鍋の具材人気ランキングTOP25!おすすめ・定番から変わり種まで!

鍋は日本人から愛されている料理のひとつです。具材さえあれば、簡単に調理できることから昔から愛されてきました。簡単にできてしまう鍋だからこそレパートリーに悩んでいる方は多くいるのではないでしょうか?今回は、そんな鍋の具材をランキングにして紹介していきたいと思います。簡単な鍋をより一層美味しく食べるために、定番の具材から変わり種までさまざまな具材をお試しください。

鍋の具材人気ランキングTOP25!おすすめ・定番から変わり種まで!のイメージ

目次

  1. 1鍋の具材は何を入れる?
  2. 2おすすめの鍋の具材25~21位を紹介!
  3. 3鍋におすすめの具材20位:トマト鍋には必須?ベーコン
  4. 4鍋におすすめの具材19位:子どもも大好きな鮭
  5. 5鍋におすすめの具材18位:人気急上昇のパクチー
  6. 6鍋におすすめの具材17位:餃子の皮だけが密かにブーム
  7. 7鍋におすすめの具材16位:トマトでヘルシー鍋にしよう!
  8. 8鍋におすすめの具材15位:冬におすすめの鴨肉
  9. 9鍋におすすめの具材14位:丸ごと使うのが通!カマンベールチーズ
  10. 10鍋におすすめの具材13位:海鮮鍋の定番でもある牡蠣
  11. 11鍋におすすめの具材12位:餃子は鍋に入れて水餃子にしよう!
  12. 12鍋におすすめの具材11位:みぞれを入れてヘルシー鍋
  13. 13鍋におすすめの具材10位:ソーセージはどんな鍋にも実は合う
  14. 14鍋におすすめの具材9位:女性から人気のレタス
  15. 15鍋におすすめの具材8位:キノコで栄養分も取り入れよう
  16. 16鍋におすすめの具材7位:名わき役の春菊
  17. 17鍋におすすめの具材6位:鶏だんごは食べ応えも十分
  18. 18鍋におすすめの具材5位:鍋の魚といえばタラ
  19. 19鍋におすすめの具材4位:鶏肉はもも肉が人気!
  20. 20鍋におすすめの具材3位:食べやすさ重視の豚肉
  21. 21鍋におすすめの具材2位:存在感のある長ネギ
  22. 22鍋におすすめの具材1位:鍋野菜の定番でもある白菜
  23. 23さまざまな具材で鍋を楽しもう!

鍋の具材は何を入れる?

日本の食卓に欠かせない料理のひとつでもある、「鍋料理」は様々な食材をひとつの鍋に入れて煮込むだけの簡単料理としても人気です。また、大人数で鍋を囲むのも楽しいひと時を過ごせるように、日本では愛されている料理です。鍋料理は、特に冬場にはおすすめになっており、冷えた身体には鍋の温かさが染み渡ります。そんな鍋料理ですが、皆さんは鍋の具材にはどのようなものをピックアップしていますか?

鍋料理と言っても、現在ではさまざまな味の鍋があります。定番の、寄せ鍋から始まりちゃんこ、キムチ、豆乳など目移りしてしまうくらい鍋の種類があります。その鍋の味に合わせた具材をチョイスするのが一般的ですが、中にはいつも通りの具材で飽きてしまった・・・という方も少なくはないのではないでしょうか?新たな具材を入れてみたいけれど、何を入れたらいいのか分からないという意見もあるようです。

鍋の具材ランキングトップ25を紹介

そんな方に、今回はどんな鍋にでも合う定番の具材から少し変わった変わり種までランキングにしトップ25の鍋具材を紹介していきたいと思います。鍋の具材に困っている方は、ぜひこのランキングから厳選して美味しく楽しい鍋の時間を過ごしましょう。

おすすめの鍋の具材25~21位を紹介!

鍋におすすめの具材25位:ハマる人が続出の変わり種の明太子

鍋に明太子?と思われる方も多いかもしれませんが、実は人気が上がっています。鍋に入れることで加熱され、明太子のプチプチ感がさらに増すことで、食感が楽しめると人気です。また、明太子のぴりっとした味わいがマイルドになるので、子どもでも食べられるのがおすすめです。まだまだ変わり種と言われる具材ですが、もしかするとすぐに定番の具材になる日も来るかもしれません。

明太子を鍋に入れる順番としては、他の具材に火が通った頃に入れると半生な明太子から徐々に火が通った明太子に変わっていくのを楽しめます。辛いのが苦手な方には、たらこも同様におすすめです。明太子もたらこも変わり種ですが、普段から誰しもが口にする食材です。変わり種だからと躊躇せずに、ぜひ味わってみてください。

鍋におすすめの具材24位:郷土料理を味わえるきりたんぽ

きりたんぽは秋田県の郷土料理です。ご飯をつぶして棒状にしているので、満腹感もそれなりに感じられます。きりたんぽにおすすめの鍋は、鶏ガラ系の鍋がおすすめです。郷土料理を味わいたい方は、ぜひきりたんぽを鍋の具材に選択してみましょう。きりたんぽは、しっかり味が染み渡った頃に食べると、もちもちとした食感で味わいも抜群になります。

鍋におすすめの具材23位:高級感を出すのにぴったりな蟹

鍋の高級食材といえば蟹です。蟹が鍋に入っているだけで、嬉しくなりませんか?蟹の栄養成分は、タンパク質やビタミンEが豊富に含まれており、また免疫力を上げる効果も持っているので、特に体調を崩しやすい冬場には、おすすめの鍋具材といえるでしょう。蟹を鍋に入れる順番のタイミングは、他の食材に火が通る少し前に入れるのがおすすめです。蟹を入れたら少し蓋をして蒸すように仕上げてみましょう。

鍋におすすめの具材22位:お手軽鍋具材になる焼売

スーパーに売っている既製品の焼売を鍋に入れるだけという、お手軽な鍋具材です。既製品のものを使用することで、型崩れもなくきれいなまま食べることができます。鍋の具材では、餃子や肉団子が定番ですが焼売はそのどちらの要素も含んでいるので焼売のみ入れるという方も多いようです。今の時点では、焼売は変わり種と言われていますが、実質鍋には合う具材のひとつと言えるでしょう。ぜひ変わり種の焼売を試してみてください。

鍋におすすめの具材21位:キムチ鍋におすすめの納豆

鍋具材の中でも変わり種の代表ともいえるのが納豆です。納豆を鍋に入れてしまったら鍋の味が落ちてしまうのではないか?と思われる方も多いかもしれませんが、実は変わり種と言われる納豆が鍋具材では「美味しい」と人気になっています。ねばねば感は多少あるものの納豆自体の独特な香りなどはまろやかになり、鍋の中でもキムチ鍋に一番合うと好評です。

そして、注目するポイントは納豆の栄養価の高さにあります。納豆には、人間に必要な栄養素がしっかり含まれています。また、食物繊維も豊富なので鍋からしっかり栄養を摂取できるのは嬉しいことです。納豆を鍋に入れる順番は、他の具材に火が通ってから回し入れるように鍋にかけましょう。キムチと納豆が融合し、今まで味わったことない美味しいキムチ鍋が食べられます。

鍋におすすめの具材20位:トマト鍋には必須?ベーコン

近年人気を博しているトマト鍋は、今までの鍋の概念を覆す味わいで特に女性からの人気の高い鍋になっています。和風が主になっていた鍋の世界に、突如現れたイタリアンな鍋はその具材も今までの鍋とはまた違ったもので楽しめます。そんなトマト鍋におすすめの具材として挙げられるのがベーコンです。トマト鍋なので、ベーコンとの相性は確実と言っても過言ではないです。

トマト鍋におすすめのベーコンは、薄切りではなく厚みのあるベーコンを使用しましょう。薄切りでも美味しく味わうことができますが、厚切りのベーコンの方が食べ応えもあり具材として入れるのであれば厚切りがおすすめになっています。トマト鍋は、出始め当初は変わり種の鍋と言われていましたが、今では定番の鍋として愛されているので、飲食店でも見かけることもあります。ぜひトマト鍋にはベーコンで美味しく味わいましょう。

鍋におすすめの具材19位:子どもも大好きな鮭

子どもからの支持の高い鍋具材のひとつとして挙げられるのが鮭です。魚が苦手な子どもでも、鮭はクセも少なく鍋に入れて煮ることで、余分な脂も落ちるので食べやすくなり普段塩焼きは食べない子どもでも、鍋の鮭は食べてくれるなどの意見も多くある具材です。また、男性からも人気があり、鍋に鮭を入れるとすぐになくなってしまう家庭も多いのではないでしょうか?それほどまでに定番の具材のひとつになっています。

鮭を鍋に入れる順番は、野菜を入れた後に野菜の上に乗せるように入れるのがポイントです。そうすることで、鮭が鍋の底に沈んでしまうのを防ぎます。また、鍋に鮭を入れる際は簡単にぶつ切りにするだけでいいので、準備も簡単に行えます。

鮭は栄養の塊と言われています。DHAやEPAが豊富に入っており、この栄養分は子どもの悩の発達にも役立つ栄養素と言われています。また、ビタミンが豊富な鮭は、ダイエット食材にも向いています。鍋に入れることで鮭の余分な脂は落ちるのでダイエット効果を望む方はぜひ鮭を取り入れてみましょう。

Thumb鮭の栄養と効能は?アンチエイジングに効果的な食べ方を調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材18位:人気急上昇のパクチー

パクチーブームによって、パクチーがランキング入りしています。パクチーは女性人気が高いことでも有名です。もちろん葉物なので鍋には最適な具材といえるでしょう。鍋に入れることによって、パクチーの独特な風味が緩和されるので食べやすさが上がるという点では評判が高くなっています。なかなか飲食店でパクチーを食べる勇気が出ない方は、まずは自宅の鍋料理でパクチーを味わってみてはいかがでしょうか?

パクチーの入れる順番のタイミングとして、パクチーそのものの味わいを楽しみたい方は鍋が出来上がった直後に入れましょう。パクチーの独特な風味が苦手な方は、その他の葉物と一緒に入れ、少し火を通すのをおすすめします。

パクチーには、疲労回復の効果があるので女性のみならず男性にもぜひ食べていただきたい食材になります。また、女性が好んで食べているのにも、このパクチーの栄養価が注目された背景があります。その栄養価とは、女性ホルモンの働きをサポートする効能を持っているからです。これにより、女性からの支持が高くなっているポイントのひとつと言えるでしょう。

Thumbパクチーの栄養・効能が凄い!美容と健康にいい食べ方とは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材17位:餃子の皮だけが密かにブーム

皮だけでは美味しくないのでは?と思われる方も多いことでしょう。実は、もつ鍋などにこの餃子の皮だけを乗せるスタイルの飲食店も多くあります。餃子の皮だけで何が美味しいのだろう?と思う方は、ぜひ一度試していただきたい鍋の具材です。鍋に餃子の皮を入れることで、水分を吸収し、少しとろみのある餃子の皮はぽん酢につけて食べると、より一層美味しく食べることができます。

餃子の皮を鍋に入れる際は、入れる順番のタイミングに注意しましょう。煮込みすぎてしまうとトロトロになってしまい行方が分からなくなってしまうという経験者もいますので、出来上がった鍋の上に数枚敷き詰めるように乗せ、少し水分を吸ったところですぐに食べるのがおすすめです。餃子の皮はスーパーなどに手頃な価格で販売されていますので、コストもかかりません。

おすすめの食べ方は、餃子の皮で鍋の具材を挟んで食べるのが通の食べ方です。葉物などを丁寧に餃子の皮で包むことによって、今までの鍋では体験のできなかった鍋の食べ方のひとつとして定番化することでしょう。変わり種と言われればそれまでですが、実際に具材として使用してみることでその美味しさを発見するタイミングになることと思います。

鍋におすすめの具材16位:トマトでヘルシー鍋にしよう!

変わり種と言われていたトマト鍋が定番化する中で、トマトを鍋に入れるのも流行っています。トマトを入れるのは、トマト鍋のみならずさまざまな鍋にトマトを入れる方が増えています。トマトを鍋に入れるのは、まだまだ変わり種と言われていますが、トマトは湯がくことで甘みが増し、また食べやすくなります。そのため、鍋に入れることで美味しさを実感することができるのです。

トマトは、鍋に入れて煮込みすぎてしまうと型崩れの原因にもなるので、一口大にカットしたトマトを鍋に入れる順番としては最後の方がおすすめです。トマトの旨味をそのままに楽しみたい方は、さっと湯がく程度にし、和風だしにトマトの酸味を加えたい方は型崩れする寸前くらいに食べると鍋の味わいも段々と変わってくるので簡単に味の変化を楽しめる鍋に変化します。

トマトにはリコピンが豊富に入っている食材です。そのリコピンの吸収率は、生で食べるよりも加熱した方が多く摂取できると言われています。そのため、鍋に入れて加熱することでより多くのリコピンを摂取することができるので栄養価を高める食べ方のひとつに、鍋の具材として使用するのが最適で効果的な食べ方と言えるでしょう。

Thumbトマト鍋におすすめの具材と作り方!簡単レシピと人気のシメも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材15位:冬におすすめの鴨肉

近年、スーパーなどでも販売のされることの多くなった鴨肉は冬場になると脂がたくさん乗っておりとても美味しく食べることができます。まだまだ変わり種としての扱いを受けている鴨肉ですが、鍋の具材として使用することでとても美味しく食べることができます。その際はしっかりと火を通すようにしてから食べるようにしましょう。

鴨肉を鍋に入れる際の順番は、肉物と一緒に入れるのがおすすめです。火をしっかり通して食べていただきたいお肉なので、十分に加熱を行ってから食べるようにしましょう。なかなか手に入らない鴨肉ですが、冬の鍋の定番と化すくらい美味しく食べることができるので、入荷するスーパーを調べておいてもいいかもしれません。

鴨肉は、女性に嬉しい栄養効果がたくさん詰まっています。鴨肉を食べると若返るともいわれているスーパーフードなので、女性には特に摂取してほしい食材です。肌荒れや疲労への効果のあるビタミンBや、鉄分が含まれていますのでその鉄分が老けこみの防止効果を発揮します。

鍋におすすめの具材14位:丸ごと使うのが通!カマンベールチーズ

最近何かと話題になっているのが、カマンベールチーズです。カマンベールチーズを鍋に入れるとは?と疑問に思う方も多いかもしれません。カマンベールチーズを鍋の具材として使用する際は、丸ごと1個をそのまま鍋の真ん中に入れるのがおすすめです。変わり種と言われるかもしれませんが、鍋の中でゆっくり溶けていくカマンベールチーズは、一度食べたらやみつきになること間違いなしです。

カマンベールチーズを入れる順番のタイミングとしては、鍋に具材を一通り入れた後に真ん中にカマンベールチーズを入れるだけなので、簡単に行えます。定番の鍋にアクセントを加えたい方にはおすすめの具材になっていますので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?鍋パーティーや女子会の際にはおしゃれにカマンベールチーズを入れて食べると変わり種の入った鍋が会話を広げてくれます。

鍋におすすめの具材13位:海鮮鍋の定番でもある牡蠣

鍋の海鮮の中でも定番である牡蠣は、鍋に入れることでぷりぷりの食感になり美味しく味わうことができます。また、低カロリーな牡蠣は女性からも男性からも好まれる食材です。少しクセのある牡蠣は、苦手な方も多いですが鍋に入れることで牡蠣の栄養分が鍋に染み出すので牡蠣を食べずとも牡蠣の栄養を感じられます。冬の海鮮鍋には定番の牡蠣は必須食材です。大きめの牡蠣を選ぶと火を通した際にちょうどいい大きさになります。

牡蠣を鍋に入れる際には、野菜類を入れた後にゆっくり鍋の中に入れるようにしましょう。順番を逆にしてしまうと鍋の底に牡蠣が沈んでしまい、見つけにくくなってしまう可能性があります。なので、野菜の上に優しく乗せるようにして牡蠣に火を通しましょう。

海のミルクとも呼ばれている牡蠣は、海鮮の中でももちろん栄養素が豊富にある食材です。免疫力が高まる効果を持っていたり、血液を作る効果も持っています。また、ヘルシーな食材なのでカロリーの気になる方にもおすすめです。ですが、牡蠣は食べ過ぎないことが大前提ですので、食べすぎずに牡蠣を楽しみましょう。

Thumb牡蠣にあたると二度と食べられない?生食と加熱用の違いと対策法! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材12位:餃子は鍋に入れて水餃子にしよう!

餃子を鍋に入れるのは、ここ最近では定番にもなっています。冷凍でもいいですし、冷蔵の既製品の餃子でも美味しくいただくことができます。また、手作りの餃子を使用しても美味しくいただくことができます。既製品は、そのままの餃子の味を楽しめますし、手作りでしたらいろいろなアレンジを加えることができます。さまざまな味の餃子を楽しみたい方は、手作りするのをおすすめします。

自分で餃子を作って鍋に入れる際に注意していただきたいのが、具を多く詰めすぎないことです。具を多く詰めてしまった手作りの餃子は、鍋に入れると皮から具が出てきてしまい鍋の中で具材が出てきてしまいますので注意が必要です。既製品は、皮も厚くなっているものもありますし、水餃子用の餃子でしたらそのまま鍋に使用することが可能です。

Thumb水餃子のカロリーと糖質量は?1個あたりのカロリーとダイエット中の食べ方! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材11位:みぞれを入れてヘルシー鍋

テレビで紹介されてから、瞬く間に人気になったのがみぞれ鍋です。具材の認識としては少し外れる可能性がありますが、今このみぞれを鍋の具材として取り入れる方が多くいます。みぞれは、大根おろしのことを指しています。鍋に使う大根おろしはかなり量いるので、根気よく大根をおろさないといけません。多ければ多いほど他の食材と絡まり合い全ての食材が美味しく楽しめます。

みぞれ鍋は、見た目も今までの鍋とは違うので人を招いて鍋を出すときに驚かれるかもしれません。まだ変わり種の鍋なので、驚く顔を見たいという方にはおすすめの鍋になっています。みぞれは、他の食材に火が通った後に全ての食材に乗せるように大根おろしを入れていきます。回し入れるようにして入れましょう。

大根には、免疫力を高める効果が期待できます。冬場などの寒い日や、体調を崩しやすい季節には、みぞれ鍋で身体を温めて免疫力の向上を図りましょう。

Thumb大根おろしの効果効能についてまとめ!胃腸や免疫力アップの万能食材? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材10位:ソーセージはどんな鍋にも実は合う

子どもも好きな定番食材といえば、ソーセージです。鍋に入れることでソーセージの皮の部分に張りが出るのでパリッとした食感が楽しめます。ソーセージにおすすめの鍋は、トマト鍋や豆乳鍋がおすすめです。子どもも一緒に美味しく味わうことができるのでぜひソーセージは多めに用意してみましょう。また、大人のみの場合はキムチ鍋に入れても美味しく食べることができます。基本的にソーセージはどの鍋とも相性は抜群です。

ソーセージはいいタイミングで取り出さないと、パリッとした食感になりません。そのため、鍋に入れる順番のタイミングを見計らって入れないといけないのです。おすすめのソーセージの入れるタイミングとしましては、野菜やお肉を入れた後の鍋を食べる少し前がおすすめです。食べ始めた時にちょうどソーセージに火が通っているくらいを目安にソーセージを入れましょう。定番のソーセージを美味しく食べましょう。

鍋におすすめの具材9位:女性から人気のレタス

女性から人気のあるレタスは、しゃぶしゃぶのようにサッと湯がくようにして食べるのがおすすめです。シャキシャキ感がより一層強くなり、レタスのおいしさを存分に堪能できます。レタスは手で適当な大きさにちぎるだけなので準備も簡単に行うことができます。また、レタスで他の具材を包むようにして食べるのもおすすめです。その際にポイントになるのがレタスの大きさです。小さすぎると挟むことができないので注意しましょう。

レタスは、免疫力アップに繋がる栄養素がたくさん入っています。その効果は野菜の中でもトップクラスに君臨するほどです。なので、最近疲れが取れない、風邪を定期的に引いてしまう、という方はぜひ身体の温まる鍋で免疫力アップが期待できるレタスを食べましょう。サラダでも美味しいレタスですが、鍋に入れることでまた違った美味しさが楽しめます。子どもにもぜひ食べさせたい具材のひとつです。

鍋におすすめの具材8位:キノコで栄養分も取り入れよう

キノコ類は鍋にとても合う具材です。鍋の定番のキノコといえば、シイタケやえのきではないでしょうか?シイタケやえのきももちろんおすすめですが、実はその他のキノコも鍋にはおすすめです。ぶなしめじやマイタケと言ったキノコ類も栄養が豊富に入っています。鍋をする時には、積極的にキノコ類を消費するのをおすすめします。

キノコはコストもあまりかからず、袋から取り出しそのまま鍋に入れることができます。なので調理も簡単で好まれる具材のひとつです。鍋に入れる順番としては、葉物を入れた後にキノコ類を入れるのをおすすめします。簡単に鍋をしたい時でも、キノコ類を入れるだけで鍋の中が豪華になるので、鍋には欠かせない存在です。

キノコ類は、食物繊維が豊富な具材なので便秘に悩みがちな女性にはぴったりの食材です。さまざまなキノコを鍋で楽しみましょう。

Thumbえのきの栄養と効果効能は?冷凍で栄養成分がどうなるか調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材7位:名わき役の春菊

鍋の名わき役ともいわれている春菊は、年配の方はもちろんパクチーの変わりに春菊を入れる方もいるほど人気の野菜です。少し苦みがあるので、子どもには向いていませんが、中には鍋の春菊だけは食べるというお子様もいます。春菊は、火の通りがとても速いので鍋に入れる順番には注意しましょう。しなしなになってしまった春菊よりも、少しシャキッとしている春菊の方が食べ応えがあります。

春菊は、好き嫌いがはっきり分かれる野菜ですがその栄養効果は抜群になっています。春菊は、高血圧やむくみに効く成分が入っているので、女性や高齢者の方には特におすすめの具材になっています。春菊を使った料理が思いつかない・・・という方も、鍋にしてしまえば春菊を効率よく摂取できるので、やはり鍋に入れるのが春菊を摂取する一番の方法と言えます。

Thumb春菊の栄養と効能が凄い!効果的な食べ方とは?【食べ過ぎ注意】 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材6位:鶏だんごは食べ応えも十分

大人も子どもも大好きな鶏だんごは、鍋の中の隠れた主役にもなりつつあります。定番といえる鶏だんごはスーパーに行くとすでに形のできているものも販売されているので、簡単に手に入れることができます。また、手作りの肉団子では、チーズやバジル、軟骨を入れてみたりなどして、味の変化を楽しむことができます。また、寒い冬には多めに生姜を入れた鶏だんごで身体をポカポカにするのもおすすめです。

鶏だんごは、中までしっかりと火を通すことが重要です。なので、鍋を作り始める最初の方から鍋に入れておくといざ食べるときにすぐに口に運んでいくことができます。手作りの鶏だんごはスプーンを2つ使用してきれいに丸くしてゆっくりと鍋の中に入れると型崩れなくきれいな状態で食べることができます。既製品ももちろん美味しいですが、ぜひ自分好みの鶏だんごを作ってみてください。

鍋におすすめの具材5位:鍋の魚といえばタラ

鍋に入れる魚といえば一番に名前の挙がってくるのがタラです。白身魚のタラは鍋で煮ることによってふわふわの身とタラの風味が口の中いっぱいに広がります。タラは、骨もそこまで多くなく鍋には適している魚と言えるでしょう。一口大にカットしてから鍋に入れ、身が崩れないようお玉などですくって取り皿に入れるようにしましょう。鍋の隅に入れると、型崩れしにくいので参考にしてください。

タラは型崩れが心配になります。鍋に入れる順番のポイントとして周りの野菜類などは固いものがないところに入れましょう。また、タラの美味しい見分け方の簡単なポイントとして、やはり身がしっかり詰まっていて、白さが均等になっているものが美味しいタラです。せっかく食べるのであれば、美味しいタラを食べたいと思います。タラを購入するときも、しっかり見極めて購入するようにしましょう。

タラには、生活習慣病に効果のあるタンパク質が豊富に入っています。また、髪の毛や爪などを作るのに大切な成分でもあります。魚嫌いな子どもでも、クセのないタラは食べやすいので、ぜひ子どもから大人まで摂取してほしい栄養がつまった食材になっています。

鍋におすすめの具材4位:鶏肉はもも肉が人気!

簡単に鍋を作りたいときの肉物でおすすめなのが、鶏肉です。その中でももも肉は柔らかさもあり、風味もしっかり鶏の味わいが感じられます。簡単鍋では、定番の野菜と鶏肉で鶏鍋をしてみてはいかがでしょうか?そこにひとつ変わり種を入れてみるなど工夫することで、飽きのこない鍋を何度も楽しむことができます。鍋にもも肉を使用する際は、一口大にカットし、必ずしっかり火を通しましょう。

もも肉を鍋に入れていく順番は、最初の方で入れてしまうのをおすすめします。やはり、大きめにカットされたもも肉は火がしっかり通るまで少し時間がかかります。入れていく順番を後回しにしてしまうと鍋をいざ食べよう、となったときにもも肉にだけ火が通っていない・・・なんてことになりかねません。そんな失敗をしてしまわないように、もも肉にはしっかりと火が通るよう順番は最初の方に鍋に入れていきましょう。

鶏肉は、タンパク質の高さが一番聞いたことがある栄養素ですが、それだけではなく美肌に繋がるコラーゲンなど多くの嬉しい栄養素が含まれています。また、脂分も少ないお肉のひとつなので、ダイエット効果も期待できます。ついつい食べ過ぎてしまう鍋では、脂肪分の少ない鶏肉を使用するのをおすすめします。

Thumb鶏胸肉のカロリーと栄養は?ダイエットにもおすすめの活用レシピあり! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材3位:食べやすさ重視の豚肉

豚肉は肉類の中でも一番の不動の人気を誇っています。火の通りも早く、さまざまな鍋に適応している豚肉は、どの鍋にもぴったりなので鍋の肉類に困ったときには豚肉を選択するのをおすすめします。豚肉にも、さまざまな種類がありますが、バラとロースはしゃぶしゃぶにも使用されているので馴染みが深いのではないでしょうか?バラは脂肪分が多めなのでカロリーなど気になる方にはロースがおすすめです。

豚肉は、簡単に火が通ってしまいますので食べるときに鍋に入れるのがおすすめです。長く鍋に入れてしまうと豚肉の成分から固くなってしまうので、豚肉の全体に火が通ったらすぐに食べるのがベストな食べごろになります。豚肉は、なるべく薄めのものを購入するのがおすすめになっており、一気に鍋にいれてしまうのではなく順番に鍋へ投入しましょう。豚肉の場合はすでにカットがされていますので簡単に鍋が開始できます。

鍋におすすめの具材2位:存在感のある長ネギ

鍋の中でひときわ存在感があるのが長ネギではないでしょうか?鍋の汁気を吸った、味が染み込んだ長ネギはとても美味しく、鍋の具材には欠かせない存在です。長ネギを鍋に入れる際の順番には、どのようにして長ネギを食べたいかによって順番が変わります。

長ネギのクセのあるネギ感を楽しみたいのであれば、外側のみ味の染み込んだ状態の長ネギが美味しく食べることができます。長ネギは苦手だけれども、鍋の長ネギは食べたいという方は中までしっかり味が染み込むまで鍋の中で泳がせておきましょう。また、鍋の定番の長ネギは斜め切りのものですが、長ネギを白髪ねぎにしてしゃぶしゃぶのように楽しむのが通の食べ方になっています。

Thumbねぎの栄養と効果効能を調査!食べ過ぎに気を付けたい理由とは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋におすすめの具材1位:鍋野菜の定番でもある白菜

不動のランキング第1位は、どの鍋にも欠かすことのできない白菜が1位となりました。歯ごたえのある芯に近い部分と葉の部分とで食べ応えが全く違う白菜は1つで2度楽しめる野菜になっています。白菜を鍋に入れる際は、芯の付近のものから先に入れ、葉の部分は最後に入れるようにしましょう。そうすることで、鍋の中の白菜が均等の食べ応えになります。

なぜ、白菜が鍋の定番野菜になったのでしょうか?それは古くから言い伝えられている精進料理の材料のひとつだったからと言います。冬の健康維持には欠かせない野菜とも言い伝えられている白菜は、冬に多く登場する鍋の定番の野菜になるのに理由は要りませんでした。そのため、昔から白菜は鍋の定番野菜として愛されてきたのです。

Thumb白菜の栄養と効果効能は?効率よく栄養成分を摂る調理法を調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

さまざまな具材で鍋を楽しもう!

鍋におすすめの具材ランキングトップ25を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?変わり種から定番までさまざまな食材が並びました。鍋は、もっとも簡単な料理のひとつですが、具材に変化をもたらすことによって、さまざまな鍋を楽しむことができます。簡単ですぐにできる鍋のレパートリーを増やして、食べたことのない変わり種で新たな鍋を発見していきましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ