コストコ保冷バッグの大きさは?買い物だけじゃない便利な使い方も紹介

コストコでの買い物の際に持っていると便利なのがコストコ保冷バッグです。買い物専用としてだけではなく、様々な用途で活用できるとても重宝するバッグです。今回は、コストコの保冷バッグについて、また、便利な使い方もご紹介していきます。

コストコ保冷バッグの大きさは?買い物だけじゃない便利な使い方も紹介のイメージ

目次

  1. 1コストコ保冷バッグとは?
  2. 2コストコ保冷バッグの使い方
  3. 3コストコ保冷バッグの活用方法
  4. 4コストコ保冷バッグのメリットとデメリット
  5. 5まとめ:コストコの保冷バッグは優秀だった

コストコ保冷バッグとは?

悩む女性
manami8110さんの投稿
21372604 2168760659816779 8493322944808747008 n

コストコで買い物をしているとよく見かけるcostcoの文字の入った白くて大きなバッグ。一目でコストコ専用のバッグだということはわかりますが、保冷バッグだということを知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?このコストコ保冷バッグは、もちろん、コストコでの買い物でも持っていれば便利なのですが、コストコでの買い物以外でもかなり重宝します。

ayuohashiさんの投稿
26403063 911953348967347 132818169956925440 n

コストコ保冷バッグは、コストコ内レジにて購入できます。値段は、保冷バッグ2つセットでおよそ1800円ほどです。初めてコストコ保冷バッグを購入される方は、先にその他のお買い物をして、会計の際に一緒に保冷バッグを購入すると、レジスタッフが保冷バッグにまとめて購入した商品を入れてくれます。

大きさと特徴は?

elena_emilieさんの投稿
13355588 950614228390784 362457696 n

コスト保冷バッグは、保冷と保温に優れた断熱性のある三層の素材からできた折り畳み可能な収納バッグです。大きさは、横55.5cm×奥幅25cm×高44cmとサイズはかなり大きめです。容量はおよそ54リットルくらいありますので、この保冷バッグ一つあれば要冷蔵の商品などは一回の買い物で充分です。また持ち手の高さも約26cmありますので、肩掛けして持ち運びも容易にできます。

ringringring822さんの投稿
14295562 349277308742629 1740674606 n

コストコ保冷バッグの利点としては、保冷と保温だけに特化しているだけではなく、買い物をした後で、買った商品をその場で整理しながらまとめて持ち運びができるところにもあります。また、買った商品をカートに乗せて車まで運ぶ際、悪天候の場合は、この保冷バッグがあれば本当に便利で助かります。

コストコ保冷バッグの使い方

bob3bob3bobさんの投稿
26187829 1797835357176815 603375061784592384 n

コストコの商品はどれもサイズが大きいです。食材や食品に関しても同様にサイズが大きいのですが、コストコ保冷バッグは、容量がおよそ54リットルありますので、食材の大きさを気にすることなくたっぷり詰め込めます。中にはピザのように傾けないと入らない食材もありますが、コストコ保冷バッグは2つセットですので、傾けてもいい食材と分けて利用してもいいですね。

lightning.pis95さんの投稿
26871264 564567193892958 3405580908751749120 n

コストコ保冷バッグは、サイズが大きいので、自転車での移動は持ち運びに不向きですが、車で移動する際は、常に携帯しておくといざという時とても助かります。例えば、普段利用するスーパーやドラッグストアなどの買い物でも役に立ちます。コストコ保冷バッグは、見た目も大きくて目立ちますが、レジ袋を使用しなくて済む分エコ対策にもなりますし、購入した食材や食品を分けて収納できますから、帰宅後の取り出しも容易です。

保冷性は?

手の上に雲のハテナが乗っている様子
mayumitanabeさんの投稿
26865317 531682730549617 5627463603750699008 n

コストコ保冷バッグは、保冷と保温に特化しています。保冷はバッグに収納してから1~2時間くらい保てるようにできています。ただ、冷凍食品を冷凍庫から出した時と全く同じ状態で保冷できるというわけではありません。あくまでも、買い物から帰宅するまでの短時間は保冷できると思っておいて間違いありません。

ドライアイスや保冷剤と併用

グラスに入ったドライアイス
y.moon.rさんの投稿
26865510 154973291888945 5108267714829352960 n

コストコ内にはドライアイスの自販機が設置されています。一回50円で販売されていますが、使用できる硬貨は10円のみとなっています。また、ドライアイスを入れる袋も自販機に設置されています。ドライアイス一回分の量ですが、コストコ保冷バッグの大きさから見て、少し物足りないように感じます。使い方としては、例えば、アイスクリームなどの要冷凍食品を購入した時などに役立ちます。

honchanonさんの投稿
26867173 216027072287723 3250274324392706048 n

コストコ保冷バッグは、保冷性に優れているとはいえ、夏場は、効果が若干落ちますので、保冷剤と一緒だと安心して買い物ができます。使い方は、買い物に出かける際に、コストコ保冷バッグに保冷剤を入れておくだけです。保冷剤の大きさとサイズは、スーパーなどで買い物をした際に付いてくる小さなものをまとめて再利用で特に問題ありません。ただ、できれば市販の大きめの保冷剤が何個かあると便利です。

キャンプやピクニックでも大活躍

キャンプ場でテントを張っている様子
mi.tommyさんの投稿
13694713 150950552003868 1401714988 n

コストコ保冷バッグは、キャンプやピクニックに出掛ける際も活用できます。コストコ保冷バッグは、保冷性に優れているだけではなく、バッグそのものの素材が丈夫ですので、多少重たい食材などを詰め込んでもバッグが破けたりすることはありません。また、バッグの底もクッション効果がありますので、余程乱暴な扱い方さえしなければ、問題ないでしょう。

イベント会場や催しでも活躍

いくつもの風船が浮かんでいる様子
tocyeahさんの投稿
10731426 191166001233582 1396749198 n

キャンプやピクニック以外でもコストコ保冷バッグは様々な場面で活躍できます。便利な使い方としては、例えば、イベントやパーティなどで、ペットボトルや缶飲料の保冷をコストコ保冷バッグにします。クーラーボックスだとかさ張りますが、大きさも含め、コストコ保冷バッグだと、使用後は折りたためますので、後片付けも楽です。

家の中でも活用

キッチンでOKマークを出す女性
melonmelon25さんの投稿
15625128 1830207377234811 1551539979149115392 n

コストコ保冷バッグは、バッグ2つでワンセットです。この保冷バッグは、サイズも大きさもありますから、一つあれば充分なのですが、もし一つ余った場合は、収納ケースとしても利用できます。また、保冷や保温効果もありますから、保存食などの備蓄用として利用し、万が一の防災時にも活用できます。このように、コストコ保冷バッグは、アイデア次第で、様々な場面で応用できる便利グッズです。

cottonpotakiさんの投稿
23498310 2200756713484459 7403201442686697472 n

コストコ保冷バッグは、折りたたんだ状態でも大きいのですが、バッグは平らになりますので、使わない時の収納は場所を選びません。また、コストコ保冷バッグは2つセットですので、一つは家の中、もう一つは車のトランクなどに直しておくのもいいですね。

その他の使い方

黄色の背景にチェックの文字
yakumi_sさんの投稿
17333983 1675815289112127 3840169386505666560 n

その他の使い方としては、コストコ保冷バッグの底にコロコロを取り付けて、キャリーバッグのように利用することもできます。コロコロを取り付ける場合は、保冷バッグの外側に新たに板を取り付ければ、重いものを収納しても保冷バッグがへしゃげることはありません。また、コロコロを取り付けることにより、ちょっとした移動も苦になりませんので、収納専用としてだけではなく、野外など様々な場面でも活用できます。

コストコ保冷バッグの活用方法

sciencecommunicatorさんの投稿
24327135 135704893810292 6835916114917064704 n

デコパージュで装飾すると盗難防止にも

コストコ保冷バッグの外側はポリエステルの生地です。バッグは、買った時のままだと少し無機質な感じがします。そこで、100均などで売っているデコパージュ素材を使って、オリジナルの保冷バッグに変身させてみるのはいかがでしょうか?デコパージュは、好みの素材を選び、自由に装飾できます。自分だけのオリジナル保冷バッグでコストコの買い物を楽しみましょう。

hoshiayuuuさんの投稿
22157210 288355098350774 2430300183515365376 n

コストコに買い物へ行くとカラフルに装飾されたコストコ保冷バッグを持ち歩いている方をよく見かけます。デフォルトのコストコ保冷バッグだと、フードコートで休憩している時など、ちょっと目を離していると誰のものかわからなくなることがあります。デコパージュで装飾されたバッグだと、一目で自分のものかわかりますので、差別化する目的と盗難防止にも役立ちます。

洗濯も可能

山積みにされた洗濯物カゴ
ydk_mamaさんの投稿
20759316 1479952732059051 8051514730109468672 n

コストコ保冷バッグは洗濯機での洗浄が可能です。ただ、保冷バッグそのものが大きいこともあり割と汚れが付きやすいです。また、色も白ですので、汚れた場合はかなり目立ちます。金属などで擦った汚れは普通の洗浄ではなかなか落ちません。ズック靴を洗う要領で洗濯すると大抵の汚れは落ちます。保冷バッグそのものは、素材も丈夫ですので、こまめに洗濯することをおすすめします。

コストコショッピングバッグと併用するのも便利

mikahaji.kaedeさんの投稿
20065589 1561630867244322 8912651528314028032 n

コストコでは、保冷バッグ以外にもショッピングバッグも販売しています。ショッピングバッグも保冷バッグと同様、レジで販売しています。コストコショッピングバッグの使い方としては、保冷や保温を必要としない食品や商品を詰め込む際に利用するといいでしょう。例えば、缶詰やお酒、スナック菓子、また、衣類や電化製品などは、コストコショッピングバッグの方が重宝します。

コストコショッピングバッグの特徴

oyayubihime217さんの投稿
14027357 1249855381726025 849211974 n

コストコショッピングバッグの大きさとサイズですが、横51cm×奥幅30cm×高37です。容量は、56リットルですので、コストコ保冷バッグよりも大きいです。値段は、2つセットでおよそ300円くらいです。見た目は、薄い生地ですが、少々重たいものでも破けたりすることはありません。また、持ち手ですが、それぞれ短いものと長いものとなっていますので、用途に合わせて使えるあたりも便利です。

コストコ保冷バッグのメリットとデメリット

メリット

コルク素材でメリットと英語で書かれている
fu_kana09さんの投稿
15538396 106863209815913 6000227101020520448 n

コストコ保冷バッグのメリットは、なんと言っても保冷バッグのサイズの大きさです。余程大量に購入しなければ、一つの保冷バッグで充分に整理しながら詰め込めます。また、液漏れもしませんし、保冷剤と併用すれば、少々帰宅までに時間が掛かった場合でも問題はありません。コストコに限らず、普段の買い物でも便利に使えますし、自宅では、収納ケースとしても活用できます。

デメリット

コルク素材でデメリットと英語で書かれている
yume_yumeribonさんの投稿
18298953 223938108098069 9200797074566676480 n

コストコ保冷バッグのデメリットは、2つセットでの販売です。保冷バッグそのものが大容量ですので、一つあれば充分です。また、コストコの保冷バッグは、外側が白色ですので、汚れがとても目立ちます。ただ、デコパージュしたり、収納ケースとして利用してみたりと、アイデアと工夫次第では、様々な用途で活躍できます。コストコでの買い物だけでなく、コストコ保冷バッグは持っていると便利なグッズだといえます。

まとめ:コストコの保冷バッグは優秀だった

おすすめする女性

大きさもあり、容量の大きいコストコの保冷バッグは買い物のみならずさまざまなシーンで使用することができます。ぜひコストコの保冷バッグを使ってみてください。

Thumb【コストコ】プレスンシールが超便利?ラップの値段・機能性まとめ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbコストコのひも付きゴミ袋はリピート決定?ファブリーズ機能とは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbコストコのクーラーボックスの種類は?イグルー等おすすめ商品紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ