ジャイアントコーンのカロリーや栄養・糖質量を紹介!ダイエットむきの食べ方は?

ミックスナッツによく入っているジャイアントコーンですが、じつは栄養豊富でカロリーが低く、ダイエットに効果的ということを知っていましたか?おつまみやおやつとして、フライにして塩味を付けたものが良く販売されていますので、毎日気軽に食べることが出来ます。しかし、ジャイアントコーンには糖質が意外と多く、また、食べすぎるとカロリーの摂りすぎにも繋がってしまうので、美容効果を最大限生かすためのおすすめの食べ方を含めて紹介していきます。

ジャイアントコーンのカロリーや栄養・糖質量を紹介!ダイエットむきの食べ方は?のイメージ

目次

  1. 1ジャイアントコーンは栄養豊富なスーパーフード!
  2. 2ジャイアントコーンとはどんな食べ物?
  3. 3ジャイアントコーンのカロリーや糖質などチェック!
  4. 4ジャイアントコーンのダイエット向きの食べ方
  5. 5ジャイアントコーンの驚くべき効果・効能とは?
  6. 6ジャイアントコーンのおすすめ商品を紹介!
  7. 7ジャイアントコーンを上手に摂りいれてダイエット!

ジャイアントコーンは栄養豊富なスーパーフード!

ジャイアントコーンとは、たまにミックスナッツなどに入っているのを見かけますが、ジャイアントコーンについて詳しく調べたことはないのではないでしょうか?しかし、じつは栄養満点でカロリーも低く、ダイエットにも最適なスーパーフードということが、最近注目されています。ここでは、そんな低カロリースーパーフード「ジャイアントコーン」について、詳しく紹介していきます。

特に、ダイエット中の人はカロリー表示を気にして食べるものを選ぶことが多いですが、ジャイアントコーンの気になるカロリーについても詳しく紹介していきます。カロリーだけでなく、美容に効果のある栄養素を多く含む食品としても人気を集めているので、効果的な食べ方についても紹介します。

ジャイアントコーンとはどんな食べ物?

とうもろこしの一種で種子が大きい

ジャイアントコーンとは、正式名称を「ペルビアン・ホワイト・ジャイアントコーン」と呼ぶ穀物の一種です。トウモロコシの一種であり、種子が白くて大きいのがジャイアントコーンの特徴となっています。ジャイアントコーンの種子は普通のトウモロコシの2倍以上あるのですが、房の大きさは普通のトウモロコシとあまり変わらないので、不思議な感じがします。また、カロリーはトウモロコシよりも少し低めです。

ジャイアントコーンはペルーの一部地域でしか作られない

トウモロコシの一種であるジャイアントコーンの原産地は、ペルーの中南部・ウルバンバ地方のクスコからウルバンバ村の周辺です。トウモロコシの原産地も南米のメキシコ周辺なので、ジャイアントコーンとトウモロコシの繋がりを感じます。しかし、ジャイアントコーンとトウモロコシが違う点は、生産可能な場所にあります。

トウモロコシといえば、原産地はメキシコですが、遠く離れた日本でも生産しています。毎年夏になるとスーパーマーケットにもたくさん並び、焼きトウモロコシなどにして食べるのが日本の夏の風物詩ともなっているほど、日本に定着しています。しかし、ジャイアントコーンはペルーの中南部・ウルバンバ地方のクスコからウルバンバ村までの標高3500m~2900mのごく限られた地域でしか生産することができないのです。

ジャイアントコーンは日本での生産ができない

先ほど紹介したように、ジャイアントコーンはペルーの中南部・ウルバンバ地方のクスコからウルバンバ村までの、標高3500m~2900mのごく限られた地域でしか生産することができないのが特徴です。そして、そこ地域から少しでも外れてしまうと種子が大きくならず、その原因が不明の珍しい食品となっています。

そのため、トウモロコシとは違い、ジャイアントコーンは日本での生産ができません。このようなことを聞くと、ジャイアントコーンについてもっと知りたくなってきませんか?この後、さらに詳しく紹介していきます。ジャイアントコーンの気になるカロリーや栄養、さらには糖質の量、ダイエットに効くかどうかまで、ぜひ参考にしてみて下さい。

フライして味付けしてあるからおつまみやおやつに

ジャイアントコーンは、原産地であるペルーの中南部・ウルバンバ地方のクスコからウルバンバ村では毎日食べられているポピュラーな食品で、現地ではスープに入れたり、茹でたり蒸したりしたものを肉料理やサラダの付け合せにしたりすることが多いようです。炭水化物を多く含むので、効果的にカロリーを摂取できます。また、すり潰して挽肉などの具材にかけ、オーブンで焼いたグラタンのような料理にすることもあります。

生で食べるジャイアントコーンは、味はジャガイモのようでありながら、トウモロコシの甘さも感じる風味となっています。茹でトウモロコシのように茹でても美味しく頂けます。しかし、日本で手軽に手に入るジャイアントコーンは、フライして味付けしてあるものが多いです。おやつやお酒のおつまみとして親しまれていますので、一度は食べたことがある人が多いのではないでしょうか?

そんなジャイアントコーンは、油で揚げてあることから、何となく食べると太りそうというイメージを持っている方は多いでしょう。しかし、ジャイアントコーンは栄養が豊富でカロリーも低く、ダイエット中の方にもぜひおすすめしたい食品となっているので、この後詳しく紹介していきます。是非これを見て、ジャイアントコーンの魅力について知っておきましょう。

ジャイアントコーンのカロリーや糖質などチェック!

それではここから、気になるジャイアントコーンのカロリーや糖質について紹介していきます。100gあたりや、1粒あたりのカロリーを紹介していくので、自分の年代での一日の摂取カロリー等と比較してみましょう。その他ナッツ類のカロリーとの比較も紹介するので、ナッツを買う際の参考にもしてみて下さい。ジャイアントコーンのカロリーをマスターして、毎日の摂取カロリー計算に役立ててみましょう。

ジャイアントコーンのカロリーは?

それではここで、気になるジャイアントコーンのカロリーについて紹介します。おつまみなどで調理されている、ジャイアントコーンのフライなどであれば「100グラム当たり435キロカロリー」となっています。ちなみに、ご飯で100グラム当たり168キロカロリーなので、たくさん食べすぎると太ってしまうのは言うまでもありません。そのため、ジャイアントコーンを食べる時はカロリーの摂りすぎにならないよう、1粒ずつゆっくりと食べるのがおすすめです。

また、ジャイアントコーンの1粒のカロリーは約4.4キロカロリーとなっています。ちなみに、他の豆類100グラム当たりのカロリーを紹介すると、アーモンド600キロカロリー、カシューナッツ575キロカロリー、マカダミアナッツ710キロカロリー、クルミ604キロカロリー、ヘーゼルナッツ684キロカロリー、ピーカンナッツ702キロカロリー、ピスタチオ601キロカロリーとなっています。

他に流通している豆などと比較すれば、ジャイアントコーンのカロリーは低めに感じられます。フライして塩味が付いているので、気が付くとパクパクと大量に食べてしまっているということも良くありますが、ジャイアントコーンは他の豆類に比べればカロリーが低いので、その点ではダイエットに嬉しいです。

ジャイアントコーンの糖質は?

そして、最近よく「糖質制限ダイエット」という言葉を耳にすることが増えました。この理由は、糖質をたくさん摂りすぎると脂肪に変わってしまうためで、カロリーだけでなく糖質を抑えた食品が人気を集めています。ジャイアントコーンの糖質はどのくらいかというと、1粒で約0.67gとなっています。糖質は比較的高めなので、糖質制限をしている人や糖尿病の傾向がある人は、あまり大量のジャイアントコーンを食べないことをおすすめします。

ジャイアントコーンの栄養価について

最近、低カロリーでありながら栄養価の高い「スーパーフード」として注目を集めているジャイアントコーンですが、その栄養価はどのくらいなのでしょうか?ジャイアントコーンと同じくペルー原産のスーパーフードとしては、「キヌア」「マカ」などが有名です。そのため、ジャイアントコーンにも素晴らしい栄養が含まれていそうです。

ジャイアントコーンに含まれる主な栄養素としては、タンパク質が100g当たり5.7g、食物繊維は10.5g、ナトリウムは430mg、カリウム110mg、リン180mgとなっています。また、鉄、亜鉛、マンガンなどのミネラルやビタミンB2やビタミンEなども豊富に含まれているので、カロリーを気にしつつ、定期的にジャイアントコーンを食べるようにすれば、美肌や便秘解消の働きを実感することができます。

ジャイアントコーンのダイエット向きの食べ方

1日の摂取目安量は50g程度

ジャイアントコーンは基本的にフライして味付けしてあるため、スナック感覚で食べ進めてしまいがちです。そのため、カロリーの摂りすぎを防ぐためにもダイエット中は、1日の摂取目安のうちから数粒ずつゆっくり食べるよう心がけるのがおすすめです。1日のジャイアントコーンの摂取量の目安としては50g程度、約50粒ほどがちょうどいい量となります。カロリーに換算すると220キロカロリーとなりますので、おやつとして適量です。

ジャイアントコーンは、美肌を作ってくれたり便秘解消、運動を行う前の栄養補給としてや疲労を回復させることにも役立ちますので、毎日50グラム程度の適量を食べ続ければ、きっと長期的に健康を保ってくれることでしょう。ぜひ、カロリーに気を付けながら、毎日の生活に少しのジャイアントコーンを取り入れてみて下さい。

糖質が多めなので食べすぎには注意

ジャイアントコーンには、1粒で約0.67gの糖質が含まれています。ちなみに、ご飯1杯分の糖質は55.1gなので、ジャイアントコーンも90粒程度食べれば、ご飯に1杯の米を食べたのと同じことになってしまいます。ジャイアントコーンはミックスナッツに入っていることが多く、テレビを見ている時やパソコンで作業をしている時など、ついつい口が寂しくなってジャイアントコーンを食べてしまうということは多いです。

そのため、気付くとミックスナッツが1袋無くなっていたということも多いのではないでしょうか?しかし、ジャイアントコーンには糖質が多く含まれるので、食べる時には量を決めて食べるなど、ダイエット中の人は特に気をつけるようにしましょう。ジャイアントコーンには栄養がたくさん含まれていますが、カロリーや糖質のとりすぎは身体にとってよくありません。

小さめの袋を選んで少しずつ食べよう

ジャイアントコーンには、ダイエット中の人には気になる糖質がたくさん含まれているので、食べるときには注意が必要です。特に、栄養素の中でも糖質は脂肪に変わりやすいので、カロリー以上に注意が必要です。ジャイアントコーンは大袋のほか、小さめの小分けにされた袋でも販売されているので、そういったパックを選んで買うのも一つの方法です。

ジャイアントコーンを運動を行う前の栄養補給として少しだけ食べれば、自分の実力が十分に発揮されることでしょう。ジムに行く前の腹ごしらえや、会社で食べるおやつとして、小分けのジャイアントコーンを用意して置くのがおすすめです。ジャイアントコーンは歯ごたえがあり、よくかんで食べられるので、せひ少しづつ大切に食べるようにしましょう。

ジャイアントコーン単品よりもサラダのトッピングとして

また、ジャイアントコーンはミックスナッツとして食べると、ついついたくさん食べてしまい、気付くとカロリーの摂りすぎになりかねません。せっかくの栄養豊富な食品なので、ダイエットの効果を高めるためにもサラダと一緒に食べることがおすすめです。オリーブオイル&岩塩の味付けで食べるサラダはヘルシーで人気ですが、塩を入れる代わりにジャイアントコーンを入れれば、自然な塩気でより美味しくなります。

ジャイアントコーンを使ったサラダのレシピの例としては、オレンジとトマトのサラダがおすすめです。カロリーが低めのメニューなので、一日のカロリーに制限を設けているダイエット中の方にも取り入れやすいレシピです。ぜひ、ジャイアントコーンのカロリーを味方につけて、理想の身体を手に入れましょう。

  • オレンジ1個
  • トマト1個
  • ジャイアントコーン5個~10個
  • くるみ3~6個
  • エクストラバージンオリーブオイル適量

  1. オレンジをむく。頭とお尻を切り落とし、全体の皮をむいてから、ひと房ずつ切ると綺麗に切れます。
  2. お皿にオレンジを並べておきます。トマトも櫛切りにして、オレンジの間に並べておきます。
  3. ジャイアントコーンは、ラップで包んで麺棒でくだきます。くるみは粗く手で割っておきます。ジャイアントコーンは小さいと食感がないので、大きめがおすすめです。
  4. トマト&オレンジの上に、くるみ、ジャイアントコーンをトッピングします。エクストラバージンオリーブオイルを回しかけて完成です。

こちらで紹介したレシピは、オレンジの甘酸っぱさとトマトのフレッシュさが相まって、とても美味しいです。ジャイアントコーンをサラダに入れることによって、程良い塩気がプラスされて食べやすくなります。ジャイアントコーンは、もっと多くても美味しく頂けます。ジャイアントコーンを細かくくだくので、小さいお子様でも食べられます。また、栄養があってカロリーの低いメニューとなっていますので、ダイエットにもおすすめです。

スープに適量入れて食べるのもおすすめ

ジャイアントコーンは、日本では基本的にはフライされて味付けがされているものが多く、おつまみとしてそのまま食べることが多いです。しかし、スープに入れても美味しく頂けます。コーンポタージュスープにジャイアントコーンをくだいて入れれば、クルトンのようなさくさくした食感を楽しむことが出来ます。ジャイアントコーンは水分を含むと柔らかい食感になるので、柔らかめが好きな人はしばらく浸して食べるのもおすすめです。

さらに、ジャイアントコーンの原産地で食べられているように、ジャイアントコーンをスープの具にして食べる方法もおすすめです。ジャイアントコーンはカロリーが低く、ダイエットにもぴったりのレシピなので、ぜひ挑戦してみて下さい。

  • ジャイアントコーン適量
  • ニンジン半分
  • もやし適量
  • とうもろこし2切れ
  • ジャガイモ1個
  • 水菜適量
  • 塩コショウ適量
  • 水300ml

  1. ジャイアントコーンを1晩水に浸しておきます。こうすることで、食感が柔らかくなります。
  2. 水で戻したジャイアントコーン、切ったニンジン、もやし、とうもろこし、じゃがいもを炒めてから、水を入れて鍋で20分ほど煮込む。
  3. 具が柔らかくなったら塩コショウを加え、味を整えたら完成。

ジャイアントコーンのスープはシンプルな味付けで、素材の味を存分に楽しめるペルー料理です。カロリーも抑え目なので、カロリー制限中の方もぜひ挑戦してみて下さい。普段はそのまま食べているジャイアントコーンも、ひと手間加えることで低カロリーな美味しいメニューに早変わりします。

運動前に食べるのがおすすめ

ジャイアントコーンに含まれるビタミンB1、B2によって糖質を効率良くエネルギーに生成してくれる効果があるので、運動前の栄養補給や疲労回復にも効果的な食品としておすすめです。他にもミネラルや抗酸化成分であるビタミンEも含まれているので、低カロリーでありながら健康に役立つスーパーフードというのにもうなづけます。

ジャイアントコーンはフライにして乾燥したものが売られているので、持ち運びにも便利なのが嬉しいです。ぜひ、ジムでカロリーを消費する前にジャイアントコーンを少し食べることで、効果的にカロリーを落としましょう。

ジャイアントコーンの驚くべき効果・効能とは?

ジャイアントコーンの栄養素などについて紹介してきましたが、ダイエットに効果的な食べ方を身につけて、ぜひ健康な身体を手に入れましょう。カロリーに気を付ければ、ジャイアントコーンの豊富な栄養素を効果的に摂取することが出来ます。

腹持ちが良いからダイエットにぴったり

ジャイアントコーンの最大の魅力としては、腹持ちの良さが挙げられます。ダイエット中にはカロリーをいちいち気にしたり、思うように食べられないストレスを感じることが多いものです。そんな時に、ジャイアントコーンであれば少しの量を食べるだけで空腹を感じなくなる頻度が減るので、ストレスの軽減にも役立ちます。

ジャイアントコーンはナッツ類の中でもカロリーが低い部類に入るので、低カロリーナおやつとしてもおすすめです。チョコレートやポテトチップスなどのカロリーの高いおやつを食べてしまうと、罪悪感からさらにストレスがたまってしまいますが、低カロリーなジャイアントコーンであれば腹持ちも良く、ダイエット中にもぴったりです。カロリーを気にしている方にとくにおすすめです。

食物繊維が豊富だから便秘解消に効果的

ジャイアントコーンには食物繊維が多く含まれます。ジャイアントコーンに含まれる食物繊維は、水に溶けず腸の中で水分を吸収してふくれます。そして腸壁を刺激して腸のぜん動運動を盛んにし、食べ物の残りかすをすみやかに体の外に排出させる働きがあります。そのため、ジャイアントコーンを食べると便秘解消の効果があります。

最近は便秘の時は便秘薬に頼ってしまうという人も多いですが、便秘薬を一度飲んでしまうと定期的に飲まずにはいられないようになってしまうので、できれば自然の食品で便秘解消したいものです。そんな人にはジャイアントコーンは最適な食品と言えるでしょう。ジャイアントコーンはカロリーが低めであり、便秘解消の効果まであるので、ダイエット中には特におすすめです。

ビタミン類も豊富だから美容効果も!

ジャイアントコーンに含まれるビタミンB1、B2には、美肌や便秘解消の働きがあると言われています。そのため、定期的にジャイアントコーンを食べるのがおすすめです。ダイエット中の人は特に、見た目のカロリーばかりを気にして、カロリーの低く、栄養価も低い食品を選んでしまいがちですが、カロリーにとらわれることはダイエットを逆に遠ざけてしまいます。

特に、ビタミンB2には脂肪の代謝を助けたり、酵素の働きを助けるという働きがあります。こういった栄養素を取り入れつつ、カロリーも気にすることで、初めてダイエットの効果が表れてきます。ぜひ、見かけのカロリー表示ばかり気にせず、栄養のあるジャイアントコーンなどの食品を積極的にとるようにしましょう。

効率良いエネルギー生成で疲労回復効果

先ほども紹介した、ジャイアントコーンに含まれるビタミンB1、B2には、糖質を効率よくエネルギーに変換する作用があり、適切な運動と併用して摂取すると、運動に必要となる栄養を補給することができます。さらに、それだけでなく運動後の疲労回復を早めてくれる効果も期待できます。運動前の栄養補給としてもカロリーが低くておすすめの食品なので、ジムに行く前やジョギングのお供として持ち運ぶのもおすすめです。

ジャイアントコーンのおすすめ商品を紹介!

手頃な価格とボリューム感「おつまみ居酒屋 ジャイアントコーン」

「おつまみ居酒屋・ジャイアントコーン」は、カリカリの食感を活かしたペルー産のジャイアントコーンとなっています。42gで、約185キロカロリーです。ちょっとしたおやつに最適な低カロリーなおやつなので、毎日のおやつにおすすめです。定価は100円です。

絶妙な味付けに手が止まらない「ジャイアントコーン辛しマヨネーズ味」

ジャイアントコーンは塩味の味付けが良くありますが、カリッと香ばしいペルー産ジャイアントコーン・辛子マヨネーズ味は、ひと味違うピリ辛風味となっています。小腹がすいた時やお酒のおつまみとしても美味しいです。低カロリーなので、気兼ねなく食べられるのも嬉しいポイントです。ただし、美味しいからと言ってたくさん食べてはカロリーの摂りすぎになってしまうので注意しましょう。

ジャイアントコーンを上手に摂りいれてダイエット!

ここまで、ジャイアントコーンの栄養素やカロリー、効果的な食べ方などについて紹介してきました。他の豆類に比べて低カロリーなので、おやつとしておすすめです。ぜひ、毎日の生活にジャイアントコーンを取り入れてみて下さい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ