ビーフィーターは初心者向けジン?おすすめの銘柄/飲み方/カクテルを紹介

ビーフィーターはロンドン発のポピュラーなジンとして、いまや日本でも人気の銘柄となっています。そのビーフィーターは初心者向けのジン?という疑問があります。ビーフィーターは知名度が高いジンで、それが初心者向けのイメージを作り出しているのかもしれません。けれども、ビーフィーターは実は辛口でクセのある味でもあります。この記事では、ビーフィーターの味や香り、あるいは9種類のボタニカルを使用した製法などを紹介していきます。ジントニックなどの、おすすめの飲み方も併せて紹介します。

ビーフィーターは初心者向けジン?おすすめの銘柄/飲み方/カクテルを紹介のイメージ

目次

  1. 1ビーフィーターとは?
  2. 2ビーフィーターは初心者向けのジン?
  3. 3ビーフィーターの初心者におすすめの銘柄
  4. 4ビーフィーターのおすすめの飲み方
  5. 5ビーフィーターのおすすめカクテル
  6. 6ビーフィーターをジントニックにして風味を愉しもう!

ビーフィーターとは?

ビーフィーターとは?ロンドン発のドライ・ジンの一種です。ラベルに描かれた、屈強な兵士である、赤い制服をまとったビーフィーターの姿で、あまりにも有名なロンドン・ドライ・ジンになります。

ビーフィーター社の創立者であるジェームス・バローは、自分が丹精込めて造り上げた、芳醇で力強い風味をもつドライ・ジンの銘柄に、ビーフィーターのイメージを重ね合わせたものと思われます。

ロンドン発のポピュラーなジン

ビーフィーターは、ロンドン発のポピュラーなドライ・ジンになります。かつては、ジンはカクテルのベースとして知られているくらいでしたが、近年ではジンをいろいろなシチュエーションで、ふつうに飲むシーンが見受けられるようになってきました。

近親感がグンと増したなかで、知名度の高い本格的なドライ・ジンとして、ビーフィーターは人気を博しています。ビーフィーターとは、イギリス王政で重要な役割を果たしてきたロンドン塔を守護する「ヨーマン・ウォーダーズ」(通称ビーフィーター)と呼ばれる、屈強な兵士のイメージに重ねて銘柄名が付けられました。

ビーフィーターは歴史ある銘柄

ビーフィーターは、1820年に発売された、歴史のあるロンドン・ドライ・ジンの製品銘柄です。イギリスのビーフィーター社の確立されたブランドでもあります。薬剤師であった創業者のジェームス・バローが考案した、オリジナルレシピによって現在でもビーフィーターは造られています。

しかし、現在ではフランスに本社がある世界的酒造メーカー「ペルノ・リカール」の傘下に入って、営業されています。また、日本におけるビーフィーターの輸入及び国内販売権は、サントリーが取得して、営業販売を行っています。

ビーフィーターの香りや味

創業者ジェームズ・バローが生み出した、ビーフィーターのオリジナルレシピについては、細部にわたる部分は明らかにされていません。ビーフィーターの香りや味は、トウモロコシと大麦を発酵、蒸留した蒸留酒をベースに、ジュニパー・ベリーやコリアンダーなどで、風味付けがなされています。

ボタニカル成分の浸透を図るために、アルコール度数は最低40%以上で製品化されています。ジュニパー・ベリーの芳醇な香りとスッキリ爽やかで力強い味が、ビーフィーターの特徴です。

ビーフィーターの度数

前章で述べたような香りづけの製法上の理由から、ビーフィーターのアルコール度数は、ほぼすべての銘柄がアルコール度数40%以上となっています。通常のビーフィーター銘柄は2種類あって、アルコール度数は40%と47%です。

プレミアム・ジンとして製造されている銘柄の「クラウン・ジュエル」は、50%のアルコール度数となります。この基本的なアルコール度数の高さも、香り高いビーフィーターの特徴と言えます。

ビーフィーターのボトルは特徴的

ビーフィーターのボトルは特徴的です。ロンドン塔を守護する、赤い制服をまとった屈強な兵士のラベルは、いまやロンドン・ドライ・ジン「ビーフィーター」の代名詞となっています。少し角ばった武骨ともいえるボトルのフォルムも、いかにもイギリス風で、フランスやイタリアのようなオシャレというよりは、素朴な感じさえします。

また、それがいかにもビーフィーターの香りや味とも結びついていて、違和感が少しもありません。限定販売の「ロンドンシネマボトル」の絵柄も、赤い制服こそ変わっていますが、全体のボトルコンセプトは何も変わっていません。

9種類のボタニカルを使用

ロンドン・ドライ・ジンのビーフィーターは、ジンの香りを決定づけるボタニカル(香料植物)として、代表的なジュニパー・ベリーをはじめ、オレンジの皮やレモンの皮、コリアンダーなど、すべてで9種類のボタニカルを使用しています。

これら9種類のボタニカルを蒸留前に、24時間浸漬させることによって、多彩な香りをジンに含ませることができるのです。ビーフィーターの芳醇な香りと力強い風味は、多くの種類のボタニカルによって生まれます。

ビーフィーターの製法

ビーフィーターの製法は、9種類ものボタニカルを使用した独特のものです。ビーフィーターの香りづけの方法は、前章でも触れたように、蒸留前にボタニカルをグレーンスピリッツへ24時間丸1日浸漬させる製法にあります。

そして、浸漬される側のグレーンスピリッツも、高品質・高純度のものを使用していることで、ビーフィーターの特徴である、切れ味鋭い洗練された風味と多彩な香りをもったドライ・ジンを生んでいるのです。

ビーフィーター -BEEFEATER- サントリー

ビーフィーターは初心者向けのジン?

ロンドン発のドライ・ジンであるビーフィーターは、たしかに知名度も高く人気のジンです。けれども、本当に初心者向けのジン?というと、ちょっと異議あり!ということになります。

知名度が高い銘柄

ビーフィーターは知名度も高く、メジャーな銘柄のドライ・ジンです。たくさん種類のあるジンの中のスタンダードと言ってもよく、ウオツカで例えるのなら「スミノフ」であり、ラムで言うのなら「バカルディ」のような存在になります。知名度が高いことから、ジン初心者にも手が出しやすいとも言えます。

けれども、ビーフィーターがジン初心者には、少し骨っぽいジンであることもたしかです。ビーフィーターは甘みが少なく、鋭い切れがあります。ジンの特徴である、ジュニパー・ベリーの香りも強めです。これらの要素が、ジン初心者に受け入れられやすいとは思えませんが、どうでしょうか?

実は辛口

ビーフィーターは実のところ、辛口のジンになります。いわゆるジンらしいジンと言ってよい銘柄です。カクテルに向いているのは、その所為もあります。したがって、ビーフィーターを初心者が最初のジンとして口にした場合、いきなりハマる可能性もありますが、これがジン?となって敬遠される可能性も十分に考えられます。

初めてゴルフ場デビューを果たした初心者が、シングルプレーヤーと勝負を競うような危惧を覚えるのも正直なところです。

初心者には癖のある味

どんな道でもそうですが、何かの初心者には少し手加減した入門方法がおすすめになります。その意味でビーフィーターは、仮にジントニックなどで飲んだとしても、正直に言って初心者には、癖のある味と言わざるを得ません。

まだジンに慣れていない初心の人には、ビーフィーターの辛口の味とアルコール感だけが、残像のように記憶に残ってしまうのではないでしょうか。あくまでも、ジン愛好の立場で言うならば、初心者にはもっとおすすめのジンがあります。

ビーフィーターの初心者におすすめの銘柄

ジンのスタンダードである、ビーフィーターの初心者におすすめの銘柄種類を紹介します。おすすめできるジンは、風味が柔らかでアルコール感がきつくないタイプになります。

ゴードン ドライジン

ビーフィーターと同じように知名度の高いジンで、おすすめの銘柄は、少しアルコール度数も低めの「ゴードンドライジン」です。容量が700ml、アルコール度数は37.5%で、価格は1,098円になります。値段もリーズナブルですが、まろやかな味のジンです。

それでいて、ジュニパーの香りはしっかりと感られる、ジンらしいジンでもあります。アルコール度数も、ジンとしてはひかえめな種類で、初心者向きと言えます。

ヘンドリックスジン

少し風変わりな、おすすめのジンの銘柄種類は「ヘンドリックスジン」です。容量は700ml、アルコール度数は44%で、価格は3,002円になります。キュウリとバラで香りづけをした、変わりダネのジンでとにかく爽やかな風味があります。

ヘンドリックスは、口当たりがスムースでクリアーな味わいです。飲み干した余韻には、青草のような清々しいものが残ります。あまりの口あたりの良さに、それほどアルコールが強くない人でもストレートで飲めてしまうほどです。

タンカレーNo.10

ジン初心者から1歩前へ踏み出したい方に、おすすめな種類の銘柄は「タンカレーNo.10」です。容量は700ml、アリコール度数が47.3%と高めで、価格は2,268円になります。オレンジなどのフレッシュボタニカルを使用し、伝統製法で少量蒸留という丁寧に造られた、最高品質のプレミアムジンです。

タンカレーNo.10は、芳醇で品のある香りが、エレガントな爽やかさを呼ぶジンとなります。アルコール度数も高く、ビーフィーターとはまた違う意味で、ジンらしいジンを味わうことができます。

ビーフィーターのおすすめの飲み方

ビーフィーターをはじめ、ジンにはクセがあります。むしろ、クセがあるからこそ根強いファンもできるのです。そんなビーフィーターの、おすすめな飲み方を紹介していきます。

お洒落な瓶のままストレートで

ビーフィーターは、他のジンと比較してもクセのなさが、カクテルなどの飲み方に向いている理由です。けれども、クセの少なさはビーフィーターをストレートで飲む、飲み方にも向くということでもあります。冷蔵庫で冷やして飲めば、とろみが出る上にジュニパー・ベリーの香りも抑えてくれます。

ロックで飲む、氷で冷やす飲み方よりも、冷蔵庫であらかじめキンキンに冷やした上での、ストレートの飲み方は口当たりも香りも最高のジンを楽しめます。

ライムやレモンをプラス

ビーフィーターの飲み方としては、カクテルやロック、ストレートといろいろあります。ビーフィーターは柑橘系との相性が抜群です。そんなことから、レモンやライムのスライスを加えることで、ビーフィーターはさらに飲みやすいジンとなります。元々のビーフィーターにある、爽やかな切れ味が、一段と増す飲み方であることが分かります。

カクテルのベースに

ビーフィーターがジントニックなどの、カクテルのベースの飲み方に向くことは再三述べました。風味を主張しすぎないのも、ビーフィーターの特徴です。そんなことから、甘いカクテルを楽しむ、飲み方のベースとしておすすめになります。

基本的にフルーツとの相性は抜群ですから、トロピカルジュースを使って、いろいろな種類のオリジナルカクテルを作り上げる、飲み方もおすすめです。

ビーフィーターのおすすめカクテル

カクテルこそ、ビーフィーターを活かす真骨頂と言えます。ここでは、ビーフィーターを使用した、おすすめのカクテルをいくつか紹介します。

人気のジントニック

ビーフィーターを使って作る、人気のカクテル「ジントニック」です。ジントニックは、もっともポピュラーなカクテルの一つでもあります。ジントニックは、ビーフィーターとトニックウォーター、ライムスライスで作ります。

ジントニックは、ドライ・ジンとしてビーフィーターの特徴が、もっともよく活かされたカクテルとも言えます。自己主張をあまりしないビーフィーターが、ジントニックではカクテルとして、強く自己主張しているとも思えます。

手軽で飲みやすいジンバック

ジントニックに続いて、おすすめしたいカクテルが「ジンバック」です。飲みやすく、しかも手軽に作れるジン・バックは、ビーフィーターとレモンジュース、ジンジャーエールで作ります。氷を入れたグラスに軽くそそいで、そっとステアします。

シンガポールスリング

トロピカルカクテルの傑作と言われる「シンガポールスリング」です。シンガポールスリングの作り方は、ビーフィーターとフレッシュレモンジュース、砂糖をシェイクして、氷を入れたグラスにそそぎます。ソーダで満たしたら、そっとステアします。

好みで、リンゴやレモン、レッドチェリーを飾ります。シンガポールスリング出された女性が、うっとりとする光景が目に浮かびます。

青い珊瑚礁

ミントの甘い香りと爽快さが複雑にからんだ「青い珊瑚礁」です。青い珊瑚礁の作り方は、ビーフィーターとグリーンペパーミントをシェイクし、カクテルグラスのふちをレモンの切り口で濡らしてから、そそぎ入れます。マラスキーノチェリーを沈めて、ミントの葉を飾ります。爽やかで、美しいカクテルです。

Thumbジンベースのおすすめカクテル11選!誰でも簡単に作れる人気レシピも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ビーフィーターをジントニックにして風味を愉しもう!

ロンドン・ドライ・ジンのビーフィーターについて、香りや味をはじめ、いろいろな特徴を紹介してきました。ビーフィーターが初心者向けかどうかとか、初心者におすすめのジン銘柄や、ビーフィーターのおすすめの飲み方などに至るまで詳しく解説しました。

また、ビーフィーターを使ったおすすめのカクテルも紹介しました。この記事を参考にして、ビーフィーターをジントニックにして風味を楽しもう!ではありませんか。

Thumbクラフトジンの特徴とは?ジンとどう違う?ボタニカルが個性的な銘柄5選 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbジンの種類・銘柄を解説!定義やそれぞれの味の特徴も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbジュニパーベリーはジンの原料スパイス!味や料理への使い方は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ