーズに焼いた肉や野菜、パンなどなんでもつけて食べましょう。とろけるチーズが絡まれば、どんな食材も最高のごちそうになります。カマンベールチーズは今や、バーベキューの盛り上げ役の定番食材です。放置するだけの手軽さも◎です。

第2位:マシュマロ

こちらも、バーベキューで盛り上がる面白い食材の定番「マシュマロ」です。今やバーベキューになくてはならない、必ず用意される食材でもあります。定番ですが面白いと盛り上がるのは間違い無いので、必ず用意したいものです。

焼いてトロリとしたところをそのまま食べるのはもちろん、クラッカー、チョコレートと挟んでスモアにしても文句なしの美味しさです。

第1位:ビア缶チキン

みなさんは「ビア缶チキン」を知っていますか?そのインパクト抜群な見た目から、面白いと盛り上がること必至な料理です。

用意するものは丸鷄、ビール缶、金属のバケツなどで、バーベキュー初心者には少し難しそうに思えますが、下ごしらえさえしてしまえば実は簡単にできます。

鶏肉がちょこんと座ったような面白い見た目とは裏腹に味は格別です。盛り上がる面白い料理ですので一度は作ってみたいものです。

バーベキュー食材おすすめランキング【子供向き】

家族でバーベキューをするときは小さな子供が一緒に参加することも多いでしょう。そんなとき、子供にも楽しんでもらいたい、子供が喜ぶ食材を用意したいと思うことでしょう。最後は「子供も大喜び」のおすすめ食材のランキングです。

第4位:フランクフルト

まずランキング4位が「フランクフルト」です。串に刺さって食べやすく、火の通りも心配いらないフランクフルトは子供がいるバーベキューにあると便利な食材です。

今はスーパーにも切れ目が入り、串に刺さった状態のフランクフルトが販売されています。袋を開けて焼くだけという手軽さも嬉しいポイントです。子供たちのお腹すいた!コールにもさっと対応できる、手軽に焼けるのに美味しいフランクフルトはぜひ用意したい食材です。

骨つきフランクフルトも豪快な見た目でバーベキューならではの食材です。バーベキューならではの食材といえば、ぐるぐるソーセージも子供が喜ぶ食材として人気があります。長いソーセージがぐるぐると巻かれた見た目はまさにフォトジェニック。子供も盛り上がること間違いなしです。

第3位:焼き鳥

子供に食べさせやすい食材として人気なのが「焼き鳥」です。串に刺さった焼き鳥は子供たちでもパクパク食べやすく、用意すればバーベキューで大人気の食材です。

炭火で焼く焼き鳥の美味しさはみなさん想像の通りです。手打ちの焼き鳥は文句なしの美味しさですが、手軽に楽しみたいならあらかじめ串打ちされたものを買うのがいいでしょう。

変わり種としてウズラの卵をベーコンで巻いたものや、ミニトマトの肉巻きなどもあると喜んでもらえるでしょう。子供たちに人気の焼き鳥は、もちろん大人の酒のつまみにも大活躍します。

第2位:ピザ

子供も喜ぶバーベキューの食材ランキング2位は「ピザ」です。ピザをバーベキューで焼くの?と驚かれるかもしれませんが、最近は人気のある食材です。

手作りピザは本格的で文句なしの美味しさですが、いかんせん手間がかかるものです。そんなときは市販の冷蔵ピザを使ってアレンジしましょう。

2・300円で売られている冷蔵ピザをそのまま焼いてもいいのですが、チーズや食材を増し増しにしてボリュームをアップさせるのが盛り上がるポイントです。

ピーマン、玉ねぎ、トマト、きのこ、コーン、えび、ベーコン、ウインナー、もちろんチーズはたっぷり乗せます。具材の盛り付けを子供にお願いすれば喜んで手伝ってくれるでしょう。

炭の上でじっくり焼いたピザはいつもの何倍も美味しく感じられることでしょう。食べ盛りの子供でも満足できる人気の食材です。

第1位:ポップコーン

子供が喜ぶバーベキューの食材第1位が「ポップコーン」です。映画館で食べるだけだったポップコーン、実はバーベキューでも楽しむことができます。

ポップコーンといえば調理したことがある人なら知っていると思いますが、加熱するとポンポンポンポン、コーンが弾ける楽しい音がします。これが子供心を鷲掴みにするのです。

ポップコーン用のコーンをアルミホイルに、バターやオリーブオイルとともに包み火にかけます。焦げないようトングなどで揺すりながら加熱すれば音が楽しいポップコーンの完成です。空き缶を利用した作り方もあります。

市販のフライパン型のポップコーンであれば、そのまま火にかけるだけなのでさらにお手軽です。味付けもコンソメ、カレー粉、バター、塩胡椒、マジックソルト味など工夫してみてください。できたてのポップコーンの美味しさはちょっと驚くほどです。

Thumbバーベキューでピザを焼こう!キャンプでの焼き方から人気の焼き器まで! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

バーベキューのおすすめ食材を参考に

今回はバーベキューで盛り上がる変わり種や面白い食材、子供におすすめの食材を紹介しました。これからの季節、バーベキューを楽しむにはしっかりした下準備が必要です。

どんなバーベキューにするか予算を決めるのも楽しむための大事なポイントになってきます。子供が多いのか、食べ盛りが多いのか、女性が多い、男性が多いでも予算や食材は変わってきます。

みんなで最後まで楽しむためにも、定番食材から盛り上がる変わり種、子供向け食材選びは大切になってきます。バーベキューをみんなで楽しめるよう参考にしてください。

Thumbバーベキューの達人が教えるおすすめレシピ30選!おしゃれで簡単! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb子供も喜ぶバーベキューでおすすめの簡単デザートレシピ20選! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ