石垣島のコンビニはお土産にもおすすめの限定商品あり!営業時間は?

日本でも有数のリゾート地、沖縄県の石垣島。海遊びやのんびりと過ごすために石垣島を訪れる方も多いのではないでしょうか?そんな石垣島の滞在の思い出にお土産探しをする際、おすすめなのがコンビニです。石垣島のコンビニでは沖縄限定のお土産を豊富に扱っているので、気軽に手に入れることができるんです。今回は石垣島のコンビニで手に入る限定お土産をたっぷり紹介します。気になる営業時間についても調査しましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

石垣島のコンビニはお土産にもおすすめの限定商品あり!営業時間は?のイメージ

目次

  1. 1石垣島はコンビニも楽しい観光スポット!
  2. 2石垣島のコンニビでお土産にぴったりの限定商品をチェック!
  3. 3石垣島のコンビニの営業時間は?
  4. 4石垣島にはコンビニ以外にスーパーもおすすめ!
  5. 5石垣島に行ったらコンビニにも是非立ち寄ってみよう!

石垣島はコンビニも楽しい観光スポット!

石垣島にはファミリーマートが多数!

石垣島へ旅行に行ったら、お土産はおみやげ物専門店や空港などで買う方が多いと思いますが、実は一番のおすすめはコンビニなんです。石垣島のいたるところにあるコンビニで沖縄限定のお土産をたくさん見つけることができるので、旅の途中に、帰る直前までいつでも気になった時に石垣島のお土産を探しにコンビニを訪れてみませんか?今回は石垣島のコンビニで買える限定品を中心に、コンビニの営業時間などもしっかり調査します!

さて、石垣島で一番多いコンビニといえばどこか知っていますか?石垣島一の店舗数を誇るのが「あなたとコンビに」でおなじみのファミリーマートです。沖縄にあるコンビニはファミリーマートとローソン、それにココスストアの3社のみでしたが、ココスストアががファミリーマートに吸収合併され、ココスストアはすべてファミリーマートに衣替えされました。現在石垣島には18店舗のファミリーマートがあり、ローソンはありません。

石垣島にもセブンイレブンが進出?

石垣島ではファミリーマートが優勢となっていましたが、満を持してコンビニ業界最大手のセブンイレブンが進出することが決まりました。全国で唯一セブンイレブンが出店していないのが沖縄県ということもあり、待望の沖縄セブンイレブンは2018年にオープンしました。つづいて2019年にセブンイレブンが石垣島に出店がするそうなので、石垣島の地元の方も、旅行に訪れた観光客もまた新たな楽しみが増えそうです。

石垣島のコンビニは沖縄ならではの食材が買える

コンビニといえばおにぎりやお菓子、飲み物などの食品から、日用品まで幅広く扱っているものですが、石垣島のコンビニでは石垣島限定などのお土産品も数多く販売されています。そのため、観光に訪れた利用客のお土産購入場所としてもとても人気があり、石垣島のコンビニにはいつも多くの人が出入りしています。石垣島のコンビニは、お土産物屋さんやデパートに行く感覚で、石垣島限定のお土産が手に入るのでとても重宝します。

石垣島のコンニビでお土産にぴったりの限定商品をチェック!

おいしすぎて飲みすぎ注意「泡盛コーヒー」

石垣島をはじめとした沖縄のお酒といえば泡盛ですが、その泡盛をブラックコーヒーで割った泡盛コーヒーが大ブームになっています。泡盛とコーヒーが合うのかと疑いの目で見る方もいるかもしれませんが、これが意外や意外、とても飲みやすく、一口飲むと香りと口当たりはコーヒー、鼻からふわっと抜ける後味が泡盛といった抜群のブレンド具合で、一度飲むとハマってしまう人が続出する人気商品となっているそうです。

泡盛コーヒーが手に入るコンビニはファミリーマートで、ファミリーマートのオリジナルコレクションとして独自展開したプライベートブランド商品になります。コーヒー販売コーナーに置かれいることが多いそうで、泡盛コーヒー「BLACK」という名前で販売されていますので、コンビニで見かけたらぜひ手に取ってみてください。ただし、コーヒーといえどもアルコール度数は12度ととても高いので飲みすぎにはご注意ください。

沖縄ならではの味の種類が嬉しい「沖縄限定プレッツエル」

友達や会社へのバラマキ用のお土産におすすめなのが、沖縄限定のプレッツエルです。プレッツエルといえばサラダ味などが一般的ですが、沖縄限定のプレッツエルは沖縄名物の黒糖味や、石垣島産の海の塩を使用した石垣の塩味、女性にも人気の紅芋味と沖縄でしか買えない限定フレーバーとなっています。沖縄の素材の旨みを生かしたプレッツエルは、かりかりっとした香ばしい歯ごたえもクセになるので、食べ始めると止まりません。

沖縄限定のプレッツエルは、石垣島のファミリーマートなどのコンビニで100円程度とリーズナブルに手に入るので、まとめ買いにもぴったりです。石垣島に行ってきたよ、という旅の報告も兼ねて沖縄でしか買えない限定プレッツエルをあげると、話に花が咲くこと間違いなしです。沖罠限定のプレッツエルを石垣島などでお土産に買って帰った人があまりのおいしさに、帰ってから通販でリピート注文するという人もいるそうです。

本場の味をお土産に「沖縄そばカップラーメン」

沖縄では1日に15万食以上も消費されるという沖縄を代表する料理が沖縄そばです。そばといってもそば粉が使われるのではなく、小麦粉のみで作った歯ごたえの良い麺を、豚骨やかつお節で作ったスープで煮込んで作られます。そんな沖縄そばを手軽にお土産として持って帰れるようにアレンジしたのが、沖縄そばのカップラーメンです。インスタントでありながらも、沖縄そばの味を再現したやさしくまろやかな風味がおいしいと評判です。

沖縄そばカップラーメンは、沖縄でしか購入できない限定品です。配り用のお土産にもぴったりなおひとりさま用のカップ麺もありますし、家族みんなで食べられる5食入りなどさまざまなバリエーションがあるので、必要数に応じて購入することができます。沖縄の石垣島で食べたおいしい沖縄そばをおうちに帰っても手軽に楽しむことができるので、家で待つ家族にもきっと喜んでもらえること間違いなしです。

沖縄限定味にハマる「かむかむチューイングキャンディ」

かむかむチューイングキャンディといえば、昔から愛されるロングセラーのお菓子として有名ですが、沖縄でしか手に入らない限定味が石垣島のコンビニで販売されています。石垣島限定のフレーバーはパイナップル味、シークワーサー味、たんかん味の3種類が展開していて、どれも沖縄限定なのでお土産にもピッタリです。ビタミンCが1袋に40mgも配合されているので、栄養も満点、噛めば噛むほど口の中がさっぱり爽やかになります。

かむかむチューイングキャンディというネーミング通り、噛んで食べられるカムカムチューイングキャンディなので、パイナップルやシークワーサー、たんかんといった沖縄ならではの食材の味を心行くまで味わうことができます。1個当たり100円程度とリーズナブルな価格で販売されているため、配り用のお土産や、自分用のお土産として複数手に入れておくのもおすすめです。小腹が空いたときなどちょっとした時にも重宝します!

ビールがぐんぐん進む「オリオンビアジャーキー」

お酒好きな方へのお土産におすすめなのが、お酒のおつまみとして人気の砂肝ジャーキーとオリオンビールがコラボしたオリオンビアジャーキーです。従来の砂肝ジャーキーに、オリオンビールの酵母や沖縄の海の塩を使った沖縄の旨みがタップリとつあったうま塩こしょう味のジャーキーとなっています。噛み応えのある食感に、強めにきいたしっかり味の塩こしょうの味わいが、ビールやお酒とも相性抜群となっています。

オリオンビアジャーキーは、ファミリーマートなどのコンビニで沖縄限定のお土産として購入することができます。1袋当たり148円とリーズナブルで、小さくてかさばらないので配り土産として利用する方も多いそうです。うまみのある濃い塩味、ピリッと辛い味わいでお酒がぐんぐん進むので、お酒好きな方へお土産として渡すと、喜ばれること間違いなしです。沖縄限定の商品なので、話のネタにもぴったりです。

紅芋風味がたまらないおいしさ「紅芋ドーナツ棒」

石垣島をはじめとした沖縄の名産品といえば、紅芋や黒糖が外せませんが、沖縄限定のお土産として紅芋と黒糖を使った紅芋ドーナツもおすすめです。沖縄県産の紅芋を限定使用し、黒糖ドーナツ棒ゆずりの優しい甘とほくほくとした食感が特徴の紅芋ドーナツ棒は、食べ始めると止まらなくなるほどおいしいです。通常ドーナツというと脂っこいイメージがありますが、紅芋ドーナツ棒は後味もしつこくないので食後にもぴったりです。

沖縄の限定お土産として、コンビニなどでも気軽に手に入る紅芋ドーナツ棒は、小さいサイズと大きいサイズがあり、小さいサイズだと1袋に5本入って194円ととてもリーズナブルです。小さいサイズは食べやすい大きさで、ちょっと小腹が空いたときや、気分転換のおやつとしてとても重宝するので、石垣島に行った自分用のお土産としてもおすすめです。まとめ買いしても安いので、石垣島旅行の最終日にたくさん買って帰りましょう。

台湾と沖縄限定商品「ドリトスのナチョチップス」

続いての石垣島のコンビニで買えるおすすめの限定お土産は、ドリトスの沖縄限定ナチョチップスです。ドリトスといえばアメリカを中心に人気のパリパリとした軽い食感が特徴のチップスですが、台湾と沖縄限定で初の和風味としてわさびしょうゆ味とたこやきソース味が販売されています。台湾と沖縄のファミリーマート共同販売として作られた限定ナチョチップスは、台湾でも日本語表記で販売されているそうです。

ドリトスのわさびしょうゆ味はほんのりとわさびの香りが鼻に抜け一度食べるとクセになる味わいです。一方たこ焼きソース味は、大阪名物たこ焼きの味を忠実に再現していて、食べ始めると止まらないおいしさです。どちらも213円とリーズナブルな上、石垣島をはじめとした沖縄でしか手に入らないレア商品なので、お土産としても手に入れる価値があります。わさび醤油味はグリーン、たこ焼きソース味は黄色のパッケージが目印です。

元気をチャージ「ハブアタックのど飴」

沖縄限定お土産、続いては甘いものが苦手な方にもおすすめのお土産、ハブアタックのど飴です。ハブアタックのど飴はハブエキスと、クールミントを加えたのど飴で、爽やかで爽快な味わいが特徴です。沖縄ではハブは元気の源と呼ばれるほど栄養価が高く、重宝されていて、元気がない時はハブエキスを常飲しているそうです。そんなハブエキスをたっぷり配合したハブアタックのど飴は、沖縄でしか買えない限定ののど飴となっています。

もちろんのど飴なので風邪の引き初めにも効き、おまけにハブエキスの効果で元気が出てくるのでいつでも常備しておきたいです。最近お疲れ気味のお友達や同僚へのお土産に、元気なってね、という気持ちを込めてハブアタックのど飴を買って行ってあげてはどうでしょうか?ハブアタックのど飴は石垣島のコンビニで手に入ります。お菓子コーナーの雨売り場に一緒に売られていることがおおいので、見かけたらぜひ手に取ってみて下さい。

沖縄っ子の定番おやつ「塩せんべい」

沖縄限定のカジュアルなお土産としておすすめなのが、石垣島をはじめ沖縄の子供が小さなころから食べてきた塩せんべいです。塩せんべいはお米で作る一般的なおせんべいとは異なり、小麦粉、植物油、水、でんぷんを加えて作られるので、外側は硬いのですが、中はさくっとした軽い食感が特徴です。塩せんべいだけにスタンダードな味は塩ですが、いろんなフレーバーが出ていてそれらを探しながらお気に入りを見つけるのも楽しいです。

塩せんべいの味のバリエーションは、梅味の塩せんべいやエビ味の塩せんべい、チーズハバネロ味の塩せんべいなどがあるので、いくつか買って食べ比べをしてもよさそうです。沖縄ではこの塩せんべいにチョコレートソースを組み合わせるのが人気だそうで、あまじょっぱい味わいがたまらないく美味しいそうです。塩せんべいは1袋200円ほどとリーズナブルでお土産としても配りやすい価格なので、いくつか買って帰るのがおすすめです。

こどものお土産にも「ぷっちょ」

ヨーグルトのプチプチグミが入ったソフトキャンディ、ぷっちょは沖縄だけでなく全国レベルで人気のお菓子として有名です。そんなぷっちょの沖縄限定フレーバーが石垣島のコンビニでも売られていて気軽に手に入りますので、配りお土産などにいかがでしょうか?沖縄限定フレーバーのぷっちょは、沖縄のシークワーサー果汁がはいったシークワーサー味と、パイン味、パイナップルグミ&シークワーサー味の3種類です。

口の中でころころと転がるプチプチのグミと、ぷるぷる食感が楽しいぷっちょに、シークワーサーやパインといったさわやかな酸味がベストマッチです。ぷっちょのキャラクターがシークワーサーやパイナップルになった可愛いイラストのパッケージも目を引くので、お土産として差し上げれば喜ばれること間違いなしです。値段も1個100円ちょっととリーズナブルなので、子供の友達への配り土産としてもぴったりです。

石垣島のコンビニの営業時間は?

石垣島のコンビニも24時間営業!

コンビニの営業時間といえば、どうしても営業時間は24時間営業と思っている方も多いと思います。石垣島をはじめとした沖縄は、島ののんびりとした空気が流れているせいか、どのお店も早く閉まるイメージがありますが、石垣島のコンビニの営業時間はどうなのでしょうか? 石垣島のコンビニの営業時間を調べてみると、ほとんどのコンビニが営業時間が24時間となっています。営業時時間が長いと何かあった時も安心できます。

市街地を離れるとコンビニは無いので注意!

石垣島にあるコンビニは、市街地を中心に数十店舗となっていてうれしいことに営業時間が24時間というお店がほとんどとなっていますが、石垣島の市街地を離れるとコンビニやスーパーの数は激減してしまいます。石垣島にあるリゾートホテルなどは石垣島市街にあることが多いので、市街地を離れたリゾートホテルに宿泊している方は注意が必要です。

24時間の営業時間のコンビニでちょとしたものを購入したいと思っても、市街地を離れるとコンビニどころかスーパーなどのお店も少なくなってしまうので、歩いていくことはもちろん、車でコンビニに行くのにも時間がかかってしまいます。そのため、何か必要なものがある時はあらかじめ事前に購入しておくことをおすすめします。市街地に宿泊される方は24時間営業時間のコンビニがあるので安心です。

石垣島にはコンビニ以外にスーパーもおすすめ!

石垣島にはコンビニ以外にスーパーもおすすめ!

お土産を購入する場所として、コンビニ意外にスーパーものぞいてみると面白いものが見つかるのでおすすめです。スーパーは観光客だけでなく石垣島の地元の方も訪れるので、思ってもみないような限定品が見つかったり、地元価格で商品が並んでいるので、お土産物屋さんで購入するよりもお手頃価格でお土産が手に入るのもうれしいです。石垣島一の大手スーパーといえば食品からお酒、日用品まで幅広く揃うマックスバリュです。

マックスバリュといえばイオングループのスーパーなので、品ぞろえの豊富さは間違いありません。お菓子やお酒、食品などのお土産のほか、ドラッグストアなども併設しているので、沖縄限定のシートパックや、化粧品などの美容グッズをお土産として購入したい方にも便利です。お土産探しのほか、旅行滞在中の飲み物やフルーツなどを調達するのにも何かと使えるので、ホテル近くのマックスバリュをチェックしておきましょう。

石垣島にあるマックスバリュは、マックスバリュやいま店(営業時間24時間)、マックスバリュ新川店(営業時間24時間)、マックスバリュ石垣店(営業時間8:00~25:00)、マックスバリュ平真店(営業時間24時間)の全4店舗です。どの店舗も24時間、または25時まで営業と営業時間がとても長いので、ふっと思い立った時や、観光や遊びのちょっとしたすき間時間に利用することができてとても便利となっています。

豊富にお土産が買える「サンエースーパー」

石垣島の国道309号線沿いにあるスーパーがサンエースーパーです。石垣島限定のお土産が手に入るほか、本島では珍しい食材や飲み物など幅広い商品を取りそろえているので、眺めるだけでも楽しいスーパーです。サンエースーパーの中にはお土産品コーナーというコーナーも設けられているので、お土産を一気に揃えたい方にもおすすめです。沖縄土産の定番ちんすこうや沖縄食材を使ったクッキーなどが種類豊富に揃っています。

サンエースーパーのお土産品コーナーに売られているお土産の中には、箱入りのものも多数あるので、目上の方へのお土産や、会社へのお土産などきちんとしたお土産としてもぴったりです。一方で配り用のお土産にもぴったりな小分けにされたお菓子なども手に入りますので、ほしいお土産が必ず見つかります。お土産コーナーの奥には黒糖コーナーが設けられ、圧巻の数の黒糖が揃いますのでぜひチェックしてみてください。

サンエースーパーの営業時間は9:00~22:00なので、夜ご飯の後腹ごなしにぶらぶらとお土産探しに訪れるのもよさそうです。営業時間内には離島ターミナルとサンエースーパーの間で定員10名ほどの小さなシャトルバスも運行しています。シャトルバスの営業時間は9:40~17:40、1時間に1本のペースで運行しているので、天候の悪い日やお土産をたくさん買って荷物が多くなった時などに気軽に利用してください。

惣菜も充実「ハッピーマートほんな」

石垣島の地元の方たちに交じって、暮らすような感覚でお土産物を探したい方に行って欲しいのが、ハッピーマートほんなです。石垣島の食材を使ったお惣菜を中心に、お刺身や島野菜、お酒などを安く取り揃えていて、生活雑貨や100円商品まで幅広い商品が充実しています。地元の人がよく利用していることもありローカル色満載となっているので、旅先でスーパーマーケットを訪れるのが大好きという方はぜひ行って欲しいおすすめです。

ハッピーマートほんなの外観も、レトロなロゴが大きく印字された緑色の看板が大きく掲げられていて、入る前から地元の商品が手に入りそうな空気が漂っています。ハッピーマートほんなの営業時間は7:00~22:00となっていて、スーパーとしては朝早くから営業しているので、旅行から帰る日に最後に空港で食べるお惣菜を買って帰りたい、という場合にも便利です。石垣島生まれのローカルスーパー、滞在中に一度訪れてみて下さい。

Thumb石垣島のおすすめスポット21選!グルメやランチの穴場など紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

石垣島に行ったらコンビニにも是非立ち寄ってみよう!

石垣島のコンビニで手に入る限定お土産を中心に紹介してきましたが、いかがでしたか?お土産というとお土産物屋さんなどで購入するのが一般的ですが、石垣島では市内にたくさんあるコンビニで手軽限定お土産が手に入るので、迷って買い逃してしまっても再度気軽に訪れることができます。今回紹介した石垣島限定のお土産は、友達や家族にも喜ばれること間違いなしのおすすめ品ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ