亀戸餃子・本店は行列が出来る人気店!営業時間や店舗情報も紹介!

亀戸餃子は東京の餃子の中でも一際有名で美味しいと話題であり、行列ができるほどの人気店となっています。そんな亀戸餃子の本店やその他の店舗はどこにあり、どのような餃子が食べられるのか実に気になるものです。餃子好きなら一度は行っておくべき名店と言われている亀戸餃子について、今回は営業時間や店舗情報、さらにはどんな餃子が食べられるのか・どんなメニューがあるのかについても掘り下げます。

亀戸餃子・本店は行列が出来る人気店!営業時間や店舗情報も紹介!のイメージ

目次

  1. 1亀戸餃子に行ってみたい!
  2. 2亀戸餃子本店について紹介
  3. 3亀戸餃子の餃子について詳しく解説
  4. 4亀戸餃子の支店について紹介
  5. 5亀戸餃子の本店以外の店舗で食べられる人気メニューを紹介
  6. 6亀戸餃子本店や支店で本格的餃子の味を味わってみよう!

亀戸餃子に行ってみたい!

亀戸餃子という名店の名前は餃子好きの間では聞いたことがないという人は少ないほどかもしれません。それほど有名な人気店である亀戸餃子は、なんでも他の餃子屋とは全く異なるスタイルで人気を博し、実際に行列ができているほどの人気ぶりのようです。亀戸餃子とは、果たしてどんな餃子屋であり、どんな餃子が食べられるのでしょうか?

今回は、そんな話題の亀戸餃子本店の営業時間や店内の様子、メニューや味について詳しくみていくとともに、本店以外の店舗の様子やメニューなどについてもチェックしていきます。餃子好きはこぞって夢中になっているという亀戸餃子では目から鱗の餃子体験ができると言われていますから、餃子好きとしては見逃すわけにはいかないでしょう。

Thumb神保町で餃子のおすすめ・人気店はココ!絶品の専門店ランキング | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

亀戸餃子本店について紹介

亀戸餃子は本店以外の店舗も人気となっているようですが、まずはやはり本店を訪れてその絶妙な味わいを確かめたいものです。そんな亀戸餃子本店は亀戸にある人気の餃子屋となっていますが、行列ができるほどだと言われています。亀戸餃子の本店の場所や営業時間、店内の様子などの基本的な部分をまずはチェックしていきましょう。

亀戸で行列ができる人気の亀戸餃子

亀戸餃子は特に東東京エリアでは有名で人気度の高い餃子屋のひとつとなっていますが、亀戸餃子は行列ができることも珍しくないような人気の餃子屋のようです。亀戸は東東京の下町エリアの代表格であり、そんな下町エリアに馴染んだ名店こそが亀戸餃子です。平日でも連日多くの人が絶品と名高い餃子を求めて列をなしているようなのです。

亀戸天神などのスポットがある上にスカイツリーなどからも近いことから、グルメだけでなく観光などでも人気のエリアに亀戸餃子はあります。そしてグルメ的には特にB級グルメの名店が多い地域とされており、その中でも1956年創業で老舗と呼ばれる亀戸餃子は、現在でも行列が絶えず亀戸で餃子といえばここというほどの名店なのです。

そんな亀戸餃子では平日でも6000個ほどの餃子が、休日では1万を超える個数の餃子が売れるとも言われています。現在では2代目に引き継がれている亀戸餃子の味ですが、戦後の高度成長期から愛され続けているその味は、現在年配の方だけでなく若い女性などにも人気であり、スタミナをつけようと多くの人が30分以上待ちをも厭わず並んでいます。

亀戸餃子本店の場所と営業時間

そんな東東京エリアでは特に人気の亀戸餃子は、果たしてどこにあるのでしょうか?亀戸餃子はその名前の通り亀戸にあるお店ではありますが、JRの亀戸駅からも東武亀戸線からも徒歩1分であり、亀戸駅北口を出てロータリーを渡り、細い道を入ったらすぐ右手に見えてくる赤い字の暖簾のお店が亀戸餃子であり、かなりアクセスは簡単でしょう。

亀戸駅から近いということで周辺の散策や観光などをした上で腹ごしらえとして亀戸餃子の餃子を楽しむという楽しみ方も実におすすめとなっています。アクセスがかなり簡単であることも魅力的ですが、さらに無休であるという点も多くの人から評価されている点であり、土曜日も日曜日も平日と変わらず多くの人で賑わう人気店となっています。

そんな亀戸餃子の営業時間は、昼の11時から夜の6時半までとなっています。オープンが11時と遅めでありお昼時でもあるので、開店直後から満席となり行列ができることも珍しくありません。昼の15〜16時台などは比較的空いていますが、休日は営業時間全体を通して途切れなく多くの人で賑わっており、多くの人がその餃子に舌鼓を打っています。

亀戸餃子の店内の様子

そんな大人気の亀戸餃子本店の営業時間やアクセスなどもチェックした上で絶品餃子を食べに訪れたいものですが、果たして亀戸餃子の店内とはどうなっているのでしょうか?亀戸餃子本店は写真のようにシンプルで庶民的な大衆食堂の雰囲気となっており、だからこそ年代や性別問わずに多くの人が気軽に訪れ餃子を楽しめる人気店なのでしょう。

最近では餃子や中華でもモダンで洗練された印象のお店も増えていますが、1956年創業でその当時からのエッセンスを崩さずに営業している亀戸餃子ではドリンクメニューの立て札が壁に並び、昔ながらのポスターなども多く貼られている昭和な雰囲気が特徴的です。店内は40席ほどと決して狭くはありませんが、満席が続くことが多いようです。

そして何と言っても中央で焼かれ続ける餃子のよい匂いとよい音が、庶民的で落ち着く雰囲気をさらによいものにしており、多くの人が餃子をビールとともに流し込んだり楽しそうに談笑したりしている心地よい雰囲気となっています。下町風の大衆食堂然として雰囲気の中で食べる絶品餃子は、初めてでもノスタルジーを感じずにはいられません。

メニューは餃子のみの専門店

営業時間全体を通して混んでいることの多い亀戸餃子は、営業時間前や営業時間の中でも空いている時間帯などを狙って訪れるのもアリですが、庶民的な雰囲気に酔いしれることもできそうです。そんな亀戸餃子の食事メニューはなんと餃子のみとなっており、だからこそシンプルに訪れる人がこぞって餃子を求めているということになります。

そして餃子のみであるにも関わらず連日行列が絶えないほどの人気店である亀戸餃子は、一皿250円という価格で餃子を提供してきます。着席と同時に餃子を注文することになり、最初の餃子はすぐに卓上に運ばれてくるようです。食事メニューは本当に餃子のみであり、あとは個数の問題だけとなるため、残念ながらライスなども存在しません。

亀戸餃子を訪れる多くの人がライスが欲しくなる美味しさと言っていますが、ドリンクメニューは豊富な亀戸餃子ですから、亀戸餃子ではぜひビールと餃子を合わせるというのもアリでしょう。ビールは小サイズで350円、大で550円ということで、餃子とビールのみでも仕事帰りに1000円以下で楽しめてしまうというのは実に嬉しいものです。

餃子は持ち帰りも可能!

メニューは餃子のみであるにも関わらず営業時間内は多くの人が列をなしている超人気店の亀戸餃子ですが、亀戸餃子のそんな餃子は持ち帰りも可能となっています。亀戸餃子の餃子テイクアウトは2皿分から注文することができるので、500円で絶品餃子を持ち帰られるのは実に魅力的であり、遠方から来た人などにもおすすめとなっています。

そして亀戸餃子の持ち帰り餃子は生のものと焼き餃子から選ぶことができ、ラー油と辛子が付いてくるのも嬉しいものです。生のものを持ち帰って家でじっくり楽しむのもアリですが、焼き餃子の場合には臭わないようにビニール袋に入れてもらうことも可能となっています。その場合には、注文時に袋が欲しい旨を伝えるだけでよいようです。

また、亀戸餃子ではほとんどの人がイートインしていきますが、特に生餃子のテイクアウトの列に関しては進みがかなり早いために、待ち時間が嫌だという人は営業時間内に訪れ餃子を持ち帰って楽しむのもアリでしょう。営業時間内のかなり混んでいる時間帯でもテイクアウトであればストレスなく持ち帰り、家でゆったり楽しむことができます。

亀戸餃子の餃子について詳しく解説

ここまで話題の亀戸餃子本店について、アクセスや営業時間なども含め基本的な部分をみてきました。そんな亀戸餃子本店は基本的に食事メニューは餃子のみとなっており、お酒と一緒に餃子を楽しむこともできます。さらに餃子はテイクアウトも可能ということですが、そんな亀戸餃子の餃子とは具体的にどのような餃子なのでしょうか?

注文は2人前から

亀戸餃子の餃子に関してまず知っておきたいことのひとつとしては、注文に間することが挙げられます。亀戸餃子の餃子の注文は基本的に2人前からとなっており、1人前分は250円と決められているために最低でも500円〜ということになります。しかしたったの500円の餃子とドリンクを合わせても1000円以下でお腹を満たすことができそうです。

そして一皿の餃子の内容量は5個となっており、ご飯などと合わせるとちょうどよい量だと言えるかもしれません。しかし亀戸餃子ではご飯なども含めて餃子以外のフードメニューがないからこそ、たとえ一人だとしても2〜4人前程度を頼むという人が多いです。そしてたとえ餃子を20個食べたとしてもたったの1000円というのは驚きでしょう。

また、最低ロットは2人前で500円となっているものの、追加分に関しては一人前分から追加していくことができます。そしてソフトドリンクや果実酒などはたったの150円であり、ビールに関しても350円となっており、餃子との相性も抜群です。尚一人最低でも10個食べないといけないわけですが、軽めなので女性でもペロリと平らげられそうです。

わんこそば並みに次々と出てくる

そして亀戸餃子の餃子というのはわんこそば並に次々と登場するという点も特徴的だと言えます。亀戸餃子では営業時間内を通して常に餃子が焼き続けられており、満席の状態で注文が立て込んでいても注文から提供までの時間はかなり短いのも魅力的です。つまり、焼きたての餃子を店内に入り着席するなり楽しめるというわけなのです。

やはり亀戸餃子はフードメニューを餃子のみに絞っているだけあり、オペレーションも非常にシンプルなために最大限の効率化を図ることができているようです。そのため、餃子のみではあるもののそもそも餃子を求めに人々がやってきているからこそ、求めている美味しい餃子を注文してからわんこそばのようにすぐに食べられるのは嬉しいものです。

わんこそばならぬわんこ餃子と言われるほどのスピード感に、思わずなんどもお代わりしてしまうという人は多いかもしれませんが、ライスがない分大食漢の人に限らず女性であっても軽々数皿を平らげてしまうという光景は亀戸餃子ではお決まりとなっています。餃子だけだからこそ、餃子に集中してとことん楽しんでみてはいかがでしょうか?

餃子はたっぷりと野菜が使われた小振りサイズ

営業時間内は満席が途絶えないと言われているほどの人気ぶりとなっている亀戸餃子ですが、そんな亀戸餃子の餃子とは具体的にどのようなものなのでしょうか?亀戸餃子の餃子は通常の餃子に比べてやや小振りサイズであるのがまず特徴的となっています。そのために最低ロットの2皿分は少食の女性でもペロリと平らげられてしまうのです。

そして内容的には、野菜がたっぷりと使用されており女性にも嬉しいものとなっています。肉主体の餃子というのもがっつりで魅力的ではありますが、あくまで亀戸餃子の餃子は野菜メインとなっており、しかしニンニクがたっぷりのためにスタミナをつけるのにはうってつけです。薄めの皮はパリッとした軽快な食感に仕上がっているようです。

そんな薄皮とシャキシャキ感がたまらないキャベツとの食感のコントラストも実に魅力的だと言えるでしょう。そのままではかなりシンプルで薄味ですが、ラー油と醤油をつけて食べると非常にバランス感がよくなります。餃子なのになんとなくヘルシーな気さえするほど、食べやすく軽めの餃子こそが、名店亀戸餃子の餃子のようです。

人気の餃子の味は?

そんな亀戸餃子では、皿の上の個数が少なくなってくると店員さんがお代わりに付いて訪ねてくることもあり、それに対してイエスと答えた暁には、すぐさま卓上に次なる餃子の皿が届くというほどスピード感にあふれています。もはや餃子をただ食べているだけでなくエンタメでもあると言えるほどですが、もちろん味も抜群のようです。

そんな亀戸餃子は、口コミなどでも特に女性からの評価が高く、軽くてさっぱりと食べやすかったという声は非常に多いようです。軽いにも関わらずシャキシャキ感とパリパリ感は健在であり、餃子を食べているという感覚が強いのも魅力的なのではないでしょうか?そしてラー油なども自家製無添加のものにこだわっているのが魅力的でしょう。

名店の餃子というとなんとなくかなり濃厚でガッツリとしているようなイメージもありますが、あくまで亀戸餃子の餃子は軽めの仕上がりになっているですから驚きです。そしてそんな軽めな上に餃子以外のメニューがないからこそ多い人では10皿以上食べるというケースも少なくないほどで、文字通り老若男女に愛されている餃子屋なのです。

亀戸餃子の支店について紹介

ここまで口コミでも高く評価されている亀戸餃子本店について営業時間からその餃子の味まで含めて詳しくみてきました。そんな亀戸餃子は本店以外にも店舗があると言われていますが、本店以外の店舗はどのようなお店なのでしょうか?餃子好きから熱く支持されている亀戸餃子の本店以外の店舗は、本店とはまた違ったよさがあるようです。

亀戸餃子錦糸町店

亀戸餃子の本店以外の店舗のひとつが、錦糸町店です。錦糸町は多くの線が乗り入れており亀戸からもJR線で2分という場所にあります。そんな錦糸町はやはり多くのビジネスマンが集まっており、仕事終わりなどに亀戸餃子錦糸町店に立ち寄って美味しい餃子を食べていくという人が多いです。

そんな亀戸餃子錦糸町店は、錦糸町駅南口から徒歩4分の位置にある店舗であり、席数はカウンターのみの15席となっています。そして営業時間は平日は11時半から20時半まで、土日はなんと9時半から18時までとなっています。そのため、亀戸餃子の店舗の中でも休日の朝活に利用するという人さえいるようです。

そんな亀戸餃子錦糸町店では、亀戸餃子本店では提供していないご飯もののメニューも充実しており、餃子を食べつつガッツリご飯もので腹を満たしたいという人のニーズにも応えています。本店より席数の少ない店舗ですが餃子以外のメニューも含めて多くの人が訪れる店舗です。しかし、早朝であれば比較的混雑していないようです。

亀戸餃子両国店

続いて紹介する亀戸餃子の本店以外の店舗は、両国店です。両国は東東京下町エリアの中でも相撲の町として知られている人気エリアですが、そんな両国でも亀戸餃子は大人気となっているようです。そんな亀戸餃子両国の店舗は両国駅から徒歩2分となっていますが、これは大江戸線の場合でありJRからだとさらに数分かかるので要注意です。

そんな亀戸餃子両国の店舗は、11時半から営業しており、20時40分にラストオーダーとなる営業時間となっています。錦糸町の店舗などに比べるとかなり早朝から営業しているというわけでありませんが、他の店舗同様に無休です。そして席数は錦糸町の店舗よりやや多めであり、29席となっており、その内11席がカウンター席です。

下町に住む餃子好きや中華好き、ビールを飲みたい人が集まる亀戸餃子両国店ですが、こちらも本店同様庶民的な雰囲気であり非常に居心地がよいと評価されています。そして本店の店舗とは違い餃子以外のメニューも人気であり、特に餃子10個とライスのセットにはスープもついてくるので、ガッツリお腹を満たしたい人にはおすすめです。

亀戸餃子大島店

続いて紹介する亀戸餃子の店舗は、大島店です。大島店は大島駅から徒歩3分、西大島駅からでも徒歩6分程度のロケーションにあるお店です。そして営業時間は11時半から20時40分のラストオーダーと両国てんと基本的には同じであり、席数は全店舗の中でも特に多く42席となっています。

そして席のタイプも豊富であり、カウンター席は10席ですがテーブル席は4名のものが4つあり、座敷席も4名のものが4つあるという形態になっています。このため一人で気軽に餃子とビールを楽しむのもアリですし、餃子はもちろん絶品中華の数々を家族や友人とともに楽しむというのもアリでしょう。

そしてメニューも本店より豊富でラーメンや野菜炒めなどを中心に充実しています。また、この店舗が支店の中では本店から最も近いために、本店に行列ができていたらこちらの店舗を利用するというのもアリだと言えるでしょう。ぜひ、この大島店も含めて亀戸餃子を満喫してみてください。

亀戸餃子の本店以外の店舗で食べられる人気メニューを紹介

亀戸餃子はお伝えした通り本店以外にもいくつかの店舗がありますが、そんな支店では餃子以外のメニューも人気となっています。餃子と一緒にぜひ支店で食べたい亀戸餃子の人気メニューにはどんなものがあるでしょうか?

しっかり味でご飯が進む「肉ニラ炒め」

亀戸餃子の支店人気メニューのひとつとしてまず挙げるのは、肉ニラ炒めです。肉ニラ炒めは餃子とともにご飯がしっかりと進むおかずメニューとして人気です。そんな肉ニラ炒めは、支店限定メニューとして本店によく行くという人でも支店に行くときには必ず頼むというほどの人気ぶりとなっています。

餃子以外のおかずも含めて白米を楽しみたいときには、ぜひ肉ニラ炒めも楽しんでみてはいかがでしょうか?その単品の価格は550円であり、ライスは大サイズで250円なので、餃子と組み合わせて1000円程度の定食として楽しむのもアリでしょう。

素朴な味でファンが多い「チャーハン」

素朴だからこそファンが多い人気メニューが、チャーハンです。亀戸餃子のチャーハンは非常にシンプルで素朴な味であり、値段は550円で大盛りであれば650円となります。餃子と白米という組み合わせもよいですが、より中華らしいご飯ものを食べたいときにはチャーハンがおすすめです。

チャーハンであればそれ一つでもかなり満足度が高く、亀戸餃子で餃子を食べ一杯飲みたいというときだけでなくガッツリご飯を楽しみたいというときにもおすすめのメニューだと言えるでしょう。麺類も良いですが、やはりチャーハンは中華料理屋のご飯ものとして外せないでしょう。

昔ながらの味わい「ソース焼きそば」

昔ながらの味わいがついつい時折食べたくなってしまうというメニューが、ソース焼きそばです。ソース焼きそばは亀戸餃子のラーメンの中でも特に人気度の高いもののひとつであり、その素朴な味わいは病みつきになるという人が多いようです。屋台で食べるのとはまた違うよさがあるでしょう。

そんなソース焼きそばの具材はキャベツや人参などで、かなり大きめにカットされており食感がよいのも魅力のひとつとなっています。そんなソース焼きそばは600円ですが、650円でかたやきそばも楽しむことができるようです。

意外に美味しいと人気「醤油ラーメン」

亀戸餃子を訪れたら一度は食べておきたいという定番が、醤油ラーメンです。亀戸餃子は餃子以外であればやはり麺類が特にメニュー数も多くおすすめですが、その中でも特に450円の醤油ラーメンは外せない定番となっています。昔ながらのシンプルなラーメンですが、だからこそ餃子ともよく合います。

チャーシューや海苔、めんまなどのトッピングもかなり王道ですが、スープは意外とあっさりしているので餃子と合わせてラーメンを食べてもあまり罪悪感はないでしょう。ガッツリ餃子ランチや餃子ディナーを支店で楽しみたいときのメインとして、ぜひ醤油ラーメンを選んでみてはいかがでしょうか?

亀戸餃子本店や支店で本格的餃子の味を味わってみよう!

今回は、話題の亀戸餃子について詳しくみてきましたが、いかがでしたでしょうか?亀戸餃子の人気メニューをみていると思わず今すぐにでも餃子を食べたくなってしまうものですが、そんな亀戸餃子本店は亀戸にある餃子専門店でありテイクアウトも可能ですが、錦糸町や両国などの支店では餃子以外の中華料理も楽しむことができるようです。

亀戸餃子の餃子はジューシーさが魅力的となっていますが、休む暇もなく焼かれていきわんこそばスタイルで次々と追加される光景は壮観でもあります。そんな亀戸餃子本店はかなりの行列店となっていますが、美味しいのはもちろんその独特のスタイルも含めて、餃子好きとしては一度は訪れておきたい名店なのではないでしょうか?

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ