京都の漬物屋ランキングTOP21!お土産にもおすすめの名店とは?

京都に出かけると様々なお土産がありますが、その中でも京都の名物と言えば京都の漬物です。様々な種類がある上、お店お店で味が違うのも漬物の魅力です。漬物をお土産で買って帰ることで、家に帰っても京都の風情を味わえ、ワンランク上の食事になるのが嬉しいです。そんな京都の漬物屋をランキングで紹介して行くので、京都に出かけた際のお土産として漬物を選んでみてはいかがでしょうか?

京都の漬物屋ランキングTOP21!お土産にもおすすめの名店とは?のイメージ

目次

  1. 1京都の漬物はお土産にきっと喜ばれる上品な味わい
  2. 2京都の有名な漬物の種類
  3. 3京都の漬物屋ランキング21位~11位
  4. 4京都の漬物屋ランキング10位~6位
  5. 5京都の漬物屋ランキング5位~2位
  6. 6京都の漬物ランキング気になる第1位は?
  7. 7京都の漬物はこだわりの詰まった主役級のご馳走!

京都の漬物はお土産にきっと喜ばれる上品な味わい

京都の漬物と言えば昔から京都のお土産の定番ですが、その漬物が各お店ごとに味が違います。京都のお漬物はとても上品で、食事の際にご飯と一緒に食べると漬物がメインになってしまう程の美味しさです。そんな京都のお漬物の名店の数々をランキングで紹介して行くので、ぜひお気に入りの漬物屋を見つけて京都のお土産として選んでみてはいかがでしょうか?

京都の有名な漬物の種類

蕪と昆布と唐辛子の三位一体「千枚漬け」

千枚漬けとは、京都の漬物の定番で蕪を薄く切って昆布と唐辛子と共に酢漬けにした物です。使う蕪は京野菜の聖護院かぶを使い、樽に薄切りにした蕪を千枚以上漬け込みます。また、蕪を千枚と言えるほど薄く切って作ることから、千枚漬けと呼ばれています。京都ならではの千枚漬けはお土産としてもとても喜ばれます。

美味しい赤色に染まる香り豊かな一品「柴漬け」

京都の伝統的な漬物の柴漬けは、茄子やきょうりを刻み、赤紫蘇の葉を加え塩漬けにした物です。その見た目は綺麗な赤色に染まり、豊かな香りがついつい箸を伸ばしたくなる美味しさです。千枚漬け、すぐき、柴漬けは京都三大漬物と言われ、多くの人に愛されています。特にしば漬けはご飯のお供として多くの人に愛されています。

青々と瑞々しいシャッキリ食感「壬生菜」

青々と瑞々しいシャッキリ食感が楽しめる京都の漬物が壬生菜です。京野菜である壬生菜は葉の緑にギザギザのないもので、それを食感を大事に漬物にした物です。細かく刻んだ壬生菜に、すりおろした土生姜とちりめんじゃこを混ぜ合わせれば、ごはんのお供にピッタリと人気があるお漬物です。

京野菜を贅沢に使用した酸味が美味しい「すぐき漬け」

すぐき漬けとは、蕪の変種である酢茎菜の葉とかぶらを材料とした物です。程よい酸味が特徴で、旬の漬けあがりに食べるとさわやかな酸味ですが、古漬けになるかなり酸っぱくなります。すぐきの旬は冬で、もっとも美味しいとされています。漬物の美味しい旬を知りぜひ美味しいすぐき漬けを味わってみて下さい。

京都には漬物バイキングでランチが出来るお店がある!

京都の漬物の美味しさはご飯のお供として絶品で、それは主役級の味わいと言っても過言ではありません。そんな京都のお漬物をバイキングでランチとして楽しめるお店があります。それが、風土食品と阿古屋茶屋です。風土食品は、お土産として人気の京つけもの西利が行っているバイキングで、人気の漬物をご飯と一緒に味わえると人気です。

阿古屋茶屋も和モダンなお洒落な空間で、京都の漬物をバイキングとして楽しめ、また最中や日本茶も一緒に味わえる人気のお店です。京都の色々な漬物をバイキングで味わいぜひお土産を買う際の参考にしてみてはいかがでしょうか?京都に観光に来た際には、ぜひ京都ならではの物を味わってみて下さい。

京都の漬物屋ランキング21位~11位

第21位:素材の旨味を引き出した深い味「加藤順漬物店」

第21位は、知る人ぞ知る老舗漬物店の「加藤順漬物店」です。自家製の漬物は、定番から旬の野菜を使ったものまで豊富に揃い、すべて素材の旨味を引き出した深い味わいが人気です。砂糖を加えず、昔ながらの伝統的な手法で作られ、絶妙な塩加減が素材本来の旨味を引き出し、飽きの来ない逸品になっています。

人気は冬の看板商品千枚漬けで、京都篠の聖護院かぶらを使い、厳選した北海道の昆布と鷹の爪を加え手作業で漬け込んでいてそのまま食べてもちろん美味しいですが、お茶漬けのお供としても絶品です。営業時間は9時30分から6時30分です。京阪三条から徒歩10分なので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

第20位:手作業で作り上げたこだわりの味「京つけもの富川」

第20位は京都市右京区にある「京つけもの富川」です。自然と四季の恵みをそのままにこだわりの京漬物を作っていて、あえて漬け込みには小さな樽を使用することで、気候や野菜の状態などに柔軟に対応しているので、素材の美味しさを最大限に引き出しています。

定番の千枚漬けは648円、赤かぶら540円など季節の食材を使った漬物が揃います。季節によって取り扱いが違うので、京都に訪れた際には足を運んで季節の味を選んでみて下さい。営業時間は、9時から17時です。

第19位:京みやげとして可愛いと人気「大安」

第19位は、京都のお土産として可愛いと話題の手作り京つけもの「大安」です。本店は、平安神宮東にあり、観光客で賑わっています。そんな大安には、お土産として買いやすい京つけものお土産袋3袋入り648円という可愛いらしい巾着に入った漬物セットがあり、修学旅行生や旅行客に人気です。

いろいろな漬物があり悩んでしまったり、ちょっとしたお土産として京つけものお土産袋を選んでみてはいかがですか?可愛いのでちょっとした贈り物にも喜ばれます。営業時間は、9時から18時です。人気の観光スポット平安神宮に行った際にぜひ立ち寄ってみて下さい。

第18位:オリジナル京都漬物も人気「東山八百伊」

第18位は野菜と触れ合うことを大切に、大量生産はせず手作りにこだわっている「東山八百伊」です。定番の京都の漬物からオリジナルの山のいもわさび風味や懐石たくあんが人気です。山のいもわさび風味540円はシャキッとした長いもの歯ざわりと程よいわさびの風味がきいた長いもの漬物です。お酒にもご飯にも合うと一度食べるとリピーターの多い商品です。

本店は観光で人気のある東山区にあり、営業時間は10時から5時30分です。ぜひ観光で訪れた際には一度定番の漬物の他に、オリジナルの京都漬物も味わってみてはいかがでしょうか?

第17位:季節の野菜にこだわった伝統の技が創り出す京漬物「赤尾屋」

第17位は、選ぶ抜いたこだわりの季節の良い素材を漬物に使用することを大切にしているのが京都市東山区にある「赤尾屋」です。一つの農家にとらわれず、多少コストの差があってもその季節ごとの良いものを選別し漬物に使用しています。野菜一つ一つ職人の手によって丁寧に漬けることで、季節の野菜が本来もつ美味しさを生かしています。

贈り物として喜ばれる京漬物の詰め合わせも充実しているので、贈答用としても喜ばれています。一度大切な人に京都の漬物を送ってみてはいかがですか?営業時間は9時から6時です。ぜひ季節の野菜の京漬物を味わってみて下さい。

第16位:自然と向き合って出来上がった漬物「打田漬物」

第16位は畑と長く付き合うことで京漬物のおいしさが決まる。そんなこだわりをもった漬物屋が「打田漬物」です。野菜本来の美味しさが伝わりやすい漬物だから自然と正直に向き合うことで美味しい漬物を作り続けています。人気の商品は水茄子浅漬け432円や白菜の浅漬け432円です。さくっと香ばしい白菜をあっさり漬け込んだ味は素材の良さがそのまま味に伝わる美味しさです。

定番の京都の漬物から素材を生かしたオリジナルの漬物まで幅広く楽しんでもらえます。家族全員が喜んでくれる幅広い種類の漬物があるのが魅力です。営業時間は9時から18時です。ぜひ野菜の美味しさを京都の漬物で味わってみて下さい。

第15位:京都大徳寺で四季折々の京都の漬物が味わえる「大こう本店」

第15位は、京都大徳寺の南門にあるのが「京漬物大こう本店」です。木の香り漂う京都の町屋でお茶と旬の京漬物の試食をすることが出来ます。きっと好みにあったお漬物に出会うことが出来るお店です。人気は千枚漬け864円や大徳寺漬540円です。京都の大徳寺を訪れた帰りに風情ある町屋でのんびり漬物をお土産に選んでみてはいかがでしょうか?

営業時間は9時から18時です。京都の季節折々の風景を楽しんだ後は、帰りにゆっくりと京都ならではの漬物を選んでみてはいかがでしょうか?きっとお気に入りのお土産が見つかると思います。

第14位:京都の歴史と共に歩む名店「近清」

第14位は、中京区の西洞院通り沿いにあるのが「近清」です。創業は1764年で、吉宗の享保の改革など新選組の沢庵を献上などの京都の歴史と共に歩んできた京都の漬物の名店です。保存料や添加物を使わない昔ながらの製法で作られる漬物には、昔から変わらない美味しさがあります。その一方でトマトなどを使った新商品にも取り組み、歴史と新しさの両方が味わえるお店です。

営業時間は、10時から17時で日曜が定休日です。ぜひ京都に訪れた際には、京都の歴史と共に歩んだ漬物を味わってみてはいかがでしょうか?きっと新しい京都の魅力に気づくことが出来ると思います。

第13位:京都民の御用達「ニシダや」

第13位は、今熊野交差点近くにある「ニシダや」は地元の人々に愛される漬物屋です。京都民の食卓に欠かせないしば漬けが美味しい名店です。漬物にはうるさい京都民に長年愛されているしば漬けは酸味が強めで、ごはんのお供にピッタリです。そんな知る人ぞ知る名店の漬物を一度味わってみてはいかがでしょうか?

営業時間は9時から17時です。地元の人が食卓で楽しんでいる本物の京都漬物を一度ご自宅で味わってみてはいかがでしょうか?きっと自宅の食卓も京都の美味しさで家族が笑顔になること間違いなしです。

第12位:地元の人から愛されるリーズナブルな漬物が揃う「紙谷商店」

第12位は京都の花見小路を下がったところにある昔ながらの漬物店が「紙谷商店」です。地元の人は毎日の食卓で楽しむ京都漬物を買うために足しげく通う名店です。京都の漬物が200円から購入できとてもリーズナブルなので、地元ならではの味を求めてる人におすすめのお店です。普段京都の食卓で愛されている本物の味を味わってみたい人におすすめのお店です。

営業時間は、10時から19時で定休日は日曜祝日です。京都の府民の生活に根付いた漬物は、常に人々の生活の一部でした。そんな京都と生活が詰まった地元の漬物を一度味わってみるのもおすすめです。

第11位:試食で気に入ったらお土産に「京つけもの西利」

第11位は試食をしてから漬物を選べる名店「京つけもの西利」です。京都に出かけると一度は西利の看板を見かけたことがある人は多いと思います。そんな西利は連日お土産を購入する修学旅行客や観光客に人気のお店です。伝統の味を受け継いできた西利は千枚漬けで総理大臣賞を受賞した名店の味を一度味わってみて下さい。

営業時間は、本店が8時30分から19時です。店舗によって営業時間は異なるので、出かける際は確認してみて下さい。西利の魅力は味見をしながら、気軽に立ち寄れるので、京都で観光しながら本物の名店で漬物をお土産として選んでみてはいかがでしょうか?

京都の漬物屋ランキング10位~6位

第10位:ギフトにおすすめのセット漬物が嬉しい「村上重」

第10位は、贈り物と喜ばれるギフトセットも豊富な「村上重本店」です。季節の中の生きてる歓びを漬物にして長年多くの人に伝えて来た名店です。村上重では、昆布を使用した漬物がたくさんあります。使う昆布はこだわった物を使うことで、より野菜本来の旨味を絶妙に引き出してくれます。

京都のこだわりのある名店の漬物をお土産として人に贈れば喜ばれること間違いなしです。そんな漬物を京都の下京区にぜひ選びに出掛けてみてはいかがでしょうか?営業時間は月曜から金曜が9時から19時で土日が9時から19時30分です。

第9位:変わりダネのお詰め物が豊富で楽しい「ぎおん川藤」

京都の人気観光名所祇園で京都の風情を味わった後に京都の漬物が買えるのが「京漬物ぎおん川藤」です。京都の職人のこだわりが京都の漬物を有名にし、そのこだわりは今も京都が世界に誇る京漬物の文化にもつながります。野菜の旬を大切に野菜の特製を生かした漬物を提案しています。

また歴史を大切にしながら新しい創意をこらしたオリジナル商品も味わえます。京都の祇園に観光に出かけた際にはぜひ、京都の漬物をお土産として選んでみてはいかがでしょうか?自宅に帰っても京都の風情を漬物で味うことが出来るのでおすすめです。

第8位:しば漬けの名店「土井志ば漬け本舗」

第8位は、明治34年創業のしば漬けの名店「土井志ば漬け本舗」です。本店は京都市から大原に向かう国道沿いにあります。土井の生志ば漬けは、とれたての茄子に大原で栽培されたちりめん赤紫蘇を加え、発酵させた本物のしば漬けを味わえます。茄子の他にきゅうりやみょうがを加えたしば漬けは、ご飯のお供として最高です。

本店の営業時間は、月曜から金曜が9時から17時30分、土日祝日が9時から18時です。しば漬け好きにはたまらない本物の味をぜひ京都に来た際には味わってみてはいかがでしょうか?一度食べるとクセになるしば漬けはお土産としても喜ばれること間違いなしです。

第7位:錦市場で人気「錦・高倉屋」

第7位は京都の台所錦市場にある「錦・高倉屋」です。地元の人から観光客まで幅広い人たちに愛されている漬物屋で、人気商品は京都の定番壬生菜の浅漬けです。シャキシャキの食感とさっぱりとした味わいが人気です。またセロリの漬物などいろいろな種類の漬物があるので、見ているだけでもわくわくしてしまいます。

営業時間は10時から18時30分です。京都の台所錦市場に出かけた際には、京都の食を楽しみつつ、ぜひ漬物も味わってみてはいかがでしょうか?色々な京都の食文化に気が付くことが出来ると思います。

第6位:たくあんが人気「東山八百伊本店」

第6位は、京都東山の高台寺近くにある「東山八百伊」です。懐石たくあんが人気で一年間熟成させたひねりたくあんに、青じそ、ゴマ、しょうがを加えた物でお店オリジナル商品です。コリコリッツとしたたくあんの食感がクセになる漬物です。オリジナルの漬物も多いので、定番の漬物に飽きた時など立ち寄ってみると楽しいかと思います。

営業時間は9時から18時で定休日は火曜日です。京都の人気観光エリア東山に訪れた際にはぜひ立ち寄ってみて下さい。

京都の漬物屋ランキング5位~2位

第5位:サラダ感覚の漬物が若者に人気「野呂本店」

京都の漬物屋ランキング第5位は、大正時代に創業した「野呂本店」は若い人に漬物の良さを知ってもらいたいという思いからサラダ感覚の漬物などオリジナル商品を多く取り揃えています。中でも新感覚で人気なのが、青じそを巻いた山ごぼうをきゅうりの中に詰めた青てっぽうは、それぞれの野菜の食感の違いを楽しみつつサラダ感覚で食べれると人気です。

営業時間は9時から18時です。定番の漬物はちょっと苦手だという人でもサラダ感覚で楽しめる漬物がたくさんあるので、新感覚を味わってみたい人は一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?新しい漬物に魅力に気が付けると思います。

第4位:柚の風味のきいた大根の浅漬けが人気「近為京都本店」

京都のお漬物ランキング第4位は、京都市上京区の千本通り沿いにある「近為京都本店」です。人気のお漬物は柚こぼしで、柚の風味のきいた大根の浅漬けで上品でさわやかな酸味がクセになると評判です。また、予約しておけば、奥の座敷で漬物とお茶漬けをいただけるとあって隠れた名店です。主役級の京都の漬物で頂くお茶漬けは絶品で、箸が止まらない美味しさです。

お茶漬けを頂いた後に、美味しかったお漬物をお土産として買って帰れば自宅でも京都の味を楽しむことが出来ます。営業時間は、9時30分から17時30分です。座敷でお茶漬けを味わいたい場合は予約してから行くようにして下さい。ぜひ一度京都の漬物でお茶漬けを楽しんでみて下さい。

第3位:京都で200年以上続く名店「なり田」

京都の漬物ランキング第3位は、京都で200年以上続く上賀茂の名店「なり田」は、京都の古い町並みの中にある漬物屋です。食のグローバル化の中で、変わらぬこだわりで京都の漬物の良さを伝えるために、より良い食文化を伝えようとしています。一番の人気はすぐき漬けで、多くの人に長年愛されています。すぐき漬けに含まれる乳酸菌は、近年の健康志向で注目されてもいます。

営業時間は、10時から18時です。京都の町並みを楽しみながら伝統の京都の漬物をお土産として探しに出かけてみてはいかがでしょうか?

第2位:千枚漬けの発祥といわれる老舗の名店「大藤」

京都の漬物ランキング第2位は、冬の京都の風物詩でもある千枚漬けの発祥のお店と歴史がある老舗の名店「大藤」です。江戸時代末期の京都で誕生した千枚漬けは長い歴史の間、多くの人に愛されています。昔ながらの漬け込み方で漬け込むことで変わらない味を京都で作り続けています。

大藤の千枚漬けは毎年多くのお客様が販売を楽しみに京都に足を運んでいます。営業時間は、9時から18時です。場所は京都市中京区にあります。歴史の多い京都で本物の漬物を一度味わってみてはいかがでしょうか?

京都の漬物ランキング気になる第1位は?

京都の漬物ランキング第1位は、お土産としてまたダイニングで漬物を味わえる「田辺宗」です。一階は漬物屋として様々な種類の漬物を買うことが出来ます。おすすめは小茄子の漬物とからし床に漬け込んだ小茄子のからし漬けです。小茄子を使うことで見た目の可愛さと味のしみ込み方が良く美味しいと評判です。

また、人気なのは二階で漬物を使ったランチやディナーが楽しめると観光客を中心に話題になっています。京漬物寿司御膳は、季節の漬物寿司八貫と天ぷらと茶碗蒸しが楽しめるセットで見た目の可愛らしさと美味しさが話題になっています。二階で漬物ご飯を楽しんだ後、一回でお土産を買って帰れるとあって京都観光のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

京都観光を楽しみつつ美味しい食事と漬物を味わいたい人にはおすすめのお店です。京都の漬物ランキングだけではなく、ランチランキングでも登場するお店です。営業時間は10時から21時で定休日は水曜日です。

京都の漬物はこだわりの詰まった主役級のご馳走!

京都の漬物屋ランキングはいかがだったでしょうか?京都には京都の食の歴史を支えて来たいろいろな種類の漬物がたくさんあります。お店によってこだわりや種類が違うので、いろいろな漬物のお店を巡って自分好みの漬物を見つけるのも良いかも知れません。歴史ある京都で同じく歴史ある漬物は野菜本来の美味しさを存分に生かした、最強のご飯のお供です。

京都の漬物は食卓にあるだけで、主役にも負けない美味しさがあるので毎日の食卓に一品並べてみてはいかがでしょうか?また、お土産や贈答用としても本場京都のお漬物は喜ばれること間違いなしなので、京都に訪れた際にはぜひ購入してみてはいかがでしょうか?京都の歴史ある観光名所を巡りながら、数あるお漬物屋を回るのも楽しいかも知れません。

京都の漬物ランキングを参考に、ぜひ自分好みの京都の漬物を見つけてみてはいかがでしょうか?歴史ある京都で長年京都の食卓で愛されて来た漬物を味わってみて下さい。京都の漬物を食卓に並べれば、いつもの食卓に京都の香りと美味しさを届けてくれると思います。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング