焼き鳥のカロリー低い順ランキングTOP7!含まれる糖質も調査!

焼き鳥のカロリーを知っていますか?焼き鳥のカロリーや含まれているとされる糖質はダイエットを意識している方であれば気になるものではないでしょうか?そんな焼き鳥ですが、実はダイエットには最適である秘密が隠されていたのです。今回は、焼き鳥のカロリーの低い順ランキングトップ7と共に、焼き鳥をダイエット中に食べる場合のコツなども紹介していきたいと思います。美味しく焼き鳥を堪能しましょう!

焼き鳥のカロリー低い順ランキングTOP7!含まれる糖質も調査!のイメージ

目次

  1. 1焼き鳥のカロリーを知っていれば安心して食べられる!
  2. 2焼き鳥はダイエット中におすすめ?
  3. 3焼き鳥のカロリー低い順ランキングTOP7を紹介!
  4. 4焼き鳥のその他部位についても見てみよう!
  5. 5焼き鳥はダイエット中でも腹持ち良く食べられて嬉しい!

焼き鳥のカロリーを知っていれば安心して食べられる!

誰もが好きだという焼き鳥は、居酒屋などお酒を交わす場面でも定番の料理となっています。そんな居酒屋メニューでも人気で、子供から大人まで好きな人の多い焼き鳥ですが、カロリーがどれくらいなのかを知っていますか?焼き鳥は、カロリー計算が簡単だと言われていますが、その理由はなぜなのでしょうか?また、ダイエット中にも、焼き鳥はおすすめとされています。その理由も今回は調査してみました。

今回紹介していくのは、焼き鳥の中でもダイエット中に気にすることなく食べられるよう、カロリーの低い順のトップ7を紹介していきたいと思います。ダイエット中の方が気になるのは、カロリーの高いものではなくカロリーの低いものになることでしょう。ぜひ、ダイエット中の焼き鳥をカロリーを知って楽しみましょう。

Thumb焼き鳥の部位のまとめ!全種類の名称やカロリーなど詳しく解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

焼き鳥はダイエット中におすすめ?

脂肪を含む部位を避けてヘルシー

ダイエット中の焼き鳥の選び方として、まず挙げられるのは脂肪を含んでいない部分を探すことです。どの鶏肉の部位に脂肪分が多く含まれているのかを考えた場合に、答えは見つかります。ダイエット中の大敵ともいえる脂肪ですが、平均的な脂肪は取り入れた方が身体の不調などには繋がりにくくなるといえるでしょう。そのため、脂肪を適度に含んでいるといわれる焼き鳥は、ダイエットには最適といえます。

タレより塩のほうがより低カロリー

焼き鳥の味付けの種類には大きく分けて、タレと塩の2種類があります。どちらも同等くらい人気がありますが、ダイエット中に焼き鳥を食べる場合は、塩の味付けがカロリーが低いとされています。塩はカロリーが高そうな印象を受けるかもしれませんが、タレは砂糖や醤油などさまざまな調味料を組み合わせて作られているため、塩に比べると少しカロリーが高くなる傾向があるようです。

皮を剥がせばヘルシー

もも肉や胸肉には、皮がついています。自宅で焼き鳥を作る場合は、もも肉や胸肉の皮をはがすことでカロリーを一気に下げることができます。鶏皮には、高いカロリーがあるため、皮のジューシーさを手放すのは惜しいですが、皮を排除することでダイエットに相応しい焼き鳥に完成するのです。そのため、ダイエット中の焼き鳥は必ず皮を取ることを覚えておきましょう。

焼き鳥は食べすぎ防止になる?

焼き鳥がダイエットにおすすめの理由がこちらです。焼き鳥は、自分の食べた量や食べた焼き鳥のカロリー計算が簡単に行えます。食べた串の数、焼き鳥の種類を計算することで自分自身が現在どれくらいの数の焼き鳥を食べているのか、摂取カロリーはどれくらいなのか?など全て目で見て確認することができるため、ダイエットに向いている料理と言えます。

男性と女性で、平均的な焼き鳥を食べる量はどれくらいなのでしょうか?男性は、10~20本。女性は5~10本といわれています。そのため、カロリーの低い焼き鳥をたくさん食べることでカロリーを控えめに満足のいく焼き鳥を食べることができます。今回紹介するカロリーの低い焼き鳥の種類を覚えて、ダイエットに効率的な食材を楽しみましょう。

Thumb焼き鳥をダイエット中に食べるなら?選ぶべきメニューを紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

焼き鳥のカロリー低い順ランキングTOP7を紹介!

第7位:柔らかくて食べやすい「ハラミ」

焼き鳥の部位の中で、カロリーの低い順ランキングベスト7を発表していきましょう。まず、7位に入ったのはハラミです。コアなファンが多いといわれているハラミは、食べ応えもあるので男性や女性問わず人気の焼き鳥メニューとなっています。ハラミは、鶏の腹膜と呼ばれている部位を指します。柔らかさもあるので食べやすい部位といえるでしょう。

ハラミのカロリーは、140キロカロリーほどになっています。脂が少し乗っていることもあって、高めかと思われますが、栄養価は鶏もも肉とそこまで変わりがないため、もも肉よりもハラミの方が実は好きと言われる方も多いといいます。ハラミを扱っているお店は現在では増えてきたものの、なかなか手を出す勇気がないという方はぜひハラミを食べてみましょう。程よい脂が乗っているので食べやすさ抜群です。

第6位:程よくジューシーで定番の部位「もも(皮なし)」

焼き鳥のメインの鶏肉の部位ともいえるもも肉がカロリーの低い順ランキングの6位となりました。もも肉は、もも肉のみ、またはねぎまなどでも使用される鶏肉の部位となっています。そのため、誰しもが食べたことのある焼き鳥そのものともいえるでしょう。そんな焼き鳥の王様がカロリーの低い順ランキングに入っているのは嬉しい事実といえます。

もも肉の焼き鳥1本あたりのカロリーは、60キロカロリーとなっています。糖質は1.0g程度となっていますので、カロリーを考え、低い順ランキング内の焼き鳥と計算しながら食べることで、美味しい焼き鳥の時間を楽しむことができることでしょう。

第5位:食感も良く焼き鳥以外にも料理できる「胸肉(皮なし)」

ヘルシー食材であると人気の鶏の胸肉が焼き鳥のカロリー低い順ランキングの5位になります。胸肉は、モモ肉よりも少し歯ごたえがあるため、満腹感を得ることができます。焼き鳥以外にもさまざまな料理に使用できることから、ダイエット中の万能食材として好まれています。焼き鳥の鶏肉は、モモ肉がメインになりますが、自宅などで手作りの焼き鳥を作る際は、胸肉を使用してみてもいいでしょう。

胸肉の焼き鳥のカロリーは、約69キロカロリーとなります。糖質は、0.3gとなっているので低糖質な食材としても人気のある部位といえるでしょう。

第4位:鉄分豊富で女性に嬉しい「レバー」

鉄分が豊富であることから、貧血予防にも食べられることのあるレバーは食感も楽しめるので老若男女問わず人気の焼き鳥の部位といえるでしょう。そんなレバーがカロリーの低い順ランキングの4位になりました。また、鶏レバーは美容やダイエットには効果的とされていますので女性には嬉しい栄養素が多く含まれているのが特徴です。

レバーの1本あたりのカロリーは53キロカロリーとなります。糖質は0.2gとなっていますので、美容やダイエットなどに効果的なレバーは積極的に取り入れたい焼き鳥の種類でもあるでしょう。

第3位:さっぱりしていながら食べ応えもある「ささみ」

カロリーの低い順ランキング3位は、ダイエット食材としてもよく名前の挙がるささみです。ささみは、ダイエット食材ランキングでも上位なのではないでしょうか?低い順でのランキングでは3位ですが、それでもやはり上位の焼き鳥メニューといえるでしょう。ささみは、胸肉のひとつです。笹の形に似ていることからささみという名前がつきました。

ささみのカロリーは、50キロカロリーといわれています。塩、タレによってカロリーは少し変わりますがそれでも、やはりダイエットには最適な低カロリーな焼き鳥ということが分かります。糖質はなんと驚きの0gです。糖質制限ダイエットを行っている方には嬉しい食材といえるでしょう。

第2位:独特な食感がクセになる「砂肝」

カロリーの低い順ランキング2位に輝いたのは、男性から人気の高い砂肝です。砂肝は、他の焼き鳥に比べて独特な食感がクセになると人気の高い焼き鳥のひとつです。実は、カロリーが高いのでは?と思われる方が多いと言われている焼き鳥メニューのひとつです。砂肝は、鶏のどの部分であるか知らない方も多いようです。砂肝の部位は鶏の胃の筋肉といわれています。なので、ほとんど脂肪がない部分になっています。

砂肝のカロリーは、1本あたり34キロカロリーといわれています。糖質はささみ同様に0gとなっていますので、糖質制限ダイエットを行っている方には特にささみと砂肝はおすすめの焼き鳥部位であるといえるでしょう。ランキング上位は、カロリーも低く糖質も低いのが特徴です。

第1位:圧倒的にカロリーが低い「軟骨」

圧倒的カロリーの低い順ランキング1位は、焼き鳥の中でも隠れファンが多い軟骨です。焼き鳥に使用される軟骨は、ヤゲン軟骨です。ささみに挟まれている柔らかい骨になっており、ダイエットに適している食材として有名です。骨であることから、カロリーも低いといえます。そのため、焼き鳥の種類の中のどのメニューよりも圧倒的なカロリーの低さといえるでしょう。

軟骨の焼き鳥のカロリーは、1本あたり19キロカロリーとなっています。また、糖質も低く、糖質は0.1gとなります。このようにランキングで見てみると、軟骨の焼き鳥がかなりカロリーが低いのが分かります。これだけの低カロリーであれば、大きな罪悪感もなく食べることができます。また、軟骨は基本的に塩の味付けというのもポイントでしょう。

一番カロリーが高いのは脂の多い「皮」

ここまで、焼き鳥の部位の中でカロリーの低い順でランキングを紹介してきましたが、カロリーが一番高い焼き鳥の部位は皮であることも覚えておくといいでしょう。皮は、最初の方でも紹介した通り、もも肉や胸肉も皮がついていることで平均のカロリーよりも高くなる傾向があります。焼き鳥の部位の中でも、カロリーはダントツに高い部位になっていることは確かのようです。

ですが、カロリーの高い皮といわれていますが、実は栄養価は高くカロリーではなく栄養価を重要視するとダイエットにも最適と皮は言われています。焼き鳥に使用される鶏皮には、コラーゲンが豊富といわれています。そのため、女性はカロリーは気になるかと思いますが、摂取することが悪いことではないといえます。また悪玉コレステロールを減らす働きもあるため、カロリーが高いからと排除する必要はありません。

Thumb焼き鳥の種類はどれくらいある?人気のメニューを部位別に紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

焼き鳥のその他部位についても見てみよう!

脂は多いけどジューシーで美味しい「ぼんじり」

ぼんじりは、脂の塊に覆われているためカロリーはかなり高い焼き鳥となります。ですが、その脂を炭火で焼いたときのジューシーさは何本でも食べてしまいたくなることでしょう。また、ぼんじりは鶏の部位の中でもわずかしか取ることのできない希少価値のある部位になっています。そんな希少価値の高いぼんじりですが、焼き鳥にすることで満足に食べることができるでしょう。

また、なかなか家で食べることのできないぼんじりだからこそ、お店などの焼き鳥としてぼんじりを好んで食べる方が多いといいます。ぼんじりは、鶏の中でもトロと呼ばれるほどの舌触りの良さから大変人気のメニューとして名前が挙がります。

甘いタレと卵で食べるのが絶品「つくね」

子供から大人までファンの多いつくねも焼き鳥の人気ランキングでは上位といえるでしょう。つくねは、自宅でも簡単に作ることができますが、やはり本格的に炭火で焼いたお店のつくねは絶品でしょう。つくねには、黄身が付けられていることが多くあります。つくねと黄身の相性は抜群のため、黄身が一緒についてくるとどこか嬉しい気持ちになるのではないでしょうか?

つくねは、さまざまなトッピングができます。そのため、トッピングによってはカロリーが高くなる可能性もあるので注意しましょう。ですが、つくねはそんなトッピングも楽しみたいものです。食べ過ぎには注意して、本数を数えて食べるように心がけましょう。

皮をパリッと焼いて香ばしく「手羽先」

手羽先は、焼き鳥のメニューの中でも用意しているお店と用意のされていないお店があるようです。カラッと揚げた手羽先は、どこを食べても美味しく食べることができ、骨までしっかり味わいたくなるおいしさです。お肉は弾力があり、味がしっかりとしているためファンも多い部位として名前が挙がることが多いでしょう。

黄身がはじける感覚がクセになる「ちょうちん」

白身に覆われる前の卵黄をちょうちんと呼びます。ちょうちんを焼き鳥にすることで、卵黄を口に含んだ瞬間にプチンと弾けるのでその瞬間がクセになるという方も多いようです。ちょうちんも、鶏一羽から数個しか取れないため、一頭買いをしている居酒屋などでなければ扱っていないお店が多いといいます。

鶏肉の首回りの部位「せせり」

首回りの筋肉質なお肉はせせりです。焼き鳥のメニューでもよく聞く名前ではないでしょうか?せせりは、よく動く部分のお肉になるため、引き締まっており食べ応えがあるのが特徴です。また、引き締まっているので脂肪分が少なく思われがちですが、適度に脂肪を含んでいるためジューシーな味わいもクセになります。

Thumb焼き鳥の焼き方を詳しく解説!家庭で美味しく焼くコツも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

焼き鳥はダイエット中でも腹持ち良く食べられて嬉しい!

今回は、焼き鳥のカロリーについて紹介してきました。お酒を交わす場では欠かせない料理の焼き鳥、またどこでも手に入るコストも良いので、子供から大人まで大人気です。ダイエット中でも、焼き鳥は食べることができるのが分かりました。ダイエット中はストイックになりがちですが、適度な息抜きも必要です。そんなときには、ぜひ美味しい焼き鳥でカロリー計算を行いながら息抜きをしてみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ