缶コーヒーのカフェイン含有量ランキング!量が最も多い商品は?

ちょっと一息つきたいときや、気分転換したいときに使えるツールと言えば、缶コーヒーです。手軽に手に入るのでついつい1日何本も飲んでしまう、という方も多いのではないでしょうか?何本も飲んでいると缶コーヒーに含まれるカフェインの含有量が気になります。そこで今回は缶コーヒーのカフェイン含有量をランキング形式で発表します。普段飲んでいる缶コーヒーがどのくらいにランキングされているか、どうぞチェックしてみてください!

缶コーヒーのカフェイン含有量ランキング!量が最も多い商品は?のイメージ

目次

  1. 1缶コーヒーのカフェイン含有量が多いものはどれ?
  2. 2缶コーヒーのカフェイン含有量ランキングを紹介
  3. 3缶コーヒーに含まれるカフェインについて知っておこう
  4. 4缶コーヒーのカフェイン含有量に注目してみよう!

缶コーヒーのカフェイン含有量が多いものはどれ?

ちょっと一息つきたい時や、ランチタイムの後など手軽に飲める缶コーヒーを愛飲している方も多いと思います。最近の缶コーヒーはぐんぐんレベルを上げていて、香りが高いものや有名バリスタが監修したもの、本格焙煎されたもの、といったようにメーカーによって、味わいも風味もさまざまなものが登場しています。1日に何本も飲むこともある缶コーヒーに一体どのくらいのカフェインが含まれているか含有量が気になりませんか?

カフェインはご存知、疲れたときや目覚まし効果など覚醒作用がある一方で、過剰摂取には注意が必要です。適度な量のカフェインなら問題ありませんが、過剰摂取になると頭痛や吐き気の原因になることもあります。そこで今回は缶コーヒーのカフェイン含有量ランキングを少ない順から多い順にTOP20を発表します。カフェインの一日の正常摂取量についても詳しくお伝えしますので、缶コーヒー愛飲家の方はぜひご覧下さい!

缶コーヒーのカフェイン含有量ランキングを紹介

20位:業界切っての老舗ブランド「コカコーラジョージアエメラルドマウンテン」

それでは早速缶コーヒーのカフェイン含有量ランキングを発表していきます。こちらでは人気の売れ筋缶コーヒーをピックアップし、比較しやすいよう100g当たりのカフェイン含有量を算出しています。ランキング内に記載しているカフェインの含有量はすべて100g当たりのカフェイン含有量となりますので、参考にしていただければと思います。

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第20位は、1978年から缶コーヒーの販売を開始した業界一の老舗ブランドジョージアのエメラルドマウンテンです。厳選された良質のコロンビア高級豆エメラルドマウンテンを贅沢に使用し、中煎り、深煎りと2段階で焙煎することにより絶妙なバランスを引き出しています。喫茶店で味わうコーヒーの味と称する人もいるほど根強い人気を誇ります。カフェイン含有量は40mg、参考価格は62円です。

19位:華やかな香りが特徴「ポッカサッポロ アロマックス クオリティブラック」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第19位は、ポッカサッポロが華やかな香りをキャッチフレーズにこだわり抜いたアロマックスクオリティブラックです。無香料なので缶コーヒーにありがちな雑味がなく、エチオピア産モカ豆本来の香りが楽しめる商品です。アロマックスを謳うだけあって香りの高さはピカ一で、コーヒー好きをトリコにし、リピーターが多いのも特徴です。カフェイン含有量は56mg、参考価格は115円です。

18位:香り閉じ込め製法「キリン ファイア 香ばしブラック」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第18位は業界でいち早く香りを閉じ込め持ち運びにも便利なスクリューキャップを採用したキリンファイヤの香ばしブラックです。焼きを極めた直火ローストの焦がし焼き豆を30%使用することで、ドリップコーヒーのような高くシャープな香りを実現しました。キャップを開けた途端に引き立つ香りは缶コーヒーのレベルを超えていると評判です。カフェイン含有量は52mg、参考価格は64円です。

17位:朝に特化した商品「アサヒ飲料 ワンダ モーニングショット」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第17位は、アサヒ飲料が朝専用の缶コーヒーとして謳っているワンダーショットです。焼きたて、挽きたて、淹れたての目覚めるおいしさで、毎朝のスタートにふさわしい缶コーヒーとなっています。「キリッと気持ちのいい朝へ」のCMでもおなじみなので、目にした方も多いのではないでしょうか?コーヒー豆は、厳選した中東、東南アジア、南米、東アフリカ産のものをブレンドしています。

コーヒー豆の芯まで香ばしく焼き上げる焼きたての香ばしい香りが特徴の熱風式焙煎を取り入れ、コーヒー豆を粉砕後12時間以内に抽出するというこだわりで、いつでも挽きたてのような香りを楽しめます。また抗酸化製法により酸化を抑え、淹れたてのおいしさを実現しました。「朝のコーヒーはこれに決めています」「ややに苦めのあじわいで甘さも程よくありお気に入り」と人気です。カフェイン含有量は60mg、参考価格は92円です。

16位:シンプルでハイクオリティー「UCC BLACK無糖 DEEP & RICH」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング16位は、UCC上島珈琲のDEEP & RICHです。香料に頼らない香り高いアロマが特徴で、原料はコーヒー豆だけというシンプルな材料と製造方法で実現したクオリティーの高さが自慢です。コーヒー豆も通常より20%も増量しているため、深いコクと香りが引き立っています。飲んだあとに鼻から抜ける自然な香りが良いとコーヒー好きにも好評です。カフェイン含有量は60mg、参考価格は78円です。

15位:タリーズの味を手軽に「伊藤園 タリーズコーヒー バリスタズブラック」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第15位は、シアトル生まれの人気コーヒーチェーン店、タリーズコーヒーのバルスたが監修した缶コーヒーです。カフェで味わうコーヒーのおいしさをコンセプトに、コーヒー豆選びに始まり、品質が高く、深いコクと香りのアラビカ種コーヒー豆を採用、国内の自社工場にて100%自社焙煎、抽出直前粉砕、こだわりの抽出といった工程一つ一つに手間を惜しまず最高の1杯を作り上げました。

タリーズバリスタズブラックは缶コーヒーとは思えないクオリティの高さで、まるでタリーズカフェで飲んだ時のような本格的な味わいがコーヒーファンを喜ばせています。缶コーヒーの味わいに今まで物足りなさを感じていたコーヒー好きも納得の缶コーヒーとなっているので、まだ試したことがない方はこれを期に一度飲んでみることをおすすめします。タリーズバリスタズブラックのカフェイン含有量は60mg、参考価格は149円です。

14位:プレミアムコーヒー豆使用「ダイドーコーヒーデミタス微糖」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第14位は、コーヒー飲料公正取引協議会により正式にプレミアムと呼ぶことが認められたプレミアム豆を使用しているデミタス微糖です。浅煎りと深煎りの2つのパートに分けて抽出することによりコーヒー独特のコクと深みを引き出しています。コーヒーにこだわりのある方でも十分に満足できる缶コーヒーでカフェイン含有量は70mg、参考価格は1本150円と高めですが納得できる味わいです。

13位:ボスのプライドが集結「サントリープライドオブボス」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第13位は、缶コーヒーのロングセラーブランド、ボスの25周年記念としてリリースされたプライドオブボスです。提携農園のブラジルBAU農園で採れたコーヒー豆を使用し、サントリー独自の技術で抽出した超深煎りコーヒーオイルを加え、上質なコクと香りを引き立たせています。

香り閉じ込め製法により香りの飛散を抑えているのも特徴です。パッケージはシンプルな銀色の缶にエンボス加工を施し、缶コーヒー作りに対するボスの揺るぎない誇りとこだわりを表現しました。働く人の相棒ボスのプライドが詰まった25周年の集大成とも言える缶コーヒーをぜひお楽しみください。カフェイン含有量は70mg、参考価格は115円です。

12位:カフェオレ派におすすめの一本「サントリーボス カフェオレ」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング12位はファンの多い缶コーヒーブランド、ボスのカフェオレです。なめらかな北海道産生クリームと厳選した良質な牛乳が、香り豊かな深煎りコーヒーとバランス良く溶け合い、まろやかで深いコクのあるおいしさが味わえる大人のカフェオレです。缶コーヒーは苦いから苦手、という方にも飲みやすい商品となっているので手に取ってみてください。カフェイン含有量は74mg、参考価格は83円です。

11位:濃厚な飲みごたえ「ワンダ デラックス1」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング11位は、濃厚でデラックスな飲みごたえが特徴のわんだデラックス1です。厳選したコーヒー豆をブレンドした深いコクと、エスプレッソコーヒー、牛乳使用料がともに2倍使用しているため、飲みごたえのある濃厚な味わいを実現しました。ブラックとゴールドの2トーンカラーの高級感あるデザインで、店頭でも目を引く1本となっています。カフェイン含有量は85mg、参考価格は115円です。

10位:脂肪燃焼効果あり「ヘルシアコーヒー微糖ミルク」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第10位は、消費者庁のトクホに認定されたヘルシアコーヒーです。こちらの商品にはコーヒーポリフェノールが1本につき270mgも配合されていて、脂肪を燃焼する効果があるため体脂肪が気になる方にもおすすめです。ベトナムとブラジル産コーヒー豆をブレンドして作られているので、飲み安いと評判で健康飲料として上品している人も。カフェイン含有量は90mg、参考価格は1本131円です。

9位:どんな人も飲みやすい「サントリーボス 無糖ブラック」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング9位は、コーヒーの人気ブランドボスの無糖ブラックです。コーヒーのコク、香りともにクセのないすっきりとした後味が特徴で、どんな人でも飲みやすい万能な1本です。大勢集まる場所で缶コーヒーが必要な場合、ボス微糖ブラックを何本か押さえておくと間違いありません。飲みごたえがありつつすっきりとしているので食後にもぴったりです。カフェイン含有量は93mg、参考価格は115円です。

8位:高級豆を贅沢に使用「サントリーボス 贅沢微糖」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング8位は、ボスの贅沢微糖です。4種類の高級豆を中心にコクを深める超深煎り豆をブレンドし、コーヒー豆のおいしいところだけを贅沢にドリップしています。豊醇なコクと雑味のないコーヒーの旨みが詰まったバランスの良い味わいにコーヒーファンも納得の1本となっています。程よい甘さの微糖なので、甘いものが苦手な方にも飲みやすいです。カフェイン含有量は111mg、参考価格は72円です。

7位:世界有数のプレミアム豆を採用「ダイドー デミタスコーヒー」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング第7位は、プレミアム豆を贅沢にブレンドし上質で深み極まる味わいの贅沢コーヒーダイドーのデミタスコーヒーです。世界有数のコーヒー産地のプレミアム豆だけをブレンドし、通常の1.5倍の豆を使用することで、上質で奥深いコーヒーに仕上がっています。そんな贅沢コーヒーに牛乳を絶妙に調和させ、深み極まる味わいにファンも多い1本です。カフェイン含有量114mg、参考価格77円です。

6位:缶コーヒーとは思えないクオリティ「ワンダ 金の微糖」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング6位はワンダ金の微糖です。高温抽出したブラジル最高等級高級豆100%のコーヒーに、低温抽出した高級豆で抽出したエスプレッソをダブルでブレンドすることで、缶コーヒーとは思えないほどのコク深い味わいを実現しました。夕方のもう一頑張りに、大切なプレゼン前に活を入れる時に、ここぞという飲用したい一本です。カフェインの含有量は130mg、参考価格は1本67円となっています。

5位:すっきりとした味わい「キリン ファイヤ挽き立て微糖」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング5位はキリンファイヤ引き立て微糖です。コーヒー本来のおいしさを単一農園豆、香料無添加レインフォレスト・アライアンス認証豆を51%使用することで上質な香りとコクのある味わいが特徴です。直火仕上げなので香り高挽きたてコーヒーの香ばしさにすっきりとした味わいでどんなシーンでも飲みやすく万人受けする缶コーヒーです。カフェインの含有量は137mg、参考価格は1本89円です。

4位:発売後40年のロングセラー「ダイドー ブレンドコーヒー」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング4位は、発売から40年を迎える缶コーヒーのロングセラー、ダイドーブレンドコーヒーです。中南米を中心に、厳選した5カ国のコーヒー豆を浅煎りを中心に幅広く焙煎し、豆本来の美味しさと華やかな香りを引き出した1本です。丁寧に抽出されたコーヒーに、ミルクをバランス良く加えることで確かな飲みごたえもプラスしました。カフェインの含有量は146mg、参考価格は1本91円です。

3位:上質なコクと深い味わい「ワンダ ゼロマックスプレミアム」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキングはいよいよTOP3に突入です。気になる第3位は、厳選高級豆をブレンドし、上質でコク深い味わいが特徴のワンダゼロマックスプレミアムです。もともと販売されていたワンダゼロマックスに飲みごたえと後味のまろやかさをブラッシュアップし、味わいもリニューアルされました。コク深いコーヒーに厳選された乳素材を使用することで飲みごたえのあるおいしさに仕上がっています。

からだにおいしい糖類ゼロをキャッチコピーに、からだを気遣う人にうれしい糖質0設計なので、コーヒーは飲みたいけど糖質が気になるという方にぴったりです。パッケージも糖類ゼロという商品特徴を目立たせるデザインを踏襲しながらも、体を気遣いながらおいしい肝コーヒーを飲みたい方にアピールするデザインに生まれ変わりました。カフェインの含有量は148mg、参考価格は1本115円となっています。

2位:高いアロマが特徴「サントリーボスシルキーブラック」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング2位は、2008年の発売以来なめらかな口当りのボトル缶ブラックコーヒーとして愛飲者も多いボスシルキーブラックです。サントリー独自のエスプレッソ抽出技術により香り高く、しっかりとしたコクと香り高いアロマが特徴で、大人のための缶コーヒーといっても過言ではありません。上品なブラックベースのパッケージにボスおじさんが描かれたデザインで、自動販売機でも一際目を引きます。

口コミでも「すっきりとした味わいで、後味もさっぱりしているので何本もリピートしています」「飲みやすく香りも良いです。スクリューキャップで飲みきれない時も便利」と好評です。仕事中ちょっと気分転換したいとき、食後に口をスッキリさせたい時などどんなシーンにもぴったり合う無糖ブラックタイプなので、手元に常備しておいても良いかもしれません。カフェインの含有量は165mg、参考価格は1本112円となっています。

1位:カフェインが多いのが特徴「サントリーボスドライブショット」

缶コーヒーカフェイン多い順ランキング1位はサントリーボスドライブショットです。こちらの商品は缶コーヒーの代表的な飲用シーンである車の運転中に着目し、主に仕事で車を運転する方をターゲットに開発されました。カフェインの量は通常の1.2倍に増量しながらも、味わいは苦味を抑え、ほどよい甘さに仕上げています。厳選した深煎り豆を中心にブレンドし、しっかりとしたコーヒーの味わいと厚みのあるミルクのコクが特徴です。

鮮やかなレッドを背景にボスマークのエンブレムと銀色に帯が目を引くパッケージです。スピードメータのイラストやオイルヤケを思わせるこだわりのあるデザインにも注目です。発売以来運転手や営業の方々に愛飲され、多くのファンに愛される缶コーヒーとなっています。口コミでも「午後の仕事の眠さが吹き飛ばせる気がする」「目覚めがよい」と評価も上々です。カフェインの含有量は167mg、参考価格は1本115円となっています。

缶コーヒーに含まれるカフェインについて知っておこう

カフェインを摂ることのメリットとは?

カフェインは、アルカロイドという成分の一種です。アルカロイドは主に植物が作り出している物質で、外敵から実を食べられないように渋みや苦味を出して、自身を守っています。コーヒーはコーヒーの赤い木の実か作られているのですが、いかにもおいしそうなコーヒーの木の実を鳥や昆虫などが食べないようにアルカロイドがガードしてコーヒーの実を守っているというわけです。

カフェインはコーヒーの意味であるコーヒー豆の中から抽出されているためCafe in、つまりカフェインと名付けられました。カフェインを摂ることにより得られるメリットはたくさんあります。例えば中枢神経を刺激して目を覚ましたり、集中力の向上、利尿作用、基礎代謝促進、抗菌作用、消化を助ける胃酸分泌効果も期待できます。また、脳血管収縮作用により、人によっては頭痛が緩和したり、強心、末梢血管拡張効果などもあります。

気を付けたいカフェインのデメリット

カフェインはたくさんのメリットがある一方で、デメリットもあります。そもそもカフェインが外敵から自分自身を守るために発している成分であるがゆえに、毒の顔を持っていると言えます。カフェインを飲み過ぎると目が冴えて寝付けなくなる、という話を聞いたことはありませんか?これはカフェインの覚醒作用によるもので、過剰摂取によるデメリットといえます。

そのほか、カフェインを過剰に摂取しすぎると頭痛や吐き気を引き起こすこともありますし、コーヒーが飲めなくなった時の副作用として落ち着きがなくなる、いらいらする、めまいがするといった一種の禁断症状が現れることもあります。通常の人であれば2~3日程度で正常に戻るためほとんど問題はありませんが、人によっては正常に戻るまで7日程度かかることもあり、過剰にカフェインを摂りすぎるのは注意が必要です。

カフェインの一日の摂取量の目安

安全性を考慮しながら、カフェイン効果を得るにはカフェインの1日の摂取量はどの程度なのでしょうか?農林水産省のサイトによると、健康な大人の1日の適正なカフェイン摂取量は400mgまでとされています。ドリップコーヒーだと1日3~4杯程度、缶コーヒーはカフェイン含有量ランキングでお伝えしたとおり一番カフェイン含有量が高いもので2~3本です。夜の睡眠の妨げにならないよう、摂取は夕方以降を避けるのがおすすめです。

妊娠中や授乳中はカフェインの摂取を控えよう

カフェインの摂取は妊娠中の方や授乳中の方は、控えたほうがよいというのは耳にしたことがあるかもしれません。それは妊娠中は代謝速度の低下からカフェインの分解、排泄に時間がかかり、体にカフェインが留まる時間が長くなるためです。さらにカフェインは胎盤を通過し、胎児の血液中にもカフェインが移行する可能性があることも指摘されていて、胎児のカルシウム吸収阻害、退治発育に影響し低体重児の出産に繋がることもあります。

お医者さんによっても異なりますが、カフェインの大量摂取は赤ちゃんへの影響があるとされているので注意が必要です日本では妊婦さんのカフェイン摂取量は特に定められていませんが、イギリスなどでは1日200mg、カナダや韓国では300mgに制限するよう助言されています。また授乳中も上記理由と同様お母さんが摂取したカフェインが赤ちゃんに移行する可能性もあるため、カフェインの過剰摂取はひかえほどほどを守りましょう。

Thumbインスタントコーヒーのおすすめ人気ランキングTOP17! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

缶コーヒーのカフェイン含有量に注目してみよう!

缶コーヒーのカフェイン含有量ランキングを発表してきましたが、参考になりましたか?普段何気なく選んでいる缶コーヒーも、カフェイン含有量といった視点で選ぶとまた違ったチョイスになると思います。カフェインは適度に飲むと有効ですが、摂り過ぎには注意が必要です。適正量のカフェインを摂取し、おいしい缶コーヒーライフを楽しんでください!

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ