チロルチョコ1個の値段は?コンビニとスーパーで違うのか調査!

チロルチョコといえばスーパーやコンビニでよく見かけるチョコレートです。好きな人も多いでしょう。また子どもの頃にわずかなお小遣いでも買えるチョコレートとしてもチロルチョコは大人気です。しかしチロルチョコの値段がとても安いのに不思議に思ったことはありませんか?たとえ1個だけでもあの値段は安いと感じてませんか?そしてコンビニやスーパーなど買う場所によって違う事もありました。そこで今回そんなチロルチョコについて紹介します。

チロルチョコ1個の値段は?コンビニとスーパーで違うのか調査!のイメージ

目次

  1. 1チロルチョコの値段はどうして安い?
  2. 2チロルチョコの値段が安い訳
  3. 3チロルチョコの値段1個の値段はスーパーやコンビニでは違う
  4. 4チロルチョコの値段:スーパー編
  5. 5チロルチョコの値段:コンビニ編
  6. 6チロルチョコは値段に対して買える種類が豊富
  7. 720円のチロルチョコの値段でやれる楽しいこと
  8. 8チロルチョコは種類豊富だけど値段が材料によって変わる
  9. 9チロルチョコでも高額な値段のチロルチョコがある
  10. 10チロルチョコは誰でも買える値段で売り続けている

チロルチョコの値段はどうして安い?

コンビニやスーパーで見かけるチロルチョコが嫌いな人など存在しないと思います。もちろん甘いものが苦手な人は咲ける方が多いですが殆どの型が幼少期に一度は食べているチロルチョコです。チロルチョコといえばやはり一番の魅力は値段と種類です。値段も昔から10円しか上がっていない20円という値段で、種類も時期に合わせていろんな味が出たり、限定の味が出たりしています。そんなチロルチョコはいろんな所で売っています。

1個からでも買えるチロルチョコなのですが、コンビニやスーパーなどで今はよく見かけますが、ふと気づけばコンビニやスーパーで1個のチロルチョコの値段が違ったりすることがよくありませんか?それはどうしてなのでしょうか?またチロルチョコでもコンビニにしか売っていないチロルチョコもあればスーパーならば必ずは見かけるバラエティーバックのチロルチョコはスーパーでしか売っていません。ちょっと不思議です。

Thumb業務スーパーのおすすめチョコレートランキング!人気スイーツまとめ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

チロルチョコの値段が安い訳

チロルチョコの値段の歴史

今チロルチョコは何円で売っているか知っていますか?もちろお値段の価格は売っているものによって変わりますが、1個20円で売っているのです。バラエティーバックや期間限定品などそして中には高級系のチロルチョコもあったして値段はピンからキリまでありますが、普通に売っているチロルチョコの1個の値段は20円が最安値です。所がそのチロルチョコの値段設定にも歴史があって、そのおかげで今もなおその価格で売られています。

そもそもチロルチョコが販売されたのは1962年ですが、その当時から「子供の小遣いで買えるチョコレートを」ということで10円でした。しかもそれも3個1列で10円という価格です。その後、オイルショックからの不況で30円にまで値上がりするも、売り上げが落ち3個1列だったチョコレートを1個ずつにして再び10円に値下げしたという時代に合わせた値上げ値下げがあったのです。あくまで子どもの小遣いで買える事を守ってました。

チロルチョコの値段は意味があった

チロルチョコの10円というのには「子供の小遣いで買えるチョコレート」のコンセプトを守ったというのもありますし、マーケティング的には「お客さんが求める価格で売る」というセオリーに沿ったとも言えます。その後コンビニが登場して駄菓子屋さんが減り、チロルチョコも販路を変えなければいけない。でも、最小のバーコードを載せるには当時のパッケージの大きさでは不可能となり考えた結果コンビニででの価格が変わりました。

 

どうしてもバーコードを付けることは必要だったので、そのバーコードを付ける為にサイズをひとまわり大きくし、20円のものが登場したとのことです。10円値上がりしたのはそのバーコードを付ける為にあがったそうです。ただ、駄菓子屋さんではいまでも10円のものを売っているそうなので、駄菓子屋さんを見つけたらぜひ10円のチロルチョコを見つけてください。きっと面白い発見になります。では次に値段が違う事に紹介します。

チロルチョコの値段1個の値段はスーパーやコンビニでは違う

所で、スーパーやコンビニではチロルチョコの1個の値段が違います。どうしてこうスーパーとコンビニで価格が違うのかというと同じチロルチョコでも売っている種類やタイプが違うためなのです。え?売っている種類が違う?と首を傾げますが、思い出してください。スーパーには売っているタイプのチロルチョコでコンビニにあるタイプのチロルチョコを見た事ありますか?コンビニにあるチロルチョコをスーパーで見た事ありますか?

そこがコンビニとスーパーでのチロルチョコの値段が違うんです。実はスーパーにはいろんな種類のチロルチョコが入った袋やバラエティーバックと呼ばれる箱や大き目のタイプのチロルチョコが売っていますが、コンビニにはありません。逆にコンビニでは期間限定品のチロルチョコ1個108円からですが売っていますが、期間限定品のチロルチョコをスーパーで見かけた事ありますか?そこがスーパーとコンビニでの販売の違いなのです。

チロルチョコの値段:スーパー編

では、スーパーではどんなタイプのチロルチョコがだいたい1個どのぐらいの値段で売っているのか?実はスーパーで売っているチロルチョコはバラで売っているのは年中で回っているタイプだけで、殆どが袋にまとまって売っている物か、バラエティーバック系が多いです。それはスーパーは店舗が広い為に大き目のタイプでもチロルチョコをうることが出来ます。またチロルチョコが他のお菓子会社とコラボしても置く事が出来ます。

もちろんバラエティーバックだったり袋にいろんな種類のが入っていたりして、どんな種類のチロルチョコでも食べたい人にはお勧めできます。価格は店によって異なりますが大半は150円位から袋タイプであれば300円以内で買うことは出来ます。もちろんスーパーには1個だけのチロルチョコも売っているので、そちらだけ買うのは可能ですが、スーパーではチロルチョコの1個系は殆ど年中出回っているタイプしかありません。

チロルチョコの値段:コンビニ編

コンビニで売られているチロルチョコです。コンビニで売られているチロルチョコはばら売り1個系のチロルチョコが多いです。コンビニの場合、店舗が狭いですが旬であるお菓子等が積極的に入れ替わりがあります。その為にチロルチョコは毎回期間限定品やコンビニ限定品というタイプもあります。そして何よりもコンビニのチロルチョコは、20円という子どもの小遣いでも買いやすい価格です。スーパーでは1個は40円の所もあります。

20円もバーコードを付ける為に包装を大きくした分の10円分だけを貰う為に値上げした価格なので、1個だけのチロルチョコを買いたいときはコンビニで行く方がお得です。またコンビニでは季節に合わせた小柄のバラエティーバックも売っています。しかし、スーパーほど大きくなく、こじんまりとしていますが、美味しい上、一人暮らしなどが多い今の現代社会ではほどよいサイズなのです。コンビニとスーパーの使い分けも大事です。

チロルチョコは値段に対して買える種類が豊富

そしてやはりチロルチョコが発売した1962年から今日まで大人気の理由はその種類の多さです。チロルチョコがこれまで販売した数は約200種類はあると言われています。普通ならば時代と共に飽きられていきやすいのがお菓子なのですが、チロルチョコは発売してから毎年いろんな新味を出して売り出しています。その為に年中に出ている味以外に期間限定の味を出したりすることで親から子そして次の子へと引き継がれていたのです。

種類も豊富なのが売りのチロルチョコですが、ここでちょっと話を変えます。チロルチョコのチロルってどんな由来があるか知ってました?実はチロルチョコのチロルはヨーロッパのほぼ中央に位置するアルプス地帯の一部、オーストリア西部のチロル州から来ています。そこは自然豊かでさわかやかなエリアの為に、チロル地方のようにさわやかなイメージを持ったお菓子でありたいということから「チロルチョコ」と名付けられたそうです。

そんな種類も豊富で味も豊富なチロルチョコは定期的にいろんなバラエティーバックを出しています。時期に合わせたバラエティー豊かなチロルチョコもあれば、季節に合わせたバラエティーバックなど売っています。バラエティーボックスは時期に合わせながら色々な組み合わせを使う事が出来るので作りやすいですし、何よりもチロルチョコの種類が豊富なのでバラエティーバック等を作るのには種類が多い事は越したことはないのです。

20円のチロルチョコの値段でやれる楽しいこと

さて、そんなチロルチョコですがここ数チロルチョコを使った新しい買い方が流行っています。それは、チロルチョコのパッケージを使ってメッセージを作るという買い方です。中身は誰が食べても平気な王道の味です。そのパッケージ-を使ってメッセージを作りプレゼントをするというのが流行っています。しかもこのメッセージに使えるチロルチョコの数は約500種類。それだけあったらどんなメッセージ作ろうか悩んでしまいます。

チロルチョコを使ってキャラクターを作る人もいます。画像のように有名ゲームキャラクターを作ってSNSにあげている人もいます。もちろん上げ終わった後はチロルチョコは食べられています。しかしチロルチョコは買いやすい価格だけではなくこうした遊び心を積極的に取り入れている所もまさしく「子供の小遣いで買えるチョコレート」というコンセプトが入っていると思います。子どもが楽しんでくれるように工夫をしています。

チロルチョコは種類豊富だけど値段が材料によって変わる

ここまでスーパーやコンビニでのチロルチョコの話をしました。最安値が20円であるチロルチョコですが、近年は20円以上の物も増えています。後で紹介しますが高級系のチロルチョコをご紹介しますが、今までは20円という平均的な値段で売っていましたがチロルチョコの味を多種類に増やしていくにあたり、どうしても1個20円では売りにくい状況になりました。中には他のお菓子会社とのコラボも増えてくるようになりました。

駄菓子屋では未だに10円で売っている事が多いチロルチョコですが、今は有名な所で出ている人気お菓子の味をコラボによって再現する事で新しい種類のチロルチョコを増やすことが出来るのです。しかしその為にどうしても値段をあげなければいけないとう状況にあるのです。それでも有名な味を再現したとなれば少し値段が上がっても買う人は買っていきます。つまりチロルチョコは王道の味とは別に限定品の味を出しているのです。

20円のチロルチョコの定番から少し価格が高くても限定の味があるチロルチョコまでいろんなタイプの味を売っているのです。定番を買いたい人は定番を買い続けますし、限定品のチロルチョコが気になればその限定品を買う。またバラエティーバックでまとめて買いたい人は買える。つまりチロルチョコの買い方にも多様化しているという事です。スーパーやコンビニどちらにでもいろんなタイプのチロルチョコが買えるのがいいのです。

チロルチョコでも高額な値段のチロルチョコがある

さて、最後に高級系のチロルチョコについてです。チロルチョコの新作チロルチョコ チロルプレミアム 生チョコ仕立て」というのが出ています。通常タイプのチロルチョコの価格は、税別20円に対してこのチロルプレミアムは、税別42円とか少し高くなっています。しかしそれはプレミアム感を出す為にこの価格となっているのです。ちなみにこのロイズとコラボしたこのプレミアムチロルチョコはセブンイレブンで売られています。

しかしプレミアム感があるとはいえ、色々注意がいるようです。それはチロルプレミアムには、ソルビトールが使われています。通常のチロルチョコには入っていない成分です。これは一度にとりすぎるとお腹がゆるくなってしまいますので、必ず自身にあった量を選択して食べて下さい。またチロルプレミアムを一口食べると、洋酒の香りがするのもあるので未成年の方は購入を注意してください。これがチロルチョコの魅力です。

チロルチョコは誰でも買える値段で売り続けている

ここまでチロルチョコについて色々紹介してきました。いろんなチロルチョコの種類もあれば、毎年新しい味をどんどん出していくチロルチョコの魅力にはまりそうです。コンビニやスーパーでの値段の違いもなんとなく理解して頂けたかと思います。チロルチョコは今でもスーパーやコンビニで買う事が出来ます。そんな魅力あるチロルチョコはいつまでも今世未来まで愛されるべきチョコ菓子の一つではないでしょう。

チロルチョコの値段設定もすべて買う消費者側に立っている事もすばらしいと思います。今の時代消費税があってもなかなか高級なお菓子に手を出したくても出せない時代です。そんな中でも子どものお小遣いでも買えるチョコ菓子としてチロルチョコは値段も味もそして新しい種類が増えていっています。たかが1個のお菓子といいますが子どもにとってはその1個のお菓子が嬉しいものです。1個のお菓子は子どもに夢を与える1個なのです。

チロルチョコはこれからも20円から最大でも42円という幅広い価格があります。子どもの頃は20円を握りしめて買っていたチロルチョコは子どもだけが買えるお菓子ではなく子どもの頃に買った人が今度は大人になってまた買うお菓子となる存在です。大人になればチロルチョコの大人買いも出来ます。味も昔ながら変わらない事も人気を呼んでいるお菓子でもあります。チロルチョコの魅力を更に知った所ぜひ買いに行ってみましょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ