ポムの樹のLサイズオムライスは超巨大!カロリーは?SSからLまでサイズ比較

ポムの樹でサイズを選ぶのに困る、という人多いのではないでしょうか?ポムの樹のオムライスがのどのサイズが自分に合うのかを悩んでいる人のために、SSサイズからLサイズまで料やカロリー別で比較してみました。オムライス好きには必見の比較でしょう。自宅ではなかなか難しい、フワフワの卵で包まれたオムライスを十分に楽しむために参考にしてください。オムライスファンのためにお役に立てれば幸いです。

ポムの樹のLサイズオムライスは超巨大!カロリーは?SSからLまでサイズ比較のイメージ

目次

  1. 1ポムの樹とは?
  2. 2ポムの樹のオムライスのサイズの種類
  3. 3ポムの樹はどのサイズがおすすめ?
  4. 4ポムの樹のメニューのカロリー
  5. 5ポムの樹はオムライスのサイズに注意

ポムの樹とは?

ポムの樹とは創作オムライスの専門店です。大人にとっては子供のころに一度は食べたことがある、家庭料理の代表ともいえるオムライスです。時代や年代、性別を問わずオムライスは好きな料理としてあげられる食事メニューのひとつです。

そのオムライスを専門とし、約40種類もの創作オムライスメニューを提供しているのがポムの樹という創作オムライス専門店です。

人気のオムライス専門店

オムライスといえば大人も子供も大好きな家庭料理の定番であり、喫茶店やカフェのメニューとしても年代を問わず人気の定番メニューです。その人気の家庭料理に注目し大人も子供も大好きな、オムライスだけに特化した専門店ポムの樹が全国的に人気となっています。

創作オムライス専門店ポムの樹は、家庭料理の定番であるオムライスの創作メニュー専門店で全国チェーン店展開をしているお店です。子供から大人まで人気のオムライスを専門としている、全国規模のお店はなかなかありません。

ポムの樹は全国各地でオムライスファンが多いお店として、年代を問わず注目を集めています。ポムの樹オリジナルの創作メニューが多数あることや、季節限定や期間限定といったメニューも多いことからリピーターも大変多いお店としても有名です。

約40種類のオムライスを提供

通常、家庭料理としてのオムライスといえば、細かく切った鶏肉とみじん切りにした玉ねぎをご飯と一緒にバターで炒め、ケチャップで味付けしたチキンライスを卵で包み、上からケチャップもしくはデミグラスソースをかけたものというものです。

ポムの樹では今までのオムライスの常識を覆し、ご飯の味付けやソース、トッピング素材などが豊富で約40種類ものメニューを提供しています。ポムの樹では、特にソースに関しては従来のオムライスのイメージのソースのケチャップやデミグラスソースだけではないのです。

元々は洋食のイメージのオムライスですが、ポムの樹では創作メニューとしての幅が広いのでオリジナリティのあるメニューの種類が多くなっています。ポムの樹としてのオリジナルメニューは和食・洋食・中華と幅広く、具材も入っていたりとどれを食べようかと選ぶのに困るくらいの幅広さとなっています。

期間限定のオムライスがある

ポムの樹は、常時約40種類の創作オムライスメニューを展開している専門店です。一般的なイメージのチキンオムライスに加え、オリジナル創作メニューも豊富です。さらに季節や期間限定でのオムライスメニューが展開されています。

季節限定ならではのトッピングの創作オムライスや、期間限定で特別なメニューを展開したりと家庭で食べるいつものケチャップオムライスとは違った味を楽しむことができるようになっています。

創作オムライス専門店ポムの樹でいつものオムライスと違った味を楽しみたいときにおすすめなのが、季節やイベントなどでの期間で限定されたメニューとなります。その時々で限定メニューが違ってきます。特に季節の変わり目やイベントが多い時期は限定メニューをチェックしてみることをおすすめします。

サイズの種類もいろいろ

オムライス専門店のポムの樹では、豊富なメニューだけではなく、オムライスの大きさがあり食べることができる量を選ぶことができます。

オムライスの量のサイズの種類としてはSSサイズ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズと4段階で選ぶことができます。おなかの空き具合やいつもご飯を食べることができる量、食べる人の年齢、性別や体格によって、注文するときに大きさを選ぶことができるので、食べ残しなどの無駄がなく残さずに食べきれるサイズを選ぶことができます。

オムライスの大きさを選ぶことができるので、注文の際に少し大きめのものを選べばあまり量を食べることができないお子様と一緒に食べるときや、ママ友とのランチの時や家族など複数人でポムの樹に行った場合数種類を頼み、お互いにシェアできるという利点があります。

ポムの樹のオムライスのサイズの種類

ポムの樹ではオムライスの大きさを選ぶことができます。大きさの種類としてはSSサイズ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズと4段階があります。これらの4段階のサイズの量やカロリーなどを説明します。

SSサイズ

SSサイズとはその名前のイメージ通り、少し小さめの大きさになります。少し小さめの大きさというと、一人前の大きさからかなり小さいものを想像する場合もありますが、実際の量としてはご飯の量はお茶碗約1.5杯分、卵2個を使用しています。

少な目の量なのに、お茶碗1.5杯分なのでご飯の量としてはしっかりしています。オムライスはご飯がメインとなりますのでおかずがない分、思っているよりもたくさん食べることができます。しかし、お子様やちょっと少食な女性でSサイズでは量が多いという方にはSSサイズをおすすめします。

Sサイズ

ポムの樹は、店頭にメニューのサンプルが展示されています。この食品サンプルの大きさがSサイズとなりますので、Sサイズがポムの樹での標準サイズということになります。店頭のサンプルの大きさで食べきれるサイズかどうかを判断する基準にしてみるといいかもしれません。

ご飯の量としてはお茶碗2杯分のご飯の量と、卵3個となります。普通の食欲の人であれば食べきれる量ということになりますので、一般的に食欲がある人ならSサイズを注文することをおすすめします。

Mサイズ

ポムの樹のMサイズはお茶碗3杯分のご飯の量で、4個の卵で包んである大きさとなります。お茶碗3杯分のご飯の量なので、結構ボリュームがあります。食欲旺盛な学生や、大人の男性でも普段からよくご飯を食べる人におすすめの大きさです。

Lサイズ

ポムの樹ではLサイズが一番大きなサイズとなります。Lサイズのイメージを大きく上回る大きさで実際に目の前に見ると驚くくらいの大きさです。ご飯の量はお茶碗6杯分、卵6個となります。SSと比較すると4倍、Sとの比較で3倍の大きさとなります。

ポムの樹のオムライスの標準の大きさがSサイズなので、通常の3倍ということになり、かなり大きなサイズとなります。Lサイズは一人で食べるというよりは、何人かでシェアして食べるくらいの大きさとなりますが、1人で完食してしまう人もいるという口コミがあります。

サイズに関するTwitterの口コミ

やはり、女の子にはSサイズでも量が多いと感じるようなので、普段の食事の量や、その時のおなかの空き具合に合わせて大きさを選ぶことをおすすめしますが、普段あまり食べる量が少ないのであれば、SSサイズにすることをおすすめします。

Lサイズを家族3人でシェアして食べたという口コミです。家族で仲良くシェアでちょうどよい大きさということになります。

Lサイズでも1人で完食した上に、ハンバーガーを食べたという人もいました。Twitter での口コミでは1人で完食した人もたくさんいます。

ポムの樹はどのサイズがおすすめ?

ポムの樹のオムライスは普段の食事の量や、お腹の空き具合によって食べることができる量は人それぞれではありますが、おすすめのサイズとしてはどのサイズなのかを知りたい人のために、サイズを選ぶうえで何を基準にしたらよいのか、ということを合わせてポイントを紹介します。

ごはんの量を考慮する

ポムの樹では大きさごとにご飯の量が決まっていますので、ご飯の量を基準に大きさを選ぶことをおすすめします。SSだとお茶碗1.5杯分です。一般的にお茶碗1杯分のご飯は150gなので、お茶碗1.5杯分で225gとなります。

同様の計算でご飯の量がSだと300g、Mで450g、Lは900gとなります。通常、炊きあがったご飯の量としては1合約340gというのが一般的なのでポムの樹のSで1合弱、Lだと3合弱の量となります。この量を考慮して大きさを決めることをおすすめします。
 

味付けを考慮する

一般的にオムライスといえば、ケチャップでご飯を味付けしたチキンライスを薄焼き卵でくるんだものに、ケチャップやデミグラスソースなどをかけたものですが、ポムの樹のオムライスはご飯の味付け、上からかけるソースなどにも種類があります。ご飯の味付けについては量が増えるものではありません。

しかし、上からかけるソースによっては、具材が入っているとごはんプラスアルファの量が増えることになります。ソースの味付けこってりしたものかさっぱりしたものかによって、満腹感が変わってきます。ソースの味付けを考慮し、濃厚な味付けなのかさっぱりとした味付けなのかで食べることができる量を見極め大きさを選ぶことも大事です。

ご飯の味付けとしては、濃厚なトマトの甘みが際立つケチャップライス、どんなオムライスにも合うような風味のバター風味ライス、醤油とかつお節の風味の和風ライス、バター風味ライスにスパイシーなカレー風味をつけたカレー味とオムライスのソースに合わせてご飯の味付けがあります。

メニュー表には実際のサイズも記載されている

ポムの樹のメニューではサイズの違いが記載されているので、店頭のサンプルでは大きさがよくわからない、という場合でも大きさを確認することができます。

ポムの樹のメニューのカロリー

ポムの樹のメインのメニューとしてはオムライスです。オムライスの材料はごはんと卵です。ご飯といえば炭水化物ですので、気になるのはカロリーや糖質です。大きさの違いでどのくらいのカロリーの違いがあるのか?またソースによってカロリーがどのくらい変わってくるのか?などを比較しました。

各サイズのカロリー比較

SS、S、M、Lと各サイズによってのカロリーの比較をしてみました。ポムの樹では公式でサイズごとのカロリーを出していないので、一般的なカロリー計算で計算してみました。通常お茶碗1杯分のカロリーは252kcal、卵1個91kcal、バター10gで70kcalとして計算しました。バターはSSで10g、Sが20g、Mで30g、Lサイズが40gとしました。

上記を元に計算するとSS/630kcal、S/917kcal、M/1330、L/2338kcalとなります。成人男性の30歳から49歳までであまり体を動かさない仕事をしている人の1日必要摂取カロリーが2300kcalです。Lサイズは成人男性のほぼ1日分のカロリーに相当するということになります。

これは、ソースやソースに含まれる具材のカロリーは計算に入っていないので、Lサイズの実際のカロリーはもっと高いということになります。

SSサイズの人気メニューのカロリー

ポムの樹で人気メニューといえば、オムライスの定番ケチャップオムライスです。SSサイズのカロリーは791.5kcalです。

そのほかのSSサイズの人気メニューのカロリーは、明太マヨネーズオムライスが860kcal、モッツァレラチーズのトマトソースオムライスが931.5kcal、じっくり煮込んだビーフシチューのオムライスが1056.5kcal、チキンとほうれん草の照り焼きクリームオムライスが1056.5kcalとなっています。

SSといっても、ソースのカロリーまで入れるとカロリー数としてはあまり低いとはいえませんので、ダイエット中の人は注意が必要です。

カロリーオフや糖質オフメニューもある

ポムの樹でオムライスを食べるときにカロリーだけを気にして、お腹が空いているのに大きさを小さいものにダウンしたり、食べたいソースを我慢するのもつらい時は、カロリーオフや糖質オフメニューを利用しましょう。

カロリーオフのメニューとして、ソースがあっさりしているものもありますのでカロリーの少ないソースを選ぶ方法があります。糖質オフの方法としては、ご飯を糖質抜きにするというメニューがあります。

通常なら卵に包まれているのはご飯ということになりますが、糖質抜きにした場合、卵に包まれているのは、玉ねぎ、合い挽きミンチ、プルンちゃんと呼ばれるこんにゃくになります。オムライスというよりは、オムレツとしてメニューに記載されています。カロリーや糖質を制限しているけれど、オムライスが食べたい時におすすめです。

Thumbポムの樹のおすすめ人気メニューランキングTOP15! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ポムの樹はオムライスのサイズに注意

オムライス専門店ポムの樹ではオムライスの大きさを選ぶことができます。普段の食事の量、おなかの空き具合やカロリー、糖質制限などを考えてオムライスの大きさを選ぶことが必要です。

ソースのカロリーが高い場合はサイズを小さくする、糖質制限の場合はオムライスの中をごはんではなく糖質制限ができるオムレツに変更するということができます。ダイエット中でも、カロリー制限や糖質制限ができるので、食べすぎやカロリーや糖質の摂取が多くなりすぎないように気を付けながら、オムライスを楽しみましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング