かつやのメニュー別カロリー表を紹介!【チキンカツ・かつ丼】

かつやは名前の通りかつ丼やチキンカツをメインとしたチェーン店です。かつ丼やチキンカツで気になるのは、やはりカロリーです。最近ではダイエット中でも肉は食べても良いと言われることもありますが、かつ丼やチキンカツのカロリーは気になります。こちらでは気になるかつやのかつ丼やチキンカツのカロリーや、他にもカレーやお弁当などの色々なメニューのカロリーについて書いています。

かつやのメニュー別カロリー表を紹介!【チキンカツ・かつ丼】のイメージ

目次

  1. 1チキンカツやかつ丼で有名なかつやとは
  2. 2かつやのメニューの気になるカロリー
  3. 3かつやの中でもカロリーの低いメニュー
  4. 4ダイエットに重要なのはカロリーだけじゃない
  5. 5かつやのサイドメニューのカロリーは
  6. 6ダイエットのためにはカロリーよりバランスを重視
  7. 7ダイエットには低いカロリーより高タンパクなものを選ぶ
  8. 8まだあるかつやのメニュー
  9. 9定食は丼よりカロリーは低い
  10. 10かつやのかつ丼以外のメニューのカロリーとは
  11. 11ダイエットのために筋トレするならかつ丼を選ぼう!
  12. 12かつやの新商品のメニュー
  13. 13かつやでは割引になるメニューもある
  14. 14かつやに行けば低いカロリーを意識したかつ丼も食べられる!

チキンカツやかつ丼で有名なかつやとは

かつやとはおいしいかつ丼やチキンカツがお手頃な値段で食べられると評判のチェーンです。エビフライなどの揚げ物もあり、男性でも満足できるボリュームが人気の秘訣です。定番のトンカツ定食やソースかつ丼などのラインナップも豊富で注目度が急上昇中です。注目すべきはコストパフォーマンスの高さです。多くのメニューが安い価格で食べられます。ですが、かつ丼なのでダイエット中の人はカロリーが気になるところです。

かつやのメニューの気になるカロリー

カロリーの低いメニューとは

ベーシックなかつ丼の梅は1127キロカロリーとやはりなかなかの高さです。ソースかつ丼も1149キロカロリーと侮れません。ですがヒレかつ丼は三枚もヒレかつがのって1126キロカロリーと三種類のなかでは一番、低いのが特徴です。やはりダイエットには赤身のヒレかつ丼がベストです。他にもチキンカツ丼はヒレカツ丼と変わらない低いカロリーでボリュームもあるメニューです。

カロリーの高いメニューとは

かつやのメニューでカロリーが高いのは豪華なメニューです。かつ丼の松と梅を比べると、梅は80gのロースカツが一枚に卵が一つ、ご飯が普通盛りに対して、松は80gのロースカツが二枚に卵が二つ、ご飯が大盛になります。そのため、かつ丼の梅が1127キロカロリーに対して、かつ丼の松は1905キロカロリーとかなりの増量になります。

ソースカツ丼で見てみると、ソースカツ丼の梅が1149キロカロリーに対して、竹が1360キロカロリーとなります。実は、普通のカツ丼よりもソースカツ丼のほうがカロリーは低いのです。

かつやで最もカロリーが高いメニューは丼ではなくカツカレーになります。カレーの分だけカロリーが増えるので当然かもしれませんが、カツカレーの梅は1317キロカロリーになり、松は2335キロカロリーと普通のカツ丼よりも松は400キロカロリーも高くなります。カレーがどうしても食べたい時は別ですが、基本的にはカロリーを気にする時には、丼のほうを選んだほうが低いカロリーになります。

低いカロリーを意識するなら定食は欠かせません。トン汁定食は1056キロカロリーですし、ロースカツ定食は1415キロカロリーとなります。カツ丼よりもカロリーは高くなりますが、キャベツはみそ汁が付く分だけ栄養のバランスはよくダイエットには向いています。最も高いのは1889キロカロリーのダブルロースかつ定食になりますが、最も低い定食メニューはヒレカツ定食の1203キロカロリーになります。

Thumbかつやのおすすめメニューランキング!人気の定食・弁当は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

かつやの中でもカロリーの低いメニュー

チキンカツのカロリーは低い

昔はかつやのホームページにカロリーの記載がありましたが、現在は存在しないのでチキンカツは一般的なカロリーになります。通常、チキンは一枚が142gで305キロカロリーになります。ちなみに一般的なヒレカツは127gで267キロカロリーとなりますが、かつやのヒレカツは62キロカロリーとなりますので、かなり小ぶりと言えます。一部のメニューでは記載が無かったので推測も入ってきます。

かつやで人気のかつ丼とは

写真はかつやの特盛タレかつ丼というメニューで1759キロカロリーになります。必然的にカツの枚数が多いほうがカロリーは高くなりますが、カロリーを上げているのはご飯の特盛の影響も無視できません。かつ丼やチキンカツのカロリーが高いのは油で揚げている分もありますが、ご飯の量もカロリーを測るうえでは侮れません。ですが、普段から身体を動かす人には炭水化物も必須です。

ダイエットに重要なのはカロリーだけじゃない

かつやでカロリーを意識し過ぎない

もしダイエットを意識するなら低いカロリーのものを選ぶべきですが、見落としがちなのが栄養のバランスです。摂取したカロリーを効率よく消費しようと思えばビタミンやミネラルのバランスも欠かせません。おすすめなのは低カロリーで栄養バランスの高い豚汁を合わせることです。さらにサラダやさっぱりキャベツなどをプラスすることで身体の代謝を上げられるのでダイエットにも役立ちます。

カロリーより満足度も重要

カツカレーの梅は1317キロカロリーとかつ丼と大きな差はありません。ですが、カツカレーの松は2335キロカロリーとなかなかの高いカロリーなので、満足度は高いですがダイエット中には避けたいところです。ロースカツは一般的なカロリーで100g当たり486キロカロリーとなります。カロリーを意識するのは大切なことですが、トンカツに含まれるたんぱく質は筋肉の材料となるので適度に摂るのは大切です。

かつやのサイドメニューのカロリーは

色々なサイドメニュー

豚汁小は91キロカロリーで大は182キロカロリーとなりヘルシーです。サラダは15キロカロリーにキャベツの千切りが18キロカロリー、エビフライなら一匹で102キロカロリーとカツに比べれば気にするほどではありません。ご飯は一膳で252キロカロリーで、大盛りなら420キロカロリーとロースカツの120gに匹敵するので、ご飯の大盛りを避けるのもダイエットのためには必要です。

かつやで人気のサイドメニューには税込み129円のさっぱりキャベツがあります。カロリーを気にせずに食べられてかつ丼やチキンカツの油の分解を助けてくれるので、トンカツには必須のサイドメニューです。カロリーが高くてもさっぱりキャベツを食べていれば脂質の代謝を助けるのでダイエットを助けてくれます。大切なのはカロリーばかり意識するのではなく栄養のバランスをしっかりととることです。

かつやで人気のサイドメニューには108円のサラダもあります。海藻類は腸内環境を整える作用があるのでダイエットをしている人には海藻類は必須です。海藻類はダイエット中の人には嬉しいのはカロリーがゼロだという事です。海藻類は腸内細菌の餌となり身体の老廃物の排泄を促すので、ダイエットを気にして低いカロリーのメニューを選ぶより海藻の入ったサラダをプラスするほうがダイエットには効果的です。

Thumbかつやで使えるクーポン情報!割引券のもらい方と使い方は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ダイエットのためにはカロリーよりバランスを重視

かつやのメニューはカロリーが低いわけではありませんが、野菜もしっかりと摂れるところが魅力です。そして定期的に発売される新商品には野菜が大盛りなものも少なくありません。写真のかつ丼はキャベツが少ないと感じたら店員さんに言うと増量してもらえます。かつやの特徴としては、期間限定のメニューの多くが野菜をたくさん取り入れているということです。野菜を多くとりたい人におすすめです。

ダイエットを意識しながらも体力をつけたい人におすすめなのがヒレカツ定食の豚汁つきです。ヒレカツは赤身なのでロースカツよりもカロリーが低いのが特徴で、チキンカツと同じくらいです。少し値段は高くなりますが、満足度が高く低いカロリーを選びたいときにはヒレカツ定食がおすすめです。ヒレカツのように赤身の肉は高たんぱくで低脂質なのでアスリートも好んで食べています。

かつやのメニューのなかでもカロリーが低いのはヒレカツの次はチキンカツです。チキンカツは同じくらいのカロリーでボリュームはヒレカツの倍くらいあります。さらに豚汁と合わせて定食にすることで野菜も多くとれて栄養のバランスもバッチリです。チキンカツはあっさりとした味なのでタルタルソースなどの濃い目のソースがよくあいます。期間限定の商品でもチキンカツは濃い目のソースが多いです。

ダイエットには低いカロリーより高タンパクなものを選ぶ

かつやのヒレカツは低いカロリーで高たんぱく

ダイエットの基本はカロリーを抑えるだけでなく、タンパク質も意識して摂らないといけません。カロリーを控えてもタンパク質が不足することで代謝が落ちてしまうからです。かつやのメニューはカロリーが低いわけではありませんが、タンパク質を多く摂れるのでダイエット中でもたまに食べるくらいは大丈夫です。むしろサッカー選手などの運動量が多い人は好んで食べるのがヒレカツです。

かつやのかつ丼を食べるタイミング

ダイエットのために筋トレをする人もいると思いますが、筋トレ後のタンパク質の摂取として優秀な外食はかつ丼になります。筋肉をつけるために重要なのはタンパク質ですが、炭水化物も劣らずに重要です。かつ丼のカロリーは低いわけではありませんがダイエットのために代謝を上げようと思えばかつ丼は意外と優秀な食事です。重量挙げなどの種目では炭水化物とたんぱく質のバランスを重視します。

ダイエットをしているときに注意したいのがエネルギー不足です。糖質や脂質を減らしすぎている人に多いのがカロリーを減らしすぎているためにエネルギー不足に陥り、筋肉の分解が進んでいるということです。カツ丼のように高カロリーだけど高たんぱくという食事は強度の強い運動をした後には、むしろ必須の栄養です。エネルギー不足の状態が長く続くと筋肉が減って代謝が下がってしまうのでダイエットにはマイナスです。

ダイエット中に高たんぱくの食事をとることは、低いカロリーを意識するのと同じくらい大切です。ですが、動物性のたんぱく質に偏りすぎたり、野菜不足では筋肉の合成はすすみません。そのため、植物性のたんぱく質もしっかりととれる、かつやの定食でキャベツの千切りや豚汁で栄養のバランスを整えることは非常に重要です。ビタミンを多くとらないとたんぱく質や脂質の代謝は進まないからです。

かつやの便利なところはお持ち帰りの弁当を注文できるところです。基本はかつ丼やチキンカツ丼などの丼ものになるので野菜は不足しがちかもしれませんが、事前に連絡しておけば待ち時間なしで買えるのは大きな魅力です。デスクワークなどの人でも長時間の労働をこなしている人は体力をつけるためにも、かつやのかつ丼がおすすめです。お弁当にすれば昼休みが短い人でも安心です。

Thumbかつやの持ち帰りメニューの種類と価格は?注文・予約方法も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

まだあるかつやのメニュー

カロリーよりも大切なこと

ダイエット中に大切なのはカロリーだけではありません。かつやのメニューはカロリーが高くなりがちですが、脂質とたんぱく質の高さから満足度も高くなります。かつやのメニューの中でも海老ヒレメンチカツ丼は満足度という点では他のメニューよりもかなり優秀です。お昼にしっかりと食べても夜ご飯を控えめにすれば食べ過ぎは防げるので、食べるなら昼食がおすすめです。

定食は丼よりカロリーは低い

かつやの豚汁定食は1056キロカロリーとかつ丼よりも低いのが特徴で1100キロカロリーを下回ります。ロースカツ定食は1415キロカロリーと豚汁定食ほどカロリーが低いわけではありませんが、栄養バランスを考えれば丼よりもダイエット向きです。そしてヒレカツ定食は1203キロカロリーとやはりロースカツより低いカロリーになっています。定食の良いところは早食いになりにくいところです。

かつやの定食は種類が豊富

かつやの定食を選ぶときに気になるのがロースカツ以外のメニューです。メンチカツ定食は1416キロカロリーとロースカツとほぼ同じくらいです。海老ロースカツ定食も1418キロカロリーと、ロースカツ定食とカロリーに大きな差は無いので好きな方を選んで問題ありません。むしろ色々な種類があるほうがゆっくりと食べられて急激な血糖値の上昇を防げるので、血糖値が気になる人でも安心です。

かつやの定食を比べてみた

どうしてもカロリーが気になってしまう人は定食の中から選ぶのがおすすめです。最もカロリーの低い豚汁定食なら1056キロカロリーとなり、おろしカツ定食で1452キロカロリーとなります。ボリュームのあるロースメンチカツ定食なら1653キロカロリー、海老ロースカツ定食1418キロカロリーなどがあります。ボリュームがあり、低いカロリーなのはヒレカツ定食の1203キロカロリーとなります。

定食のご飯を抜いてみた

カロリーを意識しながらダイエットをするなら定食のご飯を抜くという選択肢があります。ご飯のカロリーは低くないので、通常の丼ご飯でも403キロカロリーとなります。定食のご飯一善でも252キロカロリーとなり、ご飯大盛なら420キロカロリーとなります。必然的に定食のご飯を抜くだけでもカロリーカットが可能でヒレカツ定食なら1000キロカロリーを下回ることも可能です。

かつやのかつ丼以外のメニューのカロリーとは

かつやのカツカレー

かつやのカツカレーは、やはりカレーがのっている分だけかつ丼よりも高くなり1317キロカロリーです。カレーとカツが好きな人にはたまらない一品ですがカロリーを考えるとダイエットには向きません。ですが、お持ち帰りにも利用できるので忙しい昼ごはん時には重宝します。かつやのカツカレーはカレー好きな人からも人気なので、かつやを利用する際には食べてみるのがおすすめです。

かつやで満足度の高いメニューといえばカツカレーも人気です。さらにカツをダブルにすることも可能です。もちろん、カロリーは高くなりますが、腹持ちが良いので昼食に食べれば夜遅くの仕事でも元気に頑張れます。もちろん、他のメニューよりもカロリーは高いので晩ごはんには避けたほうが良いメニューです。トンカツは二枚になりますが、ご飯の量は同じなので増えたカロリーはたんぱく質がメインです。

かつやのカツカレーは松竹梅とあり梅は普通ご飯に80gのロースカツが一枚で1317キロカロリー、梅は120gのロースカツになり1568キロカロリー、松は80gのロースカツが二枚とご飯が大盛になって2335キロカロリーとなります。カロリーを意識しながらも食べごたえが欲しいならカツカレーの竹がベストです。カレーのご飯抜きはありませんが、カツだけが増量されるのでカロリーを低く抑えて満足度を上げてくれます。

かつやの期間限定メニューの中でも人気があったのがカレー鍋定食です。中に入っているカツはチキンカツなので、低いカロリーで値段も安いので人気です。寒い冬には鍋が食べたくなるものですが、そこにおいしいチキンカツとカレーが合わされば間違いのない一品です。基本的に代謝を上げるためには体温を高く保つほうが効果的なので体温が下がりやすい冬に鍋料理は必須です。

ダイエットのために筋トレするならかつ丼を選ぼう!

大切なのは低いカロリーよりタンパク質と炭水化物

意外と知られていませんが、筋トレ後の外食として勧められているのは牛丼やかつ丼、ハンバーグなどになります。なぜなら代謝を高めるためには炭水化物も必要なので、かつ丼は意外とバランスが良いのです。運動の強度にもよりますが筋トレ後のかつ丼は割と優秀な食事です。特に筋トレなどをして、効率的に筋肉をつけていきたい人にはかつ丼はおすすめです。

ランナーにもおすすめなかつやのチキンカツ

タンパク質が重要なのは分かっても低いカロリーの食事を選びたい人におすすめなのがチキンカツとヒレカツです。トンカツよりもカロリーが低い割にタンパク質の量は変わりません。さらにコストパフォーマンスに優れているのがチキンカツです。値段の割にボリュームがあるので満足度が高く低いカロリーで多くのタンパク質を摂取することが可能です。鶏肉は持久力を必要とするランナーもよく食べる食材です。

かつやの新商品のメニュー

かつやのチキンカツと唐揚げの合い盛り丼

現在は、かつやの公式ホームページにカロリーの記載が無いので推測にはなりますが、チキンカツと唐揚げと鶏肉の組み合わせなので驚くほどカロリーが高いということはありません。唐揚げは一人前で460キロカロリーで一般的なチキンカツは300キロカロリーほどなので、ご飯を茶碗ニ杯分の360キロカロリーとしても1000キロカロリーほどと推測されます。見た目ほどはカロリーが高くないのが特徴です。

牛すきチキンカツ丼

通常の牛すき丼のカロリーはかつ丼と大きな差は無いので、ベーシックなかつ丼と同じくらいの1100キロカロリーと推測されます。牛すきの半分がチキンカツになるので、カロリーはやや低めの1000キロカロリーほどと考えられます。さらにチキンカツの衣に牛すきのたれが染み込んで、新しいおいしさだと評判です。期間限定の商品なので食べられるときは迷わずに選ぶのがおすすめです。

かつやの期間限定メニューはカロリーの記載がないものが多いので正確には分かりませんが、ロースかつ丼よりチキンカツが低いのは確実なので1100~1200キロカロリーだと言えます。そして辛味が追加されている分だけ代謝が良くなるのでチキンカツの低いカロリーと合わせて比較的にダイエット向きの一品と言えます。辛さが癖になり、かつやのレギュラー商品にしてほしいという口コミも目立ちます。

かつやでは割引になるメニューもある

かつやの感謝祭

かつやは定期的に割引キャンペーンも行っています。もともとコストパフォーマンスは高いかつやですが、キャンペーン中はさらに割引いてくれます。普段は少し高いヒレカツ丼や定食も食べるならキャンペーンが狙い目です。普段の昼食を少しでも安く豪華にしたい人にはかつやのキャンペーンはねらい目です。色々なメニューが季節によって割引されるので要チェックです。

かつやが以前に行ったキャンペーンではかつ丼ものやカツカレーが大きく割引いてワンコインの500円で販売されました。昼食も夕食もワンコインですむのはサラリーマンや学生の強い味方です。今後もかつやのキャンペーンからは目が離せません。普段の値段から考えると実に30%近い割引率になるので、次に同じキャンペーンがあったら近くのかつやに急ぐのがおすすめです。

普段は少し高いヒレカツ定食もお得に食べられるキャンペーンでした。かつやのキャンペーンは普段からコストパフォーマンスの高いメニューがさらにお得になります。キャンペーンの中でも感謝祭の時の割引率はかなり高いので開催されるときには、かつやに行くのがおすすめです。事前に告知されるのでチェックしておいて感謝祭の当日には忘れずにかつやに行くと普段よりさらに安く食べられます。

かつやに行けば低いカロリーを意識したかつ丼も食べられる!

かつやに行けばおいしいかつ丼やカロリーの低いチキンカツが食べられます。ダイエット中だからカロリーの高いかつ丼なんて、もってのほかだと思うかもしれませんが、ダイエット中に大切なのはカロリーが低いだけでなく栄養のバランスも重要です。かつやの定食やチキンカツ、ヒレカツ丼などは少し低いカロリーで筋肉のもととなるたんぱく質をしっかりとれるので、ダイエット中でもたまにはおすすめです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ